FC2ブログ

貧富の格差、差について

貧富の差


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





貧富の差(ひんぷのさ)とは、経済活動の過程において発生する富める者とそうでない者の差のことである。






貧富の差が発生する理由


貧富の差が発生し、定着する理由には個人的要素と社会的要素がある。


  • 個人の能力差


自由に経済活動をすればより多くの成果を上げ、財産を蓄積するものとそうでないものとに分かれる。


  • 社会的収奪


暴力等の手段で、優位にあるものが劣位にある者から富を収奪することがある。この状態が常態化すると貧富の差は拡大していく。軍事力をバックにした専制君主制などが社会的収奪の例である。マルクス的共産主義
によれば、資本家は労働者から富を収奪しているということになる。


  • 相続による差の固定化


発生した貧富の差は、相続
により親から子に受け継がれることで固定化されることがある。格差が固定化されている場合、階級
と呼ばれる。また、人間関係や職務上のノウハウのような無形の財産も親から子に受け継がれ、貧富の差が定着する原因となっている。






貧富の差の解消方法


貧富の差を少なくすることは、近代における政策
のメインテーマとなっている。


貧富の差を是正する方法については、


  1. 富裕を潰す、もしくは貧困を解消して差の程度を減らす

  2. 貧富の元になる財産を共有化して、そもそも貧富の差という概念をなくす


の二通りの方向性が考えられる。


貧富の差の程度を減らすものとして富の再分配
理論がある。


経済学
において、伝統的な古典派経済学
ではパレート効率
に代表されるような社会全体としての効率化に焦点が当てられていたが、現実世界における貧富の差の拡大を受けて分配にも留意した厚生経済学
が一つの大きな分野となっている。










蛇足


流行や廃りが、経済循環として重要かもしれない・古い考えでは、現在のいろいろなモノを生み出すダイナミックスさがない。しかし、新しい事だけでは、スクラップだけになり、ビルドがない。改廃は時の流転なのかもしれない。しかし、全体の豊かさの中で、取り残されるのもまた、一面において、貧しさを考えてします。


数十年前には、海外旅行などは夢であったけれど、今は誰でも行ける時代である。ステータスや上流社会などは、無いのかもしれない。その為、秘密結社や闇社会について、とやかく言う時代である。


逆に、いずれ全てが、白日も下にさらされるのであろう。






太田龍氏の時事寸評からhttp://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi





貧富の差が急速度に拡大して米国化していく日本。

そして日本が溶解する。

我々はどこに運ばれて行くのか。






更新 平成18年07月27日22時55分



平成十八年(二〇〇六年)七月二十七日(木)

(第一千七百五十四回)



○最近の報道によれば、

 

○いはゆる先進工業国の中で、



○貧富の差が、もっとも強い国は、米国、



○そしてその次が日本だと言う。



○しかしこれは、二〇〇〇年の数字だそうだから、



○二〇〇六年の現在は、日本が第一位、と成るのではなかろうか。



○米国と言えば、数年前、ホームレス人口二百万~二百五十万人、

 と聞いた記憶がある。



○しかし、現時点では、米国のホームレス人口は、「三百五十万人」、

 と報道されて居る。



○して見ると日本に、百万~百五十万人のホームレスが出現しても

 おかしくはないであろう。



○ヴィクター・ソーンの「曝露されたニューワールドオーダー」

 (邦訳『次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた』、上下二巻、

 徳間書店)は、



○エックス教授の説を引用して、



○米国は、れっきとした「カースト社会」である、



○その下層は、「不可触賤民」である、と言う。



○今、米国に、どのくらいの「不可触賤民」が存在するのか、

 そんな「統計」はない。



○人口の二割とすれば、

 五、六千万人。



○日本がトコトン、アメリカ化されるべき、とすれば、



○日本にも、二千五百万人くらいの「不可触賤民」カーストが創出されな

 ければならないであろう。



○日本をアメリカ化しつつある、極悪売国奴日本人権力エリート階級は

 当然、



○それを、アジェンダ(日程)に上げて居るのではないか。



○米国の不可触賤民カーストは、殆んどすべての選挙に棄権する。



○実際のところ、近年、米国の大統領選挙の投票率は、五割前後である。



○つまり、人口の約半分は投票しないのである。



○今はどうか知らないが、



○かつて、インドでは、不可触賤民は、



○バラモンによる古典文学、叙事詩などの朗唱を聴くことを厳禁されて居た。



○もしも、不可触賤民がなにかの機会にそのバラモンの朗唱を聴いたところ

 を「現行犯」で捕えられた場合、



○その不可触賤民は、耳から熱湯を注入される刑罰を加えられたと言う。



○今はどうかは、分らない。



○米国でも、人口の一割か二割かは知らないが、



○「不可触賤民」カーストは、



○まともな政治経済文化に関する情報を聞くことはない。



○彼らに与えられるものは、

 愚劣この上ない腐り切ったマスコミのゴミである。



○しかし、日本はどうなのか。



○日本のマスコミ、とりわけテレビとビデオとマンガは、日々、

 精神の不可触賤民を、何千万人となく、増殖させて居るのではないか。



○故江藤淳氏は、

 平成に成って日本の国家の核心が溶解し始めたようだ、と批評された。



○この説は、現象論としては成り立つ。



○そして日本の国家の核心が溶解したそのあと、どう成るか。



○米中に挟撃されて、日本は、地上から消滅するのである。



○日本が消えてなくなるだけでない。



○ヘンリー・メイコウは、



○現在の米国は、感謝祭のメニューを読んで、

 「ちょっと待って!」、と叫んで居る、七面鳥のようなものだ、



○と述べた。



○つまり、米国もまた、



○イルミナティサタニスト世界権力によって、消滅させられて行くと言う。



○そしてそれからどうなるのか。



○全人類が家畜人間として、世界人間牧場(グローバル・プランテーション)

 に狩り立てられ、収監され、そしてご主人さまのアジェンダにもとづいて

 大量殺処分されるのである。



 (了)

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

秘密結社の手帖 澁澤龍彦 文春文庫

渋沢 龍彦 秘密結社の手帖 あの澁澤龍彦著の秘密結社の本。 研究書というより秘密結社にまつわるエッセイをまとめた本が 昭和59年に文庫として出版され、 2004年に文春文庫から 新たに文庫本として出版されたものを読みました。 もともと早川書房の推理小説

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR