FC2ブログ

パートⅠ 西と東の衝突進路

The secret location of the 2005 Bilderberg meeting

Part I - East and West on Collision Course

Globalization is not from the XX th or XXI th century. It is as old as the XV th or XVI th century. Every move in Globalization has been about reshaping the World, or giving a global plan of control or a 'New World Order'. Behind the scenes, imperialism has been sharing the natural bounty of the world to the profit of its upper class, the Plutocracy. The rich who so much want to have one absolute rule of this world.


From this old, old experience of world domination, and this plan of the ages, the Upper classes were obliged to give some apparent democratic power to people in America and Europe in the late XVIII th century to replace the constitutional monarchy in England, after the Civil War of England during the XVIIth century and the reign of the Lord Protector Cromwell who gave an economic advantage to England against the Dutch, but was a dictator. Although different parts of the world were in touch during this phase of Globalization, no idea of shaping a common world in values was apparent. In fact all points of the globe were subject to the domination of European countries as contributing factors for the Western Economy. England was intent to destroy indigenous customs in the legislation inside these countries, for example imposition of the English concept of the private ownership of land, but other Western countries were applying their own legislation without restriction.


The infamous and abhorrent human slave trade, abolished in 1807, was a key contributor to maximum productivity and competitiveness of these regions. With the development of industry, colonies were kept as an hinterland which permitted certain plutocrats to carve themselves out mini-monopolies in the competitive global system, but this advantage was costing the nations too much in building the infrastructure of civilisation: roads, ports, schools, teachers, hospitals, medicine and so on...in the colonies. On the other side, some of these colonies were bringing soldiers to the fronts in World War I. (as in WWII).


World War I was a destructive conflict seeing the plutocrats of the World springing from the internal contradictions of capitalism. That helped the conflict to take place while the workers representatives were negotiating the entrance to war. Jean Jaures, the French socialist wanting an agreement between all the workers not to participate in the war was assassinated before the war, while Kautsky, ,German socialist counterpart of Jaures, negotiated the acceptance of the German war with the then " elite".


The result of this war was the entrance of the US economy in the world's sphere. The banque de France lost all its gold reserves while England was badly weakened. Germany was an economic ruin and the policy of reparations helped America to shape the German economy. As an example of that, let us say that before the first war, all the Chief countries of the world had currencies based on gold. The gold standard was a great gift of Providence. The war arrested and broke up this monetary cosmopolitanism. After the outbreak of the war some governments withdrew gold from internal circulation and replaced it with printed money. Each note was overprinted.


At the close of the war the practical monetary solidarity had disappeared and the overprinting of paper money continued. Each sovereign power was struggling with its own monetary problems and nobody was thinking of organizing an international conference about it. Each power was trying to get the better of the others. Each big money power resolved to get something kind of victory over the others. Up to there London banking was an international service centered in London . The City, through out its gold standard free trading period had existed not for Britain but for the world. All was now changed. These countries knew all about inflation! Impossible reparation payments in gold was imposed upon the Germans and the USA was building great hopes upon the debts reckoned in gold owing to her by its war allies for munitions supplied in the common effort.


America returned to gold standard in 1919. The more the price of gold came down, the more the repayments were onerous. In 1920, the prices in USA were 247% of those in 1913. In Britain the gold standard was still in suspense and Britain was using paper money; prices were 324 % of 1913 and the pound note was at a level of inferiority (247/324) to the gold dollar. In America there was a legal restriction of credit. At the end of the year, prices were then at 42% of what they had been in the month of May, 1920. Prices remained stable up to the year 1929...In England, there was such a credit restriction with the effect that the pound, in four years from 1920, got parity with the US dollar. This involved a restraint upon the business and a gigantic transfer of wealth from the producing to the creditor classes. The people who bought War loans, for instance, received interest in pounds of more than double the purchasing value. USSR crashed its creditors completely, through inflation. Germany Austria, Poland and Hungary were forced to follow the same path and destroy their creditor class.


In the course of about eight years countries were returning to something resembling previous conditions. Every country except the USA was saddled with big external debts for war expenditure, payable in gold, and the USA was carrying a big internal debt on the same account. This was the turning point of the Power of America in its ascendance. The second world war took place, giving the maximum of power to the United States of America in a divided Europe and divided world, thus giving predominance to Washington. In this phase, 'independence' movements appeared, many helped by Washington, in order to take a hand on the most richness of the world.


Note this: these events were occurring after the help of Asia and Africa, was needed by the allies to win the war. In a sense, American economy and policy was planting a knife in the back of its allies. Then Globalisation was entirely redefined around the center of Washington, some nations being previously centered around Paris or London. Bandoeng was the occasion for certain countries, most of them attracted by USSR or others sincerely socialists countries, to thwart an impossible choice (1956). At the end of the Western Independence movement, and with the end of the Bandoeng movement (with the coup against Sukarno in 1965) and the maximum influence of America in Asia with the involvement of the USA in Vietnam at the same period we may define the end of the 'independent phase 'around 1968. The policy of 'investment' was clearly defined in Washington after the war (1947) in a formula which applied to the past 'coups de force' and 'coups d'etat' and was drawing up plans for the future after being well tested in the past.


The central notion is to protect and let live the American investment without any constraint. In case a band of syndicalists, communists, etc. is threatening the American investment, the marines have to come in, applying the uppermore force with the communists "terrorists". This led to a lot of interventions in south America, Cuba, St Domingo etc... In an actual world without communists, you replace these one with 'terrorists' and you get something alike, because terrorism is a 'image' replacing the hatred 'communists'. But in the civilized Western world you apply the notion of AMI or OMC to protect your investments against 'ugly' environmentalists. Let us go back to the colliding worlds.


The doctrine of anti communism by America ground to a slow halt in 1975 with as prelude, the visit of US President Nixon to China and the end of the bloody war in Indochina. The involvment of USSR in Afghanistan war is the occasion taken by America to ruin USSR. The American secret services are cleaned of anti communists.(1975)


Then in 1990, with no enemy in view, the USA step up their politics to manage the world. Their politics are centered around de-localisation and petroleum politics around the Caspian sea. They priviledge Turkey and they operate in helping their allies of Saudia Arabia and neutralize Iraq with the division in three military zones and constant bombings. Although the Oslo agreement (1993) no real truce or beginning of peace is taking place in Israel. The Council on Foreign Relations (CFR) is expecting a lot from this peace. The Serbian war (1990-1999) is helping the Americans to stabilize the Balkans for the profit of the muslims to get their help in the Great Middle Orient policy defined for the South of Asia. The war in Iraq (2003) Was to be decisive. Their Afghanistan offensive in 2001 following the destruction of the Twin towers was immediately successful without carrying the germs of change.


I have to insist on this last phase, the more important of Globalism. For the first time in civilization, West has taken the terrible decision to transfer not A BIT of their industrial power, but MOST of it.... Before, investments were made into the 'colonies' but the industrial heartland was kept in America and in Europe and this should have happened because of the labour cost only and maximum profit policy. On the other side in America and Europe pressure is made to make the same profit upon the back of the remaining workers. Their policy is thought about finance maximization and exploitation of the mankind. The couple of force was acting politically together with the Eurasia policy in order to get the maximum effect of CFR man Brzezinsky's policy.


The destructive effect of that policy is under our present eyes and will be worse in the years to come. I have to develop certain concepts that will help the reader to understand that the decision maker is daily confronted with walls running against him and that a choice is to be taken every time this happens.These guys are reorienting the studies in such a way they fabricate the events and give the prepared solutions. If studied in a careful way ,and they do so, and the fact of knowing the issue is giving an extraordinary power (not only in finance) to these keymen.


2005年のBilderbergミーティングの秘密の位置。

パートI - 衝突進路の上の東と西


グローバリゼーションは世紀にXX thまたはXXI thからではない。

それは世紀にXV thまたはXVI thと同じくらい古い。

グローバリゼーションにおけるすべての動きは、世界を作り直すか、コントロールのグローバルな計画または‘新世界秩序’を与えることについてであった。

舞台裏で、帝国主義はその上流階級の利益への世界、金権政治の自然な祝儀を共有していた。

そんなに多く、この世界の1つの絶対の規則を持ちたい金持ち。

この老人(世界征服と年のこの計画の古い経験)から、上流社会は、XVIIth世紀の間のイギリスの南北戦争とオランダ人に対して経済上の利点をイギリスに与えたけれども独裁者であった護国卿クロムウェルの治世の後でイギリスで立憲君主政体を取り替えるために世紀に前のXVIII thにおいてアメリカとヨーロッパの人々へのいくらかの明白な民主主義諸国を与えることを要求された。

世界の違う部分がグローバリゼーションのこのフェーズの間に接触を保っていたけれども、価値において共通の世界を具体化するどのアイデアも明白でなかった。

実のところ、地球のすべてのポイントは、ファクターを西経済に寄与することとしてヨーロッパ諸国の支配を受けた。

これらの国(例えば土地の私有のイギリス概念の賦課)中で立法において先住の関税を破壊するために、イギリスは一途であったけれども、他の西欧諸国は制限なしで彼ら自身の立法を適用していた。

1807において廃止された不名誉で、ひどく嫌った人の奴隷売買はこれらの地域の最大の生産性と競争力への重要な貢献者であった。

産業の開発によって、居留民は、ある金権政治家が競合したグローバルなシステムの中の小型独占の外で自身を彫ることを許した奥地として拘留されたけれども、この有利さは、文明のインフラストラクチャーを構築することにおいて国家にあまりにも多くを必要としていた:

植民地…の道路、ポート、学校、先生、病院、医学など。

反対の側で、これらの居留民の何人かが、兵士を、World War I.(WWIIにおけるのような)における正面に連れて来ていた。

第一次世界大戦は世界の金権政治家が内部の資本主義の矛盾から現れるのを見ている破壊的な衝突であった。

労働者担当者が戦争への入口を流通させている間、それは、衝突が起こることを手助けした。

ジーン・ジョレス、すべての労働者の間の協定に、戦争に関与しないでほしいフランス社会主義者は戦前暗殺された一方、カウツキー(ジョレスのドイツの社会主義の対応するもの)はその時の「エリート」とドイツ戦争の受容を協議した。

この戦争の結果は世界の球の中でアメリカ経済の入口であった。

イギリスがひどく弱まる間、銀行deフランスはすべてのその金準備を失った。

ドイツは経済的な破滅であり、賠償金の方針は、アメリカがドイツ経済を具体化することを手助けした。

それの例として、私達に、最初の戦争の前に、世界のすべての主要な国が金に基づいた通貨を持っていたと言わせなさい。

金本位制は摂理の大きな贈り物であった。

戦争はこの貨幣の世界主義を阻止し、解体した。

戦争の勃発の後で、いくつかの政府は金を内部循環から引き戻し、それをプリントされたお金と取り替えた。

各注は刷り重ねられた。

戦争の終わりで、実用的な貨幣の団結は消えて、紙幣の刷り重ねは続いていた。

各主権はそれ自身の財政上の問題と格闘していて、誰も、それについて国際会議を組織することを考えていなかった。

各能力は、その他に勝とうとしていた。

各大金能力は、その他に対する勝利の何か親切なものを得ると決めた。

そこまで、ロンドンバンキングはロンドンに集中した国際的なサービスであった。

英国ではなく、世界のために、その金本位制自由取引期間の外で、断つことが存在した都市。

すべては現在変更された。

これらの国はすべてインフレを知っていた!

不可能な賠償金貨払いはドイツ人に課されて、米国は金の中で彼女のため共通の努力において供給された軍需品のためにその戦争同盟国によって計算された借金の上で大きな希望を築いていた。

アメリカは1919年に金本位制に戻った。

金の価格がたくさん下がるほど、もっと、返済は煩わしかった。

1920年に、米国の価格は1913年のそれらの247%であった。

英国で、金本位制はまだ不安にあり、英国は紙幣を使っていた;

価格は1913年の324%であり、ポンド紙幣は金ドルに劣等性(247/324)のレベルにあった。

アメリカに、クレジットの法的規制があった。

年末に、価格はその時、それらが1920年5月の月にあったものの42%にあった。

価格は上でその年までの1929年安定し続けた...イギリスに、効果とのそのような信用規制があったので、囲い込みは、1920年からの4年で、米ドルによってパリティを得た。

これは仕事での抑制と生産から債権者クラスまでの富の巨大な転送に関係していた。

戦時公債(例えば購入価値の2倍より多くの囲い込みへの受け取られた興味)を買った人々。

ソ連はインフレを通して完全にその債権者を破損した。

ドイツオーストリア、ポーランド、およびハンガリーは、同じパスをたどり、それらの債権者クラスを破壊することを強制された。

約8年のコースにおいて、国は前の条件と似ている何かに戻った。

米国を除いたすべての国は、金によって支払われるべきに軍事費のために大きな外債を背負わせられて、米国は大きな内債を同じアカウントの上に運んでいた。

これはその優勢の中でアメリカのパワーの分岐点であった。

分割されたヨーロッパと分割された世界でパワーの最大をアメリカ合衆国に与えて、従って支配をワシントンに与えて、2番目の世界大戦は起こった。

このフェーズの中で、‘独立’ムーブメントは出現し、世界の最も多くの豊かさの上で手を取るために、多くはワシントンによって助けた。

これに言及しなさい:

これらのイベントはアジアとアフリカの助けの後で起こっていて、戦争に勝つために同盟国に必要であった。

ある意味において、アメリカ経済と方針はナイフをその同盟国の後ろに設置していた。

そして、世界化はワシントン(以前にパリまたはロンドンに集中しているいくつかの国家)のセンターのまわりで完全に再定義された。

バンドンは一定の国のための機会であり、不可能な選択(1956年)を妨げるために、それらのほとんどはソ連または他によって心から社会主義者国を引き付けた。

西独立運動の終わりで、およびバンドン動き(クーデター)はである(スカルノに対して1965年に)の終わり、および同じ期間のベトナムの米国の関与を持つアジアのアメリカの最大の影響によって、私達は終わりを定義することができる 独立なフェーズ'約1968 。

‘投資’の方針は、はっきりと、過去の‘クーデターde力’と‘クーデター’にあてはまった式の中の戦争(1947年)後でワシントンで定義されて、過去によくテストされた後に未来のための計画を作成していた。

中心的な観念は、どのような強制もなしでアメリカの投資を保護し、残らせることである。

サンディカリスト、共産主義者などの集団がアメリカの投資を脅かしている場合に、海兵隊員は、共産主義者「テロリスト」とuppermore力を適用して、入る必要がある。

これは南のアメリカ、キューバ、Stドミンゴなどでのたくさんの干渉を引き起こしていた。。

共産主義者のない実際の世界で、あなたはこれらのものを‘テロリスト’と取り替えて、テロが憎悪‘共産主義者’を取り替えている‘イメージ’であるので、あなたは何か同じなものを得る。

しかし、文明化した西洋の世界で、‘醜い’環境保護活動家からあなたの投資を保護するために、あなたはAMIまたはOMCの観念を適用する。

私達を衝突世界に帰らせなさい。

アメリカの近くのanti共産主義の主義は、1975年 と に前奏曲、中国への米国大統領ニクソンの訪問、およびインドシナの血まみれの戦争の終わりとして、遅い停止に接地する。

アフガニスタン戦争におけるソ連のinvolvmentは、ソ連を滅ぼすためにアメリカによって取られた機会である。

アメリカシークレットサービスはanti共産主義者.(1975年)についてきれいになる。

そして、眺め(世界を管理するそれらの政治の上の米国ステップ)における敵のない1990年に。

それらの政治はカスピ海のまわりで不ローカライズと石油の政治に集中する。

それらpriviledgeトルコとそれらは、サウディアアラビアのそれらの同盟国を助ける時に、動作し、3つの軍隊のゾーンおよび一定の爆撃の部門とイラクを中立化する。

オスロ協定(1993年)であるけれども、平和のどの現実の停戦または最初もイスラエルで起こっていない。

外交問題評議会(CFR)はこの平和からたくさんを予期している。

セルビア戦争(1990年-1999年)は、アジアの南のために定義された大きな中間東洋方針においてイスラム教徒の利益が彼らの助けを得るようにアメリカ人がバルカン諸国を安定させることを手助けしている。

イラク(2003年)の戦争は、決定的であることであった。

双子のタワーの破壊に続いている2001におけるそれらのアフガニスタン攻勢は、変化の細菌を運ばずに直接成功していた。

私は、この最終段階(世界化のより重要である)を強く主張する必要がある。

初めて、文明において、ウエストは、少しそれらの産業のパワーではなくそれのほとんどを転送するひどい決定をした…。

前に、投資は‘植民地’中にされたけれども、産業の中心地域はアメリカに、そしてヨーロッパで保持されて、これは労働コストと最大の利益方針だけのため起こるべきであった。

アメリカとヨーロッパの反対の側で、プレッシャーは、残っている労働者の後ろの同じ利益を得るために作られる。

それらの方針は人類の財政最大化と利用について考えられる。

偶力は、CFR人ブレジンスキーの方針の最大の効果を得るためにユーラシア方針とともに政治的に行動していた。

その方針の破壊的な効果は私達の現在の目の下にあり、これから来る年により悪くなるであろう。

私は、リーダが、意思決定者が毎日彼と衝突している壁と対侍し、このhappens.These男がそのような方法で研究を新しい方向に向けているので、彼らはイベントを偽造し、準備された解決策を与えるたびに、選択が、取られることになっていると理解することを手助けするであろう一定の概念を展開する必要がある。

Ifは慎重な方法で勉強し、彼らはそうし、問題を知る事実は並みはずれた能力(財政におけるでない)をこれらの要人に与えている。

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドイツ Ifo景況感指数

為替取引をやっていると、ドイツの経済指標のひとつに「Ifo景況感指数」というのを頻繁に目にすることと思います。(IFO業況指数、IFO企業景況感指数など細かい訳し方の違いはありますが・・。) Ifoとは、ドイツのミュンヘンにある有名な経済研究所(Information &

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR