FC2ブログ

税で教える側が、無国籍でエエの?

プロテクトX -傍観者たち


2006年04月14日


中途半端な教育基本法「改正」案(2)


本日、怒涛(!)の4本目(深夜に書いた1本を除くと3本目だけど)。なんだか最近やたらと書き過ぎな気がします ^^; あれこれ書いてしまう時って、精神的にあんまりイイ傾向ではないんだよなあ、これまでの経験からして(笑)。…いや、笑い事ぢゃないんだけど。「中途半端な教育基本法「改正」案
」で取り上げた教育基本法改正案について、今日、読売新聞以外の各紙の社説が出揃いました(日本経済新聞を除く)。それぞれ気になったところを引用します(全文は文末に)。



産経  教育基本法改正 「愛国心」はもっと素直に

 


自民党は「国を愛する心」という表現を主張していたが、「国」と「郷土」を併記し、他国の尊重もうたい、「心」を「態度」に変えるなど、公明党への配慮がにじむ妥協の産物といえる。「国を愛する」は明記されたものの、含みが多く、簡明な文案とはいえない。



「愛国心」の表現で、これだけもめる国は、おそらく日本だけだろう。愛国心は、どの国の国民も当然持っているものだ。そして、愛国者であることは最大の誇りとされる。
国の根本法規である教育基本法は、もっと素直な表現であってほしい。



異議なし!!!


自民党は「宗教的情操の涵養(かんよう)」の盛り込みを求めたが、これに反対する公明党の主張に譲歩し、条文化が見送られた。この文言は、現行の教育基本法が制定される前、日本側の原案にあったが、GHQ(連合国軍総司令部)の指示で削除されたものだ。



その結果、給食前の合掌や座禅研修などが次々と排除され、修学旅行では伊勢神宮などの神社仏閣が避けられるようになった。宗教的情操の欠如が、オウム真理教などのカルトに若者が入り込む一因になったといわれる。



やっぱり、「いただきます」に代表される日本特有の「宗教的情操」はきちんと伝えていくべきだと思うなあ…。神道とか仏教とか問わず、一宗教という次元を超えて日々の暮らしに溶け込んでいる大切な事柄(宗教的情操)を伝える「教育」こそが現在の日本に求められているはずです。


また、現行法の「教育は、不当な支配に服することなく」という規定は、残されることになった。だが、この規定は、国旗・国歌などをめぐる国や教育委員会の指導に反対する一部教職員らの運動の根拠に使われ、逆に、過激な教師集団による不当な支配を招いてきた一面を持っている。



「教育は、不当な支配に服することなく」という規定を根拠に国旗国歌に反対している教職員たちは自分たちが教育現場(そして生徒)を不当に支配している張本人であるということに気が付くべきです。やはりこの文言は削除するべきでしょう。それができないのであれば、公立学校の教職員が「国旗国歌に反対すること」を生徒に強制する不当行為を禁止する条文なり法律なりを定めるべきです。


これまでの与党合意には、家庭教育の充実など評価すべき点も多いが、現行法より後退しかねない部分は、なお修正が必要である。戦後教育の歪(ゆが)みを正し、子供たちが日本に生まれたことに誇りを持てるような格調の高い改正案に仕上げてもらいたい。



異議なし!!! さすが産経です。言うことが違うなあ。おかげで引用する箇所がうっかり増えてしまいました ^^;





読売  教育基本法 区切りがついた「愛国心」論争



 「中途半端な教育基本法「改正」案
」で取り上げたので省略。





朝日  教育基本法 「愛国」を教える難しさ


公明党はなぜ、「国を愛する」を避けようとしたのか。支持母体である創価学会は、戦前、国家から弾圧された経験を持つ。初代会長は獄死した。愛国心という言葉に戦前の国家主義のにおいをかぎ取り、最後まで抵抗したのだろう。



一宗教団体の肩を持つとはいい根性してますね( ̄^ ̄;


戦前の「忠君愛国」のスローガンは、自分の国だけを思うゆがんだ愛国心となり、アジアへの侵略をあおった。日本を大切だと思うなら、他国の人が自分の国を大切にする心にも敬意を抱かねばならない。「他国を尊重する」という文言は愛国心の暴走を防ぐうえで、重要な意味がある。



>日本を大切だと思うなら、他国の人が自分の国を大切にする心にも敬意を抱かねばならない。



これ、特定アジアにも言ってやってくれません?( ̄ー ̄) 例えば、中国には「中国を大切だと思うなら、他国(=例えば日本・笑)の人が自分の国を大切にする心にも敬意を抱かねばならない」、韓国には「韓国を大切だと思うなら、他国(=特に日本・笑)の人が自分の国を大切にする心にも敬意を抱かねばならない」って。
特定アジアは日本に対して「日本だけでなく他国(=自分たち・笑)も尊重せよ!」とか言うくせして、自分たちは他国(日本)を尊重したことが一度でもありますか? そして、朝日はこうした特定アジアの理不尽な姿勢を批判したことが一度でもありますか? …こんなことばっかり言ってるから「ダブルスタンダード」だってバカにされるんだってば( ̄^ ̄;


ただし、教育基本法を改正することについては、なおも疑問が残る。



第一に、急いで見直す必要が本当にあるのだろうか。基本法でうたっているのは理念である。改正しなければ実現できない教育施策や教育改革があるというのなら、どんなものかを聞きたい。



学校で事件や問題が起きるたびに、教育基本法を改正すべきだという声が政治家から上がる。しかし、本当に基本法が悪いから問題が起きるのか。きちんと吟味する必要がある。



日頃「改革改革」と言うわりにはずいぶん保守的ですねえ…。


第二に、「国を愛する」ことは自発的な心の動きであり、愛し方は人によってさまざまなはずだ。法律で定めれば、このように国を愛せ、と画一的に教えることにならないか。それが心配だ。



こうした不安が消えないのは、国旗・国歌法について当時の首相が「強制は考えていない」と答弁したのに、強制が広がっている現実があるからだ。



だが、心配のしすぎではないか。



国旗国歌法に関して「強制が広がっている」と言いますが、それって単純に公立学校の教職員に対して「(国旗国歌法に基づいて)職務命令に従え!」と言っているだけのことでしょう? 児童生徒に対して「強制」しているわけではないぢゃん。職務命令に従うのは当然であって、従わない教職員に「職務命令に従え!」と命じるのも当然です。それをもって「子供に国旗国歌を強制するな!」と騒ぐのは児童生徒をダシにする卑劣な行為です。この点は「教職員」と「児童生徒」を明確に分けて考えるべきです。





毎日  教育基本法改正 「愛国心」の本音がちらつく


今後の教育のあり方を決定づける法律の全面改正作業が、国民とは離れた「密室」で進められたことは残念だ。



異議なし!!!


来年の参院選をにらみ、早期に決着させたい両党の思惑が最後には一致した。70回に及んだ検討会での論争の中心は結局、「言葉探し」に費やされたとの印象が強い。



戦前の教育への反省から個人の尊厳を重視する理念を打ち出した現行基本法に対し、改正論は古くからあったが、教育勅語を再評価する森喜朗首相(当時)のもとで教育改革国民会議が00年、「郷土や国を愛する心や態度を育てる」との報告をまとめ、今日へのレールが敷かれた。自民党文教族らの本音はあくまでも「愛国心」であり、表現をいかに工夫しようとも、国民には小手先の修正としか映らないのではないか。



異議なし!!! 自公連立のために小手先の言葉遊びで教育基本法をイジッてほしくはありません。何度でも言います。国の根幹に関わる「教育」の問題をこんなに軽々しく決めちゃっていいはずがありません( ̄^ ̄;


いじめ、不登校、学力低下、ニートの問題など、教育現場に対する危機感が改正論議を後押ししたが、愛国心も含めた精神論だけでこうした問題の「特効薬」になるとはとても思えない。現に小中学校の道徳や小学校6年の社会科の学習指導要領には、既に「国を愛する心」を育てることが目標に掲げられている。本来は国民一人一人の自主性や見識に委ねられるべき精神的理念を法律に規定することにも疑問がある。



いや、やっぱり教育現場が一部の偏向教職員によって混乱している現状では、ある程度の「精神的理念」を法律で明確に定めておく必要があると思います。それを守れない教職員は即刻クビにするという仕組みも必要。だからこそ自公連立の「妥協」の産物などという中途半端な「言葉遊び」で終わらせてはいけないんです。





東京  教育基本法 あわてる必要はない


教育基本法改正の論点となっていた「愛国心」の表現が自公間で合意された。個人の尊厳を基本理念としてきた現行法は改正へ向け動きだそうとしている。教育は国家百年の大計。拙速は避けたい。



>教育は国家百年の大計。拙速は避けたい。



この部分には同意。


自公両党の妥協の産物である。前半で「国を愛する」という文言にこだわった自民党をたてた。「愛国心が戦前の国家至上主義的な考え方につながることを危惧(きぐ)」した公明党には、伝統と文化という文言を入れることによって、「国」という概念から統治機構を排除した配慮がうかがわれる。



この認識にも同意。


かつて国旗・国歌法が成立したとき、小渕首相(当時)が「児童や生徒に強制するものではない」と国会で答弁したにもかかわらず、現実には卒業式で国歌斉唱時に、起立を半ば強制している教育委員会もある。



朝日へのツッコミの繰り返しとなるので省略。「教職員」と「児童生徒」を明確に分けて考えるべき。





おまけ。今日の産経抄がステキヽ( ´ー`)ノ


場末のスナックで、一節うなって「いよ!名人」とおだてられ、一杯ビールをおごらされた経験のあるご同輩も多いだろう。カラオケのみならず、サボりの名人も居眠りの名人も数々あるが、将棋の「名人」となるとどうも格が違うらしい。



▼江戸時代は世襲制、明治以降は終身制だった名人位を実力制に改めたのが七十一年前の昭和十年。以来、木村義雄、大山康晴、谷川浩司らがその座についてきた。米長邦雄永世棋聖は、若かりしころ升田幸三名人と口論となり、「その台詞(せりふ)は、名人になってから言え」と一喝された(「勝負師」・朝日選書)という。



その名人戦の主催者を、毎日新聞から朝日新聞に移管させる案が明るみに出た。将棋ファンのみならず、小欄のようなやじ馬も驚かせているが、原因はどうやらおカネのようだ。



毎日が年三億三千四百万円を日本将棋連盟に払っているところに、朝日は五億四千五百万円出すと提案したとか。札束で顔をひっぱたくかのごとくで、一時のブームが去り、赤字体質に悩む連盟が朝日になびくのもわからぬでもない。



ただし、五億を超すという額は本紙や毎日の読者は知っているが、朝日の紙面には「新たな契約条件を提示した」とあるだけ。契約金の原資となる購読料を払っている朝日読者には、いくらを提示したか知らされていない。「ジャーナリスト宣言。」をした新聞とは思えぬ秘密主義ではないか。



▼毎日の編集局長は「日本の伝統を大切にする将棋連盟が信義よりも損得を重視するのでしょうか」との批判もしており、「日本の伝統と文化」の大切さは理解されているようだ。その趣旨を盛り込んだ教育基本法改正にもきっと賛成されるだろうから、今回は毎日の肩を持とうかな。



お茶目!O(≧∇≦)O 朝日と毎日を天秤に掛けてニヤニヤしている産経抄子の姿が目に浮かびます ^^;







蛇足

奴隷になれよと、戦後戦勝国(アメリカ、ソ連、中国)に解体された日本帝国が国民向けに、二度と逆らいませんと教育を通して、思想を植えつけられた。右や左から日本など愛するな、けど、ちゃんと税金払え・。自衛隊は日本人の為じゃない、国連のモンだ。バカバカしくて話にならん・。

右も左も何処向いて、しゃべっているのやら・。官僚・公務員の態度を反映しているのだろう「国など愛したら、国民の事ちゃんと考えねばならん・・・そんな事嫌じゃ・・」などと思って居るのではないか・

「国を愛する事はそこに住む国民を愛する事だ。

特に公務員は国とそこに住む国民に奉仕せねばならない」とちゃんと書け・・。












スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『新聞力』青木彰

朝日新聞といえば、ことあるごとに読売や産経新聞と対立してきましたが、今は、毎日新聞とホットな争いを繰り広げています。将棋名人戦の主催を巨額の契約金で、毎日新聞には無断で、横取りしようとしているというのです。名人戦最中でタイミング最悪です。 毎日新聞は朝日

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

憲法改正に取り組んだのは平成5年からだと!委員会が着手していたらしい!

左と右の対立激化でどんな法案も決まらん。左は反対政党で反対することが国民の利益になってるのでは?

経済政策を論ずるとどこからか敵が多勢で押しかけるらしい。

左と右で戦って互いに自滅して欲しいものです。

そもそも国民の声を拾い上げる気なんてさらさらないんです。

左か右に迎合しない、反対を唱えるものたちはカルト団体によって財産を奪われ、思想改良措置が取られます。そこらへんのインフラ整備もバッチリ!

左か右の戦いってどっちが統制のコントロール、人選権を奪えるかですよね~。どっちもヒエラルキー保守!うんざりっすね~。


プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR