FC2ブログ

新世界秩序の解釈その3

Resistance to the New World Order


The modern resistance to the New World Order may be regarded as having

begun early in this century, when alarm over the blood soaked

Bolshevik Revolution -- and its adherents in this country -- began to

grow.


Literally hundreds of nationalist, anti-Communist, and patriotic

societies and organizations have arisen, prospered, and fallen

in the past 80 years. Some of them achieved national recognition and

had many thousands of members and supporters. Some names you would

recognize, such as the America First Committee and the John Birch

Society. Some may be familiar to you from their current shortwave and

satellite radio broadcasts. While some of these organizations have

made small fortunes, both by selling quack cures (for disease and for

subversion) and by selling overpriced precious metals; they have all

failed to halt the advance of the New World Order.


Why Opposition Has Failed


This failure can be attributed to the fact that the "patriots"

themselves accept a large part of New World Order doctrine.

They accept the idea of "rights" inherent in all beings arguably

human, regardless of race, creed, color, sexual preference,

etc., etc. -- until you gag. As long as such nonsense is enshrined as

"sacred truth," the failure will continue.


The doctrine "all men are created equal" is one such sacred cow. It

must be repudiated by patriots, for in five short words it exemplifies

New World Order ideology.


Its origin lies in the 18th century philosophy of the Enlightenment,

which first enshrined the ideas of 1) basic human equality, and 2)

rights which inhere in every human being equally regardless of the

worth or attainments of that human being.


The American Revolution may have merely adopted some of the notions of

the Enlightenment, such as "all men are created equal," simply because

these were fashionable ideas at the time which were conducive to

revolution.


The Declaration of Independence incorporates the very unfortunate

statement, the only statement from that document which the public

schools and the Jewish-controlled media have made sure that we know by

heart: "We hold these truths to be self-evident, that all men are

created equal . . ." Now, it is obvious to almost everyone that

individual human beings are not born equal to each other. On the face

of it, Thomas Jefferson's statement is blatantly, and even

embarrassingly, untrue. Jefferson himself later advocated repatriation

of Blacks to Africa. This may give us some insight into his more

mature and considered views. Unfortunately however, he did write that

phrase.


During the Enlightenment, leading philosophers such as John Locke and

Jean Jacques Rousseau seriously argued that everyone was born mentally

identical. Locke's term for the condition of the mind at birth was

tabula rasa, Latin for "blank slate." Racial differences were thought

to be due to environmental influence over the course of just a few

generations. These fallacies, part of the intellectual universe in

which Thomas Jefferson lived, were overturned in the nineteenth

century. Many scientists, including Charles Darwin, began making

discoveries that showed human equality was a myth. Darwin dealt a

death blow to the superstitions of the Enlightenment by providing

evidence that man was part of the animal kingdom in which all are

clearly not created equal.


Darwin wrote that men are not tabulae rasae; human motivations and

emotions are based on instincts. These are at least partially

hereditary, and differ from one race to another. More recently,

mainstream psychology has largely acknowledged that the

characteristics of the mind are largely hereditary, although the

Politically Correct adherents of the Boas school still

argue the point.


Science should have utterly dispelled the belief that all men are

created equal, but unfortunately, because it is a piece of cant

which has been enshrined on a holy relic of the United States it has

continued to distort thinking. The Declaration of Independence was not

regarded as a holy relic until about the 1840s, when it was put on

display in the National Portrait Gallery, at the urging of Daniel

Webster.


When "Martin Luther" King Jr. spoke in Washington, DC, in 1963, he

used the words in the Declaration as if they were a debt instrument.

He said, 'you claim to believe this; you must act accordingly.'

(Perhaps his Jewish and Communist associate, Stanley Levison, had

something to do with it.) It is a dramatic illustration of the latent

destructive power of wrong ideas.


The Declaration of Independence, with enthronement of Judaic

egalitarian dogma, has been a millstone around the neck of

the American people. It has provided powerful rhetorical ammunition

for egalitarian dogmatists. Yet, since it is one of the founding

documents of the United States, the average American does not feel

that it would be safe to say that the words of the Declaration are

obviously not literally true -- although he may know this perfectly

well. Thus the average American is intimidated into endorsing the

fundamental premise of the New World Order, "all men are created

equal."


The Constitution of the United States is on an altogether higher

level. We are indeed fortunate to have the rights which the

Constitution expresses, but that piece of paper did not create them.

These rights are part of the Anglo Saxon tradition and spring from the

soul of our branch of the White race. The republican form of

government has hardly existed outside of the White world (except in

name) because it presupposes a self-discipline and independence of

thought which are characteristic primarily of our race. When the

republican form is transplanted to Africa or Asia, it simply does not

work the same way. Witness Liberia. Witness the Philippines.


Secret Societies, etc.


It is not without some trepidation that I set out to discuss obscure

conspiratorial aspects of the New World Order; it is a

subject on which our enemies do not mind having patriots focus. The

very obscurity of the subject makes misrepresentation

easy, and the distance of such conspiracies from everyday life

suggests that there is nothing that an ordinary person can do to

resist. Some people who call themselves patriots have become so

wrapped up in fantasies that the most obvious facts have

escaped their notice: the fact, for example, that multiracialism is

the centerpiece of the New World Order.


Many secret societies have been heavily influenced by Cabalism -- a

system of esoteric theory and "magic" developed by rabbis from the 7th

to 13th centuries. "Illumination" is an important term in Cabalism,

hence the series of Jewish-led organizations calling themselves

Illuminati or Illuminated Ones. The Freemasons are one of the secret

societies which have been influenced both by Jews and by Cabalism.

With Illuminism and Freemasonry, the Jews essentially resumed the

ancient Jewish practice of multiplying their own power by

proselytizing Gentiles.


We may note in passing the continuing Jewish involvement in New Age

cults, all of which, for some reason or other, seem to have "equality"

and "brotherhood" and "One World" as central themes. The credulous

followers of these cults are thus hoodwinked, like the Masons, into

advancing the Jewish agenda in the name of a spurious humanitarianism

with a small, or large, helping of "spiritual" gobbledygook thrown in.




It is customary among patriot commentators, eager to stay marginally

on the Jews' good side, to point to some Gentile stooge as an excuse

to avoid implicating the Jews. The so-called Jewish "patriots" can

also be counted on to do this. The fact that these essentially Jewish

organizations try to ensnare Gentile stooges is not at all surprising

in light of Isaiah 61, which states:


???? Aliens shall stand and feed your flocks, foreigners shall be your

???? plowmen and vine dressers; but you shall be called the priests of

???? the Lord, men shall speak of you as the ministers of our God; you

???? shall eat the wealth of nations, and in their riches you shall

???? glory.


Jews often recruit Gentiles to be their "plowmen and vine dressers,"

or some equivalent thereof.


Grand Orient Freemasonry and quasi-Masonic secret societies such as

Adam Weishaupt's Order of Illuminati had an important role in inciting

the French Revolution. The Grand Orient Lodge of Freemasonry,

notorious for being Jewish-controlled, horrified Europe by ordering

that Louis XVI be executed.


Jewish writer Max Dimont states in Jews, God, and History that there

was an addition to Cabalism in the 16th century, which has significant

implications:


???? A new metaphysical philosophy was injected into Cabalism in the

???? sixteenth century by one of the great Cabalistic scholars, Isaac

???? Luria (1534-1572), known as Ari, 'the lion.' Luria held that all

???? matter and thought evolved through a three stage cycle: tzimtzum,

???? literally 'contraction' or thesis; shevirat hakeilim, literally

???? 'breaking of the vessels' or antithesis; and tikkun, literally

???? 'restoration' or synthesis.


That last Hebrew term, tikkun, you have heard before: It is the name

of Rabbi Michael Lerner's Jewish magazine. It was Rabbi Lerner who was

the spiritual advisor of First Lady Hillary Clinton. It was Rabbi

Lerner who put the words "politics of meaning" into her mouth.


Also notable is Jacob Frank, a Jew and the leader of the Frankists.

They also called themselves the "Illuminated." This group

was part of what is called the "Jewish Reformation," which also

included Hasidic Judaism. Jewish writer, Norman F. Cantor,

states in The Sacred Chain: the History of the Jews:


???? Central to Frank's doctrine, and practiced by him and some of his

???? followers, was the legitimacy of sexual promiscuity based on the

???? assumption, from Cabalistic derivation, that sexual activity was

???? a form of cosmic healing, unifying the spiritual and material

???? realms.


The "free love" advocated and practiced by Jacob Frank and his ilk was

echoed in the French Revolution, in the Bolshevik Revolution, in the

radical abolitionist movement of the American Civil War era, and in

the hippie movement of the 60s.


Abolitionism


Perhaps the most destructive movement in American history was radical

abolitionism. This movement was comprised of a tiny minority of

lunatics and degenerates, who somehow made enough noise that they

succeeded in having America's racial identity officially destroyed.


Few of those involved were Jews themselves, but they represent an

example of the Jewish "ideals" of universal human equality, which are

vended to the gullible.


The general character of the abolitionists is suggested by a memoir of

Henry B. Stanton, who attended a convention of abolitionists in

Boston:


???? There was a representative array on the front seats, near the

???? platform. First was Garrison, his countenance calling to mind the

???? pictures of the prophet Isaiah in a rapt mood; next was the fine

???? Roman head of Wendell Phillips; at his right was Father Lampson,

???? so called, a crazy loon -- his hair and flowing beard as white as

???? the driven snow. He was the inventor of the valuable

???? scythe-snath, and invariably carried a snath in his hand. His

???? forte was selling his wares on secular days and disturbing

???? religious meetings on Sunday. Next to Lampson sat

???? Edmund Quincy, high born and wealthy, the son of the famous

???? President Quincy [of Harvard]. Next to Quincy was Abigail Folsom,

??? another lunatic, with a shock of unkempt hair reaching down to her

???? waist. At her right was George W. Mellen, clad in the military

???? costume of the Revolution, and fancying himself to be General

???? Washington, because he was named after him. Poor Mellen died in

???? an asylum.


Another prominent figure in Radical Abolitionism was Victoria

Woodhull, who was also a feminist, an occultist, and a

Communist. Stanton continues:


???? As if her time did not pass spectacularly enough, Victoria

???? Woodhull organized an American section of the International

???? Workingmen's Association [the First Communist International]. In

???? this endeavor her chief ally was William West . . . Their section

???? of the International advocated woman's suffrage and sexual

???? freedom as well as Stephen Pearl Andrews' pet theories of

???? universal language and "pantarchical" order."


These flakes were an embarrassment even to the Marxists. In the

interests of party orthodoxy, Victoria Woodhull's section was expelled

from the party when Marx relocated the center of World Communism from

London to New York City in 1872.


In 1863 Henry C. Wright published The Self-Abnegationist, which was a

reaction against the findings of Charles Darwin vis a vis the

implications for man. Wright defined self-abnegation in these terms:

"Suffer rather than inflict suffering; die, rather than kill."


He further explains:


???? Self-preservation, at the expense of others, is condemned by

???? universal consciousness . . . . Let any man, whatever be his

???? moral or intellectual development, fully understand the meaning

???? of self-abnegation and then enter into the sacred and silent

???? depths of his own soul, and he will find this to be an abiding

???? law of his nature, to which he will find his heaven in being

???? obedient.


Mainstream historian Lewis Perry states that there was behind radical

abolitionism a religious movement called "Perfectionism," which is

"the quest for perfect holiness and the idea that such perfection

might be immediately possible." Perry further states:


???? Perfectionist ideas permeated the major denominations and

???? inspired a variety of shockingly radical splinter movements. It

???? was possible for those who deemed their personal sanctification

???? to be perfect to attack the practices of institutional churches

???? and hold themselves to new standards of morality. Rumors of

???? sexual promiscuity particularly haunted the career of

???? perfectionism in upstate New York. John Humphrey Noyes

???? proceeded from the development of perfectionist religious

???? theories to preach common marriage among the saints, a belief

???? which, as practiced by Noyes and his followers at the Oneida

???? Community, was popularly referred to as "free love." Though free

???? love and the disruption of churches were of course widely

???? condemned, it was difficult for the evangelical orthodoxy to

???? distinguish its basic perfectionist beliefs from those of

???? scandalous radicals.


The combination of the term "perfectionism" with the advocacy of

sexual promiscuity is a suggestive parallel to Jewish Cabalism. Adam

Weishaupt's Order of the Illuminati was also known as the

Perfektibilisten. We return to Perry:


???? The most notorious perfectionist was John Humphrey Noyes. Noyes

???? had been brought up as an orthodox New Englander and educated in

???? the 'New Divinity' at Yale." After a meeting with abolitionist

???? leader William Lloyd Garrison, Noyes announced that he had

???? retracted his allegiance to the United States government and now

???? championed the claim of Jesus Christ to the throne of the world.

???? He depicted the government as a fat libertine flogging Negroes

???? and torturing Indians. . . . "My hope of the millennium," he

???? wrote, "begins where Dr. Beecher's expires -- viz, at the

???? overthrow of this nation."


James Russell Lowell, a prominent abolitionist, explicitly advocated

race-mixing, on the grounds that mulatto offspring would be more

submissive -- more "Christian" -- than the White race. He wrote:


???? We have never had any doubt that the African race was intended to

???? introduce a new element of civilization, and that the Caucasian

???? would be benefited greatly by an infusion of its gentler and less

???? selfish qualities. The Caucasian mind, which always seeks to

???? govern, at whatever cost, can never come to so beautiful or

???? Christian a height of civilization, as with a mixture of those

???? seemingly humble, but truly more noble, qualities which teach it

???? to obey.


Abolitionist Henry C. Wright stated in 1857 what would become the

actual agenda of the Reconstruction period:


???? A baptism of blood awaits the slave holder and his abettors. So

???? be it. The retribution is just. Must the slave holders become the

???? slaves of those whom they have enslaved? History answers "Yes."

???? If slavery goes down in blood, the conquered will be the bondsmen

???? and bondswomen of the conquerors; for the practical teaching of

???? Church and State is, that might makes the right to enslave. Bid

???? American slave holders beware! Their turn may come, will come,

???? must come, to be bought and sold as brutes, and to have their

???? wives and daughters consigned? to the Negro's harem, unless they

???? willingly and penitently let their slaves go free.


It should be noted that, aside from the grotesque dream of forced

miscegenation, Wright's vision is not essentially different

from that of Karl Marx; it was an axiom of Marxist anarchism that

workers were in fact slaves, who would one day change

places with their masters.


Marxism: Illuminism Reincarnate


Karl Marx, though he disclaimed the Jewish religion, was the

descendent of a long line of rabbis. Both his father and mother

were Jews. His father, Heinrich, a well-to-do lawyer who was a dutiful

follower of the Enlightenment philosophers, was faced with a choice of

being baptized or giving up his profession. He chose the former.


Karl Marx had no mystical pretensions whatsoever; he called his

ideology "dialectical materialism," incorporating a semblance of the

Hegelian philosophy which was the popular, mainstream philosophy of

that time.


One often hears patriotic broadcasters refer vaguely to "the Hegelian

dialectic," as if Hegelianism itself were a tool of conspiracy. In

fact, Karl Marx and Friedrich Engels both stated repeatedly that the

Hegelian dialectic, as espoused by Hegel, was not and could not be an

instrument of conspiracy. I consider it important to exonerate Hegel

because it appears as part of a general knee-jerk tendency to dump on

the Germans whenever possible so as to appease the real perpetrators

of the New World Order, the Jews.

新世界秩序への抵抗

新世界秩序への現代の抵抗は今世紀に早く始まったこととみなされているかもしれず、血の上のアラームが浸った時に、ボルシェヴィキ革命--およびこの国のその支持者--は、成長しはじめた。

文字どおりに、数百の国家主義で、反共産主義の、そして愛国的な社会と組織は生じて、繁栄し、この80年で落ちた。

彼らの何人かが全国的な認識を達成し、多くの数千人のメンバーとサポーターを持っていた。

あなたがアメリカ優先委員会とジョンバーチ協会など認めるであろういくつかの名前。

いくつかがそれらの現在の短波と衛星のラジオ放送からあなたに熟知されているかもしれない。

これらの組織のいくつかが、いかさま療法を売却すること(堕落のために、そして転覆のために)によって、そして高値をつけすぎられた貴金属を売ることによってかなりの額を成したのに対して;

彼らは、すべて、新世界秩序の進歩を停止させることに失敗した。

なぜ、反対は失敗した。

この故障は、「愛国者」自身が新世界秩序主義の大部分を受け入れるという事実に起因することができる。

彼らはレース、教義、色、性的な好みなどなどを問わず間違いない人のすべての生き物の中で固有の「権利」のアイデアを受け入れる--あなたがギャグを使うまで。

そのようなナンセンスが「神聖な真実」として祭られる限り、故障は続くであろう。

主義「すべての人は平等に造られる」は1匹のそのような聖牛である。

短い5語において、それが新世界秩序イデオロギーを例証するので、それは愛国者によって拒否されなければならない。

その起源は、最初に、その人間の価値または達成を問わず等しくすべての人間の中で本来備わる1つの)基本的な人平等と2つの)権利のアイデアを祭った18世紀の啓蒙思潮にある。

単に、革命に貢献していた時に、これらがファッショナブルなアイデアであったので、アメリカ革命は、単に、「すべての人は平等に造られる」などの教化の観念のいくつかを採用したかもしれない。

独立宣言は、非常に不運なステートメント、公立学校とユダヤ人でコントロールされたメディアが、私達が暗記していることを確かめたその文書からの唯一のステートメントを含んでいる:

「私達はこれらの真理を、自明であると考えていて、すべての人が平等に造られる」。

.

"."

さて、個々の人間が互いに同等の人として誕生しないことはほとんどみんなに明らかである。

一見したところ、トーマス・ジェファーソンのステートメントは騒々しく、厄介にさえ真実でない。

ジェファーソン自身は後でアフリカに黒人の本国送還を主張した。

これは私達に彼のより円熟し、考慮された見解へのいくらかの洞察を与えるかもしれない。

しかし、あいにく、彼はそのフレーズを書いた。

教化の間に、ジョン・ロックとジャン・ジャック・ルソーなどの主要な哲学者は、誰もが同一に精神的に誕生したと重大に主張した。

誕生の精神の条件のためのロックの用語は白紙であった、「白紙」のためのラテン語。

人種の違いは、ほんの数世代のコースへの環境の影響によると考えられた。

これらの誤った考え(トーマス・ジェファーソンが住んでいた知的な宇宙の一部)は19世紀に転覆した。

チャールズ・ダーウィンを含む多くの科学者は、人の平等が神話であったのを示した発見をしはじめた。

人が、すべてがはっきりと平等に造られない動物界の一部であったという証拠を提供することによって、ダーウィンは教化の迷信に死打撃を与えた。

ダーウィンは、人が白紙ではないと書いた;

人の動機づけと感情は本能に基づく。

これらは少なくとも部分的に遺伝的で、別のものに一方のレースと異なる。

より最近、主流心理学は、主として、ボア学校の政治的に正しい支持者がまだポイントを議論するけれども、精神の特徴が主として遺伝的であると認めた。

科学は、完全に、すべての人が平等に造られるという確信を追い散らすべきであったけれども、あいにく、それが、米国の神聖な遺物の上で祭られている隠語であるので、それは、考察をゆがめ続けた。

それがダニエル・ウェブスターの督促でナショナル・ポートレート・ギャラリーのディスプレイに置かれた時に、独立宣言は約1840年代まで神聖な遺物とみなされていなかった。

「マルティン・ルター」キングJr.が1963年にワシントン、DCで話した時に、それらが債券類であるかのように、彼は宣言において言葉を使った。

彼は、‘あなたは、これを信じると主張する;’と言った。

‘あなたはそれに応じて行動しなければならない’。

(たぶん、彼のユダヤ人と共産主義の仲間、スタンレーLevisonはそれと関係があった。)

それは間違ったアイデアの潜在的な破壊力の劇的な実例である。

独立宣言は、ユダヤ人平等主義者教義の即位によって、アメリカ人の首のまわりで重荷であった。

それは平等主義者独断家に強力な修辞学の弾薬を提供した。

それでも、それが米国の設立文書の1つであるので、平均的なアメリカ人は、宣言の言葉が文字どおりに明らかに真実でないと言うことが安全であろうと思わない--彼がよく完全にこれを知っているかもしれないけれども。

従って、平均的なアメリカ人は、新世界秩序(「すべての人は平等に造られる」)の根本的な前提を承認することに威嚇される。

米国の憲法はまったくより高いレベルの上にある。

私達は、実に、憲法が表現する権利を持つとは幸運であるけれども、その紙切れはそれらを作成しなかった。

これらの権利は英ザクセン人伝統の一部であり、私達の白色人種の支店の魂から湧き出る。

それが、第一である私達のレースに特有な考えの自己訓練と独立を前提とするので、政府の共和党の形態はホワイト世界(名前におけるを除いた)外にほとんど存在していなかった。

共和党のフォームがアフリカまたはアジアに移植される時に、それは単に同じ方法で作動しない。

リベリアに立ち会いなさい。

フィリピンに立ち会いなさい。

秘密結社など

私が、新世界秩序の不明瞭な共謀の面を議論することを試みたのはいくらかの恐怖なしでではない;

それは、私達の敵が、愛国者フォーカスを持つのを気にしない主題である。

主題のまさしくその無名状態は誤伝を容易にし、日常生活からのそのような共謀の距離は、普通の人が抵抗するためにすることができることが何もないことを示唆する。

自身を愛国者と呼ぶ何人かの人々はファンタジーの中でとても包まれたので、最も明らかな事実は彼らが見落とした:

事実、例えばその多民族共存は新世界秩序の中心飾りである。

多くの秘密結社はカバラ主義によって重く影響されている--7番目から13世紀にユダヤ教牧師によって展開された難解な理論と「魔法」のシステム。

カバラ主義、自身を啓蒙主義者または照明されたものと呼んでいるそれゆえユダヤ人で先導された組織一連の中で「照明」は重要な用語である。

フリーメーソン会員は、ユダヤ人によって、そしてカバラ主義によって影響されている秘密結社のひとりである。

イルミニズムとフリーメーソンによって、ユダヤ人は本質的に、異教徒を改宗させることを彼ら自身のパワーに乗算する古代のユダヤ人実行を再開した。

私達は、ニューエイジカルトにおける継続するユダヤ人関与をついでに言うかもしれない(それのすべては、何らかの理由で、中心テーマとしての「平等」と「兄弟関係」と「一方の世界」を持つようである)。

これらのカルトの信じやすい追従者は、従って、参加された「スピリチュアルな」難解な役所言葉の少ないか、大きな杯を持つ偽の人道主義の名前においてユダヤ人課題を進める中に石工のように騙される。

ユダヤ人を巻き込むのを避ける口実としてあるジェンティーレ引立て役を指し示すことはユダヤ人のよい側の上でわずかに滞在に熱望している愛国者注釈者の間で習慣である。

いわゆるユダヤ人「愛国者」は、また、これをすることを期待されることができる。

これらの本質的なユダヤ人の組織が、ジェンティーレ引立て役をわなに掛けようとするという事実は全くイザヤ61を考慮して驚くべきでない(それは述べる):

エイリアンはあなたの群れを我慢し、供給することとし、外国人はあなたの農夫とぶどうの木ドレッサーになることとする;

しかし、あなたは神の聖職者と呼ばれることとし、人は私達の神の大臣としてあなたについて話すこととする;

あなたは国家の富を食べて、それらの富において、あなたは喜ぶことにしよう。

それの彼らの「農夫とぶどうの木ドレッサー」またはある当量であるために、ユダヤ人はしばしば異教徒を募集する。

フランス革命をけしかけることにおいて、雄大な東洋フリーメーソンとアダム・ワイスハウプトの啓蒙主義者の注文などの準フリーメーソン秘密結社は重要な役割を持っていた。

ルイ16世が処刑されるように命じることによって、ユダヤ人でコントロールされるために有名なフリーメーソンの雄大な東洋ロッジにヨーロッパは怖がった。

ユダヤ人の作家マックス・ディモントは、16世紀にカバラ主義への追加分があったことをユダヤ人、神、および歴史の中で述べる(それは重要な意味を持っている):

新しい形而上学はアリ、‘ライオン’として知られている偉大な神秘的な学者、アイザック・ルリア(1534-1572)の1人によってカバラ主義に16世紀に注入された。

ルリアは3つの段階サイクルを通して発展したそのすべての物質と考えを持っていた:

tzimtzum(文字どおりの‘収縮’または主題);

shevirat hakeilim(文字どおりの‘容器の壊れ’またはアンチテーゼ);

そしてtikkun(文字どおりの‘復元’または統合)。

その最後のヘブライ語期間、tikkun、あなたに前に聞こえた:

それはマイケル・ラーナー・ユダヤ教牧師のユダヤ人雑誌の名前である。

ファーストレディ ヒラリー・クリントンの精神的なアドバイザーであったのはラーナーユダヤ教牧師であった。

言葉「意味の政治」を彼女の口に入れたのはラーナーユダヤ教牧師であった。

また、名士はジェイコブ・フランク、ユダヤ人、およびFrankistsのリーダーである。

彼らはまた自身を、「照明される」と呼んだ。

このグループは、いわゆる「ユダヤ人改正」(それはまたハシッドのユダヤ教を含んだ)の一部であった。

ユダヤ人の作家、ノルマン人F.カンターは神聖なチェーンの中で述べる:

ユダヤ人の歴史:

フランクの主義に中心的で、彼と彼の追従者の何人かによって行われて、性的な混乱の合法性は、スピリチュアルで、物質的な領域を統合して、性的行為が宇宙の癒しのフォームであったという神秘的な派生からの仮定に基づいた。

ジェイコブ・フランクと彼の同類によって主張されて、行われた「自由恋愛」はフランス革命の中、ボルシェヴィキ革命の中で、アメリカ南北戦争時代の根本的な奴隷解放運動において、そして60年代のヒッピー動きにおいて反復された。

廃止論

たぶん、アメリカの歴史において最も破壊的な動きは根本的な廃止論であった。

この動きは、何とかして、公式に破壊されたアメリカの人種のアイデンティティを持つことにおいて、彼らが成功した十分な音を立てた精神異常者と堕落者のごく少ない少数派から成っていた。

関係しているそれらのほとんどは自身でユダヤ人ではなかったけれども、彼らは、一般的な人の平等の(それは騙されやすいものに行商される)ユダヤ人「理想」の例を表している。

廃止論者の一般的な文字は、ボストンで廃止論者の会議に出席したヘンリーB.スタントンの回想録によって示唆される:

プラットフォームの近くに前の座席の上に代表する配列があった。

第一に、ギャリソン(没頭した気分において予言者イザヤの写真に注意を払うために訪問する彼の表情)であった;

次はウェンデル・フィリップスの素晴らしいローマ頭であった;

父ランプソンが彼の右にいたこととそう呼びかけたこと、クレージーな怠け者--動かされた雪と同じくらい白い彼の毛と流れあごひげ。

彼は貴重大鎌大鎌の柄の発明者であり、常に、彼の手で大鎌の柄をもっていた。

彼の得意は現世の日に彼の商品を売っていて、日曜日に宗教のミーティングを妨害していた。

ランプソンの座ったエドマンド・クインシー、誕生し、裕福な最高水準、[ハーバードの]有名な大統領クインシーの息子の隣。

ウエストまで届いている乱れた髪のショックによってアビゲイル・フォルサム、別の精神異常者はクインシーの隣であった。

彼が彼にちなんで名付けられたので、彼女の右に、革命の軍隊の衣装の中で装っていて、一般的なワシントンであるためにうぬぼれているジョージW.メレンがあった。

気の毒なメレンは保護施設で死んだ。

根本的な廃止論の中の別の著名人は、また、フェミニスト、オカルト主義者、および共産主義者であったヴィクトリア・ウッドハルであった。

スタントンは続いている:

彼女の時間が十分に壮観に過ぎていなかったかのように、ヴィクトリア・ウッドハルは国際労働者協会の[最初の共産党インターナショナル]のアメリカセクションを組織した。

この努力において、彼女の主要な同盟者はウィリアム・ウエストであった。

.

.

「国際のそれらのセクションはスティーブン・パール・アンドリュースの世界共通語と「pantarchicalな」注文の得意の持論と同様に女性の選挙権と性的な自由を主張した」。

これらの薄片はマルクス主義者へのさえ妨げであった。

パーティー正統性のために、マルクスが1872においてロンドンからニューヨーク市までの世界の共産主義のセンターを再配置した時に、ヴィクトリア・ウッドハルのセクションはパーティーから排出された。

1863年に、ヘンリーC.ライトはセルフAbnegationistを出版した。それはチャールズ・ダーウィン力の発見に対する反応であった 力 人のための意味 。

ライトはこれらの用語で自己否定を定義した:

「苦しみを与えるというよりも被っていなさい;」

「殺すというよりも死になさい」。

彼はさらに説明する:

自己保存は、他のものの犠牲において、一般的な意識によって非難される。

. . .

どのような人 何 be 彼の道徳的なまたは知的な開発 に自己否定の意味を完全に理解させて、それから、彼自身の魂の神聖なおよび静かな深さに立ち入りなさい。彼は、これを、彼が彼の天国 従順である を発見する彼の性質の期待法律であると気付く。

主流歴史家ルイス・ペリーは、宗教のムーブメントが、「完全主義」(それは、「完全な神聖さとそのような完璧さが直接可能であるかもしれないというアイデアの探求」である)と呼んだ背中過激派廃止論があったことを述べる。

ペリーはさらに述べる:

完全主義のアイデアは主要な名称に浸透し、さまざまな衝撃的に根本的な破片ムーブメントを引き起こした。

それらのパーソナルを神聖化と考えていた人々が、制度上の教会の習慣を攻撃し、自身で道徳の新しい標準を固守するために完全であることは可能であった。

性的な混乱の噂は特に州北部のニューヨークで完全主義のキャリアにつきまとった。

聖人(オナイダ共同村でノイズと彼の追従者によって行われるので、一般に「自由恋愛」と称された信念)の間で共通の結婚を説くために、ジョン・ハンフリー・ノイズは完全主義の宗教の理論の開発から生じた。

自由恋愛と教会の分裂がもちろん広く非難されたけれども、福音の正統性がその基本的な完全主義の信念を中傷的な過激派のそれらと区別することは難しかった。

性的な混乱の弁護を持つ用語「完全主義」の組み合わせはユダヤ人カバラ主義との示唆的な平行線である。

アダム・ワイスハウプトの啓蒙主義者の注文はPerfektibilistenとしてまた知られていた。

私達はペリーに戻る:

最も有名な完全主義者はジョン・ハンフリー・ノイズであった。

「ノイズは正統のニューイングランドの人として育てられて、‘新しい神性’においてエールで教育を受けた」。

廃止論者リーダー ウィリアム・ロイド・ギャリソンとのミーティングの後で、ノイズは、彼が米国政府に彼の忠誠を撤回し、世界の王位に今イエス・キリストの主張を擁護したことを発表した。

黒人をむち打っていて、インド人を拷問している太った道薬者として彼は政府を描き出した。

. . .

「ビーチャー博士のが死ぬ所で、私のミレニアムの希望は始まる--すなわちこの国家の打倒で」と彼は書いた。

そのムラート子孫が白色人種より服従的--より多くの「クリスチャン」--であろう理由で、ジェイムズ・ラッセル・ローウェル、突出した廃止論者は明示的にレース混合を主張した。

彼は書いた:

私達は、一度も、アフリカレースが、文明の新しい要素を導入することを意図していたという、そしてコーカサスのものがそのより優しく、より利己的でない品質の満たしによって大いに役立たれているであろうというどのような疑念も持ったことがない。

いつも、制御することにどのようなコストででも努めるコーカサス精神は、決して、従うことをそれに教えるそれらの一見したところ控えめであるけれども本当により高潔な品質の混合物によってと同じくらい美しいか、キリスト教の文明の高さに来ることができない。

ヘンリーC.ライト廃止論者は、何が再建期間の実際の課題になるであろうかを1857において述べた:

血の洗礼はスレーブホルダーと彼の扇動者を待つ。

そういうのならそうだろう。

罰は正しい。

スレーブホルダーは、彼らが奴隷にした人々のスレーブにならなければならないか?

歴史は「はい」と答える。

奴隷制度が血の中で降りるならば、征服されたものは征服者の保証人と女奴隷になるであろう;

教会と国家の実習教育がそうであるので、その勢力は、奴隷にする権利を作る。

アメリカスレーブホルダーに用心するように命令しなさい!

彼らの順番は来るかもしれず、来るであろうし、彼らが進んで、悔い改めて彼らのスレーブを自由にならせない限り、獣として買われて、売られるためとそれらの妻と娘を黒人のハーレムに引き渡させるために、来なければならない。

強制された人種混交のグロテスクな夢は別として、ライトのビジョンが本質的にカール・マルクスのそれと違わないことは注目されるべきである;

労働者が実のところ、ある日彼らのマスタと席を交換するであろう奴隷であったことはマルクス主義者アナーキズムの公理であった。

マルクス主義:

イルミニズム再生

カール・マルクスは、彼がユダヤ人の宗派を否認したけれども、ユダヤ教牧師の長いラインの下降したものであった。

彼の父と母の両方はユダヤ人であった。

彼の父(ハインリヒ(教化哲学者の従順な追従者であった裕福な弁護士))は洗礼を施されるか、彼の職業を放棄している選択に直面していた。

彼は前者を選んだ。

カール・マルクスは全く神秘主義的な権利を全然持っていなかった;

その時間のポピュラーで、主流の哲学であったヘーゲル哲学哲学の外観を含んで、彼は彼のイデオロギーを「弁証法的唯物論」と呼んだ。

ヘーゲル哲学自身が共謀のツールであるかのように、人はしばしば愛国的なアナウンサーが漠然として「ヘーゲル弁証法」を参照するのを聞く。

実のところ、カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスはヘーゲル弁証法が、ヘーゲルによって支持されるので、そうではなく、共謀の機器であるはずがないことを繰り返し述べた。

新世界秩序の現実の犯人、ユダヤ人をなだめるように可能である時はいつでもドイツ人にダンピングする一般的な反射的な傾向の一部として、それが出現するので、私はそれを、ヘーゲルを解放するために重要であると考える。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR