FC2ブログ

陰謀説 Wikipedia

?


Conspiracy theory


From Wikipedia, the free encyclopedia

Wikipedia、無料の百科事典からの陰謀説



For the 1997 film, see Conspiracy Theory (film)
.


1997年のフィルムについては、陰謀説(フィルム)を参照してください


A conspiracy theory attempts to explain the cause of an event as a secret, and often deceptive, plot
by a covert
alliance rather than as an overt activity or as natural occurrence.

陰謀説は、秘密として出来事の原因について説明することを試みます、そして多くの場合欺く、公然の活動として、あるいは自然な発生としてではなく、隠密の同盟によるプロット。

The term "conspiracy theory" is used by scholars and in popular culture to identify a type of folklore
similar to an urban legend
, having certain regular features, especially an explanatory narrative which is constructed with certain naive methodological flaws. The term is also used pejoratively
to dismiss allegedly misconceived, paranoid or outlandish rumors.

ある規則的な特徴を持って、都会伝説に似ている一種の民俗学を識別するために、用語「陰謀説」は、学者によって、および大衆文化(特にある素朴な方法論の欠点で構築される、説明の話)の中で使用されます。用語も誤認された(申し立てによると)噂、偏執狂の噂あるいは異国風の噂を捨てるために軽蔑的に使用されます。


Most people who have their theory or speculation labeled a "conspiracy theory" reject the term as prejudicial.

有害なものとして、彼らの理論または推測を「陰謀説」と呼ばれたするほとんどの人々は、用語を拒絶します。




[ edit
]

[編集]



Overview

概観


The term "conspiracy theory" may be a neutral descriptor for a conspiracy
claim. However, conspiracy theory is also used to indicate a narrative
?genre
that includes a broad selection of (not necessarily related) arguments for the existence of grand conspiracies, any of which might have far-reaching social and political implications if true.

用語「陰謀説」は共謀クレーム用の中立のディスクリプタかもしれません。しかしながら、陰謀説も壮大な共謀(真実の場合にそれらのうちのどれでも遠大な社会・政治的な意味合いを持つかもしれない)の存在に対する議論の(必ずしも関連づけられていなかった)広い選択を含んでいる物語のジャンルを示すために使用されます。


Many conspiracy theories are false, or lack enough verifiable evidence to be taken seriously, raising the intriguing question of what mechanisms might exist in popular culture that lead to their invention and subsequent uptake. In pursuit of answers to that question, conspiracy theory has been a topic of interest for sociologists, psychologists and experts in folklore since at least the 1960s, when the assassination
of US President John F. Kennedy
provoked an unprecedented level of speculation
. This academic interest has identified a set of familiar structural features by which membership of the genre may be established, and has presented a range of hypotheses on the basis of studying the genre.

多くの陰謀説が誤りです、あるいは真剣に受けとめられるのに不足の十分な証明可能な証拠、メカニズムが存在するかもしれないものの興味をそそる質問を持ち出すこと、大衆文化、それはそれらの発明および後の理解力に結びつきます。ジョン・F.ケネディ米国大統領の暗殺が先例がないレベルの推測を刺激した時、陰謀説は、その質問への答えを求めて少なくとも1960年代以来、民俗学の社会学者、心理学者およびエキスパートに興味のあるトピックでした。この学究的関心は、ジャンルの会員資格が確立されるかもしれないしと、ジャンルを研究する方式で一連ののを示した、1セットのよく知られている構造の特徴を識別しました。


Whether or not a particular conspiracy allegation may be impartially or neutrally labelled a conspiracy theory is subject to some controversy
. If legitimate uses of the label are admitted, they work by identifying structural features in the story in question which correspond to those features listed below.

特別の共謀主張が公平にあるかもしれないか、中立に陰謀説にラベルを付けたかどうかは、ある論争に従います。ラベルの正当な用途が認められる場合、それらは、下にリストされた特徴に相当する問題の物語中の構造の特徴の識別により働きます。


See also conspiracy as a legal concept
.

法的概念としてさらに共謀を参照してください。


[ edit
]

[編集]



Features

特徴


Allegations exhibiting several of the following features are candidates for classification as conspiracy theories. Confidence in such classification improves the more such features are exhibited:

次の特徴のいくつかのものを示す主張は、陰謀説として分類に対する候補です。そのような分類に対する確信はより多くのそのような特徴を改善します、示される:


  1. Initiated on the basis of limited, partial or circumstantial evidence;

    制限された、部分的あるいは情況証拠に基づいて始められました;

    Conceived in reaction to media
    reports and images, as opposed to, for example, thorough knowledge of the relevant forensic
    evidence
    .

    例えば適切な法医学的証拠についての完全な知識に対立するものとしてのメディア報道およびイメージへの反応で想像されました。

  2. Addresses an event or process that has broad historical or emotional impact;

    広い歴史上情緒的なインパクトを持っている出来事かプロセスをアドレスします;

    Seeks to interpret a phenomenon which has near-universal interest and emotional significance, a story that may thus be of some compelling interest to a wide audience.

    ほぼ普遍的な興味および情緒的な重要性(広い聴衆にとってこのようにある人を動かさずにはおかない興味があってもよい物語)を持っている現象を解釈するように努力します。

  3. Reduces morally complex social phenomena to simple, immoral actions;

    道義的に複雑な社会現象を単純な不道徳なアクションにします;

    Impersonal, institutional processes, especially errors and oversights, interpreted as malign, consciously intended and designed by immoral individuals.

    有害で、意識的に意図され、不道徳な個人によって設計されたとして解釈された客観的制度上のプロセス、特にエラーおよび見落とし。

  4. Personifies complex social phenomena as powerful individual conspirators;

    強力な個々の共謀者として複雑な社会現象を擬人化します;

    Related to (3) but distinct from it, deduces the existence of powerful individual conspirators from the 'impossibility' that a chain of events lacked direction by a person.

    (3)に関連づけられた、しかしそれとは異なる、一続きの出来事が方向を欠いた「不可能性」からの強力な個々の共謀者の存在を推定する、人。

  5. Allots superhuman talents or resources to conspirators;

    共謀者に超人的な才能あるいは資源を分配します;

    May require conspirators to possess unique discipline, never to repent, to possess unknown technology, uncommon psychological insight, historical foresight, unlimited resources, etc.

    ユニークな訓練を所有することを共謀者に要求してもよいが、未知の技術、珍しい心理学の洞察、歴史上の先見、無制限の資源などを所有するためには後悔しません。

  6. Key steps in argument rely on inductive
    , not deductive
    reasoning;

    議論の重要なステップは依存します、の上で、演繹的なのではなく誘導、推論;

    Inductive steps are mistaken to bear as much confidence as deductive ones.

    誘導のステップは演繹的なものと同じくらいの確信を運ぶために誤解されます。

  7. Appeals to 'common sense';

    「常識」への訴え;

    Common sense steps substitute for the more robust, academically respectable methodologies available for investigating sociological and scientific phenomena.

    常識ステップは、社会学・科学的な現象の調査に利用可能なより多くの強健な、学問的に相当な方法論の代わりになります。

  8. Exhibits well-established logical and methodological fallacies
    ;

    よく確立している論理的・方法論の誤った考えを示します;

    Formal and informal logical fallacies are readily identifiable among the key steps of the argument.

    形式上・非公式の論理的な誤った考えは、議論の重要なステップ中に容易に身元確認可能です。

  9. Is produced and circulated by 'outsiders', often anonymous, and generally lacking peer review;

    「部外者」によってしばしば作られ循環する、匿名、また一般に欠けている仲間評価;

    Story originates with a person who lacks any insider contact or knowledge, and enjoys popularity among persons who lack critical (especially technical) knowledge.

    物語は、インサイダー接触あるいは知識を欠き、重大な(特に技術的)知識を欠く人の間の人気を楽しむ人によって始まります。

  10. Is upheld by persons with demonstrably false conceptions of relevant science;

    適切な科学の明らかに誤りの概念を持った人によって支持されます;

    At least some of the story's believers believe it on the basis of a mistaken grasp of elementary scientific facts.

    少なくとも物語の信仰者のうちの数人は、基本の科学的な事実の誤った把握に基づいてそれを信じます。

  11. Enjoys zero credibility in expert communities;

    エキスパートのコミュニティーの中の0信用を楽しみます;

    Academics and professionals tend to ignore the story, treating it as too frivolous to invest their time and risk their personal authority in disproving.

    学者と専門家は、それらの時間を投資し、かつ論駁でそれらの個人の権威を危くするのに軽薄すぎるものとしてそれを扱って、物語を無視する傾向があります。

  12. Rebuttals provided by experts are ignored or accommodated through elaborate new twists in the narrative;

    エキスパートによって提供される反駁は、話で精巧な新しいねじれによって無視されるか提供されます;

    When experts do respond to the story with critical new evidence, the conspiracy is elaborated (sometimes to a spectacular degree) to discount the new evidence, often incorporating the rebuttal as a part of the conspiracy.'

    エキスパートが重大な新しい証拠を備えた物語に応?嘯キる場合、共謀は新しい証拠をしばしば割引するために入念に作られます(時々壮観な程度に)共謀の一部として反駁を組込むこと」


[ edit
]

[編集]



Origins of conspiracy theories

陰謀説の根本


Humans naturally respond to events or situations which have had an emotional impact upon them by trying to make sense of those events, typically in spiritual, moral, political, or scientific terms.

人間は、精神的な用語あるいはモラル、政治的か、科学的な用語に、それらの出来事の意味が分かろうとすることによりそれらに情緒的な影響を及ぼす出来事あるいは状況に当然典型的に応答します。


Events which seem to resist such interpretation?for example, because they are, in fact, unexplainable?may provoke the inquirer to look harder for a meaning, until one is reached that is capable of offering the inquirer the required emotional satisfaction. As sociological historian Holger Herwig found in studying German explanations of World War I
:

それらが実際unexplainable?mayであるので、調査者に必要な情緒的な充足を提供することができる1つが到達するまで、そのようなinterpretation?for例に抵抗するように見える出来事は意味にはより困難に見えるように調査者を刺激します。第一次世界大戦のドイツの説明の研究で見つかった社会学の歴史家Holger Herwigとして:


Those events that are most important are hardest to understand, because they attract the greatest attention from mythmakers and charlatans.

それらが神話伝説創作者と山師からの最も大きな注意を引きつけるので、とても重要な出来事は理解するのが最も難しい。


This normal process could be diverted by a number of influences. At the level of the individual, pressing psychological needs may influence the process, and certain of our universal mental tools may impose epistemic
'blind spots'. At the group or sociological level, historic factors may make the process of assigning satisfactory meanings more or less problematic.

多くの影響によってこの正常なプロセスを転換することができるかもしれません。個人の高さに、心理学のニーズを押すことはプロセスに影響を及ぼすかもしれません、そして私たちの普遍的な精神のツールにある、課してもよい、知識「盲点の。グループか社会学のレベルでは、歴史的な要因は、割り当てる満足な意味のプロセスを多かれ少なかれ問題にするかもしれません。


[ edit
]

[編集]



Psychological origins

心理学の起源


When conspiracy theories combine logical fallacies with lack of evidence, the result is a worldview known as conspiracism
. Conspiracism is a worldview that sees major historic events and trends as the result of secret conspiracies. According to many psychologists
, a person who believes in one conspiracy theory is often a believer in other conspiracy theories.

陰謀説が証拠の不足と論理的な誤った考えを組み合わせる場合、結果はconspiracismとして知られている世界観です。Conspiracismは、秘密共謀の結果主な歴史的な出来事および傾向を見る世界観です。多くの心理学者によれば、1つの陰謀説を信じる人は多くの場合他の陰謀説の信仰者です。


Psychologists believe that the search for meaningfulness features largely in conspiracism and the development of conspiracy theories. That desire alone may be powerful enough to lead to the initial formulation of the idea. Once cognized, confirmation bias
and avoidance of cognitive dissonance
may reinforce the belief. In a context where a conspiracy theory has become popular within a social group, communal reinforcement
may equally play a part.

心理学者は、それを大部分はconspiracismの中の意味深長さ特徴の捜索および陰謀説の開発と考えます。その要望はその考えの最初の公式化に結びつくように単独で、十分に強力かもしれません。一度、認知的不協和の認識された確認バイアスおよび回避は確信を強化するかもしれません。陰謀説が社会集団内にポピュラーになった情況では、公共の補強は等しく役割を果たすかもしれません。


Evolutionary psychology
may also play a significant role. Paranoid tendencies are associated with an animal's ability to recognize danger. Higher animals attempt to construct mental models of the thought processes of both rivals and predators in order to read their hidden intentions and to predict their future behavior. Such an ability is extremely valuable in sensing and avoiding danger in an animal community. If this danger-sensing ability should begin making false predictions, or be triggered by benign evidence, or otherwise become pathological, the result is paranoid delusions. A conspiracy theorist sees danger everywhere, and may simply be the victim of a malfunction in a valuable and evolutionarily-old natural ability.

進化心理学はさらに重要な役割を果たすかもしれません。偏執狂の傾向は、危険を認識する動物の能力に関係しています。高等動物は、それらの隠れた意図を読み、かつそれらの将来の振る舞いを予言するためにライバルと捕食動物の両方の考えプロセスの精神モデルを構築することを試みます。そのような能力は、動物共同体の中の危険を感じるおよび回避することにおいて非常に価値があります。万一この危険を感じる能力が誤りの予測を作り始めるか良性の証拠が引き金となって起きるべきか、他の方法で?a理学になるべきならば、結果は妄想性痴呆です。共謀理論家は危険をどこでも見て、単に価値があり、進化的に古い自然な能力中の不調の犠牲者かもしれません。


[ edit
]

[編集]



Epistemic bias?

知識のバイアス?


It is possible that certain basic human epistemic
biases are projected onto the material under scrutiny. According to one study humans apply a 'rule of thumb' by which we expect a significant event to have a significant cause. [1]
The study offered subjects four versions of events, in which a foreign president was (a) successfully assassinated, (b) wounded but survived, (c) survived with wounds but died of a heart attack at a later date, and (d) was unharmed. Subjects were significantly more likely to suspect conspiracy in the case of the 'major events'?in which the president died?than in the other cases, despite all other evidence available to them being equal.

ある基礎的な人間の知識のバイアスが調査の下の資料に投影されることはありえます。一つによれば、研究人間は、私たちが重要な出来事が重要な原因を持つことを期待する「経験法」を適用します。[1] 研究は、主題に出来事(外国の大統領はその中で成功裡に暗殺された(a)だった)の4つのバージョンを提供しました、(b)傷ついたが残存された、傷で残存された(c)、しかし後の日付に心臓発作で死に、無事だった((d))。主題は、共謀を疑う可能性が、著しくありそうでした「主なevents'?in、どれ、他の場合でのdied?than大統領、等しくて、それらに利用可能な他のすべての証拠にもかかわらず。


Another epistemic 'rule of thumb' that can be misapplied to a mystery involving other humans is cui bono
? (who stands to gain?). This sensitivity to the hidden motives of other people might be either an evolved or an encultured feature of human consciousness, but either way it appears to be universal. If the inquirer lacks access to the relevant facts of the case, or if there are structural interests rather than personal motives involved, this method of inquiry will tend to produce a falsely conspiratorial account of an impersonal event. The direct corollary of this epistemic bias in pre-scientific cultures is the tendency to imagine the world in terms of animism
. Inanimate objects or substances of significance to humans are fetishised
and supposed to harbor benign or malignant spirits.

他の人間を含むミステリーに誤用することができる、別の知識の「経験法」は、cui bonoです?(この人は増加するかもしれない?)。他の人々の秘密の動機へのこの感度はどちらかかもしれません、1つの、発展した、あるいは人間の意識のenculturedされた特徴、しかしそれが普遍的に見える一方の方法。調査者不足がその場合の適切な事実にアクセスする場合、あるいは含まれていた個人の動機ではなく構造の利益がある場合、質問のこの方法は客観的な出来事の偽って共謀のアカウントを生産する傾向があるでしょう。前科学的な文化中のこの知識のバイアスの直接の推論は、アニミズムでは世界を想像する傾向です。人間に重要な無生物あるいは物質は呪物として崇拝され、良性か有害な気分を保護することになっています。


[ edit
]

[編集]



Clinical psychology

臨床心理学


For relatively rare individuals, an obsessive compulsion to believe, prove or re-tell a conspiracy theory may indicate one or more of several well-understood psychological conditions, and other hypothetical ones: paranoia
, denial
, schizophrenia
, Mean world syndrome
[2]
.

比較的まれな個人のために、陰謀説を信じるか、証明するか、再度伝えるという固定観念の衝動は、いくつかのよく了解されている精神状態の1つ以上および他の仮説のものを示すかもしれません:偏執病、否認、精神分裂病(中間の世界症候群[2])。


[ edit
]

[編集]














スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR