FC2ブログ

おぅ・怖わー






太田龍氏の時事寸評http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi





イスラエルの狂気のレバノン襲撃の本当の意味は何か。

それは、なんとしても第三次世界大戦を開始させたいイルミナティの意向であると、ヘンリー・メイコウは述べる。






更新 平成18年07月24日22時40分




平成十八年(二〇〇六年)七月二十四日(月)

(第一千七百五十一回)



○ヘンリー・メイコウ、

 二〇〇六年七月二十一日付けニューズレター。

 

○「銀行家はブッシュをたたき、世界戦争を煽り立てる」

 Bankers Bash Bush, Pump Global War



○これは重要な論文である。

 以下にその要点を述べる。



 (1)イスラエルのレバノンに対する狂気の(demented)襲撃は、

    ロンドンに本拠のあるイルミナティの銀行家たちの、アメリ

    カがイランを攻撃しようとしない事態へのいら立ちによって

    説明され得る。



 (2)彼らは、レバノンに対する戦争が、シリア、イランに拡大

    することを希望して居る。



 (3)それから次に、

    中国と米国を第三次世界大戦に引きずり込みたい。



 (4)水曜日(7月19日)、CNNテレビで、グレン・ペックは、

    「第三次世界大戦が始まった」と宣言した。



 (5)そして彼は、何時、我々は、“フェルディナンド大公モメント”

    を持つであろうか、などと問いかけた。

 

   (これは、もちろん、第一次世界大戦の導火線に火を点けた、

    オーストリア・ハンガリア帝国の皇太子フェルディナンド大公

    暗殺事件にひっかけて、第三次世界大戦の開始となるべき大事

    件を指して居る)



 (6)彼等の究極の目標は、人口を大量に殺処分してその後に世界

    独裁権力体制を確立することである。



 (7)ここで、一八七一年八月十五日の、アルバート・パイクの書簡

    (マッチーニあて)を想起しなければならない。



 (8)米国の現状は、

    感謝祭(サンクスギビング)のメニューを読みながら、

    「ウェイト・ア・ミニット」(ちょっと待って)、と叫ぶ、

    七面鳥のようなものである。



○最後の(8)項の意味。

 米国では、毎年十一月末、収穫感謝祭をする。

 そこで必ず七面鳥を殺して一家で食べる。



 今の米国は、この、殺して食べられる直前の七面鳥にひとしい、

 と、メイコウは言う。



○これは、

 今の日本人は、まるでなんのことか、意味が通じないであろう。



○メイコウはまたここで、

 「レッド・シンフォニー」を引用する。



○これは、「ラコフスキー調書」のこと。

 デス・グリフィン著「富者の第四帝国」(未邦訳)の付録として

 収められてあり、



○ゲーリー・アレン著、高橋良典訳

 「ロックフェラー帝国の陰謀」第一巻の付録にある。



○メイコウのこの論文によれば、

 ブッシュ米大統領は、イルミナティの意志に抗して、イランに対する

 武力攻撃を開始しない。



○そこで、イルミナティは、

 ブッシュ米大統領に対してひどくイラ立って居る、と言う。



○この論文は、きはめて重要である。



 (了)





蛇足





パイク(フリーメーソンリーのトップでイルミナティの上層部、アメリカ合衆国の南軍将軍・・処罰なし、で軍事顧問、指導者、KKK団の首謀者)の予言いや、実行犯のイルミナティならば・。必ず、起こすであろう・。


しかし、大きな争いより、経済的搾取がメインの目標であろう・。下手すると、イルミナティ(自分ら)も抹殺される・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR