FC2ブログ

計画は予定どうり・。

Israel set war plan more than a year ago

Strategy was put in motion as Hezbollah began gaining military strength in Lebanon

Matthew Kalman, Chronicle Foreign Service


Friday, July 21, 2006




Printable Version

Email This Article





(07-21) 04:00 PDT Jerusalem -- Israel's military response by air, land and sea to what it considered a provocation last week by Hezbollah militants is unfolding according to a plan finalized more than a year ago.


In the six years since Israel ended its military occupation of southern Lebanon, it watched warily as Hezbollah built up its military presence in the region. When Hezbollah militants kidnapped two Israeli soldiers last week, the Israeli military was ready to react almost instantly.


"Of all of Israel's wars since 1948, this was the one for which Israel was most prepared," said Gerald Steinberg, professor of political science at Bar-Ilan University. "In a sense, the preparation began in May 2000, immediately after the Israeli withdrawal, when it became clear the international community was not going to prevent Hezbollah from stockpiling missiles and attacking Israel. By 2004, the military campaign scheduled to last about three weeks that we're seeing now had already been blocked out and, in the last year or two, it's been simulated and rehearsed across the board."


More than a year ago, a senior Israeli army officer began giving PowerPoint presentations, on an off-the-record basis, to U.S. and other diplomats, journalists and think tanks, setting out the plan for the current operation in revealing detail. Under the ground rules of the briefings, the officer could not be identified.


In his talks, the officer described a three-week campaign: The first week concentrated on destroying Hezbollah's heavier long-range missiles, bombing its command-and-control centers, and disrupting transportation and communication arteries. In the second week, the focus shifted to attacks on individual sites of rocket launchers or weapons stores. In the third week, ground forces in large numbers would be introduced, but only in order to knock out targets discovered during reconnaissance missions as the campaign unfolded. There was no plan, according to this scenario, to reoccupy southern Lebanon on a long-term basis.


Israeli officials say their pinpoint commando raids should not be confused with a ground invasion. Nor, they say, do they herald another occupation of southern Lebanon, which Israel maintained from 1982 to 2000 -- in order, it said, to thwart Hezbollah attacks on Israel. Planners anticipated the likelihood of civilian deaths on both sides. Israel says Hezbollah intentionally bases some of its operations in residential areas. And Hezbollah's leader, Hassan Nasrallah, has bragged publicly that the group's arsenal included rockets capable of bombing Haifa, as occurred last week.


Like all plans, the one now unfolding also has been shaped by changing circumstances, said Eran Lerman, a former colonel in Israeli military intelligence who is now director of the Jerusalem office of the American Jewish Committee.


"There are two radical views of how to deal with this challenge, a serious professional debate within the military community over which way to go," said Lerman. "One is the air power school of thought, the other is the land-borne option. They create different dynamics and different timetables. The crucial factor is that the air force concept is very methodical and almost by definition is slower to get results. A ground invasion that sweeps Hezbollah in front of you is quicker, but at a much higher cost in human life and requiring the creation of a presence on the ground."


The advance scenario is now in its second week, and its success or failure is still unfolding. Whether Israel's aerial strikes will be enough to achieve the threefold aim of the campaign -- to remove the Hezbollah military threat; to evict Hezbollah from the border area, allowing the deployment of Lebanese government troops; and to ensure the safe return of the two Israeli soldiers abducted last week -- remains an open question. Israelis are opposed to the thought of reoccupying Lebanon.


"I have the feeling that the end is not clear here. I have no idea how this movie is going to end," said Daniel Ben-Simon, a military analyst for the daily Haaretz newspaper.


Thursday's clashes in southern Lebanon occurred near an outpost abandoned more than six years ago by the retreating Israeli army. The place was identified using satellite photographs of a Hezbollah bunker, but only from the ground was Israel able to discover that it served as the entrance to a previously unknown underground network of caves and bunkers stuffed with missiles aimed at northern Israel, said Israeli army spokesman Miri Regev.


"We knew about the network, but it was fully revealed (Wednesday) by the ground operation of our forces," said Regev. "This is one of the purposes of the pinpoint ground operations -- to locate and try to destroy the terrorist infrastructure from where they can fire at Israeli citizens."


Israeli military officials say as much as 50 percent of Hezbollah's missile capability has been destroyed, mainly by aerial attacks on targets identified from intelligence reports. But missiles continue to be fired at towns and cities across northern Israel.


"We were not surprised that the firing has continued," said Tzachi Hanegbi, chairman of the Knesset Foreign Affairs and Defense Committee. "Hezbollah separated its leadership command-and-control system from its field organization. It created a network of tiny cells in each village that had no operational mission except to wait for the moment when they should activate the Katyusha rocket launchers hidden in local houses, using coordinates programmed long ago to hit Nahariya or Kiryat Shemona, or the kibbutzim and villages."


"From the start of this operation, we have also been active on the ground across the width of Lebanon," said Brig. Gen. Ron Friedman, head of Northern Command headquarters. "These missions are designed to support our current actions. Unfortunately, one of the many missions which we have carried out in recent days met with slightly fiercer resistance."


Israel didn't need sophisticated intelligence to discover the huge buildup of Iranian weapons supplies to Hezbollah by way of Syria, because Hezbollah's patrons boasted about it openly in the pages of the Arabic press. As recently as June 16, less than four weeks before the Hezbollah border raid that sparked the current crisis, the Syrian defense minister publicly announced the extension of existing agreements allowing the passage of trucks shipping Iranian weapons into Lebanon.


But to destroy them, Israel needed to map the location of each missile.


"We need a lot of patience," said Hanegbi. "The (Israeli Defense Forces) action at the moment is incapable of finding the very last Katyusha, or the last rocket launcher primed for use hidden inside a house in some village."


Moshe Marzuk, a former head of the Lebanon desk for Israeli Military Intelligence who now is a researcher at the Institute for Counter-Terrorism in Herzliya, said Israel had learned from past conflicts in Lebanon, the West Bank and Gaza -- as well as the recent U.S. experiences in Afghanistan and Iraq -- that a traditional military campaign would be counter-effective.


"A big invasion is not suitable here," said Marzuk. "We are not fighting an army, but guerrillas. It would be a mistake to enter and expose ourselves to fighters who will hide, fire off a missile and run away. If we are to be on the ground at all, we need to use commandos and special forces."




イスラエルは数年以上前戦争計画を設定した。

ヒズボラがレバノンの(マシュー・カルマン、年代記外国勤務中で)


軍事力を得はじめた時に、戦略は開始された

2006年7月21日金曜日

印刷可能なバージョン

この記事にメールしなさい。

(07-21)04:00 太平洋夏時間エルサレム--年以上前完結した計画に従って、それがヒズボラ武装勢力によって先週挑発と考えたものへの空、陸、および海路でのイスラエルの軍隊の反応は展開している。

イスラエルが南のレバノンのその軍事占領を終えて以来の6年で、ヒズボラが地域でその軍事的存在を増強した時に、それは用心深く見た。

ヒズボラ武装勢力が先週2人のイスラエルの兵士を誘拐した時に、イスラエルの軍隊は、直ちにほとんど反応する用意ができていた。

「1948年以来のイスラエルの戦争のすべてで、これは、ユダヤ人が準備を最もしたものであった」とジェラルド・スタインバーグ(バーIlan大学の政治学の教授)は言った。

「ある意味において、それが、国際社会が、ヒズボラがミサイルを備蓄し、イスラエルを攻撃することを妨げようとしていなかったと確信した時に、準備はイスラエルの撤退のすぐ後に2000年5月に始まった」。

「2004年までに、私達が現在見る約3週間続くことを予定された軍事攻勢はすでに阻止されて、昨年または2年前、それはボードを横切ってシミュレーションされていて、リハーサルされる」。

数年以上前、シニアのイスラエルの陸軍士官は、明らかにする詳細において現在の操作についての計画を発表して、PowerPointプレゼンテーションをオフレコの基礎の上、米国と他の外交官、ジャーナリスト、およびシンクタンクに与えはじめた。

ブリーフィングの基本原則の下で、将校は識別されることができなかった。

彼の話において、将校は3週間のキャンペーンを説明した:

最初の週は、ヒズボラのより重い長距離ミサイルを破壊し、そのコマンドと管理センターを爆撃し、交通と通信の動脈を粉砕することに集中した。

第2週で、フォーカスはロケット発射筒または武器店の個々のサイトへの攻撃に移った。

第3週で、多数における陸上部隊は導入されるであろうけれども、調査の間に発見された目標を破壊するためだけに、キャンペーンとしての任務は展開した。

長期ベースで南のレバノンを再び占めるために、このシナリオによると計画が全然なかった。

イスラエルの将校は、彼らのピンポイントの特別奇襲部隊急襲がグラウンド侵略と混同されるべきでないと言う。

彼らは、彼らも南のレバノンの別の職業を伝達しないと言う(イスラエルは1982年から2000年にそれを維持していた)--注文の中で、イスラエルへのヒズボラ攻撃を妨げることは言った。

計画者は両側の上の民間人の死の可能性を予期していた。

イスラエルは、ヒズボラが意図的に住宅地でその操作のいくつかの基礎に相当していると言う。

そして、ヒズボラのリーダー、ハッサンNasrallahは、先週起こった時に、グループの兵器庫が、ハイファを爆撃することが可能なロケットを含んだことを公然と自慢した。

すべての計画のように、現在展開している人はまた、状況を変更することによって具体化されていると、Eranレルマン(現在、アメリカユダヤ人の委員会のエルサレムオフィスのディレクターであるイスラエルの軍事情報における前の大佐)は言った。

「どのようにこの挑戦(どの道を行くかに関する軍隊のコミュニティの中の真剣なプロフェッショナルな討論)を扱うかの2つの急進的な思想がある」とレルマンは言った。

「一方は空軍力の学派であり、他は土地で持ち運ばれたオプションである」。

彼らは違う力学と違う時刻表を作成する。

重要なファクターは、空軍概念が非常に整然としていて、ほとんど、定義によって、結果を得ることについてより遅いことである。

「あなたの前でヒズボラを掃除するグラウンド侵略はより迅速であるけれども、人命とグラウンドの上の存在の作成を必要とすることのずっと高い犠牲でである」。

進歩シナリオは現在その第2週であり、その成功か失敗はまだ展開している。

イスラエルのアンテナが打つかどうかは、キャンペーンの3倍の目的を達成するのに十分であろう--ヒズボラ軍事的脅威を取り除くには;

レバノンの政府軍の展開を許して、ヒズボラを国境地帯から立ち退かせるには;

そして先週誘拐された2人のイスラエルの兵士の安全なリターンを保証するため--未決問題であり続ける。

イスラエル人は、レバノンを再び占める考えに反対する。

「私は、終わりがここでクリアでないという感じがする」。

「私は、どうこの映画が、終わろうとしているかの考えを全然持っていない」とダニエル・ベン・サイモンで(毎日のHaaretz新聞の軍事アナリスト)は言った。

6年以上前退却するイスラエルの軍隊によって捨てられた前哨基地の近くで南のレバノンでの木曜日の衝突は起こった。

場所はヒズボラ燃料庫の識別された使う衛星写真であったけれども、北のイスラエルに向けられたミサイルを詰められた洞窟と燃料庫のこれまで知られていなかった地下のネットワークへの入口としてそれが役立ったと気づくことができるイスラエルはグラウンドからだけであったとイスラエルの軍隊スポークスマン ミリRegevは言った。

「私達はネットワークを知っていたけれども、それは私達の軍隊のグラウンド活動によって完全に明らかにされた(水曜日)」とRegevは言った。

「これはピンポイントのグラウンド操作の目的の1つである--居住し、それらがイスラエルの市民に発射することができる所からテロリストインフラストラクチャーを破壊しようとするには」。

イスラエルの軍幹部は、ヒズボラのミサイル機能の50パーセントも主に情報報告から識別された目標への航空機の攻撃によって破壊されていると言う。

しかし、ミサイルは、北のイスラエルを横切って町と都市に発射され続ける。

「私達は、射撃が続いていたことに驚かなかった」とTzachi Hanegbi(イスラエル国会外務と防御委員会の会長)は言った。

「ヒズボラはその地方組織からそのリーダーシップコマンドと制御系を分離した」。

「それは、それらが、NahariyaまたはKiryat Shemonaまたはキブツと村に当たることをずっと前に計画された座標を使って、ローカルな家に隠されたカチューシャロケット発射筒を作動させるべきである時にさしあたり待つためを除いて、運用ミッションを全然持っていなかった各村の小さなセルのネットワークを構築した」。

「この操作の開始から、私達はまたレバノンの幅を横切ってグラウンドの上でアクティブであった」とBrig.将軍ロン・フリードマン(北の指令本部の頭)は言った。

「これらの任務は、私達の現在の行動をサポートするようにデザインされる」。

「あいにく、私達が最近の数日で運び出した多くの使節の1人は少しより強烈な抵抗を経験した」。

ユダヤ人は、ヒズボラの後援者がアラブ人プレスのページの中で公然とそれを自慢したので、イランの武器の莫大な強化がシリアを経てヒズボラに供給すると気づくために洗練された知能が必要でなかった。

つい最近の6月16日、現在の危機を引き起こしたヒズボラ境界急襲の4週間未満前に、シリアの防衛大臣は公然とレバノンの中にイランの武器を出荷しているトラックの通路を許している既存の協定の拡張を発表した。

しかし、彼らを破滅させるために、イスラエルは、各ミサイルの位置の地図を作る必要があった。

「私達はたくさんの忍耐が必要である」とHanegbiは言った。

「ちょうど(イスラエルの防衛軍)行動は、家の中で隠れた使用のために準備された非常に最後のカチューシャまたは最後のロケット発射筒をいくつかの村で発見することが不可能である」。

モシェMarzuk(現在、Herzliyaにおけるカウンターテロのために研究所で研究者であるイスラエルの軍事情報部のためのレバノン受付の前の頭)は、イスラエルが、伝統的な軍事攻勢がカウンターが効果的であろうということをレバノン、ヨルダン川西岸地区、およびガザ--アフガニスタンとイラクの最近の米国経験と同様に--の過去の衝突から知ったと言った。

「大きな侵略はここで適当でない」とMarzukは言った。

「私達は軍隊ではなくゲリラ兵と戦っている」。

隠れて、ミサイルを発射し、逃走するであろう闘士に自身に入り、さらすことは誤りであるであろう。

「私達が、いったいグラウンドの上にいることになっているならば、私達は、特別奇襲部隊と特殊部隊を使う必要がある」。



スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中東の火薬庫、イスラエルとパレスチナの悲劇(動画)

中東が戦火に揺れ始めた。ヒズボラ制圧に向けてイスラエル軍がレバノンに猛攻撃をしかけている。ヒズボラの拠点ベイルート市内、空爆の猛威で瓦礫の山が舞い上がる怒りの炎に包まれている。彼らの戦いに終止符を打てる者は果たしてこの地上に存在するだろうか。神さえ見捨て

「武装組織」という表現の罠:報道のウラを想像する力を

今、イスラエル軍がヒズボラの軍事部門に対する報復措置としての空爆を継続している。国連の監視員にも犠牲者が出た。 あ、報道でよく、武装組織ヒズボラという表現がなされるが、ありゃ間違い。ヒズボラは正式な政党(つまり合法組織)で、その民兵組織がちょっと刺激に

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■こんにちは\(^-^)/

トラックバック失礼致します。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR