FC2ブログ

パートV - 経済問題

PART
V - ECONOMIC PROBLEMS


The American way of solving its immediate economic problems was always done with a downward trend in interest rates at the long term. This has permitted to Americans to endebt themselves and go on with consumption buying. We have seen this mechanism play in 1997, 2000. Every time when the mechanism is working, Americans are able to renegotiate their debts and diminish their debt, thus be able to buy again. American landscape is a real machine to give credit to the people. This is helping people with a house to take a credit advantage upon the increase of the value of their house.


But a lot of qualified Americans are without work , due to globalization consequences of delocalisation and outsourcing.


People who are recovering a job are non qualified people for at least 70 % of the job created. Concurrence from Mexican workers and outsourcing are allowing big business to put a brake on the wages. The biggest problem in the American economy are now the commercial and payments deficits. It is commonly accepted by international bankers that if chock happens it will be fatal to the US economy. As reported by R. Leuschel, a former ING Bank guru and other sources of informations, M3 will no more be published by the Federal reserve end of March.


This is meaning that this important figure showing the real inflation will no more given to the appreciation of bankers, or stock share holders. Bernbank is possibly a 2006 guest of Bilderberg.


This could be the answer to any major event which may come. Another powder keg !


EU-US RELATIONS


Under the auspices of the 'fight against terrorism' and secret agreements taken with USA, Europe is developing special laws which undermine democracy in Europe ,as in America. The fight for democracy is now a fight towards tyranny on the two sides of the Atlantic Ocean. The whole thing is placed in a common interest towards the dominance of the upperclass on the whole Society. In Europe as in America, flows of money are coming from the poorest towards the pockets of the richest. The 'new elite' [ as Napoleon should have said it, is looking like a silken stocking, full of shit] is considering charity as inutile, as the poors. [a great thought from mr Greenspan] because the poors do not deserve charity.


In Europe and in the USA , we are slowing going toward a fight between the fierce men and the new Fascist state practizing a new kind of morale that we last saw in the Republic of Salo, 1944.


The end of communism in 1990 was the beginning of this new turn, as in 1920 in England.


A future potential powder keg, even if these societies are condemned to fascism by the richer of them.


CONCLUSIONS


As far as it is difficult to give the exact future of the discussions, I presented the important themes of this year venue ( I did not spoke about 'Energy and Oil' because a real good idea of it was given last year by Daniel Estulin, although this theme will again be debated this year with new options in nuclear development and society new options.).


As a confirmation of all this, Suez under the menace of a OPA from Enel Italy, was obliged to make an alliance with Gas de France , under the auspices of the French governement. What is spiced in this story is that France will own 34% of the shares of the new company. So the Champion of Bilderberg and of neoliberalism, mr Davignon, is obliged to work with the French State! This is certainly not amusing for him in company of Mrs Mestrallet and JP Hanssen of Electrabel. Anyway as I previous told it, the energy future in Europe will deal with atomic electricity production, and new atomic centrales. This is a certainty!.


In any case, neo liberalism has proven his mephetic role in creating a lot of poverty worldwide but keeping safe the interests of the richers. Their ambition is to rule upon us, kept as poors and slaves of their willingness. If the cake is growing enough they surely will share it between them!(As usual)


As last year, my appreciation will be subjected to the subjects of the new conference as delivered in the official Bilderberg list. Last year I was not too far from the official topics ( I forgot the non proliferation problem spoken by Therese Delpech and her ideas about the new barbarians)... But you and me know who are the new barbarians!




部分
V--経済問題


即座の経済問題がいつも利益のためにおける下落傾向で行われた解決のアメリカの方法は長期に評価します。 これはendebtへのアメリカ人自身に可能にしました、そして、消費が買われている状態で、先へ進んでください。 私たちは、このメカニズムが1997年、2000年にプレーするのを見ました。 メカニズムが動作する毎回、アメリカ人は彼らの負債を再交渉して、それらの負債を減少させて、その結果、再び買うことができます。 アメリカの風景は人々を信じる実在しているマシンです。 これは、家をもっている人々が彼らの家の価値の増加にクレジット利点を持っていくのを助けています。


しかし、多くの適任のアメリカ人が反局所化とアウトソーシングのグローバル化結果による仕事なしでいます。


仕事を回復している人々は創り出される雇用の少なくとも70%非適任の人々です。 メキシコ人の労働者とアウトソーシングからの合意で、大手は賃金にブレーキをかけていました。 現在、アメリカの経済で最も大きい問題は、コマーシャルと支払い赤字です。 国際銀行家によってくさびが起こるなら米国経済に致命的になると一般的に受け入れられます。 Leuschelと元ING Bank導師と情報の他の源、M3がそうしないR.によって報告されるように、3月の連邦政府の蓄えの終わりまでに発行されてください。


株主を銀行員、またはストックの感謝に考えて、これはそうしないこの大物が、本当のインフレーションに示す意味です。 Bernbankはことによると2006年のBilderbergの客です。


これは来るどんな主要な出来事の答えであるかもしれません。 別の火薬樽!


EU-米国の関係


'テロに対する戦い'と米国、ヨーロッパと共に取られた密約の前兆で、ヨーロッパの民主主義をひそかに害する特別法を開発するのがあります、アメリカのように。 現在、民主主義のための戦いは大西洋の2つの端における圧制に向かった戦いです。 全体のものは全体のSocietyにおける、upperclassの支配に向かった共通の利益に置かれます。 ヨーロッパでは、アメリカのように、お金の流れがポケットに向かって最も貧しい最も金持ちから来る予定です。 ナポレオンが言うべきであったようにそれは絹のストッキングで、完全であるように見えることです。'新エリート集団'、[糞] チャリティーが困窮者として無益であるとみなしています。 [mrグリーンスパンからのすばらしい考え] 困窮者がチャリティーに値しないので。


ヨーロッパと米国では、私たちが、私たちがサロ共和国、1944年に最後に見た新しい種類の士気をpractizingしに激しい男性と新しいFascist状態との戦いに向かって行きながら、遅くなっています。


1990年の共産主義の終わりはイギリスの1920のようにこの新しい回転の始まりでした。


これらの社会がそれらの、より金持ちによってファシズムに非難されるので将来の潜在的火薬樽。


結論


議論の正確な未来を与えるのが難しい限り、私はこの年の開催地の重要なテーマを提示しました(それの本当の名案が昨年ダニエルEstulinによって与えられたので、私は'エネルギーとOil'の周りでどんなスポークもしませんでした、このテーマは今年、再び核開発と社会の新しいオプションにおける新しいオプションと討論されるでしょうが。)。


このすべての確認、EnelイタリアからのOPAの脅威の下のスエズがGas deフランスとの同盟を作るのが強いられたフランスのgovernementの前兆で。 この話で趣を添えられることはフランスが新しい会社の株の34%を所有するということです。 したがって、Bilderbergと「ネオリベラル-主義」のChampion(mrダビニョン)がフランスの州と共に働くのが強いられます! 確かに、これは彼のためにMestrallet夫人の会社とElectrabelのJP Hanssenで楽しませていません。 とにかく、I前である、それ、ヨーロッパのエネルギー未来が原子電気生産、および新しい原子centralesに対処すると言われます。 これは確実性です!


どのような場合でも、新自由主義には、多くの貧困を世界中作成しますが、richersの関心を安全に保つことにおける彼の立証されたmepheticの役割があります。 私たちの彼らの意欲の困窮者と奴隷として守られた規則には彼らの野心があります。 ケーキが十分になっていると、彼らは確実にそれらの間でそれを共有するでしょう!(いつものように)


昨年として、私の感謝は公式のBilderbergリストの中を果たされるように新しい会議の対象にかけられるでしょう。 昨年、私は公式の話題からあまりに遠くにいませんでした(私はテレーズ・デルペシュによって話された非増殖問題と新しい野蛮人に関する彼女の考えを忘れました)… 私、だれが新しい野蛮人であるかを知ってください!



スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

levitra vs cialis

news

order hydrocodone

news

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

難しい・・・。。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR