FC2ブログ

CFRのニュース分析から


The Ties That Bind


July 11, 2006






Prepared by:



A week after North Korea tested seven ballistic missiles
, drawing the world's censure, attention is shifting to China. Beijing, a longtime supporter of Pyongyang?and the source of much of North Korea's food and fuel?is an important voice in the international debate over how to handle North Korea's actions. On July 11, Chinese President Hu Jintao made an unusual public appeal to North Korea, asking the authoritarian regime of Kim Jung-Il not to exacerbate international tensions with further missile launches (AP)
. China sees North Korea as an important buffer between it and South Korea?as well as the source of a massively destabilizing flood of refugees if the regime collapses. To prevent that eventuality, Beijing has been propping up the Kim regime to the tune of $2 billion in annual aid, trade, and investment (CSMonitor)
. North Korea is also increasingly looking to China as an authoritarian state that has successfully instituted economic reforms while retaining political control. Pyongyang has even attempted some economic reforms in the Chinese model, as explained in this Backgrounder
.


Many Western observers think China's influence over North Korea is strong enough to rein in Kim's militaristic tendencies. Niall Ferguson writes in the Los Angeles Times that China can choose to pull the plug on the Kim regime
whenever it wants. But North Korea is reacting to external pressure with defiance and threatening another round of missile tests (LAT)
. The BBC lists the position
of each member of the Six-Party Talks on the North Korean nuclear issue.


There are signs China may be losing patience with Kim, whose actions could provoke a war in the region or prompt Japan to rearm. The Christian Science Monitor says in this editorial that China's support of Kim may jeopardize some of its main strategic interests
by inviting a greater U.S. or Japanese military presence in the region. The blog China Matters says Kim is blackmailing Beijing, using the threat of regional instability (and the prospect of a nuclear-armed Japan) to extort more aid from China
. This Power and Interest News Report
says China is interested only in managing, not resolving, the North Korean nuclear crisis. China's changing relationship with North Korea is explored in this new Backgrounder
.


While former Defense Department officials Ashton Carter and William Perry argue for a preemptive strike on North Korea's missile-launch facilities
, Tony Karon writes in TIME Online that the desire of most officials to return to the Six-Party Talks shows clearly that?despite all the warnings and tough talk?nations are still looking to diplomacy to handle the situation
. The New York Times urges the United States to drop its opposition to direct talks with North Korea
in order to find a negotiated solution. A former top U.S. national security official, Aaron L. Friedberg, tells Bernard Gwertzman in this February 2006 interview
that only continued pressure, combined with inducements, will end the North Korean crisis.





結ぶ絆




2006年7月11日Prepared エスターPan




世界の非難を引き起こして、北朝鮮が7つの弾道ミサイルをテストした1週間後に、注意は中国に向きを変えています。 北京(平壌と#8212の長年の支持者(北朝鮮食物、燃料、および#の8212年の多くの源))はどう北朝鮮の動作を扱うかに関する国際的な討論で重要な声です。 胡錦涛中国国家主席は7月11日に北朝鮮への珍しい公共の上告をしました、キムを独裁的な政権に尋ねて、ミサイルで国際緊張を悪化させないように説得が始められます(AP)。 中国は北朝鮮をそれと、韓国と#8212の間の重要なバッファであるとみなします; 膨大に動揺させている大量の難民の源が政権であるなら崩れるのと同じくらいよく起こる。 その不測の事態を防ぐために、北京は例年の援助、貿易、および投資(CSMonitor)における20億ドルの調べに合わせてキム政権を支援しています。 また、北朝鮮はますます政治上のコントロールを保有している間に首尾よく経済改革を設けている権力国家として中国を当てにしています。 平壌はこの背景者で説明されるように中国人のモデルのいくつかの経済改革を試みさえしました。


多くの西洋の観察者が、北朝鮮への中国の影響がキムの軍国主義的な傾向を抑制することができるくらい強いと考えます。 ニオールファーガソンは、ロサンゼルスタイムズで中国が、欲しいときはいつも、キム政権から手を引くのを選ぶことができると書きます。 しかし、北朝鮮は、挑戦がある外圧に反応して、ミサイル実験(LAT)の別のラウンドを脅かしています。 BBCは6カ国協議の席上それぞれのメンバーの地位を北朝鮮の核問題に記載します。


中国が再軍備するために動作が領域か迅速な日本の戦争を引き起こすことができたキムと共に我慢がならないかもしれないサインがあります。 クリスチャンサイエンスMonitorは、この社説で中国のキムのサポートが領域で、より大きい米国か日本の軍の駐留を招待することによって主な戦略上の権益のいくつかを危険にさらすかもしれないと言います。 ブロッグ中国Mattersは、キムが北京を揺すっていると言います、地方の不安定性(そして、核武装している日本の見通し)が中国から、より多くの援助を強奪する脅威を使用して。 このPowerとInterest News Reportは、中国が決議ではなく、単に北朝鮮の核危機を管理したがっていると言います。 中国が北朝鮮との関係を変えるのはこの新しいBackgrounderで探検されます


元国防総省の職員のアシュトンカーターとウィリアムPerryは北朝鮮のミサイル発射施設の上で先制攻撃について賛成の議論をしますが、トニーKaronは、ほとんどの職員がSix-パーティーTalksに戻る願望が明確にそれと#8212というのを示すとタイム誌Onlineに書きます; すべての警告、脅し文句、および#8212というのにもかかわらず; 国は、外交が状況を扱うのをまだ当てにしています。 ニューヨークタイムズは、交渉による解決を見つけるために北朝鮮との会談を指示するために反対を落とすように合衆国に促します。 元一流の米国の国家安全保障職員(アーロン・L.フリードバーグ)は、誘導に結合された圧力を続けただけであるこの2006年2月のインタビューにおけるガーツマンが北朝鮮の危機を終わらせるとバーナードに言います





蛇足


さすがは、陰謀説の大御所だけの分析で、危機をあおります・。結ぶ絆て・・もともとソ連の衛星国ですぜ・・。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

お久しぶり☆元気そうでよかったぁ♪
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR