FC2ブログ

Chapter II 概要

"If the American people ever allow private banks to control the issue of their money, first by inflation and then by deflation, the banks and corporations that will grow up around them, will deprive the people of their property until their children will wake up homeless on the continent their fathers conquered."

Thomas Jefferson


NOTICE TO THE PUBLIC

Chapter II





Behind the Scenes,Lurks the BANK




"Give me control of a nation's money and I care not who makes her laws."

Meyer Rothschild




Before going into this little chapter, let it be known that in the present time there is no "conspiracy" operating in our "banking system". It is in fact a well oiled operating plan. ("Conspiracy" is a buzz word used by the "media" which throws our thinking process a little off course.) Most of the bankers that we common folks know and deal with are decent, regular people. They can be trusted and run a clean store. Very few of these folks know anything about the fraudulent institution they work for. We will always need them to handle our money matters. It is the OWNERS, the billionaire "banksters" (not bankers, but financiers), that we must learn about. For a complete history of our devious banking system, SEE The Money Masters.


By becoming familiar with the issues of CONTROL, MOTIVE and POWER (Chapter III covers how this works), plus learning a little history, one is able to recognize truth. Throw the nature of man into the equation and you will conclude that the people of the world have been swindled by a few self-serving aristocratic thieves (the "elite"). As in most stories of corruption, it is wise to sniff on the money trail to find the truth.


There are several ways to gain control over a nation beyond armed conflict. To quote John Maynard Keynes (1838-1946), a well known English economist, "Lenin was certainly right. There is no subtler, no surer way to overturn existing society than to debauch the currency. The process engages all the economic forces on the side of destruction which not one man in a million is able to diagnose."


The history made available on this site can be nit-picked apart forever by "scholars" and there are details from place to place that may be inaccurate. These details are the "trees". Examine the whole picture (the "forest") and evidence is overwhelming in showing fraud of a monstrous proportion. We are all victims of this international crime. The true wealth of all nations connected to the central bank cartels has been plundered.


There is an old saying that knowledge is power. Maybe so, but massive power requires massive wealth to go along with the knowledge. This may be a "ho hum" statement for you, the reader, at this moment. Finish this little book, and it will no longer seem unimportant. Bear in mind that us "cattle and sheep" have one strong card to play and that is that we outnumber the elitists. Hold on to this thought as we move along in this "little book".


Learn how the banking industry is using your signature to create money, and why you don't know about it




"The fact is that there is a serious danger of this country becoming a pluto-democracy; that is, a sham republic with the real government in the hands of a small clique of enormously wealthy men, who speak through their money, and whose influence, even today, radiates to every corner of the United States."




William McAdoo

President Wilson's national campaign vice-chairman,

wrote in Crowded Years (1974)


"Those who do not remember history are doomed to relive it" is an old quotation. In our modern America it is difficult not to relive it because a lot of it is kept away from us by distraction (ENTERTAINMENT and stress). It (history) IS available in publc libraries and even more so on the internet. People must search for it today as the important parts of history are no longer available in public schools and especially so in American history.


This chapter will fill in a lot of missing history. The topic of banks and money may seem a little dry, but if you go into the subsections (buttons at top left and bullets below), in addition to background history, you will find a story that is more exciting, "unbelievable", and incredible than any thriller book or movie. The issues of money and banking are the common denominators that tie all our history together. When this little fact becomes apparent, history becomes a much more vibrant subject.


In addition, this information is important to know, not only for ourselves, but our country, the world, and our children. What you don't know is hurting you and your future and especially your children's future. If you doubt this, click here.





US DOLLAR PURCHASING POWER DURING THE 20th CENTURY


U.S. Department of the Treasury (their site **It MONITORS YOU!)





ALFII

THIS BANK HONORS PRIVACY






Secrets of the Bank of England Revealed






CLICK FOR WALL STREET SCAM






「アメリカ人がいつか、プライベートバンクがそれらのお金の問題をコントロールすることを可能にするならば、彼らの子供が、彼らの父が征服した大陸の上のホームレスを起こすであろうまで、インフレによる、それからデフレーション(それらのまわりで成長するであろう銀行と企業)による一番目は彼らの特性を人々から奪うであろう」。

トーマス・ジェファーソン

一般大衆に気づきなさい。

第2章I

舞台裏で、潜む 銀行

「私に国家のお金のコントロールを与えなさい。そうすれば、私は、誰が彼女の法律を作らないかを気にしている」。

マイアー・ロスチャイルド

[警告のためにサメをクリックしなさい]

この小さな章になる前に、現在の時間に、私達の「銀行制度」において動作していない「共謀」があることを知られているようにしなさい。

それは実のところよく油を差された運用計画である。

(「共謀は、」コースから少し私達の思考プロセスを投げる「メディア」によって使われた流行語である。)

私達、普通の人々が知っていて、やりとりする銀行家のほとんどはきちんとし、普通の人々である。

彼らは信頼されて、クリーンな店を経営することができる。

彼らが働く不正な組織について、これらの人々のほとんどは何も知っていない。

私達は、私達の貸借事項を処理するためにいつも彼らが必要である。

私達がについて学ばなければならないのはOWNERS、億万長者「banksters」(銀行家ではなく財政家)である。

私達のよこしまな銀行制度、SEE Theお金マスターズの全記録のために。

CONTROL、MOTIVE、およびPOWER(これが働く方法で、章IIIはカバーする)の問題に精通することに加えて少量の歴史を学ぶことによって、人は、真実を認めることができる。

人の性質を方程式の中に投げなさい。そうすれば、あなたは、世界の人々が数人の利己的な貴族の泥棒(「エリート」)によって詐取されていると断定するであろう。

堕落のほとんどの話の中のように、真実を見つけるためにお金跡の上で嗅ぐことは賢明である。

武力衝突を越えて国家に関してのコントロールを得るいくつかの方法がある。

ジョン・メイナード・ケインズ(1838-1946)(よく知られているイギリスエコノミスト)を引用する、「レーニンは確かに正しかった」。

既存の社会を倒す、通貨を堕落させることより微妙で、全然より確実でない方法が全然ない。

「プロセスは、百万における1人の人も、診断することができない破壊の側の上のすべての経済力を引きつける」。

このサイトの上で入手可能にされた歴史は「学者」によって永久に別々に卵で選ばれることができて、あちこちに詳細がある(それが不正確であるかもしれない)。

これらの詳細は「木」である。

写真(「森林」)全体を試験しなさい。そうすれば、証拠は、奇怪な釣り合いの詐欺を示すことにおいて圧倒的である。

私達はすべてこの国際的な犯罪の犠牲者である。

中央銀行カルテルに接続しているすべての国家の真実の富は略奪されている。

知識がパワーであるという古いことわざがある。

たぶん、そうけれども大規模に、知識とともに行くために、パワーは大規模な富を必要としている。

これはこの瞬間にあなたのための「hoブンブン」ステートメント、リーダであるかもしれない。

この小さな本を読み終えなさい。そうすれば、それはもう非重要であるようでないであろう。

私達 遊ぶために、「牛と羊」が1つの強いカードを持ち、私達がエリートに数でまさることである精神に支えなさい。

私達がこの「小さな本」において進む時に、この考えを保持しなさい。

「事実は、pluto民主主義国になっているこの国の重大な危険があることである;」

「すなわち、彼らのお金を通して話し、影響が今日さえ米国のすべてのコーナーに放射する非常に裕福な人の小さな徒党の手に現実の政府をもつ偽の共和国」。

ウィリアム・マカドゥー

ウィルソン大統領の全国的なキャンペーン副議長は込んでいる年(1974年)を書き込んだ。

「歴史を覚えていない人々は、それを追体験することを運命づけられている」は古い引用である。

私達の現代のアメリカで、それの多くが私達から注意散漫(ENTERTAINMENTとストレス)によって遠ざけられるので、それを追体験しないことは難しい。

それ(歴史)はpublcライブラリで入手可能で、インターネットの上でよりいっそうそうである。

歴史の重要な部分が公立学校でもう入手可能でなく、アメリカの歴史において特にそうなので、人々は今日それを検索しなければならない。

この章はたくさんの行方不明の歴史を埋めるであろう。

銀行とお金のトピックは少し乾燥するようであるかもしれないけれども、あなたが背景履歴に加えて小分(左上のボタンと下の銃弾)中に行くならば、あなたは、どのようなスリラー本または映画よりも「信じられない」が興奮していて、信じられない話を見つけるであろう。

金融の問題は、すべての私達の歴史を束ねる公分母である。

この小さな事実が明白になる時に、歴史はもっとずっと振動した主題になる。

さらに、この情報は、自身だけでなく私達の国、世界、および私達の子供のために知るように重要である。

あなたが知らないものはあなたとあなたの将来と特にあなたの子供の将来を傷つけている。

あなたがこれを疑っているならば、ここをクリックしなさい。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

大変ですよねー;w;私もちょっと微妙?かも?
あんまり関係なくてごめんなさいね><;
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR