FC2ブログ

ミロシェビッチはやられた・。


Why Milosevic Was Murdered

Tinpot dictator blew the whistle on the New World Order



 

Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | March 13 2006

 


Slobodan Milosevic was a distasteful man with authoritarian Communist ideals. But the reasons for his obvious murder revolve around his evergreen willingness to blow the whistle on the global criminal masterminds who had made the mistake of giving 'Slobo' a speaking platform in the first place.


Just two days after Milosevic's death the evidence indicating murder has poured in.


- Milosevic wrote a letter one day before his death claiming he was being poisoned to death in jail. The lawyer who advised Milosevic during his trial, Azdenko Tomanovic (pictured below) , showed journalists a handwritten letter
in which Milosevic wrote: "They would like to poison me. I'm seriously concerned and worried."


- Blood tests
show that Milosevic's body contained a drug that rendered his usual medication for high blood pressure and his heart condition ineffective, causing the heart attack that led to his death.



- The media has spun this to make out as if Milosevic deliberately took the wrong drug so he could seek specialist treatment in Moscow and delay his trial. This is frankly absurd. Milosevic only had access to the drugs provided to him by UN appointed doctors and took them under close surveillance
. Are we to believe that Milosevic had managed to set up a secret drugs lab in his closely watched prison prison cell and then substituted the drugs while under constant monitoring?


- Milan Babic, a former Croatian Serb leader who testified against Milosevic was "suicided" just six days before Milosevic's death. According to the BBC
, tribunal spokeswoman Alexandra Milenov said he had given no indication that he was contemplating suicide. "There was nothing unusual in his demeanor," she said. Another Hague detainee, Slavko Dokmanovic, supposedly killed himself in 1998.


- Allegations of suicide were dismissed by British lawyer, Steven Kay QC, who said Milosevic had told him before he was found dead: "I have not come all this way not to see it to the end."


- The Globalists have wanted to eliminate Milosevic for a long time. Former MI6 agent Richard Tomlinson said he saw documents
in 1992 that discussed assassinating Milosevic by means of a staged car accident, where the driver would be blinded by a flash of light and remote controlled brake failure enacted to cause the crash. This exact same technique was utilized for real in the murder of Princess Diana.


Milosevic was a loose cannon with intimate knowledge of the criminality of the Globalists after the IMF/Bilderberg coup de 'tat in Serbia in the 1990's.


In March 2002, Milosevic presented the Hague tribunal
with FBI documents proving that the United States government and NATO provided financial and military support for Al-Qaeda to aid the Kosovo Liberation Army in its war against Serbia.


This didn't go down too well at the Pentagon and the White House, who at the time were trying to sell a war on terror and gearing up to justify invading Iraq.



Milosevic made several speeches in which he discussed how a group of shadowy internationalists had caused the chaos in the Balkans because it was the next step on the road to a "new world order."


During a February 2000 Serbian Congressional speech, Milosevic stated,


"Small Serbia and people in it have demonstrated that resistance is possible. Applied at a broader level, it was organized primarily as a moral and political rebellion against tyranny, hegemony, monopolism, generating hatred, fear and new forms of violence and revenge against champions of freedom among nations and people, such a resistance would stop the escalation of modern time inquisition. Uranium bombs, computer manipulations, drug-addicted young assassins and bribed of blackmailed domestic thugs, promoted to the allies of the new world order, these are the instruments of inquisition which have surpassed, in their cruelty and cynicism, all previous forms of revengeful violence committed against the mankind in the past."


Milosevic was far from an angel, but evidence linking him to genocides like Srebrenica, in which 7,000 Muslims died, was continually proven
to be fraudulent. In fact, Srebrenica was supposedly a 'UN safe zone', yet just like Rwanda, UN peacekeepers deliberately withdrew
and allowed the massacre to unfold, then blamed Milosevic.


Milosevic's exposure of UN involvement in the Srebrenica massacre was another reason why tribunal transcripts were heavily edited and censored, and another contributing factor towards his murder.



なぜ、ミロシェビッチは殺された。

安っぽい独裁者は新世界秩序において警告を発した。



スロボダン・ミロセビッチは独裁的な共産主義の理想を持つまずい人であった。

しかし、‘Slobo’を与える誤りをまず第一に話すプラットフォームにしたグローバルな犯罪の指導者の悪事を告発する彼の常緑の自発性のまわりで、彼の明らかな殺人の理由は回転する。

ミロシェビッチの死のちょうど2日後で、殺人を示している証拠は殺到した。


- 彼が刑務所で毒殺されていたと主張している彼の死の1日前に、ミロシェビッチは手紙を書いた。

彼のトライアル、Azdenko Tomanovic(下に描かれる)の間に、ミロシェビッチを勧めた弁護士はジャーナリストに、ミロシェビッチが書いた手書きの手紙を見せた:

「彼らは、私を毒殺したい」。

「私はひどく心配していて、心配している」。

- 血液検査は、ミロシェビッチの体が、彼の死をもたらしていた心臓発作を起こして、高血圧と無効の彼の心臓の状態に彼の通常の医薬品を報いた薬を含んでいたことを示す。


- ミロシェビッチが意図的に間違った薬を飲んだので彼がモスクワで専門家取り扱いを捜し、彼の裁判を延期することができたかのように、メディアは、作成するこれを回転させた。

これは率直に不合理である。

ミロシェビッチはただ医師に任命された国連によって彼に提供された薬にアクセスできて、綿密な監視の下で彼らをつかまえた。

私達は、ミロシェビッチが彼の密接に見られた刑務所の独房で秘密の薬局をどうにかして設立し、それから一定の監視の下の間に薬を代用したと信じることになっているか?


- ミラノ・バビック(「自殺した」ちょうど6日がミロシェビッチの死の前でミロシェビッチに対してであったと証言した前のクロアチアセルビアリーダー)。

BBCによると、裁判所スポークスウーマン アレクサンドラ・ミレノバは、彼が自殺を考えていたという情報を全然与えなかったと言った。

「彼の物腰において異常なものは何もなかった」と彼女は言った。

別のハーグ被抑留者、スラボコ・ドクマノヴィックはたぶん1998年に自殺した。


- 自殺の主張は、彼が死んでいるのを発見される前に、ミロシェビッチが彼に話したと言った英国の弁護士、スティーブン・ケイQCによって退けられた:

「私は、最後までそれを見ないようにすべてのこの方法で来なかった」。

- グローバリストは、長い間ミロシェビッチを取り除きたかった。

前のMI6エージェント リチャード・トムリンソンは、ドライバーが、衝突を起こすために制定された軽く、リモコン付きのブレーキ故障のフラッシュによって盲目にされるであろう所で、彼が、上演された自動車事故によってミロシェビッチを暗殺するのを議論した1992における文書を見たと言った。

この正確に同じテクニックはダイアナ元妃の殺人におけるリアルに利用された。


ミロシェビッチは、1990年代に、セルビアのIMF/ビルダーバーガー・クーデター・デタントの後に、グローバリストの犯罪の詳細な知識を持つゆるんだ大砲であった。

2002年3月に、ミロシェビッチは、セルビアを背景としたその戦争についてコソボ解放軍を援助するために、米国政府とNATOがアルカイダに金融と軍隊のサポートを提供したことを証明しているFBI文書をハーグ裁判所に贈った。

これは、その時、テロに対する戦争を売ろうとしていて、イラクを侵略するのを正当化するために備えていた国防総省とホワイトハウスであまりにもうまく降りなかった。


ミロシェビッチは、彼が、それが「新しい世界秩序」への道の上の次のステップであったので、どのように暗い国際主義者のグループがバルカン諸国でカオスを起こしたかを議論したいくつかのスピーチをした。

2000年2月のセルビア人議会スピーチの間に、ミロシェビッチは述べた。




「それの中の小さなセルビアと人々は、抵抗が可能であることを証明した」。

より広いレベルに適用されて、それは国家と人々の間で自由のチャンピオンに対する暴力と復讐の専制政治、覇権、独占状態、生成憎悪、恐怖、および新しいフォームに対する道徳的で、政治的な謀反として第一に組織されて、そのような抵抗は現代審理のエスカレーションをやめるであろう。

これらは、 ウラニウム爆弾、コンピュータマニピュレーション、薬ふけった若い暗殺者、および恐喝された国内の暴漢〈新しい世界注文の同盟国に昇進した〉の買収、 それらの残酷さと冷笑において、人類に対して過去に委任された執念深い暴力のすべての前のフォームをしのいでいた審理の機器である。」







ミロシェビッチは天使から遠かったけれども、彼を、7,000人のイスラム教徒が死んだスレブレニカのような大量虐殺と結び付けている証拠は、不正であると継続的に判明した。

実のところ、ちょうどまだ、展開するために、ルワンダ、国連の和平監視者が意図的に虐殺を撤収し、許し、そして、ミロシェビッチを非難したように、スレブレニカはたぶん‘国連安全圏’であった。

ミロシェビッチのスレブレニカ虐殺における国連関与の露出は、裁判所記録が重く編集されて、検閲された別の理由と彼の殺人への別の有力な要因であった。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR