FC2ブログ

その1-2


3. Power in the world resides not in governments (much less citizens), but in the previously alluded to group of families and secret organizations who have seized and ruthlessly guarded their power down through many centuries. These people view the rest of humanity as so much cattle -- or "useless eaters". These families have wielded power over centuries by orchestrating wars, famines, civil unrest and the propping up and throwing down of governments to suit their interests. Sadly, these "elite" are quite right in some of their operative assumptions. The masses have, for various reasons including the deliberate manipulations of the "elite", come to be largely dependent, ignorant, soft and lazy. It can be argued that they deserve what is happening to them. Volumes are written on all sides of this subject, but the bottom line of it all for me is that the "elite" are uncaring, dishonest, utterly selfish and wicked. They represent all that is dark and evil in the creation, and they must be opposed and defeated. If even a portion of the material I have studied is correct, there is no other conclusion to be reached for those who would preserve an atmosphere of caring and liberty for the human family.



3. グループが以前に止まって、何世紀も通しても無慈悲に彼らのパワーを警備している家族と秘密の組織について暗示されているところに世界のパワーは政府(まして、市民)にあるのではなく、存在します。 これらの人々は人類の残りをとても多くの牛と見なし、または「役に立たない無駄飯食い」であるとみなします。 政府が彼らの関心に合うように戦争、飢饉、市民の不安、および支柱を調整して、投げ落とされることによって、これらの家族は何世紀もにわたって勢力を振るっています。 悲しげに、これらの「エリート」は彼らの影響を及ぼしている仮定のいくつかで全く正しいです。 「エリート」の慎重な操作を含む様々な理由で、大衆は、彼らに依存して、無知で、柔らかく怠惰であることを余儀なくさせました。 それらに起こっていることに値すると主張することができます。 ボリュームはこの対象の四方で書かれていますが、私のためのそれのすべての結論は「エリート」が冷淡で、不正直で、全く利己的で悪いということです。 彼らが創造で暗くて、不吉なすべてを表して、それらに反対されて、破らなければなりません。 私が研究した材料の部分さえ正しいなら、他の気にかける事と自由の雰囲気を保存する人々のために達するべきである結論は全く人類のためにありません。


4. As was stated in the Grace Commission Report to then President Reagen, virtually NONE of the "dollars" collected by the personal income tax go to the support and functioning of the government. (The government has many sources of revenue, of course, some of which are actually legitimate.) Your personal income tax dollars go straight into the treasury of the Federal Reserve (check the back of your cancelled check which you sent the IRS) -- which is, again, a PRIVATE CORPORATION owned and controlled by a relative handful of the richest and most powerful families in the world. Your tax dollars go to pay the INTEREST ONLY on a federal debt which was unnecessary from the start and which should best be described as a flimflam and a fraud. It was set up as such, and has continued to be recognized as such all along by those "in the know". That "highly respected economists" continue to put forth elaborate (and incoherent) explanations for the necessity and workability of such concepts as "elastic money supply", central banking, and fractional reserve banking is simply a tribute to the work of institutions of social engineering and brainwashing such as Tavistock, Brookings Institute, and Stanford Research.


Given that a) there is no law requiring you to pay income tax and b) the income taxes that are being paid are being fraudulenty expropriated into the pockets of international gangsters (read "bankers"), it follows that c) YOUR WHOLE NOTION OF SOCIAL, ECONOMIC, AND POLITICAL REALITY IS A LIE! And a search for truth will prove to be a dangerous thing, because an honest attempt to disprove what you have been reading will lead you to the realization that you only pay income taxes for one reason -- and one reason only: FEAR.


Herein lie the discovery, the shame, the outrage, and the need for commitment. You have been had because you were too fat, dumb, and happy to pay attention to the abundant clues. You made sure you and your family got as big a piece of the pie as you could, and then closed your eyes to what the baker might be doing to the rest of the human family. Well, I have news for you. What the baker has been doing to the rest of the human family may very well be done to YOU in the relatively near future, and, I guarantee you, will be done to your children and their children in the next decade or two.




4. グレース委員会報告に次の、レーガン大統領に述べられたように、実際には所得税で集められた「ドル」のNONEは政府のサポートと機能に続きます。 (政府には、もちろんそれの或るものが実際に正統である収入の多くの源があります。) あなたの所得税ドルはまっすぐ連邦準備制度理事会(あなたがIRSを送った支払い済み小切手の裏をチェックします)(再び世界の最も豊かで最も強力な家族の相対的な一握りによって所有されて、制御された兵士の社である)の宝庫に入ります。 あなたの税金ドルは、興味の対象であり、よって不要であり、いんちきとして最も良い記述するべきである連邦政府の負債と詐欺に支払いに行きます。 そういうものとしてセットアップされて、そういうものとして認識され続けた、すべて、ずっと、「内情に詳しい」で。 「高く尊敬されたエコノミスト」が、「弾力的貨幣供給量」、主要な銀行業、および部分準備銀行業のような概念の必要性と加工性のための入念で(支離滅裂)の説明を差し出し続けるのは、単にソーシャルエンジニアリングと洗脳のタヴィストック、ブルッキングズ研究所やスタンフォード研究所などの団体の仕事への捧げ物です。


付与、そのa)賃金所得税とb) 国際的な悪漢のポケットに収用されたfraudulentyであることが支払われている所得税にあなたを必要とする法が全くなくて(「銀行員」を読んでください)、それがそのc)に続く、 社会的で、経済の、そして、政治上の現実に関するあなたの全体の概念は偽りです! そして、真実の検索は危険物であると判明するでしょう、あなたが読んでいるものに論駁する正直な試みがあなたをあなたが税金が個人的には推論する収入、および1つの理由だけしか支払わないという認識に導くので: 恐れます。


この場所に横たわってください。発見、恥、暴挙、および委任の必要性。 あなたが豊富な手がかりに注意を向けることができないくらい太っていて、馬鹿で、幸福であったので、あなたを持っていました。 あなたは、あなたとあなたの家族があなたが得ることができたのでパイの同じくらい大きい切れを得たのを確実にして、次に、パン屋が人類の残りにしているかもしれないことまで目をつぶりました。 さて、私はあなたにニュースを持っています。 私はパン屋が人類の残りにしていることを比較的近いところで非常に上手にあなたに将来でするかもしれなくて、次の10年間か20年間のときにあなたの子供と彼らの子供にするのをあなたを保証します。


5. In his book Behold a Pale Horse, William Cooper powerfully explains that whether information is true or false or whether you believe it or not makes absolutely no difference. If the people with the power believe it, then you WILL BE AFFECTED by what they decide to do. To deny this reality is a foolhardy abdication of responsibility -- which YOU may appear to get away with, but from which your children will not be spared.



Again, as related by William Cooper, sometime after World War II the "elite" became convinced (and they may be correct) that, the overpopulation/pollution problems had upgraded from a mere nuisance to a imminent calamity. As a result, there has been over the last three or four decades a direct conspiracy to depopulate the so-called Third World and to de-industrialize the Western World. There are, of course, many conflicting interests to be dealt with, and the advent of high technology has both helped and hindered the conspirators. Nonetheless, the clues and evidence of both the existence and successes of this effort are abundantly plain in their ugliness and horror.



The tools in the arsenal of the "elite" have evolved right along with technology, but their methods have not basically changed over the centuries. Everything they do is based upon ruthless self-interest, unabashed deception, and utter disdain for the lives and well-being of the rest of the human family. To accurately comprehend the thought processes of the "elite", it is necessary to grasp their view of "the rest of humanity" as literally so much cattle. The masses are seen as incapable of utilizing the truth even if they were given it, and fit only to be manipulated to suit the fancy and pleasure of the "elite".



The sophisticated seem to like the term "social engineering". The social engineering of the "elite" includes such devices as wars, famines, the intentional spread of disease, virtually total control and manipulation of ALL governments of the earth, the control of information (education, publishing, entertainment, and newsi.e., a monopoly on brainwashing), and the complete infiltration and compromising of the most socially and economically powerful institutions, such as law, commerce and banking, medicine, and religion. A careful study of public records reveals the not too surprising fact that ownerships and board of directorships of the vast majority of Corporate America are shared by a frightening and very incestuous network of families, cronies, "brothers" of secret societies, and people who are known to virtually own and control other members of "the group". Remember, if you can control something, what does it matter if someone else's name is on the ownership papers?



The systematic destruction of the industry and economy of the United States of America is currently a high priority for the "elite". Thanks to the greed, apathy, and stupidity of American citizens, the deed is nearly done. Without caring to debate the moral dilemma as to whether the American mindset is a product of the social engineering of the "elite", I would simply observe that our self-proclaimed enlightened, educated and "successful" upper middle class should share greatly in the responsibility for the pending suffering and deaths of countless poor souls who might have been spared and helped toward a more decent life. Though made into a tired cliche, it remains a fact that only a sobering up from our blinding materialistic orgy can make available the human resources needed to save and reclaim the liberty and dignity of a way of life which has always held the seeds of greatness and goodness.



If you doubt what you are reading because you never heard about it in school or on television, or because there isn't a book about it on the "best-seller list", you need to carefully re-read the previous two paragraphs. Then you need to search and study, as I have, to try to prove this wrong -- only to find that it is, in fact, a reality. I am fully aware how paranoid this sounds. Nonetheless, I firmly believe that almost all public "reality" (that which comes from beyond your immediate world of family, friends, and neightbors) is permeated with dishonesty and driven by an agenda belonging to the "elite" and the "would-be elite".



It cannot be overemphasized that virtually all sources of public information (from school textbooks to the evening news) are owned or controlled by the "elite". If you think you know what is going on because you read "Newsweek", watch "60 Minutes", or "Larry King", think again. So you have an advanced degree in economics, law, or political science? Sorry. You're all the worse off. Who do you think largely controlled the writing and, more importantly, the selection of your textbooks? Your brainwashing has simply been more lengthy and more sopisticated. In addition, you now have a massive ego problem which combines the arrogance of the "educated" with the insufferability of appearing to be just as duped as the "common man".



The "informing" and "educating" of the masses has purposely created within us an attention span which exceeds the thirty second "soundbite" only with the greatest of difficulty. While it may be merely a reality of the Age of Specialization, think about the significance of the following: SOMEONE ELSE prepares, packages, and delivers to us the house we live in, the car we drive, the clothes we wear, the food we eat, the music we listen to, the entertainment we watch, and the information to which we react or not. With the exception of our "job", virtually our entire reality is prepared, packaged and delivered to us FOR OUR CONSUMPTION. We do not truly create or even participate in the bulk of what we consider our reality. Further, we have virtually no way to even verify reality except through the avenues provided us by the very people who created, packaged and delivered it to us in the first place.



As for our jobs, the remaining facet of our reality over which we may have some control, it has been widely observed that jobs in the industrialized world continue to become more and more specialized, isolated, unfulfilling, and, in wide sectors of the economy, more unskilled and lower paying. Even in the professions, there is an increasing feeling of impotence, the result of faceless, bureaucratic controls, pressures, and social "issues" so loudly trumpeted by the media. Our abilities and opportunities to think clearly and profoundly and to act decisively and courageously continue to be emasculated.



"News" is all an elaborately orchestrated play, ESPECIALLY the controversy -- the juicy stuff which really makes you feel that they're on to something. If you regularly partake of the media, you are automatically entered in the "Red Herring Derby". When they get you all worked up over one of their "controversial issues", you are hooked up (preoccupied) with one of their pet red herrings. Those issues are created or managed so that they, generally, do not interfere with the primary agenda of the "elite", no matter which way the issue goes. Could the world ACTUALLY BE so overrun by evil? Would not the requisite cornerstone for such a condition be the people's disposition to deny the possibility? Is it not POSSIBLE that the current situation exists, in fact, largely because we "good" people have overestimated our goodness, our principles, our courage?





5. 彼の本の「日曜日には鼠を殺せ」では、ウィリアム・クーパーは、情報が本当であるか、誤っているか、またはあなたがそれを信じていることにかかわらず強力にそれについて説明する、または絶対に重要です。 大衆であるなら、パワーで、信じていて、次に、あなたは彼らがすると決めることに影響されるでしょう。 この現実を否定するのは、責任の無鉄砲な後退です--あなたの子供がならないかどれから割かれなかったあなたがしかし、持ち逃げするかもしれないように見えるもの。


ウィリアム・クーパーによって関係づけられる第二次世界大戦のいつか後に一方、「エリート」が確信するようになった、(それらは正しいかもしれません)、人口過剰/公害問題は単なる迷惑から差し迫っている災難までアップグレードしました。 その結果、ここ30年間か40年間の間、いわゆる第三世界を過疎化させて、反-西洋世界を工業化するダイレクト共謀があります。 対処されるために多くの闘争関心がもちろんあって、ハイテクの到来は、ともに陰謀者を助けて、妨げました。 それにもかかわらず、存在とこの努力の成功の両方に関する手がかりと証拠は豊富です。彼らの醜さと恐怖は、明瞭です。


「エリート」の蓄えにおけるツールは絶えず、技術で発展しましたが、それらの方法は100年間基本的に今まで変わっていません。 彼らがするすべてが人類の残りの人生と幸福のために無情な私利、恥ずかしくない詐欺、および全くの軽蔑に基づいています。 正確に「エリート」の思考過程を理解するために、文字通りとても多くの牛としてそれらの「人類の残り」の視点を理解するのが必要です。 大衆は、それを彼らに与えたとしても真実を利用することができないのを見ていますが、「エリート」の空想と喜びに合うように、操られます。


洗練は「ソーシャルエンジニアリング」という用語が好きであるように思えます。 「エリート」のソーシャルエンジニアリングは実際には戦争、飢饉、病気の意図的な普及、地球のすべての政府の総コントロールと操作、情報(洗脳の教育、出版、エンターテインメント、およびnews、独占)のコントロール、および完全な浸透のような装置と法や、商業や、銀行業や、薬や、宗教などの最も社会的と経済的に強力な団体の妥協を含んでいます。 公文書の慎重な研究は企業アメリカのかなりの大部分の任期の所有権と委員会が家族、親友、秘密結社の「兄弟」、および実際には「グループ」の他メンバーを所有して、監督するのが知られている人々の恐ろしくて非常に近親相姦のネットワークによって共有されるという驚異的過ぎるというわけではない事実を明らかにします。 所有権書類の上に他の誰かの名前があるなら、あなたが何かを制御することができるなら重要であったのを覚えていますか?


現在、産業の系統的な破壊とアメリカ合衆国の経済は「エリート」のための高い優先度です。 アメリカ国民の欲張り、冷淡、および無知のおかげで、ほとんど分からず行為をします。 アメリカの考え方が「エリート」のソーシャルエンジニアリングの製品であるかどうかに関して道徳的なジレンマについて討論するのを気にかけない、私が、私たちが開眼していて、教育されて「うまくいっている」中産階級が割いて、助けたかもしれない無数の不運な人の未定の苦しみと消滅への責任を大いに分担するべきであるのを単に観測するだろう。 より多くの人並みの生活 陳腐な決まり文句に作られていますが、私たちの目が眩むような唯物論の乱交パーティからしらふだけで生き方の自由と威厳を救って、取り戻すのに必要である人的資源が利用可能になる場合があるという事実のままで、どれがいつも偉大さと善良の種子を保持していたかとして残っています。


あなたが学校かテレビでそれについて決して聞かなかったか、またはそれに関する本が「ベストセラーリスト」にないので、あなたが読んでいるものを疑うなら、あなたは、慎重に前の2つのパラグラフを再読する必要があります。 次に、あなたは、これが間違っていると立証しようとするために私がそうしたように探して、研究する必要があります--事実上、それが現実のものであることがわかるためだけに。 私はこれがどれくらいパラノイアに聞こえるかを百も承知しています。 それにもかかわらず、私は、ほとんどすべての公共の「現実」(あなたの家族、友人、およ近隣の即座の世界から来るそれ)が「エリート」に属す議題と「ひとりよがりエリート」によって不正直に透過されていて、運転されると堅く信じています。


それを偏重することができません。公開情報(教科書から晩のニュースまでの)のほとんどすべての源が、「エリート」によって所有されているか、または制御されます。 あなたが、あなたが「ニューズウィーク」、腕時計「60ミニッツ」、または「ラリー・キング」を読むので何が起こっているかを知っていると思うなら、考え直してください。 したがって、あなたには、経済学、法、または政治学における高度な学位がありますか? すみません。 あなたはすべて、よりひどくありませんね。 あなたは、だれがあなたの教科書の書くことと、より重要に品揃えを主に制御したと思いますか? あなたの洗脳は単に長いです。そして、以上はsopisticatedされました。 さらに、あなたには、現在、「教育」の傲慢をちょうど「ただの人」としてだまされるように見える、insufferabilityに結合する大規模な自我問題があります。


大衆の「案内」と「教育」は私たちの中でわざわざ32番目の"sound bite"を困難で最もすばらしいものだけを超える注意持続時間を作成しました。 それが単にSpecializationのAgeの現実のものであるかもしれない間、以下の意味について考えてください: SOMEONE ELSEは私たちが住んでいる家、私たちが運転する車、私たちが着る衣服、私たちが食べる食物、私たちが聞く音楽、私たちが見るエンターテインメント、および私たちが反応する情報を私たちに準備して、パッケージして、届けます。 私たちの「仕事」を除いて、実際には私たちの全体の現実は、準備して、パッケージして、私たちへのFOR OUR CONSUMPTIONを届けます。 本当に、私たちは、私たちが私たちの現実であると考えることに関する嵩に作成しないし、または参加しさえしません。 さらに、私たちには、第一にそれを私たちに作成して、パッケージして、届けたまさしくその人々によって私たちに提供された大通りを除いて、現実について確かめるのさえ実際には方法が全くありません。


私たちの仕事、私たちが何らかのコントロールを持っているかもしれない現実の残っている一面に関して、工業世界での仕事が、ますます専門化していて、孤立していて、そして、経済の広いセクターで充実していなくて、より下手で下側の賃金になり続けると広く認められました。 職業ではさえ、インポの増加する感じがあるので、特徴のなくて、官僚のコントロール、圧力、および社会的な「問題」の結果はやかましくメディアでトランペットを吹きました。 私たちの能力と明確に、そして深く考えて、決定的に勇敢に行動する機会は、去勢され続けます。


「ニュース」はすべて入念に調整されたプレーです、ESPECIALLY。論争--あなたにそれらが何かにそうであると本当に感じさせる気の利いたもの。 定期的にメディアを相伴するなら、あなたは自動的に「薫製ニシンダービー」に入れられます。 彼らがあなた方のすべてをそれらの「論争中の問題」の1つ以上に働かせるとき、あなたはそれらのペットの薫製ニシンの1つと共に取り付けられています(先取されます)。 それらの問題が作成されるか、または管理されるので、一般に、「エリート」の第一の議題を妨げません、問題がどの方向に行っても。 そのように悪によってオーバランさせられる世界ACTUALLY BEはそうすることができますか? そのような状態のための必要な礎石は可能性を否定する人々の気質でないでしょうか? それはPOSSIBLEではありません。事実上、現在の状況が主に私たち「良い」人々が存在したので存在しているのが私たちの善良を過大評価しました、私たちの原則、私たちの勇気?




6. I can understand that this document might be inadequate to grab the attention of individuals who simply do not possess corroborating experience or information. I have some empathy for those who cannot deal with the fear, pain, and insecurity brought on by certain probabilities. However, the principal reason that the contents of this document may fall on deaf ears is the gut-churning, heart-wrenching, head-splitting FACT that pleasure and material comfort have addicted and blinded the reader.


May I remind you that many of your ancestors left their women and children to fend for themselves while they went to fight and die for the cause of liberty. Most of us have been so miseducated and brainwashed over the last century, that the previous sentence really just doesn't mean much. The Patriots who launched the American Dream over two hundred years ago would today be viewed as crackpots and radicals.


I believe the Republic of the United States of America could only be established in the first place because of the presence of sufficient individuals of character who were prepared to stand and die at any moment for principles and moral ideals which resonated in their souls. These individuals were far more concerned with losing their souls than losing their lives. Furthermore, many of them understood full well that "losing one's soul" involves no more than failing to heed that which resonates in the soul, and having "lost one's soul" is when it finally just stops resonating.


How much resonating could possibly be going on in the souls of American citizens who ignore, condone, or even enthusiastically support the monstrous evil conducted and abetted throughout the world by the U.S. government. How much resonating could exist in the souls of people who will rationalize in high gear to come up with reasons why certainly THEY could not be expected to take a stand against the likes of the I.R.S., the F.B.I., or the United States Federal Courts, especially over such issues as are raised in this document.


Imagine, if you will, that some superior power disagreed with the United States invasion of Grenada, and, in order to convince the U.S. to pull out, decided to bomb YOUR city. Let us say that MEMBERS OF YOUR IMMEDIATE FAMILY WERE KILLED in the bombing (I beg you to take a moment right now and let that chilling possibility really soak in.). Suppose you were to discover that the bombs that killed your loved ones were built in the U.S.A. (perhaps in your own city -- perhaps where you work), and that the bombs were purchased by the superior power using "foreign aid" moneys from the U.S.A. You then further learn that the foreign aid "moneys" were borrowed from the Federal Reserve who created said "moneys" out of thin air, and that you, the U.S. taxpayer, owe not only the principal but interest on the "loan". As if this isn't enough, you subsequently learn to your horror that the governments of both the superior power and the U.S.A. have merely been carrying out the foreign policy dictates of the men who own and control the Federal Reserve -- the very men, in fact, who hand picked the officials of both governments in the first place.


At this point, would you worry about taking a stand because you might lose your Social Security benefits? Your job? Your house? Your respectability? Would you adopt the religious stance that "these are the last days and this is all just the inevitable fulfilling of prophecy"? I suspect not. And I rather suspect that nothing would stand in the way of your rage and your resolute purpose to avenge the death of your beloved family members on the evil men who had perpetrated the heinous deed.



How different the reaction when the dead family members belong to people of different color skins in far off places -and the whole heinous act is sanitized for your viewing pleasure on CNN! But then, of course, those people should have made THEIR government behave itself. What a nerve they had to make us worry about gasoline prices, and how audacious of them to try to repossess land stolen from them by our brothers the British who wanted to set up a puppet monarchy to front for their oil interests (Yes. The same gang that owns the Federal Reserve.).



The American economic engine of the past two hundred years, combined with the Rip Van Winkle act of the American soul and the brilliantly evil conspiracy of the "elite", has turned us into a nation of mercenary whores whose labors have supported unspeakable evil and whose price has been and continues to be pleasure and material prosperity. God help us! We are ripe for destruction!








6. 私は、このドキュメントが単に経験を確証するか、情報を持っていない個人の注意をつかむために不十分であるかもしれないことを理解することができます。 私には、何らかの感情移入が、ある確率によって起こされた恐怖に対処することができない人々、痛み、および不安定によってあります。 しかしながら、このドキュメントのコンテンツが家禽の耳の責任となるかもしれない主要な理由は腸かきまぜることです、悲痛であり、喜びと材料が慰めるヘッドが分かれるFACTは読者のおぼれて、目をくらましました。


彼らが自由の原因のために戦って、死にに行っていた間、私が、彼らの女性と子供があなたの先祖の多くで自活したとあなたにお知らせしますように。 私たちの大部分は、最後の世紀に、そうmiseducatedされて、洗脳されていて、前の文は本当にただ多くを意味しません。 200年以上前にアメリカンドリームに着手したパトリオットは今日、変人と急進論者として見なされるでしょう。


私は、第一に用意ができていたキャラクタの立って、いつ何時彼らの精神で共鳴した原則と道徳的な理想ためには死ぬことができるくらいの個人の存在のためにアメリカ合衆国共和国を設立することができただけであると信じています。 これらの個人は一命を落とすよりずっと彼らの精神を失うのに関係がありました。 その上、彼らの多くが、「人の精神を失います」が、精神で共鳴するそれを意に介すだけではないのを伴うのをいっぱいによく理解していました、そして、「人の精神を失います」はそれが共鳴するのを最終的にただ止める時です。


どのくらいの共鳴は世界中で米国政府によって行われて、助けられた奇怪な弊害を無視するか、容赦するか、または熱狂的に支持しさえするアメリカ国民の精神で先へ進むかであるかもしれませんか? どのくらいの共鳴が本書では上げられるような問題の特に上で確かに、内国歳入庁S.、F.B.I.、または合衆国の連邦政府のCourtsの同様のものに対して明確な態度を打ち出すとTHEYを予想することができなかった理由を思いつくためにギヤがトップに入って推論する人々の精神に存在することができますか?


何らかの優れたパワーが、グレナダの合衆国の侵入と意見を異にして、引き抜くように米国に納得させるためにYOUR都市を爆撃すると決めたと言わば想像してください。 爆撃でそのMEMBERS OF YOUR IMMEDIATE FAMILY WERE KILLEDを言いましょう(私は、たった今、瞬間を取るようにあなたに請って、その恐ろしい可能性に本当にインチを浸させます)。 あなたの親類を殺した爆弾が米国で組立てられて(恐らくあなたが恐らくあなた自身の都市働いているところで)、爆弾が優れたパワーによって米国から「対外援助」財源を使用することで購入されたと発見することになっていたと仮定してください。次に、あなたは、どこからともなく前述の「財源」を作成した連邦準備制度理事会から対外援助「財源」を借りて、あなた(米国の納税者)が校長だけではなく、「ローン」での関心も負っているのをさらに学びます。 まるでこれが十分でないかのように、あなたは、次に、優れたパワーと米国の両方の政府が単に連邦準備制度理事会を所有して、制御する男性の外交政策命令を実行しているのを恐ろしかったことには学びます--、まさしくその男性、事実上、だれが第一に、手で両方の政府の職員を選びましたか?

ここに、あなたはあなたが社会保障利益を失うかもしれないので明確な態度を打ち出すのを心配するでしょうか? あなたの仕事? あなたの家? あなたの体面? あなたは宗教姿勢を採用するでしょう。「これらは最後の数日です、そして、これはすべて、ちょうど予言の必然の実現ですか?」 私は疑いません。 そして、私は、何も凶悪な行為を犯した不吉な男性の上で死にあなたの最愛の親族の仕返しをするためにあなたの激怒とあなたの意志の堅い目的の邪魔をしないとむしろ疑います。


そして、どれくらい異なる、死んでいる親族が遠い場所の異なったカラー皮の人々のものであることの反応、-、あなたがCNNで喜びを見るように、全体の凶悪な行為は殺菌されます! しかし、そして、もちろん、それらの人々はTHEIR政府を行儀よくさせるべきでした。 私たちにガソリン価格であって彼らが私たちの兄弟によってそれらから盗まれた陸を再入手しようとするのがどれくらい図太いか彼らの油の関心に向かうために人形君主制を設立したがっていたイギリス人を心配させるように、彼らはどんな神経を持っていましたか。(はい。 連邦準備制度理事会を所有している同じギャング。).


アメリカ人の精神のリップヴァンWinkle条例と「エリート」の鮮やかに不吉な共謀に結合された過去200年のアメリカの経済エンジンは私たちを価格が労働が言い知れぬ弊害を支持して、あって、喜びであり続ける報酬目当ての売春婦と物質的な繁栄の国に変えました。 神は私たちを助けます! 破壊において、私たちは熟しています!



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

(*´ω`*)ノこんちぁ~!それよくわかりますよ・・w
実はわたしもry
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR