FC2ブログ

シナリオ

? World War 3

?


The Planned World War 3 - A Play in Numerous Acts

World War Three in Brief

A Three World War scenario was developed several decades ago (see Conspiratorial History).? Two World Wars have already been achieved, and the Third and final World War envisions an attack on Iraq, Iran and/or Syria as being the trigger to set the entire Middle East into fiery conflagration. Once America is firmly entrenched into the Middle East with the majority of her first-line units, North Korea is to attack South Korea. Then, with America's forces stretched well beyond the limit, China is to invade Taiwan.? This will usher in the start of World War Three.


World War Definition:

What constitutes a 'world war'? How many countries need to be involved?? And who decides at which point a number of regional skirmishes can be grouped together and called a World War?? At the time, who called the official start of World War 1 and World War 2?


And have you noticed that although the term 'World War Three' is freely used in the alternative press and on the Internet, all the major news networks have stoically avoided using any phrase reminiscent of World War.?


Since it's difficult to find a definition for an event which has only happened twice in modern history, here's my attempt at an answer to the question 'what constitutes a world war'?


A World War is a military conflict spanning more than 2 continents, in which at least 20 major countries participate in an attack against a common enemy, and which has the attention of the man-in-the-street due to the significant loss of life.


With that definition, we can agree that WW1 and WW2 were in fact World Wars (both wars involved some degree of participation from most of the world's then existing countries: Britain, France, Germany, Italy, Japan, the United States and the Soviet Union).? We can also agree that we are very close to achieving World War 3.? The only requirement left to fulfill the start of WW3 is that of a military conflict spanning more than 2 continents.? As soon as Israel attacks Palestine, or North Korea attacks South Korea or the US, or China invades Taiwan, we will have the next World War well underway.


?

?

?世界大戦3

計画された世界大戦3 - 要するにたくさんの世界大戦3における劇のシナリオ

3つの世界大戦シナリオが、数十年前(共謀歴史を見なさい)開発された。

2回の世界大戦がすでに達成されていて、中東全体を火の大火の中に設定するために、3番目の、そして最終的な世界大戦はそのトリガーであることとしてイラク、イラン、および/またはシリアへの攻撃を想像する。

一度アメリカは彼女の第一線のユニットの大多数によって中東の中にしっかり確立されていて、北朝鮮は、韓国を攻撃することになっている。

そして、アメリカの力がはるかに限界を越えて伸びる状態で、中国は、台湾を侵略することになっている。

これは世界大戦3の開始を案内するであろう。

世界大戦定義:

何が‘世界大戦’を構成しているか?

いくつの国が、関係している必要があるか?

そして、誰が、どのポイントで、多くの地域のこぜりあいがグループ分けされて、世界大戦と呼ばれることができるかを決めるか?

その時、誰が世界大戦1と世界大戦2の公式な開始を呼んだか?

そして、あなたを、用語‘世界大戦3’がアングラ新聞とインターネットに自由に用いられるけれども、すべての主要なニュースネットワークが、ストイックに、世界大戦を思い出させているどのようなフレーズでも使うのを避けたことを通知させる。

近代史の中で2回起こるだけであったイベントのために定義を見つけることが難しいので、ここに、質問‘世界大戦を構成しているもの’に対する答えでの私の試みがある?

世界大戦は2つを超える大陸をまたいでいる軍事衝突である(それにおいて、少なくとも20の主要な国が共通の敵への攻撃に参加し、命の重要な損失のため通りの人の注意を持っている)。

その定義によって、私達は、WW1とWW2が実のところ、世界大戦(両方の戦争は世界のその時現存している国のほとんどからある程度の参加に関係していた:英国、フランス、ドイツ、イタリア、日本、米国、およびソビエト連邦)であったことに合意することができる。

私達は、私達が達成世界大戦3に非常に近いことに合意することもできる。

WW3の開始を満たすために置いていかれた唯一の要求物は2つを超える大陸をまたいでいる軍事衝突のそれである。

イスラエルがパレスチナを攻撃するか、北朝鮮が韓国または米国を攻撃するか、中国が台湾を侵略するとすぐに、私達はよく航行中の次の世界大戦を持つ。




World War 3 - Act III, Scene I: The Far East


Hair-Raising Nuclear Confrontation


While not widely reported in the US press, war rhetoric has been escalating rapidly since late April 2003, when North Korea's military reached full war preparedness.? No army prepares for war, only to remain in? this state for so long.? What on earth is going on?


April 21, 2003 -- North Korea calls on all its citizens to increase the country's defence capabilities, according to the state's official media. 'All officers and men of the People's Army ... always keep yourselves combat ready,' the KCNA news agency reports the North Korean military as saying. 'If enemies invade our inviolable sky, land and seas even an inch, destroy up the aggressors with merciless annihilating blows'. The Central Committee and the Central Military Commission of the Worker's Party of Korea jointly issue the call which was carried in Pyongyang newspapers.


April 21, 2003 -- One day before scheduled talks between US and North Korean diplomats, a secret Donald Rumsfeld memorandum calling for regime change in North Korea is leaked. The paper does not call for military action against North Korea, but wants the United States to team up with China in pushing for the collapse of Kim Jong-il's bankrupt but belligerent regime.


April 24, 2003 -- American envoy James Kelly deliberately insults Chinese and North Korean diplomats by breaking off talks in Beijing without giving any notice.? American embassy officials would not say where he was heading.


May 4, 2003 -- Kim Myong Chol, a Japanese-born Korean, delivers a message on behalf of the North Korean government: "North Korea has a nuclear capability. It's quite obvious. North Korea may have minimum 100 nuclear warheads, maximum 300. They all lock onto American cities... If the US attacks North Korea, North Korea will definitely use those nuclear weapons against the US mainland."? Oops, shouldn't we take this threat seriously?


May 4, 2003 -- U.S. Defense Secretary Donald Rumsfeld refuses to rule out the possibility of war with North Korea.


June 4, 2003 -- After a fairly uneventful month, war rhetoric continues to escalate.? The US announces an $US11 billion new North Korean war plan... When war breaks out, the forces will skirt the DMZ and head for Pyongyang, giving them the ability to "take down" North Korea's heavy presence on the border within an hour of war breaking out.. "This is Kim Jong-il's worst nightmare," one official said.


June 11, 2003 -- Defense Secretary Donald Rumsfeld's advisory panel states that the United States should be prepared to destroy North Korea's Yongbyon reactor if necessary to keep Pyongyang from trafficking in nuclear weapons.


June 11, 2003 -- Australia considers taking a role in an international effort to intercept North Korean ships that may be carrying weapons of mass destruction (WMD) or illegal cargoes used to finance its military programs.? North Korea has always warned that a naval blockade would be a trigger for war. She cannot afford to have any interdiction of critical foodstuffs or fuel.


April 10, 2004 -- "The year to fear for Taiwan: 2006", By Wendell Minnick, Asia Times.? "TAIPEI - If China ever makes the decision to invade Taiwan it is unlikely to be a large-scale Normandy-style amphibious assault. The reality is that China is more likely to use a decapitation strategy.? Decapitation strategies short circuit command and control systems, wipe out nationwide nerve centers, and leave the opponent hopelessly lost.?? All China needs to do is seize the center of power, the capital and its leaders. If China decides to use force to reunify the mainland with what it terms a breakaway province, the window of opportunity is believed to be 2006. This would give China a couple of years to clean up the mess before the 2008 Summer Olympics. Most analysts estimate that China's military strength will surpass Taiwan's defense capabilities by 2005. So 2006 - the Year of the Dog - is clearly the year to fear."


April 22, 2004 -- A massive train explosion in North Korea claims the lives of approximately 3,000, including many children in a nearby school.?


"North Korean security concludes train blast was assassination try", Special to World Tribune.com, June 1, 2004



"North Korea's state security agency has determined that April's massive train blast was a botched effort to kill North Korean dictator Kim Jong-Il, a South Korean newspaper reported ... Kim's heavily guarded special train passed through Ryongchon station on his way back from China just nine hours before the explosion. This triggered speculation that the incident was an assassination attempt on the North Korean leader ... Kim vanished from public view for more than a week following the explosion and the North's normally attentive state-controlled media made no mention of his activities or whereabouts."


June 20, 2004 -- China is told to withdraw its undertaking on no first-use of nuclear weapons should Taiwan try to blow up the Three Gorges Dam. The call was made by them - as well as some who sit on the country's top political advisory body - in the wake of a US Defence Department report which suggested that Taiwan could target the dam in a pre-emptive strike.



This kind of news story just escalates the war rhetoric. War rhetoric can play a significant role in starting a war nobody really wanted. As war talk escalates, war action generally follows.


August 1, 2004 -- China's Defense Minister Cao issued a stern warning to Taiwan, saying the mainland military has the strength and determination to "smash" any moves toward independence by the self-ruled island.? Cao's remarks were published on the front pages of many newspapers and followed days of escalating rhetoric and tension, aggravated by annual war games held in July by both sides to display their military prowess. Wang Zaixi, vice minister of the State Council's Taiwan Affairs Office, warned that Beijing won't rule out war if Taiwanese President Chen Shui-bian pursues his plan to adopt a new constitution by 2008.



August 25, 2004 -- All 90 passengers and crew aboard two Russian passenger jets die after both planes went down almost simultaneously in different parts of the country, raising immediate suspicion of terrorist action.? The accidents took place just four days ahead of controversial elections in the separatist Russian Caucasus republic of Chechnya.


September 1, 2004 -- "MOSCOW (AP) - A suicide bomber kills 10 people in a subway station.? A militant Muslim group that claimed responsibility for the crash of two Russian airliners on August 25, said it was also behind the latest attack. The attack was only the latest in a string of violence in the capital and elsewhere that the government has appeared helpless to prevent. Most of the violence has been blamed on rebels in the breakaway republic of Chechnya or their sympathizers."


On the same day, more than a dozen attackers carrying guns and wrapped in suicide-bomb belts seized a school in the Russian region of North Ossetia and held hundreds of hostages, including some 200 children.?? More than 340 people died, and 542 wounded.


November 17, 2004 -- Portraits of North Korean leader Kim Jong-il disappear from some public places like the Grand People's Cultural Palace, with talk going around that this is a sign of changes in the North Korean power structure.? Several possible explanations for the portrait removal readily come to mind:


  1. Kim Jong-il has died



  2. Kim Jong-il has been removed from office by a military coup



  3. The United States has been successful in its attempts to assassinate him in order to force a "Regime Change"



  4. An internal power struggle is under way and Kim Jong-il is not now in the ascendancy in that struggle.




December 22, 2004 -- Deputy Secretary of State Richard Armitage states that the US is not required to defend Taiwan if Beijing launches a war against the island.? See WorldNetDaily
.? This statement could prove to be one of the most heinous acts of betrayal in recent history.


December 27, 2004 -- China Vows to prevent Taiwan Independence.? These are fighting words, and come against an island state which has seen and heard many threats from the Chinese mainland.? This is all part of the rhetoric designed to increase hostilities between the two countries in the lead up to WW3.? See SwissInfo
.


August 31, 2005 -- China is preparing for nuclear war with the United States over Taiwan, and a conflict is likely in the near future because of divisions among Beijing's leaders, a Chinese democracy activist says. See washingtontimes.com
.


?Go to fullsize image
世界大戦3 - III、場面Iを演じなさい:

極東のぞっとした核対決

米国報道機関で広く報道されない一方、北朝鮮の軍隊が完全な軍事への備えに達した時に、戦争修辞学は急速に以来遅く2003年4月をエスカレートさせていた。

そう長い間この状態にとどまるようにだけ、どの軍隊も戦争の準備をしない。

一体何が起こっているか?

2003年4月21日--状態の公式なメディアによると北朝鮮は、国の防御機能を増大させることをすべてのその市民に求める。

言うこととして、‘人々の軍隊…のすべての将兵はいつも自身を臨戦態勢にしておく’、KCNA通信社は北朝鮮の軍隊を報告する。

‘敵が少しさえ私達の不可侵の空、陸海を侵略するならば、無慈悲な全滅送風によって攻撃者の上に破壊しなさい’。

中央委員会と朝鮮労働党の中央軍事委員会は一緒に、ピョンヤン新聞の中に運ばれた呼び出しを出す。

2003年4月21日--米国と北朝鮮の外交官の間のスケジューリングされた話の1日前に、北朝鮮の政権交代を要求している秘密のドナルド・ラムズフェルト・メモは漏洩する。

紙は北朝鮮に対する軍事行動を要求していないけれども、米国に、金正日の倒産したけれども戦闘的な政権の崩壊を要求することにおける中国と協力してほしい。

2003年4月24日--どのような通知でも与えずに北京で話を打ち切ることによって、アメリカ特使ジェームズ・ケリーは意図的に中国と北朝鮮の外交官を侮辱する。

アメリカ大使館員は、彼がどこに向かっていたかを言わないであろう。

2003年5月4日--キムMyongチョール族、日本語で誕生した韓国人は北朝鮮の政府を代表してメッセージを配達する:

「北朝鮮は核能力を持っている」。

それはまったく明らかである。

北朝鮮は最小の100核弾頭、最大300を持つかもしれない。

それらすべてはアメリカの都市の上にロックする…

「米国が北朝鮮を攻撃するならば、北朝鮮は米国本土を背景として間違いなくそれらの核兵器を使うであろう」。

もっと、私達はこの脅威をまじめに取るべきでないか?


2003年5月4日--米国の国防長官ドナルド・ラムズフェルトは、北朝鮮との戦争の可能性を除外することを断る。

2003年6月4日--かなり平穏無事な月の後に、戦争修辞学は、エスカレートし続ける。

米国は$US110億新しい北朝鮮人戦争計画を発表する

戦争が突発する時に、力は、DMZを巡り、それらに、始まっている戦争の1時間以内に境界の上の北朝鮮の重い存在を「書き留める」能力を与えて、ピョンヤンに向かうであろう。。

「これは金正日の最もひどい悪夢である」と1人の役員は言った。

2003年6月11日--ドナルド・ラムズフェルト国防長官の諮問機関は、米国が、必要なら、ピョンヤンが核兵器について取引することを妨げるために北朝鮮のYongbyon反応者を破滅させる心構えをするべきであることを述べる。

2003年6月11日--オーストラリアは、その軍隊のプログラムに資金提供するために使われた大量破壊兵器(WMD)または違法な貨物を運んでいるかもしれない北朝鮮の船を阻止する国際的な努力において役割を演じることを考慮する。

北朝鮮は、いつも、海上封鎖が戦争のためのトリガーであるであろうということを警告した。

彼女は、重大な食料品または燃料のどのような禁止も持つ余裕がない。

2004年4月10日--「台湾のために恐れる年:」

ウェンデルMinnick、アジア時による2006インチ。

"TAIPEI " - 「中国がいつか、台湾を侵略する決定をするならば、大規模なノルマンディースタイルの強襲上陸であることはありそうにない」。

現実は、中国が、より無効に戦略を使いそうであることである。

無効に戦略短絡コマンドと制御系(全国的な神経中枢の外で拭き、相手が絶望的に浪費した休暇)。

中国が、する必要があるすべては、パワー、首都、およびそのリーダーのセンターをつかむことである。

中国が、それが分離した州を名付けるものによって本土を再統合するために力を使うと決めるならば、機会の窓は、2006年であると信じられる。

これは、2008の夏季オリンピックの前で後片付けするために中国に2、3年の猶予を与えるであろう。

ほとんどのアナリストは、中国の軍事力が2005年までに台湾の防衛力をしのぐであろうということを概算する。

「従って、2006年--犬の年--ははっきりと恐怖にその年である」。

2004年4月22日--近くの学校の多くの子供を含めて、北朝鮮での大規模な列車爆発は約3,000の生命を奪う。

2004年6月1日世界Tribune.comに特有な、「北朝鮮のセキュリティは、列車突風が暗殺トライであったと断定する」

「北朝鮮の国の警備機関は、4月の大規模な列車突風が、北朝鮮の独裁者キム・ジョンイルを殺すやりそこなわれた努力であったことにしたと韓国の新聞は報告した…」

キムの厳重にガードされた臨時列車は爆発のちょうど9時間前に中国から帰る途中でRyongchon駅を通過した。

出来事が北朝鮮のリーダーへの暗殺の企てであったというこの引き起こされた憶測…

「爆発に1週間続くより多くのためにキムは公的な表示から消滅し、北の正常に注意深い状態でコントロールされたメディアは彼の活動または所在で言及を全然作らなかった」。

2004年6月20日--中国は、台湾が万一、3つの峡谷ダムを爆破しようとするならば核兵器の無最初の使用におけるその事業を撤収するように命じられる。

電話は、台湾が先制攻撃においてダムを目標とすることができたことを示唆した米国防衛部門リポートの後で、それら--国の一番上の政治的な諮問機関に座っているいくつかと同様に--によってかけられた。

この種類のニュース記事は、ただ、戦争修辞学をエスカレートさせる。

戦争修辞学は、誰も本当に望んでいなかった戦争を起こすことについて重要な役割を果たすことができる。

戦争話がエスカレートする時に、戦争行動は一般に続いている。

2004年8月1日--本土軍隊が力を持っていて、何でも「打ち壊す」決定が自治の島によって独立に進展すると言って、中国の防衛大臣Caoは厳重な警告を台湾に配付した。

Caoの意見は、多くの新聞の第一面と7月に、それらの武勇を表示するために両側によって保持された年間の戦争ゲームによって悪化させられた修辞学と緊張をエスカレートさせる続いている日の上で出版された。

ワンZaixi(国家協議会の台湾仕事オフィスの事務次官)は、台湾大統領陳水扁が、2008年までに新しい構成を採用する彼の計画を追跡するならば、北京が戦争を除外しないであろうということを警告した。

2004年8月25日--テロリストの行動の直接的な疑惑を招いて、両方の飛行機が国の違う部分で同時にほとんど降りた後に、2つのロシアジェット旅客機に乗るすべての90人の乗客とクルーは死ぬ。

事故はチェチェンの分離主義者ロシア人コーカサス山脈共和国の中の物議をかもす選挙のちょうど4日前で起こった。

2004年9月1日--「モスクワ(AP)-自殺爆撃機は地下鉄駅の10人の人々を殺す。

8月25日に2機のロシア定期旅客機の衝突についての犯行を宣言した戦闘的なイスラム教グループは、それがまた最新の攻撃の後ろにあると伝えていた。

攻撃は、政府が、防止することに無力であるようであった首都での、そして他の場所の暴力のストリングの中で最新であるだけであった。

「暴力のほとんどはチェチェンの分離した共和国の中の反乱軍または彼らの同情者のせいにされている」。

同じ日に、銃を運んでいて、自殺爆弾ベルトに包まれた1ダースより多くの攻撃者は北オセティアのロシア地域で学校をつかみ、約200人の子供を含めて、数百人の人質を押さえた。

340人を超える人々が死に、542は傷つけた。

2004年11月17日--北朝鮮リーダー金正日の肖像は雄大な人々の文化的な宮殿のようないくつかの公共の場から消えて、それを回っている話によって、これは北朝鮮の権力機構の変化の合図である。

注意を払うために、肖像除去のいくつかの考えられる説明はすぐに来る:

金正日は死んだ。

金正日は軍事クーデターによってオフィスから追放されている。

米国は、「政権交代」を強制するために彼を暗殺するその試みにおいて成功していた。

内部の権力闘争は進行中で、金正日は今その苦闘における優勢の中にいない。

2004年12月22日--国務副長官リチャード・アーミテージは、北京が島を背景として戦争をスタートするならば、米国が、台湾を防御することを要求されないことを述べる。

WorldNetDailyを見なさい。

このステートメントは、最近の歴史において裏切りの最も極悪な行為の1回であると判明することができた。

2004年12月27日--台湾独立を防止する中国誓約。

これらは言葉と戦っていて、中国の本土から多くの脅威を見て、聞いた島状態に対して来る。

これはすべて、WW3までのリードにおいて2か国の間の交戦状態を増大させるようにデザインされた修辞学の一部である。

SwissInfoを見なさい。

2005年8月31日--中国は台湾の上で米国と核戦争の準備をしていて、衝突は北京のリーダーの間で部門のため近い将来ありそうであると中国の民主主義活動家は言う。

washingtontimes.comを見なさい。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR