FC2ブログ

CFR/Bilderberg 最終的に米国境界を消去する計画

CFR/Bilderberg Plan To Erase US Borders Finally Gets Attention

Bush 'super-state' agenda to create American Union


Paul Joseph Watson & Alex Jones/Prison Planet.com | June 21 2006


The open plan to merge the US with Mexico and Canada and create a Pan American Union networked by a NAFTA Super Highway has long been a Globalist brainchild but its very real and prescient implementation on behalf of the Council on Foreign Relations has finally been reported on by mainstream news outlets.


After nearly ten years of reporting by Alex Jones and the rest of the Patriot Movement, the establishment press is finally covering serious reports on the plan for a Pan-American Union, based on recent articles by Human Events columnist Jerome Corsi.


World Net Daily reports,


"The White House has established working groups, under the North American Free Trade Agreement office in the Department of Commerce, to implement the Security and Prosperity Partnership, or SPP, signed by President Bush, Mexican President Vicente Fox and then-Canadian Prime Minister Paul Martin in Waco, Texas, March 23, 2005."


The article even carries the admission that the Council on Foreign Relations, often the bane of sophomoric stereotypical caricatures of paranoid conspiracy theorists, played a fundamental role in crafting the policy for the homogenization of the US, Canada and Mexico.


"Many SPP working groups appear to be working toward achieving specific objectives as defined by a May 2005 Council on Foreign Relations task force report, which presented a blueprint for expanding the SPP agreement into a North American union that would merge the U.S., Canada and Mexico into a new governmental form."




This admission is as historical as it is concerning - the CFR moulds the foundational policy for the elimination of American sovereignty and it is passed as executive law within weeks. It is once again evident that the true vestiges of power lie within the ranks of the CFR and the Trilateral Commission who act on policy decided upon by the big brother of multinational semi-secret steering societies, the Bilderberg Group.


Up until five or six years ago the CFR largely operated in the shadows, only publishing its mouthpiece Foreign Affairs, and any inference that the group held sway in US politics or even existed was met by heckles of incredulity from the establishment media. Now the Associated Press openly reports their guiding hand in the drives towards global government.


Jerome Corsi has now filed a FOIA request asking for full disclosure of the SPP office in its activities towards creating a Pan American Union.




The framework on which the American Union is being pegged is the NAFTA Super Highway (pictured) , a four football-fields-wide leviathan that stretches from southern Mexico through the US up to Montreal Canada.


Corsi's article cites government websites which carry full planning details of the Super Highway and its construction has already begun in Texas with no congressional oversight whatsoever. The Trans-Texas Corridor is being overseen by The Texas Department of Transportation (TxDOT) and the contract is owned by the Cintra corporation which in turn is owned by the King of Spain Juan Carlos. The project is being financed by the implementation of a toll that will be collected by means of GPS tracking devices installed in all vehicles and also envelops many connecting roads to the highway.


The NAFTA Super Highway will allow vehicles, people and goods to travel from Mexico, into the heart of America and up to Canada with little impediment, effectively erasing America's borders wholesale.


Coupled with Bush's blanket amnesty program, the Pan American Union is the final jigsaw piece for the total dismantling of America as we know it.


CFR/Bilderberg 最終的に米国境界を消去する計画は、アメリカ・ユニオンを作成する‘超大国’課題を注意ブッシュのために取ってくる。

ポール・ジョセフ・ワトソン&アレックスジョーンズ/刑務所Planet.com|2006年6月21日

米国をメキシコとカナダと合併し、NAFTA自動車道路によってネットワーク化されたパンアメリカン組合を作成するオープンプランはずっとグローバリスト頭脳の産物であるけれども、外交問題評議会のためのその非常に現実で、予見のインプリメンテーションは最終的に主流ニュースアウトレットによって報告されている。

アレックス ジョーンズによって約10年報告し、パトリオット動きのその他の後に、設立プレスは、人のイベントコラムニスト ジェローム・コルシによって最近の記事に基づいて、全米連合についての計画についての重大なリポートを最終的にカバーしている。

世界ネット日報

「ホワイトハウスは、セキュリティおよびウェーコー、テキサス、2005年3月23日のブッシュ大統領、メキシコ大統領ヴィセンテフォックス、およびその時のカナダ総理大臣パウル・マーティンによりサインされる繁栄パートナーシップ、またはSPPを実施するために、商務省の北米自由貿易協定オフィスの下のワーキンググループを設立した。」

記事は、米国、カナダ、およびメキシコの同質化のために方針を巧妙に立てることについて、外交問題評議会(偏執病の共謀理論家の2年生のステレオタイプ風刺画のしばしば災いのもと)が根本的な役割を果たしたという自認を運びさえする。

「2005年5月の外交問題評議会タスク・フォース・リポートによって定義されるように、多くのSPPワーキンググループは、具体的な目的を達成することに働いているようである(SPP協定を、新しい政治のフォームの中に米国、カナダ、およびメキシコを合併するであろう北アメリカユニオンに拡大するために、それは青写真を示した)」。

この入場は、それが関係していることのと同じくらいの史実である - CFRはアメリカ主権の除去のために基礎的な方針を作りあげて、それは数週以内に実行する法律として通過される。

多国籍の半秘密のステアリング社会、Bilderbergグループのブラザーによって決められた方針に作用するCFRと三極委員会のランクの中で、パワーの真実の痕跡が横たわっていることはもう一度明らかである。

上では、5または6年前まで、CFRは主として影において動作した そのマウスピース外務、およびどのような推定でも出版するだけである エスタブリッシュメントメディアから疑い深く邪魔する 過ぎて、米国政治でのグループ保持振動または存在したことにさえ遭遇する 。

さて、AP通信は公然とそれらのがグローバルな政府に針を車道に案内するのを報告する。

ジェローム・コルシは今や、パンアメリカン組合を作成することへのその活動におけるSPPオフィスの完全公開を要求しているFOIA要求をファイルした。

アメリカユニオンが安定している枠組は、NAFTA自動車道路(描かれる)(モントリオールカナダまで米国を通して南のメキシコから伸びる4匹のフットボール場の範囲のリバイアサン)である。

コルシの記事は、自動車道路の完全な計画詳細を運ぶ政府ウェブサイトを引用し、その建設工事はいくらかは議会の監督なしですでにテキサスから始まった。

テキサス横断廊下はテキサス運輸省(TxDOT)によって監督されていて、契約は、次々、スペイン国王フアン・カルロスによって所有されているシントラ企業によって持たれている。

プロジェクトは、すべての車にインストールされたGPS追跡デザインによって徴集されるであろうし、また、ハイウェーに多くの連絡道路を包む使用料のインプリメンテーションによって資金提供されている。

NAFTA自動車道路は、卸売りでアメリカの境界を効果的に消去して、ほとんど障害なしにメキシコからの、アメリカの中心の中への、そしてカナダまでの旅行への乗り物、人々、および商品を許すであろう。

ブッシュの包括的な特赦計画と結び付けられて、パンアメリカン組合は、私達が知っているアメリカの全体の分解のための最終的なジグソー断片である。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR