FC2ブログ

北朝鮮がすでに、アラスカに当たったミサイルを発進したという事実

N. Korea Has Already 'Mock Nuked' Alaska -


With US Government Help

New reports about threat of missile launch omit key facts


Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | June 19 2006


Reports today concerning the completed fueling of North Korea's long range Taepodong-2 missile and its planned launch within a month omit several key aspects of the story, including the fact that North Korea already launched a missile that hit Alaska, with the help of the US government.


In March 2003, the Korea Times
reported that the U.S. National Assembly included a startling admission in its final report regarding Pyongyang’s missile capabilities.


A nuclear-capable North Korean test warhead was found in Alaska.


``According to a U.S. document, the last piece of a missile warhead fired by North Korea was found in Alaska,’’ former Japanese foreign minister Taro Nakayama was quoted as saying in the report. ``Washington, as well as Tokyo, has so far underrated Pyongyang’s missile capabilities.’’


A story that would have expected to garner front page headlines for days was completely blacked out in the US, with not one single newspaper choosing to report it.


The reason?


How could the Bush administration sell a war against a country with no means to defend itself and as it later transpired with no weapons of mass destruction, when a country with WMD was firing long-range nuclear capable missiles that were hitting the western coast of the US?




The 1994 Agreed Framework deal gave North Korea the capacity to generate enough nuclear fuel to produce almost 100 nuclear bombs per year. A 1999 congressional study
undertaken by the House North Korea Advisory Group warned,


“Through the provision of two light water reactors [LWRs] under the 1994 Agreed Framework, the United States, through KEDO, will provide North Korea with the capacity to produce annually enough fissile material for nearly 100 nuclear bombs, should the Democratic People's Republic of Korea [DPRK] decide to violate the Nonproliferation Treaty [NPT].”


In April 2002 the Bush administration announced that it would release $95 million of American taxpayer’s dollars to begin construction of the ‘harmless’ light water reactors. Bush argued that arming the megalomaniac dictator Kim Jong-Il with the potential to produce a hundred nukes a year was, “vital to the national security interests of the United States.” Bush released even more money in January 2003, as reported by Bloomberg News
,


“President George W. Bush is seeking $3.5 million for the international consortium that continues to build two nuclear reactors for North Korea, even as the U.S. confronts the communist regime over nuclear arms.”


The company that got the contract to deliver equipment and services to build the two light water reactor stations was ABB (Asea Brown Boveri), which describes itself as, “a leader in power and automation technologies that enable utility and industry customers to improve performance while lowering environmental impact.” The contract was valued at $200 million and was signed
in January 2000.




It should not surprise us that our old friend Donald Rumsfeld, the man who paved the way for U.S. companies to sell Iraq chemical and biological weapons in 1983, was an executive director for ABB from 2000-2001. Rumsfeld resigned when he was appointed U.S. Secretary of Defense. Wolfram Eberhardt, a spokesman for ABB confirmed that Rumsfeld was at nearly all the board meetings during his involvement with the company. The meetings were held quarterly in Zurich, Switzerland. However, Rumsfeld again displays his uncanny ability to forget things in stating that he ‘doesn’t remember’ the issue of North Korea being brought before the ABB board. Swiss Info
concluded,


“Rumsfeld’s position at ABB could prove embarrassing for the Bush administration since while he was a director he was also active on issues of weapons proliferation, chairing the 1998 congressional Ballistic Missile Threat commission.”


North Korea is controlled by a hereditary Stalinist dictatorship that has starved two million of its citizens to death in favor of building a million-man army. Some people put the figure at four million, one-quarter of the population. In the far north of the country there is a network of forced labor gulags
where people who have ‘expressed a bland political opinion’ are, along with their entire families, tortured, raped and executed. Horrific bio-chemical experiments are performed on mass numbers of people. Babies are delivered and then stamped to death by the camp guards. If the mother screams while the guards are stamping on the baby’s neck, she is immediately assassinated by a firing squad. These guards are rewarded with bonuses and promotions for ripping out prisoners’ eyeballs.


The North Korean people are enslaved by a government that is using food as a weapon. Perhaps this is why the EU and the United States, via the UN World Food Program, resumed the shipment of hundreds of

thousands of tons in food aid at the end of February 2003. This goes directly to the sitting dictatorship, which then decides who gets it by their level of allegiance to the state. Food aid only increases the power of Kim Jong-Il and yet it is veiled by the UN in bleeding heart humanitarian rhetoric. The money goes straight to enabling the North Korean leadership to live in the lap of westernized luxury with casinos and lavish new cars.


President Bush publicly claims to loathe Kim Jong-Il and yet his administration, like Bill Clinton before him, has armed North Korea to the teeth with anything up to and beyond 200 nuclear bombs.




Under the 1994 Agreed Framework, the Clinton administration agreed to replace North Korea’s domestically built nuclear reactors with light water nuclear reactors. So-called government-funded ‘experts’ stated that light water reactors couldn’t be used to make bombs. Not so according to Henry Sokolski, head of the Non-proliferation Policy Education Centre in Washington,


“LWRs could be used to produce dozens of bombs' worth of weapons-grade plutonium in both North Korea and Iran. This is true of all LWRs -- a depressing fact U.S. policymakers have managed to block out.”


Sokolski has also gone on the record
as saying,


“These reactors are like all reactors, they have the potential to make weapons. So you might end up supplying the worst nuclear violator with the means to acquire the very weapons we're trying to prevent it acquiring.”



The U.S. State Department contends that the light water reactors cannot be used to produce bomb grade material and yet in 2002 urged Russia to end its nuclear co-operation with Iran for the reason that it doesn’t want Iran armed with weapons of mass destruction. Russia is building light water reactors in Iran. The State Department
announced
on its own web site,


“In the official answer to a question asked at the January 31 State Department daily briefing, the State Department said the United States has "consistently urged Russia to cease all [nuclear] cooperation with Iran, including its assistance to the light water reactor at Bushehr.”


“We have underscored to Russia that an end to Russian nuclear assistance to Iran would allow the United States and Russia to reap the full promise of our new strategic relationship, benefiting Russia economically and strategically far more than any short-term gain from construction of additional reactors or other sensitive transfers to Iran.”



According to the State Department, light water reactors in Iran can produce nuclear material but somehow the same rule doesn’t apply in North Korea.


Despite this it seems that the Iranians are beginning to learn an important lesson.


Rogue states with absolutely no means to defend themselves are picked off by the Globalists on a whim, but countries that have amassed a nuclear arsenal, with receipts from the US government to prove it, seem to become immune to the Bush administration's global democracy drive, no matter how atrocious their human rights record.


北朝鮮は‘核攻撃された模造品’すでにアラスカに到達した。 - 米国統治権助けによって。


ミサイル発射の脅威についての新しいリポートは重要な事実を省略する。

ポール・ジョセフ・ワトソン/刑務所Planet.com|2006年6月19日

今日1ヶ月以内の北朝鮮の長距離テポドン2ミサイルとその計画された発進の完遂された燃料を供給することに関係しているリポートは、北朝鮮がすでに、アラスカに当たったミサイルを発進したという事実を含む話のいくつかの重要項目を米国政府の助けによって省略する。

2003年3月に、コリア・タイムズは、米国の国民議会がピョンヤンのミサイル機能について驚くべき事実をその最終報告に含めていたことを報告した。

核兵器が有能な北朝鮮のテスト弾頭はアラスカで発見された。

前の日本の外務大臣タロー中山は、「米国文書によると、北朝鮮によって点火されたミサイル核弾頭の最後の断片はアラスカで発見された」とリポートの中で言うことを引用された。

「東京だけでなくワシントンはこれまでピョンヤンのミサイル機能を過小評価した」。

数日の間第一面ヘッドラインを手に入れることを予定していたであろう話は、それを報告することに決めている1つの単一の新聞によってでなく米国で完全に暗く閉ざされた。

理由?

どうしてブッシュ政権は、自身を防御する方法なしで、そしてWMDとの国が、米国の西の沿岸に当たっていた長期の核の有能なミサイルを発射していた時に、それが後で大量破壊兵器なしで拡散した時に国を背景とした戦争を仕掛けることができるか?

1994年の合意した核枠組取り引きは北朝鮮に、1年あたりほぼ100個の核爆弾を生産するのに十分な核燃料を生成する能力を与えた。

警告された北朝鮮顧問団によって引き受けられた1999年の議会の研究

「1994年の合意した枠組の下の2つの軽水反応炉[LWRs]の供給を通して、米国は、KEDOを通して、北朝鮮に、朝鮮民主主義人民共和国[DPRK]が万一、核不拡散条約[NPT]に違反すると決めるならば十分に毎年約100個の核爆弾のための核分裂性物質を生み出す能力を提供するであろう」。

2002年4月に、ブッシュ政権は、それが、‘無害な’軽水反応炉の建築を開始するためにアメリカ納税者のドルの9500万ドルをリリースするであろうということを発表した。

ブッシュは、1年があった百個の核兵器を生産する可能性によって誇大妄想狂患者独裁者キム・ジョンイルを武装させて、Bloombergニュースによって報告されるように、「米国の国家安全保障に活発な興味を示す」.ブッシュが2003年1月にいっそうより多くのお金をリリースしたと主張した。

「ジョージ・W・ブッシュ大統領は、まさに、米国が核兵器の上で共産主義の政権に立ち向かう時に北朝鮮のために2つの原子炉を建て続ける国際的なコンソーシアムのために350万ドルを捜している」。

私達の古い友人ドナルド・ラムズフェルト(米国会社が1983年に化学・生物兵器をイラクに売る道を開いた人)が2000年-2001年からのABBのための常勤取締役であったことに私達が驚くべきでない。

彼が米国の国防長官に任命された時に、ラムズフェルドは辞任した。

ウォルフラム・エーベルハルト、ABBのスポークスマンは、ラムズフェルドが会社との彼の関与の間にほとんどすべての取締役会議にいたことを確認した。

ミーティングはチューリヒ、スイスで毎季に保たれた。

しかし、ラムズフェルドは再び、彼がABBボードの前に至っている北朝鮮の問題を‘覚えていないこと’を述べることにおいて物を忘れる彼の異様な能力を発揮する。

締結されたスイス情報

「彼がディレクターである間、1998年の議会の弾道ミサイル脅威委員会の議長を務めて、彼が武器増殖の問題についてまたアクティブであったので、ABBのラムズフェルドのポジションはブッシュ政権のために恥ずかしいと判明することができた」。

北朝鮮は、百万人軍隊を築くためにその市民の200万人を餓死させた遺伝的なスターリン主義者独裁権によってコントロールされる。

何人かの人々は数値を人口の400万人、4分の1とした。

国の極北に、‘温和な政治的な意見を表した’を持っている人々が、彼らの家族全員とともに、拷問されて、強姦されて、処刑される強制労働収容所のネットワークがある。

恐ろしいバイオ化学薬品実験は質量数の人々に実行される。

赤ん坊は出されて、それから死ぬまでキャンプガードによってスタンプされる。

ガードが赤ん坊の首を踏みつけている間、母が絶叫するならば、彼女は直ちに銃殺部隊によって暗殺される。

これらの護衛者は、囚人の眼球をもぎ取るためにボーナスと昇進を与えられる。

北朝鮮の人々は、武器として食物を使っている政府によって奴隷にされる。

たぶん、そんなわけで、EUと米国は、UN世界食糧計画経由で、2003年2月の終わりの食糧援助において数十万トンの出荷を再開した。

これは直接ひと仕事独裁権に行く(それはその時、誰が状態への忠誠のそれらのレベルによってそれを得るかを決める)。

食糧援助は、ただ、キム・ジョンイルのパワーを増大させるのに、それはケマンソウ人道主義者修辞学における国連によって覆い隠される。

お金は、北朝鮮の指導者がカジノと豊富な新しい車によって西欧化された贅沢三昧に暮らすことを可能にすることにまっすぐに行く。

ブッシュ大統領は公然と、キム・ジョンイルを憎むと主張するのに、彼の政権は、彼の前のビル・クリントンのように、200個の核爆弾に(を越えて)何か上がっているものによって北朝鮮を完全武装していた。

1994年の合致枠組の下で、クリントン政権は、北朝鮮の家庭で築かれた原子炉を軽水原子炉と取り替えることに合意した。

いわゆる政府資金による‘エキスパート’と、反応炉が、爆弾をするために使われることができなかったその軽水は論述した。

ヘンリーSokolski(ワシントンの不拡散方針教育センターの頭)に従ってそうでない

“LWRsは、北朝鮮とイランの両方において数十の爆弾に相当する兵器級プルトニウムを生み出すために使われることができた。

「これはすべてのLWRsに当てはまっている--米国の政策立案者がどうにかして阻止した憂うつな事実」。

Sokolskiは、言うこととしてまたレコードの上に行った。

「これらの反応炉はすべての反応炉に似ていて、それらは、武器を作る可能性を持っている」。

「従って、あなたは、私達が、それが取得することができないようにしているまさしくその武器を取得する方法を最も悪い核の違反者に供給するのを最終的にするかもしれない」。

米国の州部門は、軽水反応炉が、爆弾グレード素材を生産するために使われることができないのに2002年に、それが大量破壊兵器によって武装したイランを望んでいないという理由のためにイランとのその核の協力を終えることをロシアに勧めたと主張する。

ロシアは軽水原子炉をイランに組み込んでいる。

それ自身のウェブサイト上で発表された国務省

「1月31日の国務省日刊ブリーフィングでされた質問に対する公式な答えにおいて、国務省は、米国が、「一貫して、ブーシェルに軽水反応炉へのその補助を含めて、イランとのすべての」[核の]「協力を止めることをロシアに勧め」たと言った」。

「私達は、イランへのロシア人核補助への終わりが、追加の反応炉またはイランへの他の敏感な転送の建築からのどのような短期利益よりもずっともっと経済的で、戦略的にロシアに役立って、私達の新しい戦略的な関係の完全な約束を得るために米国とロシアに与えるであろうロシアに強調した」。

国務省によると、イランの軽水反応炉は核物質を生産することができるけれども、何とかして同じ規則は北朝鮮にあてはまらない。

これにもかかわらず、イラン人が、重要な教訓を学びはじめているようである。

自身を防御する方法を完全に全く持たないならず者国家は、それを証明するために、出来心の上のグローバリストであるが核兵器保有量を貯蔵した国によって米国政府から受け取りによって仕留められて、ブッシュ政権のグローバルな民主主義ドライブに免疫があるようで、たとえどんなに極悪非道でも、彼らの人権は記録する。



蛇足


この政権を生かし続ける、国際支配層はNWOをこの国に見ているのであろうか?


スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

テポドン2号は日の丸印。(動画)

日本の精密機材は優秀で、アメリカを始め世界各国に輸出或いは買い付けにやって来る国も多い。電気街の秋葉原に行けば一体何に使用するのか目的も定かでない基盤やらチップが売られている。スパイ用にぴったりな盗聴機材は007に登場する物と何ら変わらない形の物が安く店

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■こんにちは\(^-^)/

トラックバック失礼致します。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR