FC2ブログ

パートIV--開発--、近東と遠く

PART
IV - DEVELOPMENTS - NEAR EAST AND FAR


These are both non conclusive wars and Afghanistan is now demanding more and more Nato forces. To say that Europe is now embroiled in the heartland of Eurasia in the last preparations of a long, long war. A recent declaration of mr Karzai is speaking of a war of possibly ten years. This will be a Nato charge. The Great Middle East policy is now taking the straight road of failure. Mr Sharon is still incapacited and there are no big policy makers in Israel to impose some kind of peace. Hamas is the winner of 25th January elections in the Palestinian State. This may not help...In Egypt , the Muslim Brotherhood is the real winner of the last elections. In Lebanon , the Hezbollah is still keeping its weapons and sometimes using them upon Israel. Last elections in Iraq, which took a month to count, resulted in an inconclusive Shiites win.


This is not at the brink to help any democratic system. I have to say that all these countries know more about democracy than most. They all inherited parliaments from their colonisers before the Americans came.... In such a way, we may understand the despair of the State Department about this trend, where NGO money favours the rise of non democratic movements. To that, president Bush is answering that " these guys once in a parliament are obliged to accept the democratic system.". A recent declaration of Shtaransky says that: "Peace Will Only Come after Freedom and Democracy"


<http://www.meforum.org/article/666>


The Palestinians after Arafat: Democracy and Freedom from www.meforum.org


Sharansky: There is progress today in the Middle East because the most dangerous regime, that of Saddam Hussein, has been removed. Saddam Hussein's Iraq gave legitimacy to terrorist groups across the Middle East. Saddam's was a regime that used human life to break the will of the free world. That the West allowed Saddam's regime to continue to hold his people hostage for so many years, encouraged dictators and terrorists worldwide, and discouraged potential dissidents within Iraqi society. But today the situation has changed. The death of [Yasir] Arafat also creates new possibilities.


MEQ: How strong is the will for political change among the Palestinians? Sharansky: Whenever people are given an opportunity not to live in constant fear, not to live a life of doublethink, they choose freedom. If given the opportunity, the Palestinians can progress toward democracy. They have a strong middle class. They have special business opportunities in the free world. Palestinians are adroit observers of Israel and understand the functioning of democracy. The Palestinian diaspora is well educated. All of these factors provide hope for a speedier transition. There is no doubt that the change of leadership resulting from Arafat's passing creates opportunities. Whether Palestinians seize these opportunities is another question.


MEQ: In The Case for Democracy you write that "Palestinians, like every people, are capable of building a free society." Does Israel have any role or responsibility to help create the conditions for a free Palestinian society?


Sharansky: Israel has a special interest in Palestinian democracy because only with democratic development among Palestinians and in the Arab world will Israel enjoy peace and stability. We can complain as much as we want about the lack of freedom and the lack of democracy among the Palestinians and other neighbors, but we should never forget our role. Israel and other nations in the free world tried to turn a Palestinian dictatorship into a partner. Many Israeli and American policymakers thought that a Palestinian dictatorship would bring stability. We were not ready to support any form of dissent in the Arab world and among the Palestinians because we believed it would weaken the Palestinian Authority and any chance for peace. Israel, the United States, and other free nations need to realize that they can play a very positive role, but that their choices can also be harmful for democracy.


MEQ: You also wrote that free elections can only take place in an atmosphere devoid of fear and only after the basic institutions that protect a free society-such as a free press, the rule of law, independent courts, and political parties-are firmly in place. Can the Palestinian Authority elections meet these criteria?


Sharansky: We should have no illusions that the elections that will take place in January [2005] will have anything to do with democracy. Elections that are not free, that are not held in a free society have nothing to do with democracy.


MEQ: Are Palestinian elections at all worthwhile?


Sharansky: Elections are worthwhile, but casting votes in and of itself is not enough. Democracy can only start when the new leadership selected in these elections embraces reform. A lot depends on our policy. If we embrace a leadership that embraces reform, or if we refuse to give any legitimacy or support to a leadership that refuses to bring democracy and reform, then there is a serious chance for success. In the upcoming Palestinian election, different faction heads will decide the candidates in advance. Voters will not really have the freedom to express their opinions. The leadership selection has nothing to do with democracy, but it is important that this selection take place as soon as possible.


MEQ: What should happen then?


Sharansky: We should not pay too much attention to who will be the next Palestinian leader, but we should pay attention to what we demand of this leader. The first steps towards democracy will be after elections and not before.


MEQ: Is your opposition to the Gaza disengagement plan a matter of principle, or are you concerned over its practical implementation?


Sharansky: Questions of principle and practical matters are always connected for me. I was against the disengagement plan not because I believed we should stay in Gaza but because one-sided concessions could transform Gaza into a beachhead for a terrorist state. If a Palestinian democracy developed, then a Palestinian state would not be dangerous. As I said many years ago, it is very important that the depth of our concessions match the depth of democracy on the other side. If disengagement were linked to democratic reforms, I would be all for this plan. But I object to any plan that leaves territory for terror."


From that we are certain that the American administration with the help of the UE has a lot of work to do from the Palestinian mess .


As this file is still open, we may understand that it will yet figure in the agenda of Bilderberg 2006. The presence of mr Haass will be certain. After the Hamas results and the financial and political boycott which followed, we may only be certain that our political quibblers over the US domination will try to use the money donations to change the actual situation. As we see it a democratic vote is not forcibly democratic. Yet another conclusion: the Near East they were handling has become another powderkeg.


The Force of Liberty- and its opposite- Guantanamo and Abu Graïb


As last year's Bilderberg meeting had, as speakers, Mr Henry Kissinger and Anatoli Sharantsky talking about 'Expanding Freedom' This doctrine centered about the work of an NGO in central Asia has been legally blocked by the Russian Douma and the counter offensive of Moscow after the New Alliance forged inside the Shangai Organisation on July 2005 against the Zbrezinsky 'Eurasia' operation. On this occasion, Iran was invited as an Observer and will acquire this stature permanently in 2006.


What we have to understand is that this ploy has ended. More, the opening of such kind of discussion will be immediately counter balanced by the Guantanamo and Abu Graib problems with the 'rendition' program.


We may infer from that, this subject will not be open at Bilderberg 2006 because of the high potential of dissidence between Europe and USA. This will be meddled with the theme 'Russia'. As far as the complete legal resolution of Guantanamo Concentration camp is not legally solved although the demands of Angela Merkel and other Western heads, the subject could be dangerous for the 'Allies'.


Asia and China


As the defense of Taïwan is being the priority of Bush administration, China is going on with its quick rate of development. This rate demands China secure its raw material resources.


We have seen last year a lot of bilateral contracts between China and Africa countries as well as South American ones. In Africa, China is practicing the gift option, to say give a sum of money to help these countries, instead of giving under 'structural adhustment' conditions as the IMF is doing. In these conditions, African countries are willing to work with this sort of guys and China is becoming the first export destination at the detriment of France, for instance. This explain as well last year 'gift' by IMF towards commonwealth countries of Africa.


As China's sources of material and petroleum are only commercial ones, without political ideas, and that the general idea is about free trade and neo liberalism, not free-speech, nothing can be made to block the trade. Mr Snow, American secretary of the Treasury, wanted another revaluation of the Chinese Yuan. He got a big surprise: On January 7, 2006 by a declaration of the Central bank of China, written in Chinese on the bank's web site, the governor was quietly declaring that China will in the future not buy as much US dollars federal notes as it did in the past.


You may imagine the result of such declaration. Ten days after, the governor declared that it was a 'mistake' that was corrected. Let us call it an a 'friendly advice' towards the American intentions.


The fact is that today ONLY HALF of the Chinese reserves are in USD. The buyings of China plus the crisis of Iran is helping petroleum and associated material to get more expensive.




パートIV--開発--、近東と遠く

これらは両方のnon決定的な戦争であり、アフガニスタンは現在より多くのNato力を要求している。

ヨーロッパが長い、長い戦争の最後の準備において現在ユーラシアの中心地域に巻きこまれると言うには。

mrカルザイの最近の宣言はことによると10年の戦争を表している。

これはNatoチャージになるであろう。

大きな中東方針は現在故障のまっすぐな道路を通っている。

シャロンさんはまだincapacitedされて、ある種類の平和を課すイスラエルに、大きな政策立案者が全然ない。

ハマスはパレスチナ人国家の中で1月25日の選挙の勝者である。

これは助けないかもしれない...エジプトで、ムスリム同胞団は最後の選挙の現実の勝者である。

レバノンで、ヒズボラはまだその武器を保持していて、イスラエルの上で時々それらを使っている。

カウントするために、1ヶ月かかったイラクでの最後の選挙は決定的でないシーア派信徒勝利を結果として生じていた。

これは、どのような民主主義のシステムも助けるふちにない。

私は、すべてのこれらの国が最も多くよりもっと民主主義を知っていると言う必要がある。

アメリカ人が来る前に、彼らすべてはそれらの植民地開拓者から議会を引き継いだ…。

そのような方法の中で、NGOお金がnon民主主義のムーブメントの上昇に賛成している所で、私達はこの傾向について国務省の絶望を理解するかもしれない。

それに、ブッシュ大統領は、その、「これらの男は1回議会の中で、民主主義のシステムを受け入れることを義務づけられている」と答えている。。

Shtaranskyの最近の宣言は伝えている:

「平和は自由と民主主義の後に来るだけであろう」

<http://www.meforum.org/article/666
>

アラファトの後のパレスチナ人:

民主主義とwww.meforum.org
からの自由

Sharansky:

最も危険な政権、サダム・フセインのそれが取り除かれたので、中東に今日進歩がある。

サダム・フセインのイラクは中東を横切って合法性をテロリストグループに与えた。

サダムのは、自由世界の意志を壊すために、人命を使った政権であった。

西欧が、サダムの政権が、世界的にそんなに多くの年、激励された独裁者、およびテロリストの間彼の人々人質を押さえ続けることを可能にし、イラクの社会の中で潜在的な反対者を落胆させた。

しかし、今日、状況は変わった。

[ヤシール]アラファトの死はまた新しい可能性を作成する。

MEQ:

政変のための意志はパレスチナ人の間でどれほど強いか?

Sharansky:

人々が、二重思考の生活を送ることではなく絶え間ない恐怖を抱えながら暮らさない機会を与えられる時はいつでも、彼らは自由を選ぶ。

機会を与えられるならば、パレスチナ人は民主主義に進歩することができる。

彼らは強い中流階級を持っている。

彼らは自由世界に特別なビジネスチャンスを持っている。

パレスチナ人はイスラエルの器用なオブザーバーであり、民主主義の機能を理解している。

パレスチナの離散はよく教育される。

これらのファクターのすべてはより速い変遷のために希望を提供する。

アラファトが通過することに起因しているリーダーシップの変化が機会を生み出すことにちがいない。

パレスチナ人がこれらの機会をつかむかどうかは別の問題である。

MEQ:

民主主義のためのケースにおいて、あなたは、「パレスチナ人は、すべての民族のように、自由な社会を築くことが可能である」と書く。

イスラエルは、役割または自由なパレスチナの社会のために条件を作るのに役立つ責任を持っているか?

Sharansky:

パレスチナ人の間の、そしてアラブ世界意志における民主主義の開発によってだけ、ユダヤ人が平和と安定性を楽しむので、イスラエルはパレスチナの民主主義への特別な興味を持っている。

私達は、私達が自由の不足とパレスチナ人と他の隣人の間の民主主義の不足について望んでいるのと同じくらい多く不満を言うことができるけれども、私達は決して私達の役割を忘れないべきである。

イスラエルと自由世界の他の国家は、パレスチナの独裁権をパートナーに変えようとした。

多くのイスラエルのおよびアメリカの政策立案者は、パレスチナの独裁権が安定性をもたらすであろうと思った。

私達が、それが平和のためにパレスチナ自治政府とすべてのチャンスを弱めるであろうと信じたので、私達は、アラブ世界で、そしてパレスチナ人の間で意見の相違のどのようなフォームもサポートする用意ができていなかった。

イスラエル、米国、および他の自由主義国は、それらが非常にポジティブな役割を果たすことができるけれどもそれらの選択がまた民主主義のために有害であるかもしれないことに気がつく必要がある。

MEQ:

あなたはまた、自由な選挙が恐怖を欠いている大気の中で起こることができて、自由社会などを保護する基本的な組織の後だけに、出版の自由、法の支配、独立な法廷、および堅くインの政治的な党のありが置くだけであると書いた。

パレスチナ自治政府の選挙はこれらの基準を満たすことができるか?

Sharansky:

私達は、1月の[2005年]において起こるであろう選挙が、民主主義と関わりがあるであろうという思い違いを全然していないべきである。

自由でなく、自由な社会の中で行われない選挙は民主主義と関係がない。

MEQ:

いったいパレスチナの選挙はやりがいがあるか?

Sharansky:

選挙はやりがいがあるけれども、決定票であり、ひとりでに、十分でない。

これらの選挙において選ばれた新しいリーダーシップが改革を抱擁する時に、民主主義は始まることができるだけである。

たくさんは私達の方針に依存する。

私達が、改革を抱擁するリーダーシップを抱擁するならばまたは私達が、合法性を与えるか、民主主義をもたらすことを断るリーダーシップにサポートし、改良されることを断るならば、成功のための重大なチャンスがある。

近く発表されるパレスチナの選挙において、違う派閥頭は事前に候補者を決めるであろう。

有権者は、本当は、彼らの意見を表す自由を持たないであろう。

リーダーシップ選択は民主主義と関係がないけれども、この選択ができるだけ早く起こることは重要である。

MEQ:

何がその時起こるべきであるか?

Sharansky:

私達は支払うべきであるわけではない(あまりにも多くの注意が次のパレスチナのリーダーになるであろう)けれども、私達は、私達が何をこのリーダーに要求するかに注意を払うべきである。

民主主義への最初のステップは前ではなく選挙を求めるであろう。

MEQ:

ガザ解放計画へのあなたの反対は原則の問題であるか?または、あなたはその実用的なインプリメンテーションを心配するか?

Sharansky:

原則の、そして実用的な問題の問題は私のためにいつも接続される。

私が、私達がガザに滞在するべきであると信じたのでではなく不公平な譲歩がテロリスト国家のためにガザを橋頭堡に変えることができたので、私は解放計画に反対であった。

パレスチナの民主主義国が発展したならば、パレスチナ人国家は危険でないであろう。

私が何年も前に言ったように、私達の譲歩の深さが反対の側の民主主義の深さとマッチしていることは非常に重要である。

解放が民主改革と結び付いたならば、私はこの計画に大賛成であろう。

「しかし、私は、恐怖に向けて領域を出発するどのような計画にでも反対する」。

それから、私達は、UEの助けとのアメリカ管理が、パレスチナのめちゃくちゃからするたくさんの仕事を持っていると確信している。

このファイルがまだ開いているので、私達は、それがBilderberg 2006の課題においてまだ目立つであろうと理解するかもしれない。

mr Haassの存在は確実になるであろう。

続いていたハマス結果と金融の、そして政治的なボイコットの後で、私達は、米国支配の上の私達の政治的なあら探しをする人が、実情を変更するためにお金寄贈を使おうとするであろうと確信しているだけであるかもしれない。

私達がそれを見る時に、民主主義の票は強制的に民主主義でない。

また別の結論:

彼らが処理していた近東は別のpowderkegになった。

自由およびその逆グアンタナモとAbu Graibの力

昨年のBilderbergとして、新しい同盟がZbrezinsky‘ユーラシア’操作に対して2005年7月にShangai組織の中で鍛造した後に、この主義が中央アジアのNGOの仕事について集中させた‘拡大自由’について話しているスピーカー、ヘンリー・キッシンジャーさん、およびアナトリーSharantskyがモスクワの不快なロシアロシア帝国議会とカウンターによって法律上塞がれたので、ミーティングは持っていた。

この機会に、イランはオブザーバーとして招待されて、2006年に恒久的にこの高さを取得するであろう。

私達が、理解する必要があるものは、この策略が終わったことである。

もっと、そのような種類の議論のオープニングはすぐ反対に‘上演’プログラムについてのグアンタナモとAbu Graib問題によって釣り合わせられるであろう。

私達は、それから、この主題がヨーロッパと米国の間で意見の相違の高い潜在力のためBilderberg 2006で開かないであろうと推定するかもしれない。

これについて干渉する テーマ『ロシア』で 。

アンジェラ・メルケルと他の西洋の頭の要求であるけれども、グアンタナモ強制収容所の完全な法律の解像度が法律上解決されない限り、主題は‘同盟国’のために危険であるかもしれない。

アジアと中国

台湾の防御がブッシュ政権のプライオリティである時に、中国は開発のその迅速なレートを続けている。

このレートは、中国がその原料資源を確保するのを要求する。

私達は南アメリカのものと同様に中国とアフリカ国の間で昨年たくさんの双務契約を見た。

アフリカで、中国は贈り物オプションを行っていて、国際通貨基金がしているように‘構造のadhustment’条件の下で与える代わりにこれらの国を助けるために、言うことは合計金額を与える。

これらの条件において、アフリカの国はこの種類の男とともに快く働き、中国は例えばフランスの損害で最初の輸出宛先になっている。

これはその上昨年アフリカの連邦国に国際通貨基金による‘贈り物’を説明する。

ほんの商業用の1は政治的なアイデアなしで素材と石油の中国のソースとしてであり、概念が、自由スピーチではなく自由貿易とneo自由主義について、何も、貿易を妨げさせられることができないことである。

Snowさん(財務アメリカ長官)は人民元の別の再評価を望んでいた。

彼はあっと驚いた:

中国の中央銀行の宣言による2006年1月7日に、銀行のウェブサイトの上の中国語で書かれて、知事は、中国が未来に、それが過去にしたのと同じくらい多くの米ドルの連邦に注を買わないであろうということを静かに言明していた。

あなたはそのような宣言の結果を想像してもよい。

10日その後、知事は、訂正されたのが‘誤り’であったことを言明した。

私達にそれをan a と呼ばせなさい アメリカの意図への『友好的なアドバイス』 。

事実は、今日、中国の準備のONLY半分がUSDにあることである。

中国のbuyings足すイランの危機は、石油と関連した素材がより高価になることを手助けしている。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■フセイン

1980年―1988年にイラン・イラク戦争を行い、1990年にはクウェートに侵攻して多国籍軍との湾岸戦争となりました。
湾岸戦争後、アメリカを中心とした経済制裁による、国際的な孤立の中で政権を維持してきましたが、アメリカのブッシュ政権が、〈悪の枢軸〉の第1としてイラクを挙げ、2003年3月からイラク戦争を実行しました。
同年4月9日にバグダッド陥落以後は、フセインの行方は不明でしたが、12月にティクリート近郊で米軍に身柄を拘束されました。

今後、戦争のないように、世界で話し合いが持たれるよう、期待したいです。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR