FC2ブログ

虐待



Revelations add to picture of US torture



Eric Schmitt and Carolyn Marshall / SMH | March 19 2006


AS THE Iraqi insurgency intensified in early 2004, an elite US special operations forces unit converted one of Saddam Hussein's former military bases near Baghdad into a top-secret prison. There, US soldiers turned a former government torture chamber into their own interrogation cell, calling it the Black Room.


In the windowless room, soldiers beat prisoners with rifle butts, spat in their faces and used them for target practice in games of jailhouse paintball. Their aim was to extract information to help hunt down Iraq's most wanted terrorist, Abu Musab al-Zarqawi, US Defence Department personnel said.


The Black Room was part of a temporary prison at Camp Nama, the secret headquarters of the elite Taskforce 6-26. Located at Baghdad International Airport, the camp was the first stop for many insurgents on their way to nearby Abu Ghraib prison.


Pentagon personnel who worked at Camp Nama said prisoners often disappeared into a detention black hole, barred from access to lawyers or relatives, and confined for weeks without charges. "There were no rules there," one Pentagon official said.


The revelation adds to the picture of harsh interrogation practices at US prisons in Afghanistan and Guantanamo Bay, Cuba, as well as at secret CIA jails around the world.


The account of Taskforce 6-26 reveals the extent to which prisoners were mistreated months before and after the abuse at Abu Ghraib was made public in April 2004, and it makes nonsense of the original Pentagon assertions that abuse was confined to a small number of rogue reservists.


Taskforce 6-26 has had a high percentage of its troops punished for prisoner abuse.


At one point, a Defence undersecretary, Stephen Cambone, ordered his deputy, Lieutenant-General William Boykin to, "get to the bottom" of any misconduct.


A melting pot of military and civilian units, Taskforce 6-26 was formed in mid-2003. CIA officers, FBI agents and special operations forces from other countries also worked closely with the taskforce.


The unit had one priority: to capture or kill Zarqawi, the Jordanian militant operating in Iraq. "Anytime there was even the smell of Zarqawi nearby, they would go out and use any means possible to get information from a detainee," one official said. The harsh treatment of prisoners extended beyond Camp Nama to outposts in Baghdad, Falluja, Balad, Ramadi and Kirkuk.


At these some prisoners were stripped naked and had cold water thrown on them to cause the sensation of drowning, Pentagon personnel who served with the unit said.


In January 2004, the taskforce captured the son of one of Saddam's bodyguards in Tikrit. The man told army investigators he was forced to strip and that he was punched in the spine until he fainted, put in front of an air-conditioner while cold water was poured on him and kicked in the stomach until he vomited. Army investigators closed their inquiry in June 2005 after they said taskforce members used battlefield pseudonyms that made it impossible to identify the soldiers involved. The unit also claimed that 70 per cent of its computer files had been lost.


Despite the taskforce's access to a wide range of intelligence, its raids often failed, yielding little if any intelligence, Pentagon officials said. By early 2004, the CIA and the FBI had expressed alarm about the military's harsh interrogation techniques.


In the middle of 2004, Camp Nama closed and the unit moved to a new headquarters in Balad, 70 kilometres north of Baghdad. The unit's operations are now shrouded in even tighter secrecy.


The Justice Department inspector-general is investigating complaints of detainee abuse by Taskforce 6-26, a senior law enforcement official said.


新事実は米国拷問の写真に追加する.


イラクの暴動が2004年の初頭において強くなった時に、エリート米国特殊作戦部隊ユニットはバグダッドの近くのサダム・フセインの前の軍事基地の1つを極秘の刑務所に改造した。

そこで、それをブラック部屋と呼んで、米国兵士は前の政府拷問室を彼ら自身の質問室に変えた。


窓のない部屋で、兵士はライフルケツを持つ囚人を打ち負かし、彼らの顔につばをかけて、刑務所ペイントボールのゲームにおいて射撃演習のために彼らを使った。

それらの目的は、イラクの最も探されているテロリストを追い詰めるのを手伝うために情報を抽出することであったとアブ・マサブ・アル・ザカウイ、米国の防衛部門人員は言った。




ブラック部屋はキャンプ ナマ(エリート・タスク・フォース6-26の秘密の本部)で一時的な刑務所の一部であった。

バグダッド国際空港に置かれて、キャンプは近くのアブグレイブ刑務所に行く途中の多くの反乱者のための最初の停止であった。


キャンプ ナマ族で働いた国防総省の人員は、弁護士または親族へのアクセスを禁止されて、無料で何週間も閉じ込められて、囚人がしばしば引き留めブラックホールの中に消えると言った。

「そこに規則が全然なかった」と1人の国防総省役員は言った。


暴露は世界中の秘密のCIA刑務所でだけでなくアフガニスタンとグアンタナモ湾、キューバの米国刑務所で荒い質問習慣の写真に追加する。

タスク・フォース6-26のアカウントは、アブグレイブでの乱用が2004年4月に公表される数ヶ月前と後に、囚人が虐待された範囲を明らかにし、それは、乱用が少数の悪漢予備兵に制限されたというオリジナルの国防総省主張を無意味なものにする。


タスク・フォース6-26は囚人虐待のために罰せられたその軍の高いパーセンテージを持っていた。

あるポイントで、防御次官、スティーブン・カムボーンは、彼の代理人(どのような非行のでも、「底に到着しなさい」への副官将軍ウィリアム・ボイキン)を注文した。


軍隊と民間のユニットのるつぼ、タスク・フォース6-26は2003年半ばに結成された。

他の国からのCIA役員、FBIエージェント、および特殊作戦部隊はまたタスク・フォースと密接に働いた。

ユニットは1つの優先事項を持っていた:ザルカウイ(イラクで働いているヨルダンの闘士)を捕らえるか、殺すには。

「近くにザルカウイの臭いさえあったいつででも、彼らは、外出し、被抑留者から情報を得るために可能などのような方法でも使うであろう」と1人の役員は言った。

バグダッド、ファルージャ、バラド、ラマディ、およびキルクークの前哨基地にキャンプ ナマを越えて拡張された囚人の荒い扱い。


これらで、何人かの囚人は裸にされて、溺れる大評判となるために彼らに投げかけられた冷水を飲んだと、ユニットによって勤務していた国防総省の人員は言った。

2004年1月に、タスク・フォースはティクリットにおいてサダムのボディガードの1人の息子を捕らえた。

人は軍隊調査者に、彼が、脱ぐことを強制されて、彼が吐くまで、冷水が彼に注ぎかけられて、胃の中で蹴られる間空気調節装置の前に置かれて、彼が卒倒するまで、彼が背骨の中で殴られたと言った。

彼らが、タスク・フォース・メンバーが、関係している兵士を識別することが不可能にした戦場偽名を使うと言った後に、軍隊調査者は2005年6月に彼らの問い合わせを閉じた。

ユニットはまた、そのコンピュータファイルの70パーセントが失われたと主張した。


様々な知能へのタスク・フォースのアクセスにもかかわらず、どのような知能ならばもほとんど曲がりやすくないで、その急襲はしばしば失敗したと国防総省の役員は言った。

2004年初めまでに、CIAとFBIは軍隊の荒い質問テクニックについて驚きを表した。

2004年の半ばに、キャンプ ナマは閉まり、ユニットはバグダッドの70キロメートル北のBaladにおける新しい本部に動いた。

ユニットの操作はいっそうよりきつい秘密のベールに現在包まれる。

司法省監察官はタスク・フォース6-26による被抑留者虐待の不満を調査しているとシニアの法執行機関の担当官は言った。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR