FC2ブログ

ヾ(@^(∞)^@)ノダボスだす。


ヾ(@^(∞)^@)ノ


We live in savage new times, where economic ruin can strike whole populations like a bird of prey dropping on a field mouse. This uncertainty begins and ends with the elite's propagation of a pseudoUtopia which they pompously refer to as the "New World Order." The future as they envision it lies in transnational corporatization, unburdened by the restraints of governments which remain to some extent accountable to the citizenry.


Take the United States, for instance. The citizens of the very nation which spawned much of this New World disOrder are no longer willing to play along, after feeling the scathing effects of NAFTA. Stock prices skyrocket; the corporate Brahmin get rich as the corporate media reinforce the delusion of mass prosperity; workers get shafted; workers start to organize. Clinton's "fast track" legislation was bludgeoned in Congress, denying the president the unconstitutional powers he sought to nego


以下省略


経済的な破滅が野ネズミの上に落ちている猛禽のような人口全体を打つことができる所に、私達は野蛮な新期間の中に住んでいる。

この不確実性は、エリートの、彼らが尊大に「新世界秩序」と称する偽りユートピアの伝播から始まり、終わる。

彼らがそれを想像する時の未来は、市民に対してある程度責任があり続ける政府の抑制によって降ろされて、国境を越えるcorporatizationにある。

例えば米国を取りなさい。

この新世界不注文の多くを産んだまさしくその国家の市民はNAFTAの手厳しい印象を感じた後に一緒にもう快く遊ばない。

株価は急騰する;

企業のメディアがマス繁栄の惑わしを補強する時に、企業のインテリは金持ちになる;

労働者はだまされる;

労働者は、団結し始める。

クリントンの「高速コース」立法は、アメリカ人の同意なしで貿易協約を協議するために、彼が捜した憲法違反の能力を大統領に許さないで、議会の所に殴られた。

そして、投資資本のために1世界システムを作成するであろう投資に関する多国籍協定は国際的な原点反対の上がる山に直面している。

それゆえ、新世界秩序を鍛造しているそれらに、統治権を電力方程式から取り除き、普通の人々が、彼らの計画をショートさせる方法を集めて、理解する前に完全で、問題にされない優位を確立することは活発である。

グローバリスト政治家と賢者が新植民地主義の変形の効果のために彼らの専門語として「民主主義」まわりでのたうち回ることはひどく皮肉である。

実に、ダボスの再発テーマは、新しい経済秩序に適するために既存の政府を「変換する」必要であった。

これは一般に、国際金融の意志に卑屈な役割を演じることを政府に要求する。

香港からJavaに損う経済効果を晴らした「アジア金融恐慌」まわりで、ダボスでの議論の多くは集中していた。

ニューヨーク、ロンドン、およびパリの金融会社はすべて急速に拡大する「アジア虎」経済への大きな投資を持っていた。

私達は、アジア危機における主要因の一つが、商品の生産が、彼らを消費する大衆の能力を追い越したことであったと言われる。

しかし、これらの、「過剰生産される」商品の多くは西洋の銀行によって出資された光った新しい工場で製造された--それらの投資者に返却する義務があった工場。

それゆえ、正確に、この「過剰生産」を起こしたものの説明は多少暗くなる。

これにもかかわらず、まさに、彼らの損失をカバーするために、数十億ドルの緊急援助を要求している国際通貨基金に彼らが走った時に、西洋の財政家はアジア政府による「悪い判断」に状況全体の責任を負わせた。

それらの十億の多くは米国の納税者の金庫から引かれるであろう。

アジア金融恐慌は経済のルービックキューブであるけれども、ダボスの出席者にとって、主要因は、危機が存在していることである(それが解決されなければならない)。

のために 大変動缶 全体の社会変換 だけ。

そして、あなたが、偶然解決を提供している人であるならば、作られるたくさんの増加がある。

同じくらい連邦準備銀行会長とダボスの規則的なアラン・グリーンスパンは最近、「アジアのイベントは、私達の急成長するグローバルなシステムが効率的で、生活水準への多大な寄与を世界的にする間、その同じ効率が迅速で、決定的に潜在的な経済の軽率さを露出し、罰するという事実を再び補強する」と論述した。

すなわち、自身が新世界秩序になめらかに組み込まれることを可能にする経済はそれらの生活水準への「多大な」(しかし不特定である)寄与を受け取るであろう;

それらの古い方法を維持することに努める人々は、エリートが21世紀にグローバル・ガバナンスのその乗り物として構成している財政とコントロールの電子インフラストラクチャーによって「迅速で、決定的に」罰せられるであろう。

そして、アジアの問題の提案されたソリューションは何であるか?

あなたの古代史教科書を開けて、同様な危機がメキシコを少しより小さなスケールにぶつけた時に、1995年に後ろでwaaaaayをはじきなさい。

メキシコは外国銀行への大規模な借金の重量の下で完全な崩壊の間際であった。

いつも信頼できる米国の納税者は、国際通貨基金を通していつものように銀行家を保釈するのを最終的にし、すさまじい合計金額を職業訓練プログラムに充当して、大幅に財政支出を変更するために、西洋の財政はメキシコの上で重く傾いた。

言うまでもなく、人々がのために訓練されている仕事は、海外投資首都のために条件を改善するようにデザインされた仕事である。

経済の反対者〈チアパスのZapatistasなどの〉は、例として、ただ黙り、仕事を得ることがどれほど望ましくあることができるかの他に準軍事的な暗殺隊に虐殺される。

1998年のダボスフォーラムの間の彼の意見において、経済の銃口で外国銀行によって注文されたこの根本的なシフトについてまったくメキシコ大統領エルネスト・セディジョは正直に話していた:

「私達は、勝利者と敗者を私達の貿易政策に捜そうとすることを控えた」。

私達が正しいことをしたので、私達は私達の経済政策の中で信頼性を取り戻し、これらの物は尊敬される。

「それはそれと同じくらい簡単である」。

従って、市民の一般的な福祉と有機の繁栄はもう新世界秩序において国家の経済のゴールではない。

経済のゴールは、単に社会的で、環境の小区分を無視して金儲けすることであり、そのゴールを永続させているものはすべてデフォルトでの人々に良い。

「それはそれと同じくらい簡単である」。

日本は、西洋の財政の命令を抱擁することにおいて多少不承不承で、ぶつぶつ言いながら日本の金融政策の世界経済フォーラムの無情な批判に挑んだ。

榊原英資(国際関係のための日本の副大蔵大臣)は、日本が、世界経済の変わる現実を適応させるために強健な改革に従事しても、アジア危機における多くのファクターがグローバルな資本主義自身中で定着したことをダボスパネルディスカッションで指摘した。

リュディガー・ドーンブッシュ(マサチューセッツ工科大学からの突出したエコノミスト)はサカキバラの重大な意見への熱烈で、誇張された反応をどなった。

「この危機はきっとグローバルな資本主義と関係がない」。

それはクローニー・キャピタリズムの危機、非常に、非常に悪政の危機である。

「これらは、政府がみんなの靴サイズを知っているけれどもそれらが沖合でいくらを借りたかを知らない場所である」。

しかし、自然に、海外の労働利用者ナイキがすべてのそれらの顧客の靴サイズのデータベースを保持するならば、それはOKである。

ドーンブッシュは完全に、危機と、西洋の財政が関わりがあったというアイデアに反駁した。

彼がそれを見る時の問題は、世界経済においてシフトを利用するために、毎年ダボスで集まるエリートとともにない--誰が全く新しい経済秩序と「調和する」ために完全に彼らの生活様式を快く変更しないかはそれらのうるさい国家とともにある。

グローバルな家畜収容場の中に誰でも集める世界的な経済危機によってよりよいそうどんな方法?

クラウス・シュワプ(世界経済フォーラムを設立したドイツ教授)は、世界が「2000年ごろに」深刻な資本不足に直面するであろうと断定した。

フォーブス雑誌(編集長、スティーブForbesは規則的なダボスの出席者である)とのインタビューにおいて、シュワプは彼の首都の上の大規模なグローバルなランの予測を中継した。

フォーブスによると、「これは、フォーラムに出席する政治家の多くのための凶報である」。

資本要点世界で、彼らは、首都を追い払う方針を避ける必要があるであろう。

「これは、特別な興味につけこむことによって彼らがパワーにいることを難しくする」。

労働組合、環境保護団体、外国人投資家の強制的な要求に付くために、彼らの社会の変化に反対する投票一般大衆、および他の誰かなどの「特別な興味」。


それをグローバルな共謀と呼びなさい;

それを資本家貪欲さの盲目で、道徳と無関係な野心の必然的な結果と呼びなさい;

たとえ、何があなたに意味をなしても、それを呼びなさい。

毎年、ダボス会議などのミーティングによって押し込まれて、この動物は前に突く。

そして、毎年、制御されたものの犠牲におけるエリートの強化のためにそれらをより効率的な機器に変換して、グローバルな首都のグリップは世界の政府ののどを締める。

状況がどうやら私達に大変不利であるらしい。しかし、新植民地主義への原点反対は、急速に団結し続ける。1998年の会議がダボスで「‘自由な’貿易とWTOに対する人々のグローバルな行動」を開いた時に、2000万の総計のメンバーシップを持つ54か国からの192の組織のグループは彼らの「みじめさのグローバル化推進者に対する宣言」(ダボスミーティングを弾劾しているステートメント)をリリースした。

「私達は世界貿易機関(WTO)など世界化と不思議で、非民主的な組織へのそのゆるやかなシフトによって起こされた政治的で、経済大国の早まる集中化に反対する」と人々のグローバルな行動宣言は論述する。

「ますます多くの人々が、空腹で、基本的な医療と教育のためのゆとりがなく、環境破壊に対処することを強制されるようになっている間、このプロセス(それはただ多国籍のビジネスエリートに役立っている)において、私達は「インフォーマルな」ビジネスグループ(世界経済フォーラムなどの)の役割を弾劾する」。

このステートメントのリリースの3週間後に、「統合、情報の交換、およびネオリベラル世界化によって打たれたすべてのそれらの苦闘への相互の支持のためのツールとして」いっしょに働くために、人々のグローバルな動作の600人の担当者がジュネーブで会った。

この最初のPGA会議(エリートダボス集まりに対する民族の答え)は食糧生産、文化、および経済学について世界貿易機関、投資に関する多国籍協定、および問題だけでなく「自由」貿易協定についての集中的な円卓会議とセミナーの間でポケットに入れられた。

多くの統合と会議で達成された知識の上で行動をとるために、個人の小集団を結合したセッションを計画することによって、集中的な活動の1週間は終わりに近づいた。

そして、2月27日に、エリートの「自由な」貿易政策に対して市民の不服従の大陸全体にわたるムーブメントをスタートするために、PGAはヨーロッパミーティングを後援した:

[「グローバリゼーションは、]それらの民族を、唯一の目的が利益と資本蓄積の抽出である巨大なシステムに組み込むことに努めている世界の社会とコミュニティの構造に広がる」。

「これにおいて、従って、グローバリゼーションがさらに自由な資本移動への障害の分解を暗示していると感知していなさい」。

人々のグローバルな行動は次を要求している:

WTOと「社会的で、環境に関して破壊的な世界化のアクティブなプロモーター」としての他の貿易自由化協定(APEC、EU、NAFTAなどのような)のクリアな拒絶。

「私達が、運動をすることがそのような偏っていて、非民主的な組織の中に主要なインパクトを持つことができると思わないので(それにおいて、国境を越える首都は唯一の現実の政策立案者である)」対決的な態度。

暴力的でない市民の不服従と「政府と企業の行動に対する答えとしての地元の人々によるローカルな選択肢の建築」への呼び出し。

分散化と自律性に基づいた組織的な人生観。

民族の動きを発芽させているこれの活動におけるアップデートのために、あなたは人々のグローバルな行動のメーリングリストに申し込むことができる。

詳細については、PGA Webページを見なさい。

苦闘においてアクティブな別のグループは、遊びフェアヨーロッパである!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR