FC2ブログ

Chapter III-2

Human hierarchies, in contrast to the animal variety, are best sustained when the members are deluded regarding the oppressive nature, or better, even the very existence of the hierarchy! Visible rulers are highly vulnerable. Thus we see visible rulers claiming to be representatives of God, the common good, the material forces of history, the general will (either through vote or intuition), tradition, or other intellectual "spooks" that serve to lessen the envy of the ruled for the rulers. Encouraging such self-delusions among the masses of the ruled is universal for visible governments. However, such spooks are little protection for the leaders of such systems against their sophisticated elite rivals and no protection against men like your father. The Roman Empire was unquestioned by the mass of its subjects for centuries, but the Emperors lived in constant fear of coup and assassination. By embracing deception wholeheartedly at every level, finance capitalism, or rule through money, has fashioned the ultimate system yet devised for the secure exercise of power. Men like your father, the hidden masters of finance capitalism, govern those who govern, produce, and think through invisible financial tentacles, the operations of which will be elucidated later by my colleagues. Dominance in all aspects of society is surreptitiously accomplished while the great majority of the ruled, and even most of the visible leaders, believe themselves to be fairly autonomous, if harried, members of a pluralistic society. Nearly everyone believes major decisions to be the vector sum of autonomous pressures exerted by business, labor, government, consumers, social classes, and other special interests. In fact, the vectors of societal power are carefully balanced by us so that any net movement is in a direction chosen by us. The only fly in the ointment is the occasional, but extremely messy, interferences by competing financial dynasties. This disconcerting problem will not be a major topic for this weekend.


I now yield to Professor Q. who will elucidate the central secrets of your father's immense money power. 動物のバラエティーと対照して、人間の階層構造は、メンバーが圧倒的な本質に関して欺かれるとき、支えるか、最も良いよりまたは良いです、階層構造のまさしくその存在さえ! 目に見える定規は非常に傷つきやすいです。 したがって、私たちは、目に見える支配者が、定規のための統治の嫉妬を少なくするのに役立つ神の代表、公益、歴史の物質力、一般意志(票か直観による)、伝統、または他の知的な「幽霊」であると主張しているのを見ます。 目に見える政府に、統治の大衆でそのような自己幻想を奨励するのは普遍的です。 しかしながら、そのような幽霊は彼らの洗練されたエリートライバルにもかかわらず、あなたの父のような男性に対する保護に対するそのようなシステムのリーダーのための少ない保護です。 対象の固まりに従って、ローマ帝国は何世紀もの間疑いがなかったのですが、皇帝はクーデターと暗殺の絶え間ない恐怖に生きました。 あらゆるレベルで心から詐欺を迎え入れることによって、金融資本主義、またはお金による規則がパワーの安全な運動のためにまだ工夫されていた究極のシステムを作成しました。 あなたの父のような男性(金融資本主義の隠されたマスター)はそれの操作が後で私の同僚によって解明される目に見えない財政的な触手を通して治めて、生産して、考える人々を治めます。 支配しているコネ、統治の大多数、および目に見えるリーダーの大部分さえ、自分たちがかなり自治であると信じている間、社会の全面はこっそりと達成されます、侵略するなら、多元的社会のメンバー。 ほとんど皆は、ベクトルの和であるという主たる決定がビジネスによって加えられた自治の圧力と、労働と、政府と、消費者と、社会階級と、特別に他の関心であると信じています。 事実上、社会のパワーのベクトルが私たちによって慎重にバランスをとられているので、私たちによって選ばれた方向にはどんなネットの運動もあります。 唯一の玉に傷が、時々にもかかわらず、非常に乱雑であり、競争するのによる干渉は財政的な王朝です。 この混乱させる問題は今週末のために主要な話題にならないでしょう。


私は現在、なるあなたの父の莫大なお金のパワーの主要な秘密を解明するのにQ.を教授にもたらします。


PROFESSOR Q. ON OCCULT KNOWLEDGE AS THE KEY TO POWER


Throughout history, secure ruling elites arise through secret, or occult, knowledge which they carefully guard and withhold from outsiders. The power of such elites or cults diminishes as their occult knowledge is transformed into "scientific" knowledge and vanishes as soon as it becomes "common sense." Before analyzing the secrets of the finance capitalist money cult, let us glance for historical perspective at occult astronomy, the oldest source of stable rule known to man of which astrology is but the pathetic remnant.


As soon as men abandoned the life of wandering, tribal hunters to till the soil they needed to predict the seasons. Such knowledge was required in order to know when to plant, when to expect floods in fertile valleys, when to expect rainy seasons, and so on. Months of back- breaking work were wasted by the unavailability of the calendar, a convenience we take for granted. The men who first studied and grasped the regularities of sun, moon, and stars that presage the seasons had a valuable commodity to sell and they milked it to the fullest at the expense of their credulous fellowmen. The occult priesthood of early astronomers and mathematicians such as the designers of Stonehenge, convinced their subjects that they alone had contact with the gods, and thus, they alone could assure the return of planting seasons and weather favorable to bountiful harvests. The staging (predicting) of solar and lunar eclipses was particularly effective in awing the community. The general success resulting from following the priesthood's tilling, planting, nurturing, and harvesting time tables insured the priesthood's power.

動かすキーとしてのオカルトの知識の教授Q.


歴史中に、安全な支配層エリートは彼らが部外者から慎重に警備して、差し控える秘密の、または、オカルトの知識を通って起きます。 そのようなエリートかカルトのパワーは、それらのオカルトの知識が「科学的な」知識に変えられるのに応じて減少して、「常識」になるとすぐに、消え失せます。 財政資本家お金のカルトの秘密を分析する前に、歴史観のために、オカルトの天文学にもかかわらず、占星術がそうである男性にとって知られている安定した規則の最も年取った源にもかかわらず、哀れな残りはちらりと見ましょう。


男性が歩き回ることの人生を捨てて、現金箱への部族のハンターが土であるとすぐに、彼らは、季節を予測する必要がありました。 そのような知識が、いつかを植物、いつ肥沃な流域における洪水を予想するか、またいつ梅雨を予想するか、そして、などに知るのに必要でした。 何カ月もの逆壊れている仕事はカレンダーの使用不能、私たちが当然のことと思う便利で浪費されました。 季節の前兆となる太陽の規則性、月、およびスターが最初に研究して、握った男性は販売する貴重な商品を持っていました、そして、彼らは彼らの信じやすい同胞を犠牲にして最もふくよかにそれの乳をしぼりました。 初期の天文学者のオカルトの聖職とそれらだけが持っていた彼らの対象が取り入れられると神、およびその結果、彼らだけとの接触が、気前のよく好ましい季節と天気を植える復帰を保証するかもしれない確信しているストーンヘンジのデザイナーなどの数学者。 太陽の、そして、月の食の演出(予測する)は共同体を畏敬するのにおいて特に有効でした。 聖職に従うのがタイムテーブルを耕して、植えて、保育して、取り入れるのを生じる一般的な成功は聖職のパワーを保障しました。

Today's Christmas-holiday season continues the tradition set by ancient priesthood, who conducted rituals on the winter solstice to reverse the retreat of the sun from the sky. Their invariable success was followed by wild celebrations. Popular knowledge of seasonal regularities was discouraged by every manner of mysticism and outlandish ritual imaginable. Failures in prediction were blamed on sins of the peoples and used to justify intensified oppression. For centuries, people who had literally no idea of the number of days between seasons and couldn't count anyway cheerfully gave up a portion of their harvests, as well as their most beautiful daughters, to their "faithful servants" in the priesthood. The power of our finance capitalist money cult rests on a similar secret knowledge, primarily in the field of economics. Our power is weakened by real advances in economic science. (Fortunately, the public at large and most revolutionaries remain totally ignorant of economics.) However, we established money lords have been able to prolong and even reverse our decline by systematically corrupting economic science with fallacious and spurious doctrines. Through our power in the universities, publishing, and mass media we have been able to reward the sincere, professorial cranks whose spurious doctrines happen to rationalize in terms of "common good" the government supported institutions, laws, and economic measures upon which our money powers depend. Keynesianism is the highest form of phony economics yet developed to our benefit. The highly centralized, mixed economy resulting from the policies advocated by Lord Keynes for promoting "prosperity" has all the characteristics required to make our rule invulnerable to our twin nemeses: real private competition in the economic arena and real democratic process in the political arena. Laissez faire or free-market, classical economics was our original attempt to corrupt economic science. Its beautiful internal consistency blinded economists for many years to the fact that it had virtually nothing to do with current reality. However, we are so powerful today that it is no longer possible to conceal our imposing institutions with the appearances of free competition.

今日のクリスマス休暇の季節は古代の聖職で伝統セットを続けます。(その聖職は、空からの太陽の後退を逆にするために冬至に儀式を行いました)。 熱狂的な祝賀はそれらの不変の成功のあとに続きました。 季節の規則性に関するポピュラーな知識は想像可能な神秘説と風変りな儀式のあらゆる方法でがっかりしました。 予測における失敗は、民族の罪のせいにされて、以前はよく激化している圧迫を正当化していました。 何世紀もの間、季節の間に文字通り何日もの数の考えを全く持たないで、とにかく喜んで数えることができなかった人々が彼らの収穫の部分をあきらめました、彼らの最も美しい娘と同様に、聖職の彼女らの「忠実な使用人」に。 資本主義的なお金のカルトが主として経済学の分野で同様の秘密の知識で休ませる私たちの財政のパワー。 私たちのパワーは経済学における本当の進歩で弱められます。 (幸い、社会全般とほとんどの革命家が経済学に全く無知なままです。) しかしながら、私たちは、支配者が長持ちさせることができたお金を確立して、当てにならなくてうわべだけの主義で経済学を系統的に崩壊させることによって、衰退を逆にしさえします。 私たちが報酬を与えることができた大学、出版、およびマスメディアにおける私たちのパワーで、うわべだけの主義がたまたま「公益」に関する政府を合理化する誠実で、独断的なクランクは私たちのお金の権限を頼る団体、法、および経済対策をサポートしました。 ケインズ経済学は偽物の経済学の今まで私たちの利益に発生した中で最も高いフォームです。 非常に集結されている、「繁栄」を促進するために主のケインズによって支持された方針から生じる混合経済で、私たちのやり方を私たちの双子の強敵にとって傷つけられなくするようにすべての特性を必要とします: 経済アリーナでの全く個人的な競争と政界における全く民主的な過程。 無干渉か自由市場、古典派経済学が経済学を崩壊させる私たちのオリジナルの試みでした。 美しい内部の一貫性は何年間も実際には現在の現実と関係なかったという事実にエコノミストの目をくらましました。 しかしながら、私たちが今日非常に強力であるので、私たちが自由競争の外観で団体を課すのを隠すのはもう可能ではありません。

Keynesianism rationalizes this omnipotent state which we require, while retaining the privileges of private property on which our power ultimately rests. Although the interim reforms advocated by Marx in his Communist Manifesto such as central banking, income tax, and other centralizing measures can be corrupted to coincide exactly with our requirements, we no longer allow Marxist movements major power in developed countries. Our coercive institutions are already in place. Any real steps toward communism would mean our downfall. Of course, phony Marxism is an excellent ideological veil in which to cloak our puppet dictators in underdeveloped areas. Secondarily, the power of the lords of money rests on an occult knowledge in the area of politics and history. We have quite successfully corruptedthese sciences. Although many people are familiar with our secrets through such books as "1984" by the disillusioned George Orwell, few take them seriously and usually dismiss such ideas as paranoia. Since real politics is motivated by individual self-interest, history is viewed most accurately as a struggle for power and wealth. We do our best to obscure this self-evident truth by popularizing the theory that history is made by the impersonal struggles between ideas, political systems, ideologies, races, and classes. Through systematic infiltration of all major intellectual, political, and ideological organizations, using the lure of financial support and instant publicity, we have been able to set the limits of public debate within the ideological requirements of our money power. The so-called Left-Right political spectrum is our creation. In fact, it accurately reflects our careful, artificial polarization of the population on phony issues that prevents the issue of our power from arising in their minds. The Left supports civil liberties and opposes economic or entrepreneurial liberty. The Right supports economic liberty and opposes civil liberty. Of course, neither can exist fully (which is our goal) without the other. We control the Right-Left conflict such that both forms of liberty are suppressed to the degree we require. Our own liberty rests not on legal or moral "rights," but on our control of the government bureaucracy and courts which apply the complex, subjective regulations we dupe the public into supporting for our benefit. ケインズ経済学は私たちのパワーが結局かかる私財の特権を保有している間、私たちが必要とするこの全能の状態を合理化します。 当座の改革は中央であることのように彼の共産党員でマルクスでManifestoについて提唱しましたが、銀行業、所得税、および他の集結測定はちょうど私たちの要件と同時に起こるように崩壊することができます、と私たちがもう先進国でマルキシストの動き主要国を許しません。 私たちの高圧的な団体が既に適所にあります。 共産主義に向かったどんな本当のステップも私たちの失脚を意味するでしょう。 もちろん、偽物のマルキシズムは私たちの人形独裁者を発育不十分の部分として包む素晴らしいイデオロギーのベールです。 二次的に、お金の支配者のパワーは政治と歴史の領域でオカルトの知識にかかります。 私たちには、corruptedthese科学が全く首尾よくあります。 多くの人々が「1984」のような本を通して幻滅しているジョージ・オーウェルで私たちの秘密に詳しいのですが、わずかしか、真剣にそれらを受け止めて、通常、パラノイアのような考えを捨てません。 リアル・ポリティクスが個々の私利によって動機づけられているので、歴史は権力闘争と富として最も正確に見なされます。 私たちは、歴史が考えと、政治システムと、イデオロギーと、レースと、クラスとの非個人的な戦いで作られているという理論を平易にすることによってこの自明の理をあいまいにするために最善をつくします。 すべての主要な知的で、政治上の、そして、イデオロギーの組織の系統的な浸透を通して、資金援助と即時の宣伝からの魅力を使用して、私たちは私たちのお金のパワーのイデオロギーの要件の中に立会演説の限界を設定することができました。 Left正しいいわゆる政界諸派は私たちの創造です。 事実上、それは正確に偽物の問題における私たちのパワーの問題が彼らの心で起こるのを防ぐ私たちの人口の慎重で、人工の分裂を反映します。 Leftは市民的自由を支持して、経済の、または、企業家の自由に反対します。 Rightは経済的自由を支持して、市民的自由に反対します。 もちろん、どちらももう片方なしで完全(私たちの目標である)に存在することができるというわけではありません。 私たちがRightによる左の闘争を制御するので、自由の両方のフォームは私たちが必要とする程度に抑圧されます。 私たち自身の自由はどんな法的であるか道徳的な「権利」でも休息していませんが、複雑で、主観的な規則を適用する政府の官僚組織と法廷のコントロールのときに、私たちは私たちの利益のための支持に公衆をだまします。


Innumerable meaningless conflicts to divert the attention of the public from our operations find fertile ground in the bitter hatreds of the Right-Left imbroglio. Right and Left are irreconcilable on racial policy, treatment of criminals, law enforcement, pornography, foreign policy, women's liberation, and censorship to name just a few issues. Although censorship in the name of "fairness" has been useful in broadcasting and may yet be required in journalism, we generally do not take sides in these issues. Instead we attempt to prolong the conflicts by supporting both sides as required. War, of course, is the ultimate diversionary conflict and the health of our system. War provides the perfect cover of emergency and crisis behind which we consolidate our power. Since nuclear war presents dangers even to us, more and more we have resorted to economic crisis, energy shortages, ecological hysteria, and managed political drama to fill the gap. Meaningless, brush fire wars, though, remain useful. We promote phony free-enterprise on the Right and phony democratic socialism on the Left. Thus, we obtain a "free-enterprise" whose "competition" is carefully regulated by the bureaucracy we control and whose nationalized enterprises are controlled directly through our government. In this way, we maintain a society in which the basis of our power, legal titles to property and money, remain secure, but in which the peril of free, unregulated competition is avoided and popular sovereignty is nullified. The democratic process is a sitting duck for our money power. Invariably we determine the candidates of the major parties and then proceed to pick the winners. Any attempts at campaign reforms simply put the rules of the game more firmly under our government's control.

私たちの操作から公衆の注意を転換する無数の無意味な闘争はRightによる左のもつれの苦い嫌いにおける肥よくな地面に当たります。 権利とLeftはわずかいくつかの問題を命名する人種的な方針、犯罪者の処理、法施行、ポルノ、外交政策、ウーマンリブ、および検閲のときに和解できないです。 「公正」の名にかけて検閲が、放送で役に立って、やがて、ジャーナリズムで必要であるかもしれませんが、一般に、私たちはこれらの問題でどちらか一方の側につきません。 代わりに、私たちは、必要に応じて両側を支持することによって闘争を長引かせるのを試みます。 戦争は、もちろん究極の牽制的な闘争と私たちのシステムの健康です。 戦争は私たちがパワーを統合する非常時と危機の完全なカバーを提供します。 核戦争が私たちにさえ危険を提示するので、ますます多くの私たちはその欠陥を補うために経済恐慌、エネルギー不足、生態のヒステリー、および管理された政治劇に頼りました。 もっとも、無意味なやぶ火事戦争は役に立ったままで残っています。 私たちはLeftでRightと偽物の民主社会主義に関する偽物の自由企業説を促進します。 したがって、私たちは「競争」が私たちが制御する官僚制度によって慎重に規制されて、国有化された企業が私たちの政府直接を通して制御される「自由企業説」を得ます。 このように、私たちは私たちのパワーの基礎、特性とお金への法的なタイトルが安全なままで残りますが、自由で、調節されない競争の危険が避けられて、国民主権が無効にされる社会を維持します。 民主的な過程は私たちのお金のパワーのためのいいカモです。 不変的に、私たちは、大政党の候補を決定して、次に、勝者を選びかけます。 キャンペーン改革へのどんな試みも単によりしっかり私たちの政府のコントロールの下にゲームの規則を置きます。

Totalitarianism of the fascist or communist varieties is no danger to us as long as bastions of private property remain to serve as our bases of operation. Totalitarian governments of both Right and Left, because of the vulnerability of their highly visible leaders to party rivals, can be manipulated easily from abroad. Primarily, totalitarian dictatorships efficiently prevent new money lords that could challenge our power from arising in whole continents, civilizations, and races. Perhaps a few words on ideology proper are in order before I conclude.


The only valid ideology, of course, is rational egoism, that is, the maximization of the individual's gratification by whatever means prove practical. This requires power over nature, especially, when possible, power over other humans who are the most versatile and valuable tools of all. Fortunately, we do not have a society of egoists. Money lords would be impossible in such a society as the mental spooks and rationalizations by which we characteristically manipulate and deceive would be a laughingstock. Under such circumstances a policy of live-and- let live or true "laissez-faire" anarchy might be the only alternative. Certainly a hierarchical order would be difficult to maintain by force alone. However, in the current era, while minds are yet in the thrall of altruistic, collectivistic, and divine moralistic spooks, the egoist's rational course is to utilize such spooks to control others.


The next speaker, Professor M., will detail the key in situation of our power: Central Banking. 私財のとりでが私たちの操作のベースとして役立つように残っている限り、ファシストの、または、共産主義のバラエティーの全体主義は私たちへの危険ではありません。 彼らの非常に目に見えるリーダーのパーティーのライバルへの脆弱性のために、海外からRightとLeftの両方の全体主義政体を容易に操ることができます。 主として、私たちのパワーに挑戦することができたにわか成金支配者は全体主義の独裁で効率的に全部起きることができません。大陸、文明、およびレース。 私が結論を下す前に恐らくイデオロギーに関するいくつかの単語自体が整然としています。


唯一の有効なイデオロギーがもちろん合理的なエゴイズム(すなわち、実用的であると判明するどんな手段による個人の満足の最大化)です。 可能であるときに、これは自然に関してパワーを特に必要とします、すべての最も多能で貴重なツールである他の人間の上のパワー。 幸い、私たちには、エゴイストの交際がありません。 お金の支配者は私たちが特徴として操って、ごまかすもので精神的な幽霊と合理化のような社会で不可能であるのが、物笑いの種であるだろうということでしょう。 そして、これでは方針、ライブである、-、-唯一が代替手段であったかもしれないならライブであるか本当の「自由放任主義」無政府主義をさせてください。 確かに、階層的なオーダーは単独で無理矢理維持するのが難しいでしょう。 しかしながら、心がまだ愛他的で、collectivisticであって、神の道学的な幽霊の束縛にありますが、現在の時代では、エゴイストの合理的なコースは、他のものを監督するのにそのような幽霊を利用することになっています。


次のスピーカー、教授、M.、意志は私たちのパワーの状況でキーについて詳述します: 主要な銀行業。


PROFESSOR M. ON THE ECONOMICS OF CENTRAL BANKING


As you have a doctorate degree in economics from a great university, I will touch as lightly as my verbosity allows on facts accepted by economic "science" and proceed to occult aspects of Central Banking. Since the division of labor is the key to all human achievement and satisfaction, a system of exchange is crucial. Barter is hopelessly complicated. A command economy, in which each does and receives what he is told, is also hopelessly cumbersome and fails to take advantage of individual initiative, ability, and concrete knowledge. A medium of exchange, money, is the obvious solution. (Even our highly centralized economies on the socialist model now enthusiastically embrace money as an indispensable simplifying tool in their economic planning.) When left to themselves, people of a given geographical area settled upon a durable luxury commodity, usually gold or silver, to use as money. Because money is a store of value as well as a medium of exchange, people saved part of their gold income rather than spending it all. This gold was often stored in the vaults of a local goldsmith, the precursor of the modern banker, for safekeeping. The depositor received a receipt that entitled him to an equal quantity and quality of gold on demand from the goldsmith. At some point the goldsmith realized that there was no reason he could not loan out some of the gold for interest as long as he kept gold on hand sufficient to meet the fairly predictable withdrawal rate. After all, he simply promised to pay on demand, not hold the gold as such. Better yet, he could simply issue more receipts for gold than he had gold and the receipts, renamed notes, could circulate freely among the populace as money. However, he soon found that there was a definite limit set on this process by reality. Not all the extra notes issued circulated forever among the public. The rate of note redemption began to increase rapidly as the receipts passed into the hands of people unfamiliar with his reputation and especially when competitive goldsmiths, always eager for more gold reserves, came into possession of his notes. To prevent a disastrous run on his gold reserves, note issuance had to be kept within bounds. But the spending power of over-issuance was a grave temptation. Especially relished was the power over governments, industry, and merchants that the miraculous loan power of the goldsmith could obtain. Many succumbed to temptation, overextended themselves, and brought ruin to their depositors while others slowly became wealthy bankers by pursuing conservative loan policies. At this point, according to economic "science," Central Banks are instituted to protect the public from periodic financial catastrophe at the hands of unscrupulous fractional reserve bankers. Nothing could be further from the truth. Central Banks are established to remove the limitation on over issuance that reality places on competitive banking systems.

主要な銀行業の経済学の教授M.


あなたに経済学の博士号が偉大な大学からあるとき、私は、私のくどさが経済「科学」によって認められた事実に許容するのと同じくらい軽く触れていて、セントラルBankingのオカルトの局面に進むつもりです。 分業がすべての人間の達成と満足のキーであるので、交換のシステムは重要です。 物物交換は絶望的に複雑にされます。 指令経済(それぞれが、彼が言われることをして、受ける)は、また、絶望的に厄介であり、個人のやる気、能力、および具体的な知識を利用しません。 交換手段(お金)は明らかな解決法です。 (社会主義のモデルの私たちの非常に集結された経済さえ現在、不可欠の簡素化ツールとしてそれらの経済計画で熱狂的にお金を受け入れます。) 与えられた地理的な領域の人々は、長持ちするぜいたく商品、通常金または銀でいつが放っておかれたかに決着をつけました、お金としての使用に。 お金が交換手段と同様に価値の店であるので、人々はそれを皆、費やすよりむしろ彼らの金の収入の一部を節約しました。 この金は保管のために地元の金細工職人、現代の銀行員の先駆の金庫にしばしば格納されました。 預金者は金細工職人から彼にオンデマンドの金の等しい量と品質の権利を与えた領収書を受け取りました。 彼が貸出しすることができなかった理由が全くなかったという金細工職人がわかった何らかのポイントでは、彼がいるのに金をかなり予測できる退出を満たすことができるくらいままであった限り、関心のためのいくらかの金が評価します。 結局、彼は、そういうものとして金を保つのではなく、請求あり次第払うと単に約束しました。 さらに良く、彼は単に金のための彼が金を持って、注意に改名された領収書がお金として大衆を自由に循環することができたより多くの領収書を発行することができました。 しかしながら、彼は、すぐ、この過程に現実によって設定された明確な限界があったのがわかりました。 余分な注意が発行したというわけではないすべてがいつまでも、公衆を循環しました。 注意償却の速度は領収書が彼の評判になじみのない人々の手に入って、特に競争力があるいつもより多くの金保有高に切望している金細工職人が彼の注意の所有物に入ったときに時雨後の竹の子のように出始めました。 彼の金保有高に悲惨な走行を防ぐために、注意発行は範囲内に収められなければなりませんでした。 しかし、過剰発行の消費力は荘重な誘惑でした。 特に楽しまれているのは、金細工職人の奇跡的なローンパワーが得ることができた政府、産業、および商人の上のパワーでした。 多くが、彼らの預金者に誘惑に負けて、支払能力以上の債務を負って、他のものは保守的な借金政策を追求することによって、ゆっくり裕福な銀行員になりましたが、崩壊をもたらしました。 ここに、経済「科学」に従って、セントラルBanksは、無遠慮な部分準備銀行員の手の周期的な財政的なカタストロフィーから公衆を保護するために設けられます。 何もさらに真実からあるはずがありませんでした。 中央のBanksは、現実が競争力があるバンキングシステムに置く発行の上でオンな制限を取り除くために設立されます。

As early as ancient Babylon and India, Central Banking, the art of monopolizing the issuance of money, had been developed into a perfect method for looting the general public. Even today many bankers copy the traditions of the earlier exploitive priesthood and design their banks to resemble temples! Defenses of Central Banking are simply part of the deception that lies at the heart of all power elites. Let us look at the way a new Central Bank is created where none has existed previously.


We bankers approach the Prince or ruling assembly (both of whom always want more money to fight wars or to curry favor with the people and, typically, are ignorant of economics) with a compelling proposal: "Grant our bank a national Charter to regulate private banking and to issue legal tender notes, that is, force our notes to be accepted as payment for all debts, public and private. In exchange we will provide the government all the notes it prudently requires at interest rates easily payable with existing taxes. The increased government purchasing power thus created will simultaneously assure the power and prestige of the currently precarious nation and stimulate the sluggish, credit-starved economy to new heights of prosperity. Most important the violent banking panics and credit collapses caused by unscrupulous private bankers will be replaced by our even handed, beneficent and scientific management of money and banking. Our public-spirited expertise will be at the disposal of the state, while we remain independent enough of momentary political pressures to assure sound management."

古代のバビロンとインドと同じくらい早く、セントラルBanking(お金の発行を独占する芸術)は一般を略奪するための完全な方法で開発されました。 今日のさえ、多くの銀行員が、以前のexploitive聖職の伝統をコピーして、寺に類似するようにそれらの銀行を設計します! セントラルBankingのディフェンスは単にすべてのパワーエリートのハートにある詐欺の一部です。 新しいセントラルBankがなにも以前に存在していないところに作成される方法を見ましょう。


私たち銀行員は無視できない提案で王子か支配的なアセンブリ(その両方が、いつもより多くのお金に戦争で戦うか、または人々の機嫌をとって欲しく、経済学に通常知りません)に近づきます: 「プライベートバンキングを規制して、すなわち、兌換券、力に私たちの注意を発行する国家の憲章を私たちの銀行に与えて、公共の、そして、個人的なすべての負債のための支払いと受け入れてください。」 交換では、私たちはそれが用心深く既存の税金による容易に支払い満期の金利で必要とするすべての注意を政府に提供するつもりです。 このようにして作成された増加する政府購買力は、同時に、現在不安定な国のパワーと威信を保証して、のろくて、クレジットに飢える経済を繁栄の新しい高さまで刺激するでしょう。 最も重要である、無遠慮な個人的な銀行員によって引き起こされた乱暴な銀行パニックとクレジット崩壊を私たちの金融の均等な手渡されて、慈悲深くて科学的な管理に取り替えるでしょう。 「状態の処分には私たちの公共心に富んでいる専門的技術があるでしょう、私たちは健全経営を保証する瞬間の政治上の圧力から十分独立していたままでいますが。」

For a while this system seems to work remarkably well with full employment for everyone. The government and public does not notice that we issuers of the new notes are using the notes we create out of thin air to surreptitiously build economic empires at the expense of established interests. Because of the legal tender laws, few of the new notes issued by the Central Bank are returned for redemption in gold. In fact, private banks and even a few foreign banks may begin to use the Central Bank's notes as reserves for further issuance of credit. Soon enough, though, prices begin to rise as the added notes increase demand relative to the quantity of goods and services. As the value of their savings decline more and more, foreigners in particular begin to question the value of the Central Bank's notes and start to demand redemption in gold. We, of course, do not take responsibility for the rampant inflation when it comes. We blame inflation on evil speculators who drive up prices for personal gain, as well as the greed of organized labor and business who are promptly made subject to wage and price controls. Even the consumer can be made to feel guilty for agreeing to pay the high prices! Mistaking symptoms for causes the government accepts the banker's analysis of the problem and continues to give the Bank free reign in monetary policy. By slowing the rate of note issuance periodically the ultimate crisis stage is postponed until many decades after the original Central Bank Charter was granted. Before the rapidly dwindling gold reserves on which faith in our Bank depends is exhausted we abruptly contract our loan volume to private industry and government as well. With the contraction of the money supply a great deflationary crash begins in earnest with all its attendant unemployment, bankruptcies, and civil strife. We do not take responsibility for the depression. We blame it on evil hoarders who are refusing to spend their money and the prophets of doom who are spoiling business confidence. The government accepts this analysis and leaves monetary policy in our hands. If things go well we bankers channel the fury and unrest into puppet movements and pressure groups that carry our agents into full control of the government. Once in charge we devalue our outstanding bank notes in terms of gold and make them inconvertible for all but possibly foreign Central Banks and begin plans to restore a "prosperity" that will be totally ours. When lucky, we are able to confiscate the gold of private citizens as punishment for hoarding during the climax of the depression .


Once the old order is subdued during the chaos of the crash and desperation of the depression, the field is open for our full finance capitalist system to be realized. If the money lords behind the Central Bank can avoid lapsing into political and economic competition among themselves a new and lasting order can be established. A war timed for this period of consolidation provides the perfect excuse for the regimentation required to crush all opposition.


Professor B., a former Chairman of a Central Bank, will explain the functioning of the Central Bank in the typical, fully developed finance capitalist system. しばらく、このシステムは皆のために完全雇用で著しくよく働くように思えます。 政府と公衆は、私たち新しい注意の発行人が私たちがこっそりと確立した関心を犠牲にして経済帝国を建てるためにどこからともなく作成する注意を使用しているのに気付きません。 法定貨幣法のために、金における償却のためにセントラルBankによって発行された新しい注意のわずかしか返しません。 事実上、プライベートバンクといくつかの外国銀行さえクレジットのさらなる発行に蓄えとしてセントラルBankの注意を使用し始めるかもしれません。 もっとも、間に合うようにしてすぐ、加えられた注意増加が商品の、そして、サービスの量に比例して要求するように価格は上昇し始めます。 それらの貯蓄衰退の値として、外国人は、セントラルBankの注意の値に質問して、ますます、金の中で償却を要求し特に始め始めます。 それが来るとき、私たちはもちろん激しいインフレへの責任を取りません。 私たちはインフレーションを私利の価格、および即座に賃金物価統制を条件として作られている組織労働者とビジネスの欲張りで運転する不吉な投機家のせいにします。 消費者にさえ高い価格を支払うのに同意するために罪の意識を感じさせることができます! 兆候を原因に間違えて、政府は、銀行員の問題の分析を受け入れて、財政政策でBank行動の自由を与え続けます。 定期的に注意発行のレートを遅くすることによって、究極の危機ステージはオリジナルのセントラルBank憲章の後の数十年を与えるまで延期されます。 私たちのBankへの信頼がよる急速にやせ細っている金保有高が疲れ果てている前に、私たちは突然にローンボリュームを私設の産業とまた、政府に契約します。 通貨供給量の収縮で、すばらしいデフレのクラッシュはすべての伴っている失業、倒産、および内戦に伴うまじめで始まります。 私たちは憂うつへの責任を取りません。 私たちはそれを彼らのお金を使うのを拒否している不吉な買い溜めする人と企業心理を損なっている破滅の予言者のせいにします。 政府は、この分析を受け入れて、私たちの手に財政政策を残します。 ものがうまく行くなら、私たち銀行員は激怒と不安を政府の完全なコントロールまで私たちのエージェントを運ぶ人形運動と圧力団体に導きます。 私たちは、料金における一度、金に関して私たちの傑出している紙幣の価値を減して、それらをほとんどことによると外国のセントラルBanksにおいて引換え不能にして、完全に私たちのものになる「繁栄」を回復する計画を始めます。 幸運であるときに、私たちは憂うつの頂点の間、死蔵するための罰として一般市民の金を押収することができます。


古いオーダーがいったん控え目にクラッシュのカオスと憂うつの自暴自棄の間、なると、分野は、私たちの完全な財政資本家システムが実現されるために開いています。 セントラルBankの後ろのお金の支配者が、自分たちの中で政治上の、そして、経済の競争になるのを避けることができるなら、新しくて永久のオーダーを確立することができます。 この期間の強化のために調節された戦争はすべての反対をつぶすのに必要である編成の完全な口実を提供します。


B.(セントラルBankの元委員長)が望んでいる教授は典型的で、完全に開発された財政資本主義的なシステムにおける、セントラルBankの機能について説明します。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR