FC2ブログ

新世界秩序の解釈その1

American Dissident Voices Online Radio

http://www.natvan.com/radio/radio.html


The History and Significance of the New World Order


by Scott Spencer


The author of this series, Scott Spencer, is a writer and researcher

who lives in Toronto, Canada.


Introduction


The concept and the reality of the New World Order are widely

misunderstood, even by most patriots; or perhaps I should

say, especially by most patriots. Some of this misunderstanding is

caused by the shortcomings of the patriots, but there is also

disinformation deliberately inserted by our enemies. We need an

accurate understanding of what -- and who -- we are

fighting to insure our victory.


The self-styled "patriots," the coin-sellers and quack-cure salesmen,

if given the reins of power in the United States tomorrow morning,

would either be shot dead trying to flee the country, or would be

dancing to an internationalist Jewish tune by nightfall. Most of them

want only to hawk their questionable wares. Even if they know what the

New World Order really is, they would rather have their bank

statements published than oppose it.


The Old World Order


The United States is, itself, a product of the fall of the Old World

Order. The Old World Order, as far as government is concerned, was

comprised of the Christian monarchies which ruled by "divine right"

after the fall of the Western Roman Empire in the sixth century. The

term "New World Order" pertained to an ideal world which was allegedly

to develop on the ashes of the Old Order after no powerful monarchs

ruled in Europe. The American Revolution was a relatively benign

manifestation of a revolutionary movement against that Old Order. This

movement bore its most bitter fruit in the 19th and 20th centuries.

This revolutionary movement, whatever its merits once were, has been

hijacked by the enemies of our race and nation.


The increase of chaos in 19th century Europe, brought about by the

undermining of monarchies, was offset by the growth of national

consciousness among the peoples of Europe.


The idea that the overthrow of a monarchy would always lead to

self-government of "the people" was transparently fraudulent. Powerful

Jews were often ideally positioned when the monarch fell. The Jews

were, then as now, a people unto themselves. They had their own

interests, and these interests were often antithetical to the

interests of the peoples among whom they lived.


Self-government of a people leads to nationalism and a sensitivity to

alien control of government. Consequently there was a healthy,

although grossly inadequate, reaction against Jewish power.

Nationalism is inherently hostile toward organized Jewry, and

organized Jewry is inherently hostile toward nationalism.


The French Revolution


An early milestone of the New World Order was the French Revolution.

The French monarchy, and the causes of its downfall, have been widely

and deliberately misrepresented. The truth about the French monarchy

was stated by the Scottish philosopher David Hume in 1742:


Though all kinds of government be improved in modern times, yet

monarchical government seems to have made the greatest advance to

perfection. It may now be affirmed of civilized monarchies, what

was formerly said of republics alone, that they are a government

of laws, not of men. They are susceptible of order, method, and

constancy, to a surprising degree. Property is there secure;

industry is encouraged; the arts flourish; and the prince lives

among his subjects like a father among his children.


Hume added that he saw more "sources of degeneracy" in representative

republics like that of England than in France, which he called "the

most perfect model of pure monarchy."


It is generally conceded that a conspiracy orchestrated the French

Revolution. The moderate members of the conspiracy, such as Lafayette,

were appalled at the outcome of the process they had helped to start.

Lafayette and many others had merely wanted to establish a

constitutional monarchy, but as in all revolutions, the moderates did

not determine the outcome.


But in spite of any conspiracy, Louis XVI could not have been

overthrown unless he allowed himself to be overthrown.


This may seem a peculiar thing to say, that Louis XVI allowed himself

to be overthrown, allowed his kingdom to be ruined, and subjected

himself and many others to the whim of filthy degenerates, but Louis

XVI was a liberal, much like the liberals we encounter today. He was

an enemy to his friends and a friend to his enemies. The entire French

Revolution could have been stifled on several occasions if only the

King had allowed his bodyguards and his troops to deal with the gangs

of hired ruffians in the manner they so richly deserved. But no, Louis

was a "humanitarian." In the Siege of the Tuileries the King's

own Swiss guards were brutally murdered simply because he had

forbidden them to raise their weapons, even in self-defense, against

those hired thugs whom the King naively regarded as "the people."


Louis was not a congenitally stupid man, but from childhood his head

had been filled with wrong ideas, the same kind of wrong ideas which

public schools and the mass-media impress upon us and our children

today.


The fate of Louis XVI should be a cautionary tale about the deadliness

of wrong ideas. Some wrong ideas, the "brotherhood of man," for

example, are highly infectious because they appeal to wishful

thinking; it is soothing and pleasant to think that violence,

conflict, and death are mere vestiges of an unenlightened past, and

that all unpleasantness can be avoided simply by being nice to

everyone. This mode of thinking is a deadly form of self-indulgence.


Louis XVI had far more armed forces than were needed to crush the

Revolution, but he chose not to crush it. Over one million Frenchmen,

many of whom were the best in the nation, were murdered -- as a

consequence of his "humanitarianism."


The Bolshevik Revolution


Czarist Russia was naturally a prime target of Jewish malice and

defamation, since it was the last absolute monarchy in Europe. In

addition, the government of the Czar (Czar is the Russian equivalent

of Kaiser or Caesar), more than any other government, had taken steps

to protect its people from Jewish exploitation. The Japanese victory

over Czarist Russia in 1905 was the first great blow to the confidence

of the White world; it was brought about with the financial assistance

of Jewish bankers. Czarist Russia's defeat in 1905 was part of a long

pattern of events, including numerous assassinations, attempted

assassinations, and bombings. In the end there was the bloody ritual

murder of Czar Nicholas II and most of his family.


It should be noted, however, that the Czar, like Louis XVI,

essentially permitted his own rule to be replaced. At first, it was

replaced by a republic. The republic was weak and dissolute and ended

up paving the way for a reign of terror. As in France, the better

racial elements were murdered.


The preponderance of Jewish influence in the Bolshevik Revolution is

thoroughly documented. Additionally, Zionism played a part. Zionism

is, and was, an integral aspect of the largely Jewish New World Order.

Rabbi Moses Hess, one of the primary instigators of Zionism, was a

mentor of Karl Marx.


The Destruction of Britain


Zionism contributed to the destruction of Britain as a world power.

Zionism helped to dismantle the White-dominated world of our

grandfathers, ushering in the Jews' New World Order of multiracialism,

the absolute rule of money, and cultural chaos.


In 1914 the greatest power in the White world was the British Empire.

After the First World War the alleged "victor," Great Britain, was a

second-rate power. After the Second World War, which Britain also

supposedly "won," she was a third-rate power and quickly stripped of

almost all her possessions. How was this great empire destroyed?


As a consequence of the First World War, the international Jewish

bankers raked in a huge debt. Britain in particular was ruinously

indebted. Britain's plight would not have been so grievous had the

Jewish bankers not succeeded in prolonging the war by involving the

United States. Even Winston Churchill later stated that it would have

been better if the United States had stayed out of World War I.


However, it was the moral weakness of Britain's leaders which allowed

Britain to suffer usury and to participate in that fratricidal war.

One can blame the people of Britain for having elected such leaders,

and it is the British people who have suffered because of it, but it

is an inherent feature of every democratic republic that the people

can only vote on the basis of information the controlled media give

them. It is only in retrospect that a voter can know whether he has

made a mistake. Britain has gone to its ruin quietly and obediently,

lacking a national leadership with the will to preserve the nation.


The First World War


The American people have likewise been saddled with treacherous

leadership. Neither of the World Wars, and perhaps no foreign war in

this century, has served the interests of the American people.


Jewish bankers, many of whom were influential Zionists, extorted the

Balfour Declaration from Britain. Organized Jewry promised Britain to

bring the United States into the war against Germany if, after the

war, they would be given Palestine. How were the Jews able to bring

the United States into the war? Firstly, even at that time, they owned

many newspapers in the United States which they used for pro-war

propaganda. And secondly, through Woodrow Wilson. Wilson was a

weak-willed and self-indulgent man. He was the first U.S. president to

be surrounded by Jewish "advisors" and to be thoroughly beholden to

Jewish interests.


The German Kaiser, William II, had been a great friend of the Jews and

had many Jews in his government. Jewish gratitude manifested itself

just as it always has historically -- as a stab in the back. Germany

was deserted by World Jewry the moment Britain offered the Jews a

sweeter deal: the Balfour Declaration.


The "war to make the world safe for democracy," as it was called, was

the first war explicitly propagandized as a struggle for a New World

Order. In November 1918, on the eve of the German surrender, the

"League to Enforce Peace" published a pamphlet entitled The

Foundations of a New World Order. The nominal president of the League

was former U.S. President William Howard Taft. Evidence suggests the

"League to Enforce Peace" was largely a Jewish creation. And its

Orwellian-sounding title carries the mark of one of their operations.


The New World Order and Egalitarianism


World War I was the first of the many wars in which young White men

were required to shed their blood and end their lives, not to defend

their borders from invaders, not to gain an increase in the territory

controlled by their people, and not even to enrich their national

treasury, but for abstract and allegedly "moral" purposes crafted to

increase the suckers' enthusiasm for slaughter. Thus, we had the war

"to end war" or the war "to make the world safe for democracy." In

recent times we have had a war to "restore democracy" in Kuwait and

U.S. intervention to "restore democracy" to Haiti. The pattern was set

in 1917.


The Pyrrhic victors of the First World War could not disregard the

egalitarian New World Order propaganda which they had spouted. Lothrop

Stoddard, a widely read political and social commentator in the

post-war period, wrote in The Rising Tide of Color in 1920:


During the war years the allied statesmen had officially

proclaimed times without number that the war was being fought to

establish a new world order based on such principles as the

rights of small nations, and the liberty of all peoples. These

pronouncements had been treasured and memorized throughout the

East. When, therefore, the East saw a peace settlement based,

not upon those high professions, but upon the imperialistic

secret treaties, it was fired with a moral indignation and sense

of outraged justice never known before.


The European powers, while they displayed an unlimited capacity for

treachery toward defeated Germany, whose people were certainly not

granted self-determination, did abide by their foolish feel-good

propaganda of a "New World Order" when it came to the non-White world.

Unrest by non-Whites in British and French colonies was met with

concessions, and the European empires were gradually dissolved.


It is ironic that Britain was a leading promoter of the League of

Nations and the New World Order; it perhaps lost more than

any other nation because of it. It seems less ironic if one considers

that British foreign policy was under the control of Jewish

bankers, who did not give a hoot about Britain's destiny. Once the

Britons had developed and pacified the dark continent

sufficiently for safe operation of Jewish-owned gold, copper, and

diamond mines, they were disposable. Beyond this

trail-blazing function, all those White colonists were just in the

way. And the destruction of White political power in Africa

was an explicit part of the New World Order agenda.


A collection of essays entitled "The New World Order" was published by

Oxford University Press in 1932. In the essay entitled Race Problems

in Industry and Culture, F. S. Marvin states:


Until South Africa can not only contemplate, but insist on

having, a Bantu as one of its delegation to Geneva, it has not

recognized the principle.


Marvin also advocated the admission of the non-White hordes into White

homelands. He wrote:


But there does exist a teeming population in Japan, pressing for

outlets, and hundreds of millions of Chinese . . . . India, too,

constantly increases her needy but industrious and

naturally skillful peasantry. Meanwhile the white man in

Australia, South Africa, and on the Pacific Coast [of the United

States] is maintaining in his own supposed interest the strictest

exclusion that he can arrange against the settlement of these

people in lands which he controls, and they could happily and

profitably inhabit. It is a policy untenable in the long run,

condemned alike by considerations of industry, biology, and

humanity. Let us be thankful that a League of Nations stands in

the breach, not yet to take active steps, for other more urgent

tasks are at hand, but to keep steadily before the

eyes of all parties the hopes and duties of cooperating mankind.


F.S. Marvin was a professor of history and a member of the Royal

Historical Society. It is absolutely terrifying that there have been,

and are, men who hold positions of respect who speak such idiocy.

Similarly, in more recent times, the Queen of England, in her

Christmas address of 1994, praised the recent introduction of

"democracy" to South Africa. F.S. Marvin's prescription was a

toned-down version of the tirades of lunatic abolitionists one hundred

years earlier. They said the same things because they suffered from

the same syndrome: sadomasochistic race-treason clothed in the

sanctimonious pretension of Judaic otherworldliness.


The conspiracy theorists who make so much noise about Cecil Rhodes and

say the New World Order is a British conspiracy are trafficking

information that is not only incomplete and misleading, but grossly

out of date. One of these groups is the Lyndon Larouche organization

whose leading figures appear to be mostly Jews. Similarly, it is a lie

that the New World Order -- even Communism -- is a "Russian"

phenomena. The biggest lie, however, is that the New World Order is

some sort of German or "Nazi" plot. It is primarily Jewish in origin.

"Patriots" who tell you otherwise are ill-informed or liars.




アメリカ人反対者はオンラインラジオを表明する。

http://www.natvan.com/radio/radio.html


新世界秩序の歴史と意義

スコット・スペンサーによって

このシリーズの作者、スコット・スペンサーは、トロント、カナダに住んでいる作家と研究者である。

入門

新世界秩序の概念と現実はほとんどの愛国者によってさえ広く誤解される;

または、たぶん、私は特にほとんどの愛国者によって言うべきである。

この誤解のいくらかが愛国者の欠点によって起こされるけれども、私達の敵によって意図的に挿入された意図的誤報がまたある。

私達は、私達が、私達の勝利を保証するために戦っているもの--および誰--についての正確な理解が必要である。

自称の「愛国者」、コイン売り手、およびいかさま療法のセールスマンは、明朝米国で権力を与えられるならば、国から逃げようとして、射殺されるであろうか、国際主義者に夕方までのユダヤ人曲を演じているであろう。

それらのほとんどは、それらの問題の商品を行商したいと思っているだけである。

彼らが、新世界秩序が本当に何であるかを知っていても、彼らはそれに反対するより彼らの銀行ステートメントを出版させたい。

旧世界秩序

米国は自身旧世界秩序の落下の製品である。

旧世界秩序は、政府に関する限り、6世紀に西ローマ帝国の陥落の後に「神授権」によって支配したキリスト教君主国から成っていた。

用語「新世界秩序」は、申し立てによると、どの強力な君主もヨーロッパで支配しなかった後に古い注文の灰の上で発展することになっていた理想的な世界に付随していた。

アメリカ革命はその古い注文に対して革命運動の相対的に温和な明示であった。

この動きは19世紀と20世紀にその最も苦い果実を支えた。

この革命運動、その長所がかつて何であったかは私達のレースと国家の敵によってハイジャックされている。

君主国の徐々に蝕みによって引き起こされた19世紀ヨーロッパのカオスの増加はヨーロッパの民族の間で国民の意識の成長によって相殺された。

君主国の打倒がいつも「人々」の自治に導くであろうアイデアは透明に不正であった。

君主が倒れた時に、強力なユダヤ人はしばしば理想的に置かれた。

ユダヤ人は、そして現在のため、自身に民族であった。

彼らは彼ら自身の興味を持っていて、これらの興味は、彼らが住んでいた民族の興味にしばしば対照的であった。

民族の自治はナショナリズムと政府の異なったコントロールへの敏感さをもたらしている。

その結果、ひどく不十分であるけれども、健康があった ユダヤ人のパワーに対する反応 。

ナショナリズムは組織されたユダヤ民族に本来敵対的で、組織されたユダヤ民族はナショナリズムに本来敵対的である。

フランス革命

新世界秩序の早いマイルストーンはフランス革命であった。

その転落のフランス君主政治と原因は広く、意図的に説明を誤っている。

フランス君主政治についての真実は1742におけるスコットランド哲学者デイヴィド・ヒュームによって述べられた:

まだ、君主制の政府は、 すべての種類の政府向上させ現代 最も大きい進歩を完全にしたようであるけれども、。

それは現在文明化した君主国について断言されるかもしれず、以前であったものは、彼らが人のではなく法律の政府であると共和国に関して一人で言った。

彼らは注文、方法、および恒久性が驚く程に可能である。

特性はそこで安全である;

産業は促進される;

アートは茂る;

そして、王子は彼の子供の間に父のような彼の主題の間に住んでいる。

ヒュームは、彼が、イギリスのそれのような代表する共和国の中の、フランスでより多くの(彼はそれを「純粋な君主政治の最も完全なモデル」と呼んだ)「退化の関係筋」に会ったと付け加えた。

共謀がフランス革命を統合したことは一般に認められる。

ラフィエットなどの共謀の適度なメンバーは、彼らが、始めることを手伝ったプロセスの結果にぞっとした。

ラフィエットと多くの他は、単に、立憲君主政体を設立したかったけれども、すべての革命の中のように、穏健派は結果を決定しなかった。

しかし、どのような共謀にもかかわらずも、彼が自身に、倒されることを許さない限り、ルイ16世は倒されたはずがない。

これは、倒されるために、そのルイ16世が自身で許し、彼の王国に、破滅することを許し、自身と多くの他を不潔な堕落者の出来心に服従させたと言う奇妙な物のようであるかもしれないけれども、ルイ16世は、私達が今日出会う自由主義者のような自由主義者であった。

彼は彼の友人への敵と彼の敵への友人であった。

キングだけが、彼のボディガードと彼の軍に、彼らがそんなに十分に値していた方法で雇われた悪漢の群れとやりとりすることを許したならば、フランス革命全体が何度か消されたかもしれない。

しかし、いいえ、ルイスは「人道主義」であった。

チュイルリーの包囲攻撃において、単に、彼が、キングが単純に「人々」とみなしていたそれらの雇われた暴漢に対してそれらが自衛においてさえそれらの武器を持ち上げることを禁じたので、キング自身のスイスガードは残酷に殺された。

ルイスは先天的に愚かな人ではなかったけれども、幼年期から、彼の頭は、間違ったアイデア(どの公立学校とマスメディアが今日私達と私達の子供に印象を与えるかの同じ種類の間違ったアイデア)で満たされた。

ルイ16世の運命は間違ったアイデアの致命性についての訓話であるべきである。

例えば、それらが希望的観測にアピールするので、いくつかの間違ったアイデア(「人の兄弟関係」)は非常に伝染性である;

それは気持ちが良く、暴力、衝突、および死が真相を知らない過去の単なる痕跡であり、すべての不愉快さが単にみんなに親切にすることによって避けられることができると思うために楽しい。

この考えるモードはわがままの必殺のフォームである。

ルイ16世は、革命を鎮圧することが必要であったよりずっと多くの軍隊を持っていたけれども、彼は、それを破砕しないことに決めた。

多くが国家の中で最もよかった100万人を超えるフランス人が殺された--彼の「人道主義」の結果として。

ボルシェヴィキ革命

それがヨーロッパで最後の専制君主制であったので、帝政ロシアは自然にユダヤ人悪意と中傷の主要ターゲットであった。

さらに、皇帝(旧ロシア皇帝はカイザーまたはシーザーのロシア当量である)の政府はどのような他の政府よりももっと、ユダヤ人利用からその人々を保護するために対策を講じた。

1905年の帝政ロシアに対する日本の勝利はホワイト世界の信用への最初の大きな送風であった;

それはユダヤ人の銀行家の財政援助によって引き起こされた。

たくさんの暗殺、暗殺未遂、および爆撃を含めて、1905年の帝政ロシアの敗北はイベントの長いパターンの一部であった。

最後に、旧ロシア皇帝ニコラスIIと彼の家族のほとんどの血まみれの儀礼的殺害があった。

皇帝が、ルイ16世のように、本質的に、彼自身の規則が取り替えられることを許したことはしかし有名であるべきである。

最初は、それは共和国によって取り替えられた。

共和国は弱く、放縦で、恐怖時代を可能にするのを最終的にした。

フランスののように、よりよい人種の要素は殺された。

ボルシェヴィキ革命の中のユダヤ人影響の優勢は完全に文書化される。

さらに、シオニズムは役割を果たした。

シオニズムは主としてユダヤ人新世界秩序の必須の面であり、あった。

モーゼス・ヘスユダヤ教牧師(シオニズムの主要なアジテーターの1人)はカール・マルクスの師であった。

英国の破壊

シオニズムは大国として英国の破壊に寄与していた。

シオニズムは、ユダヤ人の多民族共存、お金の絶対の規則、および文化的なカオスの新世界秩序を案内して、私達の祖父をホワイトで支配された世界から取り除くことに役立っていた。

1914年に、ホワイト世界で最も大きなパワーは大英帝国であった。

第一次世界大戦の後で、疑わしい「勝利者」、英国は二流の能力であった。

第二次世界大戦(英国はそれをまたたぶん「勝ち取った」)後に、彼女は三流の能力であり、迅速に、ほとんどすべてを彼女の所有物からはいだ。

どうこの大きな帝国は破壊されたか?

第一次世界大戦の結果として、国際的なユダヤ人の銀行家は莫大な借金においてかき集めた。

特に英国は破滅的に恩を受けていた。

ユダヤ人の銀行家が、米国に関係することによって戦争を延長することに成功しなかったならば、英国の状態はそんなに悲惨でなかったであろう。

ウィンストン・チャーチルさえ後で、米国が第一次世界大戦に関わらなかったならば、それがよりよかったであろうということを述べた。

しかし、それは、英国が高利貸しを被り、その兄弟殺しの戦争に参加することを可能にした英国の主動部の道徳的な弱さであった。

人はそのようなリーダーを選んだことで英国の人々を非難することができて、それのため苦しんだのは英国の人々であるけれども、人々が、制御媒体が彼らに与える情報に基づいて可決することができるだけののはすべての民主主義共和国の固有の機能である。

有権者が、彼が誤りを犯したかどうかを知ることができるのは追想でだけである。

英国は、国家を保存する意志によって全国的なリーダーシップを欠いてその荒廃に静かで、従順に行った。

第一次世界大戦

アメリカ人は同様に裏切った指導者をまかせられている。

世界大戦とたぶん今世紀の無対外戦争のどちらもアメリカ人の興味を提供しなかった。

多くが有力なシオニストであったユダヤ人の銀行家はバルフォア宣言を英国からゆすり取った。

戦争の後で、それらがパレスチナを与えられるならば、組織されたユダヤ民族は英国に、米国をドイツに対する戦争に至らせると約束した。

どうユダヤ人は、米国を戦争に至らせることができたか?

第一に、その時にさえ、彼らは、彼らがプロ戦争宣伝のために使った米国の多くの新聞を所有していた。

次でそしてウッドロー・ウィルソンを通して。

ウィルソンは意志薄弱で、わがままな人であった。

彼は、ユダヤ人「アドバイザー」によって取り囲まれて、ユダヤ人興味に完全に恩を受けている最初の米国の大統領であった。

ドイツ皇帝、ウィリアム2世はユダヤ人の親友であり、彼の政府の中に多くのユダヤ人を持っていた。

ちょうど、それがいつも歴史的にしたように、ユダヤ人感謝は現れた--中傷として。

ドイツは、英国がより甘い取り引きをユダヤ人に提供した瞬間に世界ユダヤ民族によって捨てられた:

バルフォア宣言。

「世界を民主主義に安全にする戦争」は、それが呼ばれたので、新世界秩序への苦闘として明示的に宣伝された最初の戦争であった。

1918年11月に、ドイツの引き渡しの前日に、「平和を強制するために同盟しなさい」は新世界秩序の財団という表題を付けられたパンフレットを出した。

リーグの名目の社長は前の米国の大統領ウィリアム・ハワード・タフトであった。

証拠は、「平和を強制するために同盟しなさい」が主としてユダヤ人作成であったのを示唆する。

そして、そのオーウェル的な観測のタイトルはそれらの操作の1回の目標を伝える。

新世界秩序と平等主義

第一次世界大戦は、若者の中で、白人が、彼らの血を流し、彼らの国庫を豊かにするためにさえ彼らの人々と戦争によってコントロールされた領域の増加を得るためではなく侵略者から彼らの境界を防御しないように彼らの人生を終えることを要求されたけれども屠殺への乳児の熱狂を増大させるために精密につくられた抽象的で、申し立てによると「道徳的である」目的に賛成であった多くの戦争の一番目であった。

従って、私達は、戦争「戦争を終える」または戦争「世界を民主主義に安全にする」を持っていた。

最近の時に、私達は、ハイチに「民主主義を回復する」ためにクウェートと米国の介入について「民主主義を回復させる」ために戦争を持っていた。

型は1917年にセットされた。

第一次世界大戦の二短音歩勝利者は、彼らが噴き出した平等主義者新世界秩序宣伝を無視することができなかった。

ロスロップ・ストダード(戦後の広く読まれた政治的で、社会的な注釈者)は1920年に色の上げ潮を書き込んだ:

戦争の間に、同盟した政治家は、戦争が、小国の権利とすべての民族の自由のような原則に基づいた新しい世界秩序を設立するためにされていたと公式にいくども宣言した。

これらの宣言は東部中で秘蔵されて、記憶されていた。

いつ、従って、東はそれらの高い職業の上でなく和平調停が基づくのを見たけれども、帝国主義的な秘密の条約の上で、それは前に決して知られていない憤慨した公正の義憤と感覚によって点火された。

ヨーロッパ列強は、破られたドイツ(その人々は確かに自決を与えられなかった)に、それらが裏切りのための無限の能力を表示した一方、白くない世界となると彼らの「新世界秩序」の愚かな満足感を与える宣伝に従った。

英国とフランスの植民地の非白人による不安は譲歩に合い、ヨーロッパ帝国は徐々に溶解した。

英国が国際連盟と新世界秩序の主要なプロモーターであったことは皮肉である;

それはたぶんそれのためどのような他の国家よりも多くを失った。

人が、英国の外交方針が、英国の運命について警笛を与えなかったユダヤ人の銀行家のコントロール下にあったと考えるならば、それはより皮肉でないようである。

ブリトン人がユダヤ人で所有された金、銅、およびダイヤの鉱山の安全な操作のために十分に暗い大陸を開発し、制圧したら、彼らは使い捨てであった。

この跡燃え立ち機能を越えて、すべてのそれらのホワイト入植者はまさに方法の中にいた。

そして、アフリカのホワイト政治権力の破壊は新世界秩序課題の明示的な一部であった。

「新世界秩序」という表題を付けられたエッセイのコレクションは1932年にオックスフォード大学出版部によって出版された。

産業と文化の中で人種問題という表題を付けられたエッセイの中で、F. S.マービンは述べる:

南アフリカが熟考するのでなく持ち(ジュネーブへのその派遣の1回としてのバンツー語)を強く主張することができるだけであるまで、それは原則を認識していなかった。

マービンはまたホワイト母国の中に白くない大群の入場を主張した。

彼は書いた:

しかし、アウトレットと数億人の中国人を迫ってあふれかえるほど多い人口が日本で存在している。

. . .

インドも、常に、彼女の貧しいけれども勤勉で、自然に熟練した小作農を増大させる。

その間、オーストラリア、南アフリカの、そして[米国の]太平洋の沿岸での白人は、彼が、彼がコントロールし、彼らが幸福で、有利に住むことができた領土のこれらの人々の解決に対して手配することができる最も厳密な除外を彼自身のそうと思われた興味において維持している。

産業、生物学、および人間性の考慮によって同様に非難されて、それは長い目で見れば支えられない方針である。

私達に、まだ、他のより至急の仕事が手近にであるのでアクティブな処置を取らないようにけれども着実にすべてのパーティーの目の前に協力人類の希望と義務を保持するために、国際連盟が違反において立っていることをありがたく思っていさせなさい。

F.S. マービンは歴史の教授と英国史学会のメンバーであった。

あり、あることは完全に恐ろしい、そのような白痴を話す敬意のポジションを保持する人。

同様に、より最近の時に、イギリス女王は、彼女の1994年のクリスマスアドレスの中で、南アフリカに「民主主義」の最近の導入を賞賛した。

F.S. マービンの規定は100年前の精神異常の廃止論者の長談義の和らげられたバージョンであった。

彼らが同じ症候群に苦しんだので、彼らは同じ事を言った:

ユダヤ人非現実性の聖人ぶる要求によって包まれたサドマゾヒズムレース反逆罪。

セシル・ローズについてそんなに多くの音を立てて、新世界秩序が英国の共謀であると言う共謀理論家は、不完全で、紛らわしいだけであるのでなくひどく時代遅れの情報で売買されている。

これらのグループの1つは、大物が、たいていユダヤ人であるようなリンドンLarouche組織である。

同様に、新世界秩序--共産主義--さえ「ロシア人」現象であることは嘘である。

しかし、最も大きな嘘は、新世界秩序がある種のドイツのまたは「ナチ」プロットであることである。

それは第一の起源におけるユダヤ人である。

違った形であなたに話す「パトリオット」は情報不足であるか、うそつきである。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■NWOは、

もしや、アメリカの原動力となっている偽の栄光?

もしや、株でこんなに儲かりましたっていうみたいな誰も引っかからないような新聞広告?

戦争でこんなに儲かりましたっていう国民向け(特に資本家)のご案内文?戦争して植民地を勝ち取れば、こんなに奴隷、奴属国は増えます。

なぁ~んてな、支持者層向けの政策?かーなり古いイデオロギー持ち出してないか?

このNWOは50年くらい前に始動したもんじゃないんだろうか?

アメリカも末期症状では?



承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR