FC2ブログ

新世界秩序の年代順履歴2

1984 -- The Power to Lead is published. Author James McGregor Burns admits:


"The framers of the U.S. constitution have simply been too shrewd for us. The have outwitted us. They designed separate institutions that cannot be unified by mechanical linkages, frail bridges, tinkering. If we are to 'turn the Founders upside down' -- we must directly confront the constitutional structure they erected."


1985 -- Norman Cousins, the honorary chairman of Planetary Citizens for the World We Chose, is quoted in Human Events:


"World government is coming, in fact, it is inevitable. No arguments for or against it can change that fact."


Cousins was also president of the World Federalist Association, an affiliate of the World Association for World Federation (WAWF), headquartered in Amsterdam. WAWF is a leading force for world federal government and is accredited by the U.N. as a Non-Governmental Organization.


July, 1991 -- The Southeastern World Affairs Institute discusses the New World Order. In a program, topics include, Legal Structures for a New World Order and The United Nations: From its Conception to a New World Order. Participants include a former director of the U.N.'s General Legal Division, and a former Secretary General of International Planned Parenthood.


Late July, 1991 -- On a Cable News Network program, CFR member and former CIA director Stansfield Turner (Rhodes scholar), when asked about Iraq, responded:


"We have a much bigger objective. We've got to look at the long run here. This is an example -- the situation between the United Nations and Iraq -- where the United Nations is deliberately intruding into the sovereignty of a sovereign nation... Now this is a marvelous precedent (to be used in) all countries of the world... "


October 29, 1991 -- David Funderburk, former U. S. Ambassador to Romania, tells a North Carolina audience:


"George Bush has been surrounding himself with people who believe in one-world government. They believe that the Soviet system and the American system are converging." The vehicle to bring this about, said Funderburk, is the United Nations, "the majority of whose 166 member states are socialist, atheist, and anti-American."


Funderburk served as ambassador in Bucharest from 1981 to 1985, when he resigned in frustration over U.S. support of the oppressive regime of the late Rumanian dictator, Nicolae Ceausescu.


October 30, 1991: -- President Gorbachev at the Middle East Peace Talks in Madrid states:


"We are beginning to see practical support. And this is a very significant sign of the movement towards a new era, a new age... We see both in our country and elsewhere... ghosts of the old thinking... When we rid ourselves of their presence, we will be better able to move toward a new world order... relying on the relevant mechanisms of the United Nations."


Elsewhere, in Alexandria, Virginia, Elena Lenskaya, Counsellor to the Minister of Education of Russia, delivers the keynote address for a program titled, Education for a New World Order.


1992 -- The Twilight of Sovereignty by CFR member (and former Citicorp Chairman) Walter Wriston is published, in which he claims:


"A truly global economy will require ... compromises of national sovereignty... There is no escaping the system."


1992 -- The United Nations Conference on Environment and Development (UNCED) Earth Summit takes place in Rio de Janeiro this year, headed by Conference Secretary-General Maurice Strong. The main products of this summit are the Biodiversity Treaty and Agenda 21, which the U.S. hesitates to sign because of opposition at home due to the threat to sovereignty and economics. The summit says the first world's wealth must be transferred to the third world.


July 20, 1992 -- Time magazine publishes The Birth of the Global Nation by Strobe Talbott, Rhodes Scholar, roommate of Bill Clinton at Oxford University, CFR Director, and Trilateralist, in which he writes:


"All countries are basically social arrangements... No matter how permanent or even sacred they may seem at any one time, in fact they are all artificial and temporary... Perhaps national sovereignty wasn't such a great idea after all... But it has taken the events in our own wondrous and terrible century to clinch the case for world government."


As an editor of Time, Talbott defended Clinton during his presidential campaign. He was appointed by President Clinton as the number two person at the State Department behind Secretary of State Warren Christopher, former Trilateralist and former CFR Vice-Chairman and Director. Talbott was confirmed by about two-thirds of the U.S. Senate despite his statement about the unimportance of national sovereignty.


September 29, 1992 -- At a town hall meeting in Los Angeles, Trilateralist and former CFR president Winston Lord delivers a speech titled Changing Our Ways: America and the New World, in which he remarks:


"To a certain extent, we are going to have to yield some of our sovereignty, which will be controversial at home... [Under] the North American Free Trade Agreement (NAFTA)... some Americans are going to be hurt as low-wage jobs are taken away."


Lord became an Assistant Secretary of State in the Clinton administration.


1992 -- President Bush addressing the General Assembly of the U.N said:


"It is the sacred principles enshrined in the United Nations charter to which the American people will henceforth pledge their allegiance."


Winter, 1992-93 -- The CFR's Foreign Affairs publishes Empowering the United Nations by U.N. Secretary General Boutros-Boutros Ghali, who asserts:


"It is undeniable that the centuries-old doctrine of absolute and exclusive sovereignty no longer stands... Underlying the rights of the individual and the rights of peoples is a dimension of universal sovereignty that resides in all humanity... It is a sense that increasingly finds expression in the gradual expansion of international law... In this setting the significance of the United Nations should be evident and accepted."


1993 -- Strobe Talbott receives the Norman Cousins Global Governance Award for his 1992 Time article, The Birth of the Global Nation and in appreciation for what he has done "for the cause of global governance." President Clinton writes a letter of congratulation which states:


"Norman Cousins worked for world peace and world government.... Strobe Talbott's lifetime achievements as a voice for global harmony have earned him this recognition... He will be a worthy recipient of the Norman Cousins Global Governance Award. Best wishes... for future success."


Not only does President Clinton use the specific term, "world government," but he also expressly wishes the WFA "future success" in pursuing world federal government. Talbott proudly accepts the award, but says the WFA should have given it to the other nominee, Mikhail Gorbachev.


July 18, 1993 -- CFR member and Trilateralist Henry Kissinger writes in the Los Angeles Times concerning NAFTA:


"What Congress will have before it is not a conventional trade agreement but the architecture of a new international system... a first step toward a new world order."


August 23, 1993 -- Christopher Hitchens, Socialist friend of Bill Clinton when he was at Oxford University, says in a C-SPAN interview:


"... it is, of course the case that there is a ruling class in this country, and that it has allies internationally."


October 30, 1993 -- Washington Post ombudsman Richard Harwood does an op-ed piece about the role of the CFR's media members:


"Their membership is an acknowledgment of their ascension into the American ruling class [where] they do not merely analyze and interpret foreign policy for the United States; they help make it."


January/February, 1994 -- The CFR's Foreign Affairs prints an opening article by CFR Senior Fellow Michael Clough in which he writes that the "Wise Men" (e.g. Paul Nitze, Dean Acheson, George Kennan, and John J. McCloy) have:


"assiduously guarded it [American foreign policy] for the past 50 years... They ascended to power during World War II... This was as it should be. National security and the national interest, they argued must transcend the special interests and passions of the people who make up America... How was this small band of Atlantic-minded internationalists able to triumph ... Eastern internationalists were able to shape and staff the burgeoning foreign policy institutions... As long as the Cold War endured and nuclear Armageddon seemed only a missile away, the public was willing to tolerate such an undemocratic foreign policy making system."


1994 -- In the Human Development Report, published by the UN Development Program, there was a section called "Global Governance For the 21st Century". The administrator for this program was appointed by Bill Clinton. His name is James Gustave Speth. The opening sentence of the report said:


"Mankind's problems can no longer be solved by national government. What is needed is a World Government. This can best be achieved by strengthening the United Nations system."


1995 -- The State of the World Forum took place in the fall of this year, sponsored by the Gorbachev Foundation located at the Presidio in San Francisco. Foundation President Jim Garrison chairs the meeting of who's-whos from around the world including Margaret Thatcher, Maurice Strong, George Bush, Mikhail Gorbachev and others. Conversation centers around the oneness of mankind and the coming global government. However, the term "global governance" is now used in place of "new world order" since the latter has become a political liability, being a lightning rod for opponents of global government.


1996 -- The United Nations 420-page report Our Global Neighborhood is published. It outlines a plan for "global governance," calling for an international Conference on Global Governance in 1998 for the purpose of submitting to the world the necessary treaties and agreements for ratification by the year 2000.





1984年--導くパワーは出版される。

ジェームズ・マグレガー・バーンズ作者は認める:

「米国構成の構成者は単に私達のために鋭敏すぎた」。

私達を出し抜いた。

彼らは、修繕して、メカニカル・リンケージ、弱い橋によって統合されることができない別個の組織をデザインした。

「私達が、‘創立者をさかさまに引っくり返しなさい’にであるならば--私達は、直接、彼らが建設した憲法の構造に立ち向かわなければならない」。

1985年--ノーマン・カズンズ(世界We Choseのための惑星市民の名誉会長)は人イベントの中で引用される:

「世界政府は来て、実のところ、それは必然的である」。

「それに賛成または反対のどの議論もその事実を変更することができない」。

アムステルダムに本部を置いて、いとこはまた世界連邦運動(世界連邦(WAWF)のための世界協会の系列会社)の社長であった。

WAWFは世界連邦政府のための主要な力であり、国連によって非政府組織として公認される。

1987年--秘密の憲法と憲法変化の必要はロックフェラー基金によっていくぶん後援される。

アーサーS.ミラー作者のいくつかの考えは以下の通りである:

「市民が、マスメディアの雇用によって教え込んだことである米国…で、思想統制の浸透性のシステムは存在していて、公教育…の人々のシステムは、古い注文が、…について考えるための何を砕いているかを言われる…」

ナショナリズムは危険な社会病と考えられるべきである…

計画を立てるために、新しいビジョンが必要で、未来、全国的な境界を超越するグローバルな光景を行い、国家主義的な解決策…新しい構成の毒を取り除きなさい 必要である。」

1988年--ニューヨーク・タイムズでの1月24日のインタビューにおける国とCFRメンバー ジョージBallの前の下の秘書は言う:

「冷戦はもう、それがある種類の執拗な懸念であるべきでない」。

どちらの側も、意図的に他を攻撃しようとしていない…

私達が現在もう、ほとんどの場合にソビエト連邦拒否を恐れる必要がないので、私達が、ソビエト連邦と連携して国連を使って国際化することができたならば、私達は、世界の形を変換しはじめることができて、何か役に立つことをすることに国連を戻すかもしれない…

遅かれ早かれ、それらが単に民族国家に制限されないように、私達は、私達の組織を再構造化することに直面する必要があろうとしている。

「最初に、地域大会を始めなさい。そうすれば、最終的に、あなたは世界基礎に動くことができた」。

1988年12月7日--国連へのアドレスの中で、ミハイル・ゴルバチョフは相互の合意を要求している:

「私達が新しい世界秩序に前進する時に、世界進歩は一般的な人の合意の検索を通して可能であるだけである」。

1989年5月12日--ブッシュ大統領はソ連に、世界秩序に参加するように請う。

テキサスA&M大学で卒業クラスと話して、ブッシュさんは、米国が、「世界秩序の中に」ソビエト連邦を歓迎する用意ができていることを述べる。

1989年--カール・バーンスタインの本義理:

息子の回想録は出版される。

彼の父と母は共産党のメンバーであった。

バーンスタインの父は本について彼の息子に話す:

「あなたは、彼が言っていたすべてが、システムが共産主義者とロードされたことであるので、[上院議員ジョセフ]マッカーシーが正しかったことを証明しようとしている」。

そして、彼は正しかった…

私は、あなたが、書こうとしている種類の本について、そしてマッカーシーを清潔にすることについて心配する。

問題は、誰もが、彼がうそつきであると言ったことである;

あなたは、彼が正しかったと言っている…

「私は、パーティーが国で力であったことに合意する」。

1990年--世界連邦運動はアメリカプレスを批判する。

それらの夏/秋のニューズレターを書き込んで、副ディレクター エリック・コックスは過去1年の間の世界の出来事または2を説明し、宣言する:

「愚鈍なアメリカプレスがこれらの開発のほとんどの意義を把握しなかったことは悲しいけれども真実である」。

しかし、ほとんどの連邦主義者は、何が起こっているかを知っている…

「そして、彼らは主権の1回のブーイングあたり老虫に脅えない」。

1990年9月11日--ブッシュ大統領は湾岸戦争を新世界秩序のための機会と呼ぶ。

新世界秩序に資格を与えられた議会へのアドレスの中で、ブッシュさんは言う:

「ペルシャ湾の危機は、協力の歴史的な期間に動くめったにない機会を提供する」。

…これらの問題の多い時の外で、新しい世界秩序は、世界、東、および西、南北の国家がどれを繁栄させることができるかにおいて明らかになり、調和において残ることができる…。

「今日、新しい世界は、誕生するために奮闘している」。

1990年9月25日--国連へのアドレスの中で、ソビエト連邦外務大臣エドアルド・シュワルナゼはクウェートへのイラクの侵略を、[「]明らかになる新世界秩序に対して行われているテロの行為」と評する。

12月31日に、ゴルバチョフは、新世界秩序が湾岸危機によって案内されるであろうということを言明する。

1990年10月1日--国連アドレスにおいて、ブッシュ大統領はtheについて話す:

「国連(新しい世界秩序(国家(心と精神の革命を引き起こし、ニューエイジの中に旅を開始するために、人類がそれ自身…中に来た…時間)の…新しいパートナーシップ)への…歴史的なムーブメント)によって表現された国際社会の総合力」。

1991年--文脈の中の出版においてあなたの学校の改革を起こすために、リンダ・マクレー・キャンベル作者はHowを出版する。

彼女は「自ら認めた革命家」と「共謀共犯」として「変革推進者」の使用を促進する。

1991年--ブッシュ大統領は一般教書において新世界秩序を賞賛する:

「賭けられているものは複数の小さな国であり、それは途方もない考えである--共有された原則に基づいた…人類の一般的な熱望と法の支配を達成する新しい世界秩序……」。

千ポイントのライトの照明…。

「変化の風は現在私達とともにある」。

1991年2月6日--ブッシュ大統領はニューヨークを経済クラブに話す:

「私の新しい世界秩序のビジョンは活性化された平和維持機能によって国連を予感する」。

1991年6月--外交問題評議会はアメリカのセキュリティを考え直しているアセンブリを共同スポンサーをする:

政府、労働、学界、メディア、軍隊、および職業の65人の名誉あるメンバーが9か国から出席する新世界秩序への冷戦を越えて。

後で、会議参加者のいくらかがバーデン バーデン、ドイツのBilderberg社会の別の非公開のドアミーティングのために約100人の他の世界的リーダーに参加した。

それらのそれぞれの政府の外交方針を決定することにおいて、Bilderbergersはまたかなりの打撃を及ぼす。

そのミーティングの間に、デイヴィド・ロックフェラーはスピーチにおいて言った:

「私達は、ワシントン・ポスト、ニューヨーク・タイムズ、タイム誌、およびディレクターが私達のミーティングに出席し、ほぼ40年の間彼らの裁量の約束を尊重した他の大きな出版物に感謝している」。

私達がそれらの年の間にパブリシティのライトを受けたならば私達が世界についての私達の計画を展開することが不可能であったであろう。

しかし、世界は、現在もっと洗練されて、世界政府に行進するために準備される。

「知的エリートと世界銀行家の超国家的な主権はきっと前世紀に行われた全国的なオート決意より望ましい」。

1991年7月--南東世界情勢研究所は新世界秩序を議論する。

プログラムにトピックが含むこと、新世界秩序と国連のための法律構造:

その概念から新世界秩序まで。

参加者は国連の一般法律業務部門の前のディレクターと国際的な家族計画の前の事務局長を含む。

遅い1991年7月--ケーブルニューズネットワークプログラムの上で、CFRメンバーと前のCIAディレクター スタンスフィールド・ターナー(ローズ奨学生)はイラクを尋ねられる時に反応した:

「私達はずっと大きな目的を持っている」。

私達は、ここでロングランを見なければならない。

国連が主権を有する国家の主権に意図的に侵入している所で、これは例--国連とイラクの間の状況--である…

さて、これは、世界の信じられない、先行した(中で使われる)諸国である…

"

1991年10月29日--デイビッドFunderburk(ルーマニアの前U. S.大使)はノースカロライナ聴衆に話す:

「ジョージ・ブッシュは、1世界政府を信じている人々と自身を取り囲んでいた」。

「彼らは、ソビエト連邦システムとアメリカシステムが集中していると信じる」。

Funderburkは、これを引き起こす乗り物は、国連(「誰の166人の加盟国が社会主義であるかの大多数、無神論者、および反米主義者」)であると言った。

彼が亡くなったルーマニアの独裁者、ニコライ・チャウシェスクの強圧的な政権の米国サポートの上でフラストレーションにおいて辞任した時に、Funderburkは1981年から1985年にブカレストの大使として役立った。

1991年10月30日

--マドリッドでの中東和平会議のゴルバチョフ大統領は述べる:

「私達は、実用的なサポートを見はじめている」。

そして、これは新しい時代、ニューエイジごろに動きの非常に重要な合図である…

私達は私達の国で、そして他の場所で見ている、古い考えの…ゴースト…

「私達がそれらの存在を自身から取り除いた時に、私達は、より良く、…国連の関連したメカニズムを信頼して、新しい世界秩序に動くことができる」。

アレクサンドリア、バージニアで、タイトルを付けられたプログラム、新世界秩序のための教育のためにエレナLenskaya(ロシアの文部大臣へのカウンセラー)は基調演説を他の場所に配達する。

1992年--CFRメンバー (そして前のCiticorp会長)ウォルター・リストンによる主権のたそがれは出版される(彼が主張する):

「本当の世界経済は国家主権の妥協案を必要とするであろう…」

「システムを免れることが不可能である」。

1992年--会議事務総長モーリスによって強く率いられて、地球サミット(UNCED)地球サミットは今年リオデジャネイロで起こる。

このサミットの主要な製品は、米国が、主権と経済学への脅威のため家で反対のためサインすることをためらう生物多様性条約とアジェンダ21である。

サミットは、最初の世界の富が第三世界に転送されなければならないと伝えている。

1992年7月20日--タイム誌はストローブ・タルボット、ローズ奨学生、オックスフォード大学のビル・クリントンのルームメイト、CFRディレクター、および三者相互協力者によるグローバルな国家の誕生を出版する(それにおいて、彼は書く):

「諸国は基本的に社会的な手配である…」

それらがどのような1つの時間にでもたとえどんなに永久的であるか、神聖にさえのようであるかもしれなくても、実のところ、それらはすべて人工的で、一時的である…

たぶん、国家主権は結局そのようなすばらしいアイデアではなかった…

「しかし、それは、世界政府のためにケースを打ち曲げるように今不思議で、ひどい世紀にイベントを取った」。

時間のエディタとして、タルボットは彼の大統領選挙戦の間にクリントンを防御した。

彼は国務長官ウォーレン・クリストファー、前の三者相互協力者、および前のCFR副議長とディレクターの後ろの国務省で数2人としてクリントン大統領によって任命された。

タルボットは国家主権の非重要性についての彼のステートメントにもかかわらず米国上院の約3分の2によって立証された。

1992年9月29日--ロサンゼルス、三者相互協力者、および前のCFRの町役場ミーティングで、ウィンストン神大統領は私達の方法で変更というタイトルを付けられた演説をする:

アメリカと彼が気づく新世界:

「ある程度まで、私達は、私達の主権のいくらかを産出する必要があろうとしている(それは家で物議をかもすであろう)…」

「…北米自由貿易協定(NAFTA)[下で、]低賃金仕事が取り除かれるにつれて、何人かのアメリカ人は、負傷しようとしている」。

神はクリントン政権の中で国務次官補になった。

1992年--U.Nの総会にアドレスしているブッシュ大統領は言った:

「それは、アメリカ人が今後彼らの忠誠を誓約するであろう国連憲章に安置された神聖な原則である」。

1992年-93年の冬--主張する国連事務局長ブトロス・ブトロス・ガリによって国連をエンパワーメントして、CFRの外務は出版する:

「絶対で、排他的な主権の世紀の年齢の主義がもうないのは紛れもない…」

個人の権利と民族の権利を引き起こすことは、すべての人間性にある一般的な主権の次元である…

ますます、国際法のゆるやかな拡張において表現を発見するのは感覚である…

「この設定において、国連の意義は明らかで、受け入れられるべきである」。

1993年--彼の1992の時間記事(グローバルな国家の誕生)のために、そして彼が「グローバル・ガバナンスの原因のために」をしたことのための理解において、ストローブ・タルボットはノーマン・カズンズ・グローバル・ガバナンス賞を受け取る。

クリントン大統領は、述べる祝い状を書く:

「ノーマン・カズンズは世界平和と世界政府のために働いた…」。

グローバルな調和のための音声としてのストローブ・タルボットの生涯の功績は彼にこの認識をもたらした…

彼はノーマン・カズンズ・グローバル・ガバナンス賞の値した受賞者になるであろう。

「未来の成功のために最もよい好意…」。

クリントン大統領は「世界政府」を具体的な期間に使うだけでなく、彼は明確に追跡世界連邦政府の中でWFA「未来の成功」を望む。

タルボットは誇らしげに賞を受け入れるけれども、WFAがそれを他の指名された人、ミハイル・ゴルバチョフに与えるべきであったと言う。

1993年7月18日--CFRメンバーと三者相互協力者ヘンリー・キッシンジャーはNAFTAについてロサンジェルス・タイムズを書き込む:

「議会がそれの前に持つであろうものは従来の貿易協約ではなく新しい国際的なシステム(新しい世界秩序への…最初のステップ)のアーキテクチャである」。

1993年8月23日--彼がオックスフォード大学にいたビル・クリントンのクリストファーHitchens、社会党員の友人はC-SPANインタビューにおいて言う:

「... それもちろんこの国、およびそれが同盟国を国際的に持っていることに支配階級があるケースはそうである。」

1993年10月30日--ワシントン・ポスト・オンブズマン リチャード・ハーウッドはCFRのメディアメンバーの役割について署名記事断片をする:

[「]彼らが米国のために単に外交方針を分析しなく、解釈しないアメリカ支配階級の中に、それらのメンバーシップはそれらの上昇の確認である;」

「彼らはそれをやってのけるのを手伝う」。

1月/1994年2月--彼が、「賢人」(例えばポール・ニッツ、ディーン・アチソン、ジョージ・ケナン、およびジョンJ.マクロイ)が持っていると書くCFRシニア仲間マイケル・クラフによって、CFRの外務は巻頭論文をプリントする:

「絶え間なくガードされる それ 過去の50年のための[アメリカの外交方針] …

彼らは第二次世界大戦中に権力の座についた…

これは、それがそうであるべきである時であった。

国家安全保障と国益、彼らは議論し、アメリカを作る人々の特別な興味と情熱を超越しているにちがいない…

どう大西洋心を持った国際主義者のこの小さな集団は、勝利することができたか…

東の国際主義者は、急成長する外交方針組織を具体化し、職員を配置することができた…

「冷戦が持ちこたえて、核のハルマゲドンが向こうにミサイルだけように思われた限り、一般大衆はそのような非民主的な外交方針がシステムを作るのを快く許容した」。

1994年--人間発達リポートの中に、UN開発計画によって出版されて、「21世紀の間のグローバル・ガバナンス」と呼ばれるセクションがあった。

このプログラムのための管理者はビル・クリントンによって任命された。

彼の名前はジェームズ・ギュスターブ・スペスである。

リポートの書き出しは言った:

「人類の問題はもう政府によって解決されることができない」。

必要なものは世界政府である。

「これは、最もうまく、国連システムを強化することによって達成されることができる」。

1995年--サンフランシスコの要塞に置かれたゴルバチョフ財団によって後援されて、世界フォーラムの国家は今年の落下において起こった。

財団大統領ジム・ギャリソンはマーガレット・サッチャー、モーリスStrong、ジョージ・ブッシュ、ミハイル・ゴルバチョフ、およびその他を含む世界中のwhosでのありのミーティングを統轄する。

会話は人類と来るグローバルな政府の単一性のまわりで集中している。

しかし、後者がグローバルな政府の反対者のための避雷針であって政治的な債務になって以来、用語「グローバル・ガバナンス」は「新しい世界秩序」の代わりに現在使われる。

1996年--私達のグローバルな付近が出版されるという国連420ページの報告。

2000年までの批准のために必要な条約と協定を世界に提出するために1998年にグローバル・ガバナンスにおける国際的な会議を要求して、それは「グローバル・ガバナンス」についての計画を概説する。

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「出生証明」のない子供たち

世界には、生まれて出生登録をされない子どもたちが、毎年5000万人もいるそうです。出生登録をされていないということは、その子が、生きている人間として存在が公的に認められていないということを意味します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR