FC2ブログ

真実の捜索は危険なものです。その1-1





THE SEARCH FOR TRUTH

真実の捜索

IS A DANGEROUS THING

危険なものです

by Harold Thomas

ハロルド・トマスによって





Late in 1988 I began to learn the details of a friend's difficulty with the Internal Revenue Service. Some months later this friend and I were married. From that time until the present, her "difficulty with the IRS" has evolved into a dumbfounding series of revelations which have turned my notions of reality utterly upside down. It is said that the truth is stranger than fiction; this is a deception. Most people's truth is, in fact, nothing but fiction -- at least in varying degrees.

1988年の終わりに、私は、歳入局と友達の困難の詳細を学習し始めました。数か月、その後、この友達と私は結婚していました。そのから、現在まで、彼女の「IRSに関する困難」は、現実についての私の概念を完全に上下逆さまにした意外な新事実のびっくりさせるシリーズへと発展しました。真実はフィクションより奇妙であると言われています。これは詐欺です。ほとんどの人々の真実は事実、フィクションだけに、あります(--少なくとも程度を変える際に)。




The purpose of this document is to share with you my discovery, my shame, my outrage, and my commitment -- in a word, the LIE. With the help of an amazing variety of intense, sincere, and fiercely independent individuals, I have discovered that the major portion of my life's blood, my life's energy, has been systematically and diabolically transfused into the veins of a beast. I have been deliberately miseducated, defrauded, and manipulated from my infancy by human beings who held authority and should have been trustworthy. Those same individuals have made me a party to evil acts of a scope and magnitude which, at times cause my spirit to shrink almost to the point of being extinguished by shame. The shame is most painful with the realization that my susceptibility and servicability to the LIE came, and continues to come, as a result of the LIE within me and my inability or unwillingness to face it. I would like to believe that I did not face it in the past because I simply had no idea how much evil was being conducted with my misinformed, apathetic support. From this time forward, I pray that I may be unalterably committed to opposing the LIE in every aspect of my personal life and in the public forum as my human strength and ability may allow.

このドキュメントの目的は、あなたと私の発見、私の恥、私の憤慨および私のコミットメントを共有することです--要するにLIE。驚くべきことに様々な極度の個人、真実の個人および猛烈に独立した個人の支援によって、私は、私の生活の血液(私の生活のエネルギー)の大部分が動物の静脈へ系統的に極悪非道に注入されたことを発見しました。誤った教育は、権威を抱き、信頼できるべきだった人間によって私の幼時から慎重に私にされており、詐取され、操作されました。それらの同じ個人は私を範囲と大きさの有害な行為の加担者にしました、どれかが、時々ほとんど恥によって消滅するというポイントに私の精神を縮ませます。恥は、LIEへの私の感受性およびサービス精神が来たという認識でとても痛く、私およびそれに面する私の無力か、不本意の内のLIEの結果が来続けます。私は、私の誤り伝えられ無感覚の支援でどれだけ悪く導かれているか単に分からなかったので、過去にそれに直面しなかったと信じたい。


この時から、以前に、私は、私の人間の強さおよび能力が許可するかもしれないとともに個人的生活のすべての面の中の、および公開討論会の中のLIEに反対することを不変に約束するように祈ります。



It is now late in 1992. After thousands of pages of reading, hundreds of hours of audio and video tapes, astronomical phone bills, and countless hours of personal conversation, it occurs to me that this information carries with it an obligation to share with every person willing to consider it. Therefore, I am trying to create a document which I can give to people I have known over the years, people who know that, inspite of my faults, I simply would not make up something like this.

それは1992年の暮れにおいて。読書、何百もの数時間のオーディオおよびビデオテープ、天文学の電話請求書および個人の会話の無数の時間の何千ページの後に、私は、それでこの情報が役立って、それを考慮するすべての人と共有する義務を運ぶと思いつきます。したがって、私は、考えを広げるために私が与えることができるドキュメントを作成しようとしています、私はこの数年にわたって知りました、それを知っている人々、欠点の悪意、私は、単にこのようなものを構築しないでしょう。




In the hope that you will actually finish this reading, it is more like a telegram (a distress signal, if you will) than a documented textbook. Detail and references will be, of necessity, largely lacking. However, there will be a reading list on the last page which will provide a small sample of the sources with which you may readily search out and verify the statements herein. I sincerely hope that this reading will either shock, dismay, disgust, or anger you enough to cause you to make an honest attempt to prove it wrong.

現実にこれを終了するだろうという可能性の中で、読んで、それはドキュメント化された教科書よりもむしろ電報(すれば遭難信号)に似ています。詳細と参照は、必要に、大部分は欠けるでしょう。しかしながら、容易に外に探索するかもしれないし、ステートメントをここに確認するかもしれない出所の小さなサンプルを提供する最終ページ上に図書目録があるでしょう。私は誠実に次のことを望みます、この文書は、衝撃、狼狽、嫌悪あるいは怒り、あなたに、それが間違っていることを証明することをあなたに正直に試みさせるのに十分であるでしょう。。




Probably less than two percent of the population of the United States of America have any meaningful awareness of this information, and without it they have literally no hope of understanding or dealing with the various things which are planned and may happen to them. A few years ago, I myself would have rolled my eyes at the previous sentence and probably not taken too seriously whatever followed. No more. I used to think that I was one of the more "well informed", having fairly diligently searched for truth (as I supposed) in areas of religion, philosophy, psychology, and enough politics to become cynical (and useless). I was one of the brave wisemen prone to ridiculing those who fawned over the emperor's obviously nonexistent new clothes. The "emperor's new clothes" turns out to be the largest red herring in the history of analogies. For while preoccupied with whether or not to acknowledge his clothes, we have not bothered to make sure that the emperor is really even the emperor. And guess what ... . He's not!!!

恐らく、アメリカ合衆国の人口の2パーセント未満は、この情報のどんな意味かで、ある意識も持っています。また、それなしでは、それらは、理解するか、計画され、それらに起こる様々なこととの取り引き可能性を文字通りに持っていません。数年前に、私自身は前の文で目をまわし、何に続いても恐らくあまり真面目にとらなかったでしょう。それ以上ないこと。私は、より多くの物のうちの1人であるとかつては思いました「博識の」、宗教、哲学、心理学および十分な政治のエリアで真実(私が推測したとして)を皮肉に(かつ役立たない)なるために勤勉に探索したことで私は、皇帝の明白に架空の新しい衣服を着る喜んだ人々を嘲ることをしがちである勇敢な賢人のうちの一人でした。「皇帝の新しい衣服」は、類似の歴史で最大の薫製ニシンであると判明します。このために、彼の衣服を認めるべきかどうかで先取されましたが、私たちは皇帝が実際に皇帝さえであることをわざわざ確かめていません。そして、何かを推測してください...。彼はそうではありませんから!!!




Next will follow a series of outrageous statements, some of which you may have heard before. Previously you may have dismissed these ideas as extreme or not worth considering because "there's not much a person can do" or "the United States is still the best place in the world to live" (translation: I'm comfortable. Don't bother me.). Now, I beg you, if my acquaintanceship has ever brought anything positive into your life, please do me the favor of completing the reading of this document. I am so convinced as to the validity and importance of this information that I am quite willing to risk being considered stark raving mad by everyone whom I have ever known, including my family. If you do not know me, please complete the reading out of respect for whoever cared enough to share the document with you.

次に、一連の法外なステートメント(それらのうちのいくらかを以前に聞いたかもしれない)に続くでしょう。以前、極端なものとしてこれらの考えを片付けたかもしれません、あるいは「人ができる多くはないが」、「アメリカがまだ生きるべき世界で最良の場所である」(翻訳: 私が快適です。私を悩ましません。)ので、考慮する価値がありません。さて、私の知人関係がかつてあなたの生活へ肯定的な何でももたらした場合、私はあなたに求めます、このドキュメントの読書を終えるお願いがあります。私は、有効性と重要に関して喜んで危険を冒して荒れ狂う(硬直した、私が家族を含めて、かつて知ったすべての人によって狂気の)と考えられて全くみるというこの情報をそのように確信しています。あなたが私を知らない場合は、あなたとドキュメントを共有するために十分に注意したどんな人に対する尊敬からの読書を終えてください。




You are probably not aware and may find it hard to believe that:

恐らく知っていなく、それを信じるためにそれを熱心に見つけてもよい:




1. There is no law which makes a citizen of the United States of America, working in the fifty states of the Union, liable for a tax on income or for the filing of a return. The entire code of laws purporting to impose income taxes on individuals and corporations should be and could easily be declared void for vagueness, but the vagueness is essential because the entire system is based on confusion and intimidation. Whether you believe this taxation should exist or not is not even relevant. Even if you think the government is great and taxation is necessary, you have a major problem if you are an honest individual. Your government is engaged in a major fraud and violation of many of the God-given rights of your fellow citizens, which rights are supposedly protected by the Constitution of the United States of America.

1. 結合(収入に対する税金に対して、あるいはリターンのファイリングに対して責任がある)の50の州で働いて、アメリカ合衆国の市民になる法則はありません。個人と企業に所得税を課することを意味する法則の全コードはあり容易に漠然には無効に宣言することができました。しかし、全システムが混乱と威嚇に基づくので、漠然は不可欠です。あなたがこの課税が存在するべきであると信じるかどうかは適切ではありません。政府は偉大で、課税が必要である、と思っても、あなたが正直な個人ならば、大問題を持っています。あなたの政府は、あなたの同胞(アメリカ合衆国憲法によってそれらの権利は恐らく保護される)の天与の権利の多くの主な不正行為および妨害に従事しています。




I have communicated in great detail with "tax experts", attorneys, members of Congress, the Secretary of the United States Treasury, and the President of the United States, and the responses range from empty copouts to confused rationalization to the refusal to answer at all. Unless you are otherwise pleased to have made a gift of all that money to the IRS over the years, you have been financially raped!

私は「税エキスパート」、弁護士、国会議員、アメリカ宝庫の長官およびアメリカの大統領と非常に詳しく通信しました。また、レスポンスはいずれにしても答えることに対する拒否に空の口実から混乱した合理化まで及びます。もしこの数年にわたってIRSへのそのすべての金銭の贈り物を作って、他の方法で嬉しくなければ、財政的にレイプされました!




Perhaps you are, as I was for many years, grateful for the blessings of living in this great nation and fairly comfortable with paying to support the government which was protecting and helping to provide our way of life. Unfortunately, it is not that simple. Our "way of life" is, in a very real sense, merely the by-product and resource base of a hidden, powerful, international agenda belonging to people whose names and faces are largely anonymous and whose wealth, power, and position have been carefully guarded down through the centuries. This is just for openers. Read on.

恐らく、私が、長年(この偉大な国家に住んでいる祝福に感謝し、保護しており、私たちの生活様式を提供するのを支援していた政府を支援するために払うことに、かなり満足している)いたように、あなたはそうです。不運にも、それはだからといって単純であるわけではないということです。私たちの「生活様式」は、数世紀を通じて下へ保護されて、非常に実際の感覚、単に名前と顔が大部分は匿名の植民するために属する、隠され、強力で、国際的なアジェンダの副産物および資源ベース、および富、力および位置が注意深く誰のものだったかにあります。これはちょうど缶切り向けです。読み続けてでください。




2. There is virtually no money in circulation in the United States of America. There is only debt paper, Federal Reserve notes, backed by nothing and created out of thin air to be loaned AT INTEREST to the complicitly criminal United States government and the pathetically beguiled citizens of the fifty states. The Federal Reserve is not Federal at all. It is a private corporation (look it up in any encyclopedia) which is owned totally by member banks, the majority of which are FOREIGN owned! The Constitution provides and authorizes a reasonable and effective method for Congress to coin money and put it into circulation by paying for public works for the general welfare of the citizens. While the need to adapt the original Constitutional money system to a modern electronic era is certainly open to discussion, the results of the conspiracy of the Federal Reserve are apparent and about to come crashing down upon our heads. The idea of allowing a group of predominantly foreign bankers to create our money for us out of nothing and then charge us interest for the use of it should get your attention. If it doesn't, you have my permission to stop reading and go back to watching television or filling out the application for your next credit card.

2. アメリカ合衆国には事実上流通している金銭はありません。負債紙(借金紙幣)だけがあります、連邦準備制度理事会のノート、何にも支持されなかった、また貸される薄い空気から作成された、共謀したように犯罪のアメリカの政府および50の州の感傷的にだまされた市民への興味です。連邦準備制度理事会は全く連邦政府ではありません。加盟銀行(所有された外国が大多数ある)によって全く所有されるのは民間会社(任意の百科事典の中でそれを見上げる)です。憲法は、議会が貨幣鋳造し、かつ市民の一般的福利用公共工事の代価を払うことにより、それを流布させるべき合理的で有効な方法を提供し認可します。現代の電子時代にオリジナルの憲法上の金銭システムを適応させる必要が、議論に確かに開いている一方、連邦準備制度理事会の共謀の結果は明白です、そしてに関して、私たちの頭で崩れ落ちて来るために


主に外国の銀行家のグループが無からの私たちのための私たちのお金を作成し次に、私たちを課すことを可能にする考え、興味を感じさせる、その使用のために、あなたの注意を得るべきです。それがしない場合、読書をやめて、かつテレビを見るかあなたの次のクレジットカードのためのアプリケーションを記入することに戻る私の許可があります。



Volumes have been written on this subject and you should look into them, but let me summarize them as follows:

ボリュームはこの主題に書かれました。また、それらを調査するべきであるが、私に以下のようにそれらを要約させるべきです:


a) The international bankers who own the Federal Reserve have become wealthy and powerful to a degree beyond anything the Emperor of Rome ever dreamed of and to a degree which, if you care about the future of your children and grandchildren, should scare you to death.

a) 連邦準備制度理事会を所有する、子供たちと孫の将来にかまう場合、あなたを死ぬほど脅えさせるべき国際銀行家は、ローマの皇帝がかつて夢見たものすべてを越えて、および非常に裕福で、強力になりました。


b) The average American home is mortgaged to the hilt and declining in real market value.

b) 平均のアメリカのホームは徹底的に抵当にされ、実物市場価値の中で傾いています。

c) The average American family has multiple credit cards charged to the maximum, and as long as the minimum payment is made each month, new cards are gleefully provided by the banks. Americans are now charging groceries.

c) 平均のアメリカの家族は最大に多数のクレジットカードを課します。また、最低支払額が毎月作られる限り、新しいカードは銀行によって陽気に提供されます。アメリカ人は今食料品店を課しています。

d) The United States government is blatantly lying about its true levels of debt, the significance of that debt, most importantly, and who owns the debt. The federal government is, for all intents and purposes, insolvent, in that the true amount of federal debt, including so-called off-budget items and entitlements, is arguably close to $50,000.00 for each man, woman, and child in the U.S.A. I think we can safely agree that the average net worth of an American man, woman or child is well below $50,000.00. Hence, we are technically a bankrupt nation whose creditors are of the opinion that they own every piece of real property in the nation as well as the labor of its citizens far into the future.

d) アメリカの政府は、けばけばしく負債(その負債の重要性)のその真正水準線について嘘をついています、最も重要なことには、そしてこの人は負債を所有します。連邦政府はある、すべての意図および目的のために、支払い不能、その中で、いわゆるオフ予算品目および権利を含む真実の量の連邦負債は、私が、私たちが安全に同意することができると思うアメリカ合衆国で各男性、女性および子供のために50,000.00ドルに恐らく接近しています、アメリカの男性、女性あるいは子供の平均純資産は、よく50,000.00ドル未満です。従って、私たちは、技術的にその債権者が将来へそれらがその市民の労働と同様に国家の中の不動産のすべての部分を遠くに所有するという見解である、破産した国家です。




At the current rate of growth of the national debt, it will not be too many years before the combined gross income of all American taxpayers will not be enough to pay the interest on the national debt were every penny of it sent to the IRS. Probably long before this happens, our creditors (the international bankers) will have to put into action plans to take possession of that which they now believe they rightfully own (everything, including us). Now as you can imagine, they are not stupid enough to believe that process is going to go smoothly. Some of us have already been awakened, and many more will be as things begin to collapse.

国債の成長の現行価格では、すべてのアメリカの納税者の結合した総収入が国債上で興味を払うのに十分にならない前に、長年にはならないでしょうし、その毎1セント銅貨だった、IRSに送りました。これが起こる前に、恐らく長く、私たちの債権者(国際銀行家)は、彼らが今信じるものの取り分所有への行動計画の中に置かなければならないでしょう、それら、正当に、自分自身のもの(すべて、私たちを含むこと)。あなたは今想像することができますが、それらはプロセスが滑らかに行くだろうと信じるほどは十分に愚かではありません。私たちのうちの数人は既に起こされました。また、事態が崩壊し始めるとともに、さらに多くがそうでしょう。





スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

何よりも、まず最初に、誤らせてください…

…本当に申し訳ありません。 今日のブログはご覧いただいている皆さんにとって、 非常に不愉快なものになるのではないか…と、 心苦しく思っております。 ただ、 営業に関するブログを書いている以上、 タイトル倒れとも言われたくないので、

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

こんにちゎーっ!w最近へこみ気味です・・orz

2 ■初めまして♪

【兄やんは秋葉系、私は天然??】

お友達増やし中です♪
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR