FC2ブログ

新世界秩序の年代順履歴

A CHRONOLOGICAL HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER


by D.L. Cuddy, Ph.D.

Arranged and Edited by John Loeffler


In the mainline media, those who adhere to the position that there is some kind of "conspiracy" pushing us towards a world government are virulently ridiculed. The standard attack maintains that the so-called "New World Order" is the product of turn-of-the-century, right-wing, bigoted, anti-semitic racists acting in the tradition of the long-debunked Protocols of the Learned Elders of Zion, now promulgated by some Militias and other right-wing hate groups.


The historical record does not support that position to any large degree but it has become the mantra of the socialist left and their cronies, the media.


The term "New World Order" has been used thousands of times in this century by proponents in high places of federalized world government. Some of those involved in this collaboration to achieve world order have been Jewish. The preponderance are not, so it most definitely is not a Jewish agenda.


For years, leaders in education, industry, the media, banking, etc., have promoted those with the same Weltanschauung (world view) as theirs. Of course, someone might say that just because individuals promote their friends doesn't constitute a conspiracy. That's true in the usual sense. However, it does represent an "open conspiracy," as described by noted Fabian Socialist H.G. Wells in The Open Conspiracy: Blue Prints for a World Revolution (1928).


In 1913, prior to the passage of the Federal Reserve Act President Wilson's The New Freedom was published, in which he revealed:


"Since I entered politics, I have chiefly had men's views confided to me privately. Some of the biggest men in the U. S., in the field of commerce and manufacturing, are afraid of somebody, are afraid of something. They know that there is a power somewhere so organized, so subtle, so watchful, so interlocked, so complete, so pervasive, that they had better not speak above their breath when they speak in condemnation of it."


On November 21, 1933, President Franklin Roosevelt wrote a letter to Col. Edward Mandell House, President Woodrow Wilson's close advisor:


"The real truth of the matter is, as you and I know, that a financial element in the larger centers has owned the Government ever since the days of Andrew Jackson... "


That there is such a thing as a cabal of power brokers who control government behind the scenes has been detailed several times in this century by credible sources. Professor Carroll Quigley was Bill Clinton's mentor at Georgetown University. President Clinton has publicly paid homage to the influence Professor Quigley had on his life. In Quigley's magnum opus Tragedy and Hope (1966), he states:


"There does exist and has existed for a generation, an international ... network which operates, to some extent, in the way the radical right believes the Communists act. In fact, this network, which we may identify as the Round Table Groups, has no aversion to cooperating with the Communists, or any other groups and frequently does so. I know of the operations of this network because I have studied it for twenty years and was permitted for two years, in the early 1960s, to examine its papers and secret records. I have no aversion to it or to most of its aims and have, for much of my life, been close to it and to many of its instruments. I have objected, both in the past and recently, to a few of its policies... but in general my chief difference of opinion is that it wishes to remain unknown, and I believe its role in history is significant enough to be known."


Even talk show host Rush Limbaugh, an outspoken critic of anyone claiming a push for global government, said on his February 7, 1995 program:


"You see, if you amount to anything in Washington these days, it is because you have been plucked or handpicked from an Ivy League school -- Harvard, Yale, Kennedy School of Government -- you've shown an aptitude to be a good Ivy League type, and so you're plucked so-to-speak, and you are assigned success. You are assigned a certain role in government somewhere, and then your success is monitored and tracked, and you go where the pluckers and the handpickers can put you."


On May 4, 1993, Council on Foreign Relations (CFR) president Leslie Gelb said on The Charlie Rose Show that:


"... you [Charlie Rose] had me on [before] to talk about the New World Order! I talk about it all the time. It's one world now. The Council [CFR] can find, nurture, and begin to put people in the kinds of jobs this country needs. And that's going to be one of the major enterprises of the Council under me."


Previous CFR chairman, John J. McCloy (1953-70), actually said they have been doing this since the 1940s (and before).


The thrust towards global government can be well-documented but at the end of the twentieth century it does not look like a traditional conspiracy in the usual sense of a secret cabal of evil men meeting clandestinely behind closed doors. Rather, it is a "networking" of like-minded individuals in high places to achieve a common goal, as described in Marilyn Ferguson's 1980 insider classic, The Aquarian Conspiracy.


Perhaps the best way to relate this would be a brief history of the New World Order, not in our words but in the words of those who have been striving to make it real.


1912 -- Colonel Edward M. House, a close advisor of President Woodrow Wilson, publishes Phillip Dru: Administrator in which he promotes "socialism as dreamed of by Karl Marx."


1913 -- The Federal Reserve (neither federal nor a reserve) is created. It was planned at a secret meeting in 1910 on Jekyl Island, Georgia by a group of bankers and politicians, including Col. House. This transferred the power to create money from the American government to a private group of bankers. It is probably the largest generator of debt in the world.





省略


1947 -- The American Education Fellowship, formerly the Progressive Education Association, organized by John Dewey, calls for the:


"... establishment of a genuine world order, an order in which national sovereignty is subordinate to world authority... "


October, 1947 -- NEA Associate Secretary William Carr writes in the NEA Journal that teachers should:


"... teach about the various proposals that have been made for the strengthening of the United Nations and the establishment of a world citizenship and world government."


新世界秩序の年代順履歴

D.L.カディー博士によって

ジョン・レフラーによって手配されて、編集される

メインラインメディア(政府が、悪意に満ちて嘲笑したことである世界に私達を押しているある種類の「共謀」があるという見解に付く人々)中。

標準の攻撃は、いわゆる「新世界秩序」が現在いくつかの民兵組織と他の右翼の扇動グループによって公表されたシオンの博学な年長者の長い間暴露されたプロトコルの伝統において行動している世紀末前後で、右翼の、偏屈で、反半チックの人種差別主義者の製品であると主張する。

過去の記録はどのような大きな程度にもそのポジションをサポートしないけれども、それは社会主義の左とそれらの親友、メディアのマントラになった。

用語「新世界秩序」は今世紀に連邦化された世界政府の高い場所の提案者によって何千回も使われている。

世界秩序を達成するためにこの協力に関係しているそれらのいくつかがユダヤ人であった。

優勢はそうではないので、それはとても間違いなくユダヤ人課題ではない。

何年もの間、教育、産業、メディア、バンキングなどにおけるリーダーはそれらのものと同じ世界観(世界観)を持つそれらを促進した。

もちろん、誰かが、ただ、個人が促進するだけで、彼らの友人が共謀を構成していないと言うかもしれない。

それは通常の感覚において真実である。

しかし、それは、オープンな共謀において注目されたフェビアン社会党員H.G.ウェルズによって説明されることとして「オープンな共謀」を見せる:

世界革命(1928年)のための青写真。

1913年に、連邦準備法大統領ウィルソンの通路に先がけて、新しい自由は出版された(彼が明らかにした):

「私が政界に入って以来、私はとりわけ私的に私に委託された人の見解を持っていた」。

商業と製造のフィールドのU. S.において最も大きな人の何人かが誰かを恐れていて、何かを恐れている。

「彼らは、どこかでとても組織されて、とても微妙で、とても用心深く、とても連動し、とても完全で、とても普及している能力があるので、彼らがそれの非難において話す時に、彼らは彼らの息の上で話さないほうがよいと知っている」。

1933年11月21日に、フランクリン・ルーズベルト大統領はCol.エドワード・マンデル・ハウス、ウッドロー・ウィルソン大統領の親密なアドバイザーに手紙を書いた:

「問題の真相は、あなたと私が知っているように、より大きなセンターの金融の要素がアンドリュー・ジャクソンの日以来政府を所有することである…」

"

パワーの徒党のような物があるので、舞台裏で政府をコントロールするブローカーは信用できるソースによる今世紀に数回詳細であった。

キャロル・キグリー教授はジョージタウン大学でビル・クリントンの師であった。

クリントン大統領は、公然と、キグリー教授が彼の人生に及ぼした影響に敬意を払った。

キグリーの最高傑作悲劇と希望(1966年)において、彼は述べる:

「存在していて、1世代(急進右派が、共産主義者が行動すると信じる方法で、ある程度動作する国際的なネットワーク)の間存在している」。

実のところ、共産主義者またはすべての他のグループと協力することに、私達が円卓グループと認定するかもしれないこのネットワークは反感を全然持っていなく、頻繁に、そうする。

私が20年の間それを勉強し、その書類と秘密のレコードを試験することを2年の間1960年代の初期に許されたので、私はこのネットワークの活動を知っている。

私はそれにやその目的のほとんどに反感を全然持っていなく、私の人生の多くのために、それに、そしてその機器の多くに近かった。

「私は、私の主要な意見の相違が、それが、未知であり続けることを望むことであると過去に、そして最近その方針の少しに…であるが一般に反対し、私は、歴史におけるその役割が、知られるのに十分に重要であると信じる」。

トークショーホストRush Limbaugh、彼の1995年2月7日のプログラムの上で言われて、押しをグローバルな政府に要求している誰のでも率直な批評家さえ:

「あなたは、あなたが最近はワシントンの何かになっているならば、それが、あなたが、あなたが、よいアイビーリーグタイプであるために才能に見せたアイビーリーグ校--政府のハーバード、エール、ケネディ学校--から引き抜かれるか、精選されたためであるとわかり、従って、あなたはそう話すために引き抜かれて、あなたは成功を割り当てられる」。

「あなたはどこかで政府の中で一定の役割を割り当てられて、それから、あなたの成功は監視されて、追跡されて、あなたは、引き抜く人とhandpickersがあなたを置くことができる所に行く」。

1993年5月4日に、外交問題評議会(CFR)大統領レスリー・ゲルブはチャーリーのばら展の上で言った:

「新世界秩序について話すために、あなた[、チャーリー・ローズは前に]私をつけていた!」

私はずっとそれについて話す。

それは現在1つの世界である。

協議会[CFR]は、発見し、保育し、この国に必要な種類の仕事において人々を入れはじめることができる。

「そして、それは、私の下で協議会の大企業の1つになろうとしている」。

前のCFR会長(ジョンJ.マクロイ(1953年-70年))は実際、彼らが、1940年代(そして前)以来ずっとこれをしていると言った。

グローバルな政府への推力は文書で十分に裏付けられているかもしれないけれども、20世紀の終わりに、それは通常の閉まったドアの後ろで内々に会っている悪い人の秘密の徒党の感覚における伝統的な共謀のように見えない。

むしろ、マリリン・ファーガソンの1980年のインサイダークラシック、みずがめ座生まれ共謀において説明されるように共通の目標を達成することは高い場所で同じ考えを持った個人の「ネットワーキング」である。

たぶん、これを関連させる最もよい方法は、私達の言葉においてではなくそれを現実にするために努力していた人々の言葉において新世界秩序の小史であるであろう。

1912年--エドワードM.House大佐(ウッドロー・ウィルソン大統領の近いアドバイザー)はフィリップDruを出版する:

彼が、「カール・マルクスによって夢見られるような社会主義」を促進する管理者。

1913年--(連邦や準備のどちらの)連邦準備銀行も作成されない。

それは、Col.家を含めて、Jekyl島(銀行家と政治家のグループによるジョージア)上で1910年に秘密の会合で計画された。

これは、アメリカ政府から銀行家の私的なグループにお金を作成するパワーを転送した。

それはたぶん世界で借金の最も大きなジェネレータである。

1919年5月30日--注目されたエコノミスト ジョン・メイナード・ケインズを含めて、様々なフェビアン協会社会主義者が出席したCol.ハウスによって手配されたミーティングで、有名英国とアメリカの人はイギリスの王室の国際問題研究所と米国の国際問題研究所を設立する。

2年後、Col.家は外交問題評議会(CFR)中に国際問題研究所を再編成する。

1922年12月15日--CFRはその雑誌外務において世界政府を承認する。

フィリップ・カー、州を制作しなさい:

「明らかに、ある種類の国際的なシステムが作成されるまで、[アース]が50人または60人の独立国に分けられ続ける限り平和または繁栄が人類のために全然ないようにしようとしている…」

「現実の問題は今日世界政府のそれである」。

1928年--オープンな共謀:

H.G.ウェルズによる世界革命のための青写真は出版される。

前のフェビアン協会会員社会党員、ウェルズは書く:

「その政治的な世界…

オープンな共謀は既存の政府を弱めて、消し、含み、取って代らなければならない…

オープンな共謀は社会主義と共産主義の熱狂の自然な相続人である;

それがニューヨークのコントロールにある前に、それはモスクワのコントロールにあるかもしれない…

オープンな共謀の文字は現在明白に表示されるであろう…

「それは世界宗派になるであろう」。

1931年--モスクワでの政略戦のレーニン学校の学生は教えられる:

「いつか、私達は、世界がこれまでに見たことがある最も劇場の平和運動を広め始める」。

資本主義国家、愚かで、退廃的である…は、新しい友人を作る可能性によって提供されたわなに落ちるであろう。

私達の日は30年かそこらで来るであろう…

「中産階級は何の根拠もない安心感の中に静められなければならない」。

1931年--言われたコペンハーゲン)歴史家アーノルドToyeeの国際関係の研究のための研究所へのスピーチにおいて:

「私達は、主権と呼ばれるこの神秘的な力を世界のローカルな国民国家の手中から奪うために全力で慎重に現在働いている」。

「ずっと、私達は、私達が私達の手によってしていることを私達のくちびるによって否定している…」。

1932年--新しい本は、世界秩序を駆り立てて、出版される:

ウィリアムZ.フォスターによるソビエト連邦アメリカに。

共産党米国の頭、フォスターは、全国的な教育省が、米国で新しい社会主義社会を開発するために使われた方法の1つであるであろうということを示す。

国際連盟を新世界秩序での最初の試みと評しているF.S.マービンによる新世界秩序。

マービンは、「国籍は全体として人類の主張の下でランク付けしなければならない」と言う。

新しい社会秩序?が、出版したことである学校構造に立ち向かいなさい。

教師作者ジョージCountsは断言する:

「社会的態度、理想、および次の世代の行動に影響する」ための、「先生はパワーのために意図的に達し、それから彼らの征服の多くをするべきである」「…」

「無知が知識、協力による競争、慎重な計画による摂理への信頼、および社会的な経済のいくらかのフォームによる私的な資本主義によって取り替えられなければならない所で、科学技術の成長は私達をニューエイジの中に運んだ」。

1933年--最初の人道主義者Manifestoは出版される。

ジョン・デューイ共著者(注目された哲学者、および教師)はすべての宗派と「社会化し、協力的な経済秩序」の統合を要求している。

共同署名者C.F.ポッターは1930年に言った:

「教育は従って人本主義のとても強力な同盟国であり、すべてのアメリカ公立学校は人本主義の学校である」。

「一度子供の小数部だけを1週間教えていた1時間の間合流する有神論の日曜学校は、人本主義的な教育の5日のプログラムの流れに抗うために何をすることができるか?」

1933年--H.G.ウェルズによる、これから来る物の形は出版される。

ドイツポーランド語論争から起こって、ウェルズは1940年ごろに2番目の世界大戦を予測する。

1945年の後に、公衆安全の増大する不足が「犯罪的に感染した」エリアにあるであろう。

「現代世界状態」についての計画は、その3番目の試み(およそ1980年)において成功し、バスラ、イラクに存在していたことから出るであろう。

本はまた述べる。

「それが無限に恐れられていて、こぼされたけれども、世界政府が数年の間明白に来たけれども、それはどこでも準備された反対を全然見つけなかった」。

1934年--アリスA.ベイリーによるヒエラルキーの具体化は出版される。

ベイリーはオカルト主義者である(その作品は心ガイド(チベットマスタ[デーモン心]Djwahlクール)から水路を造られる)。

1934がそれ"の最初を示すという「世界サーバーの新しいグループ」と主張に関連してベイリーが「ライトのポイント」というフレーズを使う 人と女性…の組織により新しい注文の仕事がグループにされる…

サービス(兄弟関係(ライトの…力)の…世界)によって定義された[による]進歩…

[「および、]すべての既存の文化と文明の強奪の外で、新しい世界秩序は築かれなければならない」。

本は、明けの明星出版社として独創的にニューヨークに組み入れられて、ルーシ信頼によって出版される。

ルーシ信頼は国連NGOであり、最近の国連サミットで主要なプレーヤーであった。

国連ロバート・ミューラーの後の方の次官補将軍は主題の上のアリス・ベイリーの文書経由のDjwahlクールの潜在的な教えに教育のための彼の世界コアカリキュラムの作成を信用するであろう。

1932年--アメリカ産児制限リーグ創立者マーガレット・サンガー(1921年)による平和についての計画は出版される。

黒人、ヒスパニック、アメリカインディアン、およびカトリック教徒を含むすべての「非優生学的な株」のために彼女は強制的な殺菌、義務的な分離、およびリハビリの強制収容所を要求している。

1939年10月28日--ジョン・フォスター・ダレス、後の方の米国の国務長官によるアドレスの中で、彼は、アメリカが変遷をリーグまたは連邦によってバインドされたより独立でなく、半主権を有する州の新オーダーに導くことを提案する。

1939年--H・G・ウェルズによる新世界秩序は、集産主義である1世界状態「'または」新世界秩序、「成った」社会主義的民主主義"を提案する。

彼は「サービスのための一般的な徴兵」を主張し、その、「国家主義の個性…は世界の病気である」と宣言する。

彼は続いている:

「いくらかの集合的な世界コントロールが戦闘を取り除く明白な必要性と人類の経済と生物学上のライフの集合的なコントロールのより少なく一般に認められた必要は同一のプロセスの面である」。

彼は、これが「普遍則」と宣伝(または教育)インチを通して遂行されることを提案する。

1940年--新世界秩序はカーネギー国際平和基金によって出版されて、戦争の後の世界秩序についてのいくつかの特別な計画とともに地域と世界連邦の上の選択参考書目を含んでいる。

1940年12月12日--連邦議会議事録の中で、A新世界秩序ジョンG.アレキサンダーという表題を付けられた記事は世界連邦を要求している。

1942年--左翼の太平洋問題調査会はP.E.コーベットによってポスト戦争世界を出版する:

「世界政府は究極の目的である…」

国際法が国内法令に優先することは認められていなければならない…

「プロセスは、教育的な教科書の中で使用された国家主義的な素材とより賢明な協会の利点を説明している素材によるその置換の削除によって補助される必要があるであろう」。

1945年6月28日--トルーマン大統領はスピーチにおいて世界政府を承認する:

「それは、ちょうど、それが、私達が米国の共和国の中でうまくやっていくことであるのと同じくらい、世界の共和国の中でうまくやっていくために国家に容易になるであろう」。

1945年10月24日--国連憲章は効果的になる。

また、10月24日に、グレン・テーラー(アイダホ州・民主党)上院議員は、国際的な警察を含む世界共和国の作成に賛成することとしてレコードの上に行くことを米国上院に求めている上院解像度183を導入する。

1946年--アルジャー・ヒスはカーネギー国際平和基金の社長に選ばれる。

歯擦音は1949年までこのオフィスを保持する。

1950年の始めで、彼は、偽証罪を宣告されて、ウィッテカー・チェンバーズ(時間の前のシニアエディター)が、歯擦音が彼の共産党セルのメンバーであったと証言するセンセーショナルな裁判と議会の公聴会の後に禁固刑を宣告される。

1946年--NEAジャーナル(米国教育協会)喜びエルマー・モーガンの前の編集者による先生と世界の政府は出版される。

彼は言う:

「適正な世界政府を設立する苦闘において、先生…は、グローバルな理解力と協力のために子供の心臓と精神を準備するために大きく影響することができる…」

「世界の到来を確実にするであろうすべてのエージェンシーのまさしくその心臓で、政府は学校、先生、および組織された職業に対抗しなければならない」。

1947 --  アメリカ教育友情、以前 進歩主義教育協会〈ジョン・デューイにより設立された〉がtheを要求する :

「本物の世界秩序、国家主権が世界的権威に下位の順番の設立…」

"

1947年10月--NEA仲間秘書ウィリアム・カーは、先生がするべきであるとNEAジャーナルの中で書く:

「世界公民権と世界政府の国連と設立の強くなりのために作られている様々な提案について教えなさい」。




1948 -- Walden II by behavioral psychologist B.F. Skinner proposes "a perfect society or new and more perfect order" in which children are reared by the State, rather than by their parents and are trained from birth to demonstrate only desirable behavior and characteristics. Skinner's ideas would be widely implemented by educators in the 1960s, 70s, and 80s as Values Clarification and Outcome Based Education.


省略





1948年--行動心理学の専門家B.F.スキナーによるウォールデンIIは、子供が彼らの両親によってというよりも国家によって育てられて、望ましい行動と特徴だけを示すように誕生から訓練する「完全な社会または新しく、より完全な秩序」を提案する。

スキナーのアイデアは価値明確化と結果で基づいた教育として1960年代、70年代、および80年代に教師によって広く実行に移されるであろう。

1948年7月--英国の先生ハロルド・バトラーは、CFRの外務において、「新世界秩序」が形を取るのを見る:

「どのくらい、数世紀、自身を別個で、ユニークであるとみなしていた国家のライフは他の国家のライフと合併されることができるか?」

どのくらい彼らは、効果的な経済のまたは政治的な組合が全然ないかもしれないそれらの主権の一部を犠牲にする心構えをするか?…

広がり混乱から、新しい世界は、…、方法を新オーダーに向けるかもしれない形を取っている…

「それはもう二重人格によって損われなかったけれども共通の信条によって団結させられた現実の国連の最初になるであろう」。

1948年--ユネスコ大統領とフェビアン協会社会党員、サー・ジュリアン・ハクスリーはユネスコの根本的な優生学の方針を要求している:

その目的とその哲学。

彼は述べる:

「従って、育っているコントロールされた人のどのような根本的な優生学の方針でも何年もの間政治的で、心理的に不可能になるであろうということがまったく真実でも、ユネスコが、優生学の問題がきわめて慎重に検討されて、大衆の精神が、現在想像不可能な多くが少なくとも考えられるかもしれないことを問題について賭け金で知らせられるとわかることは重要になるであろう」。

1948年--世界憲法の予備的なドラフトはヨーロッパ同盟に組み入れられたイギリスとの世界連邦または政府に途中で地域の同盟を主張している米国の教師によって出版される。

憲法のために、世界法を実施するために、「保護者の室」とともに「世界会議」を規定する。

また、世界政府にそれらの武器を渡して降伏することを国家に求めている「前文」は含まれて、連邦の使用のために私有財産を押収するこの「世界の連邦共和国」の権利を含む。

1950年2月9日--上院対外関係小委員会は、始まる上院同一決議66を導入する:

「一般的な平和と公正を達成するために、現在の国連憲章は、真実の世界政府に構成を提供するために変更されるべきである」。

解像度は最初に上院で1949年9月13日にグレン・テーラー(アイダホ州・民主党)上院議員によって導入された。

アレキサンダー・ワイリー(ウィスコンシン州・共和党)上院議員はそれを、「望まれる信心深い完成」と呼び、「私は、あなたの提案が国連を変更するか、別個の会議によって世界秩序を変更するか、作成することであると理解している」と言った。

テーラー上院議員は後で述べた:

「私達は、自身をサポートする彼ら自身の権利において彼らが税金を取り立てることを可能にするためにかなりの主権を世界組織に捧げる必要があるであろう」。

1950年--上院上院外務委員会の前の証拠において、国際的な財政家ジェームズPワールブルクは言った:

「私達がそれが好きであるかどうかにかかわらず、私達は世界政府を持つ」。

「問題は、世界政府が同意によってまたは征服によって達成されるであろうかどうかだけである」。

1952年4月12日--国務長官になるためにより遅れているジョン・フォスター・ダレスは、「条約法は憲法を無効にすることができる」と国法曹協会へのスピーチにおいてルーイビル、ケンタッキーで言う。

彼は、条約が議会からパワーを取り除き、それらを大統領に与えることができると言う。

彼らは能力をアメリカから取り去り、彼らを連邦政府にまたはいくつかの国際機関に与えることができて、彼らは彼らの憲法の権利章典によって人々に与えられた権利を切ることができる。

共和党上院議員ジョン・ブリッカーによって提案された上院改正は、どの条約も憲法に取って代ることができなかったと規定したであろうけれども、それは、1票を通り過ぎることに失敗する。

1954年--オランダのプリンス・ベルンハルトは、年換算の上でひそかに合うBilderbergers、国際的な政治家、および銀行家を設立する。

1954年--Hの.ローアンGaither Jr.、大統領 - フォード基金は議会リーズ委員会のノルマン人ドッドに言った:

「政策立案レベルでここ私達のすべて…はホワイトハウス…から指令の経験をした…」

.

「それらの物質は、私達が、私達が、快適にソビエト連邦と合併したことであるかもしれない米国での私達の生活を改めるように私達の補助金作りパワーを使うことである」。

1954年--ウィリアム・ジェンナー上院議員は言った:

「今日、米国で独裁権を合計するパスは、…議会、大統領、または人々によって非可視で、聞こえず、外見上は、私達が立憲政体を持っていることに厳密な法的手段によってかけられることができる」。

私達の政府と政治システム(政府の別の形態を表している別のボディ)中に私達は操作を持っていて、私達の憲法を信じる官僚エリートは旧式で、それが勝利側であると確信している…。

外交方針協定における奇妙な開発があるかもしれないすべては、誰が、それらの喜びに適するために私達を作り直そうとしているかをこのグループに調査した…。

「この政治的な活動のグループはそれ自身のローカルな政治的なサポート組織、それ自身の圧力団体、それ自身の既得権、私達の政府の中のその足場、およびそれ自身の宣伝装置を持っている」。

1958年--グレンビル・クラーク作者とルイスSohnが、世界、世界各国の武装解除、世界警察、および立法機関のために運営委員会として国連を使うのを主張する所で、世界法を通しての世界平和は出版される。

1959年--11月25日に出された新国際秩序研究番号7のための外交問題評議会呼び出しは主張した:

[「]社会的で、経済の変化(‘社会主義の’[共産主義者]として自身をラベルを付けて分類している州を含む…国際的な注文…)のための平和についての世界熱望に敏感でなければならない新しい国際的な注文」。

1959年--世界憲法と議会協会は設立される(後で、憲法の下で、地球の同盟のために、それが世界政府の図解を発展させる)。

1959年--ロックフェラー兄弟の資金によって後援されて、米国外交方針への中間世紀の挑戦は出版される。

それはそれ 米国 を説明する:

「…は脱出することができなく、実に、歴史が私達に課した仕事を歓迎するべきである」。

「これは、すべてのその次元の中で新しい世界秩序を具体化することを手伝う仕事である--経済の、政治的で、社会的な黒人霊歌」。

1960年9月9日--連邦の大西洋組合の概念を促進して、アイゼンハワー大統領は上院協同決議170にサインする。

世論調査員と大西洋の組合委員会会計係、エルモ・ローパーは後でタイトルを付けられた演説(すべての世界のゴールIs政府)をする(それにおいて、彼は述べる):

「私達が4つの正面に進むまで、世界政府への最初のステップが完成することができないことがクリアになるので:」

「経済のもの、軍隊、政治的なもの、および懇親会」。

1961年--米国の州部門は、すべての国家の武装を解除し、国連を武装させる計画を出す。

国務省文書番号7277は戦争からの自由という表題を付けられる:

平和な世界での全般的完全軍縮のための米国プログラム。

それは、すべての国家の武装を解除し、どの、「どの状態も、次第に強化された国連平和軍に挑むために軍事力を持たないであろう」における最終的な段階によって国連を武装させる3段階計画を詳説する。

1962年3月1日--いくらかはすべての軍隊とすべてのフォームにおけるそれらの再設定の禁止の解散を要求しているPL87-297について上院のフロアについて話している上院議員クラーク。

"..."

「このプログラムは米国の政府の固定されて、決定されて、是認された方針である」。

1962年--世界連邦主義のための新しい呼び出し。

タイトルを付けられた研究において、国連、CFRメンバー リンカーン・ブルームフィールドによって効果的にコントロールされた世界は述べる:

「共産主義の原動力が大いに緩和した…ならば、西欧は、それが世界政府のために持っているどのような誘因でも失うかもしれない」。

ネルソン・ロックフェラー作者による連邦主義の未来は出版される。

ニューヨーク(古い注文が砕けていて、「誕生するために奮闘している新しく、自由な注文」がある時に、最新イベントが強制的に「新しい世界秩序」を要求するという主張)のかつての知事。

ロックフェラーは、あると言う:

「ナショナリズムの熱…」

[けれども]、民族国家はより少しなっていて、その国際的な政治的なtasks....Theseを実行することについて有能な少しは、私達が新しい世界秩序の真実の建物に精力的に導くことを迫っている理由のいくつかである…

[による]志願兵役…と全人類の同業者への私達の専門の信頼…。

「…、たぶん、私達が実現するかもしれないよりすぐ、自由世界の連邦の構造のためのベースが発展するであろう」。

1963年--J. ウィリアム・フルブライト、共和国(フォード基金の左翼のプロジェクト)のために資金によって後援されたシンポジウムで上院上院外務委員会の会長は話す:

「エリートによる政府のためのケースは、人々による反駁できない政府が可能であるけれども非常にありそうにないことである」。

1964年--教育的な目的の分類学、ハンドブックIIは出版される。

ベンジャミンBloom作者は述べる:

「... いわゆる『よい教え』の大きい部分は、学生の固定されていた信念に挑んで感情の目的を達成する先生の能力である。」

彼の教育の結果ベースの教育(OBE)方法は最初にシカゴ学校で学んでいる支配として試されるであろう。

5年の後に、シカゴ学生のテストの成績は、両親の間で乱暴を起こして落ちた。

たとえ、それがどこで試されるであろうて、そしてそれを名付ける何の下ででも、使われるであろうということも、OBEは残骸の小道を去るであろう。

同時に、学校学生の間で態度変化を促進することは、教育システムをオーバーホールするためにグローバリストに決定的になるであろう。

1964年--リチャード・ウィーバーによる注文のビジョンは出版される。

彼は説明する:

「‘革命の徒党’としての進歩的な教師は、‘社会の伝統と信念を徐々に蝕む体系的な試み’に従事した。」

1967年--リチャード・ニクソンは新世界秩序を要求している。

ベトナムの後のアジアで、外務の10月号の中で、開発ニーズへの、そして「新しい世界秩序」の発展への地域のアプローチを発展させるために、ニクソンは国家の処置について書く。

1968年--喜びエルマー・モーガン、NEAジャーナルの前の編集者は、彼が言うアメリカ市民ハンドブックを出版する:

「それが、世界政府のより包括的な形態の中に発展させる国連と差し迫った必要の到来は、現在、アクティブな世界公民権の中に広がる彼らの公民権の多くを作る増大した義務を米国の市民に置く」。

1968年7月26日--ネルソン・ロックフェラーは新世界秩序のサポートを誓約する。

AP通信リポートの中で、ロックフェラーは、それ(「大統領として、彼は新しい世界秩序の国際的な作成に働くであろう」)を誓約する。

1970年--教育とマスメディアは世界秩序を促進する。

10年1990の間の新世界秩序についての考察において、イアンBaldwin Jr.作者は断言する:

「世界法律資金は、世界中で新しく、明らかになる学科--世界秩序--を教育的なカリキュラムに導入するであろう…とそのエネルギーのいくらかを、世界的なレベルの上で再び基本的な世界注文概念をマスメディアに至らせることに集中する世界的な研究と教育プログラムを開始した」。

1972年--ニクソン大統領は中国を訪問する。

中国首相Chou恩来への彼のトーストにおいて、前のCFRメンバーと今大統領、リチャード・ニクソンは、「新しい世界秩序を築くために、私達のそれぞれが持っている希望」を表現する。

1972年5月18日--世界政府の到来について話すことにおいて、ロイM.Ash、行政管理予算局のディレクターは宣言する:

「20年以内に、世界経済コミュニティーのための制度上の枠組は適所にあるであろう…」

[「および、]個々の主権の面は超国家的な権威に委ねられるであろう」。

1973年--三極委員会は設立される。

デイヴィド・ロックフェラー銀行家はこの新しい民間団体を組織し、委員会の最初のディレクターとしてズビグニュー・ブレジンスキー(カーター大統領への後で国家安全保障アドバイザー)を選び、ジミー・カーターに、設立メンバーになるように請う。

1973年--人本主義的な宣言IIは出版される:

「次の世紀はそうであるかもしれず、私達がニューエイジ(惑星規模の上の…現世の社会)の夜明けに我慢する人本主義的な世紀…であるべきである…」。

私達がnot 神 の人と開始する無有神論者として、 notの自然 神… 私達は 国家主義的なグラウンドの人類の部門を嘆く…。

従って、私達は世界法と国境を越える連邦政府に基づいた世界秩序のシステムの開発に目を向ける…。

「真実の革命は起こっている」。

1974年4月--彼が述べる所で、前のU. S.副国務次官補、三者相互協力者、および世界秩序へのCFRメンバー リチャード・ガードナーの記事The荷揚げ場道はCFRの外務において出版される:

「‘世界秩序の家は、’一番上の下りからというよりも最初から建てられる必要があるであろう…けれども、断片毎にそれを侵食して、国家主権のまわりで走られた端は旧式な正面攻撃よりずっと多くを遂行するであろう」。

1974年--ルーフェンで持たれている平和のための宗派の世界会議、ベルギーは持たれている。

ダグラス・ロッシュは、資格を与えられたWeが新世界秩序を達成することができるという報告を見せる。

国連は富の再分配を要求している:

新国際経済秩序という表題を付けられたリポートの中で、国連総会は、富を金持ちから貧しい国家に再分配する計画を概説する。

1975年--タイトルを付けられた研究、新世界秩序は国際的な研究(公的で、国際的な研究のウッドローウィルソン校、プリンストン大学)のセンターによって出版される。

1975年--議会で、ヘンリー・スティール・コマジャー歴史家によって書かれて、32人の上院議員と92人の担当者が相互依存のA宣言にサインする。

宣言は述べる:

「私達は、新しい世界秩序を生むために他によって協力しなければならない…」

「国家主権の狭い観念は、その義務を短縮することを許されてはならない」。

マージョリー・ホールト婦人下院議員は、言っている宣言にサインすることを断る:

「それは国際機関に私達の国家主権の引き渡しを要求している」。

それは、私達の経済が国際機関によって調節されるべきであることを言明する。

「それは、私達が、アメリカ人によって作成された富を再分配するであろう‘新しい世界秩序’を入力することを提案する」。

1975年--退役した海軍提督チェスター・ウォード(アメリカ海軍の前の法務総監、および前のCFRメンバー)は、CFRのゴールが「すべての強力な1世界政府の中へのU. S.主権と国の独立の水没…」であると評論において書く。

"

1975年--長いすの上のキッシンジャーは出版される。

フィリスSchlafly作者と前のCFRメンバー チェスター・ウォードは述べる:

知的で、感情的で、米国政府が支持するべきCFRの支配メンバーが決めたインチ1回 特定の方針 、議論を発展させるために働くために、CFRの非常にかなりの研究設備が置かれて、新しい方針を支持し、混同し、どのような反対でも知的に、政治的に疑うために…

"

1976年--リオ:

国際的な注文を作り直すことは、富の経済の再配分を含む新しい国際的な注文を要求して、グローバリスト ローマ・クラブによって出版される。

1977年--世界秩序での3番目のトライは出版される。

人本主義的な研究のためのアスペン研究所のハーラン・クリーブランド作者は次を要求している:

「完全な武装解除(国際的な兵士を除いた)」と「食物、健康、および教育への個々の権利付与のために」のために「変わっているアメリカ人の態度と組織」。

1977年--ローレンス・シャウプとウィリアムMinterによる帝国専門委員会は出版される。

本は批判的に次などの章によって外交問題評議会を見る:

新世界秩序を具体化する:

1939年-1944年の、そして1980のへのグローバルな覇権のための協議会の青写真:

新世界秩序についての協議会の計画。

1977年--三辺接続はアトランティックマンスリーの7月の版において出現する。

ジェレミア・ノバックによって書かれて、それは言う:

「今世紀の3回目の間、アメリカ学校、実業家、および政府高官のグループは、新世界秩序を作ることを計画している…」

"

1977年--主要な教師モーティマー・アドラーは全体として哲学者を出版する(彼が言う):

「ローカルな民政がローカルな国内平和に必要で、そして、世界民政が世界平和に必要ならば…」。

1979年--バリー・ゴールドウォーターは、共和党の上院議員がアリゾナを退去して、謝罪なしで彼の自伝を出版する。

彼は書く:

「私の見方では、三極委員会は、コントロールをつかみ、パワーの4心を統合する熟練し、整備された協力体制を表している--政治的で、貨幣、知的で、教会」。

すべてのこれは、より平和で、より生産的な国際社会を作るためにされることになっている。

三者相互協力者が本当に意図しているものは関係している民族国家の政治的な政府より優れている世界的な経済大国の作成である。

彼らは、彼らが、作成することを提案する豊富な唯物論が既存の違いを圧倒するであろうと信じる。

「システムのマネジャーと創造者として、彼らは未来を支配するであろう」。

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フランクリン・ルーズベルト 幸せ 【英語の名言・格言・ことわざ】

英語の名言・格言・ことわざ> Happiness lies in the joy of achievement and the thrill of creative effort.             Franklin D. Roosevelt 幸せは、達成の喜びと 創造的な努力の快感の中にある。             フランクリン.

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR