FC2ブログ

ビルダーバーグ・グループ

太田 龍の時事寸評 http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi


「ジム・タッカーのビルダーバーグ取材日記」(アメリカン・フリープレス)





更新 平成1804090026


平成十八年(二〇〇六年)四月八日(土)


(第一千六百四十一回)


  


Jim Tuckers' Bilderberg Diary


 One Reporter's 25 Year Battle to Shine the Light on the World Shadow


 Government


 By James P. Tacker Jr.


 Published by American Free Press.


 二〇〇五年七月


  ジム・タッカーのビルダーバーグ取材日記―


  世界の影の政府を白日の下にさらけ出させるための一記者の二十五年間の戦い。


  ジェームズ・P・タッカーJr著 


  出版 アメリカン・フリープレス 二百五十三頁。


○この本を数日前、著者から頂いた。


○ジェームズ・P・タッカーは


 「スポットライト」紙、「アメリカン・フリープレス」紙の古参記者である。


○同記者は、一九七五年、週刊「スポットライト」紙が創刊されてから今日まで、


 三十年間、継続して極秘のうちに開催されるビルダーバーグクラブの年次総会


 を取材し続けて居る。


○当「時事寸評」子は、この十年以上、


 「スポットライト」「アメリカン・フリープレス」紙上で同記者の


 ビルダーバーグについての記事を読み続けて居る。


○このたび、同記者の「ビルダーバーグ取材日記」が、


 「アメリカン・フリープレス」から出版され、これを通読した。


○この本は全二十四章から成る、


○第一章は、一九七五年から一九八二年まで、


 この時期、J.P.タッカーは、スポットライト紙のデスクに居て、


 ビルダーバーグ取材記者を指揮した。


○第二章は、一九八三年の年次総会。


 以下、第二十四章が二〇〇五年、ドイツである。


○付録第四章には、一九五四年五月二十九~三十一日、オランダ。


 二〇〇五年五月~八日、ドイツまで、


○年次総会開催の日時と場所が収録されて居る。


○これで見ると、一九七六年のみ、年次総会は開催されて居ない。


○年に二回、開催されて居る年は、一九五五年、一九五七年。


○開催月は、最近は五月、六月。


 最初のうちは、二月、三月、四月、五月と、バラバラである。


○はじめのうちは、J・P・タッカー、「スポットライト」、「アメリカン・フリー


 プレス」が独走して居たが、


○この数年来、J・P・タッカーの戦いに同調する現地ジャーナリストの取材が


 広がる形勢である。


○二〇〇〇年から、


 「アメリカン・フリープレス」紙の中東問題専門記者クリストファー・ボリンも


 ビルダーバーグ取材に参加するように成った。


○このボリン記者が、本書に少し長い序文を書いて居る。


○そしてこのボリン記者が掲載した、ビルダーバーグ会議の出席者の写真も何枚か、


 収録されてある。


○そのうちの一枚は二〇〇〇年、ベルギー。


○ここでボリン記者は、


 ジョージ・ソロスと、スエーデンもと首相カール・ビルト(Carl Bildt)の二人


 が談笑して居る場面を、バッチリ、写真に撮った。


○巻末に、ウィリス・カート(Willis Carto)のあとがきがある。


○本書は重要な記録である。日本民族有志に、なんとかして広く、紹介したい。


 (了)





The Bilderbergers

Bilderbergers http://www.jeremiahproject.com/newworldorder/nworder04.html


The Bilderbergers meet in secluded places, arrogantly plotting the subversion and silent takeover of constitutional governments everywhere. Their goal is a World Government run exclusively by their hand-picked puppets.

そのBilderbergersは、立憲政治の破壊および暗黙の乗っ取りを横柄にどこでも計画して、隔離した場所に会います。それらのゴールはもっぱらそれらの手摘みの操り人形によって実行される世界政府です。


Shrewd and calculating, their hearts are filled with lust for power and consumed by greed for money. Rich and aristocratic, they despise Christians and they loathe the lowly working class. They control the world's press and virtually all our banks and financial institutions. They screen and choose who America's leaders will be and even determine who will run on the Democratic and Republican Party tickets. It was shortly after attending the 1991 Bilderberger meeting, Governor Bill Clinton was selected to be the next President of the United States. Bill Clinton and White House advisor Vernon Jordan's relationship goes back to it's Bilderberger connections.

そつがなく、かつ計算して、それらの心臓は力に対する渇望で満たされ、金銭用貪欲によって消費されます。豊富で、かつ貴族で、それらはクリスチャンを軽蔑します。また、それらは謙遜な労働者階級を嫌悪します。それらは世界の圧迫および事実上私たちのすべての銀行および金融機関をコントロールします。それらは遮り、アメリカのリーダーが誰か決めます、また誰が民主党の公認および共和党の公認として立候補するかを決めます。1991年のBilderberger会に出席する直後、それはそうでした、ビル・クリントン知事はアメリカの次期大統領であるために選ばれました。ビル・クリントンおよびホワイトハウス・アドバイザー、ヴァーノン・ジョーダンの関係はそれに戻ります、Bilderberger接続です。


Among the elitist membership is David Rockefeller, Henry Kissinger, Lloyd Bentsen, Helmut Kohl, Prince Charles, Prince Juan Carlos, Katharine Graham, Alice Rivlin, and Gerald Ford.


エリート主義の会員の中には、ディビッド・ロックフェラー、ヘンリー・キッシンジャー、ロイド・ベンツェン、ヘルムート・コール、チャールズ王子、フアン・カルロス王子、キャサリン・グラハム、アリス・リブリンおよびジェラルド・フォードがいます。



"We are grateful to the Washington Post, The New York Times, Time Magazine and other great publications whose directors have attended our meetings and respected their promises of discretion for almost forty years. It would have been impossible for us to develop our plan for the world if we had been subjected to the lights of publicity during those years. But, the world is now more sophisticated and prepared to march towards a world government. The supranational sovereignty of an intellectual elite and world bankers is surely preferable to the national auto-determination practiced in past centuries." -- David Rockefeller

「私たちは、その管理者が私たちの会合に出席しており、ほとんど40年間分別の見込みを尊重したワシントンポスト、ニューヨークタイムズ、タイム誌および他の大きな出版物に感謝します。もし私たちがそれらの年に周知の明かりにさらされていれば、私たちが世界の私たちの計画を展開することは不可能だったでしょう。しかし、世界は今もっと精巧で、世界政府に向かって行進する準備をしました。知的エリート層および世界銀行家の超国家的な主権は、数世紀に実行された国家自己決定手順より確実に好ましい。」――デビッド ロックフェラー



Bilderbergers Planned Kosovo War in 1996

Bilderbergersは1996年にコソボ戦争を計画しました。

1998 Bilderberger Meeting -

1998年のBilderberger会合-

War Planned on Cyprus if Kosovo Crisis Stalled

コソボ危機が止まった場合、戦争はキプロス上で計画されました


c Copyright 1998 by New World Order Intelligence Update. This article may be posted to Internet conferences and Web sites. - During and following the 1996 Bilderberg Conference, we asserted that Bilderberger Bill Clinton would be re-elected as U.S. president; that he would promptly break his promise to bring American troops home from Bosnia, but that he would re-position them in Hungary and the surrounding countries instead and pass command of the Bosnian operation to a German general and 3,000 German combat troops from Heidelberg [this later occurred, in October, 1996]; and that the Bilderbergers had thereafter arranged to inflame the Serbs by pursuing the war criminals in their midst for trial before a new International Court [the Serbs, a proud but experienced people, side-stepped this provocation by persuading the lower- and middle-level suspects to voluntarily surrender].

新世界秩序知能最新版による著作権1998。この記事はインターネット会議およびウェブサイトに記入されるかもしれません。―1996年のBilderberg会議に流れに続いて、私たちは、Bilderbergerビル・クリントンが米国の大統領として再選されるだろうと主張しました;彼は、速やかにボスニアからアメリカの軍隊が帰国撤退する約束を破るでしょう。しかし、軍隊の再配置を彼はするでしょう、それら、ハンガリーおよび周囲の国々で代わりに、そしてボスニアのオペレーションのパス・コマンドの1つドイツに一般的軍隊、そしてハイデンベルグからの3,000のドイツの格闘軍隊(これが、1996年10月に、その後生じた)そして、Bilderbergersは新しい国際コートの前に裁判用のそれらの中央の戦犯を追求することにより、セルビア人を興奮させるためにその後整えました(セルビア人、誇れるが経験を積んだ民族、任意に譲渡するように低いレベルおよび中央のレベル容疑者に説得することにより、この刺激を踏むであろう)。


If that failed to incite a Balkan war, then we pointed out that they were prepared to utilize Kosovo to bring one about:

それがバルカン半島の戦争を刺激しなかった場合、私たちはそれらが次のものに関する1つをもたらすためにコソボを利用する準備ができていることを指摘しました:


"When war comes, as expected, Kosovo, at the southern tip of the Serbian Republic, may be the flashpoint that ignites a wider war involving Greece, Albania, Bulgaria, Russia, and Turkey - in addition to the hapless U.S. and NATO troops caught in the middle. Kosovo, "the Jerusalem of the Balkans", is a self-proclaimed nominally independent "republic", presided over by "President" Ibrahim Rugova. It is, in fact, a province of Serbia, though its population is largely of Albanian descent. The United States, though on record as recommending more "autonomy" for Kosovo, treats the province to all intents and purposes as a de facto independent state, a fact which infuriates the Serbians. Twice - once in 1992 and again in 1993 - Presidents of the United States have threatened Serbian President Slobodan Milosevic with military retribution "in the event of a conflict in Kosovo caused by Serbian action." To add insult to injury, the U.S. now plans to establish an "official presence" in "the capital of Kosovo." Aggrieved by this, and rightly sensing the intent of the United States to encircle and contain them, the Serbians are likely to appeal to an increasingly-nationalistic Russia, their traditional protectors, for help and military assistance. As reported by Germany's DIE ZEIT, "Serbia is every place where there are Serbian trenches or Serbian graves", according to Serbian opposition leader Val Draskovic. That means that Serbia will fight to retain Kovoso, in spite of the fact that its population is 90% Albanian. The Albanian Kosovans, determined to be independent, will fight back. That will likely draw into the conflict the 3.4 million inhabitants of Albania proper, together with the Albanians of Montenegro and Macedonia. Albania also has openly-expressed designs on Macedonia's western provinces, largely populated by Albanians: at least one armed insurrection directed by Albania has been foiled by the Macedonian authorities, and the Albanians continue to openly support and encourage Macedonian Albanian separatist groups. Bulgaria, which considers Macedonians to be "western Bulgarians", may then go to war for the fourth time this century to seize the opportunity to finally settle its territorial claim there. Greece, already incensed by Macedonia's use of the Greek "Vergina Sun" symbol on its flag and suspicious of the Macedonian Republic's supposed intention to form a "Greater Macedonia" by inciting insurrection and separation in the Greek province of Macedonia, may well then take advantage of events to settle the issue once and for all. Turkey, acting in defense of its Muslim brethren in Bosnia, and infuriated by the actions of its traditional rival Greece against the Macedonian Republic, could then scarcely be refrained from joining the fray.

「戦争が起こる場合、予想通りに、コソボは、セルビアの共和国の南の先端で、ギリシア、アルバニア、ブルガリア、ロシアおよびトルコを含むより広い戦争に点火する引火点かもしれません。中間の中で捕らえられた不幸な米国およびNATOの軍隊に加えて。コソボ「バルカン諸国のエルサレム」は、「大統領」イブラーヒーム・ルゴバによって統轄された自称名目上独立した「共和国」です。その人口は大部分はアルバニア系でありますが、それは事実(セルビアの州)にあります。アメリカ、コソボのための推薦する、より多くの「自治」としてのレコード上で、すべての意図および目的にデファクト独立国家(セルビア人を激怒させる事実)として州を扱います。2度(かつて1992年に、および再び1993年に)、アメリカの大統領は、「セルビアのアクションによって引き起こされたコソボの矛盾の場合には」軍事の応報でセルビアの大統領スロボダン・ミロセビッチを脅迫しました。ひどい目にあわせた上にさらに侮辱を加えるために、米国は、今「公式存在」を確立することをコソボの首都の中で計画します。 "これで苦しめられ、かつ、正しくそれらを包囲し含んでいるアメリカの意図を感じて、セルビア人はますます国家主義のロシアに訴えるでしょう、支援と軍事援助のための従来の保護者。セルビアの野党党首ヴァルDraskovicによれば、ドイツのDIE ZEITによって報告されるように、「セルビアはセルビアの溝かセルビアの墓があるすべての場所です。」それは、Kovosoを保持するためにその人口が90%アルバニアであるという事実にもかかわらず、セルビアが戦うだろうということを意味します。独立しているとわかったアルバニアのKosovansは反撃するでしょう。それは、恐らく、モンテネグロとマケドニアのアルバニア人と一緒に、矛盾に適切なアルバニアの340万人の住民を引き込むでしょう。アルバニアは、さらにアルバニア語が大部分は居住して、公然とマケドニアの西部田舎の設計を示しました:アルバニアによって指図された少なくとも1つの武装暴動は、マケドニアの政府当局によって妨害されました。また、アルバニア人は、公然とマケドニアのアルバニアの分離主義者グループを支援し促進することを継続します。

その後、最後にそこにその領土のクレームを解決する機会をとらえるために、ブルガリア(それはマケドニア人を「西のブルガリア語」であると考える)は今世紀、4回目の戦争に行ってもよい。ギリシア、既にマケドニアのそのフラグ上のギリシアの「Verginaサン」シンボルの使用によって怒った、そしてマケドニアの共和国を疑う、マケドニアのギリシアの州の刺激剤の暴動および分離による「より偉大なマケドニア」を組織する想像されている意図、その後、これを最後に問題を解決するために出来事を利用するのはもっともです。その後、ボスニアでそのイスラム教の同志を弁護して行動し、マケドニアの共和国に対するその従来のライバル、ギリシアのアクションによって激怒したトルコは、騒ぎの連結からほとんど差し控えられないかもしれません。



The "Albanian issue", centered in Kosovo and overshadowed by the larger Serb-Bosnian tensions, is a powder keg waiting to explode. And when it does, the whole region will explode with it."

コソボに集中し、より大きなセルビアのボスニアの緊張によって暗くなった「アルバニアの問題」は、爆発するために待つ火薬樽です。また、行う時、全体の地域はそれで爆発するでしょう。」

- from our 1996 BILDERBERGER REPORT [almost three years later, these things are now happening!]

- 私たちの1996年からBILDERBERGER REPORT[ほとんど3年後に、これらのものは今出来事である]!



The Serbs, scenting the trap thus laid for them, have confined themselves to short, repressive police actions against the Kosovan Albanian population, none of which have been sufficient in duration, extent or intensity to provide the pretext necessary for the Bilderberger elite to rally Western European and American public support for a full-fledged military engagement of the Serbs. So their methodical preparation, financing and arming of the newly-revealed Kosovan Liberation Army has so far provided the Bilderbergers with no dividends at all...and the clock is running on their schedule. They need this war, and they need it soon.

セルビア人、それらのために置かれて、わなをしたがって嗅ぎ付けること、Kosovanのアルバニアの人口に対する短く抑圧的な軍隊治安活動に制限した。セルビア人の完全な武力衝突にBilderbergerエリートが西欧で回復するのに必要な口実および米国公的支援を供給する持続、範囲あるいは強度に十分でした。したがって、それらの順序正しい準備、新しく明らかにされたKosovan解放軍隊の調達資金および武装することは、Bilderbergersに配当をここまで全く供給しました...また、時計はそれらのスケジュール上で走っています。それらはこの戦争を必要とします。また、それらはそれをすぐに必要とします。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR