FC2ブログ

米国での人への医学的実験:その3



Human medical experimentation in the United States

Submitted by blod on Sat, 2006-03-11 13:51.


Go to fullsize image



(1953 - 1974) CIA Director Allen Dulles authorizes the MKULTRA program to produce and test drugs and biological agents that the CIA could use for mind control and behavior modification. MKULTRA later becomes well known for its pioneering studies on LSD, which are often performed on prisoners or patrons of brothels set up and run by the CIA. The brothel experiments, known as "Operation Midnight Climax," feature two-way mirrors set up in the brothels so that CIA agents can observe LSD's effects on sexual behavior. Ironically, governmental figures sometimes slip LSD into each other's drinks as part of the program, resulting in the LSD psychosis-induced suicide of Dr. Frank Olson indirectly at the hands of MKULTRA's infamous key player Dr. Sidney Gottlieb. Of all the hundreds of human test subjects used during MKULTRA, only 14 are ever notified of the involvement and only one is ever compensated ($15,000). Most of the MKULTRA files are eventually destroyed in 1973 (Elliston; Merritte, et al.; Barker).


The U.S. Atomic Energy Commission (AEC) sponsors iodine studies at the University of Iowa. In the first study, researchers give pregnant women 100 to 200 microcuries of iodine-131 and then study the women's aborted embryos in order to learn at what stage and to what extent radioactive iodine crosses the placental barrier. In the second study, researchers give 12 male and 13 female newborns under 36 hours old and weighing between 5.5 and 8.5 pounds iodine-131 either orally or via intramuscular injection, later measuring the concentration of iodine in the newborns' thyroid glands (Goliszek).


Secretary of Defense Charles Wilson issues the Wilson memo, a top-secret document establishing the Nuremberg Code as Department of Defense policy on human experimentation. The Wilson memo requires voluntary, written consent from a human medical research subject after he or she has been informed of "the nature, duration, and purpose of the experiment; the method and means by which it is to be conducted; all inconveniences and hazards reasonably to be expected; and effects upon his health or person which may possibly come from his participation in the experiment." It also insists that doctors only use experimental treatments when other methods have failed (Berdon).


As part of an AEC study, researchers feed 28 healthy infants at the University of Nebraska College of Medicine iodine-131 through a gastric tube and then test concentration of iodine in the infants' thyroid glands 24 hours later (Goliszek).


(1953 - 1957) Eleven patients at Massachusetts General Hospital in Boston are injected with uranium as part of the Manhattan Project (Sharav).


In an AEC-sponsored study at the University of Tennessee, researchers inject healthy two- to three-day-old newborns with approximately 60 rads of iodine-131 (Goliszek).


Newborn Daniel Burton becomes blind when physicians at Brooklyn Doctors Hospital perform an experimental high oxygen treatment for Retrolental Fibroplasia, a retinal disorder affecting premature infants, on him and other premature babies. The physicians perform the experimental treatment despite earlier studies showing that high oxygen levels cause blindness. Testimony in Burton v. Brooklyn Doctors Hospital (452 N.Y.S.2d875) later reveals that researchers continued to give Burton and other infants excess oxygen even after their eyes had swelled to dangerous levels (Goliszek, Sharav).


The CIA begins Project MKDELTA to study the use of biochemicals "for harassment, discrediting and disabling purposes" (Goliszek).


A 1953 article in Clinical Science describes a medical experiment in which researchers purposely blister the abdomens of 41 children, ranging in age from eight to 14, with cantharide in order to study how severely the substance irritates the skin (Goliszek).


The AEC performs a series of field tests known as "Green Run," dropping radiodine 131 and xenon 133 over the Hanford, Wash. site -- 500,000 acres encompassing three small towns (Hanford, White Bluffs and Richland) along the Columbia River (Sharav).


In an AEC-sponsored study to learn whether radioactive iodine affects premature babies differently from full-term babies, researchers at Harper Hospital in Detroit give oral doses of iodine-131 to 65 premature and full-term infants weighing between 2.1 and 5.5 pounds (Goliszek).


(1954) The CIA begins Project QKHILLTOP to study Chinese Communist Party brainwashing techniques and use them to further the CIA's own interrogative methods. Most experts speculate that the Cornell University Medical School Human Ecology Studies Program conducted Project QKHILLTOP's early experiments (Goliszek).

(1954 - 1975) U.S. Air Force medical officers assigned to Fort Detrick's Chemical Corps Biological Laboratory begin Operation Whitecoat -- experiments involving exposing human test subjects to hepatitis A, plague, yellow fever, Venezuelan equine encephalitis, Rift Valley fever, rickettsia and intestinal microbes. These test subjects include 2,300 Seventh Day Adventist military personnel, who choose to become human guinea pigs rather than potentially kill others in combat. Only two of the 2,300 claim long-term medical complications from participating in the study ("Operation Whitecoat".)


In a general memo to university researchers under contract with the military, the Surgeon General of the U.S. Army asserts the human experimentation guidelines -- including informed, written consent -- established in the classified Wilson memo (Goliszek).


(1955) In U.S. Army-sponsored experiments performed at Tulane University, mental patients are given LSD and other drugs and then have electrodes implanted in their brain to measure the levels (Barker, "The Cold War Experiments").


(1955 - 1957) In order to learn how cold weather affects human physiology, researchers give a total of 200 doses of iodine-131, a radioactive tracer that concentrates almost immediately in the thyroid gland, to 85 healthy Eskimos and 17 Athapascan Indians living in Alaska. They study the tracer within the body by blood, thyroid tissue, urine and saliva samples from the test subjects. Due to the language barrier, no one tells the test subjects what is being done to them, so there is no informed consent (Goliszek).


(1955 - 1965) As a result of their work with the CIA's mind control experiments in Project QKHILLTOP, Cornell neurologists Harold Wolff and Lawrence Hinkle begin the Society for the Investigation of Human Ecology (later renamed the Human Ecology Fund) to study "man's relation to his social environment as perceived by him" (Goliszek).


(1956)


(1956 - 1957) U.S. Army covert biological weapons researchers release mosquitoes infected with yellow fever and dengue fever over Savannah, Ga., and Avon Park, Fla., to test the insects' ability to carry disease. After each test, Army agents pose as public health officials to test victims for effects and take pictures of the unwitting test subjects. These experiments result in a high incidence of fevers, respiratory distress, stillbirths, encephalitis and typhoid among the two cities' residents, as well as several deaths (Cockburn and St. Clair, eds.).


(1957) The U.S. military conducts Operation Plumbbob at the Nevada Test Site, 65 miles northwest of Las Vegas. Operation Pumbbob consists of 29 nuclear detonations, eventually creating radiation expected to result in a total 32,000 cases of thyroid cancer among civilians in the area. Around 18,000 members of the U.S. military participate in Operation Pumbbob's Desert Rock VII and VIII, which are designed to see how the average foot soldier physiologically and mentally responds to a nuclear battlefield ("Operation Plumbbob", Goliszek).


(1957 - 1964) As part of MKULTRA, the CIA pays McGill University Department of Psychiatry founder Dr. D. Ewen Cameron $69,000 to perform LSD studies and potentially lethal experiments on Canadians being treated for minor disorders like post-partum depression and anxiety at the Allan Memorial Institute, which houses the Psychiatry Department of the Royal Victoria Hospital in Montreal. The CIA encourages Dr. Cameron to fully explore his "psychic driving" concept of correcting madness through completely erasing one's memory and rewriting the psyche. These "driving" experiments involve putting human test subjects into drug-, electroshock- and sensory deprivation-induced vegetative states for up to three months, and then playing tape loops of noise or simple repetitive statements for weeks or months in order to "rewrite" the "erased" psyche. Dr. Cameron also gives human test subjects paralytic drugs and electroconvulsive therapy 30 to 40 times, as part of his experiments. Most of Dr. Cameron's test subjects suffer permanent damage as a result of his work (Goliszek, "Donald Ewan Cameron").


In order to study how blood flows through children's brains, researchers at Children's Hospital in Philadelphia perform the following experiment on healthy children, ranging in age from three to 11: They insert needles into each child's femoral artery (thigh) and jugular vein (neck), bringing the blood down from the brain. Then, they force each child to inhale a special gas through a facemask. In their subsequent Journal of Clinical Investigation article on this study, the researchers note that, in order to perform the experiment, they had to restrain some of the child test subjects by bandaging them to boards (Goliszek).


(1958) Approximately 300 members of the U.S. Navy are exposed to radiation when the Navy destroyer Mansfield detonates 30 nuclear bombs off the coasts of Pacific Islands during Operation Hardtack (Goliszek).

The U.S. Atomic Energy Commission (AEC) drops radioactive materials over Point Hope, Alaska, home to the Inupiats, in a field test known under the codename "Project Chariot" (Sharav).


(1961) In response to the Nuremberg Trials, Yale psychologist Stanley Milgram begins his famous Obedience to Authority Study in order to answer his question "Could it be that (Adolf) Eichmann and his million accomplices in the Holocaust were just following orders? Could we call them all accomplices?" Male test subjects, ranging in age from 20 to 40 and coming from all education backgrounds, are told to give "learners" electric shocks for every wrong answer the learners give in response to word pair questions. In reality, the learners are actors and are not receiving electric shocks, but what matters is that the test subjects do not know that. Astoundingly, they keep on following orders and continue to administer increasingly high levels of "shocks," even after the actor learners show obvious physical pain ("Milgram Experiment").


(1962) Researchers at the Laurel Children's Center in Maryland test experimental acne antibiotics on children and continue their tests even after half of the young test subjects develop severe liver damage because of the experimental medication (Goliszek). The U.S. Army's Deseret Test Center begins Project 112. This includes SHAD (Shipboard Hazard and Defense), which exposes U.S. Navy and Army personnel to live toxins and chemical poisons in order to determine naval ships' vulnerability to chemical and biological weapons. Military personnel are not test subjects; conducting the tests exposes them. Many of these participants complain of negative health effects at the time and, decades later, suffer from severe medical problems as a result of their exposure (Goliszek, Veterans Health Administration).

The FDA begins requiring that a new pharmaceutical undergo three human clinical trials before it will approve it. From 1962 to 1980, pharmaceutical companies satisfy this requirement by running Phase I trials, which determine a drug's toxicity, on prison inmates, giving them small amounts of cash for compensation (Sharav).


(1963) Chester M. Southam, who injected Ohio State Prison inmates with live cancer cells in 1952, performs the same procedure on 22 senile, African-American female patients at the Brooklyn Jewish Chronic Disease Hospital in order to watch their immunological response. Southam tells the patients that they are receiving "some cells," but leaves out the fact that they are cancer cells. He claims he doesn't obtain informed consent from the patients because he does not want to frighten them by telling them what he is doing, but he nevertheless temporarily loses his medical license because of it. Ironically, he eventually becomes president of the American Cancer Society (Greger, Merritte, et al.).

Researchers at the University of Washington directly irradiate the testes of 232 prison inmates in order to determine radiation's effects on testicular function. When these inmates later leave prison and have children, at least four have babies born with birth defects. The exact number is unknown because researchers never follow up on the men to see the long-term effects of their experiment (Goliszek).


In a National Institutes of Health-sponsored (NIH) study, a researcher transplants a chimpanzee's kidney into a human. The experiment fails (Sharav).


(1963 - 1966) New York University researcher Saul Krugman promises parents with mentally disabled children definite enrollment into the Willowbrook State School in Staten Island, N.Y., a resident mental institution for mentally retarded children, in exchange for their signatures on a consent form for procedures presented as "vaccinations." In reality, the procedures involve deliberately infecting children with viral hepatitis by feeding them an extract made from the feces of infected patients, so that Krugman can study the course of viral hepatitis as well the effectiveness of a hepatitis vaccine (Hammer Breslow).


(1963 - 1971) Leading endocrinologist Dr. Carl Heller gives 67 prison inmates at Oregon State Prison in Salem $5 per month and $25 per testicular tissue biopsy in compensation for allowing him to perform irradiation experiments on their testes. If they receive vasectomies at the end of the study, the prisoners are given an extra $100 (Sharav, Goliszek).


Researchers inject a genetic compound called radioactive thymidine into the testicles of more than 100 Oregon State Penitentiary inmates to learn whether sperm production is affected by exposure to steroid hormones (Greger).


In a study published in Pediatrics, researchers at the University of California's Department of Pediatrics use 113 newborns ranging in age from one hour to three days old in a series of experiments used to study changes in blood pressure and blood flow. In one study, doctors insert a catheter through the newborns' umbilical arteries and into their aortas and then immerse the newborns' feet in ice water while recording aortic pressure. In another experiment, doctors strap 50 newborns to a circumcision board, tilt the table so that all the blood rushes to their heads and then measure their blood pressure (Goliszek).


(1964)


(1964 - 1968) The U.S. Army pays $386,486 (the largest sum ever paid for human experimentation) to University of Pennsylvania Professors Albert Kligman and Herbert W. Copelan to run medical experiments on 320 inmates of Holmesburg Prison to determine the effectiveness of seven mind-altering drugs. The researchers' objective is to determine the minimum effective dose of each drug needed to disable 50 percent of any given population (MED-50). Though Professors Kligman and Copelan claim that they are unaware of any long-term effects the mind-altering agents might have on prisoners, documents revealed later would prove otherwise (Kaye).


(1964 - 1967) The Dow Chemical Company pays Professor Kligman $10,000 to learn how dioxin -- a highly toxic, carcinogenic component of Agent Orange -- and other herbicides affect human skin because workers at the chemical plant have been developing an acne-like condition called Chloracne and the company would like to know whether the chemicals they are handling are to blame. As part of the study, Professor Kligman applies roughly the amount of dioxin Dow employees are exposed to on the skin 60 prisoners, and is disappointed when the prisoners show no symptoms of Chloracne. In 1980 and 1981, the human guinea pigs used in this study would begin suing Professor Kligman for complications including lupus and psychological damage (Kaye).


(1965) The Department of Defense uses human test subjects wearing rubber clothing and M9A1 masks to conduct 35 trials near Fort Greely, Ala., as part of the Elk Hunt tests, which are designed to measure the amount of VX nerve agent put on the clothing of people moving through VX-contaminated areas or touching contaminated vehicles, and the amount of VX vapor rising from these areas. After the tests, the subjects are decontaminated using wet steam and high-pressure cold water (Goliszek).

As part of a test codenamed "Big Tom," the Department of Defense sprays Oahu, Hawaii's most heavily populated island, with Bacillus globigii in order to simulate an attack on an island complex. Bacillus globigii causes infections in people with weakened immune systems, but this was not known to scientists at the time (Goliszek, Martin).


(1966) The CIA continues a limited number of MKULTRA plans by beginning Project MKSEARCH to develop and test ways of using biological, chemical and radioactive materials in intelligence operations, and also to develop and test drugs that are able to produce predictable changes in human behavior and physiology (Goliszek).

Dr. Henry Beecher writes, "The well-being, the health, even the actual or potential life of all human beings, born or unborn, depend upon the continuing experimentation in man. Proceed it must; proceed it will. 'The proper study of mankind is man,'" in his "exposAc" on human medical experimentation Research and the Individual ("Human Experimentation: Before the Nazi Era and After").


U.S. Army scientists drop light bulbs filled with Bacillus subtilis through ventilation gates and into the New York City subway system, exposing more than one million civilians to the bacteria (Goliszek).


The National Commission for the Protection of Research Subjects issues its Policies for the Protection of Human Subjects, which eventually creates what we now know as institutional review boards (IRBs) (Sharav).



(1953年 - 1974年) CIAがマインド・コントロールと行動修正のために使うことができた薬と生物剤を生産し、テストすることについて、CIAディレクター アレン・ダレスはMKULTRAプログラムに権限を与える。

MKULTRAは後でLSDの上のその開拓研究のためによく知られる(それはCIAによって設定されて、経営された売春宿の囚人または後援者にしばしば実行される)。CIAエージェントが性行動へのLSDの効果を観察することができるように、「操作真夜中最高潮」として知られている売春宿実験はセットアップされた双方向の鏡を売春宿によって特集する。皮肉にも、政治の数値は、時々、MKULTRAの不名誉な重要人物シドニー・ゴットリーブ博士の手で間接的にフランク・オルソン博士のLSD精神病によって引き起こされた自殺を結果として生じて、プログラムの一部としてLSDを互いの飲み物に滑り込ませる。数百個の人のテスト対象がMKULTRAの間に使ったすべてで、ほんの14はこれまで関与を通知されて、ほんの1はこれまで補われる($15、000)。MKULTRAファイルのほとんどは結局1973年(エリストン;Merritte、 et al.;バーカー)に破壊される。米国原子力委員会(AEC)はアイオワ大学でヨウ素研究を後援する。最初の研究において、研究者は妊娠した女性にヨウ素131の100から200マイクロキュリーを与えて、それから、どんな段階で、そしてどの程度まで、放射性ヨウ素が胎盤の障壁を乗り越えるかを学ぶために、女性の未発達になった胚を調べる。2番目の研究において、研究者は36時間未満の年齢と口頭でまたは新生児の甲状腺(Goliszek)中でヨウ素の集中を測定することがより遅い筋肉注射経由で5.5と8.5ポンドのヨウ素131の間で圧迫していることの12人の男性と13女性新生児を与える。国防長官チャールズ・ウィルソンはウィルソンメモ(人体実験における国防総省方針としてニュールンベルグ規約を制定している極秘書類)を出す。その人が「実験の性質、期間、および目的;」を知らせられた後に、ウィルソンメモは自発的で、書かれた同意を人の医学の研究の主体に要求する。それが、実施されることになっている方法と方法;

予期されるために、すべては適度に迷惑をかけて、賭ける;

「そして、ことによると実験への彼の参加から来るかもしれない彼の健康または人への効果」。

それはまた、他の方法が失敗し(Berdon)た時に、医師がただ実験的な治療を使うことを強く主張する。

AEC研究の一部として、研究者は胃管を通してのネブラスカ大学医科大学ヨウ素131の28人の健康な幼児に授乳し、それから、24時間後(Goliszek)幼児の甲状腺の中でヨウ素の集中をテストする。

(1953年 - 1957年) ボストンのマサチューセッツ総合病院の11人の患者がマンハッタン計画(シャーラーヴ)の一部としてウラニウムを注入される。

テネシー大学でのAECで後援された研究において、研究者は約60radのヨウ素131(Goliszek)を健康な2 3にが一日中続いた新生児に注入する。

ブルックリン医師病院の医師が後水晶体線維形成症(彼と他の未熟児に未熟児に影響している網膜の不法行為)への実験的な高い酸素治療を実行する時に、生れたてのダニエル・バートンは盲目になる。

高い酸素が原因盲目を水平に調節することを示しているより早い研究にもかかわらず、医師は実験的な治療を実行する。バートンvの中の証拠。ブルックリン医師病院(452 N.Y.S.2d875)は後で、研究者が、彼らの目が危険なレベル(Goliszek、シャーラーヴ)に膨らんだ後にさえバートンと他の幼児に過剰酸素を与え続けたと明らかにする。「目的の評判を悪くしていて、使用不可にしている悩みのために」(Goliszek)バイオ化学薬品の使用を勉強するために、CIAはプロジェクトMKDELTAを開始する。臨床科学における1953年の記事は、研究者の中で、わざと、どれほど厳しく物質が、皮(Goliszek)をひりひりさせているかを研究するためのcantharideによって8から14まで年において及んで、41人の子供の腹部が水ぶくれになる医学の実験を説明する。AECは「グリーン・ラン」として知られている一連の実地試験を実行し、落ちることは無線でハンフォード、Wash.サイトの上で131とキセノン133とディナーを食べる--コロンビア川(シャーラーヴ)に沿って3つの小さな町(ハンフォード、ホワイトの絶壁とリッチランド)を含んでいる500,000エーカー。放射性ヨウ素が期間満了の赤ん坊から違って未熟児に影響するかどうかを学ぶAECで後援された研究において、デトロイトのハーパー病院の研究者はヨウ素131の経口量を2.1~5.5ポンド(Goliszek)の体重がある65人の時期尚早で、期間満了の幼児に与える。

(1954年) テクニックを洗脳している中国共産党を勉強し、CIA自身の疑問の方法を促進するためにそれらを使うために、CIAはプロジェクトQKHILLTOPを開始する。ほとんどのエキスパートは、コーネル大学医学校人間生態学研究プログラムがプロジェクトQKHILLTOPの早い実験(Goliszek)を実施したことを思索する。

(1954年 - 1975年)フォートディートリックの化学隊生物学研究所に割り当てられた米国の空軍医学将校は操作ホワイトコートを開始する--人のテスト対象を肝炎A、疫病、黄熱病、ベネズエラの馬脳炎、リフトバレー熱、リケッチア、および腸の微生物にさらすのを伴っている実験。これらのテスト対象は、戦闘において潜在的に他を殺すというよりも人間モルモットになることに決める2,300人のキリスト再臨論者軍人を含む。

研究(「操作ホワイトコート」。)に参加することからの2,300の主張長期医学複雑化のうちのほんの2つ

軍隊との契約の下の大学研究者への一般的なメモにおいて、米国陸軍の衛生監は、機密扱いのウィルソンメモ(Goliszek)において設立された人の実験ガイドライン--知らせられて、書かれた同意を含める--を主張する。

(1955年) チューレーン大学で実行された米国の軍後援された実験において、精神的な患者はLSDと他の薬を与えられて、それから、レベル(バーカー「、冷戦実験」)を測定するために彼らの脳に植えつけられた電極を持っている。

(1955年 - 1957年) どのように寒い天候が人間生理学に影響するかを学ぶために、研究者は、ヨウ素131(ほとんどすぐ甲状腺に集中する放射性トレーサー)の全部で200の一服をアラスカの85人の健康なエスキモー人と17のアサバスカ族インド人賃金に与える。彼らはテスト対象から血、甲状腺の組織、尿、および唾液サンプルによってボディの中でトレーサを勉強する。言語障壁のため、誰も、何がそれらにされているかをテスト対象に言わないので、インフォームド・コンセント(Goliszek)が全然ない。

(1955年 - 1965年) プロジェクトQKHILLTOPの中のCIAのマインド・コントロール実験を持つそれらの効果のために、人間生態学(後で人間生態学資金に改名される)の調査が、「彼によって気づかれているような彼の社会環境との人の関係」(Goliszek)を勉強するように、コーネル神経科医ハロルド・ウォルフとローレンス・ヒンクルは社会を開始する。

(1956年)

(1956年 - 1957年)
米国の軍隊潜伏所生物兵器研究者は、変質を伝える昆虫の能力をテストするためにサバナ、ジョージアとエイボン公園、フロリダ上で黄熱病とデング熱に感染した蚊をリリースする。

各テストの後に、効果について犠牲者をテストし、知らず知らずのテスト対象の写真をとるために、軍隊エージェントは公衆衛生役員のふりをする。これらの実験は数人の死者(コバーンとセントクレア、eds。)と同様に2つの都市の居住者の間で熱、呼吸困難、死産、脳炎、および腸チフスの高い発生を結果として生じている。

(1957年) 米国軍隊はラスベガスの65マイルの北西で工学事業協会で操作Plumbbobを実施する。結局、エリアの民間人の間で全体の32,000個の甲状腺の癌の症状を結果として生じることを期待されている放出を作成して、操作Pumbbobは29の核爆発から成る。米国軍隊の約18,000人のメンバーが操作Pumbbobの砂漠のような岩VIIとVIIIに参加する(それは、どのように平均的な歩兵が生理的に、精神的に核の戦場(「操作Plumbbob」、Goliszek)に反応するかをわかるようにデザインされる)。

(1957年 - 1964年) MKULTRAの一部として、CIAは精神医学創立者D.イーウェン・キャメロン・ドル69,000博士のマギル大学部門に、金を払ってアラン記念研究所でpost-partum不況と心配のようなちょっとした不調のために治療されているカナダ人へのLSD研究と潜在的に致命的な実験を実行させる(それはモントリオールに王室のビクトリア病院の精神医学部門を持つ)。CIAは、完全に、彼の、人の記憶を完全に消去し、精神を書き直すことを通して狂気を訂正する「精神の運転」概念を探究するようにキャメロン博士に勧めている。これらの「運転」実験は、最高3ヶ月までのために人のテスト対象を薬,電撃療法と感覚の剥奪によって引き起こされた植物状態に入れて、それから「消去される」精神を「書き直す」ために数週間または何ヶ月もノイズのテープループまたは簡単な繰返し文をするのを伴っている。キャメロン博士はまた彼の実験の一部として30から40回人のテスト対象に麻痺した薬と電気ショック療法を与える。キャメロン博士のテスト対象のほとんどは彼の効果(Goliszek「、ドナルド・ユーアン・キャメロン」)のために永久的な損傷を被っている。どのように血が子供の脳を通して流れるかを研究するために、3から11まで年において及んで、フィラデルフィアの子供の病院の研究者は健康な子供への以下の実験を実行する:

脳から血を倒して、彼らは針を各子供の大腿部の動脈(腿)と頚静脈(首)に挿入する。

そして、彼らは、facemaskを通して特殊ガスを吸入することを各子供に強制する。この研究における臨床試験記事のそれらのその後のジャーナルの中で、研究者は、実験を実行するために、彼らが、ボードに彼らに包帯することによって子供テスト対象のいくつかを制限する必要があったことに注意する。

(1958年) 海軍破壊者マンスフィールドが操作堅パン(Goliszek)の間に太平洋信託統治諸島の沖で30個の核爆弾を爆発させる時に、アメリカ海軍の約300人のメンバーが被曝する。コードネーム「プロジェクトチャリオット」(シャーラーヴ)下で知られている実地試験において米国原子力委員会(AEC)はInupiatsにポイント希望、アラスカ上の放射性物質を家に落とす。

(1961年) ニュルンベルク裁判に呼応して、彼の質問「それは、アイヒマンとホロコーストについての彼の百万人の共犯者がまさに注文に従っていたこと(アドルフ)であるかもしれないか?」に答えるために、エールの心理学者スタンリー・ミルグラムは権限研究に彼の有名な従順さを開始する。「私達はそれらをすべての共犯者と呼ぶことができたか?」20から40まで年において及んでいて、すべての教育背景から来る雄のテスト対象は、学習者が言葉ペアの質問に呼応してするすべての間違いの返事のために「学習者」に電気のショックを与えるように命じられる。現実において、学習者は俳優であり、電気のショックを受けていないけれども、重要なものは、テスト対象がそれを知らないことである。びっくり仰天させるように、彼らは、注文に従い続けて、俳優学習者が明らかな肉体的苦痛(「ミルグラム実験」)を示した後にさえますます「ショック」の高いレベルを管理し続ける。

(1962年) メリーランドのローレルの子供のセンターの研究者は子供への実験的なにきび抗生物質をテストし、若いテスト対象の半分が実験的な医薬品(Goliszek)のためひどい肝臓の損傷を発展させた後にさえ、彼らのテストを続けている。米国陸軍のデゼレット試験センターはプロジェクト112を開始する。

これはニシンダマシ(船危険と防衛)を含む(化学・生物兵器への海軍の船の弱点を決定するために、それはアメリカ海軍と軍隊の人員をライブ毒素と化学の毒にさらす)。

軍人はテスト対象ではない;

テストを実施することはそれらを露光する。これらの参加者の多くはその時ネガティブな健康効果について不満を言い、数十年後、彼らの露出(Goliszek、ベテランの健康管理)の結果として厳しい医学の問題に苦しむ。食品医薬品局は、それがそれを承認するであろう前に、新しい調剤が3つの人の臨床試験を受けることを必要としはじめる。1962年から1980年まで、製薬会社によって、この要件は、フェーズIトライアルを動かすことに満足する(補償(シャーラーヴ)のために彼らに少額の現金を与えて、それは受刑者に薬の毒性を決定する)。


(1963年) 1952年にライブ癌細胞をオハイオ州受刑者に注入したチェスターM.Southamは、彼らの免疫学の反応を見るためにブルックリンユダヤ人慢性疾患病院で22人の高齢で、アフリカ系アメリカ人の女性の患者への同じ手続を実行する。Southamは患者に、彼らが「いくつかの細胞」を受け取っていると言うけれども、彼らが癌細胞であるという事実を除外する。彼は、彼が、彼が何をしているかを彼らに言うことによって彼らが脅えたくないので、彼がインフォームド・コンセントを患者から得ないと主張するけれども、それにもかかわらず、彼は一時的にそれのため彼の医学のライセンスを失う。皮肉にも、彼は結局米国癌学会(グレガー、Merritteなど)の社長になる。精巣の機能への放出の効果を測るために、ワシントン大学の研究者は直接232人の受刑者の精巣に光をあてる。これらの囚人が後で刑務所を去り、子供を持っている時に、少なくとも4は先天的障害によって誕生した赤ん坊を持っている。彼らの実験(Goliszek)の長期効果を見るために、研究者が決して人を追求しないので、正確な数は未知である。国立予防衛生研究所で後援された(NIH)研究において、研究者はチンパンジーの腎臓を人の中に移植する。実験は失敗する(シャーラーヴ)。

(1963年 - 1966年) スタテン島(N.Y.(「予防接種」として示された手続のための同意書の上の彼らのサインと交換に精神的に遅れた子供のための居住した精神病院))のWillowbrook公立学校の中にニューヨーク大学研究者ソール・クルーグマンは精神障害の子供との両親に明確な登録を約束する。現実において、手続は、肝炎ワクチン(ハンマーBreslow)の有効性をふき出す時に、クルーグマンがウイルス肝炎の方針を勉強することができるように感染者の排泄物からのされた抜粋を彼らに与えることによって子供をウイルス肝炎に感染させるのを意図的に伴っている。

(1963年 - 1971年) 主要な内分泌学者カール・ヘラー博士はセーレムのオレゴン州刑務所の67人の受刑者に、1ヶ月あたり5ドルと彼が彼らの精巣の上の照射試験を実行することを可能にすることに対する補償における精巣の組織生体組織検査あたり25ドルを与える。彼らが研究の終わりにvasectomiesを受け取るならば、囚人は特別な100(シャーラーヴ、Goliszek)ドルを与えられる。精子生産がステロイドホルモン(グレガー)への露出によって影響されるかどうかを学ぶために、研究者は放射性のチミジンと呼ばれる遺伝の化合物を100人を超えるオレゴン州刑務所囚人の睾丸に注入する。小児科学において出版された研究において、カリフォルニア大学の小児科の研究者は、血圧と血流の変化を勉強するために使われた一連の実験における1時間から3日の年齢の年において及んでいる113人の新生児を使う。1つの研究において、医師は新生児の臍動脈を通して、そして彼らの大動脈の中にカテーテルを挿入し、それから、大動脈圧を記録する間に、新生児の足を氷水に浸す。別の実験において、医師は割礼ボードに50人の新生児をひもで縛り、すべての血が彼らの頭に急いで行くように、テーブルを傾けて、それから、彼らの血圧(Goliszek)を測定する。

(1964年)

(1964年 - 1968年)
7つの精神に変化をもたらす薬の有効性を決定するためにHolmesburg刑務所の320人の囚人への医学の実験を行うために、米国陸軍はペンシルバニア大学教授のアルバートKligmanとハーバートのW.Copelanに386,486(これまでに人体実験に対して支払われた最も大きな合計)ドルを支払う。研究者の目的は、どのような与えられた人口(MED-50)の50パーセントでも使用不可にするために必要であった各薬の最小有効量を決定することである。KligmanとCopelan教授が、彼らが、精神に変化をもたらすエージェントが囚人に及ぼすかもしれないどのような長期影響にでも気づかないと主張するけれども、後で明らかにされた文書は違う(ケイ)と判明するであろう。

(1964年 - 1967年)化学工場の労働者が塩素ざ瘡と呼ばれるにきび風の条件を開発していて、会社が、彼らが処理している化学薬品が責任があるかどうかを知りたいので、どのようにダイオキシン--枯れ葉剤の非常に有毒で、発がん性のコンポーネント--と他の除草剤が人の皮に影響するかを学ぶために、Dow Chemical会社は10,000ドルをKligman教授に支払う。研究の一部として、Kligman教授は、ダウ従業員が皮60囚人にさらされるダイオキシンの量を乱暴に適用し、囚人が塩素ざ瘡の徴候を全然示さない時に、がっかりする。1980年と1981年に、この研究において使われた人間モルモットは狼瘡と心理学的な損害(ケイ)を含む複雑化のかどでKligman教授を訴えはじめるであろう。

(1965年) 国防総省は、衣服を着せている物を身につけているマッサージ師とM9A1がエルクハント検査の一部としてのフォートグリーリー、アラバマ近くの指導35トライアルにマスキングする人のテストを使う(それは、VXで汚染されたエリアまたは接触汚染された乗り物を通って動いている人々の衣類に置かれたVX神経ガスの量とこれらのエリアから上がっているVX蒸気の量を測定するためにする)。テストの後に、主題は、湿り蒸気と高圧の冷水(Goliszek)を使って、浄化する。「大きなトム」とコードネームを付けられたテストの一部として、国防総省は、島コンプレックスへの攻撃をシミュレーションするための桿菌globigiiをオアフ(ハワイの最も密に住まれている島)に吹きかける。桿菌globigiiは弱まった免疫系を持つ人々の中で伝染を起こすけれども、これは時間(Goliszek、マーティン)に科学者に知られていなかった。(1966年) CIAは、限られた数のMKULTRAが、プロジェクトMKSEARCHを開始することによって、情報収集活動において生物学、化学の、そして放射性物質を使う方法を開発し、テストし、人の行動と生理学(Goliszek)の予測できる変化を引き起こすことができる薬を開発し、テストすることも計画すると続ける。

ヘンリー・ビーチャー博士は、「幸福、健康、誕生したか、胎内のすべての人間の実際のまたは潜在的なライフさえ、人の中に実験を続けることを当てにする」と書く。

取りかかりなさい。 それ しなければならない;

取りかかりなさい それ 意志 。人の医学の実験研究と個人(「人体実験:ナチス時代の前とその後」)上の彼の「exposAc」において、「‘人類の適切な研究は人である’」。米国の軍隊科学者は、100万人を超える民間人をバクテリア(Goliszek)にさらして、換気ゲートを通して、そしてニューヨーク市地下鉄網の中に枯草菌で満たされた電球を落とす。研究サブジェクトの保護のための国家委員会は被験者の保護のためにその方針を出す(それは結局、私達が現在制度上の検討委員会(IRBs)(シャーラーヴ)として知っているものを作成する)。

(1966年) CIAは、限られた数のMKULTRAが、プロジェクトMKSEARCHを開始することによって、情報収集活動において生物学、化学の、そして放射性物質を使う方法を開発し、テストし、人の行動と生理学(Goliszek)の予測できる変化を引き起こすことができる薬を開発し、テストすることも計画すると続ける。

ヘンリー・ビーチャー博士は、「幸福、健康、誕生したか、胎内のすべての人間の実際のまたは潜在的なライフさえ、人の中に実験を続けることを当てにする」と書く。

取りかかりなさい。 それ しなければならない;

取りかかりなさい それ 意志 。人の医学の実験研究と個人(「人体実験:ナチス時代の前とその後」)上の彼の「exposAc」において、「‘人類の適切な研究は人である’」。米国の軍隊科学者は、100万人を超える民間人をバクテリア(Goliszek)にさらして、換気ゲートを通して、そしてニューヨーク市地下鉄網の中に枯草菌で満たされた電球を落とす。研究サブジェクトの保護のための国家委員会は被験者の保護のためにその方針を出す(それは結局、私達が現在制度上の検討委員会(IRBs)(シャーラーヴ)として知っているものを作成する)。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR