FC2ブログ

マイクロチップ・ヒューマン・ズー










クライシス・オブ・

アメリカ

監督/ジョナサン・デミ  

出演/ デンゼル・ワシントン, メリル・ストリープ リーヴ・シュレイバー






『洗脳』しかも催眠術や精神的なものではなく、本気の科学的な洗脳。文字通り脳を支配し誘導や命令が出来るチップを埋め込まれる。 げげっ・・・恐い。頭蓋骨をドリルで、ウイ~~~~ン、って。 でも背中の方は噛み付いたくらいでチップが取れるって、ちょっとねえ。ピップエレキバンじゃあるまいしね

出来ればもう少し展開をスピーディーにして欲しかったかなぁ。おもしろい映画で十分にスリリングなのですが、途中何故かダルい。何度も小さくドンデン返しが繰り返されますが、小技を頻繁に出されるよりはおもいっきり「K・O!」されたいわたしです。


クライシス・オブ・アメリカ


この映画のストーリー自体は現実的にも行われている可能性がある通信機の体内への埋め込みやMC(マインドコントロール)等によって殺人を行わせ、その記憶すらも消してしまうというある巨大な組織の陰謀を描いたもので、特にストーリーが優れているといった感想はもてなかったものの、扱っている根底のテーマが重く大変に印象に残る映画です。


医学的にトラウマや精神ストレスの緩和等の効果も絶大なものだと言う事が言えると思う一方で、悪の方向で使用されたとしたら、想像しただけでもそら恐ろしい多くの現実が見えてきますね。


1962年に人気歌手フランク・シナトラが主演したジョン・フランケンハイマー監督作品




 「影なき狙撃者」 という隠れた傑作のリメイクだということです。朝鮮戦争下、ある男が洗脳され、暗殺者に仕立て上げられるというストーリーです。


  映画公開の翌年11月、ダラスで ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺事件 が起こり、犯人とされたオズワルドが、朝鮮戦争に従軍し、北朝鮮での捕虜経験があったことから、この映画との類似性が取りざたされました。このウワサに心を痛めたシナトラは映画の権利を取得し、20年以上に渡って劇場公開を封印していた、といういわくつきの作品 !!!です。











蛇足


マイクロチップでマインドコントロールや精神的苦痛を味わいさせる手法。NWO
の世界を現しているのか・。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR