FC2ブログ

新世界秩序の解釈その4

The Political Spectrum



In recent years, when the term Conservative has been redefined to mean

laissez faire -- a meaning it never had before -- it has become the

fashion among the historically myopic to redefine the terms "right"

and "left" in politics. They claim that the left stands for "more

government" and that the right stands for "less government," that

Communism is the extreme of the left and Anarchy the extreme of the

right. This conception of the political spectrum is a false one.

Historically, Marxism has embraced both Communism and Anarchism. The

Anarchists of 100 years ago, such as Alexander Birkman and "Red Emma"

Goldman, were called "Reds," and they were indeed Marxists who used

the familiar Marxist slogans. On the ostensible premise that society

makes men bad, the Marxist ideal is precisely the elimination of all

government, and of all other social barriers -- the same ideal which

Adam Weishaupt espoused. The real motive behind this abhorrence of

social barriers is simply the Jews' desire to recreate our society in

their own image, so that they will have a free hand to engage in

power-seeking activities without the barriers that traditional White

societies imposed on them. They would like to freely engage in all the

abhorrent practices which emanate from the Jewish soul and are

condoned by their Jewish lawbook, the Talmud.



Perhaps it is clear now why laissez faire is so widely touted by Jews

like Milton Friedman and Ayn Rand. Laissez faire and Marxism are not

the opposites that most of our people assume them to be. Marxism

actually goes farther than laissez faire, advocating a never-never

land in which there is no government whatsoever.



The Captain of the Chicago Police, Michael J. Schaack, stated in his

1889 book Anarchy and Anarchists: a History of the Red Terror and the

Social Revolution in America and Europe:



???? It [anarchism] is founded upon the teachings of Karl Marx and his

??? disciples, and it aims directly at the complete destruction of

??? all forms of government and religion. It offers no solution of

??? the problems which will arise when society, as we understand it,

??? shall disappear, but contents itself with declaring that the duty

??? at hand is tearing down; that the work of building up must come

??? later.



When one considers that anarchism is, in fact, laissez faire carried a

step farther, it becomes apparent that Marxism and the beloved laissez

faire doctrine of today's so-called Conservatives are intimately

related. The two philosophies are in fact striving toward the same

impossible goal: a world without any constraints or conflict, and with

plenty for everyone. The salient element in Marxism and laissez faire

is the drive to abolish the constraints and the order of healthy White

society. The bribe which these Jewish doctrines offer to their Gentile

adherents is a license for self-indulgence In the name of laissez

faire, our millionaires justify stabbing American workingmen in the

back by importing workers from the non-White world. And under Marxist

inspiration, the so-called "civil rights" movement was organized. Now,

it is obvious that the so-called "civil rights" movement resulted in

less freedom for White people, but it has on the whole, by its

destruction of communities and social norms, increased the level of

anarchy, in the sense of chaos, in our society.



Furthermore, although it did produce an expansion of government, the

really significant thing is that the government has been perverted.

The big government we have today is distinctly anti-White and is

pernicious in ways that a pro-White government of equal proportions

would not be. Indeed if an equally powerful state had been organized

for the purpose of fighting off the enemies of our race, perhaps we

would not have been conquered by infiltration as we have been today.



Big Government



Any people which is at war will necessarily have a big government, and

that is true whether the enemy is internal or external. The reason why

our enemies, the enemies of our race, have built up a big government

is that they have marked us, racially conscious White men and women

(and really all White people) as enemies in our own land. Big

government has been built up to wage war against us. Should we ever

gain control of the seat of power, any scruples about using "big

government" against our enemies will be a disaster, a snatching of

defeat from the jaws of victory. The redefinition of "conservative" to

mean "laissez faire" would be crippling at the very brink of victory.

A government in the hands of White patriots will have to be a

powerful government if it is to correct all the damage that has been

done by the current anti-White regime.



So the question of left and right is not a question of more or less

government. The original "rightists," were supporting the big

government (for its time) of Louis XVI, and the original "leftists"

like Weishaupt advocated anarchy. But anarchism is always

a transitional ideology; anarchy is a power-vacuum, and Nature abhors

a vacuum. Ultimately, the question is whether we will live in a

society ordered according to the character of our own race or

according to the demands of that vastly different Middle Eastern race.





This anti-government attitude among patriots is understandable,

because in the United States our experiences with big government are

almost all bad. Really big government in the U.S. began with Franklin

Roosevelt. In the U.S., more government has always meant more racially

destructive policies. This is simply because of the malevolent entity

which controls our government. A government that is truly of, by, and

for our people would not be of that nature, so the axiom that

big government is bad government would not necessarily apply.



The crucial question about government is whether it is run by and for

our people, or whether it is run by and for the enemies of our people.





Recruiting America as a Partner in the New World Order



Today in the United States both political parties are universalist,

and both see man as a mainly economic entity. They share

these characteristics with Marxism. The only valid alternative, the

only true antithesis to the New World Order, is a society based on

race. Only by establishing a race-based society can America and the

civilization of the West survive. Only by establishing a race-based

community can we begin to defeat the New World Order.



The last time America was culturally healthy was in the 1920s.

Internationalism had been repudiated. The First World War had been

recognized as a grievous mistake, and America's leaders were committed

to keeping America out of any such future catastrophes. Eugenics as a

national policy seemed entirely possible for the United States of the

1920s.



The last healthy epoch of America's existence was overturned by the

Great Depression. The abrupt stock-market crash which heralded the

Depression did not take the leaders of Jewry by surprise. Some have

argued that the Jews used their control of credit through the Federal

Reserve System, which they had in place from the days of their puppet

Woodrow Wilson, to engineer the stock-market crash. Regardless of

whether the Jews caused the crash, manipulated it, or merely had

inside knowledge of it; evidence suggests that Bernard Baruch (an

extremely wealthy Jewish speculator who had been one of the Jewish

string pullers behind Wilson and virtual economic czar during World

War I), knew exactly when the crash was coming. He abruptly pulled all

his money out of stocks only a few days before the stock market crash,

over the protests of his broker. After the crash, leading Jews were

able to buy up American industry for practically nothing.



It is an old saw that money is the mother's milk of political

campaigns. With their vastly increased share of the American pie,

and with a smear campaign, the Jews were able to blame Herbert Hoover

for the depression and replace him with their puppet Roosevelt, who

had run as a Conservative but governed as a Marxist socialist and did

not let the Constitution get in his way. Roosevelt was also notorious

for stocking the executive branch with large numbers of Communists and

Jews; many of whom remained for decades.



When Germany dispossessed the Jews, who had robbed them on a scale far

more massive than in the United States, the Jews wanted revenge. Along

the way, the Jews killed several birds with one stone. In order to

discredit the eugenics movement which still had proponents in the

United States, the Jews involved America in what amounted to a war

against eugenics. It is said that a war makes any cause sacred, and

the Second World War made the cause of doing the Jews'

bidding sacred in this country. This false religion remains in place

to this day.



The Cold War Era



At the end of the Second Fratricidal War in Europe, genuine patriotic

Americans like George S. Patton urged that Bolshevism be finished off

by military means. Several years later, Senator Joseph R. McCarthy

published America's Retreat from Victory, which argued that the reason

why the opportunity to destroy Bolshevism had not been grasped was

that the American government was controlled by Communist sympathizers

-- an obvious fact to anyone who takes the time to investigate the

matter. The division of the world into two enemy factions helped the

New World Order planners in many ways. By maintaining Communism and

capitalism as two ostensibly hostile brands of Jewish universalism,

Jewish bankers and arms merchants were able to create wars at leisure.

And by financing and selling arms to both sides in the various hot

wars and in the ongoing Cold War, they were able to vastly increase

their wealth and the debt-burden of the entire world.



Furthermore, the Cold War, with its focus on foreign aggression,

diverted attention from subversion at home. Subversion in

America advanced most rapidly during the Cold War, especially during

the Vietnam War, when patriotic Americans were afraid to complain too

loudly lest the country appear further divided in the face of its

foreign foe.



At the same time, the Cold War's constant focus on a foreign menace

caused people to overlook the treason in their own government. It was

the end of the Cold War that allowed America's racial consciousness to

spring back to life -- in time to survey all the damage that treason

had wrought in forty years. Not the least of this treason was the

media's gradual brainwashing of our people, many of whom had learned

to think of America only as the vehicle of a certain brand of

universalism -- the liberal capitalist brand. This brand of

universalism was then represented as the only alternative to

Communism. The liberal capitalist world view, this phony

neo-conservatism, was the rationale for NAFTA and for free trade

with China: In a purely materialistic and economic world view, whether

it be laissez faire or Communism, race and nation receive no

consideration. It is an encouraging sign, however, that in spite of

the brainwashing, the majority reaction was against NAFTA. This shows

that part of America still has some will to live.



The "Civil Rights" Movement



What damaged America more than anything else in recent times has been

the so-called "Civil Rights" movement. It is misnamed because it is

not about "rights" but about enforcing equality. This movement was

planned by the Jews after the Second World War and was carried out at

the tactical level by Jewish agitators and fellow travelers who held

positions of influence in the media and universities. This war against

the White race was also waged by Gentile stooges like Dwight David

Eisenhower, who appointed Earl Warren to the Supreme Court, then said

"Oops!" with a pretended look of surprise. Nevertheless, he did not

neglect to send paratroopers to Little Rock to enforce the Warren

Court's anti-White agenda. Eisenhower, the protege of Bernard Baruch,

had also been the first "supreme commander" of the Soviet-American

alliance that called itself the "United Nations" even before Communist

agent Alger Hiss chaired the nominal founding meeting of that

organization in San Francisco several years later. Eisenhower's mentor

Baruch was also a leader of the Jewish community in the Western

Hemisphere; at this point it is very clear how everything ties

together.



Immigration



What threatens America most today is immigration. The United States

government has for years been under-funding its border patrol and

refusing to take adequate measures to curb the illegal immigration of

fast-breeding mestizos. You will recall that non-White immigration was

part of the New World Order program described by F.S. Marvin in 1932.

In Canada this destructive immigration is part of official government

policy. Almost one-quarter of a million largely non-White immigrants

enter Canada legally every year, despite horrendous unemployment among

the White population. The U.S. government pursues by subterfuge the

very same New World Order policy which the Canadian government pursues

openly, and which the British government pursued by bringing Blacks

into Britain.



One would have to be brain-dead to believe that the motive for

bringing these fast-breeding non-White populations into our

homelands is in any way charitable, since any relief afforded to

Mexico by emigration will quickly be cancelled by population

increase. The population of Mexico doubles every nineteen years!

Current policies will lead to the entire world being overpopulated

with brown men and women.



As America becomes increasingly non-White, it will also become

increasingly unfree. A people united by common blood and common values

need few laws, few prisons, and few policemen to get along peaceably.

Multicultural empires are not known for their freedom.



Non-White America, populated by mulattos and mestizos, will be easier

for our enemies to control and exploit, and whatever White minority

remains, if it adheres to the representative process, will be

perennially behind the eight-ball, always outvoted by racial aliens

being manipulated by our enemies. It seems to me that those

multiracial "Constitutional" patriots, who want us all to pretend that

race doesn't matter, are leading their adherents in precisely this

direction: toward a United States in which the Constitution is a

revered artifact with even less influence than it has today.



We do not have to accept this fate, nor will the fight be impossible!

Louis XVI and Czar Nicholas II died because they lacked the will to

resist and didn't even really try. We understand what is happening. A

highly motivated and disciplined minority can change the course of

history. It has happened before. In fact, it has seldom happened any

other way.



We have every reason to fight, and no incentive whatsoever to give up,

for the loss of our race means the loss of everything. The struggle

itself will make us strong!



???? Editor's Note: All five parts of the original radio broadcast are

??? contained in this issue of Free Speech. Due to space limitations,

??? and to avoid repetition, more editing than usual was required. The

??? audio tapes of this series contain the complete shows as??

??? originally broadcast. These tapes are available for the special

??? price of $50.00 postpaid.



?? For further information write to National Vanguard Books, PO Box

330, Hillsboro WV 24946 USA.



National Alliance Home Page

http://www,natvan.com


各政党

近年、用語保守主義者が、自由競争主義--それが決して前に持っていなかった意味--を意味するために再定義された時に、政治において用語の「右」と「左」を再定義することは歴史的な近視のものの間でその流行になった。

彼らは、左が「より多くの政治」を表していて、右が「より少ない政治」を表していて、共産主義が左の極端と右の無秩序状態、極端であると主張する。

各政党のこの概念は間違いのものである。

歴史的に、マルクス主義は共産主義とアナーキズムの両方を抱擁した。

アレキサンダーBirkmanと「赤いエマ」ゴールドマンなどの100年前の無政府主義者は「レッズ」と呼ばれて、彼らは実に、親しいマルクス主義者スローガンを使ったマルクス主義者であった。

社会が人を悪くするという表向きの前提の上で、マルクス主義者理想は正確にすべての政府の、そして他のすべての社会的な障害の除去である--アダム・ワイスハウプトが支持したのと同じ理想。

社会的な障害へのこの嫌悪の後ろの現実の動機は、彼らが、伝統的なホワイト社会が彼らに課した障壁なしでパワー捜索活動に従事するために自由裁量を持つように彼ら自身のイメージにおいて私達の社会を再生したいという単にユダヤ人の願望である。

彼らは、自由に、ユダヤ人の首脳から出て、それらのユダヤ人法律書、タルムードによって許されるすべてのひどく嫌った習慣に従事したい。

たぶん、なぜ自由競争主義がミルトン・フリードマンとアイン・ランドのようにユダヤ人によってそんなに広く宣伝されるかは現在クリアである。

自由競争主義とマルクス主義は、私達の人々のほとんどが彼らを、あると仮定する反対物ではない。

全く政府が全然ないおとぎの国を主張して、マルクス主義は実際自由競争主義より遠くまで行く。

彼の1889の本無秩序状態と無政府主義者において述べられたシカゴ警察、マイケルJ.Schaackの指導者:

恐怖政治の履歴とアメリカとヨーロッパの社会的な革命:

それ[アナーキズム]はカール・マルクスと彼の弟子の教えに基づいていて、それは直接政府と宗教のすべての形態の完全な破壊をめざしている。

社会が、私達がそれを理解しているので、消えることとする時に、それは、生じるであろう問題の解決を全然提供しないけれども、義務が手近に引きおろしている宣言に満足している;

増進する仕事が後で来なければならない。

人が、アナーキズムが実のところ1段遠く運ばれた自由競争主義であると考える時に、マルクス主義と今日のいわゆる保守主義者の愛する自由競争主義主義が親密に関連していることは明白になる。

2つの人生観は実のところ同じ不可能なゴールのために努力している:

どのような制約または衝突ものない、そしてみんなのための十分を持つ世界。

マルクス主義と自由競争主義の中の顕著な要素は、制約と健全なホワイト社会の注文を廃止するドライブである。

これらのユダヤ人主義がそれらのジェンティーレ支持者に提供する賄賂は自由競争主義の名前においてわがままのためのライセンスであり、私達の百万長者は、労働者を白くない世界から輸入することによってアメリカ労働者の背中を刺すのを正当化する。

そして、マルクス主義者インスピレーションの下で、いわゆる「公民権」動きは組織された。

さて、いわゆる「公民権」動きが白人のためにより少ない自由を結果として生じていたことは明らかであるけれども、それは概してコミュニティと社会規範のその破壊によってカオスの感覚において、私達の社会の中で無秩序状態のレベルを増大させた。

さらに、それが政府の拡張を生み出したけれども、本当に重要な物は、政府が歪んでいることである。

私達が今日持っている大きな政府ははっきりと反白く、等しい釣り合いのプロホワイト政府がそうではないであろう方法の中で有害である。

実に、等しく強力な状態が、私達のレースの敵を撃退するために組織されたならば、たぶん、私達が今日であったので、私達は浸透によって征服されなかったであろう。

大きな政府

戦争中にいるどのような民族でも必ず大きな政府を持つであろうし、敵が内部であるか、外部であるかどうかにかかわらず、それは真実である。

私達の敵(私達のレースの敵)が大きな政府を増強した理由は、彼らが私達自身の土地で私達、敵としての人種で意識的な白人、および女性(そして本当のすべてホワイト人々)をマークしたことである。

大きな政府は、私達と戦うために増強されている。

私達が万一これまで権力の座のコントロールを得るならば、私達の敵に対して「大きな政府」を使うことについてのどのようなためらいでも災害(勝利の口部からの敗北の奪取)になるであろう。

「自由競争主義」を意味する「保守的である」の再定義は勝利のまさしくそのふちで損っているであろう。

それが、現在の反白い政権によってされているすべての損害を訂正することになっているならば、ホワイト愛国者の手の中の政府は、強力な政府である必要があるであろう。

従って、左右の問題はより多くまたは少ない政治の問題ではない。

オリジナルの「右翼」はルイ16世の大きな政府(その時間の間)をサポートしていて、ワイスハウプトのようなオリジナルの「左翼」は無秩序状態を主張した。

しかし、アナーキズムはいつも過渡的なイデオロギーである;

無秩序状態は力の空白と自然は真空を嫌う。である。

最終的に、問題は、私達自身のレースの文字に従ってまたはその大いに違う中東のレースの要求に従って私達が注文された社会の中に住むかどうかである。

米国で、大きな政府との私達の経験がほとんどすべて悪いので、愛国者の間のこの反政府態度は理解できる。

米国の本当に大きな政府はフランクリン・ルーズベルトから始めた。

米国で、より多くの政治はいつもより人種で破壊的な政策を意味していた。

これは、単に、私達の政府をコントロールする悪意を持ったエンティティのためである。

本当にそれであり、過ぎることおよび私達の人々のためにその自然ではない政府。従って、大きい政府が悪い政府である公理は、必ずしもあてはまらない。

政府についての重要な問題は、それが私達の人々によって(のために)実行されるかどうかまたはそれが私達の人々の敵によって(のために)実行されるかどうかである。

新世界秩序についてのパートナーとしてアメリカを募集する

今日、米国で、両方の政党は博識家であり、両方は人を主に経済的な存在と考える。

彼らはこれらの特徴がマルクス主義と共通する。

唯一の有効な選択肢(新世界秩序との唯一の真実の反対の性質)はレースに基づいた社会である。

レースベースの社会缶を設立することによってだけ、アメリカと西欧の文明は残存する。

レースベースのコミュニティを設立することによってだけ、私達は、新世界秩序を破りはじめることができる。

アメリカが文化的に健全であった最後は1920年代であった。

国際主義は拒否された。

第一次世界大戦は重大な誤りと認められて、アメリカのリーダーは、アメリカをそのような未来の大災害から締め出すことを約束した。

国策としての優生学は1920年代の米国に完全に可能であるようであった。

アメリカの存在の最後の健全な時代は大恐慌によって倒された。

不況を伝達した突然の株式市場の暴落はユダヤ民族のリーダーをびっくりさせなかった。

何人かの人が、株式市場の暴落をたくらむために、彼らが彼らの操り人形ウッドロー・ウィルソンの日から適所に持っていた連邦準備制度を通して、ユダヤ人が彼らの信用の統制を使ったと主張した。

ユダヤ人が衝突を起こし、それを処理したか、単に、それに関する中の知識を持っていたかどうかを問わず;

証拠は、そのバーナード・バルーク(第一次世界大戦の間ウィルソンとバーチャルな経済の皇帝の後ろのユダヤ人の陰の策士のひとりであった極めて裕福なユダヤ人の投機家)を示唆し、正確ないつ衝突が来たかを知っていた。

彼は突然彼のブローカーの抗議の上で株式市場の暴落のほんの数日前に株からすべての彼のお金を引き抜いた。

衝突の後に、主要なユダヤ人は、事実上何のためにもアメリカの産業を買い占めないことができた。

お金が政治運動の母乳であることは古いのこぎりである。

アメリカパイのそれらの大幅に増大したシェアによって、そして中傷攻撃キャンペーンによって、ユダヤ人は、不況のためにハーバート・フーバーを非難し、彼を、保守主義者として動くけれどもマルクス主義者社会主義者として制御し、憲法に彼の邪魔をさせなかった彼らの操り人形ルーズベルトと取り替えることができた。

ルーズベルトは、多くの共産主義者とユダヤ人を管理部門に備えるためにまた有名であった;

多くが数十年の間残っていた。

ドイツが、米国でよりずっと大規模なスケールの上で彼らから強奪したユダヤ人を追い出した時に、ユダヤ人は復讐を望んでいた。

途中で、ユダヤ人は1つの石を持ついくつかの鳥を殺した。

まだ、米国に提案者を持っていた優生学動きの評判を悪くするために、ユダヤ人はアメリカを、優生学に対する戦争に相当していたものに巻き込んだ。

戦争がどのような原因でも神聖にし、第二次世界大戦が、ユダヤ人の入札をする原因をこの国で神聖にしたそうである。

この間違いの宗教は今日まで適所にとどまっている。

冷戦時代

ヨーロッパの2番目の兄弟殺し戦争の終わりに、ジョージS.パットンのような本物の愛国的なアメリカ人は、ボルシェビキ主義が軍隊の方法によって始末されるべきであると主張した。

数年後、ジョセフR.マッカーシー上院議員は勝利からのアメリカの退却を出版した(それは、ボルシェビキ主義を破壊する機会が把握されなかった理由が、アメリカ政府が共産主義の支持者によってコントロールされたことであったと主張した)--問題を調査するために時間をかける誰へのでも明らかな事実。

2つの敵派閥の中への世界の部門は多くの点で新世界秩序計画者を助けた。

ユダヤ人普遍性の2つの表面上は敵対的なブランドとして共産主義と資本主義を維持することによって、ユダヤ人の銀行家と武器商人は、暇に戦争を作成することができた。

そして、様々な本格的な戦争における、そして進行中の冷戦における両側にアームに資金提供し、売ることによって、彼らは、それらの富と全世界の借金負担を大幅に増大させることができた。

さらに、冷戦は、外国の侵略におけるそのフォーカスによって、家で注意を転覆からそらした。

愛国的なアメリカ人が、国がその外国の敵の面前においてさらに分割されるようでないようにあまりにも騒々しく不満を言うことを恐れていた時に、アメリカでの転覆は冷戦の間、ベトナム戦争の特に間にとても急速に進んだ。

同時に、外国の脅迫における冷戦の一定のフォーカスは人々に、彼ら自身の政府の中で反逆罪を見渡させた。

アメリカの人種意識が生き返ることを可能にしたのは冷戦の終わりであった--すべての損害を概括する時間に、その反逆罪は40年入り込んだ。

この反逆罪の中で極少なものは、私達の人々(それの多くは、アメリカを普遍性の一定のブランドの乗り物とだけみなすことを学んだ)のメディアのゆるやかな洗脳ではなかった--寛大な資本家ブランド。

普遍性のこのブランドは共産主義への唯一の代案としてその時見せられた。

寛大な資本家世界観、このにせの新保守主義はNAFTAのための、そして中国との自由貿易のための原理であった:

まったく唯物論的で、経済の世界観の中で、それが自由競争主義または共産主義であるかどうかにかかわらず、レースと国家は考慮を全然受けない。

しかし、洗脳にもかかわらず、大多数反応がNAFTAに対してであったことは励みになる合図である。

これは、アメリカの一部がまだいくらかの生きる意志を持っていることを示す。

「公民権」動き

最近の時に何よりもアメリカを損ったものはいわゆる「公民権」動きであった。

それが、「権利」についてではなく平等を強制することについてであるので、それは間違った名で呼ばれる。

この動きは第二次世界大戦の後にユダヤ人によって計画されて、メディアと大学の中で影響力のある地位を保持したユダヤ人の宣伝員と道連れによって戦術的なレベルで実行された。

白色人種に対するこの戦争は、また、アール・ウォレンを最高裁判所に任命したドワイト・デイビッド・アイゼンハワーのようなジェンティーレ引立て役によって遂行されて、それから、驚きの装われた表情によって「おっと!」と言った。

それにもかかわらず、彼は、ウォレン法廷の反白い課題を強制するために落下傘兵をリトルロックに送ることを怠らなかった。

アイゼンハワー、バーナード・バルークの被保護者はまた、共産主義のエージェント アルジャー・ヒスが数年後サンフランシスコでその組織の名目の設立ミーティングを統轄する前にさえ、自身を「国連」と呼んだソビエト連邦アメリカ人同盟の最初の「最高指令官」であった。

アイゼンハワーの師バルークはまた西半球でユダヤ人のコミュニティのリーダーであった;

この時点で、それは、すべてが互角の方法で非常にクリアに一緒にある。

移住

アメリカを脅かしているものは最も今日移住である。

米国政府は何年もの間、その境界が巡回する下の出資と速く繁殖している混血児の不法移住を抑制する適正な手段を取ることの断りであった。

あなたは、白くない移住が1932年にF.S.マービンによって説明された新世界秩序プログラムの一部であったことを思い出すであろう。

カナダで、この破壊的な移住は公式な政府の政策の一部である。

ほとんど、百万人の主として白くない移民の4分の1は白人人口の間の恐ろしい失業にもかかわらず毎年法律上カナダに入る。

米国政府は、カナダ政府が公然と実行し、英国の中に黒人を連れて来ることによって、イギリス政府が実行したまさに同じ新世界秩序方針を口実によって実行する。

ものは、移住によってメキシコにもたらされたどのようなリリーフでも迅速に人口増加によってキャンセルされるであろうので、これらの速く繁殖する白くない人口を私達の母国に持って来るための動機が寛大などのような方法の中にでもあると信じるために脳死している必要があるであろう。

メキシコの集団は19年ごとに二倍になる!

現在の方針は茶色の男性と女性と人口過剰の全世界に通じるであろう。

アメリカがますます白くなくなるにつれて、それはまたますます自由がなくなるであろう。

共通の血と共通の価値によって団結させられた民族は、平和にうまくやっていくためにほとんどの法律、ほとんどの刑務所、およびほとんどの警察官が必要でない。

多文化的な帝国はそれらの自由のために知られていない。

それが代表するプロセスに付くならば、非ホワイトアメリカは、mulattosと混血児によって住まれていて、コントロールと功績への私達の敵と少数が続けるどのようなホワイトにでもより容易になるであろうし、持続的にいつも私達の敵によって処理されている人種のエイリアンによって投票で負かされた8つのボールの後ろにあるであろう。

私には、私達すべてに、レースが重要でないふりをしてほしいそれらの多民族の「憲法の」愛国者が彼らの支持者を正確なこの方向に導いているように思われる:

憲法が、それが今日したよりいっそう少ない影響力を持つ尊敬された人工物である米国に。

私達は、この運命を受け入れる必要がなく、また、戦いは不可能にならないであろう!

彼らが、抵抗する意志を欠き、本当はさえトライしなかったので、ルイ16世と旧ロシア皇帝ニコラスIIは死んだ。

私達は、何が起こっているかを理解している。

高く動機づけられて、訓練された少数は歴史の流れを変更することができる。

それは前に起こった。

実のところ、それはどのような他の方法でもほとんど起こらなかった。

私達のレースの損失がすべての損失を意味しているので、私達には、戦う十分な理由があり、放棄する何のどの誘因でもない。

苦闘自身は私達を強くするであろう!

エディタの注:

オリジナルのラジオ放送の5つの部分はみな言論の自由のこの問題の中に含まれている。

制限を間隔をおいて配置し、繰り返しを避けるために予定であって、普段より多くの編集は必要とされていた。

元来放送されるように、このシリーズのオーディオテープは完全なショーを含んでいる。

これらのテープは郵便料金前払いで50.00ドルの特価で利用可能である。

詳細については、全国的な先兵Books、私書箱330、ヒルズバラWV 24946米国に手紙を書きなさい。

国民同盟ホームページ

http://www
、natvan.com

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR