FC2ブログ

自民の助さん角さんは誰や・・。

ベンチャー革命2006年5月14日

                           山本尚利



タイトル:自民党次期総裁は福田氏?



1.連休明け、福田康夫氏訪米の意味

 マスコミ報道によれば、2006年5月10日、ポスト小泉の候補と目されている福田康夫氏が、

急遽、訪米しています。有力政治家の5月連休中の訪米ならば、よくある話ですが、連休明け

訪米というのは、珍しい。何かあることは間違いありません。訪米した福田氏はなんと、チェ

イニー副大統領、ラムズフェルド国防長官、ライス国務長官、ベーカー前駐日大使などと面談

しています。つまり、福田氏は、日本を闇で支配する勢力と直結する要人と面談していること

になります。それと呼応して、また小泉首相と森前首相のかけあい漫才が始まりました。森氏

はもともと、自派の分裂を嫌って、森派から、安倍晋三氏と福田氏が両方、自民党総裁選に出

馬することに否定的でした。この考えは自民党幹部として当然です。ところが、最近、二人が

出馬してもかまわないということで、小泉首相と合意しました(あるいは妥協?)。小泉政権を

支配する米国覇権主義者は、権力獲得競争に民主主義的ポーズをとることを好みますから、次

期自民党総裁選で安倍、福田を競わせるシナリオはいかにも米国的発想です。ポスト小泉の次

期自民党総裁選挙を、同じ森派閥内で競わせれば、米国覇権主義者からみて、どっちにころん

でも、小泉内閣が実現した日本の親米路線が継承されるとみえることでしょう。これで、次期

自民党総裁は安倍氏か、福田氏のどちらかで決まると、誰もが予想できます。ただし、自民党

総裁が必ず、総理大臣になれかどうか、今度ばかりは不確実です。逆転一発、隠れ親米、小沢

総理大臣誕生の芽もなきにしもあらず、です。そのシナリオも、米国覇権主義者にとって、い

っこうにかまわないでしょう。



2.竹中総理誕生のシナリオはハズレか?

 ところで、筆者は、去年10月から、ポスト小泉の次期首相は竹中平蔵氏と、予測していま

す。(注1)(注2) ただし、筆者は決して竹中支持ではありません。

 MOT(技術経営)でシナリオ・プラニングを教えている筆者としては、この予測がはずれれ

ば、かなり打撃です。オマエのシナリオ分析力もたいしたことはない、ということになります

から(笑)。

 竹中氏は、2005年9月11日の衆院選挙で、反小泉の急先鋒、亀井静香氏追放のために広島6

区から立候補したホリエモン(元ライブドア社長、堀江貴文氏)の応援をさせられました。とこ

ろが、今年はじめ、ホリエモンが粉飾決算容疑で逮捕されて以来、竹中氏の国民人気はゼロに

等しい状況です。その結果、今では、次期総理に竹中氏が選出されると予想する人はほとんど

いなくなっています。しかしながら、筆者の読みでは、米国覇権主義者は、依然として竹中氏

をジャパンハンドラーの先手として位置づけています。現在の自民党内には、竹中氏以上の米

国信奉主義者はほかにいないからです。とはいうものの、米国覇権主義者は、日本の総理大臣

ポストをどうしても竹中氏に与えようとこだわってはいないでしょう。米国においても、ブッ

シュ政権を支配する闇の勢力が真に信任しているのは、大統領のブッシュ・ジュニアではな

く、副大統領のディック・チェイニーの方であるといわれています。この関係からいえば、次

期内閣で竹中氏を、総理ではなく副総理にするというシナリオが成り立たないこともありませ

ん。なぜなら、小泉首相が、国民人気の薄い竹中氏を、80数名に上る小泉チルドレン自民党議

員を動かして、強引に自民党総裁にすれば、あまりにみえみえで、かえって国民の反感を買う

と考えられるからです。



3.2005年9月11日:日本国のご臨終

 2006年になって、国民の間で、小泉首相が、日本の国益より米国覇権主義者の利益を優先す

る売国的指導者であることが徐々に認識されてきました。2006年4月23日、千葉7区の衆院補選

で、偽メール事件で圧倒的に不利であった民主党が僅差ながらも勝利したことはそれを如実に

物語っています。昨年の9.11衆院選挙での小泉派の圧勝で、奇跡的に売国的な郵政民営化法案

が成立しました。当時、マスコミの誘導によって、催眠術詐欺に引っかかったに等しかった国

民は、その後、冷静になり、ちょっと待てよと考え始めた。去年の9.11郵政民営化選挙で、小

泉首相のファナティズムに圧倒されて、ひょっとしたら、とんだ誤審をしたのではないかと疑

い始めています。われわれ国民の虎の子、郵貯・簡保が外資にもっていかれるかもしれない。

それに加えて、在日米軍基地再編に伴う血税3兆円拠出問題、自衛隊のイラク派遣の大失敗

(イラク先制攻撃の大義名分であった大量破壊兵器はイラクになかった)などを通じて、やっ

とヤバイと気づいた。筆者にいわせれば『遅かりし由良の助』ですが・・・。最終的には、小

泉首相を支持してきたわれわれ国民の見る眼のなさにすべての責任があります。筆者からみれ

ば、2005年9月11日は、日本が米国の属国になった歴史的記念日です。われわれ国民にとっ

て、すべて自業自得です。いまさら、小泉首相を責めても仕方がありません。他方、米国覇権

主義者からみれば、2005年9月11日は、日本国民が自らの意志で、米国の軍門に下ること(降

伏)に同意した戦勝記念日と映るでしょう。その意味で2005年9月11日は日本にとって第三の敗

戦記念日です。(第一の敗戦は太平洋戦争の無条件降伏、第二の敗戦はプラザ合意成立)

 1952年4月28日に日本は米国から独立し、形だけであったにしろ、まがりなりにも独立国で

した。そして、2005年9月11日、日本国は実質的に、独立国としては、いったん自然死したに

等しいのです。(注3) いくら、小泉首相に、だまされたと文句を言っても後の祭り、だまさ

れたほうが悪い。なお、小泉首相は、米国覇権主義者の意図とはまったく別次元で郵政民営化

に人生を賭けてきた人であり、その意味では、彼自身もまんまとジャパンハンドラーに利用さ

れたのです。(注4)



4.日本国総理大臣の人事権は米国の手に

 上記のように、今年、連休明けの福田氏の訪米、また昨年、5月連休の安倍氏の訪米からう

かがえるように、ポスト小泉の総理大臣人事権は完全に、米国覇権主義者の手に落ちたといえ

ます。日本の属国化を晴れて実現できたと認識している米国覇権主義者は、今後、その本性

を、徐々に表面化させてくるでしょう。まさに、彼らは衣の下の鎧をむき出しにしてくるでし

ょう。さて、彼らは、ポスト小泉のリーダーに誰を指名しようとしているでしょうか。日本の

ロートル政治評論家は、日本国の総理大臣ポストは依然、われわれ国民や自民党議員に選択権

があるように思っているようですが、錯覚もはなはだしいでしょう。

 ところで、筆者は、現段階で、次期総理が誰か、これだけはまったく、読めなくなりまし

た。以前、予測していた竹中総理大臣の芽は、今では、かなり危うくなっているのは確かです

が、その芽が消えたわけではありません。



5.ブッシュ大統領は心底、小泉首相の靖国参拝に反対か?

 2006年5月9日、親米的な経済同友会(代表、北城恪太郎、元日本IBM社長)が、小泉首相の靖

国参拝を自粛するよう進言しましたが、小泉首相は即座に『政治と商売は別』と反論しまし

た。この発言を聞いて、なんとも思わない人がいたら、教えてください。小泉首相の関係者

は、筋金入りの反中派以外の日本国民(大多数)の反発を十分、計算しています。

 一方、2006年4月10日、ブッシュ大統領は、国賓ではなく、公賓として訪米する胡錦濤中国

国家主席との会談を控えて、日中関係改善を促すむね、懸念表明しています。つまり、ブッシ

ュ大統領は表向き、東アジアにおける日本、中国、韓国の外交関係の悪化は米国の国益に反す

るという態度表明したのです。その後、日本の有識者は、このブッシュの懸念表明を真に受け

て、米国政府は小泉首相の靖国参拝を快く思っていないとみなしたようです。なんと言う、浅

読みの能天気でしょうか。

 ブッシュ大統領は、今年6月末に予定されている小泉首相訪米を公賓以上の国賓待遇で迎え

ると約束しているそうですが、米国議会の下院議員のハイド外交委員長(太平洋戦争フィリピ

ン海戦経験者)が、極東裁判のA級戦犯を合祀している靖国神社参拝を強行する小泉首相が国

賓待遇でキャピトルヒルの神聖なる議場に立つのを反対しているそうです。(注5) ハイド議

員の意見はまさに正論でしょう。極東裁判で、A級戦犯を決めたのは、中国でもない、韓国で

もない、実は米国自身なのですから・・・。このニュースも、上記、ブッシュの懸念表明と呼

応しています。

 ところで、筆者の深読みは、小泉首相の度重なる挑発による日中関係の破壊は、まさに米国

覇権主義者が本音で望むところです。小泉首相はひたすら、米国覇権主義者におもねっていま

す。なぜなら、世界一の対米債権大国、日本と、世界一の外貨準備国、中国の結託ほど、米国

にとっての脅威はないですから・・・。(注6) ただ、この本音は日本国民に知られたくな

い。そこで、ブッシュ政権は、近年の日中関係の破壊を、すべて小泉首相の独断であるかのよ

うに見せかけたい。任期が今年9月に迫った小泉首相も、日本の国益に反する日中関係破壊の

罪をすべて、自分で背負って引退するというシナリオです。その代わり、米国から、破格の国

賓待遇で迎えていただけるという筋書き(花道)です。なるほど。



注1:ベンチャー革命No.179『 竹中総理大臣の誕生か?』2005年10月1日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr179.htm


注2:ベンチャー革命No.183『 ポスト小泉を占う』2006年1月11日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr183.htm


注3:ベンチャー革命No.149『 2005年日本国の自然死』2005年2月12日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr149.htm


注4:ベンチャー革命No.177『 怖くなった小泉首相』2005年9月17日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr177.htm


注5:2006年5月13日つけ、朝日新聞夕刊報道

注6:ベンチャー革命No.192『 米軍再編費3兆円をなぜ日本国民が負担しなければならないの

か』2006年5月6日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr192.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm





蛇足


小泉後継レースは、安倍と福田の争いのようになっているが。現在のように人気(清潔、活動的、清々しい、シューとした顔)がモノを言う時代には安倍以外には自民の明日はない・。福田のイメージはどす黒い(田中更迭など)、重厚長大、暗いとあまりにも民主党に政権を渡す、公家のようだ・。


小泉院政で安倍政権になれば外相が福田、財務大臣が竹中であろうか・。わからんが??


小沢でも同じ狢でしょうか?>そのとうり・・。イルミナティ。




スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

インフルエンザとラムズフェルド

私がドナルド・ラムズフェルドだ。 正式には、 ドナルド・ヘンリー・ラムズフェルド(Donald Henry Rumsfeld) と言う。 どうだね、この渋さは! 日本の「チョイワル親父」なんかとは、 比べないで欲しい! 出来が違うんじゃからナ! 生まれは、?1932年7月

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■TBS、米下院議員の靖国発言を“誤訳”

TBS、米下院議員の靖国発言を“誤訳”

 TBSのニュース番組「ニュース23」が、小泉純一郎首相の靖国神社参拝をめぐり、
「行くべきでないと強く感じているわけではない」と語ったヘンリー・ハイド米下院国際関係委員長(共和党)との
インタビューに「行くべきではないと強く思っている」との日本語字幕を付けて放送していたことがわかった。
TBSは「正確でない部分があった」として後日、番組中で釈明した。 インタビューが放送されたのは、
小泉首相が訪米中の6月29日。
 「“幻”に消えた? 米議会での演説」と題し、小泉首相の米議会での演説が実現しなかったとする
ニュースの一部だった。 TBSは7月5日の同番組で、「翻訳の字幕表示に一部正確さを欠く表現があった」と述べ、
字幕の内容は「行くべきではないと強く感じているわけではありません」だったとした。

 産経新聞の取材に、TBSは、視聴者から指摘を受け、社内で検討した結果、正確さを欠く表現があったとし、
訂正の放送を行ったと説明。「放送した内容以外の取材過程にかかわる事柄については答えを差し控えたい」
としている。

(07/08 08:32)
http://www.sankei.co.jp/news/shakai.htm
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060708-00000010-san-soci

2 ■無題

意識的に流す、情報操作はやめてもらいたいね・。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR