FC2ブログ

(´0ノ`*)ダボスだす・。


(´0ノ`*)


From an interview with Council of the World Economic Forum co-chairman Maurice Strong, in which he outlines the plot of a novel "he would love to compose if only he could write":


"Each year, [Strong] explains as background to... the novel's plot, the World Economic Forum convenes in Davos, Switzerland. Over 1,000 CEO's, prime ministers, finance ministers, and leading academics gather in February to attend meetings and set economic agendas for the year ahead. With this as a setting, he then says: 'What if a small group of these world leaders were to conclude that the principle risk to the earth comes from the actions of the rich countries? ...In order to save the planet, the group decides: Isn't the only hope for the planet that the industrialized civilizations collapse? Isn't it our responsibility to bring this about?'


"'This group of world leaders,' he continues, 'forms a secret society to bring about an economic collapse. It's February. They're all at Davos. These aren't terrorists. They're world leaders. They have positioned themselves in the world's commodities and stock markets. They've engineered, using their access to stock markets and computers and gold supplies, a panic. Then, they prevent the world's stock markets from closing. They jam the gears. They hire mercenaries who hold the rest of the world leaders at Davos as hostage. The markets can't close...' This is Maurice Strong. He knows these world leaders. He is, in fact, co-chairman of the Council of the World Economic Forum. He sits at the fulcrum of power. He is in a position to do it. 'I probably shouldn't be saying things like this.'"


Source: Daniel Wood, "The Wizard of the Baca Grande," West Magazine (Alberta, Canada), May 1990.


以下省略



強い世界経済フォーラム同席議長モーリスの協議会とのインタビューから(それにおいて、彼は、斬新な、「彼だけが書くことができたならば、彼は、創作したい」のプロットを概説する):

[「Strongは、]毎年、世界経済フォーラムはダボス、スイスで会合するのを背景として小説のプロットに説明する」。

ミーティングに出席し、その年のための経済の課題を降ろすために、1,000人を超えるCEO、の総理大臣、財務大臣、および主要な大学関係者は2月に集まる。

設定としてのこれによって、彼はその時言う:

‘これらの世界的リーダーの小集団が、地球への原則リスクが豊かな国の行動から来ると断定することになっていたとしたら?’

... 惑星を救うために、グループは決める:

工業化された文明が、崩壊させる惑星のための唯一の希望はそうではないか?

‘それは、これを引き起こす私達の責任ではないか?’

「 『世界的リーダーのこのグループ、』 彼は続き、経済の崩壊を引き起こすために、秘密結社を成形する。

それは2月である。それらはすべてダボスにある。これらはテロリストではない。彼らは世界的リーダーである。彼らは世界の商品と株式市場の中で自身を置いた。彼らは、株式市場とコンピュータと金供給品、パニックへのそれらのアクセスを使って設計した。そして、彼らは、世界の株式市場が終了することを防止する。

それらは、ギアを詰まらせる。彼らは、人質としてダボスで世界的リーダーの残りを持っている傭兵を雇う。

‘市場は閉まることができない…’これは強くモーリスである。彼はこれらの世界的リーダーを知っている。

彼は実のところ世界経済フォーラムの協議会の同席議長である。彼はパワーの支点に座っている。

彼は、それをする立場にある。「‘私はたぶんこのような事を言っているべきでない’。」

ソース:ダニエル・ウッド、「Bacaグランデのウィザード」、ウエスト雑誌(アルバータ、カナダ)、1990年5月。

彼らは、人質としてダボスで世界的リーダーの残りを持っている傭兵を雇う。

‘市場は閉まることができない…’

これは強くモーリスである。

彼はこれらの世界的リーダーを知っている。

彼は実のところ世界経済フォーラムの協議会の同席議長である。

彼はパワーの支点に座っている。

彼は、それをする立場にある。

「‘私はたぶんこのような事を言っているべきでない’。」

ソース:

ダニエル・ウッド、「Bacaグランデのウィザード」、ウエスト雑誌(アルバータ、カナダ)、1990年5月。


チャールズ・オーベルベックによって

これらはダボス(1998年1月29日のスイス)の厳重にガードされたアルプスのリゾートにヘリコプターによって着陸させられた。世界の最も大きな企業の千人の代表。250人の重要な政治的なボス。250人の一番上の大学。世界の最も手ごわいニュース賢者とメディア・プレーヤーの250人。

そして、彼らが2月3日に去った時に、世界とそれの中のみんなの運命はもう一度変更された。

毎年、グローバルなエリートの判りはじめる新世界秩序のビジョンを補強し、伝達するために大物の中で最も重いものを呼び集めて、世界経済フォーラム(WEF)はダボスでその年次総会を主催する。

WEFの1998年のミーティング(「21世紀の間の優先事項」)は確かに全然例外ではなかった。

実に、WEFのホームページは、これらのリーダーが「一緒にグローバルな課題を具体化しに来ること」を徹底的に述べる--彼らが、彼らのそれぞれの会議室、政治局、およびニュース編集室を想い起こさせる課題。これらのリーダーはニュート・ギングリッチ、ヒラリー・クリントン、論争の財政家ジョージ・ソロス、および追跡マンハッタンからAOLへのSiemenへのGMまでの世界の最も大きな超国際企業、銀行、およびメディア複合企業の数百人の担当者を含む。

(注):(ParaScopeはアメリカ・オンラインの上のサイトを管理し、AOLとの進行中のビジネス関係を持っている。)(自然に、ダボスへの私達の勧誘が際立たなかった時に、私達は失望していた。)

マイクロソフトmonopolateurビル・ゲイツで(全世界の最も金持ち)は「デジタルの革命家」として1997年の年次総会で有名であった後に1998年にダボスに戻った。

一番上の英国の投資銀行家はフォーブスに、「私は地球を一周することに1年を費やすことができて、私は、私がダボスで会う重要な人々の10分の1を見ることにならないであろう」と言った。

人が想像するかもしれない時に、このマグニチュードのにぎやかなパーティーを上演することは難しい。

各ダボスフォーラムは1000万ドルより多く金がかかり、500の会議スタッフを必要としている。

WELCOMと呼ばれる洗練されて、安全なイントラネット/マルチメディアシステムは、すべての出席者(たぶん、WEFホームページの私的なメンバーエリアによって調和した?)の間の流動的なビジュアル・コミュニケーションを許す。

会議費は会費と出席料金によって容易にカバーされている。

各ダボスフォーラムは現在約1200万ドルを稼ぐ(それは「非営利的な」WEF基礎に再投資される)。

WEFにおけるメンバーシップは約12,000(銀行のための15,000ドル)ドルかかり、1997年のダボスフォーラムのための出席料金は7,200ドルで入った。

ジャーナリストと政治家が無料で招待されたけれども、1998年のフォーラムのための料金はこれまでより高かった。(そして、ダボスで親しく交際するために、どのようなジャーナリストでも無料チケットどころか無料ランチの意味を知っている。)(設立メディアからイベントのどのような重大な記事も見つけることを予定しないでください。)世界経済フォーラムのビジネスメンバーシップは地球上の最も大きな企業のために厳密に確保される。会社は、メンバーシップの資格を得るためだけに年間売上高の中で少なくとも10億ドルを一致させなければならず、銀行は資本の中で少なくとも10億ドルをコントロールしなければならない。

1,200人のメンバーの全体のメンバーシップシーリングがある。

ダボス課題は、80のWEFの永久的なプロフェッショナルなスタッフから引かれる8人「プログラム開発チーム」によって決定される。覇権のこれらの8人の大祭司は、毎年追跡と彼らが、ダボス課題において含める価値があると考えている問題を識別することの毎日を過ごし、議論のためのこれらの問題をフォーラムに突き付けるためにちょうどよい「エキスパート」を見つけるために、彼らはちょうど同じくらい熱心に働く。

ダボス98でスレートに蓋を付ける:

投資と「アジア危機」に集中している世界的な資本の流れにおけるグローバルな金融政策;

インターネット規則;

イスラム原理主義のそうと思われた「脅威」;

ヨーロッパの単一の通貨制度への抵抗;

ネオ自由主義(はっきりと、ダボスの出席者の#1はグローバルなdominationR製品のブランドを好んだ)と経済学のヨーロッパ国家統制論者モデル(ダボス課題によって認められている唯一の選択肢)の間の進行中の討論。

ダボスの出席者はまた都市国家、遺伝の倫理、アートと「教育的な問題」の未来、およびパワーの未来を討論した。

明らかに、これは、あなたの平均的なmaquilladora労働者または企業の薄給生活者の懸念に集中する会議ではない。

ダボスはグローバルな貴族階級の、による(のための)ミーティングである。

このエリートは、自身が地球の舵取りで安全にとまる状態で人間性に「良い」ものの非常に一貫した認知を持っている。

そして、彼らは、それらのビジョンを私達の現実に変えるためにこれまでより熱心に働いている。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR