FC2ブログ

戦争を欲しているのは誰だ?


Wildly disproportionate attack on Lebanon seems like pretext to confront Iran, says Linda McQuaig




Jul. 16, 2006. 01:00 AM




As Israeli firepower rained down on Lebanon last week, pundits here in the West wasted no time pinning the blame on ? Iran.


"Iran and its radical allies are pushing toward war," wrote Washington Post columnist David Ignatius.


Washington defence commentator Edward Luttwak weighed in: "Iran's leaders have apparently decided to reject the Western offer to peacefully settle the dispute over its weapons-grade uranium-enrichment program."


In fact, Iran's leaders haven't rejected the "Western offer;" they've said publicly they will respond to it by Aug. 22. This isn't fast enough however to satisfy Washington, which considers the "offer" more of an ultimatum.


Is it really Iran that is pushing for war? Think about it. Why would Iran want to provoke a war with Israel and the U.S. ? both heavily armed nuclear powers ? when it has no nuclear weapons itself?


The U.S. and Israel, on the other hand, are very keen to attack Iran. In a recent series of articles in New Yorker magazine, Pulitzer Prize-winning investigative journalist Seymour Hersh has detailed Washington's plans to attack Iran. Israel has called Iran a "major threat" that "must be stopped" from developing nuclear weapons.


But the U.S. and Israel don't want to look like aggressors. They insist their intentions are purely defensive. Recall that Washington also claimed its invasion of Iraq was purely defensive ? to protect itself from Iraq's arsenal of deadly weapons, which, it turned out, didn't exist.


So when Hezbollah militants in southern Lebanon seized two Israeli soldiers last week, a perfect opportunity arose. Since Hezbollah has links to Iran, presto, here was a prima facie case that Iran was gunning for confrontation.


Did the Western pundits who quickly embraced this theory ever consider that the Hezbollah militants, as well as the Palestinian militants in Gaza who captured a single Israeli soldier last month, might have had their own motives for striking Israel?


Certainly the Palestinians have endless grievances against Israel. In addition to four decades of Israeli military occupation of their land, Israel has attempted to destroy the Hamas government, which was democratically elected by Palestinians last January.


Hezbollah's seizure of the two Israeli soldiers was probably an act of support for the Palestinians in Gaza, who have been under Israeli military siege since the capture of the first soldier. Hezbollah also said it seized the soldiers because it wanted to trade them for Lebanese prisoners held in Israeli jails. A similar Israeli-Hezbollah prisoner exchange took place in 2004.


Abandoning Canada's traditional role as an honest broker in the Middle East, Prime Minister Stephen Harper unabashedly supported Israel last week, calling its devastating attacks on Gaza and Lebanon "measured."


If Israel is simply trying to "defend" itself, its actions are wildly disproportionate.


On the other hand, if Israel and the U.S. are looking for an excuse to attack Iran, the capture of the Israeli soldiers is as good as any.




--------------------------------------------------------------------------------

イランに立ち向かうために、レバノンへの激しく不釣合な攻撃は口実のように思われるとリンダMcQuaigは言う。

2006年7月16日。

午前01:00

先週のレバノンの上で、ここ、西洋の学者は、イランに非難をピンでとどめながら、時間を全く浪費しませんでした。雨のように降った同じくらいイスラエルの火力?-イラン。

「イランとその根本的な同盟国は戦争に進んでいる」とワシントン・ポスト・コラムニスト デイビッド・イグナチウスは書いた。

ワシントンの防御注釈者エドワード・ルトワクは体重測定した:

「イランのリーダーは、見たところ、平和にその兵器級ウラニウムの濃縮プログラムについての論争を解決する西洋の申し出を拒絶すると決めている」。

実のところ、イランのリーダーは、彼らが8月22日「西洋の申し出」を拒絶しなかった。それに反応するであろうと公然と言った。

これは、しかしワシントンを満たすのに十分に速くない(それは「申し出」を最後通牒のより多くと考える)。

戦争を要求しているのは本当にイランであるか?

それについて考えなさい。

それが自身で核兵器を全然持っていない時に、なぜイランは、イスラエルと米国?両方とも重く武装した核保有国?との戦争を引き起こしたいであろうか?

米国とイスラエルは一方では、イランを攻撃することを非常に切望している。

ニューヨーカー雑誌の中の最近の一連の記事の中で、ピューリツァー賞受賞調査のジャーナリスト シーモア・ヘルシュは、イランを攻撃するワシントンの計画を詳説した。

イスラエルは、イランを、核の発展から、「止められなければならない」が武装する「主要な脅威」と呼んだ。

しかし、米国とイスラエルは、攻撃者のように見えたくない。

彼らは、それらの意図がまったく防御用であることを強く主張する。

ワシントンがまた、イラクへのその侵略が、凶器のイラクの貯蔵から自身を保護するまったく防御用である?であったと主張したことを思い出しなさい(それは結局存在していなかった)。

従って、南のレバノンのヒズボラ武装勢力が先週2人のイスラエルの兵士をつかんだ時に、絶好のチャンスは生じた。

ヒズボラがすぐにイランへのリンクを持つので、ここに、イランが対決のために加速していた自明のケースがあった。

迅速に、かつてこの理論を抱擁した西洋の賢者は、先月1人のイスラエルの兵士を捕らえたガザのパレスチナの武装勢力だけでなくヒズボラ武装勢力が著しいイスラエルに彼ら自身の動機を抱いたかもしれないと考えたか?

確かに、パレスチナ人はイスラエルに対して無限の不満をもっている。

それらの土地の40年間のイスラエルの軍事占領に加えて、イスラエルは、ハマス政府を破壊することを試みた(それは去年の1月に民主的にパレスチナ人によって選ばれた)。

2人のイスラエルの兵士のヒズボラの差し押さえはたぶん、最初の兵士のキャプチャ以来ずっとイスラエルの軍隊の包囲攻撃の下であるガザのパレスチナ人への支持の行為であった。

ヒズボラはまた、それが、彼らをイスラエルの刑務所で押さえられたレバノンの囚人と交換したかったので、それが兵士をつかむと言った。

同様なイスラエル人ヒズボラ囚人交換は2004年に起こった。

「測定された」ガザとレバノンへのその破壊的な攻撃を呼んで、恥ずかしがらずに中東、総理大臣のスティーブン・ハーパーの中で公平な仲裁者としてのカナダの伝統的な役割を捨てることは先週イスラエルをサポートした。

イスラエルが、単に自身を「防御し」ようとしているならば、その行動は激しく不釣合である。

一方では、イスラエルと米国が、イランを攻撃する口実を捜しているならば、イスラエルの兵士のキャプチャは何にも劣らずよい。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR