FC2ブログ

ロートシルト

Rothschilds and the Grail Bloodline



- by David Livingstone ©, Aug. 22nd, 2005 
ロスチャイルドおよび聖杯血族- デービッド・リヴィングストンによって 





2005年8月22日


Jacob Rothschild, the current head of the Rothschild dynasty, has intermarried with the Sinclair family, forging an important alliance between the head family of the Illuminati, and the supposed descendants of the Grail family.


ジャコブ・ロスチャイルド(ロスチャイルド王朝の現在のヘッド)はイルミナティのヘッド・ファミリーの間の重要な同盟および聖杯ファミリーの想像されている子孫を作り上げて、シンクレア家と結婚しました。


As has been popularized recently by Dan Brown in the Da Vinci Code, or before him by the Holy Blood, Holy Grail, the Stuarts of Scotland are supposedly descended from King Arthur and Jesus Christ. These families are of course not descended from Jesus. The idea is preposterous. But they are related to the Holy Grail, and they are not Christians, but Kabbalists.


神聖な血液(聖杯)によるダ・ヴィンチ・コード中の、あるいは彼の前のダン・ブラウンによって最近通俗化されたように、スコットランドのスチュアート一家は、恐らく、アーサー王とイエス・キリストの子孫であります。これらの家族は、もちろんイエスの子孫でありません。その考えは不合理です。しかし、それらは聖杯と関係があります。また、それらはクリスチャンではなくカバーリストです。


In reality, they, like all the aristocratic bloodlines that form the core of the Illuminati, are descended from Guillaume de Gellone of the eighth century AD. Guillaume's father was Rabbi Makhir, among the Exilarchs who ruled the Jews in Baghdad, who was sent West after a dispute over the successorship. In France, he took the name Theodoric, married Alda, the aunt of Charlemagne, and was appointed “King of the Jews” in the region of the Languedoc, with his capital the city of Narbonne.


実際には、それらは、イルミナティの核心を形成するすべての貴族の血統のように、8世紀ADのギョームデゲローンから繋がっています。ギョームの父親は、バグダッドでユダヤ人(彼らは派遣された)を規定したユダヤ人共同社会の世襲統治者の間で、ラビ・マカヒルでした。後継者に関する論争の後の西洋。フランスでは、彼はテオドリック名前の男を連れて行き、アルダ(シャルルマーニュのおば)と結婚し、彼の首都ナルボンヌの都市のラングドック地域でユダヤの王と指定されました。


Narbonne then became the heartland of the Medieval Kabbalah. The Kabbalists of Narbonne seem to have been responsible for instigating the Crusades, in order to retrieve sacred texts that had been buried there, but which had been unaccessible because of first the rule of the Romans, and then the Muslims. Once Jerusalem was conquered, a Kabbalistic order of knights known as the Templars conducted excavations, and discovered the text of the Sepher ha Bahir, which revived the lost mystical tradition, and set off the cultural revolution of the Medieval Kabbalah.


その後、ナルボンヌは中世のカバーラの中核地域になりました。ナルボンヌのカバーリストは、そこに埋められたが、最初に、アクセス不可能だった聖なる書を検索するために十字軍をそそのかすこと原因だったように見えます、ローマ人そして次にイスラム教徒の規則。一旦エルサレムが征服されたならば、テンプル騎士団員として知られている騎士のカバーリスティク順序は遺跡を導きSepher ha Bahirのテキストを発見しました。それは失われた神秘的な伝統を復活させて、中世のカバーラの文化革命を引き立たせます。 Another aspect of the penetration of these Kabbalistic ideas was the heresy of the Cathars. The Cathar foothold was in the region of Tolouse, the bastion of the descendants of Guillaume, also known as the family of the Guilhemids, several of whom were ardent defenders of the heresy. However, the Cathars have been idealized by numerous Illuminati propagandists as having been innocent victims of Church persecutions, but the Cathars rejected the God of the Bible, in favour of the worship of Lucifer and practiced witchcraft. It was the Cathars who influenced the heretical aspects of the Templars, for which the order was disbanded in 1307.


これらのカバーリスティク考えの浸透の別の様相はカーサスの異教でした。カタリ派の信者足場は、トロウセの地域(グイヘミッドの家族として知られているギョームの子孫の稜堡)にありました。そのいくつかのものは異教の熱烈な支持者でした。しかしながら、カーサスは、教会迫害の無害な犠牲者だったとして多数のイルミナティ宣伝者によって理想化されました。しかし、カーサスは、明けの明星および実行された魔法の崇拝を支持して聖書の神を拒絶しました。テンプル騎士団員(オーダーはそれのために1307年に解散された)の異教の様相に影響を及ぼしたのはカーサスでした。


Part of this Kabbalistic revolution was the legends of the Holy Grail, which included Cathar and Templar themes, and formulated in the region of Aquitaine, another stronghold of the Guilhemids. The Holy Grail, or San Greal, should have been translated as Sang Real, or Royal Blood, because it referred to the sacred bloodline that supposedly issued from Guillaume de Gellone, and ultimately King David, but which in reality, was understood to represent the descendants of the Fallen Angels, and their leader, Lucifer.


このカバリスティク革命の一部は、聖杯(それはカタリ派の信者とテンプル騎士団員フテーマを含んでいた)の伝説でした。また、その革命は、アキテーヌ、グィゥヘミドの別の拠点の地域を中へ公式化しました。聖杯(すなわちサン・ギ-ル)はサーグとして翻訳されるべきでした、実際、王、血液、それがギョームデゲローンから恐らく出たことが神聖な血統を参照したので、そして結局、ダビデ王、しかし、実際には堕落天使の子孫およびそれらのリーダー、明けの明星を表わすために了解されました。


The Sinclairs were descendants of Guillaume de Gellone, through his great-great-granddaughter, Poppa of Bavaria, who married the Viking leader, Rollo Ragnvaldsson. Among Rollo's descendants was William the Conqueror of Normandy. The Sinclairs, or St. Clair, were given various other castles around France. However, they all went to England with the Conqueror. One Sinclair, though, named William, did not like the Conqueror, so with some other discontented barons, he went to Scotland and placed himself in the service of King Malcolm III of Scotland.


シンクレア一家は、彼の大きな曾孫娘(ババリアのお父さん(この人はバイキング・リーダー(ロロラグンバルデソンと結婚した))によって、ギョームデガローンの子孫でした。ロロの子孫の中には、ノルマンディーのウィリアム征服王がいました。シンクレア、あるいは聖クレア一家は、フランスのまわりの様々な他の城を与えられました。しかしながら、それらはすべてコンカラーを持った英国へ行きました。しかしながら、1つのシンクレアはウィリアムを指名しました、そのコンカラーが好きでなかった。したがって、他の何人かの不満な男爵と、彼はスコットランドへ行き、スコットランドのキング・マルコム3世のサービスに自分を置きました。 Malcolm III King of Scotland was the father of David I "the Saint" King of Scotland. In 1128, soon after the Council of Troyes, Hugh de Payens, the Templars' first Grand Master, met with King David I of Scotland. King David later surrounded himself with Templars, and appointed them as "the Guardians of his morals by day and night".


スコットランドの王マルコム3世は、スコットランドの王デーヴィッド1世「聖人」の父親でした。トロアの委員会の後に1128年にすぐに、ヒューデペーエンス(テンプル騎士団員の最初のグランドマスター)はスコットランドのダビデ王1世に会いました。ダビデ王は、その後テンプル騎士団員と自分を囲み、「日昼と夜までに彼のモラルの保護者」としてそれらを指定しました。


David married the grand-daughter of Lambert II, the brother of Godefroi de Bouillon, leader of the first crusade, and the sister of sister of William the Conqueror. Godefroi's younger brother, Eustace III, married David's sister, Mary Scots. Their daughter married Stephen I King of England, the son Adela de Normandie, the daughter of William the Conqueror. Adela's brother, Henry I King of England, married David's sister, Editha of Scotland. Their daughter, Mathilda Empress of England, married Geoffrey V, Comte d'Anjou, whose son Henry II married Eleanor of Aquitaine.


デービッドは、ランバート二世の壮大な娘、ゴデフロイ・デ・ブイヨンの兄弟、第1の改革運動のリーダー、およびウィリアム征服王の姉妹と結婚しました。ゴデフロイ・デ・ブイヨンの弟(イスタース3世)はデービッドの姉妹、メアリー・スコットランドと結婚しました。彼らの娘は、英国、息子アデラ・デ・ノルマンジー、ウィリアム征服王の娘のスティーヴン1世王と結婚しました。アデラの兄弟(英国のヘンリー1世王)はデービッドの姉妹(スコットランドのエディサ)と結婚しました。彼らの娘(英国のマティルダ女帝)は、その息子ヘンリー2世がアキテーヌのエリナーと結婚したジェフリー・V・コンテアンジョと結婚しました。


King David granted Hugues and his knights the lands of Balantrodoch, by the Firth of Forth, but now renamed Temple, near the site of Rosslyn. And, legend has it that, when the Templars came under trial, their leader de Molay arranged for the Templar to return to Scotland, where they assisted Robert the Bruce at the Battle of Bannockburn.


ダビデ王はヒューグスと彼の騎士を与えました、バラントロドッの国、フォース湾によって、しかし今、ロスリンのサイトの近くで、寺院を改名しました。また、伝説はそれを持っています。バノックバーンの戦いのブルースにテンプル騎士団員が試みの下に入った時、それらがロバート・ブルースを支援したところで、それらのリーダー・デ・モレイはスコットランドに返すテンプル騎士団員の準備をしました。


Robert the Bruce claimed the Scottish throne as a great-great-great-great grandson of David. Walter Stewart, the sixth High Steward of Scotland, also played an important part in the Battle of Bannockburn. Walter Stewart then married Majory, daughter of Robert the Bruce, and their son Robert II of Scotland was heir to the House of Bruce; he eventually inherited the Scottish throne after his uncle David II of Scotland died.


ロバートブルースが要求した、デービッドの大きな大きな大きな偉大な孫としてのスコットランドの王座。ウォルター・スチュアート(スコットランドの第6の大学裁判所判事)は、さらにバノックバーンの戦いに重要な役割を果たしました。その後、ウォルター・スチュアートはマジョリーと結婚しました、ブルースおよびスコットランドの彼らの息子ロバート2世が元あったロバートの娘、ブルースの下院の相続人でスコットランドの彼のおじデービッド二世が死んだ後、彼は結局スコットランドの王座を継承しました。


In Scotland, the Templars served Robert the Bruce as members of the Scots Guard, of which two prominent families were those of the Stuarts and the Sinclairs. Henry Sinclair was a supporter of Robert the Bruce, and one of his descendants, William Sinclair, designed Rosslyn Chapel, a church in the village of Roslin, replete with occult symbolism, and believed to be one of the sites where the Grail might be buried. Finally, the Sinclairs became the Hereditary Grand Masters of the Masons of Scotland.


スコットランドでは、テンプル騎士団員は、スコットランドの警護する(2組の著名な家族がそれにスチュアート一家およびシンクレア一家のものだった)のメンバーとしてロバートにブルースを配りました。ヘンリー・シンクレアはロバートの支持者でした、ブルースおよび子孫のうちの一人、ウィリアム・シンクレア(計画的なロスリン礼拝堂)、ロスリン(不可思議な象徴主義で充満している)の村の教会、また聖杯が埋められるかもしれないサイトのうちの1つであるために信じました。最後に、シンクレア一家はスコットランドのメーソン団の遺伝的なグランドマスターになりました。


After Queen Elizabeth died without an heir, she was succeeded by the son of Mary Queen of Scots, James Stewart I of England, also known as King James. It is for this reason that the Freemasons of the eighteenth century conspired to back the Stuart cause, after their last monarch, James II Stuart, King of England, was deposed, and replaced by William of Orange. The Stuart cause then became the essence of Scottish Rite Freemasonry, which regarded the Stuarts as the inheritors of the Templars, who had rescued the secret tradition of the East, otherwise known as the Kabbalah.


エリザベス女王が相続人なしで死んだ後、メアリースチュアートの息子(キング・ジェームズという英国のジェームズ・スチュアート一世)は彼女に続きました。彼らの最後の君主の後に、スチュアートの家系を支持することを18世紀のフリーメーソン団がたくらんだのはこの理由のためにです。ジェームズ2世スチュアート(英国の王)は退けられました。また、オレンジのウィリアムが後任になりました。その後、スチュアートの家系はスコットランド儀式フリーメーソン団の制度の本質になりました。それは、スチュアート一家をテンプル騎士団員(彼らは、カバーラとしてそうでなければ名高い東洋の秘密伝統を救い出した)の相続者と見なしました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR