FC2ブログ

ダボス会議

ヘ(゚∀゚*)ノ


Kinder capitalists in Armani specs

by Will Hutton

The Observer, Sunday 1st February 1998, p22

The quintessence of globalisation, writes Samuel Huntingdon, is Davos Man. [in The Clash of Civilizations and remaking of World Order] Every year in the last weekend of January there is an extraordinary tribal gathering in the Swiss Alps of the high priests of globalisation. They have their own thought system, shared rituals and even their own dress code - complete with large Armani spectacles. Davos has become a temple to the verites of free markets, inward investment, democracy and privatisation peopled by men and women in very expensive suits.


Yet it can't be mocked too much. Along with the Trilateral Commission and the Bilderberg Conference, this is one of the key meetings of the year. No policy is made here; it is all talk, some of it banal and platitudinous. But the consensus established is the backdrop against which policy is made worldwide - and this is why Chancellor Gordon Brown should have come, rather than cancelling at short notice. The Left should not allow the international conversation to be dominated wholly by the Right; if there is to be any regime change worldwide - whether on the sustainability and necessity of the welfare state or the need to act over destabilising capital flows - it will only emerge if meetings like this accept that such issues are on the agenda and have powerful backers. The voices of even the pragmatic Left that Brown represents are not strong here. It was an important missed opportunity.


That is not to say that Davos ideology is uniformly conservative. The meetings became important in the second half of the 1980s when it became clear that the system in Eastern Europe and the former Soviet Union was breaking down - and when the Asian economies joined the hunt for inward investment. Davos, founded in the early 1970s, found itself propelled to prominence - it was where political leaders, especially those from Eastern Europe, desperate for inward investment and a platform to show their attachment to the credo of economic liberalisation, could parade before international businessmen and financiers.


But the events in Asia over the last six months have shaken the Davos view to its core. Nobody foresaw that those apparent paragons of the world it sought to build, the Asian tigers, would prove to have such clay feet. But like priests of any religion, Davos is suffering only a temporary loss of faith - and in ways which show its better side. Asia went wrong because too many of its governments were non-democratic, corrupt and authoritarian, running a system of crony capitalism; in Britain only writers such as Paul Foot match the contempt in which Davos holds, for example, Indonesia's President Suharto.


Davos's globalisers want democratic government, the rule of law, transparent rules, fair play for all and, in Asia, extraordinarily strong social-security nets. Nor does their prescription stop there. For example, Davos deplores the US trade embargo of Cuba, declaring it absurd; it believes Cuba should be opened up to the world system and to the liberalising impact of inward investment. And even the welfare state attracts defenders. As the South Korean delegation has repeatedly explained, the price that must be paid for labour-market flexibility and volatile exchange rates is a powerful safety net underwriting the fall-out from such economic rigour and large-scale industrial restructuring. They intend to build a European-style social security system.


But in the round, Davos is unflaggingly committed to capitalism, yet not that is paralleled by its commitment to democracy and human rights. Some businessmen can surprise you by their liberalism and social concern. They are developing a new value system around their capitalist beliefs that is much more attractive than the slash-and-burn, short-termist approach of the Anglo American Right, and you can see how intriguingly it connects with New Labour. Blair and Brown are onto something.


Closer to home even critics of the personal journalism inquiring into the dynamics of relationships should be aware that Davos has never laid on so many sessions about the personal. Like Western culture generally, it is being de-masculinised. There is also the beginning of a new argument about how to refashion the international financial system, although on Friday the organisers laid it on two miles from the conference centre. It's still not quite pukka.


But the core of Davos remains its attachment to what it sees as hard economics. It is axiomatic, for example, that privatisation is always good, and stories abound of newly privatised companies that have increased output with a fraction of their old workforce. A group of French and German business leaders argued the European economic and social system has broken down. The French want a more 'flexible' labour market; the Germans more investor activism to shake up sleepy companies. But New Labour should note, it is not so much a strong social security system that is criticised but its interaction with sclerotic companies and powerful unions. This has Thatcherite overtones, but is not quite Thatcherism. Social values count, even for self-styled business 'revolutionaries'; the aim is to create more employment in Europe.


In sum, Davos is groping towards championing a more humane capitalism -a development it knows it must make if the market system it believes in is not to be de-legitimised by violent international oscillation and sudden, unnecessary, brutal economic restructuring. Globalisation is moving on, and Davos with it.





アルマーニスペックの中のより親切な資本家

ウィル・ハットンによって

オブザーバー、1998年2月1日日曜日p22

サミュエル・ハンティントンは、世界化の本質はダボスの人であると書く。

[文明の衝突と世界秩序の改造において]毎年、1月の最後の週末に、世界化の大祭司のスイスアルプスに並みはずれた部族の集まりがある。

彼らは彼ら自身の考えたシステム、共有された儀式、および彼ら自身の服装規定さえ持っている - 大きなアルマーニスペクタクルによって完成しなさい。

ダボスは非常に高価なスーツを身に付けた男性と女性によって植民された自由市場、対内投資、民主主義、および民営化の真実描写手法に寺院になった。

それでも、それはあまりにも多くあざけられることができるわけではない。

三極委員会とビルダーバーグ会議とともに、これはその年の重要なミーティングの1つである。

どの方針もここでされない;

それのいくつかが平凡で、平凡に、それはすべて話である。

しかし、確立されたコンセンサスは、方針が世界的にされる背景である - および、そんなわけで、ゴードン・ブラウン首相はすぐにキャンセルするというよりも来るべきであった。

左は、国際的な会話がまったく右によって支配されることを可能にするべきでない;

世界的に--福祉国家の持続可能性と必要またはキャピタル・フローを不安定にする上で作動する必要上かどうかにかかわらず--政権交代があることになっているならば、このようなミーティングが、そのような問題が課題にあり、強力な後援者を持っていることを認めるならば、それは出現するだけであろう。

ブラウンが表している実用的な左さえの声はここで強くない。

それは重要な逃された機会であった。

それは、ダボスイデオロギーが均一に保守的であると言うことではない。

ミーティングは、東ヨーロッパおよび前者のソビエト連邦のシステムが故障することがクリアになった1980年代の後半に重要になった-そして、アジアの経済が対内投資のための狩猟に参加した時。

1970年代の初期に設立されたダボスは自身が卓越性に推進されていることに気付いた - それは、政治指導者、東ヨーロッパからの特にそれらが、経済の自由化の信条に彼らのアタッチメントを示すために対内投資とプラットフォームが欲しくてたまらず、国際的な実業家と財政家の前で行進することができた所であった。

しかし、最近の6ヶ月の間のアジアのイベントはそのコアにダボス眺めを振った。

誰も、それが、築くことに努めた世界のそれらの明白な模範、アジア虎が、そのような粘土足を持つと判明するであろうと予知しなかった。

しかし、どのような宗教の聖職者のようにでも、ダボスは信頼の一時的な損失だけを被っている - および、そのよりよい側を示す方法の中。

クローニー・キャピタリズムのシステムを実行して、その政府のあまりにも多くが民主主義でなく、堕落していて、独裁的であったので、アジアは悪くなった;

英国で、ポール・フットなどの作家だけが、ダボスが例えばインドネシアの大統領スハルトを押さえる軽蔑とマッチしている。

ダボスのグローバル化推進者は民主的な政府、法の支配、透明な規則、すべてのためのフェアプレー、およびアジアの、異常に強い社会的なセキュリティのネットを望んでいる。

また、それらの処方薬はそこに停止しない。

例えば、それを不合理であると宣言して、ダボスはキューバの米国貿易禁止を嘆く;

それは、キューバが世界システムに、そして対内投資の自由化インパクトに広げられるべきであると信じる。

そして、福祉国家さえディフェンダーを引き付ける。

韓国の派遣が繰り返し説明した時に、労働市場柔軟性と不安定な為替相場に対して支払われなければならない価格はそのような経済の厳格と大規模な産業のリストラクチャリングから放射性降下物を承諾している強力な安全ネットである。

彼らは、ヨーロッパスタイル社会保障制度を構築するつもりである。

しかし、ラウンドにおいて、ダボスは資本主義を衰えないで約束するけれどもそれは民主主義と人権へのその関与によって並行されない。

何人かの実業家は彼らの自由主義と社会的な懸念によってあなたを驚かすことができる。

彼らは、英のアメリカ人の右の焼き畑式で、短期的アプローチよりずっと魅力的なそれらの資本家信念のまわりの新しい価値観を開発していて、あなたは、どれほど興味をそそってそれが新しい労働と接続するかをわかることができる。

ブレアとブラウンは何かの上にである。

家のより近くで、関係の力学を調査している個人的なジャーナリズムの批評家さえ、ダボスがパーソナルについて一度もそんなに多くのセッションを課したことがないことに気づいているべきである。

西洋の文化のように、一般に、それは非雄性化されている。

金曜日に、組織者が会議センターから2マイルの所でそれを課したけれどもどのように国際金融システムを作り直すかについての新しい議論の最初がまたある。

それはまだまったく本物なわけではない。

しかし、ダボスのコアは、それが難しい経済学と考えるものへのそのアタッチメントであり続ける。

それが公理であること例えばその民営化はいつもよく、物語は、それらの高齢の労働力の小数部で、アウトプットを増大させた新しく民営化された会社でいっぱいである。

フランスとドイツの財界の指導者のグループは、ヨーロッパ経済の、そして社会的なシステムが故障したと主張した。

フランス人はもっと‘柔軟である’労働市場を望んでいる;

眠い会社を振り混ぜるドイツ人より多くの投資者行動主義。

しかし、新しい労働は言及するべきであり、批判されるのはそんなに多くの強い社会保障制度ではなく硬化症の会社と強力な組合とのそのインタラクションである。

これはサッチャーの支持者含蓄を持っているけれども、なかなかのサッチャーリズムであるわけではない。

自称のビジネス‘革命家’のためにさえ社会的価値に価値がある;

目的は、ヨーロッパでより多くの雇用を創出することである。

合計において、ダボスは、それが、それが信じている市場組織が、激しい国際的な振動と突然で、不要で、野蛮な経済のリストラクチャリングによって不合法化されないことであるならば、それがしなければならないと知っているより人道的な資本主義-開発を擁護することに手探りしている。

世界化が前進していること、およびそれを持つダボス。





蛇足


ダボス会議について(World Economic Forum
考えましょう・・・。パンダ

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR