FC2ブログ

米国での人への医学的実験:その5





Human medical experimentation in the United States

Submitted by blod on Sat, 2006-03-11 13:51.



(1991) In the May 27 issue of the Los Angeles Times, former U.S. Navy radio operator Richard Jenkins writes that he suffers from leukemia, chronic fatigue and kidney and liver disease as a result of the radiation exposure he received in 1958's Operation Hardtack (Goliszek).

While participating in a UCLA study that withdraws schizophrenics off of their medications, Tony LaMadrid commits suicide (Sharav).


(1992) Columbia University's New York State Psychiatric Institute and the Mount Sinai School of Medicine give 100 males -- mostly African-American and Hispanic, all between the ages of six and 10 and all the younger brothers of juvenile delinquents -- 10 milligrams of fenfluramine (fen-fen) per kilogram of body weight in order to test the theory that low serotonin levels are linked to violent or aggressive behavior. Parents of the participants received $125 each, including a $25 Toys 'R' Us gift certificate (Goliszek).


(1993) Researchers at the West Haven VA in Connecticut give 27 schizophrenics -- 12 inpatients and 15 functioning volunteers -- a chemical called MCPP that significantly increases their psychotic symptoms and, as researchers note, negatively affects the test subjects on a long-term basis ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").


(1994) In a double-blind experiment at New York VA Hospital, researchers take 23 schizophrenic inpatients off of their medications for a median of 30 days. They then give 17 of them 0.5 mg/kg amphetamine and six a placebo as a control, following up with PET scans at Brookhaven Laboratories. According to the researchers, the purpose of the experiment was "to specifically evaluate metabolic effects in subjects with varying degrees of amphetamine-induced psychotic exacerbation" ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").

Albuquerque Tribune reporter Eileen Welsome receives a Pulitzer Prize for her investigative reporting into Col. Warren's plutonium experiments on patients at Strong Memorial Hospital in 1945 (Burton Report).


In a federally funded experiment at New York VA Medical Center, researchers give schizophrenic veterans amphetamine, even though central nervous system stimulants worsen psychotic symptoms in 40 percent of schizophrenics ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").


Researchers at Bronx VA Medical Center recruit 28 schizophrenic veterans who are functioning in society and give them L-dopa in order to deliberately induce psychotic relapse ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").


President Clinton appoints the Advisory Commission on Human Radiation Experiments (ACHRE), which finally reveals the horrific experiments conducted during the Cold War era in its ACHRE Report.


(1995) A 19-year-old University of Rochester student named Nicole Wan dies from participating in an MIT-sponsored experiment that tests airborne pollutant chemicals on humans. The experiment pays $150 to human test subjects (Sharav).

In the Mar. 15 President's Advisory Committee on Human Radiation Experiments (ACHRE), former human subjects, including those who were used in experiments as children, give sworn testimonies stating that they were subjected to radiation experiments and/or brainwashed, hypnotized, drugged, psychologically tortured, threatened and even raped during CIA experiments. These sworn statements include:


a.. Christina DeNicola's statement that, in Tucson, Ariz., from 1966 to 1976, "Dr. B" performed mind control experiments using drugs, post-hypnotic injection and drama, and irradiation experiments on her neck, throat, chest and uterus. She was only four years old when the experiments started.

b.. Claudia Mullen's testimony that Dr. Sidney Gottlieb (of MKULTRA fame) used chemicals, radiation, hypnosis, drugs, isolation in tubs of water, sleep deprivation, electric shock, brainwashing and emotional, sexual and verbal abuse as part of mind control experiments that had the ultimate objective of turning her, who was only a child at the time, into the "perfect spy." She tells the advisory committee that researchers justified this abuse by telling her that she was serving her country "in their bold effort to fight Communism."

c.. Suzanne Starr's statement that "a physician, who was retired from the military, got children from the mountains of Colorado for experiments." She says she was one of those children and that she was the victim of experiments involving environmental deprivation to the point of forced psychosis, spin programming, injections, rape and frequent electroshock and mind control sessions. "I have fought self-destructive programmed messages to kill myself, and I know what a programmed message is, and I dona??t act on them," she tells the advisory committee of the experiments' long-lasting effects, even in her adulthood (Goliszek).

President Clinton publicly apologizes to the thousands of people who were victims of MKULTRA and other mind-control experimental programs (Sharav).

In Dr. Daniel P. van Kammen's study, "Behavioral vs. Biochemical Prediction of Clinical Stability Following Haloperidol Withdrawal in Schizophrenia," researchers recruit 88 veterans who are stabilized by their medications enough to make them functional in society, and hospitalize them for eight to 10 weeks. During this time, the researchers stop giving the veterans the medications that are enabling them to live in society, placing them back on a two- to four-week regimen of the standard dose of Haldol. Then, the veterans are "washed-out," given lumbar punctures and put under six-week observation to see who would relapse and suffer symptomatic schizophrenia once again; 50 percent do ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").


President Clinton appoints the National Bioethics Advisory Committee (Sharav).


Justice Edward Greenfield of the New York State Supreme Court rules that parents do not have the right to volunteer their mentally incapacitated children for non-therapeutic medical research studies and that no mentally incapacitated person whatsoever can be used in a medical experiment without informed consent (Sharav).


(1996) Professor Adil E. Shamoo of the University of Maryland and the organization Citizens for Responsible Care and Research sends a written testimony on the unethical use of veterans in medical research to the U.S. Senate's Committee on Governmental Affairs, stating: "This type of research is on-going nationwide in medical centers and VA hospitals supported by tens of millions of dollars of taxpayers money. These experiments are high risk and are abusive, causing not only physical and psychic harm to the most vulnerable groups but also degrading our societya??s system of basic human values. Probably tens of thousands of patients are being subjected to such experiments" ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").

The Department of Defense admits that Gulf War soldiers were exposed to chemical agents; however, 33 percent of all military personnel afflicted with Gulf War Syndrome never left the United States during the war, discrediting the popular mainstream belief that these symptoms are a result of exposure to Iraqi chemical weapons (Merritte, et al.).


In a federally funded experiment at West Haven VA in Connecticut, Yale University researchers give schizophrenic veterans amphetamine, even though central nervous system stimulants worsen psychotic symptoms in 40 percent of schizophrenics ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").


President Clinton issues a formal apology to the subjects of the Tuskegee Syphilis Study and their families (Sharav).


(1997) In order to expose unethical medical experiments that provoke psychotic relapse in schizophrenic patients, the Boston Globe publishes a four-part series entitled "Doing Harm: Research on the Mentally Ill" (Sharav).

Researchers give 26 veterans at a VA hospital a chemical called Yohimbine to purposely induce post-traumatic stress disorder ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").


In order to create a "psychosis model," University of Cincinnati researchers give 16 schizophrenic patients at Cincinnati VA amphetamine in order to provoke repeats bouts of psychosis and eventually produce "behavioral sensitization" (Sharav).


National Institutes of Mental Health (NIMH) researchers give schizophrenic veterans amphetamine, even though central nervous system stimulants worsen psychotic symptoms in 40 percent of schizophrenics ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").


In an experiment sponsored by the U.S. government, researchers withhold medical treatment from HIV-positive African-American pregnant women, giving them a placebo rather than AIDS medication (Sharav).


Researchers give amphetamine to 13 schizophrenic patients in a repetition of the 1994 "amphetamine challenge" at New York VA Hospital. As a result, the patients experience psychosis, delusions and hallucinations. The researchers claim to have informed consent ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").


On Sept. 18, victims of unethical medical experiments at major U.S. research centers, including the National Institutes of Mental Health (NIMH) testify before the National Bioethics Advisory Committee (Sharav).


(1999) Adil E. Shamoo, Ph.D. testifies on "The Unethical Use of Human Beings in High-Risk Research Experiments" before the U.S. House of Representatives' House Committee on Veterans' Affairs, alerting the House on the use of American veterans in VA Hospitals as human guinea pigs and calling for national reforms ("Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D.").

Doctors at the University of Pennsylvania inject 18-year-old Jesse Gelsinger with an experimental gene therapy as part of an FDA-approved clinical trial. He dies four days later and his father suspects that he was not fully informed of the experiment's risk (Goliszek)


During a clinical trial investigating the effectiveness of Propulsid for infant acid reflux, nine-month-old Gage Stevens dies at Children's Hospital in Pittsburgh (Sharav).


(2000) The Department of Defense begins declassifying the records of Project 112, including SHAD, and locating and assisting the veterans who were exposed to live toxins and chemical agents as part of Project 112. Many of them have already died (Goliszek).

President Clinton authorizes the Energy Employees Occupational Illness Compensation Act, which compensates the Department of Energy workers who sacrificed their health to build the United States' nuclear defenses (Sharav).


The U.S. Air Force and rocket maker Lockheed Martin sponsor a Loma Linda University study that pays 100 Californians $1,000 to eat a dose of perchlorate -- a toxic component of rocket fuel that causes cancer, damages the thyroid gland and hinders normal development in children and fetuses -- every day for six months. The dose eaten by the test subjects is 83 times the safe dose of perchlorate set by the State of California, which has perchlorate in some of its drinking water. This Loma Linda study is the first large-scale study to use human subjects to test the harmful effects of a water pollutant and is "inherently unethical," according to Environmental Working Group research director Richard Wiles (Goliszek, Envirnomental Working Group).


(2001) Healthy 27-year-old Ellen Roche dies in a challenge study at Johns Hopkins University in Maryland (Sharav).

On its website, the FDA admits that its policy to include healthy children in human experiments "has led to an increasing number of proposals for studies of safety and pharmacokinetics, including those in children who do not have the condition for which the drug is intended" (Goliszek).


During a tobacco industry-financed Alzheimer's experiment at Case Western University in Cleveland, Elaine Holden-Able dies after she drinks a glass of orange juice containing a dissolved dietary supplement (Sharav).


Radiologist Scott Scheer of Pennsylvania dies from kidney failure, severe anemia and possibly lupus -- all caused by blood pressure drugs he was taking as part of a five-year clinical trial. After his death, his family sues the Institutional Review Board of Main Line Hospitals, the hospital that oversaw the study, and two doctors. Investigators from the federal Office for Human Research Protections, which is part of the Department of Health and Human Services, later conclude in a Dec. 20, 2002 letter to Scheer's oldest daughter: "Your father apparently was not told about the risk of hydralazine-induced lupus a?| OHRP found that certain unanticipated problems involving risks to subjects or others were not promptly reported to appropriate institutional officials" (Willen and Evans, "Doctor Who Died in Drug Test Was Betrayed by System He Trusted.")


In Higgins and Grimes v. Kennedy Krieger Institute The Maryland Court of Appeals makes a landmark decision regarding the use of children as test subjects, prohibiting non-therapeutic experimentation on children on the basis of "best interest of the individual child" (Sharav).


(2002) President George W. Bush signs the Best Pharmaceuticals for Children Act (BPCA), offering pharmaceutical companies six-month exclusivity in exchange for running clinical drug trials on children. This will of course increase the number of children used as human test subjects (Hammer Breslow).


(2003) Two-year-old Michael Daddio of Delaware dies of congestive heart failure. After his death, his parents learn that doctors had performed an experimental surgery on him when he was five months old, rather than using the established surgical method of repairing his congenital heart defect that the parents had been told would be performed. The established procedure has a 90- to 95-percent success rate, whereas the inventor of the procedure performed on baby Daddio would later be fired from his hospital in 2004 (Willen and Evans, "Parents of Babies Who Died in Delaware Tests Weren't Warned").


(2004) In his BBC documentary "Guinea Pig Kids" and BBC News article of the same name, reporter Jamie Doran reveals that children involved in the New York City foster care system were unwitting human subjects in experimental AIDS drug trials from 1988 to, in his belief, present times (Doran).


(2005) In response to the BBC documentary and article "Guinea Pig Kids", the New York City Administration of Children's Services (ACS) sends out an Apr. 22 press release admitting that foster care children were used in experimental AIDS drug trials, but says that the last trial took place in 2001 and thus the trials are not continuing, as BBC reporter Jamie Doran claims. The ACS gives the extent and statistics of the experimental drug trials, based on its own records, and contracts the Vera Institute of Justice to conduct "an independent review of ACS policy and practice regarding the enrollment of HIV-positive children in foster care in clinical drug trials during the late 1980s and 1990s" (New York City ACS).

In exchange for receiving $2 million from the American Chemical Society, the EPA proposes the Children's Health Environmental Exposure Research Study (CHEERS) to learn how children ranging from infancy to three years old ingest, inhale and absorb chemicals by exposing children from a poor, predominantly black area of Duval County, Fla., to these toxins. Due to pressure from activist groups, negative media coverage and two Democratic senators, the EPA eventually decides to drop the study on Apr. 8, 2005 (Organic Consumers Association).


Bloomberg releases a series of reports suggesting that SFBC, the largest experimental drug testing center of its time, exploits immigrant and other low-income test subjects and runs tests with limited credibility due to violations of both the FDA's and SFBC's own testing guidelines (Bloomberg).


Works cited:


Alliance for Human Research Protection. "'Monster Experiment' Taught Orphans to Stutter.". June 11, 2001.

Barker, Allen. "The Cold War Experiments." Mind Control.

Berdon, Victoria. "Codes of Medical and Human Experimentation Ethics." The Least of My Brothers.

Brinker, Wendy. "James Marion Sims: Father Butcher." Seed Show.

Burton Report. "Human Experimentation, Plutonium and Col. Stafford Warren."

Cockburn, Alexander and Jeffrey St. Clair, eds. "Germ War: The U.S. Record." Counter Punch.

"Donald Ewan [sic] Cameron." Wikipedia.

Doran, Jamie. "Guinea Pig Kids." BBC News. 30 Nov. 2004.

Drug Development-Technology.com. "SFBC."

Elliston, Jon. "MKULTRA: CIA Mind Control." Dossier: Paranormal Government.

Environmental Working Group. "U.S.: Lockheed Martin's Tests on Humans." CorpWatch.

Global Security. Chemical Corps. 2005.

Goliszek, Andrew. In the Name of Science. New York: St. Martin's, 2003.

Greger, Michael, M.D. Heart Failure: Diary of a Third Year Medical Student.

Griffiths, Joel and Chris Bryson. "Toxic Secrets: Fluoride and the Atom Bomb." Nexus Magazine 5:3. Apr. - May 1998.

Hammer Breslow, Lauren. "The Best Pharmaceuticals for Children Act of 2002: The Rise of the Voluntary Incentive Structure and Congressional Refusal to Require Pediatric Testing." Harvard Journal of Legislation Vol. 40.

"Human Experimentation: Before the Nazi Era and After." Micah Books.

Kaye, Jonathan. "Retin-A's Wrinkled Past." Mind Control. Orig. pub. Penn History Review Spring 1997.

"Manhattan Project: Oak Ridge." World Socialist Web Site. Oct. 18, 2002.

Meiklejohn, Gordon N., M.D. "Commission on Influenza." Histories of the Commissions. Ed. Theodore E. Woodward, M.D. The Armed Forced Epidemiological Board. 1994.

Merritte, LaTasha, et al.. "The Banality of Evil: Human Medical Experimentation in the United States." The Public Law Online Journal. Spring 1999.

Milgram, Stanley. "Milgram Experiment." Wikipedia. 2006.

New York City Administration of Children's Services. Press release. 22 Apr. 2005.

"Operation Plumbbob." Wikipedia. 2005.

"Operation Whitecoat." Religion and Ethics (Episode no. 708). Oct. 24, 2003.

Organic Consumers Association. "EPA and Chemical Industry to Study the Effects of Known Toxic Chemicals on Children". 12 Apr. 2005.

Pacchioli, David. Subjected to Science. Mar. 1996.

"Placebo Effect." Encyclopedia of Alternative Medicine. 2006.

"Project Paperclip." Wikipedia. 2005.

"Reviews and Notes: History of Medicine: Subjected to Science: Human Experimentation in America before the Second World War." Annals of Internal Medicine 123:2. July 15, 1995.

Sharav, Vera Hassner. "Human Experiments: A Chronology of Human Rsearch." Alliance for Human Research Protection.

Sauter, Daniel. Guide to MS 83 [Planned Parenthood of San Antonio and South Central Texas Records, 1931 - 1999]. University of Texas Library. Apr. 2001.

"Testimony of Adil E. Shamoo, Ph.D." News from the Joint Hearing on Suspension of Medical Research at West Los Angeles and Sepulveda VA Medical Facilities and Informed Consent and Patient Safety in VA Medical Research. 21 Apr. 1999.

University of New Hampshire. "Chronology of Cases Involving Unethical Treatment of Human Subjects." Responsible Conduct of Research.

University of Virginia Health System Health Sciences Library. "Bad Blood: The Tuskegee Syphilis Study." 2004.

U.S. Department of Energy. "Chapter 8: Postwar TBI-Effects Experimentation: Continued Reliance on Sick Patients in Place of Healthy "Normals." Advisory Committee on Human Radiation Experiments (ACHRE) Final Report.

Veterans Health Administration. Project 112/Project SHAD. May 26, 2005.

Willen, Liz and David Evans. "Doctor Who Died in Drug Test Was Betrayed by System He Trusted." Bloomberg. Nov. 2, 2005.

---. "Parents of Babies Who Died in Delaware Tests Weren't Warned." Bloomberg. Nov. 2, 2005.


Editors notes:

Originally Submitted by Anonymous to Newswire on Thu, 2006-03-09 20:37.

Originally published March 6 2006




(1991年) ロサンジェルス・タイムズの5月27日号の中で、前のアメリカ海軍無線通信士リチャード・ジェンキンスは、彼が1958の操作堅パン(Goliszek)中で受け取った放射線被曝の結果として、彼が白血病、慢性疲労、および腎臓と肝臓の病気に苦しむと書く。彼らの医薬品から精神分裂症患者を撤収するUCLA研究に参加する間に、トニーLaMadridは自殺(シャーラーヴ)を委任する。

(1992年) 低いセロトニンレベルが暴力的な、または攻撃的な行動と結び付くという理論をテストするために、コロンビア大学のニューヨーク州精神医学大学と医学のマウントシナイ半島学校は100人の男--6と10歳と非行少年のすべての弟のすべての間のたいていアフリカ系アメリカ人とヒスパニック--に体重のキログラムあたり10ミリグラムのフェンフルラミン(沼地沼地)を与える。25ドルのおもちゃ‘R’Us商品券(Goliszek)を含めて、参加者の両親はそれぞれ125ドルを受け取った。

(1993年) コネチカットのウェスト・ヘーブンVAの研究者は27人の精神分裂症患者--12人の入院患者と15人の役目を果たしているボランティア--に、かなり、彼らの精神病の徴候を増大させて、研究者注として、長期基礎(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)上のテスト対象に悪い影響を与えるMCPPと呼ばれる化学薬品を与える。

(1994年) ニューヨークVAの病院のダブルブラインドの実験において、研究者は30日の中央値のために彼らの医薬品から23人の精神分裂症の入院患者を取り去る。ブルックヘヴン研究所でPETスキャンを続けて、彼らはその時彼らの17人にコントロールとしての1つの気休め薬あたり0.5個のmg/kgアンフェタミンと6を与える。研究者によると、実験の目的は、「アンフェタミンによって引き起こされた精神病の悪化の様々な程度によって主題の中で特に代謝の効果を評価するため」(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)であった。

アルバカーキ・トリビューン・レポーター アイリーンWelsomeは1945年(バートンリポート)の強い記念病院の患者へのCol.ウォレンのプルトニウム実験の中に彼女の調査報道のためにピューリツァー賞を受け取る。ニューヨークVAのメディカル・センターの連邦政府により出資された実験において、中枢神経系興奮剤が精神分裂症患者(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)の40パーセントにおいて精神病の徴候を悪化させても、研究者は精神分裂症のベテランにアンフェタミンを与える。ブロンクスVAのメディカル・センターの研究者は、社会の中で役目を果たしている28人の精神分裂症のベテランを募集し、意図的に精神病の後戻り(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)を引き起こすために、彼らにL-ドーパを与える。クリントン大統領は人放出実験(ACHRE)上の諮問委員会を任命する(それは最終的にそのACHREリポートの中の冷戦時代の間に実施された恐ろしい実験を明らかにする)。人への空輸した汚染物質化学薬品をテストするMITで後援された実験に参加するために、青白いニコルと名付けられた(1995年) A19歳のロチェスター大学生は死ぬ。実験は人のテスト対象(シャーラーヴ)に150ドルを支払う。人放出における3月15日大統領の諮問委員会で、子供として実験において使われて、彼らが放出実験を受けたし、および/または意識改革することを述べている誓われた証拠を与えて、催眠術をかけて、麻薬を飲み、心理的に、拷問し、恐れがあり、CIA実験の間に強姦しさえした人々を含めて、実験(ACHRE)、以前の人は服従させる。

これらの誓われたステートメントは以下を含む:

a..

ツーソン(1966年から1976年までのアリゾナ)で、「B博士」がマインド・コントロールを実行したというクリスティナDeNicolaの論述は、薬、ポスト催眠の注射、およびドラマを使って、実験し、照射は彼女の首、のど、胸、および子宮について実験する。

実験が始まった時に、彼女はわずか4歳であった。

b..

シドニー・ゴットリーブ(MKULTRA名声の)博士がマインド・コントロールの一部として化学薬品、放出、催眠、薬、水のおけの中の隔離、不眠、感電、洗脳、および感情の、性的で、暴言を使ったというクローディア ミューレンの証言は実験する(それが、「完全なスパイ」中にその時ただの子供であった彼女を回す究極の目的を持っていた)。

彼女は諮問委員会に、彼女に、彼女が、彼女の国に、「共産主義と闘う彼らの豪快な努力において」を出していたと言うことによって、研究者がこの乱用を正当化したと言う。

c..

「軍隊を退去した医師は実験のためにコロラドの山から子供をつかまえた」というスザンヌ・スターの論述。

彼女は、彼女がそれらの子供のひとりであり、彼女が強制された精神病、回転プログラミング、注射、レイプ、および頻繁な電撃療法のポイントに環境遮断に関係している実験とマインド・コントロール・セッションの犠牲者であったと言う。

「私は、自殺する自滅しているプログラムが作られたメッセージを争い、私は知っている プログラムが作られたメッセージは何である」「および それらの私女??t幕」「 」と、彼女は、彼女の成人期(Goliszek)にさえ、実験の長持ちする効果の諮問委員会に言う。

MKULTRAと他の精神コントロールの実験的なプログラム(シャーラーヴ)の犠牲者であった数千人の人々に、クリントン大統領は公式に謝罪する。

ダニエル博士P.バンKammenの研究(「精神分裂症においてハロペリドール撤退に続いている臨床安定性の行動対生化学の予測」)において、研究者は、彼らを社会の中で機能的にし、8から10数週間の間彼らを入院させるのに十分な彼らの医薬品によって安定させられる88人のベテランを募集する。

今回の間に、研究者は、ベテランに、彼らをハルドールの標準量の2から4週の養生に戻して、彼らが社会の中に住むことを可能にしている医薬品を与えるのをやめる。

そして、ベテランは「洗いざらしで」、腰椎穿刺を与えられて、誰がもう一度後戻りし、徴候となる精神分裂症を被るであろうかをわかるために6週間の観察の下に置かれる;

50パーセントがする(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)。

クリントン大統領は全国的な生命倫理諮問委員会(シャーラーヴ)を任命する。

ニューヨーク州最高裁判所のエドワード・グリーンフィールド裁判官は、両親が、治療できない医学の調査研究のために彼らの精神的に不適格にされた子供を自発的に申し出る権利を持っていなく、何のどの精神的に不適格にされた人でもインフォームド・コンセント(シャーラーヴ)なしで医学の実験において使われることができないと判決する。

(1996年) 述べて、責任がある世話と研究のためのメリーランド大学と組織市民の教授Adil E.Shamooは医学の研究におけるベテランの非倫理的な使用における書かれた証拠を政治仕事についての米国上院の委員会に送る:

「数千万ドルの納税者お金によってサポートされたメディカル・センターとVAの病院の中でこのタイプの研究は全国的に進行中である」。

これらの実験は高リスクであり、最も無防備なグループに、口ぎたなくその結果物質的で、精神の害を起こすだけでなく、また私達の基本的な人の値のsocietya??sシステムを低下させている。

「たぶん、数万人の患者はそのような実験を受けている」(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)。

国防総省は、湾岸戦争兵士が化学物質にさらされたと認めている;

しかし、湾岸戦争症候群によって苦しませられたすべての軍人の33パーセントが決して、これらの徴候がイラクの化学兵器(Merritte、 et al.)への露出の結果であるというポピュラーな主流確信の評判を悪くして、戦争中に米国を去らなかった。コネチカットのウェスト・ヘーブンVAの連邦政府により出資された実験において、中枢神経系興奮剤が精神分裂症患者(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)の40パーセントにおいて精神病の徴候を悪化させても、エール大学研究者は精神分裂症のベテランにアンフェタミンを与える。クリントン大統領はフォーマルな謝罪をタスキーギ梅毒研究の主体と彼らの家族(シャーラーヴ)に配付する。

(1997年) 精神分裂症患者の中で精神病の後戻りを引き起こす非倫理的な医学の実験を暴露するために、ボストン・グローブは、「害を及ぼす:」という表題を付けられた四部のシリーズを出版する。

「精神障害をもったものについて研究しなさい」(シャーラーヴ)。研究者はVAの病院の26人のベテランに、わざと心的外傷後ストレス障害(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)を引き起こすためにヨヒンビンと呼ばれる化学薬品を与える。「精神病モデル」を作成するために、精神病の繰り返し勝負を引き起こし、結局「逆耐性」(シャーラーヴ)を生み出すために、シンシナティ大学の研究者はシンシナティVAのアンフェタミンで16人の精神分裂症患者を与える。中枢神経系興奮剤が精神分裂症患者(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)の40パーセントにおいて精神病の徴候を悪化させても、国立精神衛生研究所(NIMH)研究者は精神分裂症のベテランにアンフェタミンを与える。米国政府によって後援された実験において、彼らにエイズ医薬品(シャーラーヴ)というよりも気休め薬を与えて、研究者はHIV陽性のアフリカ系アメリカ人妊娠女性に治療を保留する。研究者はアンフェタミンをニューヨークVAの病院の1994の「アンフェタミン挑戦」の繰り返しにおける13人の精神分裂症患者に与える。結果として、患者は精神病、惑わし、および幻覚を経験する。

研究者は、インフォームド・コンセント(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)を持つと主張する。

9月18日に、国立精神衛生研究所(NIMH)を含む主要な米国研究センターの非倫理的な医学の実験の犠牲者は全国的な生命倫理諮問委員会(シャーラーヴ)前で証言する。

人間モルモットとしてのVAの病院でアメリカベテランの使用における家に警報を出し、全国的な改革(「Adil E.Shamoo、博士号の証拠」)を要求していて、(1999年) Adil E.Shamoo、博士号はベテランの仕事についての連邦下院議会の家委員会の前で「ハイリスクの研究実験における人間の非倫理的な使用」上で証言する。ペンシルバニア大学の医師は食品医薬品局で是認された臨床試験の一部として実験的な遺伝子治療を18歳のジェシー・ゲルシンガーに注入する。彼は4日後死に、彼の父は、彼が実験のリスク(Goliszek)を完全に知らせられなかったと疑っている。幼児の胃酸逆流のためにPropulsidの有効性を調査している臨床試験の間に、9ヶ月の年齢のゲージ・スティーブンスはピッツバーグ(シャーラーヴ)の子供の病院で死ぬ。

(2000年) 国防総省は、シャッドを含めて、プロジェクト112の一部としてライブ毒素と化学物質にさらされたベテランを突き止めて、補助して、プロジェクト112のレコードを機密種別からはずしはじめる。

彼らの多くはすでに死ん(Goliszek)だ。クリントン大統領はエネルギー従業員職業病補償法を認可する(それは、米国の核防護(シャーラーヴ)を築くために、彼らの健康を犠牲にしたエネルギー省労働者に補償する)。米国空軍とロケットメーカー ロッキード・マーティンは、過塩素酸塩--癌を起こし、甲状腺を損い、子供と胎児について正常な発育を妨げるロケット燃料の有毒成分--の一服を6ヶ月の間毎日食べるために、1,000ドルを100人のカリフォルニア人に支払うロマ・リンダ大学研究を後援する。テスト対象によって食べられた一服はカリフォルニア州によって設定された過塩素酸塩の安全量の83倍である(それはその飲み水のいくらかにおいて過塩素酸塩を持っている)。このロマリンダ研究は、環境のワーキンググループ研究ディレクター リチャード・ワイルズ(Goliszek、Envirnomentalワーキンググループ)に従って水質汚濁物の有害な効果をテストするために被験者を使う最初の大規模な研究であり、「本来非倫理的である」。

(2001年) 健康な27歳のエレン・ロッシュはメリーランド(シャーラーヴ)のジョンズホプキンズ大学で挑戦研究において死ぬ。そのウェブサイト上で、食品医薬品局は、健康な子供を人体実験に含めるその方針が、「薬が意図されている」(Goliszek)で「ある条件を持っていない子供の中のそれらを含む安全と薬物動力学の研究についてのますます多くの提案をもたらしていた」と認めている。クリーブランドのケース西大学のたばこの産業で資金提供されたアルツハイマー病実験の間に、彼女が解かれた栄養補助食品(シャーラーヴ)を含んでいるグラス1杯のオレンジジュースを飲んだ後に、エレーンホールデンの可能は死ぬ。ペンシルベニアのスコット・シェール放射線学者は腎不全、ひどい貧血、およびことによると狼瘡で死ぬ--すべて、彼が5年の臨床試験の一部として飲んでいた血圧薬によって起こされる。彼の死の後で、彼の家族は、本線病院(研究を監督した病院)と2人の医師の施設内倫理委員会を訴える。保健福祉省の一部である人研究保護のための連邦政府機関からの調査者は後でシェールの最も年上の娘に2002年12月20日の手紙の中で終える:

「あなたのお父さんは見たところヒドララジンによって引き起こされた狼瘡aのリスクについて話されなかった?|OHRPは、主題または他へのリスクを伴うことにおける一定の予期しない問題が即座に適切な制度上の役員に報告されなかったと気付いた」(Willenとエバンス「彼が信頼したシステムによって裏切られた薬物検査Wasで死んだ医師」。)ヒギンズとグライムズvの中。ケネディクリーガー研究所、メリーランド控訴裁判所は、「個々の子供の最もよい興味」(シャーラーヴ)に基づいて子供への治療できない実験を禁止して、子供の使用をテスト対象とみなしている画期的な決定をする。

(2002年) 子供への臨床の薬試験を動かすことと交換に6ヶ月の排他性を製薬会社に提供して、ジョージ・W・ブッシュ社長は児童法(BPCA)のために最もよい調剤にサインする。

これはもちろん人のテスト対象(ハンマーBreslow)として使われた子供の数を増大させるであろう。

(2003年) デラウェアの2歳のマイケルDaddioはうっ血性の心不全で死ぬ。

彼の死の後で、両親が話された彼の先天的な心臓障害を修理する設定された外科の方法を使うことは実行されるであろうというよりも、彼の両親は、彼が5ヶ月の年齢であった時に、医師が彼に実験的な手術を行ったことを知る。設立された手続は90から95パーセントの成功率を持っているのに対して、Daddio赤ん坊に実行された手続の発明者は、後で、2004年(Willenとエバンス(「デラウェアテストで死んだ赤ん坊の両親は警告されなかった」))に彼の病院から解雇されるであろう。

(2004年) 彼のBBCドキュメンタリー「テンジクネズミ子供」と同じ名前のBBCニュース記事の中で、ジェイミ・ドランレポーターは、ニューヨーク市里親世話システムに関係している子供が1988年からの実験的なエイズ薬トライアルにおいて、彼の信念、現在の時(ドラン)において知らず知らずの被験者であったと明らかにする。

(2005年) BBCドキュメンタリーと記事「テンジクネズミ子供」に呼応して、子供のサービス(ACS)のニューヨーク市管理は、里親の世話子供が実験的なエイズ薬トライアルに用いられたと認めている4月22日のプレス・リリースを送るけれども、最後の裁判が2001年に行われて、それからジェイミ・ドランが主張するBBCレポーターとして、トライアルが続いていないと伝えている。それ自身のレコードに基づいて、ACSは実験的な薬試験の範囲と統計を与えて、「1980年代の末期と1990年代の間の臨床の薬試験において里親の世話におけるHIV陽性の子供の登録を考慮に入れているACS方針と実行の独立なレビュー」(ニューヨーク市ACS)を実施するために、公正のベラ研究所を契約する。アメリカ化学協会から200万ドルを受け取ることと交換に、デュバル郡、フロリダの貧しく、主に黒いエリアからの子供をこれらの毒素にさらすことによって、どのように幼少から3歳に及んでいる子供が摂取するか、吸入するか、そして化学薬品を吸収するかを学ぶために、EPAは子供の健康環境暴露調査研究(CHEERS)を提案する。活動家グループ、ネガティブなメディアの取材、および2人の民主主義の上院議員からのプレッシャーのため、EPAは結局、2005年4月8日(有機の消費者協会)に研究を落とすと決める。Bloombergは、SFBC(その時間の最も大きな実験的な薬テストセンター)が移民と他の低所得のテストを利用することを提案することがガイドライン(Bloomberg)をテストしている食品医薬品局とSFBCの両方の所有物の違反のため制限された信頼性によってテストを服従させて、実行するという一連の報告を発表する。

引用された作品:


~省略~


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR