FC2ブログ

第3次世界大戦は経済的搾取だ・。

What to Expect During World War 3

“When a 96-year old grandfather lying on his deathbed tells you exactly what to expect during World War 3, it makes sense to shut up and listen up...”


Breaking War News From Michael Haupt, WW3 Researcher...


Greetings,


You're already aware of the signs:


The global War on Terror, which exists merely to destroy our liberties;


The life-destroying effects of HAARP, Weather Control and ChemTrails;


An imminent, senseless Iran Invasion;


The coming New World Order Police State in the US, UK and other Western nations;


Continuing 9/11 Cover-Ups and Government Collusion;


The faltering US$ and exploding price of oil;


The skyrocketing price of gold;


and the myriad other conspiracies that keep us awake at night.


The question is....


What does it mean to you and I? Will someone just tell us what is going to happen. The hour is late and now is the time for straight talking.


Well, listen up...


My grandfather passed away recently. There's no need to shed a tear - he was a brave, courageous man who led a life most only dream of. He was happy, fulfilled and prepared to meet his maker.


At 96, he'd been a young kid during World War 1, a teenager during the Great Depression of 1929, and a high-ranking officer in World War 2. If anyone, this man was more qualified than most to tell us what to expect during World War 3.


Just days before he died, he told me the following moving story. There is nothing more important you can do today than find out what he said. He knew how concerned you and I are about World War 3, and he wanted to describe a typical day during WW3. He reminded me that for most Westerners, the effects of World War 3 would be felt economically, not militarily. So he created a story to let me know what your and my life would be like.


Here is his story...


Life During World War 3

The alarm clock stirs us to life once again. As one of the "lucky few" still employed, I must get ready for work.


I make my way downstairs, nodding to the sister-in-law and her husband emerging from another bedroom. Having recently lost their jobs they were in a tight spot after paying out their credit card debts. Younger than us and nice company, we invited them to live with us till they get work. They make a good deterrent to the smash and grab crowd, seeking unoccupied houses to break into. Dodgy pawnbrokers are doing a brisk trade.


Flipping the TV on, I note the talking head discussing the 'core' unemployment rate. Said to be approaching double digits, it pales against bloggers estimates of over 25%.


Breakfast is as usual, while I sort the junk mail from overnight. Garage sales, cheap cars for sale by desperate families, offers to mow lawns, wash cars, trim edges ... all at dirt cheap rates. But our boarders agreed to do household chores as part rental payment for living with us, which is fine by me. It means I have more spare time.


Breakfast over, I walk to the station to ride the train to work. As usual, there are plenty of spare seats. Quite a change from the usual peak hour crush we used to endure.


The day passes; news rolls in like the tide. Our government jobs might be secure, but we face changing conditions. Our enterprise bargain is being renewed and we are being offered 5% pay reductions each year for the next three years. We can take it or face involuntary redundancies, as departmental budgets are being slashed. Government revenues are down and the IMF is recommending indebted western governments institute voluntary budgetary cutbacks on spending. After the destruction of the US dollar through hyperinflation, we really have little choice.


The day's work over, I retrace my steps. Dinner awaits. Tonight we are having steak as a rare treat, as most of the time it isn't available at any price; most of our local beef is shipped to Asian countries to satisfy their increased buying power; our weak domestic demand means we eat more rice, beans and cheap imported mince.


We are fortunate though as our investments in gold and silver have preserved our purchasing power. Despite the windfall profits tax on all precious metals investments, we own our home, run a car on $100 a barrel oil and eat fairly well. Of course, we have an extended family we help out. It's the right thing to do after the government defaulted on pension payments and the bond market; our aging parents need our help, and they aren't really well enough to work minimum wage jobs.


Most people over 70 have had to look for this kind of work just to afford to eat. Retirement? It just doesn't happen at the moment. Most people have to work until they drop, as billions of dollars in superannuation has been lost by ignorant financial planners with no knowledge of history.


News headlines are a mix of the unsurprising and the unexpected; birth rates are down again, serious crime rates have also subsided, but petty crime is on the rise. The incidence of fraud and minor theft has tripled in the last year, as many security guards overlook people stealing food from stores, bins behind grocers and transport hubs.


I indulge in momentary contemplation about our hundred-bagger investments; what would they be worth without the windfall profits tax? It's a temporary distraction; we're happy enough as it is, having structured our redemptions over financial years to minimise tax payable and maintain a discreetly comfortable standard of living.


The gold and silver reality show is back on TV at 6:30. Tonight we're watching the assay results of four couples competing to get the best results from 'their' mines. "The Biggest Looser" compares grams for tonne loosed from the mines operated by twelve couples, with the winners getting to work their mine for a year afterwards.


The rest of the news is fairly predictable, though gold has fallen back under $10,000 an ounce. Silver is also experiencing a weak patch of trading, which the talking heads attribute to the end of the traditional Indian wedding season. At the moment it changes hands at around $2,500 an ounce. The end of the finance section news concludes with a brief society page review; as rich metals company CEO's are the new celebrities, they often feature on TV at fund-raising dinners or mass apprenticeship sign-ons.


School leavers are being encouraged to do trades again; university courses are being denounced as the fraudulent time-wasters they have been for a long time.


After the reality TV show was over, we stayed tuned in to watch a documentary on the economy. Just when we thought that the economy might be getting better, it looks as though one of our major banks closing had worse effects than first thought. The effects had been hard to see early on, but predictable in hindsight. The bank had played heavily with derivatives to hedge its risk, ignoring Warren Buffet's warning about them being "weapons of mass financial destruction." Much of the sub-prime mortgage portfolio had been sold off overseas, with the result that many 'home-owners' were now tenants of large offshore multinationals.


Many middle class people are now broke and scraping along by selling their assets for whatever they can get for them. Their meager savings are gone and as creditors, they are down the bottom of the list of people owed money. Bankruptcy professionals and foreclosures firms have been doing excellent trade, but at great cost; many people have been forced into default on their mortgages and reduced to renting the homes they had been paying off and could have owned, had they been better prepared.


Of course, mere descriptions do no justice to how it feels to be living amongst such hard times. The so-called generation Y, who expected jobs to be falling out of the sky as the baby boomers retired, have found themselves competing for work alongside desperate people of all ages, many of them immigrants. Having lost the jobs that paid for their travel, iPods and designer clothes, they now work for minimum wages just to stay alive. Their passports, crammed with stamps from countries around the world, gather dust.


People often ask me, why did all this happen? And when I try to explain fiat currencies, the impact of debt, savings ratios and Austrian economics, they just go all blank. "I don't understand," they whine. "We used to get along just fine." they all say.


Still, not all is lost. There are more people at church these days, although the soup kitchen probably attracts a few. We're rostered on to help out this weekend. And Sunday nights we're having an open forum on precious metals, managing your money, budgeting and investing for hard times. So there is interest, and hope.


We're considering moving house though. Our formerly comfortable neighborhood is looking a little rougher each day. As more people lose their jobs, the increasing incidence of petty theft is a bit of a concern. Just the other day, we had to turn down more people at the door asking for work around the house ... any work. When we told them we couldn't really offer anything, they went through our garbage on the way out, looking for food scraps.


Food is expensive after the government slapped higher tariffs on all imported goods, in an attempt to preserve local jobs. Learning nothing from the Smoot-Hawley disaster, we now suffer the predictable results with higher food prices, another slap in the face for the unemployed and the low wage earners.


Even though we can afford to travel around by car, driving is not as pleasant as it used to be. We've thought about trading the family car for a four-wheel drive, to cope with deteriorating roads. Local councils that refuse to admit their budgeting problems are not fixing roads any more and have yet to consider selling the roads to the highest bidders. In the meantime, the road conditions worsen and we take to driving less.


Our kids were always schooled at home and this hasn't changed. In the last few years, there's been a lot we've been able to teach them from the daily news. They're good kids, inquisitive, curious and fairly clued in about their world. But I still don't like all the time they spend on the PlayStation.


We're in hard times alright; last week the wife was asked to take leave without pay from her part-time job. We'll do O.K. without her income; since starting a family she had only ever worked part time jobs so she could retain her skills and home-school our children a few days a week. When we were a full-time two-income couple, it was very tempting to upgrade the house. But we're glad we avoided even more debt; now that values have plummeted 75% most people our age are underwater on their loans.


It's not all roses though; even though we live simply, we do get a few snide comments about running a car, still having a job, and eating out. We do get asked for money, and sometimes we do help out. The wife is probably a bit more compassionate then I on this front, particularly with older people. Having been initiated into the workforce by the inflation and redundancies of the 1970's, then seasoned by the 80's and 90's, I can be a bit reluctant to help those who should have learned from their past experiences, as I have. Maybe I am being a bit hard on them, what with the deceptive media coverage and all . . .


Now it's getting late and its time for bed. The house is quiet, with the gentle sound of sleep from numerous rooms. I carefully step over the creaking floorboard. And I hope that the libertarian candidate wins the next election. We saw this disaster coming and made preparations, but millions of others did not. People need to re-learn how to save, how to spend and how to look after their finances. I'm just one person, and there's only so many people I can teach. But tomorrow's another day.


So there you have it - a day during World War 3. Doesn't sound pleasant does it?


The question is...


How does one prepare adequately for for World War 3?


Here are a few suggestions:


Eliminate debt, including your mortgage;


Develop alternative income streams so that you're not dependent on an employer;


Get back to basics.


There are many more practical ideas in the fabulous new book, Fresh Wisdom - Breakthrough to Enlightenment. The authors promise to make sense of life in this senseless world, and they certainly live up to their promise.


If you're serious about preparing for what now seems inevitable, I highly recommend you see what they have to say by visiting Fresh Wisdom.


第3次世界大の間予期するための何をする。

「彼の臨終に臨んで横たわっている96歳の祖父が第3次世界大戦の間何を予期するかをあなたに正確に示す時に、黙り、よく聞くことは意味をなす…」

マイケル・ハウプト、WW3研究者からの知れ渡る戦況報道…

挨拶

あなたはすでに合図に気づいている:

テロに対するグローバルな戦争(単に私達の特権を破壊するために、それは存在している);

HAARP、気象制御、およびChemTrailsのライフ破壊効果;

差し迫り、非常識なイラン侵略;

米国、UK、および他の西側諸国の次の新世界秩序警察国家;

9/11の隠蔽と政府共謀を続ける;

オイルのためらう米ドルと爆発価格;

金の急騰価格;

そして無数 私達を、夜目覚めているようにしておく他の共謀 。

問題はそうである…。

それはあなたと私に何を意味しているか?

誰かが、まさに、何が、起ころうとしているかを私達に言うであろう。

時間は遅く、今は、まっすぐに話すための時間である。

ああ、よく聞きなさい…

私の祖父は最近亡くなった。

涙を流す必要は全然ない - 彼は、多くが夢見るだけの生活を送った勇敢で、勇敢な人であった。

彼は幸福で、果たされて、彼のメーカーと会う心構えをした。

96歳で、彼は第1次世界大戦の間の若い子供、1929年の大恐慌の間のティーンエイジャー、および第2次世界大戦における高官であった。

誰か、この人が、第3次世界大戦の間何を予期するかを私達に言うためにたいていのものより有資格であったならば。

彼が死ぬほんの数日前に、彼は話を動かしている以下を私に話した。

彼が何を言ったかを見つけ出すより重要なあなたが今日することができることは何もない。

彼は、あなたと私が世界大戦3についてどれほど心配しているかを知っていて、彼は、WW3の間典型的な日を説明したかった。

彼は、私に、ほとんどの西部人のために、第3次世界大戦の印象が軍事的にでなく経済的に感じられるであろうということを思い出させていた。

従って、私に、あなたと私の人生がどんな感じであろうかを知らせるために、彼は話を作成した。

ここに彼の話がある…

第3次世界大戦の間の生活

目覚時計はもう一度生活に私達を扇動する。

「ラッキーな少数」のそれがまだ雇用した時に、私は仕事のための用意をしなければならない。

別の寝室から出現している義姉妹と彼女の夫にうなずいて、私は階下で進む。

最近彼らの仕事を失って、それらのクレジットカード借金を繰り出した後に、それらは困っていた。

私達と良い会社より若く、彼らが仕事を得るまで、私達はそれらに、私達と暮らすように請うた。

彼らは粉砕によい妨害物を作り、侵入する人の住んでいない家を捜して、群衆をつかむ。

危険な質屋は活発な交換をしている。

オンのテレビをはじいて、私は‘コア’失業率を議論している顔のアップに注目する。

2桁に近づいているそうであって、それは25%以上のブロガー見積りに対して青ざめる。

朝食はいつものようにである一方、私は一夜でジャンクメール から 分類する。

ガレージセール(必死なファミリー、芝生を刈る申し出による販売のための安い車)は車を洗う、トリムはすべて汚れでレートを安く研ぐ…。

しかし、私達の寮生は、私達と暮らすことへの部分的な賃借料支払額として家事をすることに合意した(それは私によって素晴らしい)。

それは、私がより予備の時間を過ごすのを意味している。

働くために列車に乗るために、終わっている朝食、私は駅に歩く。

いつものように、多くのスペア・シートがある。

私達が、かつて耐えた通常のピーク時間クラッシュからのなかなかの変化。

日のパス;

ニュースは潮のようにロールインする。

私達の官庁関係の仕事は安全であるかもしれないけれども、私達は、条件を変更することに直面している。

私達の企業契約は更新されていて、私達は次の3年の間毎年5%の支払い縮小を提供されている。

部門予算が削減されている時に、私達はそれを取るか、不本意な余剰物に直面することができる。

政府収入はダウンしていて、国際通貨基金は、借金がある西の政府が、費やすことにおける自発的な予算の削減を設立するように勧めている。

ハイパーインフレを通しての米ドルの破壊の後に、私達は本当に小さな選択権を持っている。

終わっている日の仕事、私はもと来た道を引き返す。

ディナーは待つ。

今夜、私達は、それがどのような価格でも入手可能でない時間のほとんどとしてまれな楽しみとしてステーキを食べている;

私達のローカルな牛肉のほとんどは、それらの増大した購買力を満たすためにアジア諸国に出荷される;

私達の弱い内需は、私達がより多くの米、豆を食べて、安く輸入されて、切りきざむのを意味している。

金への私達の投資としてであるけれども、私達は幸運で、銀は私達の購買力を守った。

すべての貴金属投資における棚ぼた収益税にもかかわらず、私達は私達の家を所有していて、樽が油を差す100ドルの上の車を動かし、かなりよく食べる。

もちろん、私達は、私達が助ける拡大家族を持っている。

それは、政府が年金支払いと証券市場について履行を怠った後にするべき正しい事である;

私達の老化両親は私達の助けが必要で、彼らは、最低賃金仕事を行なうのに十分に本当は大丈夫でない。

70上のほとんどの人々は、食べるためにもたらすだけこの種類の仕事を捜す必要があった。

退職?

それは全くちょうど起こらない。

退職金における数十億ドルが歴史に関する知識なしで無知なファイナンシャル・プランナーによって失われたので、それらが落ちるまで、ほとんどの人々は、働く必要がある。

ニュースヘッドラインは驚くに当たらないものと予期せぬ出来事の混合である;

出生率は再びダウンしていて、重罪レートはまた沈下したけれども、ささいな犯罪は上昇の上にある。

多くの警備員が店、食料雑貨商の後ろの貯蔵箱から食物を盗んでいる人々を見渡し、ハブを輸送する時に、詐欺と軽微な盗難の発生は昨年三倍になった。

私は私達の百袋詰め機投資について瞬間的な熟視に耽っている;

それらは棚ぼた収益税なしで何に値しているであろうか?

それは一時的な注意散漫である;

未払税金を最小化し、慎重に快適な生活水準を維持するために会計年度の間に私達の償還を構造化して、私達は、それとしての十分がそうであることがうれしい。

金と銀の現実ショーは6:30にテレビで引き返している。

今夜、私達は、‘それらの’鉱山から最もよい結果を得るために競争している4対の分析物結果を見ている。

勝者が、彼らの鉱山を採掘することにその後1年の間なっている状態で12対経営された鉱山から放されたメートルトンのために、「よりゆるく最も大きい」はグラムを比較する。

金は1オンスあたり10,000ドル未満で後退したけれども、ニュースの残りはかなり予測できる。

銀はまた取引の弱いパッチを経験している(顔のアップはそれを伝統的なインド結婚式季節の終わりに帰している)。

ちょうど、それは1オンスあたり約2,500ドルで持ち主を変える。

財政セクションニュースの結びは短い社会ページレビューによって終える;

新しい有名人は金持ちの金属会社CEOのとしてであり、彼らはしばしば資金集めディナーでテレビで大役を果たすか、徒弟修行放送開始をひとかたまりにする。

中退者は、再び交換をすることを促進されている;

大学コースは、それらが長い間あった不正な時間を無駄にするものとして告発されている。

現実TV番組が終わった後に、経済の上のドキュメンタリーを見るために私達が合わせられるままいた。

まさに、私達が、経済がよりよくなっているかもしれないと思った時に、私達の大手銀行終わりのそれが最初の考えより悪い効果があったかのようである。

効果は、早くから見づらいけれども後から振り返って見ると予測できた。

銀行は、「マス金融の破壊の武器」であるそれらについてのウォレンビュッフェの警告を無視して、そのリスクをヘッジするためにデリバティブによって重く遊んだ。

サブ全盛抵当ポートフォリオの多くは海外で売り払われたし、従って多くの‘家の所有者’が現在大きな沖合の多国籍企業のテナントであった。

多くの中流の人々は現在一文無しで、彼らが彼らのために取ってくることができる何のためにでも彼らの資産を売却することによって一緒にこすっている。

それらのわずかな貯金はなくなり、債権者として、彼らはお金を借りている人々のリストの底の下にいる。

破産プロフェッショナルと抵当流れ処分会社は素晴らしい貿易をしていたけれども、莫大なコストでである;

多くの人々は、彼らの抵当の上の欠席に追い込まれて、彼らが清算していて、彼らがよりよく準備されたならば、所有していたかもしれない家をレンタルすることになった。

もちろん、どのように、そのような難局で生きることが感じるかに、単なる説明は公正を全然しない。

ベビーブーマーが退職した時に空から落下している予期されている仕事が、すべての年(それらの多くは移民である)の必死な人々のそばで仕事のために競争して自身のために見つけたいわゆるY世代。

それらの旅行、iPod、およびデザイナー服の代金を払った仕事を失って、最小の賃金が生き続けるようにだけ、彼らは現在働く。

世界中で国から切手を詰め込んだそれらのパスポートはほこりをかぶる。

人々はしばしば私に尋ねて、なぜすべてのこれは起こったか?

そして、私が、不換紙幣(借金、貯蓄率、およびオーストリア経済学のインパクト)を説明しようとする時に、それらはただすべてブランクになる。

「私は理解していない」、彼らは泣き言を言う。

「私達は、まさに見事にうまくやっていったものであった」と彼らすべては言う。

それでも、すべてが失われるわけではない。

無料食堂はたぶん少しを引き付けるけれども、最近は教会により多くの人々がいる。

私達はこの週末に外の助けの上にrosteredされる。

そして、私達がオープン・フォーラムにあなたのお金を管理する貴金属の上で難局のために予算に組み、覆わせておく日曜日の夜。

従って、興味と希望がある。

私達は、しかし家を引っ越すことを考慮している。

私達の以前快適であった近所の人々は毎日もう少しよりぶっそうであるように見えている。

より多くの人々が彼らの仕事を失う時に、ささいな窃盗の増大する発生は少し懸念である。

まさに先日、私達は、家、…どのような仕事まわりの仕事でも要求しているドアでより多くの人々を拒絶する必要があった。

私達がそれらに、私達が本当は何も提供することができないと言った時に、食物スクラップを捜して、彼らは出る途中で私達のごみを通り抜けた。

ローカルな仕事を守る試みにおいて、政府がすべての輸入品の上でより高い関税をたたいた後に、食物は高価である。

スムートホーリー災害から何も知らないで、私達は現在より高い食品価格(失業者と低賃金稼ぎ手のための別の顔面平手打ち)によって予測できる結果を被っている。

私達が、車でまわりを旅行する余裕があっても、運転することは、かつてほど楽しくない。

私達は、道路を悪化させることに対処するためにファミリー・カーを四輪駆動と交換することを考えた。

それらの予算問題を認めることを断る地方自治体はもう道路を直していなく、まだこれから、道路を最も高い入札者に売ることを考慮する必要がある。

その間、道路状況は悪化し、私達は、少なく運転することに没頭する。

私達の子供は家でいつも教え込まれて、これは変わらなかった。

過去数年に、私達が、毎日のニュースからそれらに教えることができたことがたくさんあった。

彼らはよい子供、詮索好きな人であり、物好きで、彼らの世界のまわりで公正に手掛かりを与えられる。

しかし、彼らがプレイステーションの上で費やす間に、私はまだ望まない。

私達はよい難局の中にいる;

先週、妻は、無給休暇を彼女のパートタイムの仕事から取り去るように頼まれた。

私達は彼女の収入なしでO.K.をする;

ファミリーを始めて以来、彼女はそれまでにパートタイム仕事を行なっただけであることがあったので彼女が彼女のスキルを保持し、1週間に数日私達の子供を自宅教育することができた。

私達がフルタイムの共稼ぎ夫婦であった時に、家をアップグレードすることは非常に魅力的であった。

しかし、私達は、私達がいっそうより多くの借りを避けたことがうれしい;

価値が75%落ちたので、私達くらいの年のほとんどの人々は彼らの貸付金の上で水面下である。

しかしそれはすべてバラであるわけではない;

私達が簡素な生活をしていても、私達は、車を動かし、まだ仕事を持ち、外食することについて少しの嫌味なコメントを得る。

私達はお金を要求されて、時々、私達は助ける。

妻はこの正面の上で、特に年配の人とたぶんもう少し同情的で、それから、私である。

1970のインフレと余剰物によって労働力に加入させられて、そして80と90の年代までに乾燥されて、私は、少し、私がしたように、彼らの過去の経験から学ぶべきであった人々を助けることを渋っているかもしれない。

たぶん、私はすっかり欺瞞的なメディアの取材やらでそれらに対して少し厳しい。

さて、それは休む遅く、その時間を得ている。

家はたくさんの部屋からの睡眠の優しい音によって静かである。

私は慎重にきしむ床板をまたぐ。

そして、私は、急進的自由主義の候補者が次の選挙に勝つことを望む。

私達はこの災害が来るのを見て、準備をしたけれども、数百万の他のものはしなかった。

人々は、どのように保存するか、どのように費やすか、そしてどのように彼らの財源の世話をするかを再び学ぶ必要がある。

私はほんの1人の人であり、限られた民族だけがいるので、私は教えることができる。

しかし、明日は別の日である。

従って、そこに、あなたはそれを持っている - 第3次世界大戦の間の1日。

楽しい雑音はそれをする?

問題はそうである…

人が適正に第3次世界大戦のためにの準備をする方法?

ここに少しの提案がある:

あなたの抵当を含めて、借金を取り除きなさい;

あなたが雇用者に依存していないように、代わりの収入ストリームを開発しなさい;

基本に戻りなさい。

すばらしく新しい本、新鮮な知恵中に多くのより実用的なアイデアがある - 教化へのブレークスルー。

作者は、この非常識な世界でライフを理解すると約束し、彼らは確かに彼らの約束を守る。

あなたが、現在、必然的であるようなものの準備をすることについて真面目ならば、私は、あなたが、彼らが、新鮮な知恵を訪問することによって何を言う必要があるかをわかるように強く勧める。







蛇足


第3次世界大戦は経済的搾取だ・。ドンパチも起こり、戦争や紛争が起こるけれども、彼らの本当の狙いは、庶民の経済的搾取による奴隷然な生活だろう。

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クレジットカード研究室 ごあいさつ

一家に一台、のように一人一枚は必ずといってくらい、 「カード」 所持人口は増えて来ました。 最近では....

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR