FC2ブログ

大戦争の前触れ・。

by RBN



Dubya Dubya Three



In his work, "The Art of War", Sun Tzu observed that all wars are based on deception.


Simply put, this means that those leaders who wish to start a war must lie to convince their people that war is necessary, as the vast majority of people do not want war, do not wish to risk their life and limb in war, and in general avoid the unpleasantness that war is. Throughout history, wars have usually been started by a ruler playing a dirty trick on his people; a dirty trick that fools them into thinking that they themselves have been, or are about to be attacked.


As an example, Hitler played this trick on the people of Germany by having his soldiers dress up in Polish uniforms and attack a German radio station near the border of Poland. To aid in the illusion, prisoners were dressed in Polish uniforms and shot dead on the scene for the benefit of the radio station's on-air reporting, and later for the German newspapers. World War Two resulted. Germany lost.


Vietnam was transformed from "Advising" to all out war based on the report that North Vietnam had fired torpedoes at the USS Maddox in the Gulf of Tonkin. Armed with that report, President Lyndon Johnson obtained a war declaration from Congress. Later, it was revealed that Johnson knew the report of the attack was a fake. The US lost that war.


The US Government clearly lied about Iraq's 'nookular' weapons to create a public fear of imminent attack. Tony Blair told the British subjects attack was potentially only 45 minutes away. And it looks like the US will lose that war as well, inasmuch as the stated political goals can never be met.


I could go on and on, but I think the point has been made. Any nation wishing to initiate a war has to trick their people into believing that the target has or is about to strike first.


This brings us to the present case. The United States and Israel have been trying to create a case for more wars in the mideast for some time now. Indeed one can hardly open a newspaper without reading how some Israeli "expert" has come up with another reason for American kids to go off and fight those mean old Arabs.


But, as the lies that led to war become known to the general public, support for continuing the existing wars in Iraq and Afghanistan has plummeted, and support for initiating a new war is for all practical purposes nonexistent. The Neocon warhawks in the US are searching for some device to kick off the war, and appear to have devised a convoluted "back door" to war with Iran, as convoluted as that which tricked the US into war with Germany.


Back in 1941, Franklin Delano Roosevelt wanted to get the US into the war to aid Great Britain and Russia against Germany. But the American people did not want any part of a war on the other side of the planet. Roosevelt decided to create a war with Germany by tricking Japan into attacking the United States. Germany would then have to declare war on the US because of the Axis Agreement, and Roosevelt would have the illusion that Hitler (who wanted to avoid war with the US at all costs) started the fight.


Following a plan prepared by Lieutenant Commander Arthur McCollum of the Office of Naval Intelligence, Roosevelt first moved the Pacific Fleet from San Diego to Hawaii, then goaded the Japanese into an attack. Both civilian and military shipping were ordered to stick to the southern routes, so that an accidental interception of the Japanese fleet would be impossible. Even though Admiral Yamamoto's order to sail the fleet to Hawaii was intercepted in Hawaii, the top military commanders were not informed of the coming attack. It was a total setup, and America was suddenly at war.


So now we have the US Government wanting war in Iran. But there is no public support, and after the lies about Iraq's 'nookular' weapons, little faith in government claims of Iran's threat to the US.


So, Israel starts provocations, like assassinating the Palestinian Chief of Police and shelling the beach at Gaza, actions intended to provoke a response. Then, it is claimed a soldier is "kidnapped", and even though nobody knows who kidnapped him or where he is, Israel launches a "rescue mission" into Gaza which is later revealed to have been planned long before any soldier was captured, and was intended to bring down the Democratically elected government of Palestine. With Gaza in flames, the trick gets repeated, with two more soldiers reported kidnapped, and another front opened into Lebanon. This is the "Attack on Pearl Harbor".


But just as history shows that the attack on Pearl Harbor was simply a device to lure America into a global war, so too is the stage set for the Gaza and Lebanon invasions to blossom into a full scale world war; the war the Neocon warhawks have planned for all along, the war they imagine will make the United States the ruler of the world.


Iran already has a security relationship with Syria, which President Ahmadinajad confirmed by phone to the Syrian President earlier today. And President Bush has committed US forces to aid Israel in any conflict, even if Israel initiates hostilities.


So, simple as 1, 2, 3. Israel attacks Syria, maybe even Iran directly, and Iran counter-attacks, with YOUR kids standing in the way on the ground in Iraq. Except that it is not that simple. Russia has agreements with Iran, including the one in which Russia is building Iran's nuclear power plant, a plant which remains Russian state property until Iran finishes paying for it, and which is currently staffed with Russian nationals who are building it and training the Iranians to run it.


If that power station gets bombed and Russian nationals get killed, Russia will HAVE to respond, and with the US vetoing every UN resolution against Israel, Russia will not choose peaceful negotiations. Russia has already signaled its intention to intervene by ordering the Black Sea Fleet to relocate to a port in Syria, following Israel's illegal and provocative flights over Damascus.


So here we are, at the dawn of "Dubya Dubya Three", and we did not get here by accident. Every step of the way from peace to near-war was planned and carried out at the highest levels of the US, UK, and Israeli governments.


It's happening again. And nobody knows how many will die this time.



Dubya Dubya 3

彼の仕事、「戦術」において、孫子は、すべての戦争が詐欺に基づくことに気づいた。

簡単に言うと、これは、戦争を起こすことを望むそれらのリーダーが、人々の大部分が戦争を望んでいないので、戦争が必要であることを彼らの人々に納得させるために嘘を言わなければならず、戦争において彼らの生命と身体を賭けることを望まなく、一般に、戦争がある不愉快さを避けることを意味している。

歴史を通して、戦争は通常彼の人々に卑劣な策略をしているルーラーによって起こされている;

それら自身がそうであったか、攻撃されかかっていると思う中に、それらを騙す卑劣な策略。

例として、彼の兵士をポーランドユニフォームの中で正装し、ポーランドの境界の近くのドイツ無線局を攻撃させることによって、ヒトラーはドイツの人々にこの悪さをした。

幻覚における援助に、囚人はポーランドユニフォームを着ていて、報告していて、ドイツ新聞により遅れている時のため、現場で射殺された。

世界大戦2は結果として生じていた。

ドイツは負けた。

ベトナムは、「助言する」から、北ベトナムがトンキン湾でUSSマドックスに魚雷を発射したという報告に基づいたすべての外の戦争に変えられた。

そのリポートによって武装して、リンドン・ジョンソン大統領は戦争宣言を議会から得た。

後で、ジョンソンが、攻撃のリポートが偽物であったと知っていたことは明らかにされた。

米国はその戦争に負けた。

差し迫った攻撃に対する公的な恐怖を作成するために、米国政府ははっきりとイラクの‘核’武器について嘘を言った。

トニー・ブレアは英国の主題に、攻撃が潜在的にわずか45分後であったと言った。

そして、述べられた政治的なゴールが決して満たされることができないので、米国がその上その戦争に負けるであろうように見える。

私はずっと進むことができたけれども、私は、要点がされていると思う。

戦争を開始することを望んでいるどのような国家でも、目標が持っているか、最初に打ちかかっていると信じるようにそれらの人々をだます必要がある。

これは私達を本件に連れて来る。

米国とイスラエルは、現在しばらくの間、中東においてより多くの戦争のためのケースを作成しようとしていた。

実に、一方はほとんど、どのようにイスラエルの「エキスパート」が、立ち去り、それらの卑劣な高齢のアラブ人と戦うためにアメリカ人子供の別の理由を考え出したかを読まずに新聞を開くことができない。

しかし、戦争をもたらしていた嘘が一般大衆に知られるにつれて、既存の戦争をイラクとアフガニスタンに留まらせることへの支持は落ちて、新しい戦争を開始することへの支持は存在しないこと実際的にはある。

ドイツとの戦争の中に米国をだましたそれとして巻き込まれるにつれて、米国の新保守主義者のwarhawksは、戦争を開始し、巻き込まれた「裏口」をイランとの戦争に遺贈したようなためにある機器を検索している。

1941年に、フランクリン・ルーズベルトは、米国に戦争の中に、ドイツに対して英国とロシアを援助させたかった。

しかし、アメリカ人は地球の反対の側の戦争のどのような部分も望んでいなかった。

ルーズベルトは、米国を攻撃するように日本をだますことによってドイツとの戦争を作成すると決めた。

ドイツは、その時、軸協定のため米国に宣戦布告する必要があるであろうし、ルーズベルトは、ヒトラー(ぜひとも米国との戦争を避けたかった)が戦いを始めたという思い違いをしているであろう。

米海軍情報部のアーサー・マッカラム海軍少佐によって準備された計画を進めて、ルーズベルトは最初に太平洋艦隊をサンディエゴからハワイに移動させて、それから、攻撃に日本人を先導した。

日本の群団の偶然の妨害が不可能であるように、民間と軍隊の両方の出荷は、南のルートに固着するように命じられた。

ハワイに群団を帆走するヤマモト提督の注文がハワイで傍受されても、一番上の軍事司令官は次の攻撃を知らせられなかった。

それは全体のセットアップであり、アメリカは突然戦争中にあった。

従って、現在、私達は米国政府にイランで戦争を望ませておく。

しかし、米国へのイランの脅威の政府主張において公的支援とイラクの‘核r’武器についての嘘の後の、少しの信頼が全然ない。

従って、パレスチナの市警察局長を暗殺し、ガザ(反応を引き起こすことを意図している行動)でビーチを砲撃するように、イスラエルは挑発を始める。

そして、兵士が「誘拐されること」は主張されて、誰も、誰が彼を誘拐したかを知っていなくてもまたは彼がいる所で、イスラエルは、「救助任務」を、後で、兵士が捕らえられて、パレスチナの民主的に選挙で選ばれた政府を倒すことを意図しているずっと前に設計されていると明らかにされるガザに乗り出させる。

炎におけるガザによって、あと2人の兵士を誘拐されていると報告し、レバノンの中に別の正面で開く状態で、計略は繰り返される。

これは「真珠湾への攻撃」である。

ちょうどしかし、歴史が、真珠湾への攻撃が、グローバルな戦争の中にアメリカをおびき出す単に機器であったことを示すように、また、ガザとレバノンの侵略がフル・スケール世界大戦の中に開花するように、ステージセットもそうである;

新保守主義者のwarhawksがずっと計画を立てた戦争、彼らが想像している戦争は米国を世界のルーラーにするであろう

イランはすでにシリアとのセキュリティ関係を持っている(Ahmadinajad大統領は今日より早くシリアの大統領に電話でそれを確認した)。

そして、イスラエルが交戦状態を開始しても、ブッシュ大統領は、どのような衝突についてでもイスラエルを援助するために米国力を委任した。

1、2、3と同じくらい簡単である。

あなたの子供がイラクのグラウンドの上の邪魔をしている状態で、イスラエルはシリア(たぶん直接イランとイランカウンターアタック)さえ攻撃する。

それがそんなに簡単でない以外。

ロシアは、ロシアが、建物イランの原子力発電所(イランが、それの代金を払い終わるまで、ロシア国有財産であり続けて、現在それを築いていて、イラン人が、それを実行するように訓練しているロシア国民の職員を配置しているプラント)であるものを含むイランとの協定を持っている。

その発電所が爆撃されて、ロシア国民が殺されるならば、ロシアは、反応する必要があるであろうし、イスラエルに対してすべての国連決議案を拒否している米国とともに、ロシアは平和な交渉を選ばないであろう。

ロシアは、すでに、黒海艦隊に、ダマスカスの上でイスラエルの違法で、挑発的なフライトに続いて、シリアのポートに再配置するように命じることによって介在するその意図を信号で伝えた。

従って、ここに私達がいて、「Dubya Dubya3」と私達の夜明けに、偶然ここに到着しなかった。

平和から近くの戦争までの道のすべてのステップは米国、英国、およびイスラエル人政府の最も高いレベルで計画されて、運び出された。

それは再び起こっている。

そして、誰も、いくつが今回死ぬであろうかを知っていない。











スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

決済

持っているポジションの反対売買によって、取引を終了させること。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR