FC2ブログ

米国での人への医学的実験:その4



Human medical experimentation in the United States

Submitted by blod on Sat, 2006-03-11 13:51.


Go to fullsize image




(1968) Planned Parenthood of San Antonio and South Central Texas and the Southwest Foundation for Research and Education begin an oral contraceptive study on 70 poverty-stricken Mexican-American women, giving only half the oral contraceptives they think they are receiving and the other half a placebo. When the results of this study are released a few years later, it stirs tremendous controversy among Mexican-Americans (Sharav, Sauter).


(1969) President Nixon ends the United States' offensive biowarfare program, including human experimentation done at Fort Detrick. By this time, tens of thousands of civilians and members of the U.S. armed forces have wittingly and unwittingly acted as participants in experiments involving exposure to dangerous biological agents (Goliszek).

The U.S. military conducts DTC Test 69-12, which is an open-air test of VX and sarin nerve agents at the Army's Edgewood Arsenal in Maryland, likely exposing military personnel (Goliszek, Martin).


Experimental drugs are tested on mentally disabled children in Milledgeville, Ga., without any institutional approval whatsoever (Sharav).


Dr. Donald MacArthur, the U.S. Department of Defense's Deputy Director for Research and Technology, requests $10 million from Congress to develop a synthetic biological agent that would be resistant "to the immunological and therapeutic processes upon which we depend to maintain our relative freedom from infectious disease" (Cockburn and St. Clair, eds.).


Judge Sam Steinfield's dissent in Strunk v. Strunk, 445 S.W.2d 145 marks the first time a judge has ever suggested that the Nuremberg Code be applied in American court cases (Sharav).


(1970) A year after his request, under H.R. 15090, Dr. MacArthur receives funding to begin CIA-supervised mycoplasma research with Fort Detrick's Special Operations Division and hopefully create a synthetic immunosuppressive agent. Some experts believe that this research may have inadvertently created HIV, the virus that causes AIDS (Goliszek).

Under order from the National Institutes of Health (NIH), which also sponsored the Tuskegee Experiment, the free childcare program at Johns Hopkins University collects blood samples from 7,000 African-American youth, telling their parents that they are checking for anemia but actually checking for an extra Y chromosome (XYY), believed to be a biological predisposition to crime. The program director, Digamber Borganokar, does this experiment without Johns Hopkins University's permission (Greger, Merritte, et al.).


(1971) President Nixon converts Fort Detrick from an offensive biowarfare lab to the Frederick Cancer Research and Development Center, now known as the National Cancer Institute at Frederick. In addition to cancer research, scientists study virology, immunology and retrovirology (including HIV) there. Additionally, the site is home to the U.S. Army Medical Research Institute, which researches drugs, vaccines and countermeasures for biological warfare, so the former Fort Detrick does not move far away from its biowarfare past (Goliszek).

Stanford University conducts the Stanford Prison Experiment on a group of college students in order to learn the psychology of prison life. Some students are given the role as prison guards, while the others are given the role of prisoners. After only six days, the proposed two-week study has to end because of its psychological effects on the participants. The "guards" had begun to act sadistic, while the "prisoners" started to show signs of depression and severe psychological stress (University of New Hampshire).


An article entitled "Viral Infections in Man Associated with Acquired Immunological Deficiency States" appears in Federation Proceedings. Dr. MacArthur and Fort Detrick's Special Operations Division have, at this point, been conducting mycoplasma research to create a synthetic immunosuppressive agent for about one year, again suggesting that this research may have produced HIV (Goliszek).


(1972) In studies sponsored by the U.S. Air Force, Dr. Amedeo Marrazzi gives LSD to mental patients at the University of Missouri Institute of Psychiatry and the University of Minnesota Hospital to study "ego strength" (Barker).


(1973) An Ad Hoc Advisory Panel issues its Final Report on the Tuskegee Syphilis Study, writing, "Society can no longer afford to leave the balancing of individual rights against scientific progress to the scientific community" (Sharav).


(1974) Congress enacts the National Research Act, creating the National Commission for the Protection of Human Subjects of Biomedical and Behavioral Research and finally setting standards for human experimentation on children (Breslow).


(1975) The Department of Health, Education and Welfare gives the National Institutes of Health's Policies for the Protection of Human Subjects (1966) regulatory status. Title 45, known as "The Common Rule," officially creates institutional review boards (IRBs) (Sharav).


(1977) The Kennedy Hearing initiates the process toward Executive Order 12333, prohibiting intelligence agencies from experimenting on humans without informed consent (Merritte, et al.).

The U.S. government issues an official apology and $400,000 to Jeanne Connell, the sole survivor from Col. Warren's now-infamous plutonium injections at Strong Memorial Hospital, and the families of the other human test subjects (Burton Report).


The National Urban League holds its National Conference on Human Experimentation, stating, "We don't want to kill science but we don't want science to kill, mangle and abuse us" (Sharav).


(1978) The CDC begins experimental hepatitis B vaccine trials in New York. Its ads for research subjects specifically ask for promiscuous homosexual men. Professor Wolf Szmuness of the Columbia University School of Public Health had made the vaccine's infective serum from the pooled blood serum of hepatitis-infected homosexuals and then developed it in chimpanzees, the only animal susceptible to hepatitis B, leading to the theory that HIV originated in chimpanzees before being transferred over to humans via this vaccine. A few months after 1,083 homosexual men receive the vaccine, New York physicians begin noticing cases of Kaposi's sarcoma, Mycoplasma penetrans and a new strain of herpes virus among New York's homosexual community -- diseases not usually seen among young, American men, but that would later be known as common opportunistic diseases associated with AIDS (Goliszek).


(1979) The National Commission for the Protection of Human Subjects of Biomedical and Behavioral Research releases the Belmont Report, which establishes the foundations for research experimentation on humans. The Belmont Report mandates that researchers follow three basic principles: 1. Respect the subjects as autonomous persons and protect those with limited ability for independence (such as children), 2. Do no harm, 3. Choose test subjects justly -- being sure not to target certain groups because of they are easily accessible or easily manipulated, rather than for reasons directly related to the tests (Berdon).


(1980) A study reveals a high incidence of leukemia among the 18,000 military personnel who participated in 1957's Operation Plumbbob "Operation Plumbob".

According to blood samples tested years later for HIV, 20 percent of all New York homosexual men who participated in the 1978 hepatitis B vaccine experiment are HIV-positive by this point (Goliszek).


American doctors give experimental hormone shots to hundreds of Haitian men confined to detention camps in Miami and Puerto Rico, causing the men to develop a condition known as gynecomastia, in which men develop full-sized breasts (Cockburn and St. Clair, eds.).


The CDC continues its 1978 hepatitis B vaccine experiment in Los Angeles, San Francisco, Chicago, St. Louis and Denver, recruiting over 7,000 homosexual men in San Francisco alone (Goliszek).


The FDA prohibits the use of prison inmates in pharmaceutical drug trials, leading to the advent of the experimental drug testing centers industry (Sharav).


The first AIDS case appears in San Francisco (Goliszek).


(1981)


(1981 - 1993) The Seattle-based Genetic Systems Corporation begins an ongoing medical experiment called Protocol No. 126, in which cancer patients at the Fred Hutchinson Cancer Research Center in Seattle are given bone marrow transplants that contain eight experimental proteins made by Genetic Systems, rather than standard bone marrow transplants; 19 human subjects die from complications directly related to the experimental treatment (Goliszek).

A deep diving experiment at Duke University causes test subject Leonard Whitlock to suffer permanent brain damage (Sharav).


The CDC acknowledges that a disease known as AIDS exists and confirms 26 cases of the disease -- all in previously healthy homosexuals living in New York, San Francisco and Los Angeles -- again supporting the speculation that AIDS originated from the hepatitis B experiments from 1978 and 1980 (Goliszek).


(1982) Thirty percent of the test subjects used in the CDC's hepatitis B vaccine experiment are HIV-positive by this point (Goliszek).


(1984) SFBC Phase I research clinic founded in Miami, Fla. By 2005, it would become the largest experimental drug testing center in North America with centers in Miami and Montreal, running Phase I to Phase IV clinical trials (Drug Development-Technology.com).


(1985) A former U.S. Army sergeant tries to sue the Army for using drugs on him in without his consent or even his knowledge in United States v. Stanley, 483 U.S. 669. Justice Antonin Scalia writes the decision, clearing the U.S. military from any liability in past, present or future medical experiments without informed consent (Merritte, et al..


(1987) Philadelphia resident Doris Jackson discovers that researchers have removed her son's brain post mortem for medical study. She later learns that the state of Pennsylvania has a doctrine of "implied consent," meaning that unless a patient signs a document stating otherwise, consent for organ removal is automatically implied (Merritte, et al.).


(1988) The U.S. Justice Department pays nine Canadian survivors of the CIA and Dr. Cameron's "psychic driving" experiments (1957 - 1964) $750,000 in out-of-court settlements, to avoid any further investigations into MKULTRA (Goliszek).


(1988 - 2001) The New York City Administration for Children's Services begins allowing foster care children living in about two dozen children's homes to be used in National Institutes of Health-sponsored (NIH) experimental AIDS drug trials. These children -- totaling 465 by the program's end -- experience serious side effects, including inability to walk, diarrhea, vomiting, swollen joints and cramps. Children's home employees are unaware that they are giving the HIV-infected children experimental drugs, rather than standard AIDS treatments (New York City ACS, Doran).


(1990) The United States sends 1.7 million members of the armed forces, 22 percent of whom are African-American, to the Persian Gulf for the Gulf War ("Desert Storm"). More than 400,000 of these soldiers are ordered to take an experimental nerve agent medication called pyridostigmine, which is later believed to be the cause of Gulf War Syndrome -- symptoms ranging from skin disorders, neurological disorders, incontinence, uncontrollable drooling and vision problems -- affecting Gulf War veterans (Goliszek; Merritte, et al.).

The CDC and Kaiser Pharmaceuticals of Southern California inject 1,500 six-month-old black and Hispanic babies in Los Angeles with an "experimental" measles vaccine that had never been licensed for use in the United States. Adding to the risk, children less than a year old may not have an adequate amount of myelin around their nerves, possibly resulting in impaired neural development because of the vaccine. The CDC later admits that parents were never informed that the vaccine being injected into their children was experimental (Goliszek).


The FDA allows the U.S. Department of Defense to waive the Nuremberg Code and use unapproved drugs and vaccines in Operation Desert Shield (Sharav).


(1967年) 会社で後援されたダイオキシンが会社の知識または同意なしで勉強すると彼のDow Chemicalの上に続けて、ペンシルバニア大学教授アルバートKligmanは、彼が、7,500マイクログラムまでの10人の囚人の皮膚(ジェラルドK.ロウが、管理することについて彼に権限を与えた1回投薬量ダウ役員の468倍)に適用するダイオキシンの1回投薬量を増大させる。

結果として、囚人は、扇動的な膿疱と吹き出物(ケイ)に発展するにきび傷害を経験する。

飲み水にLSDと他の物質(コバーンとセントクレア、eds。)を混入することが可能であるかどうかをわかるために、CIAは化学薬品をワシントンD.C.の食品医薬品局本部の飲料水供給に置く。

臨床試験のジャーナルの中で発表された研究において、放射性物質が胎盤と交差し、胎児(Goliszek)に影響するかどうかを確かめるために、研究者は放射性のコルチゾルを妊娠した女性に注入する。

米国陸軍はKligman教授に、金を払ってために皮水ぶくれになり化学薬品をHolmesburg受刑者の顔と後ろに適用させて、Kligman教授の中で、「どのように皮が有毒化学物質、いわゆる焼き入れ法から慢性の猛攻撃から自身を保護するかを学びなさい」(米国軍隊(ケイ)のために不快で、防御用の両方のアプリケーションを持つであろう情報)と言い表す。

人の行動に影響することができる薬を開発するために、CIAとエッジウッドのアーセナル研究所は広いプログラムを開始する。

このプログラムは、プロジェクトOFTEN--動物で、人の主題の中で薬の毒物学、トランスミッション、および行動の効果を勉強する--とプロジェクトCHICKWITを含む(それはヨーロッパとアジアの薬剤開発情報(Goliszek)を集める)。

彼を大富豪(ケイ)に変えて、Kligman教授はにきびクリーム(結局そして小じわ用クリーム)としてレチンAを開発する。

研究者は、神経筋の複合した呼ばれたサクシニールコリンのためにカリフォルニアの64人の受刑者を麻痺させる(それは、溺れることに類似している感触をしている抑制された呼吸を引き起こす)。

5人の囚人が、医学の実験に参加することを断る時に、刑務所の特別な治療ボードは研究者に、彼らの意志(グレガー)に反して薬を囚人に注入する許可を与える。

(1968) 研究と教育のためのサンアントニオと南中心的テキサスと南西財団の家族計画は、70人の非常に貧乏なチカーノ女性での経口避妊薬研究を開始し、経口避妊薬のほんの半分を与えることによって、彼らは思う それらが受け取るおよび 1つの気休め薬あたり他の半分 。

この研究の結果が数年後リリースされる時に、それはメキシコ系アメリカ人(シャーラーヴ、ソーター)の間ですさまじい議論をかき立てる。

(1969年) フォートディートリックでされた人体実験を含めて、ニクソン大統領は米国の不快な細菌戦プログラムを終える。今までに、数万人の民間人と米国軍隊のメンバーは危険な生物剤(Goliszek)への露出に関係している実験における参加者として故意に、知らず行動した。

米国軍隊はDTCテスト69-12を実施する(それはメリーランドの軍隊のエッジウッドアーセナル(ありそうな暴露されてる軍人(Goliszek、マーティン))のVXとサリンの神経ガスの戸外でのテストである)。

実験的な薬は(シャーラーヴ)どのような制度上の承認でもなしで、ミリッジビル、ジョージアの精神障害の子供にテストされた。

「私達が、伝染病からの私達の相対的な自由を維持することを信頼している免疫学の、そして治療できるプロセスに」(コバーンとセントクレア、eds。)抵抗力があるであろう合成の生物剤を開発するために、ドナルド・マッカーサー博士(研究とテクノロジーのための米国国防総省の副ディレクター)は1000万ドルを議会に頼む。ストランクの中でサム・ステインフィールドの意見の相違を判断しなさい。

ストランク、445S.W.2d 145は、裁判官が、ニュールンベルグコードはアメリカ訴訟(シャーラーヴ)に応用されることを提案するはじめての事をマークする。フォートディートリックの特別な運用課とCIAで監督されたマイコプラスマ研究を開始し、希望的な合成の免疫抑制物質を作成するために、H.R. 15090下の彼の要求の後にマッカーサー博士は出資を受け取る。


(1970年)何人かのエキスパートは、この研究が、不注意に、HIV(エイズ(Goliszek)を起こすウイルス)を作成したかもしれないと信じている。また、彼らの両親に、彼らが貧血をチェックしているけれども実際特別なY染色体(XYY)をチェックしていると言って、タスキーギ実験(7,000人のアフリカ系アメリカ人若い頃からのジョンズホプキンズ大学コレクトコール血液サンプルの無料の育児プログラム)を後援した国立予防衛生研究所(NIH)からのもとでの注文は、犯罪への生物学的な傾向であるために信用した。プログラムディレクター、Digamber Borganokarはジョンズホプキンズ大学の許可(グレガー、Merritteなど)なしでこの実験をする。

(1971年) ニクソン大統領はフォートディートリックを不快な細菌戦ラボからフレデリックで国立がん研究所として現在知られているフレデリック癌研究開発センターに移転する。

癌の研究に加えて、科学者はそこでウイルス学、免疫学、および逆ウイルス学(含むHIV)を研究をする。

さらに、この研究所は、細菌戦のために薬、ワクチン、および対策を研究する米国軍隊医学研究会を保持しているので以前のフォートディートリックを凌ぐ(Goliszek)その細菌戦からずっとレベルが高い。

獄中生活の心理学を学ぶために、スタンフォード大学は大学生のグループにスタンフォード刑務所実験を実施する。その他が囚人の役割を与えられる間、何人かの学生は刑務所護衛官としての役割を与えられる。わずか6日の後に、提案された2週間の研究は、参加者へのその心理的効果がある為、終わる必要があった。「ガード」は、サディスト的にふるまいはじめた一方、「囚人」は、不機嫌と厳しい心理的なストレス(ニューハンプシャー大学)のきざしを見せ始めた。「人の中のウイルス伝染は取得された免疫学欠乏状態と結合した」という表題を付けられた記事は同盟議事録の中で出現する。マッカーサー博士とフォートディートリックの特別な運用課はこの時点で、再び、この研究がHIV(Goliszek)を生産したかもしれないことを提案して、約1年の間合成の免疫抑制物質を作成するためにマイコプラスマの研究を実施していた。

(1972年) 米国空軍によって後援された研究において、「自我力」(バーカー)を勉強するために、アメデオMarrazzi博士は精神医学のミズーリ大学大学とミネソタ病院の大学でLSDを精神的な患者に与える。

(1973年)「社会は、もう、科学の進歩に対する個々の権利の釣り合いを科学社会に任せる余裕がない」(シャーラーヴ)を書いて、その場限りの審議会はタスキーギ梅毒研究においてその最終報告を出す。

(1974年) 生物医学で、行動の研究の被験者の保護のために国家委員会を設けて、標準を子供(Breslow)への人体実験に最終的に設定して、議会は全国的な研究法を制定する。

(1975年) 保健・教育・福祉省は被験者(1966年)規制ステータスの保護のために国立予防衛生研究所の方針を与える。「共通の規則」として知られているタイトル45は公式に制度上の検討委員会(IRBs)(シャーラーヴ)を作成する。


(1977年) 諜報機関がインフォームド・コンセント(Merritte、 et al.)なしで人について実験することを禁止して、ケネディヒアリングは大統領命令12333にプロセスを開始する。

米国政府は公式な謝罪と400,000ドルをジャンヌ・コネル(強い記念病院でのCol.ウォレンの現在不名誉なプルトニウム注射と他の人のテスト対象(バートンリポート)のファミリーからの唯一の生存者)に配付する。

「私達は、科学を殺したくないけれども、私達は、科学に、私達を殺し、切り刻み、虐待してほしくない」(シャーラーヴ)と論述して、全米都市連盟は人体実験におけるその国内会議を催す。

(1978年) CDCはニューヨークで実験的なB型肝炎ワクチントライアルを開始する。

研究主題のためのその広告は特に乱雑な同性愛の人に頼む。公衆衛生のコロンビア大学学校のWolf Szmuness教授は、肝炎で感染した同性愛者の共同出資された血清からワクチンの伝染性の血清を作り、それからこのワクチン経由で人に譲渡される前にHIVがチンパンジーの中で始めた理論をもたらしてチンパンジー(肝炎Bに影響され易い唯一の動物)中でそれを開発した。1,083人の同性愛の人がワクチンを受け取った数ヶ月後に、ニューヨークの医師はニューヨークの同性愛のコミュニティの間でカポジ肉腫、マイコプラスマpenetrans、およびヘルペスウイルスの新品種のケースに気づきはじめる--共通の日和見疾患がエイズ(Goliszek)と結合した時に、アメリカの若者であるがそれの間で通常見られなかった病気は後で知られているであろう。

(1979年) 生物医学で、行動の研究の被験者の保護のための国家委員会はベルモントリポートを発表する(それは人への研究実験のために基礎を設立する)。

ベルモントリポートは、研究者が3つの基本原則に従うように命じる:

1.自治の人として主題を尊敬し、独立(子供などの)、2 のための制限された能力を持つそれらを保護しなさい。害、3を全然及ぼさないでください。

テスト主題を正しく選びなさい--必ずそれらのため一定のグループを目標としないので、テスト(Berdon)と直接関連した理由というよりも容易にアクセス可能か、または容易に処理する。1957の操作Plumbbob「操作Plumbob」に参加した18,000人の軍人の間で、(1980年) A研究は白血病の高い発生を明らかにする。HIVについて数年後テストされた血液サンプルによると、1978年のB型肝炎ワクチン実験に参加したすべてのニューヨークの同性愛者男性の20パーセントがこのポイント(Goliszek)によってHIV陽性である。

アメリカ医師は実験的なホルモンショットを、人に、女性乳房として知られている条件を開発させて、マイアミとプエルトリコの捕虜収容所に閉じ込められた数百人のハイチ人に与える(それにおいて、人はフルサイズの胸中(コバーンとセントクレア、eds。)を発展させる)。CDCは、一人(Goliszek)でサンフランシスコで7,000人を超える同性愛の人を募集して、その1978年のB型肝炎ワクチン実験をロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ、セントルイス、およびデンバーに留まらせている。実験的な薬テストセンター産業(シャーラーヴ)の到来をもたらして、食品医薬品局は調剤の薬トライアルにおいて受刑者の使用を禁止する。

最初のエイズケースはサンフランシスコ(Goliszek)に出る。

(1981年)

(1981年 - 1993年)
標準の骨髄は移植にたえるというよりも、シアトルが本拠地の遺伝システム社は、プロトコルNo.126(それにおいて、シアトルのフレッド・ハッチンソン・ガン研究センターの癌患者は、遺伝系によって作られた8つの実験的なたんぱく質を含んでいる骨髄移植臓器を提供される)と呼ばれる進行中の医学の実験を開始する;

19人の被験者が実験的な取り扱い(Goliszek)と直接関連した複雑化で死ぬ。デューク大学の深いダイビング実験はテスト対象レナード・ホイットロックに、永久的な脳傷害(シャーラーヴ)を被らせる。CDCは、エイズとして知られている病気が存在していて、再び、エイズが1978年と1980年(Goliszek)からB型肝炎実験から起こったという憶測をサポートしている26の病気--ニューヨーク、サンフランシスコ、およびロサンゼルスに住む以前に健康であった同性愛者の中のすべて--の症状を立証すると認める。

(1982年) CDCのB型肝炎ワクチン実験において使われたテスト対象の30パーセントがこのポイント(Goliszek)によってHIV陽性である。

(1984年) SFBC マイアミ、フロリダで設立されたフェーズI研究クリニック

2005年までに、それは、フェーズIV臨床試験(薬Development-Technology.com)にフェーズのIを走らせて、マイアミとモントリオールのセンターによって北アメリカで最も大きな実験的な薬テストセンターになるであろう。前の米国の軍隊軍曹が、彼の同意または米国vの彼の知識さえなしで彼に使う薬のかどで軍隊を訴えようとする


(1985年) スタンレー、483米国669。

インフォームド・コンセント(Merritteなどなしで過去、現在、または未来の医学の実験においてどのような責任からの米国軍隊でもクリアして、アントナン・スカリア裁判官は決定を書く。

(1987年) フィラデルフィア居住者ドリス・ジャクソンは、研究者が医学研究のために彼女の息子の脳検死を取り除いたと気づく。

彼女は後で、患者が違った形で述べている文書にサインしない限り、器官除去のための同意が自動的に暗示されていること(Merritte、 et al.)を意味して、ペンシルバニア州が「黙示の承諾」の主義を持っていることを知る。

(1988年) さらにMKULTRA(Goliszek)のどのような調査でも避けるために、米国の司法省はCIAの9人のカナダ生存者と示談の中のキャメロン博士の「精神の運転」実験(1957年 - 1964年)ドル750,000を支払う。

(1988年 - 2001年) 子供のサービスのためのニューヨーク市管理は、約2ダースの子供の家に住む里親の世話子供が国立予防衛生研究所で後援された(NIH)実験的なエイズ薬トライアルに用いられることを可能にしはじめる。これらの子供--プログラムの終わりまでに合計465になる--は、歩く能力のなさ、下痢、吐き、増したジョイント、およびクランプを含む重大な副作用を経験する。

子供の家庭の従業員は、彼らがHIVに感染した子供に標準のエイズ治療(ニューヨーク市ACS、ドラン)というよりも実験的な薬を与えていることに気づかない。

(1990年) 米国は軍隊の170万人のメンバーを湾岸戦争(「砂漠のような嵐」)のためのペルシャ湾に、誰がアフリカ系アメリカ人であるかの22パーセント送る。これらの兵士の400,000人以上は、ピリドスチグミンと呼ばれる実験的な神経ガス医薬品を飲むように命じられる(それは、後で、湾岸戦争ベテラン(Goliszek; Merritte、 et al.)に影響している湾岸戦争症候群--皮膚病、神経の障害、失禁、制御不可能なひどくうれしがり、ビジョンの問題から及んでいる徴候--の原因であると信じられる)。一度も米国での使用のためにライセンスされたことがなかった「実験的な」はしかワクチンによって、南カリフォルニアのCDCとカイザーの調剤はロサンゼルスで1,500人の6ヶ月の年齢の黒く、ヒスパニックの赤ん坊を注入する。リスクに追加して、ことによるとワクチンのため害された神経の開発を結果として生じて、1年の年齢のとは言えない子供は彼らの神経のまわりにミエリンの適正量を持ってはならない。CDCは後で、両親が、決して、彼らの子供に注入されているワクチンが実験的であったこと(Goliszek)を知らせられなかったと認めている。食品医薬品局は、米国国防総省がニュールンベルグコードを放棄し、砂漠の盾作戦(シャーラーヴ)において非公認の薬とワクチンを使うことを可能にする。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR