FC2ブログ

マインド・コントロール

US Government Mind Control

How the United States Government Finds, Chooses and Creates "Sleepers"



by Gunther Russbacher


There is a huge effort to suppress any and all information regarding the United States government sponsored experimentation on human subjects for the purpose of mind control and ultimately assassination. Early US efforts at developing the methods of mind control date back to the 1950's project Monarch and the infamous Project MK-Ultra (The MK, in spy-speak sophistry, stands for Mind Control)













Through a combination of hypnosis and powerful drugs it was discovered that a human subject could in fact be programmed to kill at hearing a "trigger" word or command that had been planted in a subject's mind through intensive programming effort.


The subjects were often mental patients with a history of drug use. These made it easier to cover the trail of the mind control programming. Since they were already isolated and troubled no one would know and since they already had a history of mental trouble and drug use no one would care or even believe any strange revelations, should the experimentation go awry.


The massive archive of research on mind control was destroyed in 1970 by then CIA head Daniel Webster - Except for the most important documents regarding that research - The final method that was discovered to have worked. These most coveted methods are only available to the those in the very highest positions of control, CIA heads, and their bosses - The ruling elite at the Council of Foreign Relations, the Trilateral Commission and Bilderburg Group. Forty years later, the methods which have been given by these elite holders of man's dark secrets to their underlings for the purpose of creating mind controlled assassins, are leaking out. The following is one such account of the methods and applications of mind control.

米国政府は、どのように「眠っている人」を発見して、選んで、作成するかマインドコントロールに注意します。


ガンサー・ルッスベーチャーによって

何でも抑制する莫大な努力があり、米国政府についてのすべての情報はマインド・コントロールと最終的な暗殺のために被験者の上の実験のスポンサーになった。

1950年代のプロジェクトMonarchと悪名高いProject MK-Ultraへ過去のマインド・コントロールの方法を開発することへの早めの米国の努力(MKは、スパイ用語詭弁で、Mind Controlを表します)。催眠と強力な薬の組み合わせを通して、被験者が、実のところ、集中的なプログラミング努力を通して主題の精神に植え付けられた「トリガー」言葉またはコマンドを聞く時に殺すことを計画されることができたことは発見された。主題は、しばしば薬物使用の歴史をもつ精神病者でした。これらは、マインドコントロール・プログラミングの跡をカバーすることをより簡単にしました。彼らがすでに孤立して、煩わせられたので、誰も知りません、そして、彼らがすでに精神障害の病歴と誰もそうしない薬物使用を気にかけるか、どんな変な意外な事実でも信じていさえしてもらった時から、実験は不首尾にならなければなりません。支配が当時のCIAトップ・ダニエルウェブスターによって1970年に破壊されたというマインドの研究の大きい書庫 - その研究に関して最も重要な文書を除いて - 機能したとわかられた最終的な方法。これらの最も望まれた方法は、利用できるだけですそれらのコントロール、CIAトップと彼らのボスの非常に最も高い地位で -CFR、三極委員会とビルダーバーグ・グループの会議のコントロールするエリート。40年(マインドコントロールされた暗殺者をつくる目的で彼らの手下に男性の暗い秘密のこれらのエリートの保有者によって伝えられた方法)は、後で漏れています。以下は、方法のそのような報告とマインドコントロールの応用です。

続く・・・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR