FC2ブログ

それらの課題

Their Agenda

TARGETS OF THE ILLUMINATI

AND

THE COMMITTEE OF 300




[ACCORDING TO DR. JOHN COLEMAN]





1. To establish a One World Government/New World Order with a unified church and monetary system under their direction. The One World Government began to set up its church in the 1920s and 30s, for they realized the need for a religious belief inherent in mankind must have an outlet and, therefore, set up a "church" body to channel that belief in the direction they desired.


2. To bring about the utter destruction of all national identity and national pride, which was a primary consideration if the concept of a One World Government was to work.


3. To engineer and bring about the destruction of religion, and more especially, the Christian Religion, with the one exception, their own creation, as mentioned above.


4. To establish the ability to control of each and every person through means of mind control and what Zbignew Brzezinski called techonotronics, which would create human-like robots and a system of terror which would make Felix Dzerzinhski's Red Terror look like children at play.


5. To bring about the end to all industrialization and the production of nuclear generated electric power in what they call "the post-industrial zero-growth society". Excepted are the computer- and service industries. US industries that remain will be exported to countries such as Mexico where abundant slave labor is available. As we saw in 1993, this has become a fact through the passage of the North American Free Trade Agreement, known as NAFTA. Unemployables in the US, in the wake of industrial destruction, will either become opium-heroin and/or cocaine addicts, or become statistics in the elimination of the "excess population" process we know of today as Global 2000.


6. To encourage, and eventually legalize the use of drugs and make pornography an "art-form", which will be widely accepted and, eventually, become quite commonplace.


7. To bring about depopulation of large cities according to the trial run carried out by the Pol Pot regime in Cambodia. It is interesting to note that Pol Pot's genocidal plans were drawn up in the US by one of the Club of Rome's research foundations, and overseen by Thomas Enders, a high-ranking State Department official. It is also interesting that the committee is currently seeking to reinstate the Pol Pot butchers in Cambodia.


8. To suppress all scientific development except for those deemed beneficial by the Illuminati. Especially targeted is nuclear energy for peaceful purposes. Particularly hated are the fusion experiments currently being scorned and ridiculed by the Illuminati and its jackals of the press. Development of the fusion torch would blow the Illuminati's conception of "limited natural resources" right out of the window. A fusion torch, properly used, could create unlimited and as yet untapped natural resources, even from the most ordinary substances. Fusion torch uses are legion, and would benefit mankind in a manner which, as yet, is not even remotely comprehended by the public.


9. To cause, by means of limited wars in the advanced countries, by means of starvation and diseases in the Third World countries, the death of three billion people by the year 2050, people they call "useless eaters". The Committee of 300 (Illuminati) commissioned Cyrus Vance to write a paper on this subject of how to bring about such genocide. The paper was produced under the title "Global 2000 Report" and was accepted and approved for action by former President James Earl Carter, and Edwin Muskie, then Secretary of States, for and on behalf of the US Government. Under the terms of the Global 2000 Report, the population of the US is to be reduced by 100 million by the year of 2050.


10. To weaken the moral fiber of the nation and to demoralize workers in the labor class by creating mass unemployment. As jobs dwindle due to the post industrial zero growth policies introduced by the Club of Rome, the report envisages demoralized and discouraged workers resorting to alcohol and drugs. The youth of the land will be encouraged by means of rock music and drugs to rebel against the status quo, thus undermining and eventually destroying the family unit. In this regard, the Committee commissioned Tavistock Institute to prepare a blueprint as to how this could be achieved. Tavistock directed Stanford Research to undertake the work under the direction of Professor Willis Harmon. This work later became known as the "Aquarian Conspiracy".


11. To keep people everywhere from deciding their own destinies by means of one created crisis after another and then "managing" such crises. This will confuse and demoralize the population to the extent where faced with too many choices, apathy on a massive scale will result. In the case of the US, an agency for Crisis Management is already in place. It is called the Federal Emergency Management Agency (FEMA), whose existence I first enclosed in 1980.


12. To introduce new cults and continue to boost those already functioning which include rock music gangsters such as the Rolling Stones (a gangster group much favored by European Black Nobility), and all of the Tavistock-created rock groups which began with the Beatles.


13. To continue to build up the cult of Christian Fundamentalism begun by the British East India Company's servant Darby, which will be misused to strengthen the Zionist State of Israel by identifying with the Jews through the myth of "God's chosen people", and by donating very substantial amounts of money to what they mistakenly believe is a religious cause in the furtherance of Christianity.


14. To press for the spread of religious cults such as the Moslem Brotherhood, Moslem Fundamentalism, the Sikhs, and to carry out mind control experiments of the Jim Jones and "Son of Sam" type. It is worth noting that the late Khomeini was a creation of British Military Intelligence Div. 6, MI6. This detailed work spelled out the step-by-step process which the US Government implemented to put Khomeini in power.


15. To export "religious liberation" ideas around the world so as to undermine all existing religions, but more especially the Christian religion. This began with the "Jesuit Liberation Theology", that brought an end to the Somoza Family rule in Nicaragua, and which today is destroying El Salvador, now 25 years into a "civil war". Costa Rica and Honduras are also embroiled in revolutionary activities, instigated by the Jesuits. One very active entity engaged in the so-called liberation theology, is the Communist-oriented Mary Knoll Mission. This accounts for the extensive media attention to the murder of four of Mary Knoll's so-called nuns in El Salvador a few years ago. The four nuns were Communist subversive agents and their activities were widely documented by the Government of El Salvador. The US press and the new media refused to give any space or coverage to the mass of documentation possessed by the Salvadorian Government, which proved what the Mary Knoll Mission nuns were doing in the country. Mary Knoll is in service in many countries, and placed a leading role in bringing Communism to Rhodesia, Mo軋mbique, Angola and South Africa.


16. To cause a total collapse of the world's economies and engender total political chaos.


17. To take control of all foreign and domestic policies of the US.


18. To give the fullest support to supranational institutions such as the United Nations, the International Monetary Fund (IMF), the Bank of International Settlements, the World Court and, as far as possible, make local institutions less effective, by gradually phasing them out or bringing them under the mantle of the UN.


19. To penetrate and subvert all governments, and work from within them to destroy the sovereign integrity of the nations represented by them.


20. To organize a world-wide terrorist apparatus and to negotiate with terrorists whenever terrorist activities take place. It will be recalled that it was Bettino Craxi, who persuaded the Italian and US Governments to negotiate with the Red Brigades kidnapers of Prime Minister Moro and General Dozier. As an aside, Dozier was placed under strict orders not to talk what happened to him. Should he ever break that silence, he will no doubt be made "a horrible example of", in the manner in which Henry Kissinger dealt with Aldo Moro, Ali Bhutto and General Zia ul Haq.


21. To take control of education in America with the intent and purpose of utterly and completely destroying it. By 1993, the full force effect of this policy is becoming apparent, and will be even more destructive as primary and secondary schools begin to teach "Outcome Based Education" (OBE).


To order any of Dr. Coleman's books, including the enhanced and updated 4th edition of Conspirators' Hierarchy: The Story of the Committee of 300, his news magazine World in Review (a 40page bi-monthly publication) or any of his monographs, or to receive a copy of his catalogue, please telephone or write to the following:


1 (800) 942-0821

W.I.R.

2533 North Carson St.

Suite J-118

Carson City, NV 89706


それらの課題

啓蒙主義者の目標

そして

300の委員会

[DR.ジョンコールマン]

1. それらの指導のもとでの統合された教会と通貨制度によって1つの世界政府/新世界秩序を設立するには。

彼らが、人類の中で固有の宗教的信仰の必要がアウトレットを持たなければならないので、その信念を、彼らが要求した方向に運ぶために、「教会」ボディをセットアップしたことに気がついたので、1つの世界政府は、1920年代と30年代にその教会を設立しはじめた。

2. すべての国家のアイデンティティと国の誇りの全くの破壊を引き起こすには(1つの世界政府の概念が、働くことであったならば、それは主要な考慮であった)。

3. 上で述べられているように1つの例外、彼ら自身の作成によって設計し、宗教ともっと特にキリスト教の破壊を引き起こすには。

4. マインド・コントロールの方法を通してのすべての人とZbignewブレジンスキーが、techonotronics(それは作成するであろう)と呼んだもののコントロールへの能力を設立するために、人風のロボットとフェリックスDzerzinhskiの恐怖政治をするであろう恐怖のシステムは遊びで子供のように見える。

5. すべての産業化といわゆる「ゼロ成長脱工業化社会」における核の生成された電力の生産に終わりを引き起こすには。

コンピュータとサービス産業は例外として省かれる。

残っている米国産業は、豊富な奴隷労働が入手可能なメキシコなどの国に輸出されるであろう。

私達が1993年に見ていた時に、これはNAFTAとして知られている北米自由貿易協定の通路を通して事実になった。

米国の、産業の破壊の後での雇用不可能者は、アヘン、ヘロイン、および/またはコカインの常用者になるか、私達がグローバルな2000として今日について知っている「余分な人口」プロセスの除去において統計になるであろう。

6. 促進し、結局薬の使用を公認し、ポルノを、「アートフォーム」(それは広く受け入れられるであろうし、結局、まったく普通になる)にするには。

7. カンボジアのポルポト政権によって実行された試運転に従って大都市の人口減少を引き起こすには。

ポルポトの組織的大量虐殺の計画が米国でローマ・クラブの研究財団の1つによって作成されて、トーマス・エンダーズ、国務省高官によって監督されたことは注に興味深い。

委員会が、現在、カンボジアでポルポトバチェラーを復職することに努めていることはまた興味深い。

8. 啓蒙主義者によって有益であると考えられているそれらを除いてすべての科学の発展を抑制するには。

平和な目的のための核エネルギーは特に目標とされる。

プレスの啓蒙主義者とそのジャッカルによって軽蔑されて、嘲笑されて、フュージョン実験は現在特に憎悪されている。

超高温ごみ焼却炉の開発は啓蒙主義者の「制限された天然資源」の概念をまさにウィンドウから吹き飛ばすであろう。

適切に使われた超高温ごみ焼却炉は、無限で、最も普通の物質から均一なまだ未利用資源のように作成することができた。

フュージョンたいまつ用途は多数で、まだ、一般大衆によって離れて理解されさえしない方法で人類に役立つであろう。

9. 第三世界国(2050年までの30億人の人々、彼らが「無駄な食う人」と呼ぶ人々の死)の飢餓と病気によって先進国の中の局地戦争によって起こるには。

300(啓蒙主義者)の委員会は、どのようにそのような大量虐殺を引き起こすかのこの主題の上で論文を書くことをサイラス・ヴァンスに委任した。

紙はタイトル「グローバルな2000リポート」下で生産されて、米国政府のためにジェームズ・アール・カーター前大統領とエドウィン・マスキー、そして国務長官による行動として認められて、是認された。

グローバルな2000リポートの条件の下で、米国の集団は、2050年の年までに1億によって減らされることになっている。

10. 国家の道徳心を弱めるためと大量失業を作成することによって労働クラスにおいて労働者の士気をくじくには。

仕事がローマ・クラブによって導入されたゼロ成長政策を産業のポストに起因して小さくする時に、リポートはアルコールと薬に依存している困惑し、落胆した労働者を考察する。

土地の若者は、現状に反逆し、従って徐々に蝕み、結局世帯単位を破壊するようにロック・ミュージックと薬によって勧められるであろう。

この点で、委員会は、どうしてこれが達成されることができるかについて青写真を準備することをTavistock研究所に委任した。

Tavistockはスタンフォードの研究に、ウィリス・ハーモン教授の指導のもとで仕事を引き受けるように命じた。

この仕事は後で「みずがめ座生まれ共謀」として知られた。

11. 人々が次から次の作成された危機によって彼ら自身の運命を決めて、それからそのような危機を「管理すること」をどこでも妨げるには。

これは、あまりにも多くの選択に直面する所で、巨大な規模で無関心が結果として生じるであろう範囲まで集団を混乱させて、それの士気をくじくであろう。

米国の場合に、危機管理のためのエージェンシーはすでに適所にある。

それは連邦緊急事態管理庁(FEMA)と呼ばれる(私は1980年にその存在物を最初に同封した)。

12. 新しいカルトを導入し、ローリング・ストーンズ(ヨーロッパ人ブラックNobilityによって大変賛成されているギャンググループ)などのロック・ミュージック・ギャングとビートルズから始めたTavistockで作成されたロック・グループのすべてを含むすでに機能しているそれらを押し上げ続けるには。

13. 「神の、選ばれた人々」の神話を通じてユダヤ人と自分を同一視すること、および非常にかなりの金額を、キリスト教の促進の宗教の原因であると彼らが間違って信じるものに寄贈することによってシオニズムイスラエル国を強化するために悪用される英国東インド会社の使用人ダービーにより開始されたキリスト教ファンダメンタリズムのカルトを増強し続けるために。

14. イスラム兄弟団、イスラム教徒Fundamentalism、シーク教徒などの宗派の広がりを迫るためとジムジョーンズと「サムの息子」タイプのマインド・コントロール実験を実行するには。

故ホメイニが英国軍事情報部Divの作成であったことは注目する価値がある。

6、 MI6.

この細かい仕事は、ホメイニをパワーに入れるために、米国政府が実施したステップ・バイ・ステップのプロセスを明確にした。

15. すべての既存の宗派であるがより多く、特にキリスト教を徐々に蝕むように「宗教の解放」アイデアを世界中に輸出するには。

これは「イエズス会士解放の神学」から始めて、それは、ニカラグアとどの今日がエルサルバドルを破壊しているかのソモーザの家の規則を「内戦」中に25年今や終わらせた。

コスタリカとホンジュラスは、イエズス会士によって扇動されて、また革命の活動に巻きこまれる。

1つの非常にアクティブなエンティティがいわゆる解放の神学に従事し、共産主義者指向のメアリー・ノルMissionである。

これは数年前のエルサルバドルのメアリー・ノルのいわゆる修道女の4人の殺人への広いメディアの注目を説明する。

4人の修道女は共産主義の破壊されたエージェントであり、彼らの活動はエルサルバドルの政府によって広く文書化された。

米国プレスとニューメディアは、どのようなスペースまたは記事でもエルサルバドルの政府によって所有されているドキュメンテーションのマスに与えることを断った(それは、メアリーノル任務修道女が国で何をしていたかを証明した)。

メアリー・ノルは多くの国で使用されていて、導き役割を、共産主義をローデシア、モザンビーク、アンゴラ、および南アフリカにもたらすことに置いた。

16. 世界の経済の完全な崩壊を起こし、完全な政治的混乱を生むには。

17. 米国のすべての外国と国内の方針のコントロールを取るには。

18. 最もいっぱいのサポートを国連(国際通貨基金(国際通貨基金)(国際決済、常設国際司法裁判所の銀行))などの超国家的な組織に与えて、それらを徐々に段階的に廃止するか、国連のマントの下で彼らを連れて来ることによってできる限りローカルな組織をより効果的でなくするには。

19. すべての政府に侵入し、破壊し、それらによって代表された国家の主権を有する完全性を破壊するためにそれらの中から働くには。

20. 世界的なテロリスト装置を組織するためとテロ活動が起こる時はいつでもテロリストと協議するには。

イタリアと米国の政府を説得して、より眠いモロと一般の総理大臣の赤い旅団誘拐犯と協議させたのがベッティーノ・クラクシであったことは思い出されるであろう。

ひそひそ話として、Dozierは、彼に起こったことを論じない厳密な注文の下で置かれた。

彼が万一これまでその沈黙を破るならば、彼は、確かに、ヘンリー・キッシンジャーがアルド・モロ、アリ・ブット、およびジアウルハク将軍とやりとりした方法で「恐ろしい例」にされるであろう。

21. それを完全に、まったく破壊する意思と目的によってアメリカで教育のコントロールを取るには。

1993年までに、この方針の完全な力効果は明白になっていて、主要で、中等学校が、「結果で基づいた教育」(OBE)を教えはじめる時に、よりいっそう破壊的になるであろう。

共謀者のヒエラルキーの強化されて、アップデートされた第4版を含めて、コールマン博士の本のどれでも注文するには:

300の委員会(レビュー(40ページの隔月の出版物)またはまたは彼のカタログのコピーを受け取り、電話を喜ばすか、以下に手紙を書く彼のもののいくらのでも中の彼のニュース雑誌世界)の話:

1 (800) 942-0821

W.I.R.

2533 北カーソン通り

スイートJ-118

カーソンシティ、NV 89706

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR