FC2ブログ

パートⅡ 目標イラン

PART II - TARGET IRAN: A TERRIBLE DECISION IN A TROUBLED WORLD

In fact, these guys were calculating upon a major idea: the domination of the USA over all countries of the world and initially over all regions of the world. The world domination of American cultural values was a lure for all these people making decisions. They thought the world was intending to become one with a same mind and same sensations. The rose-smelling winds of Brzezinsky's policies were blowing upon Eurasia and the Great Middle East. Everything was going in their favor. Russia was weak and no more an Empire.


So the time was to lower all wages, moving businesses to the Far Eastern world. The last dams were open and wealth flowed from the pockets of their workers towards the rich owners. In same time than delocalising, taxes's cut were voted always in favor of the Upper Class while the mansion's funds were said not to be able to finance the boomers pension. The realty principle should led people without a job to bargain their work force. This was done under a lot of regulations, Bolkenstein's project in Europe being the bogeyman, while ordnances, regulations and sometimes votes are taken in a lot of country of Europe leading to this situation and consolidating it. In the same time, the US president was trying to force the US congress to vote laws in such a way to be applied to American workers. Steinbruck, secretary of economy of Germany (SPD- socialist) has said last week than in the future there was no more reason for the State to pay any money to people who lost their jobs and this after the socialist legislation voted against the left's people under the name of a infamous German unionist, Hartz IV. In these cases, socialists are more harder than conservatives! and more cruel.


As I already said it last year, the puppets in the European governments are dancing as their masters. (I do remember that Krotchov, former leader of USSR, was one night obliged to dance upon a table on order of Joseph Stalin, and never forgot it, but he was a communist. In place we see democratic men dancing on order of Washington, revolver being replaced by a bounty of corruption)


So, the marrionettes were doing as they were told. Enthused by the success of Brzezinky 's plans and the American plan, they followed the march to a world of full homogeinity.


On July 2, 2005 the organization of Shangai decided to oust all American forces out of Asia. After a few months, and a visit of the American Secretary of defense, Mr Donald Rumsfeld, Kyrghisistan agreed to tolerate the American presence up the moment the war in Afghanistan is finished. Neighbouring Uzbekistan has only German elements on its soil. Americans are away. Iran was given a position of observer. It is now clear than Asian Powers are accepting the role of Iran as a padlock for the entire region. And no pressures will make the organisation change its views about it.


Once the deal was understood in Washington, pressure was launched against Teheran to force this country to make the 'right' decision. Threats in disguise, etc.. Expectations were made on the vote of Rafhansdjani who is a rich man specialized in petroleum to become president. The people of Iran decided otherwise and chose the actual president who shares in common with president Bush a gloomy vision of The End of the World. One being 'inspired' by God, the other one thinking he is the 12th I man (hidden one) or Mahdi. But the choice was taken in accordance with democracy, thus a bad choice.. Once the trap was no longer working, the Iranian people chose the 'wrong' man, intelligent men should have taken the decision to change plans and even tactically moving towards discussion with the new Iranian regime. It's not what we may see. Acceptatance that the world has now multi poles is not even considered in Washington. We will see details of all this in our framework about Bilderberg 2006 hereunder, but I would like the readers to note the following:


In an analysis given to the paper "Le Monde"on January 24, 2006, Thierry de Montbrial gave the same appreciation about the 'homogenous world' and the 'heterogenous world' saying the second option seems to become the true issue of the future of the world. I detected a deep pessimism from him as he explained that the future of Iran is in the hands of ...China and Russia. As I see it Russia and China will not abandon Iran, even attacked by America or Israel. But the anguish of Therry de Montbrial could mean that a bad decision has been taken somewhere in the West. Some dates as early as 22nd March 2006 have been put forward for the US/NATO forces to attack Iran. Iran is now moving its rockets trucks everyday along the borders in place of once a week. The principle of an attack was already unveiled in December 2005 by the weekly 'Der Spiegel' and the whole NATO plan was stopped then . We will come back in the part III upon the consequences of the upperclass on our world (and theirs as well) after what they did to most of us.


What is astonishing in this story is that Mr Olivier Roy, a regular Bilderberg attendant, has wrote an article last month in the daily 'Le Monde' where he declares, that the muslim reaction about the caricatures are de facto the result of the European policy in the Middle East. The guiltiness is thus European and not a word about the US diplomacy which was indeed looking the protests as if they were innocent of all that. The idea ( with a lot of hypocrisy) of mr Roy is that, living in a dangerous Mediterranean world full of muslim terrorists will force the European to take their responsibilities in securing this world with an special force ready to intervene at any moment. As far I remember, even in the Israelian wars, never Europe was forced to send troops in the region ( after 1956, America came in the process, and since then, Europe was no more acting as a belligerant party after the independence wars in Cyprus (1964), Algiers (1962-1963), Tunisia (1956).


Now Bilderberg seem to push Europe to impose the new " Mare Nostrum" US policy for the profit of Washington, with European soldiers. Naturally will our political woodlouse's breeding conform their policy to the views of Washington.


パートII - 目標イラン:

問題の多い世界でのひどい決定

実のところ、これらの男は主要なアイデアを期待していた:

世界の諸国の上と世界のすべての地域の最初上の米国の支配。

アメリカの文化的な価値の世界征服は決定をしているすべてのこれらの人々のための魅力であった。

彼らは、世界が、同じ精神と同じ感覚を持つものになるつもりであったと思った。

Brzezinskyの方針のバラ匂い風はユーラシアと大きな中東に吹き込んでいた。

すべてはそれらの好意において行った。

ロシアは弱く、もう帝国ではなかった。

従って、時間は、ビジネスを極東の世界に移動させて、すべての賃金を下げることになっていた。

最後のダムは開いていて、富は金持ちのオーナーにそれらの労働者のポケットから流出した。

delocalisingするより同じ時間に、大邸宅の資金が、すごい奴年金に資金提供することができないといわれている間、税金ある切断は上流階級を支持していつも可決された。

不動産原則は、彼らの労働力を協定するために仕事なしで人々をすごしてするべきである。

砲、規則、および時々票がこの状況につながり、それを統合しているヨーロッパのたくさんの国で取られる間、これはヨーロッパのBolkensteinのプロジェクトがそのお化けであって、たくさんの規則の下でされた。

同じ時間に、アメリカの大統領は、アメリカ労働者に適用されるそのような方法で法律を可決することを米国議会に強制しようとしていた。

これらの場合に、社会主義者は保守主義者!よりもっとかたく、より残酷である。

私がすでに昨年それを言った時に、ヨーロッパの各国政府の中の操り人形はそれらのマスタとして踊っている。

(私は、Krotchov、ソ連の前のリーダーが、ある夜、ジョセフ・スターリンの注文の上のテーブルの上で踊ることを義務づけられていて、決して、それを忘れなかったことを覚えているけれども、彼は共産主義者であった。)

(適所に、私達はリボルバーが堕落の祝儀によって取り替えられて、民主主義の人がワシントンの注文の上で踊るのを見る)

従って、それらが言われたように、marrionettesはしていた。

Brzezinky 's計画とアメリカ・プランの成功によって血迷い、それらは完全なhomogeinityの世界に行進に続いていた。

2005年7月2日に、Shangaiの組織は、アジアの外ですべてのアメリカ軍を追い出すと決めた。

数ヶ月と防御、ドナルド・ラムズフェルトさんのアメリカ秘書の訪問の後に、Kyrghisistanは、アフガニスタンの戦争が終わる瞬間の上でアメリカ存在を許容することに合意した。

隣接しているウズベク共和国はその土の上にドイツ要素だけを持っている。

アメリカ人は不在である。

イランはオブザーバーのポジションを与えられた。

アジア能力が全体の領域のための南京錠としてイランの役割を認めているよりそれは現在クリアである。

そして、どのプレッシャーも組織にそれについてのその見方を変更させないであろう。

取り引きがワシントンで理解されていたら、プレッシャーは、‘正しい’決定をすることをこの国に強制するためにテヘランに対してスタートされた。

変装などにおける脅威。

予期は、大統領になるために石油の中で特殊化した金持ちであるRafhansdjaniの票の上でされた。

イランの人々は違った形で決めて、ブッシュ大統領と共通して、世界の終わりの陰鬱なビジョンを共有する実際の大統領を選んだ。

神による、‘引き起こされる’である1、彼が私が人員を配置する(隠れた一方)12番目であると思っている他の1、またはマハディ。

しかし、選択は民主主義、従って間違った選択に従って取られた。。

わながもう作動していなかったら、イランの人々は、‘間違った’人、聡明な人が、計画を変更し、新しいイランの政権との議論に接近して、戦術的に平らにする決定をするべきであったと決めた。

それは、私達が見るかもしれないものではない。

multiポールのため、世界が持っているAcceptatanceはワシントンで考慮されさえしない。

私達は以下にBilderberg 2006について私達の枠組の中ですべてのこれの詳細を見るけれども、私は、リーダに、以下に言及してほしい:

2006年1月24日に紙「ル・モンド」に与えられた分析において、2番目のオプションが、世界の未来の真実の問題になるようであると伝えている‘相同の世界’と‘異種性の世界’について、ティエリーde Montbrialは同じ理解を与えた。

彼が、イランの未来が...Chinaとロシアの手にあるのを説明した時に、私は彼から深い悲観主義を検出した。

私がそれを見る時に、ロシアと中国はアメリカまたはイスラエルによって攻撃されさえしたイランを捨てないであろう。

しかし、Therry de Montbrialの苦悶は、悪い決定が西欧のどこかでされていることを意味することができた。

2006年3月22日と同じくらい早いいくつかの日付は、米国/NATO軍がイランを攻撃するように出されている。

イランは1週間一度の代わりに境界に沿って毎日現在そのロケットトラックを動かしている。

攻撃の原則はすでに2005年12月に毎週の‘シュピーゲル’によって初公開されていて、NATO計画全体はその時停止した。

私達は、私達のほとんどに、それらがしたことの後の私達の世界(そしてその上それらのもの)上のupperclassの結果の上のパートIIIで戻る。

この話の中で驚かすことが、オリビエ・ロイさん、規則的なBilderberg付添人が持っていることであることであるものは、彼が宣言する毎日の‘ル・モンド’において、風刺画についてのイスラム教徒反応が事実上中東でヨーロッパ方針の結果であることを先月の記事に手紙で知らせた。

有罪は従ってヨーロッパ風で、彼らがすべてのそれに身に覚えがないかのように、実にその抗議のようであった米国外交についての言葉ではない。

テロリストが、今にも介在する用意ができている特別な力によってこの世界を守ることにおいて彼らの責任にかかることをヨーロッパに強制するであろうイスラム教徒でいっぱいの危険な地中海の世界に住んで、mrロイのアイデア(たくさんの偽善を持つ)はそれである。

同じくらい遠く、私は、決して、ヨーロッパが、1956年の後に地域(における軍を派遣することを強制されなく、アメリカがプロセスに入り、それ以来、ヨーロッパがキプロス(1964年)、アルジェ(1962年-1963年)、チュニジア(1956年)における独立戦争の後でbelligerantパーティーとしてもう作動していなかったことをIsraelian戦争においてさえ覚えている。

さて、Bilderbergは、ヨーロッパ兵士とのワシントンの利益のために新しい「領海」米国方針を課すようにヨーロッパを押すようである。

自然に、私達の政治的なワラジムシが繁殖することはそれらの方針をワシントンの眺めに対応させるであろう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR