FC2ブログ

中国の真の支配者。

Photo


エール大で講演する中国の胡錦濤国家主席。「中国の持続的な経済発展は、政治体制が中国の経済事情に合っていた証明だ」と述べ、一党独裁下による中国式の政治体制改革に自信を示した(21日、コネティカット州)(EPA=時事)10時04分更新





太田龍氏の時事寸評http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi





「科学的独裁体制としてのNWO=世界人間牧場構築についてのイルミナティの日程。」??




更新 平成18年04月20日22時27分


平成十八年(二〇〇六年)四月十九日(水)

(第一千六百五十二回)


○ヴィクター・ソーンの「ニューワールドオーダー・エクスポーズド」

 (邦訳『次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた』上下二巻、

 徳間書店、副島隆彦訳)。


○この本は、二〇〇三年に出版されたので、二〇〇四年に出版された、

  

  THE ASCENDANCY OF THE SCIENTIFIC DICTATORSHIP

  By P.D.Collins


○この本については引用されて居ない。


○P・D・コリンズのこの著作には、

 「十九世紀から二十一世紀に至る、認識論的専制政治(Epistemic Autocracy)」


○と言う副題が付いて居る。


○ Epistemic Autocracy


○これは「科学的独裁体制」と同じものを表現して居る。


○そしてそれは、太古の時代に由来する、「グノーシス主義」ともつながる。


○グノーシスとは、ギリシャ語で知識を意味するが、


○グノーシス教(Gnosis, Gnosticism)は、キリスト教会によって、


○危険な異端派として徹底的に弾圧された、と言はれて居る。


○しかし、この説明は、そのまま鵜呑みには出来ないであろう。


○ここで問題とされて居ることは、

 「知識」の、ごく少数のグローバルエリート権力者による独占、である。


○C・D・コリンズは、ニューワールドオーダーとは、つまるところ、

 グローバルな科学的独裁体制であると述べて居る(序文)。


○このようなものとしての「科学的独裁体制」については、これまで、

 何人ものイルミナティ奥の院に直結する人物が、重要な著作を出して居る。


○H・G・ウェルズの「公然たる陰謀」(未邦訳)


○オルダス・ハクスレイ「すばらしき新世界」


○ジョージ・オーエル「一九八四年」


○オルダス・ハクスレイ「すばらしき新世界再訪」


○そして、ブレジンスキーの

 「テクネトロニック・エージ : 21世紀の国際政治」(読売新聞社、1972) 


○最後に「沈黙の兵器」


○C・D・コリンズの前出著作は、

 科学的独裁体制の歴史を、


 (1)その誕生(十七世紀~二十世紀)

 (2)二つの科学的独裁体制間の衝突(二十世紀後半、二十一世紀初頭)

 (3)来るべき地球的科学的独裁制の未来


○と、三つの局面に分ける。


○問題は、現に進行中の二つの科学的独裁体制の衝突、である。


○衝突する二つの科学的独裁体制とは、


 (1)米国と欧米、いわゆる西側陣営と、

 (2)それに対抗すべく育成される中共中国と、


○を意味する。


○イルミナティは、この二つの陣営の矛盾、対立、闘争のいわゆる

 アウフヘーベン(止揚)によって、


○世界人間牧場=世界的科学的独裁体制を作り出す計画であると言う。


○この問題は、更に検証して行く。


 (了)




The Li Bloodline

「Li血統」  スプリングマイヤー著


?

?



David Rockefeller visits with his friend Li Chiang, one of Red China?sGovernment Trade Officials.

デービッドロックフェラーは、彼の友達李チアン、赤い中国政府貿易職員のうちの一人とおしゃべりをします。


____________________________________

____________________________________


In writing about the Li family and Chinese secret societies
, I am like the man who wakes up in the middle of the night while everyone else sleeps and then gropes around in the darkness trying to feel his way. I can share with you what I?ve learned, but undoubtedly there is a great deal more that can be learned.


の中でLi家および中国の秘密結社に関して書くこと、私は他の人すべてが眠り、次に手探りで進もうとする暗さの中でまわりに手探りする一方、夜の中頃に起きる人に似ています。私は学習したあなたと共有することができます。しかし、確かに、他に大量にあります、それは学習することができます。


WHICH ONES ARE PART OF THE ILLUMINATI?

どのものが、イルミナティの一部ですか?


I have learned from a source that Li Ka-shing and the powerful Hong Kong Li?s are definitely part of the Satanic illuminati Li?s. in terms of whether the Li?s who run Red China are part of the Illuminati, I know nothing that directly connects them. However, there are clues that make one wonder. For instance, why do the Rockefellers and Rothschild's have such a cozy relationship with these Red Chinese Li?s. Why does the Premier (or Prime Minister) of the People?s Republic of China Li Peng visit with the Rockefellers and other capitalists when he comes to New York City, if he is such a hard-line communist? Haven?t the Communists named the Capitalists their major enemy? And then when we watch men who are In the Illuminati such as Skull & Bones George Bush treat the Chinese Li?s with such closeness, even when it was Li Peng that crushed innocent people at Tiennamen Square, it makes us wonder still. In fact, with other pieces of the puzzle that I have in place, I do know that Red China is already cooperating with and part of the New World Order
. The only way that China could already be secretly part of the New World Order Is for it?s leaders who are the Li family to be in favor of the New World Order. This strongly suggests that the Li family In China is also part of the Illuminati. From what I know the range of possibilities range from them being only sympathizers with the NWO elite to them being outright members of the Illuminati. I lean toward the latter view.


私は李嘉誠および強力な香港Li家が明確に魔王のイルミナテイLi家の一部であることを出所から知りました。赤い中国を運営するLi家がイルミナティの一部かどうかの点では、私は、直接それらを接続するものは何も知りません。しかしながら、1つの驚異を作る手掛かりがあります。例えば、なぜロックフェラーおよびロスチャイルド(ロートシルト)の一家は、これらの中共人民Li家とのそのような快適な関係を持ちますか。そのような強硬路線の共産主義者ならば、彼がニューヨークへ来る場合、なぜ中国李鵬の人民共和国の第1の(あるいは首相)ものは、ロックフェラーおよび他の資本家一家に訪れますか。共産党員が資本家と命名しない、主な敵である。また、その後、天安門で無罪の人々を砕いたのが李鵬だった時さえ、スカル&ボーンズ・ジョージ・ブッシュのようなイルミナティにいる人がそのような接近で中国のLi家を扱うことに私たちが気をつける場合、それは私たちをまだ驚かせます。

実際、適所に持っている他の数片の難問で、私は、中国が既に協力しているその赤および新世界秩序の一部を知っています。既に中国が秘密に新世界秩序の一部でありうるただ一つの方法は、新世界秩序を支持しているLi家であり、リーダー向けです。これは、さらに、中国のLi家がイルミナティの一部であると強く示唆します。私が知っているものから、可能性の範囲、イルミナティの完全なメンバーである彼らへの、NWOエリートとの支持者だけで、それらから及びます。私は後の視界に傾きます。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR