FC2ブログ

Chapter III-3

PROFESSOR B. ON THE FUNCTION OF THE

CENTRAL BANK IN THE MATURE FINANCE CAPITALIST SYSTEM


In its pristine form a Central Bank is a private monopoly of a nation's money and credit issuance supported by the coercive power of the state. That the Central Bank be directly in our hands is vital until our new order is firmly established throughout the governmental, business, intellectual and political spheres of society. After our order is consolidated, formal nationalization of the Central Bank with great fanfare is usually advisable in order to dispel any lingering suspicion that it is operated for private gain. Of course only loyal agents of the dynasty are allowed to obtain high offices in the Bank and our power remains intact.


Obvious private monopolies are always the targets of sharp reformist agitators. Only the most paranoid, however, can see through the public facade to the private monopoly of the nationalized or quasi-nationalized Central Bank. The Central Bank is the primary monopoly on which all our monopoly power depends. The occult power of the Central Bank to create money out of nothing is the fountain head that fuels our far-flung financial and political empire. I will make a quick survey of a few of the ways this secret money power is brought to bear.

熟している財政資本主義的なシステムでの中央銀行の機能の教授B.


初期のフォームでは、セントラルBankは高圧的な国家権力によって支持された国の金融発行の私的独占です。 セントラルBankによる直接中では、私たちの新しいオーダーが社会の政府の、そして、ビジネスのインテリと政治犯球中でしっかり確立されるまで私たちの手が必要であるということです。 私たちのオーダーが統合された後に、通常、かなりのファンファーレがあるセントラルBankの正式な国有化は、それが個人的な利得のために操作されるというどんな頭から離れない疑惑も晴らすために賢明です。 もちろん、王朝の忠誠なエージェントだけがBankで高い地位を得ることができます、そして、私たちのパワーは元の状態のままになります。


いつも明白な私的独占は鋭いリフォーミストアジテーターの目標です。 または、しかしながら、最も多くのパラノイアだけが国有化の私的独占で公共の正面を見ることができる、準である、国有化、セントラルBank。 セントラルBankは私たちのすべての独占力がよる第一の独占です。 セントラルBankが無からお金を作成するオカルトのパワーは私たちの広範囲の財政的で政治上の帝国をあおる噴水口です。 私はこの秘密のお金のパワーが生かされる方法のいくつかの迅速な調査を作るつもりです。

Basically, the power of our Central Bank flows from its control over the points of entry into the economy of new, inflationary money which it creates out of thin air. Ordinarily, bills of exchange, acceptances, private bonds, government bonds and other credit instruments are purchased by the Central Bank through specially privileged dealers in order to put the new money, often only checking accounting entries, into circulation. The dealers are allowed a large profit since they are fronts operated by our agents. Our purchase of government securities pleases the government, as our purchase of private debt pleases private debtors. As a quid pro quo to assure "good management" our agents are given directorships, managerial posts, and offices in the corporations and governments so benefited. As the addiction to the narcotic of inflationary easy credit grows and grows we demand more and more control of our dependent entourage of governments and corporations. When we finally end the easy credit to "combat inflation" the enterprises and governments either fall directly into our hands, bankrupt, or are rescued at the price of total control. Also, we ruling bankers control the flow of money in the economy through the wide authority of the Central Bank to license, audit, and regulate private banks. Banks that loan to interests outside the loyal entourage are "audited" by the Central Bank and found to be dangerously overextended. Just a hint of insolvency from the respected Central Bank authorities is enough to cause a run on the disobedient bank or at least dry up its vital lines of credit. Soon the banking establishment learns to follow the hints and nods of your father's agents at the Central Bank automatically.

基本的に、私たちのセントラルBankのパワーはエントリーのポイントのコントロールからそれがどこからともなく作成する新しくて、インフレのお金の経済に流れます。 通常、交換、承認、借用証書、国債、および他の信用手段の請求書はにわか成金を置くために特に特権があるディーラーを通してセントラルBankによって購入されます、しばしば会計エントリーをチェックするだけであって、流通に。 大きい利益は、彼らが私たちのエージェントによって操作された前部であるので、ディーラーに許容されています。 私たちの個人債務の購買が民間債務者を喜ばせるとき、私たちの政府発行有価証券の購買は政府を喜ばせます。 「良い管理」を保証する代償物として、私たちのエージェントをそのようにためになられる会社と政府における任期、管理職、およびオフィスに与えます。 インフレの金融緩和の麻酔剤への中毒が成長して、成長するとき、私たちは私たちの政府と会社の依存する側近のますます多くのコントロールを要求します。 私たちが「インフレと戦う」ために金融緩和を最終的に終わらせるとき、企業と政府は、私たちの手、直接破産者になるか、または総コントロールの価格で救われます。 また、私たち支配的な銀行員はセントラルBankがプライベートバンクを認可して、監査して、規制する広い権威を通して経済における、お金の流れを制御します。 忠誠な側近を外の関心に貸与する銀行は、セントラルBankによって「監査され」て、危険に過度に拡張されるのがわかっています。 まさしく尊敬されたセントラルBank当局からの支払不能のヒントは、重大な融資限度額に反抗的な銀行で走行を引き起こすことができるくらい少なくとも乾いています。 すぐ、金融機関は、セントラルBankで自動的にあなたの父のエージェントのヒントとうなずきに続くのを学びます。

Further, the periodic cycles of easy money and tight money that we initiate through our control of the Central Bank cause corresponding fluctuations in all markets. Our inner circle knows in advance the timing of these cycles and, therefore reaps windfall profits by speculating in commodity, stock, currency, gold, and bond markets. Monopolistic stock and commodity Exchanges are a vital adjunct to our power made possible by our Central Bank power. We do not allow a fair auction market to exist, but make a great show of "tough" government regulation to create a false sense of confidence among small investors. With the aid of our regulatory charade and financial power we are able to maintain Exchanges tailored to our entourage's need to manipulate stock prices at the expense of independent investors. Our privileged specialists on the floors of our Exchanges, aided by the propaganda of our financial press and brokerage houses, continually play on naivete' and greed to drain the savings of the unwary into our coffers. The stock, commodities, and securities held in trading accounts by the Exchange and brokerage houses provides us with a clout far beyond our own actual holdings with which we can manipulate prices and win proxy fights for corporate takeovers.


Little danger to our lucrative racket exists from public spirited regulation. Our manipulations are so complex that only the most brilliant experts could comprehend them. To most economists our Exchange operations appear to be helpful efforts to "stabilize" the market. We ruling bankers, if able to keep peace among ourselves, become richer and richer as time passes without the annoyance of exerting productive effort of benefit to others.


The next speaker, Professor G. will discuss the secrets of social legislation and policy that do so much to cement our power.


Click here for conclusion of "The Occult Technology of Power"


さらに、私たちのセントラルBankのコントロールで私たちが着手する周期的なサイクルの金融緩和ときついお金はすべての市場での対応する変動を引き起こします。 そして、私たちの権力中枢部の側近グループがあらかじめこれらのサイクルのタイミングを知っている、したがって、商品、ストック、通貨、金、および公社債市場に投機することによって、意外の利潤を獲得します。 独占的なストックと商品Exchangesは私たちのセントラルBankパワーによって可能にされた私たちのパワーへの必要な付属物です。 私たちは公正な競り市場を存在させませんが、「厳しい」政府規制のすばらしいショーを作って、小口投資家の中で信用の誤った感覚を作成してください。 私たちの規定のジェスチャーゲームと財力の援助で、私たちは、Exchangesが独立している投資家を犠牲にして株価を操る私たちの側近の必要なことに適合したと主張することができます。 '私たちの経済新聞と仲介会社のプロパガンダで支援された私たちのExchangesの床の上の私たちの特権がある専門家は絶えず、無邪気でプレーし'て貯蓄から私たちの金庫の中への不注意を消す欲張り。 ストック、商品、および証券はExchangeで売買勘定で持ちこたえました、そして、仲介会社は遠くに私たちが法人の接収のために価格を操って、委任状争奪戦を得ることができる私たち自身の実際の持ち株を超えて勢力を私たちに提供します。


ほとんど、私たちの有利なラケットへの危険は公共の活発な規則から存在していません。 私たちの操作が非常に複雑であるので、最も才気あふれている専門家だけが彼らを理解することができました。 ほとんどのエコノミストにとって、私たちのExchange操作は市場を「安定させる」ための役立った努力であるように見えます。 自分達の中で治安を維持することができるなら、時間が他のものへの利益の生産的な努力を出すいらだちなしで経過するのに応じて、私たち支配的な銀行員はどんどん豊かになります。


次のスピーカー、G.がそう多くのことをする社会立法と方針の秘密について議論する教授は私たちのパワーをセメント付けします。


「パワーのオカルトの技術」の結論のためにここでクリックしてください。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■初めまして♪

初めまして★
こないだ初めてブログ
を作ったので♪
是非あたしのブログ
にも来て下さいネ●○
ヨロシクです♪
・_・~~~\( \)アアッ…カオガッ!!
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR