FC2ブログ

ホログラフィックな刑務所と「悪魔との協定」

The Holographic Prison and the “Pact with the Devil”


by Luis Prada

Editor and Publisher of "Brother Veritus' Website"


"All bullies are cowards underneath."

The more people are frightened, the more they can be controlled.


"What would a man profit if he would gain the entire world and all that is in it, and would damage his spirit? Or how can man help his spirit, if he is unable to "think"! ?Jesus Sananda, excerpt from Chapter 11, page 95, of the book "And They Call His Name Immanuel, I AM Sananda", by Sananda & Judas Iscarioth, A Phoenix Journal, The Phoenix Archives, www.phoenixarchives.com
.


See also the complementary articles "Reptilian Pact" and "The New World Order, an Overview."

Translation to English by the author from his original Spanish article "La Prisión Holográfica y el 'Pacto con el Diablo' ".

Published first in this Website on September 2, 2003.





The Renegade Reptilian Race




A group of the renegade reptilian race Anunnaki of Nibiru and Alpha Draconis (the “fallen angels” or infernals) is inhabitant between two worlds in the lower astral planes of the Fourth Dimension of planet Earth, a dimensionally instable region and not permanent for the establishment of a galactic race. Dwelling in this place beyond the human sensorial perception, its integrants are invisible to human beings allowing them thus to be able to work “behind stage”, as the puppeteers on a puppet theater, in the temporal or permanent possession and the manipulation of the “sleeping” humanity, that is, who lives in a drowsiness of the material life, and to act in the earth governments through cunning and unscrupulous human agents. Due to the proximity to third dimension they can manipulate and feel this dimension. Popular wisdom calls these beings, “demons.”


ホログラフィックな刑務所と「悪魔との協定」

ルイス・プラダによって

「Veritus兄弟のウェブサイト」のエディタと出版社

「すべてのあばれ者は下で臆病者である」。

人々がたくさん脅えているほど、もっと、彼らはコントロールされることができる。

「彼が全世界を得て、すべてのそれがその中にあり、彼の心を損うならば、人は何の利益になるであろうか?」

または、どんなに、彼が、「考える」ことができないならば、人は彼の心を助けることができるのか!


また、補足的な記事「爬虫類の協定」と「新世界秩序、概要」を見なさい。

彼のオリジナルのスペイン記事からの作者による英語への翻訳 「La Prision Holografica y el 'Pactoコンelディアブロ'」 。

2003年9月2日にこのウェブサイトの中で最初に出版される。

見捨てた爬虫類のレース

NibiruとアルファDraconis(「堕天使」またはinfernals)の見捨てた爬虫類のレース アヌンナキのグループは地球、銀河のレースの設立のためのパーマではなく寸法で不安定な地域の第四次元のより低い星の水準において2つの世界の間の住民である。

人の感覚認知を越えるこの場所の住居、その成分は、彼らに、従って、「背面ステージ」を、人形劇場の上の操り人形師として、「眠り」人間性、すなわち誰が物質的なライフの眠たさに住むか、そしてずるく、無法な人のエージェントを通して地球政府の中で作動するための時間的な、または永久的な所有物とマニピュレーションに差し込むことができることを許している人間への見えない物である。

3番目の次元への近接のため、彼らはこの特性を処理し、感じることができる。

ポピュラーな知恵は「デーモン」をこれらの生き物に呼ぶ。


There is room here for the observation that the reptilian race is one of the most ancient alien races of the galaxy, spread for many universes and with many variations. They are creator beings experts in genetic manipulation and they practically created the Earth humans. A great deal of our DNA is reptilian. And a great deal of the star seeds incarnated in this planet for the awakening of the Age of Aquarius is of reptilian star family. Christic Reptilians are part of the Ashtar Command and are under the authority of the Cosmic Christ represented by Lord Jesus Sananda.


The reptilians herein referred to are a group of fallen-from-grace beings, some galactic criminals that refused to reform themselves and follow the ascension of their brethren of race, and instead, they persisted in their crooked way. They do not obey any galactic laws nor cling to any protocol. They are an astute and highly wicked minority within the galactic races, herein referred to as infernal or satanic beings, which followed their leader Lucifer or Satan. They have a dark past of destruction of worlds and of galactic wars before they took over by force planet Terra or Shan.


These beings only understand material power enforced by force through weapons, control and manipulation of others and fear own and inflicted in others. For them that is the only possible and true reality. They have a deep inner fear. The world from their perspective is a composite of opposite forces competing for power, there is no unity. Their gods and their ideals are the ultimate warriors.


Unfortunately these beings do not walk alone: to them were joined other renegade group from Zeta Reticuli (we make clear that not all Zetas fall in this category, there are positive ones). These Zeta renegades have made pact with several governments and research hybrid projects, cloning, are responsible for abductions, etc. This is subject for another article.


爬虫類のレースが多くの宇宙に、そして多くのバリエーションによって広げられた銀河系の最も古代の見知らぬ民族の1つであるという観察のために、ここに部屋がある。

彼らは遺伝子操作において創造者の生き物専門家であり、彼らは事実上地球人を作成した。

たくさんの私達のDNAは爬虫類である。

そして、 たくさんの the みずがめ座の年のめざめのためにこの惑星として具体化された星種は、爬虫類の星ファミリーをもっている。

Christicな爬虫類はAshtarコマンドの一部であり、イエスSananda卿によって説明された宇宙の主キリストの権限の下にある。

ここに参照された爬虫類は、恩寵を失った生き物(自身を更生し、彼らのレースの同業者の上昇に続くことを断った何人かの銀河の犯罪者)のグループであり、代わりに、彼らは彼らの湾曲した方法を主張した。

彼らはどのような銀河の法律にも従わないどのようなプロトコルにも固執しない。

それらのリーダー明けの明星またはサタンについて行ったここに地獄または悪魔の生き物と称された銀河のレースの中で、彼らは抜け目なく、非常に悪い少数派である。

彼らは、世界の、そして彼らが暴力惑星によって地またはシャンを引き継ぐ前の銀河の戦争の破壊の暗い過去を過ごす。

これらの生き物はただ武器、他のもののコントロール、およびマニピュレーションを通して力によって強制された物質的なパワーを理解していて、所有物を恐れて、他に置き換えて与えた。

それらにとって、それは唯一の可能で、真実の現実である。

彼らは深い内側の恐怖を持っている。

それらのパースペクティブからの世界はパワーのために競争している逆の力の合成物であり、単一性が全然ない。

それらの神と彼らの理想は究極の戦士である。

あいにく、これらの生き物は一人で歩かない:

ジータReticuli(私達は、すべてのジータがこのカテゴリーにおいて低下するわけではなく、ポジティブなものがあることを明らかにする)から、背教者がグループにする参加されている他はそれらにであった。

これらのジータ背教者は、クローン技術で生み出していくつかの政府と研究ハイブリッドプロジェクトとの協定を作り、誘拐に責任があるなどで。

これは別の記事のための主題である。


The infernal beings have become addictive to this 3D reality and its control and are parasites, as leeches, who feed themselves of the human emotional etheric energy, and of chemicals that the human body secretes under intense terror or emotional conflict. Thus the constant instigation and exploitation of chaos, conflict, violence and fear by the news media and the industry of entertainment which are controlled, for the most part, from the lower astrals. Analyze the news, constantly plagued with terrorism, and the movie that does not present wisdom and practical teachings but gunshots, sex, drugs, decadent and perverse trash, war against the evil ones and between Victim and Predator, and the dazzling special effects that only project fantasy and unreality. Violence in fantasy is a cause of the real violence of the young people addictive to this kind of entertainment.


To the previous it is added the constant astral stimulation of the psyche in interpersonal relationships of family, work, and others. In dysfunctional relationships it is regenerated abundant psychic energy as inharmonic thoughtforms fruit of the conflictive and chemical emotions. The chemical emotion I speak of here is referred to the chemicals secreted by the glands during heated discussions full of hatred and feeling of separation; these chemicals are highly noxious and poisonous to the body.


Other energy created by humans, of whom infernals have become addictive too, is the generated by the fanatic passion of sports stimulated by the media as a constant brainwashing and doping of the masses.


Besides generating great income and distracting the mind of the masses from the spiritual quest and the true knowledge and reason for living, or the questioning of politics, economy and the corruption of bad governments and the rest of disinformation given through the media, popular magazines are focused in the distracting trivialities that fill the mind with pseudo-knowledge, such as the information on fashion and the personal and intimate life of celebrities. What’s so important of the diet that made lose 10 pound to the artist X in ten days? Or the best and worst dressed of the year? Or the infidelities of certain actress, actor or singer? Or the sport record of a certain athlete or sport team? Will we remember this trash ten of twenty years later? Will it train us to any job or serve us as example with which we can improve ourselves? No, it only makes us believe that that is all there is to life and that this is the way reality is.


The ideal Orwellian domination scenario is a human race with microchips or miniature integrated silicon circuits implanted in the body and that is controlled by technology. All dissidents are purged from the system. Not all humans have the freedom to walk, some may be Cyborg, static man-machine integrations that reside in dark factories and are subjected to intense terror to generate etheric energy and sufficient hormones and chemical secretions that are automatically extracted from their bodies to supply the elixir to reptilians. A slavery worst to how humans incarcerate and subject in commercial production farms to chickens, pigs, cattle, etc., to supply food in an efficient way. There is no need of indoctrination nor manipulation, a computer connected to their nervous system controls them.


This Cyborg technology has already been tested in cats and monkeys, and in humans on the British Professor Kevin Warwick according with the news of March 22, 2002. A 3mm wide silicon microchip was incorporated in Professor Warwick's left wrist. 100 electrodes attached to this microchip were connected to his median nerve. The wires will be linked to a transmitter/receiver device to relay nerve messages to a computer by radio signal. The sanitized smoke-screen-type propaganda is that it will be used to help people with spinal injuries. If this is what is fed to the public it implies that more outrageous experiments are being conducted behind closed doors that the public is not made aware of. Obviously all technology can be used for good or evil, it all depends in the degree of human spiritual development.


地獄の生き物はこの3D現実およびそのコントロールのために中毒性になり、寄生虫 ヒル、人感情エーテルのようエネルギー、および強烈な恐怖または感情の衝突のもとで人体が分泌する化学薬品の自身に供給することについてのそれゆえ である。

従って、下のastralsから大部分はコントロールされるエンターテインメントの報道機関と産業によるカオス、衝突、暴力、および恐怖の一定の扇動と利用。

常にテロによって悩まされたニュースと知恵と実用的な教えではなく発砲、性、薬、退廃的で、倒錯的なゴミ、悪いものに対する、そして犠牲者と略奪者の間の戦争、およびただ、ファンタジーと非現実を投影するまばゆい特殊効果を示す映画を分析しなさい。

ファンタジーの中の暴力はこの種類のエンターテインメントに中毒性の若者の現実の暴力の原因である。それが、ファミリー、仕事、およびその他の個人関係において精神の一定の星の刺激を追加したことである前のものに。機能障害の関係において、それは矛盾し、化学の感情の不和のthoughtforms果実として再生された豊富な精神のエネルギーである。

私がここで話す化学の感情は憎悪と分離の感覚の十分な激しい議論の間に腺によって分泌された化学薬品に差し向けられる;

これらの化学薬品はボディに非常に有害で、有毒である。

人(それのうちの、infernalsはまた中毒性になった)によって作成された他のエネルギーは庶民の一定の洗脳とドーピングとしてメディアによって刺激されたスポーツの狂信者情熱によって生成されたものである。10日で何がアーティストXにダイエットでそんなに重要であるかので、10ポンド紛失にされる?またはその年の着こなしたベストと最悪事態?

またはある女優、俳優、または歌手の不倫?

またはあるスポーツ選手のスポーツレコードまたはスポーツチーム?

私達は後で20年のこのゴミ10を覚えるであろうか?

それは、どのような仕事にでも私達を訓練するか、私達が自身を改善することができる例として私達に役立つであろうか?

いいえ、それはただ私達に、それがすべて、ライフにあることであり、これが、現実がある方法であると信じさせる。

理想的なオーウェル的な支配シナリオはボディに植えつけられたマイクロチップまたは小型の統合したシリコン回路を持つ人類であり、それはテクノロジーによってコントロールされる。

すべての反対者はシステムから除去される。

すべての人は、歩く自由を持っているわけではなく、いくつかが、サイボーグ(暗い工場にある静的なマン・マシン統合)であるかもしれず、エリキシルを爬虫類に供給するために彼らの体から自動的に取り出されるエーテルのようなエネルギーと十分なホルモンと化学の分泌物を発生させるために強烈な恐怖を受ける。

どのように人が商用生産において拘置するか、そして服従させるかに最も悪い奴隷制度は、効率的な方法で食物を供給するためにチキン、ブタ、牛などに耕作する。

教化やマニピュレーションの必要は全然なく、それらの神経系と接続されたコンピュータはそれらをコントロールする。

このサイボーグテクノロジーはすでに猫と猿の中と2002年3月22日のニュースと一致している英国ケビン・ワーウィック教授への人の中でテストされている。

3mmの幅のシリコンマイクロチップはワーウィック教授の左手首に組み入れられた。

このマイクロチップに付着した100個の電極が彼の正中神経と接続された。

ワイヤは、無線信号によって神経メッセージをコンピュータに中継するために送受信器機器と接続するであろう。

衛生的にされた煙スクリーンタイプ宣伝は、それが、脊髄の損傷について人々を援助するために使われるであろうということである。

これが、一般大衆に与えられるものであるならば、それは、より法外な実験が、一般大衆が気づかせられない閉まったドアの後ろで実施されていることを暗示している。

明らかに、すべてのテクノロジーは永久に使われることができるか、悪く、それはすべて人の精神的発達の程度において時と場合による。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR