FC2ブログ

米国での人への医学的実験:その1





Human medical experimentation in the United States


http://global-elite.org/?q=node/433

Submitted by blod on Sat, 2006-03-11 13:51.


Human medical experimentation in the United States: The shocking true history of modern medicine and psychiatry (1833-1965)

Introduction by the Health Ranger: The United States claims to be the world leader in medicine. But there's a dark side to western medicine that few want to acknowledge: The horrifying medical experiments performed on impoverished people and their children all in the name of scientific progress. Many of these medical experiments were conducted on people without their knowledge, and most were conducted as part of an effort to seek profits from newly approved drugs or medical technologies.

Today, the medical experiments continue on the U.S. population and its children. From the mass drugging of children diagnosed with fictitious behavioral disorders invented by psychiatry to the FDA's approval of mass-marketed drugs that have undergone no legitimate clinical trials, our population is right now being subjected to medical experiments on a staggering scale. Today, nearly 50% of Americans are on a least one prescription drug, and nearly 20% of schoolchildren are on mind-altering amphetamines like Ritalin or antidepressants like Prozac. This mass medication of our nation is, in every way, a grand medical experiment taking place right now.


But to truly understand how this mass experimentation on modern Americans came into being, you have to take a close look at the horrifying history of conventional medicine's exploitation of people for cruel medical experiments.


WARNING: What you are about to read is truly shocking. You have never been told this information by the American Medical Association, nor drug companies, nor the evening news. You were never taught the truth about conventional medicine in public school, or even at any university. This is the dark secret of the U.S. system of medicine, and once you read the true accounts reported here, you may never trust drug companies again. These images are deeply disturbing. We print them here not as a form of entertainment, but as a stern warning against what might happen to us and our children if we do not rein in the horrifying, inhumane actions of Big Pharma and modern-day psychiatry.


Now, I introduce this shocking timeline, researched and authored by Dani Veracity, one of our many talented staff writers here at Truth Publishing.


Read at your own risk. - The Health Ranger


The true U.S. history of human medical experimentation

Human experimentation -- that is, subjecting live human beings to science experiments that are sometimes cruel, sometimes painful, sometimes deadly and always a risk -- is a major part of U.S. history that you won't find in most history or science books. The United States is undoubtedly responsible for some of the most amazing scientific breakthroughs. These advancements, especially in the field of medicine, have changed the lives of billions of people around the world -- sometimes for the better, as in the case of finding a cure for malaria and other epidemic diseases, and sometimes for the worse (consider modern "psychiatry" and the drugging of schoolchildren).


However, these breakthroughs come with a hefty price tag: The human beings used in the experiments that made these advancements possible. Over the last two centuries, some of these test subjects have been compensated for the damage done to their emotional and physical health, but most have not. Many have lost their lives because of the experiments they often unwillingly and sometimes even unwittingly participated in, and they of course can never be compensated for losing their most precious possession of all: Their health.


As you read through these science experiments, you'll learn the stories of newborns injected with radioactive substances, mentally ill people placed in giant refrigerators, military personnel exposed to chemical weapons by the very government they served and mentally challenged children being purposely infected with hepatitis. These stories are facts, not fiction: Each account, no matter how horrifying, is backed up with a link or citation to a reputable source.


These stories must be heard because human experimentation is still going on today. The reasons behind the experiments may be different, but the usual human guinea pigs are still the same -- members of minority groups, the poor and the disadvantaged. These are the lives that were put on the line in the name of "scientific" medicine.


(1833) Dr. William Beaumont, an army surgeon physician, pioneers gastric medicine with his study of a patient with a permanently open gunshot wound to the abdomen and writes a human medical experimentation code that asserts the importance of experimental treatments, but also lists requirements stipulating that human subjects must give voluntary, informed consent and be able to end the experiment when they want. Beaumont's Code lists verbal, rather than just written, consent as permissible (Berdon).


(1845)


(1845 - 1849) J. Marion Sims, later hailed as the "father of gynecology," performs medical experiments on enslaved African women without anesthesia. These women would usually die of infection soon after surgery. Based on his belief that the movement of newborns' skull bones during protracted births causes trismus, he also uses a shoemaker's awl, a pointed tool shoemakers use to make holes in leather, to practice moving the skull bones of babies born to enslaved mothers (Brinker).


(1895) New York pediatrician Henry Heiman infects a 4-year-old boy whom he calls "an idiot with chronic epilepsy" with gonorrhea as part of a medical experiment ("Human Experimentation: Before the Nazi Era and After").


(1896) Dr. Arthur Wentworth turns 29 children at Boston's Children's Hospital into human guinea pigs when he performs spinal taps on them, just to test whether the procedure is harmful (Sharav).


(1900) U.S Army doctors working in the Philippines infect five Filipino prisoners with plague and withhold proper nutrition to create Beriberi in 29 prisoners; four test subjects die (Merritte, et al.; Cockburn and St. Clair, eds.).

Under commission from the U.S. surgeon general, Dr. Walter Reed goes to Cuba and uses 22 Spanish immigrant workers to prove that yellow fever is contracted through mosquito bites. Doing so, he introduces the practice of using healthy test subjects, and also the concept of a written contract to confirm informed consent of these subjects. While doing this study, Dr. Reed clearly tells the subjects that, though he will do everything he can to help them, they may die as a result of the experiment. He pays them $100 in gold for their participation, plus $100 extra if they contract yellow fever (Berdon, Sharav).


(1906) Harvard professor Dr. Richard Strong infects prisoners in the Philippines with cholera to study the disease; 13 of them die. He compensates survivors with cigars and cigarettes. During the Nuremberg Trials, Nazi doctors cite this study to justify their own medical experiments (Greger, Sharav).


(1911) Dr. Hideyo Noguchi of the Rockefeller Institute for Medical Research publishes data on injecting an inactive syphilis preparation into the skin of 146 hospital patients and normal children in an attempt to develop a skin test for syphilis. Later, in 1913, several of these children's parents sue Dr. Noguchi for allegedly infecting their children with syphilis ("Reviews and Notes: History of Medicine: Subjected to Science: Human Experimentation in America before the Second World War").


(1913) Medical experimenters "test" 15 children at the children's home St. Vincent's House in Philadelphia with tuberculin, resulting in permanent blindness in some of the children. Though the Pennsylvania House of Representatives records the incident, the researchers are not punished for the experiments ("Human Experimentation: Before the Nazi Era and After").


(1915) Dr. Joseph Goldberger, under order of the U.S. Public Health Office, produces Pellagra, a debilitating disease that affects the central nervous system, in 12 Mississippi inmates to try to find a cure for the disease. One test subject later says that he had been through "a thousand hells." In 1935, after millions die from the disease, the director of the U.S Public Health Office would finally admit that officials had known that it was caused by a niacin deficiency for some time, but did nothing about it because it mostly affected poor African-Americans. During the Nuremberg Trials, Nazi doctors used this study to try to justify their medical experiments on concentration camp inmates (Greger; Cockburn and St. Clair, eds.).


(1918) In response to the Germans' use of chemical weapons during World War I, President Wilson creates the Chemical Warfare Service (CWS) as a branch of the U.S. Army. Twenty-four years later, in 1942, the CWS would begin performing mustard gas and lewisite experiments on over 4,000 members of the armed forces (Global Security, Goliszek).


(1919)


(1919 - 1922) Researchers perform testicular transplant experiments on inmates at San Quentin State Prison in California, inserting the testicles of recently executed inmates and goats into the abdomens and scrotums of living prisoners (Greger).


(1931) Cornelius Rhoads, a pathologist from the Rockefeller Institute for Medical Research, purposely infects human test subjects in Puerto Rico with cancer cells; 13 of them die. Though a Puerto Rican doctor later discovers that Rhoads purposely covered up some of details of his experiment and Rhoads himself gives a written testimony stating he believes that all Puerto Ricans should be killed, he later goes on to establish the U.S. Army Biological Warfare facilities in Maryland, Utah and Panama, and is named to the U.S. Atomic Energy Commission, where he begins a series of radiation exposure experiments on American soldiers and civilian hospital patients (Sharav; Cockburn and St. Clair, eds.).


(1931 - 1933) Mental patients at Elgin State Hospital in Illinois are injected with radium-266 as an experimental therapy for mental illness (Goliszek).


(1932)


(1932-1972) The U.S. Public Health Service in Tuskegee, Ala. diagnoses 400 poor, black sharecroppers with syphilis but never tells them of their illness nor treats them; instead researchers use the men as human guinea pigs to follow the symptoms and progression of the disease. They all eventually die from syphilis and their families are never told that they could have been treated (Goliszek, University of Virginia Health System Health Sciences Library).


(1937) Scientists at Cornell University Medical School publish an angina drug study that uses both placebo and blind assessment techniques on human test subjects. They discover that the subjects given the placebo experienced more of an improvement in symptoms than those who were given the actual drug. This is first account of the placebo effect published in the United States ("Placebo Effect").


(1939) In order to test his theory on the roots of stuttering, prominent speech pathologist Dr. Wendell Johnson performs his famous "Monster Experiment" on 22 children at the Iowa Soldiers' Orphans' Home in Davenport. Dr. Johnson and his graduate students put the children under intense psychological pressure, causing them to switch from speaking normally to stuttering heavily. At the time, some of the students reportedly warn Dr. Johnson that, "in the aftermath of World War II, observers might draw comparisons to Nazi experiments on human subjects, which could destroy his career" (Alliance for Human Research Protection).


(1941) Dr. William C. Black infects a 12-month-old baby with herpes as part of a medical experiment. At the time, the editor of the Journal of Experimental Medicine, Francis Payton Rous, calls it "an abuse of power, an infringement of the rights of an individual, and not excusable because the illness which followed had implications for science" (Sharav).

An article in a 1941 issue of Archives of Pediatrics describes medical studies of the severe gum disease Vincent's angina in which doctors transmit the disease from sick children to healthy children with oral swabs (Goliszek).


Drs. Francis and Salk and other researchers at the University of Michigan spray large amounts of wild influenza virus directly into the nasal passages of "volunteers" from mental institutions in Michigan. The test subjects develop influenza within a very short period of time (Meiklejohn).


Researchers give 800 poverty-stricken pregnant women at a Vanderbilt University prenatal clinic "cocktails" including radioactive iron in order to determine the iron requirements of pregnant women (Pacchioli).


(1942) The United States creates Fort Detrick, a 92-acre facility, employing nearly 500 scientists working to create biological weapons and develop defensive measures against them. Fort Detrick's main objectives include investigating whether diseases are transmitted by inhalation, digestion or through skin absorption; of course, these biological warfare experiments heavily relied on the use of human subjects (Goliszek).

U.S. Army and Navy doctors infect 400 prison inmates in Chicago with malaria to study the disease and hopefully develop a treatment for it. The prisoners are told that they are helping the war effort, but not that they are going to be infected with malaria. During Nuremberg Trials, Nazi doctors later cite this American study to defend their own medical experiments in concentration camps like Auschwitz (Cockburn and St. Clair, eds.).


The Chemical Warfare Service begins mustard gas and lewisite experiments on 4,000 members of the U.S. military. Some test subjects don't realize they are volunteering for chemical exposure experiments, like 17-year-old Nathan Schnurman, who in 1944 thinks he is only volunteering to test "U.S. Navy summer clothes" (Goliszek).


In an experiment sponsored by the U.S. Navy, Harvard biochemist Edward Cohn injects 64 inmates of Massachusetts state prisons with cow's blood (Sharav).


Merck Pharmaceuticals President George Merck is named director of the War Research Service (WRS), an agency designed to oversee the establishment of a biological warfare program (Goliszek).


(1943) In order to "study the effect of frigid temperature on mental disorders," researchers at University of Cincinnati Hospital keep 16 mentally disabled patients in refrigerated cabinets for 120 hours at 30 degrees Fahrenheit (Sharav).


(1944) As part of the Manhattan Project that would eventually create the atomic bomb, researchers inject 4.7 micrograms of plutonium into soldiers at the Oak Ridge facility, 20 miles west of Knoxville, Tenn. ("Manhattan Project: Oak Ridge").

Captain A. W. Frisch, an experienced microbiologist, begins experiments on four volunteers from the state prison at Dearborn, Mich., inoculating prisoners with hepatitis-infected specimens obtained in North Africa. One prisoner dies; two others develop hepatitis but live; the fourth develops symptoms but does not actually develop the disease (Meiklejohn).


Laboratory workers at the University of Minnesota and University of Chicago inject human test subjects with phosphorus-32 to learn the metabolism of hemoglobin (Goliszek).


(1944 - 1946) In order to quickly develop a cure for malaria -- a disease hindering Allied success in World War II -- University of Chicago Medical School professor Dr. Alf Alving infects psychotic patients at Illinois State Hospital with the disease through blood transfusions and then experiments malaria cures on them (Sharav).


A captain in the medical corps addresses an April 1944 memo to Col. Stanford Warren, head of the Manhattan Project's Medical Section, expressing his concerns about atom bomb component fluoride's central nervous system (CNS) effects and asking for animal research to be done to determine the extent of these effects: "Clinical evidence suggests that uranium hexafluoride may have a rather marked central nervous system effect ... It seems most likely that the F [code for fluoride] component rather than the T [code for uranium] is the causative factor ... Since work with these compounds is essential, it will be necessary to know in advance what mental effects may occur after exposure." The following year, the Manhattan Project would begin human-based studies on fluoride's effects (Griffiths and Bryson).


The Manhattan Project medical team, led by the now infamous University of Rochester radiologist Col. Safford Warren, injects plutonium into patients at the University's teaching hospital, Strong Memorial (Burton Report).


(1945) Continuing the Manhattan Project, researchers inject plutonium into three patients at the University of Chicago's Billings Hospital (Sharav).

The U.S. State Department, Army intelligence and the CIA begin Operation Paperclip, offering Nazi scientists immunity and secret identities in exchange for work on top-secret government projects on aerodynamics and chemical warfare medicine in the United States ("Project Paperclip").


Researchers infect 800 prisoners in Atlanta with malaria to study the disease (Sharav).


(1945 - 1955) In Newburgh, N.Y., researchers linked to the Manhattan Project begin the most extensive American study ever done on the health effects of fluoridating public drinking water (Griffiths and Bryson).


(1946) Gen. Douglas MacArthur strikes a secret deal with Japanese physician Dr. Shiro Ishii to turn over 10,000 pages of information gathered from human experimentation in exchange for granting Ishii immunity from prosecution for the horrific experiments he performed on Chinese, Russian and American war prisoners, including performing vivisections on live human beings (Goliszek, Sharav).

Male and female test subjects at Chicago's Argonne National Laboratories are given intravenous injections of arsenic-76 so that researchers can study how the human body absorbs, distributes and excretes arsenic (Goliszek).


Continuing the Newburg study of 1945, the Manhattan Project commissions the University of Rochester to study fluoride's effects on animals and humans in a project codenamed "Program F." With the help of the New York State Health Department, Program F researchers secretly collect and analyze blood and tissue samples from Newburg residents. The studies are sponsored by the Atomic Energy Commission and take place at the University of Rochester Medical Center's Strong Memorial Hospital (Griffiths and Bryson).


Go to fullsize image


米国での人の医学的実験:

2006年-03月11日13:51土曜日にオン


現代医学と精神医学(1833-1965)の衝撃的な真実の歴史

健康レンジャーによる入門:

米国は、医学において世界的リーダーであると主張する。

しかし、ほとんどが、認めたくない西洋の医学への暗い側がある:

恐ろしい医学の実験は科学の進歩の名前においてすべて貧乏な人々と彼らの子供に機能した。

これらの医学の実験の多くは彼らの知識なしで人々に実施されて、最も多くは、新しく認可された薬または医療技術から利益を捜す努力の一部として実施された。

今日、医学の実験は米国人口とその子供の上に続いている。

精神医学によって発明された架空の行動障害によって診断された子供の多くが薬物を混ぜられ、嫡出の臨床試験を全然受けなかった多くの子供がマーケティングされた薬の食品医薬品局の承認まで、私達はちょうど今圧倒的なスケールの上の医学の実験を受けている。

今日、アメリカ人の約50%が極少な1つの処方箋麻薬を常用していて、学童の約20%がリタリンのような精神に変化をもたらすアンフェタミンまたはプロザックのような抗鬱病剤の上にある。

私達の国家のこの集団投薬は、すべての点で、ちょうど今起こっている雄大な医学の実験である。

しかし、どのように現代のアメリカ人へのこのマス実験が発生したかを本当に理解するために、あなたは、残酷な医学の実験のための人々の従来の医学の利用の恐ろしい歴史をよく見る必要がある。

警告:

あなたが、読みかかっているものは本当に衝撃的である。

あなたは一度もアメリカ医師会や製薬会社によるこの情報や夕方ニュースを話されたことがない。

あなたは公立学校やすべての大学でさえ決して従来の医学についての真実を教えられなかった。

これは医学の米国システムの暗い秘密であり、あなたがここに報告された実話を読んだら、あなたは二度と再び製薬会社を信頼しなくてもよい。これらのイメージは深く気がかりである。

私達が大きなファルマと今日の精神医学の恐ろしく、非人道的な行動の手綱を締めないならば、私達と私達の子供に起こるかもしれないことに対して、私達はエンターテインメントのフォームとしてではなく厳格な警告としてここでそれらをプリントする。

さて、ダニ・ベラシティ(真実出版のここの私達の多くの有能なスタッフ・ライターの1人)によって研究されて、制作されて、私はこの衝撃的な年表を導入する。

自分の責任において読みなさい。

- 健康レンジャー

人の医学的実験の真実の米国歴史

人体実験--すなわち生きている人間を、時々残酷で、時々痛く、時々必殺で、リスクである科学実験に服従させる--は、あなたがほとんどの歴史または科学の本の中で発見しないであろうし、米国歴史の大部分である。

米国は疑いなく最も驚異的な科学上の躍進のいくつかに責任がある。

これらの進歩は、特に医学の分野で、世界中で何十億もの人々のライフを変えた--時々、悪い方へ(現代の「精神医学」と学童の薬物を混ぜを考慮しなさい)マラリアと他の流行病のために、そして時々治療を見つける場合のようなさらによいもののために。

しかし、これらのブレークスルーはたくましい値札と一緒に来る:

これらの進歩を可能にした実験において使われた人間。

前の2世紀の間に、これらのテスト対象のいくつかがそれらの感情と肉体の健康に与えられた損害のために補償されているけれども、多くはしなかった。

多くは、参加されて、それらがしばしばしぶしぶ、時々知らず知らず平らにする実験のため命を失い、彼らはもちろん決して、それらの最も貴重な所有を失うことに対して補償されることができない:

それらの健康。

あなたとして、これらの科学実験を通読しなさい、あなたは、放射性物質、巨大な冷蔵庫に置かれた精神的に病気の人々、彼らが奉仕したまさしくその政府によって化学兵器にさらされた軍人、および肝炎にわざと感染している精神的に問題にされた子供を注入された新生児の話を学ぶであろう。

これらの話はフィクションではなく事実である:

各アカウントは、たとえどんなに恐ろしくても、評判が良いソースへのリンクまたは引用で裏付けされる。

人体実験がまだ今日続いているので、これらの話は聞かれなければならない。

実験の後ろの理由は違うかもしれないけれども、通常の人間モルモットはまだ同じである--少数グループ、貧しいもの、および損害を与えられたもののメンバー。

これらは、「科学的な」医学の名前におけるラインに置かれたライフである。

(1833) ウィリアム・ボーモント博士、軍医医師は腹部への恒久的に発砲傷口によって彼の患者の研究によって胃の医学を開拓し、実験的な治療の重要性を主張するけれどもまた、彼らが望んでいる時に、被験者が、自発的で、インフォームド・コンセントを与えて、実験を終えることができなければならないことを規定している要件をリストする人の医学の実験コードを書く。

ボーモントのコードは許すこと(Berdon)としてまさに書かれたことというよりも言葉の同意を考える。

(1845)

(1845? -? 1849)
「婦人科医学の父」として後で迎えられたマリオン・シムズは麻酔なしで奴隷にされたアフリカ女性への医学の実験を実行する。これらの女性は手術のすぐ後で通常伝染で死ぬであろう。

延ばされた誕生の間の新生児の頭蓋骨の動きが開口障害を起こすという彼の確信に基づいて、彼はまた、くつ屋の突き錐(誕生した赤ん坊の頭蓋骨を奴隷にされた母(Brinker)に移動させるのを練習するために革の中で穴を作るために、くつ屋が使う指し示されたツール)を使う。

(1895) ニューヨークの小児科医ヘンリー・ハイマンは、彼が医学の実験(「人体実験:ナチス時代の前とその後」)の一部として淋病によって「慢性のてんかんを持つ馬鹿」と呼ぶ4歳の少年を感染させる。

(1896) 手続が有害である(シャーラーヴ)かどうかをテストするためだけに、彼が彼らの脊椎穿刺を実行する時に、アーサー・ウェントワース博士はボストンの子供の病院の29人の子供を人間モルモットに変える。

(1900年) U.S フィリピンで働いている軍隊医師は、5人のフィリピン人囚人を疫病に感染させて、29人の囚人の中で脚気を作成するために、適切な栄養を抑える;4つのテスト対象が死ぬ(Merritte、 et al.;コバーンとセントクレア、eds。)。


米国の軍医総監からの委員会の下で、ウォルター・リード博士はキューバに行き、黄熱病が蚊に刺されたあとを通して契約されることを証明するために、22人のスペイン移民労働者を使う。

そうして、これらの主題のインフォームド・コンセントを確認するために、彼は、健全なテスト対象を使う実行と書面契約の概念も導入する。

この研究をする間に、リード博士ははっきりと主題に、彼が、それらを助けるために、彼ができるすべてをするであろうけれども、彼らが実験結果として死ぬかもしれないと言う。

彼らが黄熱病(Berdon、シャーラーヴ)を契約するならば、彼は特別に彼らの参加のための金の中の100ドル足す100ドルをそれらに支払う。

(1906年) ハーバードの教授リチャード博士は、強く、病気を勉強するために、フィリピンの囚人をコレラに感染させる;それらの13人は死ぬ。彼は葉巻きとタバコによって生存者に補償する。

ニュルンベルク裁判の間、彼ら自身の医学の実験(グレガー、シャーラーヴ)を正当化するために、ナチス医師はこの研究を引用する。

(1911年) 医学研究のためのロックフェラー研究所の野口英世博士は、梅毒のために皮膚試験を開発する試みにおいて146人の病院患者と通常の子供たちの皮膚に不活性梅毒調合剤を注射することに関するデータを発表します。

後で、1913年に、申し立てによると彼らの子供を、梅毒(「レビューと注:医学の歴史:科学を受ける:第二次世界大戦の前のアメリカでの人体実験」)に感染させることについて、これらの子供の両親のいくらかがノグチ博士を訴える。

(1913年) 子供の何人かにおける永久的な盲目を結果として生じて、医学の実験者はツベルクリン注射液を持つフィラデルフィアの子供の家庭のセントヴィンセントの家で15人の子供を「テストする」。

ペンシルベニア下院が出来事を記録するけれども、研究者は実験(「人体実験:ナチス時代の前とその後」)のために罰せられない。

(1915年) ジョセフ・ゴールドバーガー博士は、米国公衆衛生オフィスの注文の下で、ペラグラ病(病気のために治療を見つけるために試す12人のミシシッピの囚人の中で、中枢神経系に影響する衰弱させる病気)を引き起こす。

1つのテスト対象は後で、彼が「千の生き地獄」を通り抜けていたと伝えている。

1935年に、何百万もの人々が病気のために死んだ後に、U.S公衆衛生オフィスのディレクターは、役員が、それがしばらくの間ナイアシン不足によって起こされたと知っていたと最終的に認めるであろうけれども、それがたいてい貧しいアフリカ系アメリカ人に影響したので、それについて何もしなかった。

ニュルンベルク裁判の間に、強制収容所の囚人(グレガー;コバーンとセントクレア、eds。)への彼らの医学の実験を正当化しようとするために、ナチス医師はこの研究を使った。

(1918年) 第一次世界大戦の間のドイツ人の化学兵器の使用に呼応して、ウィルソン大統領は米国陸軍の枝として化学兵器戦争サービス(CWS)を創出する。

24年後、1942年に、CWSは軍隊(グローバルなセキュリティ、Goliszek)の4,000人を超えるメンバーへのマスタードガスとルイサイトの実験を実行しはじめるであろう。

(1919年)

(1919年? -? 1922年)
最近処刑された囚人とヤギの睾丸を生活の囚人(グレガー)の腹部と陰嚢に挿入して、研究者はカリフォルニアでサン・クエンチン州刑務所の囚人への精巣の移植実験を実行する。

(1931年) コルネリウス・ローズ(医学研究のためのロックフェラー研究所からの病理学者)は、わざと、プエルトリコの人のテスト対象を癌細胞に感染させる;

それらの13人は死ぬ。(クレア、eds.)。

(1931年? -? 1933年) イリノイのエルジン州立病院の精神的な患者は精神病(Goliszek)のために実験的治療としてラジウム266を注入される。

(1932年)

梅毒を持つタスキーギ、アラバマの診断400貧乏な黒小作人の中の米国公衆衛生局けれども決して公衆衛生局は彼らの病気を彼らに話す、彼らを扱う;(1932年-1972年)

代わりに、徴候と病気の進行に続くために、研究者は人間モルモットとして人を使う。

彼らすべては結局梅毒で死に、彼らの家族は、決して、彼らが扱われ(Goliszek、ヴァージニア大学の健康システム健康科学ライブラリ)たかもしれないと言われない。

(1937年) コーネル大学医学校の科学者は、人のテスト対象の上の気休め薬と盲目のアセスメントテクニックの両方を使う狭心症薬研究を出版する。彼らは、気休め薬を与えられた主題が、実際の薬を与えられた人々より改良の多くを徴候において経験したと気づく。

これは米国(「偽薬効果」)で出版された偽薬効果の最初のアカウントである。

(1939年) 吃る根についての彼の理論をテストするために、突出した言語病理学者ウェンデル・ジョンソン博士はダベンポートのアイオワ兵士の孤児院で22人の子供への彼の有名な「怪物実験」を実行する。

ジョンソン博士と彼の大学院生が子供を強烈な心理学的なプレッシャーの下に置いてその結果彼らを、重く吃ることと正常に話すことから切り換えさせた。

伝えられるところでは、ジョンソン博士は、時間、学生の何人かに、その、「第二次世界大戦の余波において、オブザーバーは被験者の上でナチス実験との比較を引くかもしれない(それは彼のキャリアを台無しにすることができた)」(人研究保護のための同盟)と警告する。

(1941年) ウィリアムC.ブラック博士は、医学の実験の一部として12ヶ月の年齢の赤ん坊をヘルペスに感染させる。その時、実験的な医学の雑誌編集者、フランシス・ペートン・ラウスはそれを、「続いていた病気が科学のために意味を持っていたので許されていることではなく権力の濫用(個人の権利侵害)」(シャーラーヴ)と呼ぶ。小児科学のアーカイブの1941年の問題の中の記事は、医師が口頭のモップ(Goliszek)によって病気の子供から健康な子供に病気をうつす厳しいゴム病気ヴァンサンアンギナの医学研究を説明する。Drs.フランシスとソークとミシガン大学の他の研究者は直接ミシガンの精神病院からの「ボランティア」の鼻腔の中に大量の野生のインフルエンザウイルスを吹きかける。テスト対象は時間(ミクルジョン)の非常に短期以内にインフルエンザを患う。妊娠した女性(Pacchioli)の鉄の要件を決定するために放射性の鉄を含むバンダービルト大学出生前のクリニック「カクテル」で、研究者は800人の非常に貧乏な妊娠した女性を与える。

(1942年) 生物兵器を作成し、彼らに対して防止方法を発展させるために働いている約500人の科学者を雇用して、米国はフォートディートリック、92エーカーの施設を作成する。

フォートディートリックの主要な目的は、病気が吸入、消化によってまたは皮膚からの吸収を通してうつされるかどうかを調査するのを含む;

もちろん、これらの細菌戦実験は重く被験者(Goliszek)の使用に依存していた。

米国陸軍と海軍の医師は、病気を勉強し、希望的にそれへの治療を開発するために、シカゴの400人の受刑者をマラリアに感染させる。囚人は、彼らが戦争の準備を助けていると言われるけれども、彼らが、マラリアに感染しようとしていると言われない。ニュルンベルク裁判の間、アウシュビッツ(コバーンとセントクレア、eds。)のような強制収容所の中で彼ら自身の医学の実験を防御するために、ナチス医師は後でこのアメリカ研究を引用する。化学兵器戦争サービスは米国軍隊の4,000人のメンバーへのマスタードガスとルイサイトの実験を開始する。何人かの被験体は、彼らが、1944年に、彼が、「アメリカ海軍夏服」(Goliszek)をテストすると自発的に申し出ているだけであると思う17歳のネイサンSchnurmanのように化学物質暴露実験に志願していることに気がつかない。アメリカ海軍によって後援された実験において、ハーバードの生化学者エドワード・コーンは雌牛の血(シャーラーヴ)をマサチューセッツ州刑務所の64人の囚人に注入する。

メルク調剤社長ジョージ・メルクは、戦争調査業務(WRS)(細菌戦プログラム(Goliszek)の設立を監督するために設計されたエージェンシー)のディレクターに任命される。

(1943年) 「精神障害への寒冷な温度の影響を勉強する」ために、シンシナティ大学病院の研究者は華氏30度(シャーラーヴ)の120時間の間16人の精神障害の患者を冷蔵されたキャビネットに引き留める。

(1944年) 結局原子爆弾を作成するであろうマンハッタン計画の一部として、研究者はノックスビル、テネシーの20マイル西のオークリッジ施設で4.7マイクログラムのプルトニウムを兵士に注入する。

(「マンハッタン計画:オークリッジ」)。

北アフリカで得られた肝炎で感染した見本を囚人に接種して、A. W.フリッシュ指導者、経験豊かな細菌学者はディアボーン、ミシガンで州刑務所から4人のボランティアへの実験を開始する。

1人の囚人が死ぬ;

2つの他が肝炎を患うけれども、生きている;

4番目は、徴候を現わすけれども、実際病気(ミクルジョン)を患わない。

ヘモグロビン(Goliszek)の代謝を学ぶために、ミネソタ大学とシカゴ大学の研究所労働者はリン32を人のテスト対象に注入する。

(1944年? -? 1946年)迅速にマラリア--第二次世界大戦について同盟した成功を妨げている病気--の治療法を開発するために、シカゴ大学医学校教授Alf Alving博士は、輸血、それから彼ら(シャーラーヴ)への実験マラリア治療を通してイリノイ州病院の精神病の患者を病気に感染させる。

原子爆弾コンポーネントフッ化物の中枢神経系(CNS)効果についての彼の懸念を表現し、これらの効果の範囲を決定するためにされるために動物の研究を要求して、衛生隊の中の指導者は1944年4月のメモをCol.スタンフォード ウォレン(マンハッタン計画の医務班の頭)に提出する:

「臨床の証拠は、ウラニウム六フッ化物がむしろ顕著な中枢神経系効果があるかもしれないことを示唆する…」

おそらく、[ウラニウムのためのコード]というよりもF[フッ化物のためのコード]コンポーネントが原因因子であるようである…

「これらの化合物との仕事が必須なので、どんな精神的な効果が露出の後に起こるかもしれないかを事前に知ることは必要になるであろう」。

次の年に、マンハッタン計画はフッ化物の効果(グリフィスとブライソン)上の人ベースの研究を開始するであろう。

現在不名誉なロチェスター大学放射線学者Col. Saffordウォレンによって導かれたマンハッタン計画医療チームはプルトニウムを大学の教育病院の患者、強い記念(バートンリポート)に注入する。

(1945年) マンハッタン計画を続けて、研究者はシカゴ大学のビリングズ病院(シャーラーヴ)でプルトニウムを3人の患者に注入する。米国(「プロジェクトPaperclip」)の空気力学と化学兵器戦争医学の上の極秘の政府プロジェクトの上の仕事と交換に免疫と秘密のアイデンティティをナチス科学者に提供して、米国の州部門、軍隊知能、およびCIAは操作Paperclipを開始する。

研究者は、病気(シャーラーヴ)を勉強するために、アトランタの800人の囚人をマラリアに感染させる。

(1945年? -? 1955年) ニューバーグ、N.Y.で、マンハッタン計画と結び付いた研究者は、これまでに、公的な飲み水(グリフィスとブライソン)にフッ化物を入れる健康効果についてされた最も広いアメリカ研究を開始する。

(1946年)きた人間(Goliszek、シャーラーヴ)の生体解剖を実行するのを含めて、彼が中国人、ロシア人、およびアメリカ人の捕虜に実行した恐ろしい実験のために起訴の免除をイシイ(注・731部隊)に与えることと交換に人体実験から集まった10,000ページの情報を日本人医師石井四郎博士との取り引きで、将軍ダグラス・マッカーサーは秘密を作る。

研究者が、どのように人体が吸収するか、配布するか、そして砒素(Goliszek)を排出するかを研究することができるように、シカゴのアルゴンヌ国立研究所の男性の、そして女性の被験体は砒素の76の静脈注射を与えられる。1945年のニューバーグ風の研究を続けて、マンハッタン計画は、「プログラムF」とコードネームを付けられたプロジェクトの中で動物と人へのフッ化物の効果を勉強することをロチェスターの大学に委任する。ニューヨーク州保健部のヘルプによって、プログラムF研究者はひそかにニューバーグ風の居住者から血と組織のサンプルを収集し、分析する。研究は原子力委員会によって後援されて、ロチェスター大学メディカル・センターの強い記念病院(グリフィスとブライソン)で起こる。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR