FC2ブログ

米国での人への医学的実験:その2

Human medical experimentation in the United States


http://global-elite.org/?q=node/433

Submitted by blod on Sat, 2006-03-11 13:51.
1946年の暮れ、23人のドイツ被告がニュールンベルグで戦争犯罪法廷の前で起訴されて、罪状認否を問われた。被告の20人は、政治、軍隊、またはSS幹部として、第三帝国の医学のヒエラルキーのトップまたはトップに立った医師であった。被告は多種多様な極悪非道で、信じられない犯罪を被験者に関係している殺人的な、または危険で、痛い実験、または療法の他の犯罪として、人道の逸脱についての責任のために告発されて立っていた。この裁判は「ニュールンベルグ医学裁判」として広く知られている。米国が非人道的犯罪としてこれらの人の残虐行為を公然と非難している。しかし・。






(1946 - 1947) University of Rochester researchers inject four male and two female human test subjects with uranium-234 and uranium-235 in dosages ranging from 6.4 to 70.7 micrograms per one kilogram of body weight in order to study how much uranium they could tolerate before their kidneys become damaged (Goliszek).


Six male employees of a Chicago metallurgical laboratory are given water contaminated with plutonium-239 to drink so that researchers can learn how plutonium is absorbed into the digestive tract (Goliszek).


Researchers begin using patients in VA hospitals as test subjects for human medical experiments, cleverly worded as "investigations" or "observations" in medical study reports to avoid negative connotations and bad publicity (Sharav).


The American public finally learns of the biowarfare experiments being done at Fort Detrick from a report released by the War Department (Goliszek).


(1946 - 1953) The U.S. Atomic Energy Commission sponsors studies in which researchers from Harvard Medical School, Massachusetts General Hospital and the Boston University School of Medicine feed mentally disabled students at Fernald State School Quaker Oats breakfast cereal spiked with radioactive tracers every morning so that nutritionists can study how preservatives move through the human body and if they block the absorption of vitamins and minerals. Later, MIT researchers conduct the same study at Wrentham State School (Sharav, Goliszek).


Human test subjects are given one to four injections of arsenic-76 at the University of Chicago Department of Medicine. Researchers take tissue biopsies from the subjects before and after the injections (Goliszek).



(1947) Col. E.E. Kirkpatrick of the U.S. Atomic Energy Commission (AEC) issues a top-secret document (707075) dated Jan. 8. In it, he writes that "certain radioactive substances are being prepared for intravenous administration to human subjects as a part of the work of the contract" (Goliszek).

A secret AEC document dated April 17 reads, "It is desired that no document be released which refers to experiments with humans that might have an adverse reaction on public opinion or result in legal suits," revealing that the U.S. government was aware of the health risks its nuclear tests posed to military personnel conducting the tests or nearby civilians (Goliszek).


The CIA begins studying LSD's potential as a weapon by using military and civilian test subjects for experiments without their consent or even knowledge. Eventually, these LSD studies will evolve into the MKULTRA program in 1953 (Sharav).


(1947 - 1953) The U.S. Navy begins Project Chatter to identify and test so-called "truth serums," such as those used by the Soviet Union to interrogate spies. Mescaline and the central nervous system depressant scopolamine are among the many drugs tested on human subjects (Goliszek).


(1948) Based on the secret studies performed on Newburgh, N.Y. residents beginning in 1945, Project F researchers publish a report in the August 1948 edition of the Journal of the American Dental Association, detailing fluoride's health dangers. The U.S. Atomic Energy Commission (AEC) quickly censors it for "national security" reasons (Griffiths and Bryson).


(1950)


(1950 - 1953) The CIA and later the Office of Scientific Intelligence begin Project Bluebird (renamed Project Artichoke in 1951) in order to find ways to "extract" information from CIA agents, control individuals "through special interrogation techniques," "enhance memory" and use "unconventional techniques, including hypnosis and drugs" for offensive measures (Goliszek).


(1950 - 1953) The U.S. Army releases chemical clouds over six American and Canadian cities. Residents in Winnipeg, Canada, where a highly toxic chemical called cadmium is dropped, subsequently experience high rates of respiratory illnesses (Cockburn and St. Clair, eds.).


In order to determine how susceptible an American city could be to biological attack, the U.S. Navy sprays a cloud of Bacillus globigii bacteria from ships over the San Francisco shoreline. According to monitoring devices situated throughout the city to test the extent of infection, the eight thousand residents of San Francisco inhale five thousand or more bacteria particles, many becoming sick with pneumonia-like symptoms (Goliszek).


Dr. Joseph Strokes of the University of Pennsylvania infects 200 female prisoners with viral hepatitis to study the disease (Sharav).


Doctors at the Cleveland City Hospital study changes in cerebral blood flow by injecting test subjects with spinal anesthesia, inserting needles in their jugular veins and brachial arteries, tilting their heads down and, after massive blood loss causes paralysis and fainting, measuring their blood pressure. They often perform this experiment multiple times on the same subject (Goliszek).


Dr. D. Ewen Cameron, later of MKULTRA infamy due to his 1957 to1964 experiments on Canadians, publishes an article in the British Journal of Physical Medicine, in which he describes experiments that entail forcing schizophrenic patients at Manitoba's Brandon Mental Hospital to lie naked under 15- to 200-watt red lamps for up to eight hours per day. His other experiments include placing mental patients in an electric cage that overheats their internal body temperatures to 103 degrees Fahrenheit, and inducing comas by giving patients large injections of insulin (Goliszek).


(1951) The U.S. Navy's Project Bluebird is renamed Project Artichoke and begins human medical experiments that test the effectiveness of LSD, sodium pentothal and hypnosis for the interrogative purposes described in Project Bluebird's objectives (1950) (Goliszek).

The U.S. Army secretly contaminates the Norfolk Naval Supply Center in Virginia and Washington, D.C.'s National Airport with a strain of bacteria chosen because African-Americans were believed to be more susceptible to it than Caucasians. The experiment causes food poisoning, respiratory problems and blood poisoning (Cockburn and St. Clair, eds.).


(1951 - 1952) Researchers withhold insulin from diabetic patients for up to two days in order to observe the effects of diabetes; some test subjects go into diabetic comas (Goliszek).


(1951 - 1956) Under contract with the Air Force's School of Aviation Medicine (SAM), the University of Texas M.D. Anderson Cancer Center in Houston begins studying the effects of radiation on cancer patients -- many of them members of minority groups or indigents, according to sources -- in order to determine both radiation's ability to treat cancer and the possible long-term radiation effects of pilots flying nuclear-powered planes. The study lasts until 1956, involving 263 cancer patients. Beginning in 1953, the subjects are required to sign a waiver form, but it still does not meet the informed consent guidelines established by the Wilson memo released that year. The TBI studies themselves would continue at four different institutions -- Baylor University College of Medicine, Memorial Sloan-Kettering Institute for Cancer Research, the U.S. Naval Hospital in Bethesda and the University of Cincinnati College of Medicine -- until 1971 (U.S. Department of Energy, Goliszek).


American, Canadian and British military and intelligence officials gather a small group of eminent psychologists to a secret meeting at the Ritz-Carlton Hotel in Montreal about Communist "thought-control techniques." They proposed a top-secret research program on behavior modification -- involving testing drugs, hypnosis, electroshock and lobotomies on humans (Barker).


(1952) Military scientists use the Dugway Proving Ground -- which is located 87 miles southwest of Salt Lake City, Utah -- in a series of experiments to determine how Brucella suis and Brucella melitensis spread in human populations. Today, over a half-century later, some experts claim that we are all infected with these agents as a result of these experiments (Goliszek).

In a U.S. Department of Denfense-sponsored experiment, Henry Blauer dies after he is injected with mescaline at Columbia University's New York State Psychiatric Institute (Sharav).


At the famous Sloan-Kettering Institute, Chester M. Southam injects live cancer cells into prisoners at the Ohio State Prison to study the progression of the disease. Half of the prisoners in this National Institutes of Health-sponsored (NIH) study are black, awakening racial suspicions stemming from Tuskegee, which was also an NIH-sponsored study (Merritte, et al.).


(1953)


(1953 - 1970) The CIA begins project MKNAOMI to "stockpile incapacitating and lethal materials, to develop gadgetry for the disseminations of these materials, and to test the effects of certain drugs on animals and humans." As part of MKNAOMI, the CIA and the Special Operations Division of the Army Biological Laboratory at Fort Detrick try to develop two suicide pill alternatives to the standard cyanide suicide pill given to CIA agents and U-2 pilots. CIA agents and U-2 pilots are meant to take these pills when they find themselves in situations in which they (and all the information they hold in their brains) are in enemy hands. They also develop a "microbioinoculator" -- a device that agents can use to fire small darts coated with biological agents that can remain potent for weeks or even months. These darts can be fired through clothing and, most significantly, are undetectable during autopsy. Eventually, by the late 1960s, MKNAOMI enables the CIA to have a stockpile of biological toxins -- infectious viruses, paralytic shellfish toxin, lethal botulism toxin, snake venom and the severe skin disease-producing agent Mircosporum gypseum. Of course, the development of all of this "gadgetry" requires human experimentation (Goliszek).



(1946年 - 1947年) 彼らの腎臓が破損して(Goliszek)前に、彼らがどれくらいウラニウムを許容することができたかを研究するために、ロチェスター大学研究者は体重の1キログラムあたり6.4から70.7マイクログラムに及んでいる1回投薬量におけるウラニウム234とウラン235を4つの雄と2女性の人のテスト対象に注入する。

研究者が、どうプルトニウムが消化管(Goliszek)に吸収されるかを学ぶことができるように、シカゴの冶金の研究所の6人の男性の従業員が、飲むためにプルトニウム239によって汚染された水を与えられる。

ネガティブな言外の意味と悪いパブリシティ(シャーラーヴ)を避けるために医学研究リポートの中の「調査」または「観察」として賢く言葉で表現された人の医学の実験のために、研究者はテスト対象としてVAの病院で使っている患者を開始する。

アメリカの一般大衆は最終的に戦争省(Goliszek)によって発表されたリポートからフォートディートリックでされている細菌戦実験を知る。

(1946年 - 1953年) 栄養士が、どのように防腐剤が人体を通して動くかを研究することができるように、そして彼らがビタミンとミネラルの没頭を妨げるならば、米国原子力委員会は、毎朝放射性トレーサーによって犬釘で留められたFernald公立学校Quaker Oats朝食シリアルでハーバード・メディカル・スクール、マサチューセッツ総合病院、および医学のボストン大学学校からの研究者が精神障害の学生に供給する研究を後援する。後で、MIT研究者はWrentham公立学校(シャーラーヴ、Goliszek)で同じ研究を行う。

人のテスト対象は医学のシカゴ大学部門で砒素の76の1から4回の注射を与えられる。研究者は注射(Goliszek)前と後に組織生検を主題から取り去る。


(1947年) Col. E.E. 米国原子力委員会(AEC)のカークパトリックは1月8日付の極秘書類(707075)を出す。それの中で、彼は、「一定の放射性物質は契約の仕事の一部として被験者に静脈内投与のために準備されている」(Goliszek)と書く。4月17日付の秘密のAEC文書は、米国政府が、その核実験がテストを実施している軍人または近くの民間人(Goliszek)に提出した健康リスクに気づいていたと明らかにして、「どの文書もリリースされないことは要求される(世論の上に反対の反応を持つか、訴訟を結果として生じるかもしれない人と、それが実験を参照する)」を読む。CIAは、それらの同意または知識さえなしで実験のために軍隊と民間のテスト対象を使って武器としてLSDの可能性を勉強しはじめる。結局、これらのLSD研究は1953年(シャーラーヴ)にMKULTRAプログラムに発展するであろう。

(1947年 - 1953年) スパイに質問するためにソビエト連邦によって使われたそれらなどのいわゆる「自白薬」を識別し、テストするために、アメリカ海軍はプロジェクトおしゃべりを開始する。

メスカリンと中枢神経系の機能を低下させたスコポラミンは被験者(Goliszek)上でテストされた多くの薬の間にある。

(1948年) 1945年に始めているニューバーグ、N.Y.の居住者に実行された秘密の研究に基づいて、フッ化物の健康危険を詳説して、プロジェクトF研究者は歯学会のジャーナルの1948年8月の版においてリポートを出版する。米国原子力委員会(AEC)は迅速に「国家安全保障」理由(グリフィスとブライソン)のためにそれを検閲する。

(1950年)

(1950年 - 1953年)
情報をCIAエージェントから「取り出し」、「特別な質問テクニックを通して」個人、「メモリーを強化しなさい」をコントロールし、「催眠と薬を含む慣例に従わないテクニック」を使う方法を不快な手段(Goliszek)のために見つけるために、CIAと後で科学情報収集事務所はプロジェクト ブルーバード(1951年の新しく名前をつけられたプロジェクトチョウセンアザミ)を開始する。

(1950年 - 1953年) 米国陸軍は6つのアメリカとカナダの都市の上で化学の雲をリリースする。

カドミウムと呼ばれる非常に有毒な化学薬品が落ちるウィニペグ、カナダの居住者は後で呼吸器疾患(コバーンとセントクレア、eds。)の高いレートを経験する。

どれほど多感なアメリカの都市が生物兵器の攻撃にであるかもしれないかを決定するために、アメリカ海軍はサンフランシスコ海岸線の上で船から桿菌globigiiバクテリアの雲を吹きかける。

伝染の範囲をテストするために都市中で置かれた監視装置によると、サンフランシスコの8000人の居住者は5000個以上のバクテリア粒子(肺炎風の徴候(Goliszek)によって病気に多くの適している)を吸入する。

ペンシルバニア大学のジョセフStrokes博士は、病気(シャーラーヴ)を勉強するために、200人の女性の囚人をウイルス肝炎に感染させる。

クリーブランド都市病院の医師は、脊椎麻酔をテスト対象に注入し、針を彼らの頚静脈と上腕動脈に挿入し、彼らの頭を傾けて、大規模な失血が麻痺と卒倒を起こした後に、彼らの血圧を測定することによる脳血流の変化を勉強する。彼らはしばしば同じ主題(Goliszek)上で複数回この実験を実行する。

後でカナダ人への彼の1957年のto1964実験によるMKULTRA悪評のD.イーウェン・キャメロン博士は物理療法の英国ジャーナルの中で記事を発表する(それにおいて、彼は、最高1日あたり8時間までのために15から200ワットの赤いランプの下で裸に横になることをマニトバのブランドン精神科病院の精神分裂症患者に強制して伴っている実験を説明する)。

彼の他の実験は、精神的な患者を、華氏103度まで彼らの内部の体温を過熱させる電気のかごの中に置き、患者にインシュリン(Goliszek)の大きな注射を与えることによって昏睡を引き起こすのを含む。

(1951年) アメリカ海軍のプロジェクトブルーバードはプロジェクトチョウセンアザミに改名されて、プロジェクト ブルーバードの目的(1950年)(Goliszek)において説明された疑問の目的についてLSD、ナトリウムpentothal、および催眠の有効性をテストする人の医学の実験を開始する。

アフリカ系アメリカ人が、それにCaucasiansより影響され易いと信じられたので選ばれたバクテリアの種類によって、米国陸軍はひそかにバージニアとワシントンD.C.のナショナル空港でノーフォーク海軍供給センターを汚染する。

実験は食中毒、呼吸障害、および敗血病(コバーンとセントクレア、eds。)を起こす。

(1951年 - 1952年) 糖尿病の効果を観察するために、研究者は最高2日までのために糖尿病患者にインシュリンを保留する;

何人かの被験体は糖尿病昏睡(Goliszek)を検討する。

(1951年 - 1956年)航空医学(SAM)の空軍の学校との契約の下で、ヒューストンのテキサス大学医学博士アンダーソンガンセンターは、癌を扱う両方の放出の能力を決定するための癌患者--彼らの多く(関係筋による少数グループまたはindigentsのメンバー)--への放射能の影響と原子力飛行機を操縦しているパイロットの可能な長期の放射能の影響を勉強しはじめる。

263人の癌患者に関係して、研究は1956年まで続いている。

1953年に始めて、主体は、棄権証書フォームにサインすることを要求されるけれども、それはまだその年にリリースされたウィルソンメモによって設立されたインフォームド・コンセント・ガイドラインと会わない。

TBI研究自身は1971年(米国エネルギー省、Goliszek)まで4つの違う組織--ベイラー大学医科大学、癌の研究のための記念のスローンケッタリング大学、ベセズダの米国海軍病院、およびシンシナティ大学医科大学--に留まるであろう。

共産主義の「考えコントロールテクニック」についてモントリオールのリッツ・カールトンホテルで合っている秘密にアメリカ、カナダ、および英国の軍隊と情報部役員は高名な心理学者の小集団を集める。

彼らは行動修正における極秘の研究計画を提案した--人(バーカー)への薬、催眠、電撃療法、およびlobotomiesをテストするのを伴う。

(1952年) どのようにブタ流産菌とブルセラ・メリテンシスが人口に広がったかを決定するために、軍隊の科学者は、米軍生物化学兵器実験所--ソルトレーク・シティ、ユタの87マイルの南西に位置している--を一連の実験において使う。

今日、半1世紀以上後、何人かのエキスパートは、私達がこれらの実験(Goliszek)の結果としてすべてこれらのエージェントに感染すると主張する。

Denfenseで後援された実験の米国部門で、彼がコロンビア大学のニューヨーク州精神医学研究所(シャーラーヴ)でメスカリンを注入された後に、ヘンリーBlauerは死ぬ。

有名なスローンケッタリング研究所で、病気の進行を勉強するために、チェスターM.Southamはオハイオ州刑務所でライブ癌細胞を囚人に注入する。

タスキーギから生じている人種の疑惑を起こして、この国立予防衛生研究所で後援された(NIH)研究における囚人の半分は黒い(それはまたNIHで後援された研究(Merritte、 et al.)であった)。

(1953年)

(1953年 - 1970年)
「不適格にし、致命的な素材を備蓄する」ため「、これらの素材の配布のために小道具を開発するため、および動物と人への一定の薬の効果をテストするために」、CIAはプロジェクトMKNAOMIを開始する。

MKNAOMIの一部として、フォートディートリックの軍隊生物学研究所のCIAと特別な運用課は、CIAエージェントとU-2パイロットに与えられた標準のシアン化物自殺錠剤への2つの自殺錠剤代案を開発しようとする。彼ら(そして、彼らが彼らの脳の中で保持するすべての情報)が敵の手の中にいる状況において、彼らが自分自身を発見する時に、CIAエージェントとU-2パイロットは、これらの錠剤を飲むことを意図されている。彼らはまた「microbioinoculator」を開発する--エージェントが、数週間または月のさえ間強力であり続けることができる生物剤によって被覆された小さなダーツに点火するために使うことができる機器。

これらのダーツは衣類を通して点火されることができて、とてもかなり、死体解剖の間検知できない。

結局、1960年代の末期までに、MKNAOMIは、CIAが生物学の毒素の資材を持つことを可能にする--伝染性のウイルス、麻痺性貝毒素、致命的なボツリヌス菌中毒毒素、ヘビの毒、および厳しい皮病気産出エージェントMircosporum gypseum。もちろん、この「小道具」のすべての開発は人体実験(Goliszek)を必要としている。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR