FC2ブログ

その1-3


7. Finally, the following tidbits are offered for you to embrace or disprove:



a) The success of the Bolshevik Revolution in Russia in 1917 was ensured by financing direct from New York capitalists. The communist/capitalist, East/West confrontation was always and continues to be an elaborate charade carried on for multiple reasons not the least of which has been the unimaginable enrichment of weapons industries of the "elite". This is not to say there was never any risk of a nuclear holocaust, simply that the "elite" managed the risks to within what they considered acceptable levels, given the available rewards.



b) Churchill ordered Roosevelt to enter World War II, and together they orchestrated the causes of and facilitated the carrying out of the attack on Pearl Harbor. Roosevelt was warned of the attack three days before it occurred. This is well documented, and gives one a small insight into the incredibly cynical and heinous mindset of the "elite".



c) Hitler was, in fact, originally bankrolled into power by British financial interests. It has been well documented that the munitions factories on BOTH sides of World War II were either owned outright or financed by the same families. Weapons factories in Germany were routinely avoided in bombing raids. Whoever was "calling the shots" seemed to prefer to bomb the worker housing and other civilian targets. (In case it hasn't occurred to you, these families who owned the munitions factories also happen to own the private corporation called the Federal Reserve which is winding up with all your tax money. Is it starting to chafe a little?)



d) So much has been made of Viet Nam, that people are bored with the subject, yet one of the primary reasons for the war had to do with drugs. It is a fact that the United States government (the "War on Drugs" notwithstanding) has been heavily involved in every aspect of drug trade for many years, and the Golden Triangle in Southeast Asia was not going to be disrupted without a sizable fuss on the part of good ole' Uncle Sam. The prolonged "conflict" (read "war, loss of life, destruction of a Third World country") provided a ripe opportunity for massive profits in the arms and transportation industries, as well as a perfect laboratory environment for all sorts of human engineering projects. The icing on the cake of Viet Nam was that it became the perfect tool for the demoralization and fractionalizing of the citizenry of the United States of America in preparation for the sabotaging of the American engine.



Drug money is still a major factor in "U.S. foreign policy". Where do you think much of the money for covert C.I.A. and OTHER secret government operations comes from? Iran/Contra is a classic example of this along with other operations which either Congress refuses to fund or which must be kept secret from the rest of the government.



A large portion of the fortunes of the British "elite" was obtained in the opium markets of the Orient. All sorts of wars, and unspeakable suffering has been brought upon the human race directly out of the desire of the "elite" to maintain, control, and protect this fabulously lucrative trade in drugs. It bears repeating that these are the same people who created the Federal Reserve, who create our money for us out of thin air and charge us interest on it (which interest can only be paid through the creation of yet more nonexistent, interest-bearing money), and into whose account all of your personal income tax dollars are directly deposited.



e) The Kennedy assassination has been made into an American obsession, a money-making media circus. That the simplistic, transparent, and utterly moronic Warren Commission Report is still defended as the truth, is merely an ongoing litmus test on the American frame of mind -- which can only be viewed as pathetic. Who killed JFK is as relevant as who killed Cock Robin. Even the most politically naive are beginning to understand that elected political officials above the level of dog catcher are "put up" to run for office. And, generally, both sides of the race are covered so that who wins only dictates small changes in the nature of the political charade. The people who put Nixon and Kennedy up for election and tolerated Kennedy's victory decided that Kennedy had to be taken out. WHY? That is the question! Answer that question and you will be well on your way to an intimate knowledge of the LIE, who is behind it, and what you must do to at least give your children a fighting chance against this force.



f) The web of fraud, deception, and unlawful control, in which the American people have allowed themselves to be ensnared, is as magnificent and awe-inspiring as the work of any large spider you may have viewed on a dew-covered, Fall morning. How could such an ugly little creature build such a beautiful, delicate structure and, with it, entrap the FREE and beautiful butterfly?



How, indeed, could we lose our knowledge of the meaning of Liberty and surrender our God-given, unalienable rights in exchange for "social" security? We have become a nation of wimps, preoccupied with our "emotional problems", coveting our pleasures, and terrified of losing even the least of our precious material possessions -- our "stuff".



So eager are we to be protected from each other (and from ourselves) that we allow the government to create laws and "statutes" the very nature of which would have been utterly repugnant to our forefathers. We complain about the bureaucracy, yet, when pressed on the specific issues, confess that we feel safer if the government requires licenses of all our fellow citizens to supposedly ensure that they will run their businesses "properly", build things "right", drive "safely", etc., etc.


Yet the Constitutional protections, miraculously, are still in tact and available to us, if we would but claim them. Were you aware that, in many states, there is no lawful basis for the requirement to obtain a driver's license or to license your automobile? In fact, if you investigate the definitions in relevant federal statutes, you will find that the definition of "driver" refers only to "persons" operating a motor vehicle for business purposes. A passenger is a "person" whose transportation has been paid for, and a vehicle is a conveyance being used for a commercial purpose. You can have even more fun looking up "person". The legal verbiage in most state code books is, in my opinion, wholy inadequate to require any citizen, travelling in his or her privately owned automobile, to possess a license to do so. Yet honest, courageous people who point out these facts in court and claim their freedom to travel are routinely fined and/or jailed. Whether or not you like the idea of the "driver's license" is not the point. The point is that we have long since descended into unabashedly dishonest government -- what might be best described as legislative and bureaucratic totalitarianism. This has not come about through human error or mistakes. The spider does not weave a web by mistake, and the butterfly flies into it primarily because it is not paying enough attention to where it is flying.


7. 最終的に、以下の一片はあなたが抱擁するか、または論駁すると申し出られます:


a) 1917年のロシアのボルシェビキ革命の成功は融資によってニューヨークの資本家からダイレクトに確実にされました。 共産主義者/資本家、東の、または、西の対立はいつもである精巧なジェスチャーゲームにそれの最少でないのが「エリート」の兵器産業の想像を絶する裕福である複数の理由で続けられたということであり続けます。 これは単に、「エリート」が彼らが合格水準であると考えたことに危険を管理したという核大虐殺のどんなリスクも決してなかったと言わないためのものです、利用可能な報酬を考えて。


b) チャーチルが、第二次世界大戦に入るようにルーズベルトに命令して、彼らは、真珠湾で攻撃について一緒に、原因を調整して、搬出を容易にしました。 起こる3日前にルーズベルトは攻撃について注意されました。 これがよく記録されて、わずかな洞察を1つに与える、信じられないほど、「エリート」のシニカルで凶悪な考え方。


c) 事実上、イギリスの投資関係者は元々、パワーにヒットラーの資金を出しました。 第二次世界大戦のBOTH側の上の軍需工場が完全に所有されていたか、または同じ家族によって融資されたとよく記録されました。 ドイツの兵器工場は空襲できまりきって避けられました。 「指揮していた」人なら誰でも、労働者住宅と他の民間目標を爆撃するのを好むように思えました。 (あなたの心に浮かんでいないといけないので、また、軍需工場を所有していたこれらの家族がたまたまあなたのすべての税金で終わっている連邦準備制度理事会と呼ばれる私法人を所有しています。 それは少し擦りむき始めていますか?)


d) とても多くがベトナムで作られました、その民族は対象に退屈していました、しかし、戦争の第一の理由のひとりがドラッグと関係がありました。 '良いole側のかなり大きい大騒ぎなしで混乱させられるのは、合衆国政府(「麻薬を撲滅しようとする闘争」にもかかわらず)が何年間も大いに麻薬取引のあらゆる局面にかかわっていて、東南アジアの黄金の三角地帯が行く予定でなかったという事実です'アメリカ政府。 長引いている「闘争」(「戦争、死亡、第三世界国の破壊」を読む)は大規模な利益に兵器と運送業に熟している機会を与えました、いろいろな人間工学プロジェクトに、完全な実験室環境と同様に。 ベトナムのケーキの上のアイシングはアメリカのエンジンのサボタージュに備えてアメリカ合衆国の市民の退廃とfractionalizingのための完全なツールになったということでした。


それでも、「米国外交政策」で麻薬を売って得た金は重要な要因です。 どこで、あなたは、ひそかなCIAとOTHERの秘密の官営のためのお金の多くが来ると思いますか? イラン/コントラは議会が資金を供給するのを拒否する他の操作に伴う政府の残りによって秘密に保たなければならないこの典型例です。


東洋のアヘン市場でイギリスの「エリート」の財産の大きい部分を得ました。 いろいろな戦争の、そして、言い知れぬ苦しみは直接「エリート」がドラッグの中にこの途方もないほど有利な貿易を維持して、制御して、保護する願望から人類にもたらされました。 それは、これらが連邦準備制度理事会を創設したのと同じ人々であることを繰り返すのに堪えて、だれが私たちのためにどこからともなく私たちのお金を作成して、私たちにそれの利息(しかし、より多くの実在しなくて、利付きのお金の創造で利息を支払うことができるだけである)を請求するか、そして、あなたの個人所得のすべてがだれのアカウントにドルに税をかけるかは直接預けられます。

e) ケネディの暗殺をアメリカの妄想、理財メディアサーカスにしました。 安易で、透明で、全く愚直なウォーレン委員会Reportは、真実が単に心(哀れであるとして見なすことができるだけである)のアメリカのフレームの進行中のリトマス試験であるので、まだ防御されています。 だれがJFKを殺したかは、だれがCockロビンを殺したかと同じくらい関連しています。 分かり始めるのが立候補するために「提供される」という最も政治的にナイーブなオフィスさえ。 そして、一般に、レースの両側は、だれが勝つかが政治上のジェスチャーゲームの本質でばら銭を書き取るだけであるように、覆われています。 選挙のためにニクソンとケネディを提供して、ケネディの勝利を許容した人々は、ケネディが取り出されなければならないと決めました。 なぜですか? それは問題です! その質問に答えてください。そうすれば、あなたはこの力に対してそれの後ろにいるLIEとあなたが勝ち目をあなたの子供に少なくとも与えるためにしなければならないことに関する詳細な知識へのよく行く途中になるでしょう。


f) 詐欺のウェブ(詐欺、および不法なコントロール)は、どんな大きいクモの仕事とも露で覆われたFall朝見られた状態で同じくらいすばらしくて、同じくらい恐れ多いです。(そこでは、アメリカ人の人々はわなにはめられました)。 それで、そのような醜い小さい生物は、どうしたらそのような美しくて、デリケートな構造を建設して、無料の、そして、美しい蝶をわなにかけることができますか?


本当に、私たちは、「社会的な」セキュリティと引き換えにどうしたらリバティの意味に関する私たちの知識を失って、私たちが神-当然のこと、「非-譲渡可能」権利を明け渡すことができますか? 私たちは、私たちの喜びを切望しながら私たちの「情緒面の問題」に気を取られた弱虫の国になって、私たちの貴重な物質的富の最少さえ失うのを脅かしました--私たちの「もの。」


とても切望しているのは、私たちです。互い(そして自分達から)から保護されるために、私たちの祖先には、私たちがどれについて法を作成する政府と「法令」にまさしくその自然を許すかは、全くいとわしかったでしょう。 私たちは、官僚制度に関して不平を言いますが、特定の問題で押されると、政府が私たちのすべての同市民が推定上彼らが「適切に」自分達のビジネスを経営しているのを確実にして、「正しい」ものを造って、「安全に」運転するなどライセンスなどを必要とするなら、より安全であると感じるのを自供します。


しかし、それらを要求するのを除いて、私たちが利用可能であるなら、Constitutional保護は、まだ気転には奇跡的にあって、私たちにとって利用可能です。 あなたは運転免許証を得るか、またはあなたの自動車を認可するという要件のどんな合法的な基礎も多くの州にないのを意識していましたか? 事実上、関連連邦法令との定義を調査すると、あなたは、「ドライバー」の定義がビジネス目的のために自動車を操作しながら単に「人々」について言及するのがわかるでしょう。 乗客は輸送が代価を払われた「人」です、そして、乗り物は商業目的に使用される運送です。 あなたは「人」にさらにおもしろい見ることを持つことができます。 私の意見では、ほとんどの州のコードブックにおける法的な多言は市民を必要とするように不十分なwholyです、そうするライセンスを持つためにその人の個人的に所有されている自動車を旅行して。 しかし、正直です、法廷でこれらの事実を指摘して、旅行する自分達の自由を要求する勇敢な人々が、きまりきって罰金を課される、そして/または、投獄されます。 あなたが「運転免許証」の考えが好きであるかどうかは、ポイントではありません。 ポイントは私たちは以来、長い間、平気で不正直な政府の中に降りています--立法上の、そして、官僚の全体主義として記述されている中で最も良いかもしれないことということです。 これは人為ミスか誤りを通して生じていません。 クモは間違っているウェブを張りません、そして、主としてそれが飛ぶ予定であるところに関する十分な注意を向けていないので、蝶はそれに飛び込みます。

g) If the point about the "driver's license" in the previous section seemed trivial or even "socially dangerous" to you, that is because you (like myself) are a product of an American education establishment which has systematically miseducated the nation's youth, purposely twisting, destroying, and deleting the truth about the nature of Liberty, the American Republic, and the protection of the Constitution.



If you will look up the Communist Manifesto in any good encyclopedia, and study it thoroughly (it is quite short), you should be impressed with how many of its ten planks are either law or de facto public policy in the U.S.A. Even more sad for the tattered cause of Liberty, is the possibility that you may actually feel the Communist Manifesto sounds pretty good, and feel that the "right wing" elements only deplore Communism because it hampers their greedy, capitalistic opportunities. This leads to the need for you to gain an understanding of the principles of thesis, antithesis, and synthesis. I must not expand this document to the extent that would be needed to deal with those principles, but, suffice to say, the "elite" deal at the level of synthesis. Both the thesis and the antithesis are in the realm of the Emperor's Clothes and the "Red Herring Derby".




g) 前のセクションの「運転免許証」に関するポイントがあなたにとって些細であるか「社会的に危険に」さえ見えたなら、すなわち、あなた(自分のような)がそうので、そうしたアメリカの教育設立の成果は系統的に国の若者をmiseducatedしました、わざわざねじれていて、リバティの自然、アメリカの共和国、および憲法の保護に関して真実を破壊して、削除して。


どんな良い百科事典でも共産党員Manifestoを見上げて、それを徹底的に研究するなら(それはかなり短いです)、10枚の板のいくつが、リバティのぼろぼろの原因には、より悲しい米国Evenの法か事実上の公共の方針のどちらかがあなたが、共産党員Manifesto音がかなり良いと実際に感じることができる可能性であるということであり、それらの貪欲で、資本主義的な機会を妨げるので「右翼」要素が共産主義を嘆くだけであると感じるかにあなたは感動するべきです。 これはあなたが論文、正反対、および統合の原則の理解を獲得する必要性に通じます。 私はこのドキュメントをそれらの原則に対処するのに必要である範囲に広げてはいけませんが、言うために十分にしてください、統合のレベルにおける「エリート」の取引。 論文と正反対の両方が皇帝のClothesと「薫製ニシンダービー」の分野にあります。


h) Has it ever occurred to you to question why the three major news networks all report virtually the same stories AND point of view night after night after night? Is your intellect flattered by the "expanded" reports of those VERY SAME STORIES on public television? Did you wonder why ONLY CNN was allowed to "report" on the Persian Gulf war? Have you never wondered why you are treated to such a steady diet of news about murder, rape, plane crashes, and other negativity which YOU can do nothing about? The news, friends, is worse than a lie. It is a calculated mixture of facts, lies, and distortions, creating a hypnotic fantasy which controls the masses as surely as if they had electrodes planted in their brains. The media lulls us to sleep or jolts us into carefully aimed paths of action, ACCORDING TO THE AGENDA OF THE "ELITE". I'm sorry. You may scoff at the idea. You may dismiss the idea. Nonetheless, unless you are soul-dead, I would bet that, deep in your heart, you are terrified that it may be true. You will never know for sure, however, unless you sincerely investigate the path illuminated for you by this document.



h) それは、今までに、3つの主要なニュースネットワークがすべて、なぜ夜の後に連夜、実際には同じ話のAND観点を報告するかを質問するためにあなたに浮かんだことがありますか? あなたの知性は公共テレビ放送でそれらのVERY SAME STORIESの「広げられた」レポートによってこびられますか? あなたは、なぜCNNだけがペルシャ湾戦争に関して「報告すること」が許容されたかと思いましたか? あなたは、なぜあなたが何もできない殺人、レイプ、飛行機墜落事故、および他の陰性に関するニュースのそのようなしっかりとしている食事に奢られるかと一度も思ったことがありませんか? ニュース(友人)は偽りより悪いです。 それは、事実の計算された混合物と、偽りと、ひずみです、同じくらい確実にまるで彼らには彼らの脳に植わっている電極があるかのように大衆を監督する催眠性の幻想を引き起こして。 メディアは、動作の慎重に目的とされた経路、ACCORDING TO AGENDA OF「エリート」に私たちを寝つかせるか、または私たちに衝撃を与えます。 すみません。 あなたは考えを軽視することができます。 あなたは考えを捨てることができます。 それにもかかわらず、あなたが精神死んでいない場合、私は、あなたの心で深いです、あなたがそれが本当であるかもしれないことが脅かされるのを賭けるでしょう。 しかしながら、心からあなたのためにこのドキュメントによって照らされた経路を調査しないと、あなたは決して確かに知らないでしょう。


i) You may be wondering why, if there is really such a diabolical reality facing the human family, your church leaders are not concerned or speaking out. Issues of the type addressed in this document are often placed in an elaborate context of religious tenets or spiritual values. As a result, urgent realities are often rationalized into oblivion. I am only interested in what is true, supportive of Liberty, and conducive to human caring.



As impacting these issues, the following occurs to me. Some leaders of small, independent churches have spoken out boldly and extensively. Leaders of large, powerful churches have little or nothing to say on these subjects, and, if you NEED to believe that they are unaware, then you have been snared in the spider's web. Churches which desire to be "legitimate and law-abiding" obtain a special tax status with the IRS. Shazam!!! Any statement which could remotely be construed as not "politically correct" is an open invitation to reprisals from virtually anyone in government as well as anyone having any influence with the IRS (i.e. the "elite"). Persons in high positions with the large and powerful churches know a great deal about the "elite". Some of them ARE the "elite". You will have to work out your own hang-ups on that subject. It can be very painful.


Even though obvious, it is very difficult to accept the reality that evil CAN shroud itself in mountains of good. Correlating my own experiences with evidence I have seen, it seems to me that virtually all large, powerful organizations (including churches and secret organizations such as brotherhoods) are covering up something -- ranging from misrepresentations to alliances with evil, to the LIE itself. Human consciousness being what it currently is, large, powerful organizations tend to be about control, power, and money. And if organizing people around otherwise true principles, to keep them (pre)occupied doing all sorts of good deeds, serves to keep them out of the way of the primary goals of the "elite", so much the better. That is hard to accept, isn't it? But it is true, nonetheless, and it stems from our human unwillingness to trust that which resonates in the soul and take responsibility for choosing what to stand for. As long as we continue to look for some outside authority to spoon-feed us life's basic issues, the ego-driven among us will gladly answer the call and manufacture the most magnificent, inspiring organizational structures (wombs) to heal our every insecurity. Thus we will continue to be so much cattle in the herd driven and guided by the "elite". Remember, the "elite" now believe there are too many cattle in the herd. Have you not noticed the direction in which the herd is being driven -- over the cliff?


i) あなたは、あなたの教会指導者が人類に直面しているそのような悪魔的な現実のものが本当にあればなぜ関係がないし、またははっきりと話していないかと思うことができます。 本書では宛てられたタイプの問題はしばしば宗教主義か精神的価値の入念な関係に置かれます。 その結果、緊急の現実はしばしば忘却に合理化されます。 私は本当の、そして、支持していてリバティを、人間の気にかけるのに役に立つことに興味を持っているだけです。


これらの問題に影響を与えるとして、以下を思い出します。 小さくて、独立している教会のリーダーの中には大胆に、手広くはっきりと話した人もいました。 大きくて、強力な教会のリーダーには、何も少しかこれらの対象の上に言うことがありません、そして、彼らが気づかないと信じるのが必要であるなら、あなたはクモの巣で陥れられました。 「正統で遵法であること」を望んでいる教会がIRSと共に特別な税金状態を得ます。 Shazam! 「ポリティカリーコレクト」でないのに離れて理解することができたどんな声明も実際にはIRS(すなわち、「エリート」)とのどんな影響も持っているだれもと同様に政府のだれからのも報復への開いている招待状です。 大きくて強力な教会がある高い地位の人々は「エリート」に関して多くを知っています。 それらのいくつかが「エリート」です。 あなたはその対象の上にあなた自身のハングアップを解決しなければならないでしょう。 それは非常に苦痛である場合があります。

明白ですが、悪がそれ自体を利益の山として包むことができるのは現実を受け入れるのが非常に難しいです。 私が見たという証拠の私自身の経験を関連させて、悪で誤伝から同盟まで及んで、ほとんどすべての大きくて、強力な組織(兄弟愛などの教会と秘密の組織を含んでいる)が何かを隠しているように私にとって思えます、LIE自身に。 現在人間の意識がそれが何であるかということであり、大きくて、強力な組織は、コントロール、パワー、およびお金に関してある傾向があります。 それらを保つためにそうでなければ、本当の原則の周りで人々を組織化する、(前、)、いろいろな善行、それらを「エリート」の第一の目標で辺ぴで、尚更良く保つためにサーブしながら、占領されます。 それは受け入れにくいんでしょう? しかし、それはそれにもかかわらず、本当です、そして、精神で共鳴するそれを信じて、何を表したらよいかを選ぶことへの責任を取る私たちの人間の気がすすまないことから、由来します。 私たちが、私たちをさじで食べさせる権威の外でいくつかを探し続ける限り、人生の初版、私たちの中の自我駆動の意志は、喜んで電話口に出て、私たちのあらゆる不安定を癒すために、最もすばらしくて、奮い立たせている組織体制(子宮)を製造しています。 したがって、私たちは、「エリート」によって運転されて、誘導された群れのとても多くの牛であり続けるつもりです。 覚えていてください、そして、「エリート」は、現在、あまりに多くの牛が群れにいると信じています。 あなたはがけの上で群れが運転されている方向に気付いていませんか?

j) One final point begs introduction which may strike closer to home for some of you. From a variety of reasons and impetuses, I have been interested in health, diet, and medical issues for many years. Although not an authority by any means whatever, I have been exposed to vast amounts of information on different sides of many of these issues. You should be aware that the "elite", the government, the American Medical Association, the Food and Drug Administration, virtually all pharmaceutical houses, the American Cancer Society, most major corporations in the food production sector, as well as many other entities ("institutes", societies, and associations) are involved in a Draconian conspiracy to suppress, distort and discredit information regarding diet, health, and so-called alternative medicine. There is simply no doubt of the conspiracy, although it is so complex that it can be more easily viewed as a collection of thousands of individual conspiracies of various sizes which just happen to support each other with an amazing degree of coincidence. What is this all about? The usual, of course -- money, power, and ego. What it is about at the higher levels of the "elite" is an entirely different matter -- having to do with the driving of the herd off the cliff.



In 1984 my mother died of cancer. Could her cancer have been prevented? Yes. Could her cancer have been cured? Most likely. But the information which would have given her the choice to prevent or cure her disease was and is ruthlessly suppressed and discredited. There is only one reason for this, again the money, power, and egos jeopardized by an informed public empowered to deal with their health issues largely ON THEIR OWN.


The love of money is, indeed, at the root of evil, and if honesty is going to cost someone a LOT of money (much less power and position), what do you think the odds are of the truth being willingly let out? I am personally acquainted with a nutritional consultant (Ph.D in biochemistry and nutritional pharmacology) who had, at last count, 33 A.I.D.S. patients, 30 of whom no longer show any symptoms of the disease. The American Medical Association will not communicate with him. No one in the government seems to want to talk to him. The Veterans Administration has refused to provide him with medical records so that he can authenticate these situations. In fact, there is reason to believe they have deliberately "lost" or destroyed records in some instances. There are probably hundreds of incidents of this nature and many books in print on related issues. Is there some bogus misinformation floating around that would discredit those promoting alternative viewpoints on diet and medicine? Of course. Enough to absolve the Establishment of the conspiracy charges? Not by a long shot!



j) 最終的な1ポイントはあなた方の何人かのために衝撃を与えるかもしれない序論を請います。 さまざまな理由と起動力から、私は何年間も健康、食事、および医学の問題に興味を持っています。 なんとかすべての権威ではありませんが、私はこれらの問題の多く異なる側の上の広大な量の情報に親しみました。 あなたは「エリート」、政府、米国医師会、食品医薬品局、ほとんどすべての製薬会社、アメリカ癌協会、食糧生産セクターのほとんどの大企業、および他の多くの実体(「研究所」、社会、および協会)が食事、健康、およびいわゆる代替医療に関する情報を抑圧して、歪めて、疑うDraconian共謀にかかわるのを意識しているべきです。 共謀の疑問が全く単にありません、それが非常に複雑であるので、驚くべき度の偶然の一致でただたまたま互いを支持する様々なサイズの何千もの個々の共謀の収集として、より容易にそれを見なすことができますが。 これは何に関しますか? もちろん普通である、--お金、パワー、および自我。 がけから群れの運転と関係があるので、それが「エリート」の、より高いレベルで関することは完全に異なった問題です。


1984年に、私の母は癌で死にました。 彼女の癌を予防することができましたか? はい。 彼女の癌は回復することができましたか? たぶん。 しかし、彼女の病気を予防するか、または治療するために選択を彼女に与えた情報は、あって、無慈悲に抑圧されて、疑われます。 この1つの理由だけ、再びお金があります、パワー、そして、彼らの健康に対処するのに権限を与えられた知識がある公衆によって危険にさらされた自我はON THEIR OWNを主に発行します。

本当に、金銭欲が悪の根にあります、そして、だれかがお金(まして、パワーと位置)のLOTを正直に費やすなら、あなたは多分どう進んで外に出される真実を思いますか? 私は個人的に最後のカウントで30そのがもう病気のどんな兆候も示さない33人のA.I.D.S.患者を持っていた栄養のコンサルタント(生化学と栄養の薬理学の博士号)と面識があります。 米国医師会は彼とコミュニケートしないでしょう。 政府のだれも、彼と話したいように思えません。 復員軍人援護局は、彼がこれらの状況を認証することができるように、カルテを彼に提供するのを拒否しました。 事実上、彼らが故意にある場合に記録を「失う」か、または無効にしたと信じる理由があります。 たぶん、関連する問題で印刷しているこの種と多くの本の何百件もの事件があります。 食事と薬で代替の観点を促進するものを疑う浮かぶ何らかのにせの誤伝がありますか? もちろん。 共謀の罪の特権階級を解放するためには十分? 大いにない!

Health issues are immensely complex. "Physical" "mental", "emotional", and "spiritual" may indeed be little more than our own crude definitions of aspects of human reality, which overlap in ways we have yet to discover. We will, however, never have the blessing of truth available to us as long as we cannot muster the courage to do battle with those of the LIE who would keep it from us. To accept the tyranny of an "elite" which dole out medical knowledge only when it is profitable for them to do so is to tolerate a state of humiliating vassalage which should be repugnant to the heirs of the American Republic. That is the only real issue here -truth, Liberty, and caring.



Well, I guess enough is enough. You may have already dismissed this document as the ravings of a deluded, paranoid alarmist. That is what I would have likely done five years ago. Hopefully, something contained herein is consistent with your own observations or suspicions, and you will go on from here. The reading list on the last page is only a very tiny portion of the information now available. Much of it is hard to find and difficult to study, much less absorb.

健康問題は非常に複雑です。 本当に、「物理的な」「感情的で」、「霊的な」「精神的」はただ私たち自身の人間の現実の局面の粗雑な定義であるかもしれません。(局面は私たちがまだ発見していない方法で重なります)。 しかしながら、私たちは私たちからそれを妨げるLIEの人々と戦うために勇気を奮い起こすことができない限り、真実の天恵を私たちにとって利用可能に決してするつもりではありません。 受け入れるために、彼らがそうするのが、有益であるときにだけ医学知識を分け与える「エリート」の圧制は家臣の身分を辱しめるアメリカの共和国の相続人にとって、いとわしくあるべきである状態を許容することです。 すなわち、本当だけがここで真実、リバティ、および気にかけることを発行します。


さて、私は十分が十分であると推測します。 あなたは欺かれて、パラノイアの心配性の狂乱として既にこのドキュメントを捨てたかもしれません。 それは私が5年前におそらくしたことです。 うまくいけば、この場所に含まれた何かがあなた自身の観測か容疑と一致しています、そして、あなたはここから先へ進むでしょう。 終面の推薦図書は現在利用可能な情報の非常に小さい部分であるにすぎません。 それの多くは、研究して、まして、吸収するのは、見つけにくくて難しいです。

Let me be very clear on one point. Any search for truth will involve sifting through mountains of misinformation (mistakes), disinformation (lies), and noninformation (distractions), in order to eventually come upon small pieces of information which then must be understood, analyzed, compared and eventually pieced together to arrive at a bit of truth. And then, hopefully, that bit of truth can be successfully used as a direction finder in the search for the next bit.



There is no doubt in my mind that I am mistaken about some of my "facts". My perceptions cannot all be flawless. As a matter of fact, I would love to be proved wrong on every count. But, alas, I have given some pretty important and powerful people -- people in positions of public trust, who should care-- every opportunity to set me straight, and, almost without exception, there is silence. That is the same silence which has answered the many many thousands of similar inquiries which I know have been made.



No. This scenario herein presented to you is, on the whole, very accurate, and I have now discharged my responsibility to make you aware of it to the best of my ability. The search for truth is a dangerous thing, indeed. The possession of truth, on the other hand, can ruin your whole day. If this has ruined your day, I want you to know that, although I myself fall just a tad short of Dale Carnegie in my positive outlook, some of the most optomistic, caring, courageous people I know are totally committed to this battle to expose the LIE. Living at a dark time in human history provides the maximum opportunity for even the smallest of flames to cast a lot of light. I am willing to discuss any of these issues with anyone as time will allow, and to refer anyone to sources of help and information. If, however, anyone has emotional baggage that cannot be shed, or axes to grind, or tender spots which may result in offense being taken, please remember that the search for truth is a dangerous thing. You embark on it of your own free will. If you really don't want answers, then don't ask questions, especially
not of people whose answers you know could be extremely painful.

私は1ポイントの上で非常に明確ににさせてください。 真実のどんな検索も、誤伝(誤り)、故意の誤報(横たわっている)、および「非-情報」(注意散漫)の山を調べるのを伴うでしょう、結局次に理解されて、比べて、分析されて、結局少しの真実に到着するように継ぎを当てなければならない小さい情報に出くわすために。 そして、うまくいけば、次のビットに方向探知機として検索に真実のそのビットを首尾よく使用することができます。


私が私の「事実」のいくつかについて思い違いしているという私の心における疑問が全くありません。 私の知覚はすべて疵がないはずがありません。 実は、私はあらゆるカウントのときに間違っていると立証されたいです。 ああ、しかし、私は私を直すあらゆる機会を何人かのかなり重要で強力な人々(公共の信用の位置の人々)に与えました、そして、沈黙がほとんど例外なしであります。位置は気にかけるべきです。 それは私がされたのを知っている同様の問い合せの多くの多くの数千に答えた同じ沈黙です。


いいえ この場所にあなたに提示されたこのシナリオは概して非常に正確です、そして、私は現在、できる限りあなたをそれを意識するようにする責任を放出しました。 真実の検索が危険物である、本当に。 他方では、真実の所有物はあなたの全体の日を台無しにすることができます。 これがあなたの日を台無しにしたなら、私は、私自らですが、デール・カーネギーより私の積極的な見解でちょうどほんの少し下回ってください、最もoptomisticのいくつかを知って欲しいと思います、気にかけます、LIEを露出するために完全に送られる私がこの戦いに知っている勇敢な人々。 暗い時に人間の歴史に生きるのは最も小さい炎さえ多くの光を投げかける最大の機会を提供します。 時間が許容するようにだれのこれらの問題のどれかについて議論して、私はだれでも助けと情報の源に差し向けます。 しかしながら、だれにもはじくことができない、感情的な手荷物、研摩する軸、または犯罪をもたらすかもしれない取られる穏やかなスポットがあるなら、真実の検索が危険物であることを覚えていてください。 あなたはあなた自身の自由選択についてそれを始めます。 本当に答えが欲しくないなら、特に非常に苦痛であるかもしれないあなたが答えを知っている人々に質問しないでください。

To those of you who have known me in any degree I express thanks for the sharing of that which was good between us and sorrow for any hurt or negativity that I may have brought you. Thank you for thinking enough of me to read this far.



Someone said once, "If you are bored with your life, find a good fight and get in it!" This is a good fight. I am in it. It is unlikely I will ever be bored again!



少しも私を知っていたあなたの人々に、私はいずれに関する私たちと悲しみの間で害を与えられている利益か陰性であったその共有の私があなたを連れて来たかもしれない感謝を申し上げます。 私を遠くにこれを読むほど思ってくださってありがとうございます。


「あなたは、身を捨ててくり抜かれて、健闘を見つけて、それに入りますか?」と、だれかが一度言いました。 これは健闘です。 私はそれにいます。 私が二度と退屈するのは、ありそうもないです!







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

(*´ω`*)ノこんちぁ~!それよくわかりますよ・・w
実はわたしもry
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR