FC2ブログ

陰謀説再現・

テポドン・ミサイルの発射ボタンは、N.Y.のユダヤ老人が押す。http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/tepoyuda.htm




By richardkoshimizu


↑テポドンの発射ボタンを押したかもしれないニューヨークのユダヤご老人、デービッドさん。ご自分では「ダビデ」と呼んで欲しいかも。

1998年、北朝鮮からテポドン・ミサイルが飛んできて、太平洋に弾頭らしき残骸がポチャンと落ちたとき、「金正日が威嚇のために飛ばしたんだ!」と、大衆の誰もが憤りました。しかし、真犯人は、その閉鎖国家のぶくぶく太った独裁者などではない、黒幕がいると直感した、ごく少数の人たちも存在しました。


テポドン騒ぎ以降、日本で、極東で、そして世界で何が変わったのでしょうか?


ブッシュ政権は、北朝鮮の核ミサイルからの防衛を念頭に置いたMD防衛計画を強力に推進しています。日本も韓国も台湾も、ブッシュ政権の計画に同調し参加を決めています。既に、この膨大な計画に巨額な国家予算が使われ始めています。


まさに、北朝鮮のテポドンの脅威があるからこそ、実現したMD計画なのです。このミサイル迎撃計画ですが、全く実現性のない机上の空論であり、実用性ゼロであると断罪されています。(参考①)実際に迎撃実験は失敗に次ぐ失敗の連続(参考②)です。 (2004年12月、2005年2月と連続の失敗です。といっても、今まで一度も成功はしていませんが。)そもそも宇宙空間や大気圏再突入後の弾頭は、超高速で飛行するものであり、その物体に対して迎撃ミサイルをぶつける事自体、最初から不可能なことなのです。どんなに腕のよいガンマンでも、飛んでくる弾丸に正面からピストルの弾を当てることなんかできません。


それでもブッシュ政権はかたくなにMD計画に固執しています。それもこれも「北朝鮮の核ミサイルの脅威」があるからこそ、ごり押しできるのです。テポドンさまさまです。


さて、このMD計画なんですが、迎撃ミサイルやイージス艦が必要となり、大変な防衛費が掛かります。(参考③)兆単位のお金が使われるこの計画で恩恵を受けるのは、ミサイル製造のロッキード・マーチンや、ランド研究所、レイセオン社といったところです。ブッシュ政権のラムズフェルド国防長官は、このロッキードのためのMD計画を推進する軍事シンクタンク、ランド研究所の理事長でした。チェニー副大統領の夫人は、そのロッキード・マーチンの重役でした。日系人のノーマン・ミネタ運輸長官は、ロッキード・マーチン副社長といったわけで、皆さん、MD計画で儲かる方々が、ブッシュ政権の主要閣僚をお勤めになっています。勿論、ブッシュ大統領の黒幕であるロックフェラー隠れユダヤ大王様が、これらのMD関連のユダヤ兵器産業の総元締めの親分さんです。


どうもなんだか、ヘンな臭いがします。クンクン。もの陰に隠れて、テポドン花火の導火線に火をつけている、眼の濁った、物欲に取り付かれたユダヤ老人の姿が浮かんできませんか?






デービッド・ロックフェラーは、911直後に北京に飛んで、江沢民ら、中国共産党首脳と会談しています。ロックフェラーが主導した911内部犯行と、以後に開始する予定の報復戦争を説明しに行ったのでしょうか?私はもっと違う見方をしています。アフガニスタンのオピウムは、国境を越えて、中国に運ばれ、辺境の人民解放軍の基地で、ヘロインに精製されて後、アフガニスタンに戻され、欧米の市場へ密輸されていくと言われています。911の後に行われたアフガン侵略で、オピウム栽培を禁じたタリバンが倒され、麻薬栽培が大々的に再開しました。ロックフェラーは、麻薬商売の再開に際して、パートナーである中国共産党と相談に行った.......のではないでしょうか?麻薬王ロックフェラーは、代々、中国共産党と親密な関係を保ってきました。そこに「麻薬利権の共有」が介在していると考えているのは私だけではないでしょう。



▲北朝鮮の兄貴分 = 中国の共産党は、ロックフェラーと蜜月関係。911直後にD.ロックフェラーが江沢民に911を説明するために北京に飛んでいる

戦争は、ブッシュの背後のスポンサーが望む公共事業。戦争がなければ、ロックフェラーたちが所有する軍事産業は破綻する。





蛇足


無法者を中国が(北朝鮮)庇えば庇うほど、陰謀論が現実味を帯びる構図です。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR