FC2ブログ

グローバリゼーションの暗い側

The Dark Side of Globalization

What the Media Are Missing

by Jerry Mander













Economic globalization involves arguably the most fundamental redesign and centralization of the planet's political and economic arrangements since the Industrial Revolution. Yet the profound implications of these changes have barely been exposed to serious public scrutiny or debate. Despite the scale of the global reordering, neither our elected officials nor our educational institutions nor the mass media have made a credible effort to describe what is being formulated, to explain its root philosophies or to explore the multidimensionality of its effects.



The occasional descriptions or predictions about the global economy that are found in the media usually come from the leading advocates and beneficiaries of this new order: corporate leaders, their allies in high levels of government and a newly powerful centralized global trade bureaucracy. The visions they offer us are unfailingly positive, even utopian: Globalization will be a panacea for all our ills.



Meanwhile, the diverse opposition to globalization is lumped together in one ball -- whether they are environmentalists, or human rights advocates, or small businesses, or small and indigenous farmers, or people trying to sustain the vestiges of democratic governance; whether Perotites or Naderites or Buchananites, covering a wide political spectrum -- they are all combined into a single category, "protectionist," so as to be summarily dismissed. In the end, we are left with a public information climate that is exceedingly shallow and one-sided. Worse, we are left with a corporate protectionism that does not act to protect jobs, communities, democracy or the natural world. It works to protect and expand business freedoms, to circumvent democratic control and to establish effective transnational corporate governance.



The recent passage of the Uruguay Round of GATT (General Agreement on Tariffs and Trade), with its associated W.T.O. (World Trade Organization), was celebrated by the world's political leadership and transnational corporations as a sort of global messianic rebirth. They have proclaimed that these new ruling structures will bring on a $250 billion expansion of world economic activity, with the benefits trickling down to us all. "The new rising tide will lift all boats" has become the dominant economic-political homily of our time.



The global economy is new, but more so in scale than in form. It offers new global freedoms of mobility and investment to corporations and banks; it facilitates a technologically enhanced speedup of global development and commerce; and it produces a profound and abrupt shift in global political power beyond the reach of even large Western democracies. Surely it is something new that the world's democratic countries have voluntarily voted to subordinate their own democratically enacted laws to the W.T.O. Also new is the elimination of most regulatory control over global corporate activity, and the liberation of currency from any nation's controls, leading to what John Cavanagh has described as the "casino economy," ruled by currency speculators.



But the deeper ideological principles of the global economy are not so new; they are only now being applied globally. These rules include the absolute primacy of exponential economic growth and an unregulated "free market"; the need for free trade to stimulate the growth; the destruction of "import substitution" economic models (which promote economic self-sufficiency) in favor of export-oriented economies; accelerated privatization of public enterprises; and the aggressive promotion of consumerism, which, combined with global development, faithfully reflects the Western corporate vision. The guiding principles of the new economic structures assume that all countries -- even those whose cultures have been as diverse as, say, Indonesia, Japan, Kenya, Sweden and Brazil -- must row their (rising) boats in unison. The net result, as Helena Norberg-Hodge argues on page 20, is a global monoculture -- the homogenization of culture, lifestyle and level of technological immersion, with the corresponding dismantlement of local traditions and self-sufficient economies. Soon, everyplace will look and feel like everyplace else, with the same restaurants and hotels, the same clothes, the same malls and superstores, the same TV, the same streets choked with cars and the same universal materialistic values. There'll scarcely be a reason ever to leave home.



But can this system work? Will the promised economic expansion resulting from GATT actually happen? If so, can it sustain itself? Where will the resources -- the energy, the wood, the minerals, the water -- come from to feed the increased growth? Where will the effluents of the process -- the solids and the toxics -- be dumped? Who benefits from this? Will it be working people, who, in the United States at least, seem mainly to be losing jobs to machines and corporate flight? Will it be farmers, who thus far, whether in Asia, Africa or North America, are being maneuvered off their lands to make way for huge corporate monocultural farming -- no longer producing diverse food products for local consumption but coffee, grains and beef for export markets, with their declining prices? Will it be city dwellers, now faced with the immigrant waves of newly landless peoples desperate to find -- someplace -- the rare and poorly paid job? Can ever-increasing consumption be sustained forever? When will the forests be gone? How many cars can be built and bought? How many roads can cover the land? What will become of the animals and the birds? Are we -- as individuals, as families and as communities and nations -- made more secure, less anxious, more in control of our destinies? Can we possibly benefit from a system that destroys local and regional governments while handing real power to faceless corporate bureaucracies in Geneva and Brussels? Will people's needs be better served from this?



The German ecological philosopher Wolfgang Sachs argues in his book The Development Dictionary that the only thing worse than the failure of this massive global development experiment would be its success. For even at its optimum performance level, the long-term benefits will go to only a tiny minority of people who sit at the hub of the process and to a slightly larger minority that can retain an economic connection to it, while the rest of humanity is left landless and homeless, groping for fewer jobs, living in violent societies on a ravaged planet. The only boats that will be lifted are those of the owners and managers of the process; the rest of us will be on the beach, facing the rising tide.



Given the above, one would expect massive efforts by media and educational institutions to explore all the dimensions of this subject. Yet when the mass media report on some aspect of globalization, rarely does the story express the connections between the specific crisis it describes and the root causes in the globalization process itself.



In the area of environment, for example, we read of changes in global climate and occasionally of their long-term consequences, such as the melting polar icecaps (the real rising tide), their expected staggering impact on agriculture and food supply, or their destruction of habitat. We read too of ozone-layer depletion, the pollution of the oceans and the wars over resources such as oil and, perhaps soon, water. But few of these matters are linked directly to the imperatives of global economic expansion, the tremendous increase in ecologically devastating global transport (caused by universal conversion to export-oriented production), the overuse of raw materials or the commodity-intensive lifestyle that corporations are selling worldwide via the culturally homogenizing technology of television and its parent, advertising. Obfuscation is the net result.



I personally have had some harsh experience of this obfuscation. While working with Public Media Center in the run-up to the vote on GATT, my colleagues and I were preparing educational ads about GATT's environmental consequences, particularly the way it can challenge existing major environmental laws, such as recently happened to the Marine Mammal Protection Act and the Clean Air Act. We collaborated on the project with fifteen environmental groups who signed the ad, among them the Sierra Club, Public Citizen, Friends of the Earth, Earth Island Institute and the Rainforest Action Network. The groups felt the campaign was important precisely because the media had carried so few stories about environmental opposition to GATT, and did not take it seriously.



Shortly after our first ad appeared in The New York Times, a report in Newsweek advised its readers that the advertisement was not really from the environmental community at all; it was secretly funded by labor union "protectionists." Public Media Center protested loudly, and finally Newsweek ran a small corrective notice. But the damage was done. A good opportunity to broaden the public's thinking about economic globalization was undermined.



Other notable examples of media misunderstanding include the coverage of the Barings bank debacle of 1995 and the Mexican financial crisis of 1994-95. Rarely has any medium made clear the role that the new global computer networks play in creating the capability for instantaneous transfer anywhere on the planet of astounding amounts of money; nor do the media describe the consequences of deregulating financial markets or the role that the World Bank and the International Monetary Fund play in creating the conditions that encourage currency speculation. The Mexican story was carried in the U.S. press as if the United States' "bailout of Mexico" was some kind of do-gooder act on our part: good neighbors coming to the aid of our Mexican friends. In fact, the main people bailed out were Wall Street investors, who, with the direct complicity of the World Bank and the I.M.F., largely brought on the crisis in the first place. For middle-class and working-class Mexicans, the bailout was disastrous. That story has yet to be told by the mass media.



Some publications did do stories about "corporate greed" as expressed by the firing of thousands of workers while corporate profits and executive salaries soared. Even those stories missed the crucial point that corporate restructuring is directly hooked to the imperatives and mobilities provided by the new rules of globalization, and that it is happening all over the world. Obfuscation yet again.



The media like to speak of immigration crises, but there is no mention of the role of trade agreements in making life impossible for people in their countries of origin. NAFTA, for example, was a knockout blow to the largely self-sufficient, small-scale corn-farming economy of Mexico's indigenous peoples -- as the Zapatista rebels said in 1994 -- making previously inviolate indigenous lands vulnerable to corporate buyouts and foreign competition. In India, Africa and Central and South America, World Bank schemes have displaced whole populations of relatively prosperous peoples to make way for giant dams and other mega-projects. Millions of small farmers have thereby been turned into landless refugees seeking nonexistent urban jobs.



As for the role of technology, we now have global computer networks that enable global corporations to keep their thousand-armed enterprises in constant touch. Biotechnology brings the corporate patenting of new life forms and the voracious global search for indigenous seeds and plants to patent and market, with devastating effects on Third World agriculture, ecology and human rights. Where are the reports on this?



As for reportage about corporations themselves, the media treat corporate figures mainly as glamorous celebrities and speak respectfully in the new language of consolidation -- efficiency, structural engineering and downsizing -- rarely attempting to present such activities within their economic and social context. The media have still less to say about global media corporations that place Rupert Murdoch, Ted Turner and very few others in a position to transmit their Western images and commercial values directly into the brains of 75 percent of the world's population. The globalization of media imagery is surely the most effective means ever for cloning cultures to make them compatible with the Western corporate vision.



But if the media have failed to connect the dots and show how many of the global crises of today have their roots in the globalization process, they have been still worse in analyzing the economic theories that underly it, and their expression in practice. We may find references to World Bank loans to Third World countries, but there is scant effort to reveal the draconian "structural adjustment" rules forced on recipients, leaving their local economies decimated and their governance under the dominion of transnational corporations and banks.



And when have mass media ever challenged the preposterous idea that, on a finite earth, an economic arrangement based on limitless growth can possibly be sustained?



The point is this: The media do not help us to understand that all these issues -- overcrowded cities, unusual and disturbing new weather patterns, the growth of global poverty, the lowering of wages while stock prices soar, the elimination of social services, the destruction of wilderness and wildlife, the protests of Maya Indians in Mexico -- are products of the same global policies. They are all connected to the economic-political restructuring now under way in the name of accelerated free trade and globalization. This restructuring has been designed by economists and corporations, encouraged by subservient governments and will soon be made mandatory by international bureaucrats in Brussels and Geneva who are beyond democratic control. All claim that society will benefit from what they are doing. But the authors in this special issue of The Nation believe the opposite is true.



In such a deprived information environment it is truly a wonder that significant numbers of people are already conscious of what economic globalization means to them, and to the planet, and that resistance is necessary. Aside from the example of the Zapatistas, we have seen the strike by hundreds of thousands of French public service workers in 1995, who brought the French economy to a halt. They may soon do it again, if the French government proceeds with its plan to cut wages, benefits and jobs to "harmonize" them with Europe's single-currency agreement, itself an integral part of the restructuring and corporatizing of the European economy for global compatibility.



In Japan, tens of thousands of rice farmers protested when supports were removed from traditional farming to open the country to the global market. In India there have been a series of tremendous demonstrations by farmers. A half-million protested the new GATT rules on intellectual property that allow for transnational seed companies to patent and own indigenous seeds. In another demonstration, farmers burned the offices of agribusiness giant Cargill, and in a third, they damaged a Kentucky Fried Chicken outlet for its role in undermining India's very diverse poultry farm economy, to replace it with factory farms for exporting chickens.



Throughout Asia and South America, indigenous people have been fighting World Bank dam and irrigation projects that cause the displacement of people from their land; and a new international Native movement is opposing the taking of Indian blood and skin samples by corporations prospecting for commercially applicable and patentable genetic traits.



In the United States, meanwhile, dozens of organizations that worked to oppose NAFTA and GATT have spent the past two years broadening their sights to encompass globalization itself. Environmental, consumer, human rights, labor, small business and economic justice groups are now grasping that their issues are directly affected by globalization, and are forming new partnerships here and across borders. Organizations like the International Forum on Globalization have found that events planned for 300 people are bringing out thousands.



A growing tendency among many groups is to take it as axiomatic that we must turn away now from globalization to a new relocalization with economic, financial and political power rooted in place. This is sometimes viewed as too utopian for the modern world, but that puts the case backwards. What is truly utopianism, corporate utopianism, is the belief that centralized economic models that defy natural limits and social equities can ever sustain themselves. It's far more practical to fight such schemes in all of their manifestations, while encouraging alternative solutions.





Jerry Mander is a senior fellow with Public Media Center, San Francisco, and co-founder of the International Forum on Globalization. He is co-editor, with Edward Goldsmith, of The Case Against the Global Economy, forthcoming from Sierra Club Books in September. This article was adapted from the book. Copyright 1996 Sierra Club Books.


グローバリゼーションの暗い側 メディアが逃しているもの

ジェリー・マンダーによって

経済のグローバリゼーションは間違いなく産業革命以来の地球の政治的で、経済の手配の最も根本的な再設計と集中化に関係している。

それでも、これらの変化の深い意味はかろうじて重大な公開審査または討論にさらされている。

グローバルな再注文のスケールにもかかわらず、私達の選ばれた役員や私達の教育機関やマスメディアのどちらも、何が公式化されているかを記述し、その根人生観を説明するか、その効果の多次元性を探究する信用できる努力をしなかった。

通常メディアの中で発見される世界経済についての時折の説明または予測はこの新オーダーの主要な支持者と受益者から来る:

企業のリーダー、政府の高いレベルにおける彼らの同盟者、および新しく強力な集中化した世界貿易官僚。

それらが私達に提供するビジョンは無尽蔵にポジティブで、理想的にさえ:

グローバリゼーションはすべての私達の病気のための万能薬になるであろう。

その間、グローバリゼーションへの多様な反対は1つのボールの中で一まとめにされる--彼らが、民主主義の管理の痕跡を耐えようとしている環境保護活動家または人権支持者または中小企業または小規模と先住の農場主または人々であるかどうかにかかわらず;

広い各政党をカバーしているPerotitesまたはネーダーばりまたはBuchananitesかどうかにかかわらず--彼らは、すぐに退けられるようにすべて1つのカテゴリー、「保護貿易論者」に統合される。

最後に、私達は、非常に浅く、不公平な公開情報気候によって別れられる。

より悪く、私達は、作動しない企業の保護貿易政策によって、仕事、コミュニティ、民主主義、または自然界を保護することを任せられる。

ビジネス自由を保護し、拡張するため、民主主義のコントロールを出し抜くため、および効果的な国境を越えるコーポレート・ガバナンスを設立するために、それは働く。

その関連したW.T.O.(世界貿易機関)とのGATT(関税および貿易に関する一般協定)のウルグアイ・ラウンドの最近の通路は一種のグローバルな救世主の再生としての世界の政治的なリーダーシップと超国際企業によって祝福された。

彼らは、これらの新しい支配構造が私達すべてまでしたたっている利点によって世界経済活動の2500億ドルの拡張を引き起こすであろうと宣言した。

「新しい上げ潮はすべてのボートを持ち上げるであろう」は私達の時間の支配的な経済で政治的な訓戒になった。

世界経済は新しいけれどもスケールの中でフォームにおいてよりそうである。

それは可動性と投資の新しいグローバルな自由を企業と銀行に提供する;

それはグローバルな開発と商業の技術的に強化されたスピードアップを容易にする;

そして、それは大きな西洋の民主主義国さえの届く範囲を越えてグローバルな政治権力において深く、突然のシフトを生み出す。

きっと、民主主義の国が、ジョン・カバナーが、通貨投機筋によって判決されて「カジノ経済」として説明したものをもたらして、彼ら自身の民主的に制定された法律をまた新しいW.T.O.に従属させることがグローバルな企業の活動に関しての最も規制のコントロールの除去とすべての国家のコントロールからの通貨の解放であるのを自発的に可決したことは、世界がある新しいものである。

しかし、世界経済のより深いイデオロギー上の主義はそんなに新しくない;

それらは現在グローバルに適用されているだけである。

これらの規則は指数の経済成長と規制されていない「自由市場」の絶対の第一を含む;

自由貿易が成長を刺激する必要;

輸出指向の経済に賛成の「輸入代替」経済モデル(経済の自給自足を促進する)の破壊;

公営企業の促進された民営化;

そして消費者運動の攻撃的なプロモーション(それは、グローバルな開発と結合されて、忠実に西洋の企業のビジョンを反映する)。

新しい経済構造の指導原則は、諸国--文化が例えばインドネシア、日本、ケニア、スウェーデン、およびブラジルと同じくらい多様であったそれら--さえ一斉にそれらの(上昇)ボートをこがなければならないと仮定する。

正味残額は、ヘレナNorbergホッジが20ページに議論するので、グローバルなモノカルチャーである--ローカルな伝統と自給自足経済の対応する分解との文化、ライフスタイル、および技術的な浸しのレベルの同質化。

すぐ、どこでも、ルック&フィールは同じレストランとホテル、同じ衣服、同じモール、およびスーパーストア、同じテレビ、車で詰まっていた同じ通り、および同じ一般的な唯物論的な価値によって他にどこでも望むであろう。

ほとんど、これまで家を出る理由がないであろう。

しかし、このシステムは作動することができるか?

実際GATTに起因している約束された景気拡大は起こるであろうか?

もしそうなら、それは自身を維持することができるか?

資源--エネルギー、木材、鉱物、水--は、どこで拡大成長に供給するために来るであろうか?

プロセス--固体とtoxics--の流出はどこに放り出されるであろうか?

誰がこれから利益を得ているか?

それは、米国で、少なくとも、主であるマシンと企業のフライトに仕事を失っているような人々を働かせているであろうか?

これまでのところ、アジア、アフリカ、または北アメリカのかどうかにかかわらず、莫大な企業の単一栽培の農業に道をあけるために彼らの領土から動いているのは農夫になるであろう--彼らの下落する価格によって輸出市場のために地元の消費であるがコーヒー、粒、および牛肉のためにもう多様な食品を生産しない?

それは、現在、まれで、不十分に支払われた仕事を見つける、--どこか--がしたくてたまらない新しく土地がない民族の移民波に直面している都市生活者になるであろうか?

常に増加する消費は永久に支えられることができるか?

いつ森林はなくなるであろうか?

いくつの車が製造されて、買われることができるか?

いくつの道路が土地をカバーすることができるか?

何が動物と鳥に起こるであろうか?

私達--個人としての、ファミリーとしての、そしてコミュニティと国家としての--はもっと私達の運命のコントロールにおいて、より心配していないでより安全にされるか?

私達は、何とかして、現実のパワーをジュネーブとブリュッセルの顔のない企業内官僚制に手渡す間に、ローカルで、地域の政府を破壊するシステムから利益を得ることができるか?

人々のニーズはこれからよりよく満たされるであろうか?

ドイツのエコロジカルな哲学者ウォルフガング・ザックスは、この大規模なグローバルな開発実験の失敗より悪い唯一の物がその成功であるであろうと彼の本The開発辞書の中で主張する。

Forは水平のその最高の性能で平らにし、長期利点は、プロセスのハブに、そして破壊した惑星の上の暴力的な社会の中に残って、人間性の残りが、より少ない仕事を手探りして、土地がなく、ホームレスであるままにしておかれる間、それとの経済の接続を保持することができる少しより大きな少数派に座っている人々のごく少ない少数派だけに行くであろう。

持ち上がるであろう唯一のボートはプロセスのオーナーとマネジャーのそれらである;

私達の残りは、上げ潮に直面してビーチの上にあるであろう。

上記を与えられて、人は、大きな努力がこの主題のすべての次元を探究することをメディアと教育機関によって期待するであろう。

それでも、マスメディアがグローバリゼーションのある面を報告する時に、めったに、話は、それが説明する具体的な危機とグローバリゼーションプロセス自身における根本原因の間の接続を表現しない。

例えば、環境のエリアで、私達は地球気候の変化について、そして時々溶ける極の万年雪(現実の上げ潮)、農業と食品供給へのそれらの予期されている圧倒的な影響、または生息地のそれらの破壊などのそれらの長期的影響について読んだ。

私達はオゾンレイヤー枯渇、海洋の汚染、およびオイルとたぶんすぐ水などの資源の上の戦争についてまた読んだ。

しかし、これらの問題のほとんどは、広告して、直接、グローバルな景気拡大、生態学的に破壊的な地球規模輸送(輸出指向の生産への一般的な変換によって起こされる)のすさまじい増加、原料の乱用、または企業がテレビとその親の文化的に均質化するテクノロジー経由で世界的に売っている商品が集中的なライフスタイルの命令法と結び付かない。

暗黒化は正味残額である。

私は個人的にこの暗黒化のいくらかのつらい経験をした。

GATTについての採決への準備段階における公的なメディアセンターによって働く間に、私の同僚と私は、GATTの環境の結果(特に、それが現行主要な環境法と競合することができる方法)について教育的な広告を準備していて、など、最近、海哺乳動物保護法と大気汚染防止法に起こった。

私達は、広告、それらの間の、シエラ・クラブ、公的な市民、地球の友、地球島研究所、および熱帯雨林行動ネットワークにサインした15の環境保護団体とプロジェクトについて協力した。

グループは、メディアがGATTへの環境の反対についてのそんなに少数のストーリーを伝えて、それをまじめに取らなかったので、キャンペーンが正確に重要であったと思った。

私達の最初の広告がニューヨーク・タイムズに出た少し後に、ニューズウィークにおけるリポートは、広告が本当は全く環境のコミュニティからではなかったことをそのリーダに通知した;

それは労働組合「保護貿易論者」によってひそかに出資された。

公的なメディアセンターは声高に抗議し、最終的に、ニューズウィークは小さな矯正の短評を実行した。

しかし、損害はされた。

経済のグローバリゼーションについての大衆の考察を広げるよい機会は徐々に蝕まれた。

メディア誤解の他の著しい例は1995年のBarings銀行破壊と1994年-95年のメキシコ金融恐慌の記事を含む。

めったに、どのようなメディアも、驚くほどの金額の惑星の上でどこでも瞬時の転送のために機能を作成することについて、新しいグローバルなコンピュータネットワークが果たす役割を明らかにしなかった;

また、メディアは、規制解除金融市場または通貨投機を促進する条件を作ることについて、世界銀行と国際通貨基金が果たす役割の結果を説明しない。

米国の「メキシコの緊急援助」が私達のほうのある種類の考えの甘い慈善家行為であったかのように、メキシコ話は米国プレスの中に運ばれた:

私達のメキシコ友人の援助に来るよい隣人。

実のところ、保釈された主要な人々は、世界銀行とI.M.F.の直接的な共犯によって、主として、まず第一に危機を引き起こしたウォール街の投資者であった。

中流と労働者階級のメキシコ人にとって、緊急援助は悲惨であった。

その話は、まだこれからマスメディアによって話される必要がある。

企業の利益と役員報酬が高騰する間数千人の労働者の射撃によって表現されるように、いくつかの出版物は「企業の貪欲さ」についての話をした。

それらの話さえ、企業のリストラがグローバリゼーションの新しい規則によって提供された命令法と流動性に直接留められるという、そしてそれが世界中で起こっているという重要なポイントをはずれた。

さらに再び暗黒化。

メディアは、移住危機について話すことが好きであるけれども、彼らの原産地の中にライフを人々に不可能にすることにおける貿易協約の役割に関する言及が全然ない。

例えば、NAFTAは、以前に犯されていない先住の領土を企業の買収と外国の競争に無防備にしているメキシコの先住民--Zapatistaとして、反乱軍は1994年に言った--の主として自給自足、小規模のトウモロコシ農業経済への猛烈な一撃であった。

インド、アフリカ、および中南米で、世界銀行計画は、巨大なダムと他のメガプロジェクトに道をあけるために相対的に繁栄した民族の人口全体に取って代わった。

従って、数百万人の小規模農場主は存在しない都市の仕事を捜している土地がない避難民に変っている。

テクノロジーの役割について、私達は現在、グローバルな企業が一定の感触においてそれらの1000武装した企業を保持することを可能にするグローバルなコンピュータネットワークを持っている。

生物工学は新しいライフフォームの企業の特許を取得し、先住の種と植物の大食のグローバルな検索に、第三世界農業、エコロジー、および人権への破壊的な効果によって特許を取得し、マーケティングさせる。

どこにリポートはこれの上にあるか?

企業自身についてのルポルタージュについて、メディアは企業の数値を主に魅力的な有名人として扱い、めったに、彼らの経済の、そして社会的な文脈の中でそのような活動を示すことを試みていない合併--効率、土木建築工学、およびダウンサイジング--の新しい言語で、うやうやしく話す。

メディアは、より少ない、それらの西洋のイメージと商品価値を直接世界の人口の75パーセントの脳の中に送るために、ルパート・マードック、テッド・ターナー、およびほとんどの他をポジションに置くグローバルなメディア企業について言う必要がある。

メディア像のグローバリゼーションはきっと、それらを西洋の企業のビジョンと互換にするために文化をクローン技術で生み出すためのこれまでで最も効果的な方法である。

しかし、メディアが、ドットを接続し、今日のグローバルな危機のいくつがグローバリゼーションプロセスにおいてそれらの根を持っているかを示すことに失敗したならば、それらは、そんなにunderly経済理論を分析することにおいてより悪い静寂、および実際の場でそれらの表現であった。

私達は第三世界国に世界銀行貸付金へのリファレンスを見つけるかもしれないけれども、大量殺戮された彼らの地元の経済と超国際企業と銀行の支配権の下の彼らの管理を残して、受領者に押し付けられた過酷な「構造調整」規則を明らかにする不十分な努力がある。

そして、いつマスメディアは、これまでに、限定された地球の上で、無制限な成長に基づいた経済の配置が何とかして支えられることができるという非常識なアイデアと競合したことがあるか?

ポイントはこれである:

メディアは、私達が、すべてのこれらの問題--人口過剰の都市、異常で、気がかりな新しい天候パターン、グローバルな貧乏の成長、株価が高騰する間賃金の下がり、社会事業の除去、荒野の破壊、および野生生物(メキシコでのマヤ・インド人の抗議)--が同じグローバルな方針の製品であると理解することを手助けしない。

それらは促進された自由貿易とグローバリゼーションの名前において方法の下で現在すべて経済で政治的なリストラクチャリングに接続している。

このリストラクチャリングはエコノミストと企業によってデザインされていて、卑屈な政府によって促進し、すぐ、民主主義のコントロールの域を超えているブリュッセルとジュネーブの国際的な官僚によって義務的にされるであろう。

すべては、社会が、彼らがしていることから利益を得るであろうと主張する。

しかし、国家のこの特集号の中の作者は、反対物が真実であると信じる。

そのような奪われた情報環境において、かなりの数の人々が彼らに、そして惑星にすでにどんな経済のグローバリゼーション方法のかに気づいていることは本当に驚異であり、その抵抗は必要である。

Zapatistasの例は別として、私達は、フランス経済を止めた1995年の数十万人のフランス公務労働者によってストを見た。

フランス政府が、それらをヨーロッパの単一通貨協定(自身リストラクチャリングの必須の一部とグローバルな互換性のためのヨーロッパ経済のcorporatizing)と「調和させる」ために賃金、利点、および雇用を削減するその計画を続行するならば、彼らは再びすぐそれをすることができる。

日本で、サポートが、世界市場に国を開くために伝統的な農業から取り除かれた時に、数万人の稲作農業者は抗議した。

インドで、農夫による一連のすさまじいデモンストレーションがあった。

50万は、先住の種の特許を取得し、所有するために、国境を越える種の会社を考慮する知的所有権における新しいGATT規則に抗議した。

別のデモンストレーションにおいて、農夫はアグリビジネス巨人カーギルのオフィスを燃やし、3分の1において、チキンを輸出するためにそれを農場と取り替えるようにインドの非常に多様な家禽農園経済を徐々に蝕むことにおいて、彼らはその役割のケンタッキー・フライド・チキン出口を損った。

最後まで、アジアと南アメリカの、先住民は、彼らの土地から人々の置換を起こす世界銀行ダムと潅漑のプロジェクトを争っていた;

そして、新しい国際的なネイティブのムーブメントは商業的に適用可能で、特許取得可能な遺伝形質を試掘している企業によるインド血と皮のサンプルの取りに反対している。

米国で、その間、NAFTAとGATTに反対するために働いた数十の組織は、グローバリゼーション自身を取り巻くためにそれらの風景を広げることにこの2年を費やした。

環境で、消費者、人権、労働、中小企業、および経済上の公正のグループは、現在、それらの問題がグローバリゼーションによって直接影響されて、ここで、そして境界を横切って新しい会社を結成していると把握している。

グローバリゼーションに関する国際フォーラムのような組織は、300人の人々のために計画されたイベントが数千を持ち出していると気付いた。

多くのグループの間の成長する傾向は、公理のように、私達が適所に定着した経済、金融の、そして政治権力によって新しい再ローカライズに現在グローバリゼーションから離れなければならないことを取ることになっている。

これは時々現代の世界のためのあまりにもユートピアとみなされるけれども、それはケースを後方に置く。

本当に、ユートピア的理想、企業のユートピア的理想であるものは、自然な限界と社会的な普通株に反抗する集中化した経済モデルがこれまで自身を維持することができるという確信である。

代替案を促進する間にそれらの明示のすべてにおいてそのような計画を争うことはもっとずっと実用的である。

ジェリー・マンダーはグローバリゼーションに関する国際フォーラムの公的なメディアセンター、サンフランシスコ、および共同設立者を持つシニアの人である。

彼は世界経済に対する訴訟のエドワード・ゴールドスミスとともに、9月にシエラ・クラブ本から手近な共同エディタである。

この記事は本から適応した。

1996年、シエラ・クラブ本を著作権で保護しなさい。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR