FC2ブログ

新世界秩序の解釈その2

Hitler's New European Order


Perhaps the biggest lie on the God, country, and gold coin circuit is

that the National Socialist German government was a progenitor of

today's New World Order.


Bolshevism was viewed with great alarm by Russia's neighbor, Germany,

which now found itself flanked on one side by the Soviet Union, and on

the other by Judeo-democratic France. In the economic ruin

deliberately foisted upon Germany at the end of the First World War,

Bolshevism was a serious menace. A Judeo-Communist regime even seized

power briefly in Bavaria shortly after the war.


The liberal Weimar constitution imposed on Germany after the war was

written by Hugo Preuss, a Jew. The dominant political party of the

Weimar period was the Social Democratic Party, founded by Ferdinand

Lasalle, also a Jew.


The economic devastation of Germany under the Weimar government was

extreme. The currency became worthless. Workers were paid with

wheelbarrows full of money -- twice a day, because the depreciation

was so rapid that your money would lose half its value by nightfall.

Eventually, billion-mark postage stamps were printed, and

trillion-mark bank notes, but all had the same ultimate value: zero.

German workers and soldiers saw their savings and their future turn

into nothingness. German children starved. Jewish businessmen, during

the same period, bought ancient German estates for pocket change in

foreign currency.


The Weimar regime was a sink-pit of degeneracy, corruption, and

ugliness. Nihilistic creeds of self-destruction were made popular by

the mostly Jewish-controlled magazines and newspapers. Drug use

skyrocketed. Homosexuality suddenly became "fashionable." Modern "art"

replaced the beautiful images of the pre-1918 period. Pornography of

the grossest and most indecent kind was popularized. Marxism was

preached from university lecterns and even many church pulpits. Sound

familiar?


This was what it meant to implement the New World Order in Germany.

What followed was a powerful reaction against the New World Order. But

it was not merely a reaction. Nor was it an impractical attempt to

reinstate the Old Order, although it did preserve much of what was

good in the Old Order.


The Old Order had been based on monarchy and Christianity. Even in the

anti-monarchical United States, Christian baptism was a widespread

qualification for holding public office until the middle of 19th

century. This reliance on religion alone as the official basis of

society had made the Old Order vulnerable. Belief in Christianity had

declined, especially among more educated Europeans. Some of the best

minds of our race were resentful of the Old Order. And the reliance on

Christianity meant any racial alien could become part of the nation

simply by undergoing the ritual of baptism. For many Jews, this ritual

was meaningless. It was simply submitted to as a means to achieve

power.


In opposition to the New World Order, Hitler erected his New Order of

Europe. It had some of the characteristics of the Old Order; for

example, it preserved the nation-state and traditional morality. It

also preserved many of Old Order's trappings, such as the customary

Roman salute. But it was different from the Old Order in that it was

primarily based, not on religion, but on race.


Misinformation about National Socialist Germany


A tremendous amount of malicious dishonesty has been directed against

the memory of Hitler's New European Order. For example, there has been

an effort to manipulate Christians with the lie that Adolf Hitler was

a scourge of Christianity. In fact, Adolf Hitler received a great deal

of support from Christian clergymen, Catholic and Lutheran. Among the

smaller sects, the Seventh Day Adventist and New Apostolic churches

were among the most ardent supporters of National Socialism, long

before the party actually came to power.


Another lie is that Hitler was a member of the Thule Society. Such a

society did exist, but Hitler regarded it as an embarrassment. You may

read his opinion of its freakish "occult" characters in the last

chapter of Book I of Mein Kampf.


It is also a lie that Hitler took away the guns from the German

people. The promoters of this falsehood usually make the insinuation

by means of a verbal shell-game, in which they distort the actual

disarming of non-citizen, non-German, Jewish deportees during the war

into a fictitious disarming of the German people -- an event which

never took place under National Socialism.


The National Socialists actually relaxed the gun laws in Germany. In

fact, private ownership of guns persisted in Germany until the New

World Order forces of the Allies rolled in and confiscated guns, and

converted Germany into a brainwashed province of the New World Order.


This myth of Hitler the gun-grabber has been promoted most

vociferously by an organization calling itself "Jews for the

Preservation of Firearms Ownership." It should be clear that Jews in

general are a very biased source of information about

Hitler.


Why Is Hitler Demonized?


Hitler is accused of many things he did not do, but there is one thing

he did do. He broke the Jews' grip on Germany and restored Germany to

the German people. This fact is reflected in his popularity; during

most of his administration, Adolf Hitler was favorably regarded by

more than 90% of the German people -- a popularity which no American

President has ever matched.


Because Hitler put the interests of his own people first, and freed

them from the New World Order, World Jewry declared war on Germany in

1933. They revived essentially the same propaganda they had used

against the Kaiser. With appropriate changes, the same kind of

propaganda is used to rouse us against whoever the current enemy of

the New World Order happens to be.


Heaven forbid that our people should ever have a strong leader who

cares for our survival as a people, as Hitler cared for

Germany. That would not suit the New World Order at all!


And that is why the obsession with the democratic republic as a form

of government is a grievous error in the American patriot movement.

When the New World Order was implemented in Germany, it included the

establishment of a republican constitution in place of the monarchy.

Our political tradition in the U.S. and our public school education

lead us automatically to regard this as progress. Really, we ought not

to be so smug.


Those who make "democracy" their political ideal are, whether they

realize it or not, helping the New World Order. Our main concern about

government should not be whether it is a "big government" or a

"democratic" government, but whether it is a government which serves

us -- or serves our enemies.


It is absurd to moralize against Adolf Hitler for setting up a strong

government to preserve his people from the New World Order. It is

absurd to criticize him for not acting like a typical American

conservative -- for not using approaches that have always failed.

Conservatives always compromise; they use half-measures and try to be

nice to everyone. It is to Hitler's credit that he saw clearly what

had to be done and did it, with very little compromise. Let us no

longer make virtues of irresolution and weakness; let us no longer

moralize against success.


The New World Order Is Here Now


All of those so called "patriots," with their flag-waving and their

knee-jerk tendency to link everything bad to Hitler -- including, most

ironically, the New World Order -- have built their house on

quicksand, for it is the United States of America since 1933 which has

been the enforcer of the New World Order, and it was Germany and her

allies in World War II which defended our civilization against it.


It is customary for "patriotic" commentators to wail endlessly about

the threat of the New World Order "taking over the United States." The

New World Order is not some future threat. It rules now.


The New World Order crowd has been at the levers of power in the

United States during most of this century. They experienced a

temporary setback in the 1920s, during the Harding and Coolidge

administrations, when popular sentiment recognized that the First

World War had been a grievous error. During the 1920s immigration was

drastically reduced, and a number of Jewish subversives were even

deported. But since the Great Depression swept Franklin Roosevelt and

his retinue of Jews and Communists into power, the New World Order has

had uninterrupted control of the United States Government.

The McCarthy era marked the last important attempt to regain control

of the United States government for the American people. McCarthyism

failed because the full depth and racial nature of the problem were

not recognized and faced in a forthright manner. Most of the patriotic

efforts since McCarthy have been far more timid, far less inclined to

call a spade a spade and, as a consequence, have failed utterly.


The Scare Word "Nazi"


For telling the truth about Germany, World War II, and the New World

Order, some of the coin salesmen will no doubt call me a "nazi." Let

me say this: There has never been a government on planet Earth that

could receive unqualified endorsement from me, or probably from any

reasonable man.


Learning from history is important, and it is interesting to study

various regimes from as objective an outlook as possible. This

becomes very difficult when a government, its leader, or its people

have become demonized and turned into a metaphor for

"evil."


Another heavily-demonized regime is the Old America, which I would

define roughly as pre-1965 America, or European-America. Hardly a day

goes by that the networks or the lie-papers don't torment us with a

documentary "proving" the evil "racism" and "oppression" that were

omnipresent in the Old America. However, anyone over 40 can remember

America was freer, safer, more cultured, more prosperous, and more

optimistic then than now. Exempt from demonization, of course, are New

World Order change agents like the Marxist profligate "Martin Luther"

King and the unspeakable Franklin Roosevelt, who were doing their best

to destroy the Old America and everything it stood for. They are not

demonized, but are regarded as heroes, if not saints!


The National Socialist regime in Germany between 1933 and 1945 has

been demonized even more than the Old America. It has become a

metaphor for "evil" used by almost all political factions in the

insane asylum that still goes by the name "America."


We have the loony left accusing militias of being dangerous "nazis,"

while some right-wing "patriot" groups accuse the Clintonistas and

their enforcers of being "nazis," "fascists," "stormtroopers," etc.

"Nazi" has become a word that one attaches to any form of government

power, or rebellion against government power, that one disapproves of.

For all practical purposes, the word has ceased to have any actual

meaning.


Like the word "witch" in the 16th century, the word "nazi" still has

the power to instill fear of ostracism or punishment, so cowards of

many political stripes do all sorts of mental and verbal gymnastics to

avoid the feared appellation.


The really interesting thing to note is that National Socialist

Germany is not demonized by the establishment for its possible

faults -- but rather for one of its virtues. After all, many regimes

of yesterday -- and today -- have far less personal freedom

than was allowed citizens there. They have far less press freedom, far

more regimentation, far higher taxation, far more government

regulation, far more hostility toward their own citizens, and all the

rest of it.


The real reason, and in fact the only reason, National Socialist

Germany is demonized is the same reason that pre-1965

America is demonized: Both favored the survival of the White
race.

This is a crime that the New World Order cannot forgive.

ヒトラーの新しいヨーロッパ秩序

たぶん、神、国、および金貨回路への最も大きな嘘は、国家社会主義者ドイツ語政府が今日の新世界秩序の祖先であったことである。

ボルシェビキ主義は、今や、自身がソビエト連邦による一面の上と他の上でJudeoが民主主義のフランスによって側面に配置されていることに気付いたロシアの隣人、ドイツによって大きな不安によって見られた。

第一次世界大戦の終わりにドイツに意図的に押し付けられた経済的な破滅において、ボルシェビキ主義は重大な脅迫であった。

Judeo共産主義者政権は戦争の少し後でババリアで簡単にパワーをつかみさえした。

戦争がヒューゴ・プロイス、ユダヤ人によって書かれた後に、寛大なワイマール構成はドイツをだました。

フェルディナンドLasalle、ユダヤ人もによって設立されて、ワイマール期間の支配的な政党は社会民主党であった。

ワイマール政府の下のドイツの経済の荒廃は過激であった。

通貨は無価値になった。

労働者はお金でいっぱいの手押し車によって支払われた--減価償却がとても急速であったので、あなたのお金は夕方のために半分のその価値を損するであろうということによる1日に倍。

結局、10億マーク郵便切手はプリントされて、1兆マークの紙幣であったけれども、すべては同じ究極の価値を持っていた:

0。

ドイツ労働者と兵士は彼らの貯金と彼らの未来の順番を死に鋸でひく。

ドイツ子供は飢えた。

ユダヤ人の実業家は、同じ期間の間に、外貨のポケット釣銭で古代のドイツ地所を買った。

ワイマール政権は退化、堕落、および醜さの流し台ピットであった。

自滅のニヒリスティックな教義はたいていユダヤ人でコントロールされた雑誌と新聞によってポピュラーにされた。

薬使用は急騰した。

同性愛は突然「ファッショナブルである」になった。

現代の「アート」はpre-1918期間の美しいイメージを取り替えた。

最も大まかで、最も無作法な種類のポルノは大衆化した。

マルクス主義は大学聖書台と多くの教会説教壇さえから説かれた。

熟知して聞こえる?

これは、ドイツで新世界秩序を実施するために、それが何を言おうとしていたかであった。

あとは新世界秩序に対して強力な反応であった。

しかし、それは単に反応ではなかった。

そしてまた、それは、それが、古い注文を得意としていたものの多くを保存したけれども古い注文を修復する非現実的な試みではなかった。

古い注文は君主政治とキリスト教に基づいた。

19世紀の半ばまで反君主制の米国、クリスチャンの洗礼にさえもっている官庁のための広範囲に及んだ資格があった。

社会の公式な基礎としての宗教だけのこの信頼は古い注文を無防備にした。

キリスト教における信念はより多くの教育されたヨーロッパ人の特に間で傾いていた。

私達のレースの最もよい精神のいくつかが古い注文に憤慨していた。

そして、キリスト教の信頼は、どのような人種のエイリアンでも、単に、洗礼の儀式を受けることによって国家の一部になるかもしれないのを意味していた。

多くのユダヤ人にとって、この儀式は無意味であった。

それは、パワーを達成する方法として単に服従した。

新世界秩序に反対して、ヒトラーは彼のヨーロッパの新オーダーを組み立てた。

それは古い注文の特徴のいくつかを持っていた;

例えば、それは民族国家と伝統的な道徳を保存した。

それはまた通例のローマのお辞儀などの古い注文の装飾の多くを保存した。

しかし、それが第一に宗教にではなくレースに基づくという点で、それは古い注文と違った。

国家社会主義者ドイツについての誤った情報

ものすごい量の悪意に満ちた不正直さはヒトラーの新しいヨーロッパ人Orderのメモリーに向けられている。

例えば、アドルフ・ヒトラーがであった嘘によってキリスト教徒を処理する努力があった キリスト教のむち 。

実のところ、アドルフ・ヒトラーはキリスト教牧師、カトリック教徒、およびルター派信者からたくさんのサポートを受け取った。

より小さなセクトの間に、パーティーが実際政権を握るずっと前に、キリスト再臨論者の、そして新しい使徒の教会は国家社会主義の最も熱心な支持者の間にあった。

別の嘘は、ヒトラーがツーレ協会のメンバーであったことである。

そのような社会は存在していたけれども、ヒトラーはそれを妨げとみなしていた。

あなたはMeinカンプの本Iの最後の章の中で彼のその異常な「オカルト」文字についての意見を読んでもよい。

ヒトラーがドイツ人々から銃を取り除いたことはまた嘘である。

この虚言のプロモーターは通常言葉のいかさまによってあてこすりをする(それにおいて、彼らはドイツ人々の架空の解除の中に戦争中に非市民、非ドイツ語、ユダヤ人の被追放者の実際の解除をゆがめる)--決して、国家社会主義の下で起こらなかったイベント。

国家社会主義者は、実際、ドイツで銃の法律をリラックスさせた。

実のところ、同盟国の新世界秩序力がロールインし、銃を没収し、ドイツを新世界秩序の意識改革した州に変換するまで、銃の私有はドイツで持続した。

ヒトラー、銃ひったくりのこの神話は自身を「火器所有権の保存のためのユダヤ人」と呼んでいる組織によってとても大声で促進されている。

一般のユダヤ人がヒトラーについてのまさしくその偏っている情報源であることはクリアであるべきである。

なぜヒトラーは悪魔化されるか?

ヒトラーは、彼がしなかった多くの事のために告発されるけれども、彼がした1つの事がある。

彼はドイツのユダヤ人の把握を壊し、ドイツ人々にドイツを回復した。

この事実は彼の人気において反映される;

彼の管理のほとんどの間に、アドルフ・ヒトラーは90%を超えるドイツ人々によって好意的に考慮に入れられていた--どのアメリカンプレジデントもこれまでにマッチしていたことがない人気。

ヒトラーが最初に彼自身の人々の興味を置き、彼らを新世界秩序から解放したので、世界ユダヤ民族は中でドイツに宣戦布告した。

1933年. 彼らは、彼らが皇帝に対して使ったのと同じ宣伝を本質的に復活させた。

適切な変化によって、同じ種類の宣伝は、新世界秩序の現在の敵が、偶然ある誰に対してでも私達を起こすために使われる。

天国は、私達の人々が、これまで、ヒトラーがドイツを好んだ時に、民族として私達の生存者を世話する強いリーダーを持つことを禁じる。

それは全く新世界秩序に適さないであろう!

そして、そんなわけで、政府の形態としての民主主義共和国についての妄想はアメリカの愛国者動きにおいて重大な誤りである。

新世界秩序がドイツで実施された時に、それは君主政治の代わりに共和政体の設立を含んだ。

米国の私達の政治的な伝統と私達の公立学校教育のために、私達は自動的に、これを進歩とみなす気になる。

本当は、私達はそんなに取りすましているべきでない。

「民主主義」をそれらの政治的理想にする人々は、彼らがそれを実現するかどうかにかかわらず、新世界秩序を助けている。

それが「大きな政府」または「民主的な」政府であるかどうかにかかわらずけれどもそれが、私達を提供する政府であるかどうかにかかわらず、政府についての私達の主な関心事はそうであるべきでない--または、私達の敵に奉仕する。

彼の人々を新世界秩序から保護するために強い政府の上で設定のためにアドルフ・ヒトラーに対して道徳的に考察することは不合理である。

典型的なアメリカ保守主義者のように作動しないことについて彼を批判することは不合理である--いつも失敗したアプローチを使わないため。

保守主義者はいつも妥協する;

彼らは中途半端なやり方を使い、みんなに親切にしようとする。

彼が、何が、される必要があったか、そしてほとんどない妥協案によってそれをしたかをはっきりとわかったのはの称賛に値する。

私達にもう優柔不断さと弱さの長所を作らないようにさせなさい;

私達に成功に対してもう道徳的に考察しないようにさせなさい。

新世界秩序は現在ここにある。

新世界秩序の執行者であった1933以来、それがアメリカ合衆国であり、それから私達の文明を防御した第二次世界大戦において、それがドイツと彼女の同盟者であったので、彼らの旗振りと悪いすべてを、ヒトラー--とても皮肉にも新世界秩序を含める--と結び付ける彼らの反射的な傾向によって「愛国者」とそう呼ばれたそれらのすべては流砂の上で彼らの家を建てた。

「愛国的な」注釈者が新世界秩序の脅威について「米国の上の取り」と無限に泣き叫ぶことは習慣である。

新世界秩序はある未来の脅威ではない。

それは現在支配する。

新世界秩序群衆は今世紀のほとんどの間に米国のパワーのレバーにいた。

国民感情が、第一次世界大戦が重大な誤りであったと認めていた時に、彼らはハーディングとクーリッジの管理の間に1920年代に一時的な挫折した。

1920間に、移住は大幅に減らされて、多くのユダヤ人の破壊活動分子は追放されさえした。

しかし、大恐慌がパワーの中にフランクリン・ルーズベルトと彼のユダヤ人と共産主義者の随員を掃除して以来、新世界秩序は米国政府の絶え間ないコントロールを持っていた。

マッカーシー時代は、アメリカ人のために米国政府のコントロールを取り戻す最後の重要な試みをマークした。

問題の完全な深さと人種の自然がまっすぐな方法で認められていて、直面していなかったので、マッカーシズムは失敗した。

マッカーシー以来の愛国的な成果のほとんどはもっとずっと臆病で、ずっと少なく、はっきり言う傾向があり、結果として、完全に故障した。

恐怖感Word「ナチ」

ドイツ、第二次世界大戦、および新世界秩序について真実に話すために、コインのセールスマンの何人かが確かに私を「ナチ主義信奉者」と呼ぶであろう。

私にこれを言わせなさい:

私からまたはたぶんすべての理性的な人から無条件の支持を得ることができた地球の上に一度も政府があったことがない。

歴史から学ぶことは重要で、可能な限りの目的の展望から様々な政権を勉強することは興味深い。

政府、そのリーダー、またはその人々が「悪い」のために悪魔化されて、隠喩に変った時に、これは非常に難しくなる。

別の重く悪魔化された政権は、私が乱暴にpre-1965アメリカまたはヨーロッパアメリカと定義するであろう古いアメリカである。

ほとんど、1日はネットワークにそれによって行かないか、嘘書類は、古いアメリカで遍在した悪い「人種差別」と「抑圧」を「証明している」ドキュメンタリーのために私達をいじめない。

しかし、40上の誰でも、アメリカがその時現在より自由で、より安全で、より文化的で、より繁栄していて、より楽観的であったことを思い出すことができる。

もちろん、古いアメリカとそれが表していたすべてを破壊するためにベストをつくしていたマルクス主義者の浪費した「マルティン・ルター」キングと極度の郷士ルーズベルトのような新世界秩序変革推進者は悪魔化を免除されている。

それらは悪魔化されないけれども、聖人でないにしてもヒーローとみなされている!

1933年と1945年の間のドイツの全国的な社会主義政権は古いアメリカよりいっそうもっと悪魔化されている。

それは、まだ、名前の「アメリカ」によって行く精神病院のほとんどすべての政治的な派閥によって使われた「悪い」のために隠喩になった。

私達は危険な「ナチ主義信奉者」であったことで民兵組織を告発している狂気の左を持っている一方、いくつかの右翼の「愛国者」グループは「ナチ主義信奉者」、「ファシスト」、「stormtroopers」などであったことでClintonistasと彼らの執行者を告発する。

「ナチ」は、人が、人が反対する政府パワーに対する政府パワーまたは謀反のどのようなフォームにでも付属させる言葉になった。

実際的には、言葉は、どのような実際の意味でも持つことを止めた。

16世紀の言葉「魔女」、言葉「ナチ主義信奉者」がまだ、陶片追放または処罰に対する恐怖を教え込むパワーを持っているように、そう、恐れられている名称を避けるために、多くの政治的な縞の臆病者はすべての種類の精神的で、言葉の体操をする。

注目する本当に興味深い物は、国家社会主義者ドイツがその可能な障害のために設立によって悪魔化されないことである--むしろけれどもその長所の1つのために。

結局、昨日--および今日--の多くの政権は、市民をそこに与えられたよりずっと個人的でない自由を持っている。

彼らはずっと少ない報道の自由、ずっとより多くの編成、ずっと高い課税、ずっと多くの政府規制、彼ら自身の市民へのずっとより多くの敵意、およびそれのすべてのその他を持っている。

現実の理由および実際、唯一の理由、全国社会党員ドイツが悪魔化されて、同じ理由そのpre-1965である

アメリカは悪魔化される:

両方は白色人種の生き残りに賛成していた。

これは、新世界秩序が許すことができない犯罪である。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR