FC2ブログ

パートⅢ ロシア

PART
III - RUSSIA


Let us have now a deeper look in the backgrounds of Russia. This point will certainly be a central point in next Bilderberg meeting.


The daily Pravda http://www.pravda.ru/ was delivering a real interesting article : "Russia may lose its military influence on borders due to NATO's expansion" on January 26, 2005. We may read:


<http://english.pravda.ru/main/18/88/354/16801_arms.html>


"The West continues to put pressure on Russia, trying to make the country withdraw its troops from potentially dangerous territories. The Russian Defense Minister Sergei Ivanov stated during his recent visit to Baku that Russia could possibly pull out from the Conventional Armed Forces in Europe Treaty (CFE). According to the minister, Russia may end its membership in the treaty if the West continues to insist on the withdrawal of the Russian military contingent from Georgia and Moldova. The USA and several European countries accuse Russia of poor execution of obligations.


The treaty to restrict conventional armed forces in Europe was signed in 1990. According to the agreement between the members of NATO and the Warsaw Treaty the document stipulated a gradual reduction of arms deployed on the indicated territory. Russia has a right to have 6,350 tanks and 11,280 armoured vehicles on its territory. This quantity is enough to react to possible external threats. The treaty was revised in 1999 when certain quotations for the deployment of arms were fixed.


The new version of the treaty is highly important for Russia. The conditions of the treaty restrict the quantity of arms in the so-called flank zone. The unstable Caucasian region of Russia is included in this territory: it is obvious that Russia should concentrate more attention and weaponry in the region. The Russian military command would like to add 400 tanks and 2,420 armoured vehicles in the flank zone.


The new version of the document, however, which settles the discrepancies, is considered null and void until it is ratified by all member-countries. For the time being, the treaty has been ratified by Russia, Kazakhstan, Belarus and Ukraine. The question regarding the regulation of the old problem was raised at the end of 2005. The Russian Minister for Foreign Affairs Sergei Lavrov stated during the OSCE summit in Ljubljana that Russia and other countries participating in the treaty could lose the control over arms in Europe if the treaty remained unratified. "I do not think that someone of us would be interested in dealing with such a turn of events," the minister said.


NATO tries to postpone the solution of the problem, reminding Russia of the current problems in Georgia and Moldova, where Russian military contingents are deployed. According to Russian official, though, the alliance does not ratify the document but continues to expand eastwards setting up more and more army bases.


Russia and Georgia managed to overcome numerous problems in May 2005 and agreed to withdraw Russian bases from Batumi and Akhalkalaki. Russia undertook to complete the process by 2008.


About 1,500 Russian servicemen are still stationed in Moldova. The question of ammunition depots, which Russia will have to destroy, is much more important, at this point. Slovenia's Minister for Foreign Affairs Dimitry Rupel criticized Russia. The official stated that he could see no excuses for the ongoing neglect of duties: "We still argue about the agreements achieved in Istanbul in 1999 regarding the withdrawal of Russian forces from Moldova," Rupel said.


NATO's growing number of members (Lithuania, Latvia, Estonia and Slovenia have recently become members of the alliance) complicates the dialogue. New members do not participate in the Treaty on the Conventional Armed Forces in Europe. NATO may soon deploy its troops in the Baltic states against the background of its movement from Central to Eastern Europe. "


As we see it, homogeneity of the world is still practiced by America and Europe. More, although the broken illusions of Mr Thierry the Montbrial, it seems than the machine is going on to the course of a collision with Russia, in the name of a Global world. I will give you an evidence of this and I ask you to pay some attention to the evidence:


"SECURITY THROUGH DIALOGUE AND CO-OPERATION "


31/01/2006, Brussels.


As Belgium is president of OSCE in 2006, an inaugural conference organized by the government AND THE ROYAL INSTITUTE FOR INTERNATIONAL RELATIONS will take place on January 31, 2006."


As the old borders doesn't exist anymore and that the European and Eurasian landscape is moving quickly, the OSCE is heavily involved in a institutional reform mechanism...the conference is organized to make OSCE a regional chief in security matters, with its state members, may adapt its role in the new environment."


The speakers will be the secretary of foreign affairs from Ukraïne, M. Borys Tarasyuk. Panels will be presided by: Mr Etienne Davignon, Président of the belgian IRRI and by the professor Jan Wouters, of the catholic university of Leuven.


  • Chair : Mr. Etienne Davignon (President, Bilderberg Group)

  • Mr. Vladimir Chizhov, Ambassador, Permanent Representative of Russia to the European Union : "Reform and New Perspectives"

  • Prof. Victor-Yves Ghebali, Institute of International Studies, Geneva : "The Ljubljana OSCE Reform Agenda: Towards Brobdignac or Lilliput ?"

  • Mr. Marc Perrin de Brichambaut, Secretary general of the OSCE Closing address: Mr. Pierre Chevalier, Special Envoy of the Chairman in Office


As you may see it, Russia will be a central question to be treated not only by the Belgian of the OSCE in 2006, but by more powerful people who favour the 'worlds in collision' option because they stand to gain from it. A lot of evil may come from this situation.


I have here above described the mechanism at work with this central and important question and the views of the one and others. It is well known but terrible fact that what the Russians say is ignored by the Western media.


パートIII - ロシア

私達にロシアの背景に現在より深い表情を持たせなさい。

このポイントは確かに次のBilderbergミーティングにおいて中心点になるであろう。

毎日のプラウダhttp://www.pravda.ru/
は現実の興味深い記事を配達していた:

2005年1月26日に、「ロシアはNATOの拡張のため境界においてその軍事的な影響力を失うかもしれない」。

私達は読むかもしれない:

<http://english.pravda.ru/main/18/88/354/16801_arms.html
>

「西欧は、国にその軍を潜在的に危険な領域から引き戻させようとして、プレッシャーをロシアにかけ続ける」。

ロシア防衛大臣セルゲイ・イワノフは、ロシアがことによるとヨーロッパ条約(CFE)における従来の軍隊から出発することができたことをバクーへの彼の最近の訪問の間に述べた。

大臣によると、西欧が、ジョージアとモルダヴィアからロシア軍隊の派遣団の撤退を強く主張し続けるならば、ロシアは条約においてそのメンバーシップを終えるかもしれない。

米国といくつかのヨーロッパ諸国は義務のために運営のまずさのロシアを告発する。

ヨーロッパで従来の軍隊を限定する条約は1990年にサインされた。

NATOとワルシャワ条約のメンバーの間の協定によると、文書は示された領域の上で展開されたアームのゆるやかな縮小を規定した。

ロシアは、その領域の上に6,350台の戦車と11,280個の装甲車を持つ権利を持っている。

この量は、可能な外部の脅威に反応するのに十分である。

アームの展開のための一定の引用が固定された時に、条約は1999年に改訂された。

条約の新バージョンはロシアのために非常に重要である。

条約の条件はいわゆる側面ゾーンでアームの量を限定する。

ロシアの不安定なコーカサス地域はこの領域に含められている:

ロシアが地域でより多くの注意と武器を集中するべきであることは明らかである。

ロシア軍事機構は、400台の戦車と2,420個の装甲車を側面ゾーンに追加したい。

それがすべてのメンバー国によって批准されるまで、不一致を落ち着かせてしかし文書の新バージョンは無効で、空であると考えられる。

当面、条約はロシア、カザフ、ベラルーシ、およびウクライナによって批准されている。

古い問題の統制についての問題は2005年の終わりに提起された。

ロシア外務大臣セルゲイ・ラブロフは、条約が批准されなくあり続けたならば、ロシアと条約に参加している他の国がヨーロッパでアームに関してのコントロールを失うことができたことをリュブリャナでのOSCEサミットの間に述べた。

「私は、私達の誰かが、そのような事態の変化を扱うことに興味をもっているであろうと思わない」と大臣は言った。

NATOは、ジョージアとモルダヴィアで現在の問題のロシアに思い出させて、問題の解決を延期しようとする(そこで、ロシア軍隊の派遣団は展開される)。

しかし、ロシア役員によると、同盟は文書を批准しないけれども、より多くの陸軍基地を設定して、東に拡大し続ける。

ロシアとジョージアは2005年5月に、どうにかしてたくさんの問題を解決し、ロシアベースをバトゥーミとAkhalkalakiから引き戻すことに合意した。

ロシアは、2008年までにプロセスを完成することを請け合った。

約1,500人のロシアサービスマンがまだモルダヴィアに配置される。

ロシアが、破壊する必要があるであろう弾薬倉庫の問題はこの時点でもっとずっと重要である。

スロベニアの外務大臣Dimitry Rupelはロシアを批判した。

役員は、彼が義務の進行中の怠慢のために弁解を全然見ることができなかったことを述べた:

「私達はまだモルダヴィアからのロシア軍の撤退について1999年にイスタンブールで達成された協定を議論する」とRupelは言った。

メンバー(リトアニア、ラトビア、エストニア、およびスロベニアは最近同盟のメンバーになった)のNATOの増加する数はダイアログを複雑にする。

新しいメンバーはヨーロッパの従来の軍隊の上の条約に参加しない。

NATOはCentralから東ヨーロッパまでのその動きを背景としてバルト諸国ですぐその軍を配備するかもしれない。

"

私達がそれを見る時に、世界の均質はまだアメリカとヨーロッパによって行われる。

マシンがグローバルな世界の名前においてロシアとの衝突のコースに進んでいるより、ティエリーさん、Montbrialの破られた幻想であるけれども多数であるようである。

私はあなたにこれの証拠を与えて、私はあなたに、証拠にいくらかの注意を払うように頼む:

「ダイアログと協力によるセキュリティ」

31/01/2006、ブリュッセル。

「ベルギーが2006年にOSCEの社長である時に、政府AND THE ROYAL INSTITUTE FOR国際関係によって編成された就任の会議は1月31日の場所、2006を取るであろう」。

「その老人のように、境界は今はもう存在していなく、ヨーロッパとユーラシアの景色が迅速に動いていて、OSCEが、会議が、その国のメンバーとセキュリティ問題においてOSCEを地域のチーフにするために団結したことである制度上の改革メカニズム…に重く巻き込まれることは新しい環境においてその役割を適応させるかもしれない」。

スピーカーはUkraine、 M. Borys Tarasyukからの外務の秘書になるであろう。

パネルについて司会する 過ぎ :

エティエンヌ・ダビニョンさん(belgian IRRIの、そしてJanのウーテルス教授による、全般的なルーフェン大学の社長)。

椅子:

エティエンヌ・ダビニョン(社長、Bilderbergグループ)さん

欧州連合へのロシアのウラジーミル・チジョフさん、大使、常任委員:

「改革と新しいパースペクティブ」

ビクター教授-イブGhebali(国際的な研究の研究所、ジュネーブ):

「リュブリャナOSCE改革課題:」

「Brobdignacまたはリリパットに?」

マーク・ペリンde Brichambautさん(OSCE閉会の辞の事務局長):

ピエール・チェヴァリアさん(オフィスの会長の特使)

あなたがそれを見てもよい時に、ロシアは、2006年のOSCEのベルギー人によってだけでなく彼らが、それから増加する可能性があるので、‘衝突における世界’オプションに賛成しているより強力な人々によって扱われる中心的な問題になるであろう。

たくさんの悪はこの状況から来るかもしれない。

私はここで上でこの中心的で、重要な問題と一方とその他の眺めによって職場でメカニズムを説明した。

ロシア人が言うことが西洋のメディアによって無視されることはよく知られているけれどもひどい事実である。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR