FC2ブログ

サダムもミロシュエビッチも・・。



Saddam Silenced For Fingering US In Iraq Bombings

One show trial ends prematurely, another begins




Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | March 15 2006

 


After the murder of Slobo Milosevic prevented the true Butchers of Serbia, Wes Clark and Bill Clinton, from being brought to justice, on the very first day of Saddam Hussein's testimony the judge turned off his microphone and ordered all media to leave following Saddam's comments that the civil war in Iraq is being deliberately fueled by the US.


Over the past few weeks we have highlighted
Israeli and US foreign policy documents that actually encourage not deter the break out of civil war in Iraq. Decades old blueprints document how inter-Arab conflict would be beneficial to the Neo-Cons, initiating ethnic cleansing in Iraq and drawing in Iran and Syria to provide a pretext to expand the war.


Several highly suspicious events over the past year, such as the Samarra Mosque bombing
and the
staged SAS attack
on Iraqi police, have brought this eventuality closer.


High profile trials like those of Milosevic and Hussein often backfire because top level criminality on the part of the US government and its international henchmen NATO and the UN is always exposed by the defendant.


The Hague were losing the case against Milosevic because he provided documented evidence of US government support of Al-Qaeda
and Bin Laden in the late 1990's and was about to call Bill Clinton as a witness.



 


Similarly, Saddam's defense consists of he fact that the chemical and biological weapons allegedly used to poison residents of Halabja in March 1988 were sold to him by the US government
and specifically Donald Rumsfeld.


Today, Hussein fingered the hidden hand behind the staged bombings in Iraq and his microphone was immediately shut off by the judge. From the AP
,


"What pains me most is what I heard recently about something that aims to harm our people," Saddam said. "My conscience tells me that the great people of Iraq have nothing to do with these acts."


"As Saddam continued reading from a prepared text, the judge repeatedly closed his microphone to prevent his words from being heard and told him to address the charges against him. Saddam ignored the judge and continued speaking."


"What happened in the last days is bad," he said, referring to the Feb. 22 bombing of the Askariya shrine in the city of Samarra. "You will live in darkness and rivers of blood for no reason."


"Finally, Abdel-Rahman ordered the session closed to the public, telling journalists to leave the chamber. The delayed video feed also was cut.


"The court has decided to turn this into a secret and closed session," he said."
 


Since all transcripts of the trial are edited before their release we have no idea of the full extent of Saddam's comments. To emphasize how much of a dog and pony show trial this is, it was also reported that the entire trial was subject to a practice run
before it even began, so the puppet judge is just working to a script and the whole farce has already been staged. Even the Financial Times of London remarked that this was "bizarre."


Neo-Cons and Globalists are sweating on the speculation that Saddam has cancer
and will die before any damaging testimony leaks out. If not, don't be surprised if Saddam gets 'Slobo'd'
and has a nasty accident or bizarrely decides to take the wrong drugs.




サダムはイラク爆撃での米国に抵触するため沈黙させられました。


1つの見せしめ裁判の終了は、時期尚早に、別のものが始まります。



ミロセビッチの殺人の後、ミロシェビッチについて、裁判官が彼のマイクロフォンから関心を遠ざけ、すべてのメディアが、イラクの内戦が米国によって意図的に仕組まれているというサダムのコメントに続くままにしておくように命令した。サダム・フセインの証言のまさに最初の日に裁判にかけられることからウエス・クラークとビル・クリントンの本当の毒に犯された病人の罪を防止した。



過去数週以上、私たちはイスラエル人を強調しました。また、米国外交政策はそれを現実にドキュメント化し、促進し、イラクの内戦からの破損を防止しません。アラビア人相互に矛盾が新反対意見にどのように有益なのか、戦争を拡張する口実を与えるために、イラク、およびイランとシリアの地域で民族浄化を始めて、古い青写真の文書で証明している数十年間だ。


サマーラ・モスク爆撃およびイラクの警察に対する行なわれたSASの攻撃のような去年にわたるいくつかの非常に疑わしい出来事は、この不測の事柄を閉じる人間をもたらしました。



米国の政府およびその国際的な従僕(NATOと国連)の側のトップレベル犯罪性が、被告によって常に暴露されるので、ミロセビッチとフセインのような注目を浴びる試みはしばしば裏目に出ます。



ハーグの裁判で、彼が1990年後半にアル=カイダおよびビン・ラディンの米国政府支援を示すドキュメント化された証拠を提供し、目撃者としてビル・クリントンに電話するところだったので、ミロセビッチに対する場合は負けていました。



同様に、サダムの防御は成り、彼の申し立てによると、1988年3月にハラージャの居住者を毒殺するために使用される化学・生物兵器が、米国の政府および特にドナルド・ラムズフェルドによって彼に売られたという事実。



今日、フセインは、イラクで行なわれた爆撃の後ろの隠れた手に触りました。また、彼のマイクロホンは裁判官によって直ちに止められました。APから.



「私を最も痛ませるものは私たちの人々を傷つけることを目標とするものに関して、私が最近聞いたものです。」とサダムが言いました。「私の良心は、イラクの偉大な人々が全くこれらの行為と関係がないと私に伝えます。」



「サダムが準備したテキストから読み続けるとともに、裁判官は、彼の言葉が彼に対する非難に取り組むために彼に聞かれ伝えられるのを防ぐために繰り返し、彼のマイクロホンを切りました。サダムは裁判官を無視し、談話を継続しました。」



「最後の頃に起こったことは悪いことだ。」と彼が、サマーラの都市のアスカリヤ・モスクの2月22日の爆撃に言及して言いました。「その理由のために、内部の暗さと、流れる川に生きるでしょう。」



「最後に、アブデル・ラーマンは、部屋を去るようにジャーナリストに命じて、セッションが公に終わるように命じました。引き伸ばされたビデオ送り装置もカットされました。」



「コートは、これを秘密のセッションに変えることを決定したと、彼は言いました。」



暴露の試みの記録がすべてそれらのリリースの前に編集されるので、私たちは、サダムのコメントの十分な範囲についての考えを持っていません。これが手の込んだ宣伝裁判を大いに強調するために、全裁判が、さらに始まる前に処理された実行に従ったことは、よく報道されました。したがって、操り人形裁判官はスクリプトの通り働いています。また、全体の茶番劇は既に行なわれました。ロンドンのフィナンシャルタイムズさえ、これが「奇妙だった」と言いました。



新反対意見およびグローバリストは、サダムが癌にかかっており、どんな有害な証言も漏れる前に死ぬだろうという推測で行動しています。そうでなければ、サダムが「ミロセビッチ死亡記事」を得て、重大事故にあうか、間違った薬を服用することを思いがけなくマスコミで見てしまう場合は、驚かないでください。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR